江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

本日!皆既月食!

2018年01月31日 | 地域

 このたび、本日!皆既月食についてご案内いたします!

 本日(1/31)!
 皆既月食です。

 国立天文台公式HPによると、
 丸い月が突然欠けはじめ、その後赤黒く輝き始め、
 そして、再び光が射し月は丸い姿に戻る、
 これが皆既月食です。

 現在、国立天文台では、皆既月食キャンペーン中です。
 観察には、下記をご参照ください。
 注意:双眼鏡や望遠鏡を使用すると肉眼とは異なり、実際の色と異なる色が見えるそうです。

 <観察手順>*国立天文台公式HPより
 STEP1  皆既月食前日までの準備
     ①いつ・どこで皆既月食を観察するか計画する
     ②皆既月食とダンジョンの尺度を知る
      国立天文台皆既月食(2018年1月31日)解説ページ参照
     ③記録用紙をダウンロード
     ④時計を合わせる

 STEP2  皆既月食当日
     ①月の位置を確認する
     ②皆既月食を観察する
      21:51−22:16   皆既月食の初期
      22:17-22:42    皆既食の中頃
      22:43-23:08    皆既食の終盤


 国立天文台皆既月食公式HPについては、こちらからご覧ください。

 国立天文台皆既月食キャンペーンに参加しよう!については、こちらをご覧ください。





写真:皆既月食の模様<フリー画像より掲載>


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日から!道庁赤れんが庁舎プロジェクションマッピング開催!

2018年01月19日 | 地域

 本日から!道庁赤れんが庁舎プロジェクションマッピング開催のご案内をいたします!

 北海道150年事業 スペシャルイベント!
 加森観光株式会社による
 「KAMORI WONDER LIGHTS ー大地ー」

 <以下 加森観光株式会社公式HPより引用>*改行は、当ブログページ枠に即して変更しています。
 私たちが考える北海道150年事業とは、
 150年のさらに前、この北の大地創造の叙事詩を描くこと。
 そして、生きるものすべてに未来を託す。
 この大地で生きた、全ての生命へのオマージュであり、
 尊敬を表した物語です。

 道庁赤れんが庁舎プロジェクションマッピングの日程は、下記のとおりです。
1.期   間   2018年1月19日(金)〜2月25日(日)
2.場   所   道庁赤れんが庁舎
3.映像時間帯   18:10ー20:30の時間帯
           *12分の映像を10回放映


 北海道150年事業 スペシャルイベント!
 加森観光株式会社による「KAMORI WONDER LIGHTS ー大地ー」公式HPは、こちらをご覧ください。




写真:赤れんが庁舎



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガーソングライター大谷木正隆氏アルバム<レンガ色の町>ご紹介!

2017年09月29日 | 地域

 このたび、シンガーソングライター大谷木正隆氏アルバム<レンガ色の町>をご紹介いたします!

 北海道江別市在住
 シンガーソングライター
 大谷木正隆氏、
 ギター、ハーモニカを携えて、
 温かく語りかける歌声が
 心に響いて参ります

 シンガーソングライター
 大谷木 正隆<おおやぎ まさたか>氏
 アルバム「レンガ色の町」
 故郷江別を思い、
 そっと語りかけています

 アルバム レンガ色の町
 1.いつまでも
 2.レンガ色の街並みに囲まれて
 3.Coffee break
 4.あの頃の2人い
 5.陽だまりの町へ
 6.アキアカネ
 7.ひとひらの雪
 8.Good-bye-lonelyness
 9.I-doll 〜聞いてくれますか僕の歌僕の心を〜
10.AOZORA


 明日(9/30)北翔大学祭では、
 風はみどり他、大谷木正隆氏による
 「江別を唄う!音楽で響き合う音楽祭!」開催します
 ぜひ、ご期待ください


写真:シンガーソングライター大谷木正隆氏アルバム「レンガ色の町」


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京2020大会マスコットデザイン案募集!のご案内!

2017年08月01日 | 地域

 このたび、東京2020大会マスコットデザイン募集!のご案内をいたします!

 本日(8/1)正午から
 東京2020大会マスコットデザイン案応募サイト、
 東京2020大会公式サイト(tokyo2020.jp)利用開始となります!

 マスコットの役割は<東京2020大会公式HPより引用>、
 選手や訪問客を歓迎し、
 子どもやファンの興奮をかきたて、
 オリンピック・パラリンピックの精神を伝え、
 東京2020大会ならではのメッセージを伝える大会のアンバサダーとしての役割です。

 上記公募概要は、下記のとおりです。
1.応募期限   2017年8月1日(火)正午〜8月14日(月)正午まで
2.応募方法   公式応募サイトより提出
3.応募対象   (1)受賞歴の有無不問
         (2)日本国籍の方
         (3)日本在住の外国籍の方(日本国内住民票を持っている方)
         (4)個人またはグループ(10名以内)での応募可
4.応募点数   1人(1グループ)1作品に限る
5.問合せ先   東京2020大会マスコット応募問合せ窓口
         0570−03−1127 <平日9:00ー17:00>
 
 東京2020大会マスコットデザイン案応募に関する主要事項については、公式HPこちらからご覧ください。



写真:東京2020大会公式ロゴ<フリー画像より>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日!北海道苫小牧市長とSHOKICHI氏「知って・肝炎プロジェクト」面会等開催!

2017年07月27日 | 地域

 このたび、明日!北海道苫小牧市長とSHOKICHI氏「知って・肝炎プロジェクト」面会等開催のご案内をいたします!

 厚生労働省発表(7/21)!
 明日(7/28)!
 北海道苫小牧視聴とSHOKICHI氏(EXILEメンバー)による面会等のイベントが開催されます。

 これは、
厚生労働省により肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」が発足し
杉良太郎氏を特別参与に任命、
その他芸能界・スポーツ界で活躍されている方々を大使・スペシャルサポーターに任命により、
肝炎対策の普及啓発を展開しています。

 この活動の一環として、
肝炎プロジェクトスペシャルサポーターでいらっしゃるSHOKICHI氏(EXILEメンバー)が北海道苫小牧視聴を訪問し、同プロジェクト推進にかかるメッセージボードおよびクッション贈呈等が行われます。
*上記説明文および下記日程詳細などについては、厚労省公式HPを引用しております。



 北海道苫小牧市長とSHOKICHI氏「知って・肝炎Pルジェクト」面会等の日程は、下記のとおりです。
1.日   程    2017年7月28日(金)13:30ー14:00
2.場   所    苫小牧市役所5階第2応接室
           北海道苫小牧市旭町4ー5−6
3.プログラム    (1)SHOKICHI氏<スペシャルサポーター>自己紹介
           (2)「知って、肝炎プロジェクト」メッセージボード&クッションの贈呈
              記念撮影
           (3)苫小牧市長コメント
           (4)囲み取材・個別取材<予定>
4.問い合せ先    厚労省 健康局がん・疾病対策課肝炎対策推進室
           03−5253−1111(代表)


 厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動事業「知って、肝炎プロジェクト」公式HPは、こちらをご覧ください。



写真:JR苫小牧駅


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洞爺湖ロングラン花火大会!

2017年05月04日 | 地域

 このたび、洞爺湖ロングラン花火大会のご案内をいたします!

 洞爺湖では、恒例のロングラン花火大会開催中!です🎇

 洞爺湖温泉街では、
 毎晩20:45-21:05の約20分間、
 花火大会が開催中です!

 洞爺湖温泉街、どの場所からも花火大会観賞でき、
 およそ半年間のロングラン花火大会です

 洞爺湖ロングラン花火大会は、下記のとおりです。
1.期   間    2017年10月31日(火)まで
           期間内毎晩20:45-21:05のおよそ20分間
2.会   場    洞爺湖湖畔
3.主   催    洞爺湖温泉観光協会
           0142ー75ー2446




写真:洞爺湖

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江別市指定有形文化財 旧岡田倉庫!

2017年03月30日 | 地域

 このたび江別市指定有形文化財 旧岡田倉庫についてご紹介いたします!

 本年(平成29年)1月29日、
 旧岡田倉庫が江別市指定有形文化財に指定されました

 江別市指定文化財<江別市公式HPより>には、
 千古園     史跡 昭和46年8月12日指定  
          江別市東野幌375
 火薬庫     史跡 昭和46年8月12日指定
          江別市萩ケ岡19
 野幌太々神楽  無形民俗文化財 昭和48年3月31日指定
          江別市西野幌155
 扁額「対鴈学校(ついしかりがっこう) 有形文化財 昭和48年3月31日指定
          江別市緑町西1丁目38江別市郷土資料館
 扁額「冨貴在苦學労力(ふうき くがく ろうりょくにあり) 
                    有形文化財 昭和48年3月31日指定
          江別市緑町西1丁目38江別市郷土資料館
 坊主山遺跡出土江別式土器 有形文化財 昭和57年7月1日指定
          江別市緑町西1丁目38江別市郷土資料館
 旧岡田倉庫   有形文化財 平成29年1月25日指定)
          江別市二条1丁目5番地の2

 現在、アートスペース外輪船として
 江別市・市民の方々の支援を得て、保存され、親しまれ、
 やきもの市をはじめ市民団体の活動の場として広く活用されています。

 また、江別創造舎の活動事業「江別カルタで辿る江別物語2015」及び「江別カルタで辿る江別物語2016」にて、江別市在住シンガーソングライター大谷木正隆氏による「江別カルタのうた」では、数多くの指定文化財が歌詞に取り入れられています。

 指定文化財を意識して聞くと、
 一層意義深さが増して参ります


大谷木正隆氏による「江別カルタのうた」、こちらからどうぞお聞きください♪ 


 
   江別港  石狩汽船と  外輪船


    岡田邸  レトロな姿  木の造り




写真:旧岡田倉庫<現 アートスペース外輪船>


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度江別市創樹大学 学生募集のご案内!

2017年03月19日 | 地域

 このたび、平成29年度江別市創樹大学 学生募集のご案内をいたします!

 江別市は、
 高齢者の生涯学習の機会として、
 地域社会に貢献できる人材の育成を図ることを目的として
 江別市創樹大学を開設しています。

 そして、毎年100名定員で学生募集を行っています。
 
 現在、平成29年度入学者募集中です!

 平成29年度江別市創樹大学学生募集については、下記のとおりです。
1.募集期間   2017年4月14日(金)必着
2.入学資格   (1)江別市内在住者
         (2)満65歳以上(平成29年4月1日現)
         (3)学習意欲のある方
          *卒業された方の再入学はできません。
3.就学年限   2年間
         *平成29年5月ー平成31年3月
4.年 会  費      3,400円
         *専攻講座により別途費用負担あり
5.活動日程    基本活動<学習>
          *月1回第1木曜日 於:野幌公民館
          *10:00-14:30
6.入学定員   100名
7.応募方法   (1)所定の入学願書必要事項記入
         (2)写真<スナップ写真可〜返却不可>
         上記を期限内提出
7.応 募  先   江別市創樹大学事務局
         〒067ー0074
         江別市高砂町24番地6
         江別市教育委員会生涯学習課生涯学習係
         011ー381−1062(直通)

 江別市創樹大学入学者募集についての詳細は、公式HPこちらをご覧ください。

 江別市創樹大学入学願書は、こちら公式HP下欄より入手することができます。




写真:江別市創樹大学ふるさと学講演後に撮影<2017.2.2田口撮影>

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道経済産業局「ものづくりシンポジウム」開催のご案内!

2017年02月21日 | 地域

 このたび、北海道経済産業局「ものづくりシンポジウム」開催のご案内をいたします!

 経済産業省北海道経済産業局と室蘭工業大学共催、
 「ものづくりシンポジウム」を開催します。

 「ものづくりシンポジウム〜中小企業の連携が生み出す新たな市場「鋳物シンジケートの取り組み」では、
 地域で幅広いネットワークを築き上げた株式会社浜野製作所運営「ガレージ・スミダ」、
 技術力を武器に小さな鋳物企業が連携して、
 大手鉄鋼メーカーが求める高度な部品供給に挑戦する鋳物シンジケート、
 二つのプロジェクトから、ものづくり企業の新たなビジネスチャンスの可能性を探っていく企画です。
 *以上、ものづくりシンポジウムチラシより引用

 ものづくりシンポジウム〜中小企業の連携が生み出す新たな市場<鋳物シンジケートの取り組み>の日程は、下記のとおりです。
1.日   程    2017年2月23日(木)14:00ー17:40
2.場   所    JRタワーホテル日航札幌36階「たいよう」
           札幌市中央区北5条西二丁目5
3.参   加  費    無料
          *ただし、交流会参加には¥5,000-要
4.プログラム
14:00〜  開会
14:05〜  基調講演1 「下町工場の新しいモノづくりへの挑戦」
         株式会社浜野製作所 代表取締役 浜野 慶一 氏
15:05〜  基調講演2 「素形材産業をめぐる現状と課題」
         経済産業省製造産業局 素形材産業室長 藘田 和也 氏
15:35〜  プロジェクト紹介
         鋳物シンジケートの取り組みについて
          室蘭工業大学もの創造系領域 機械航空創造系学科 清水 一道 氏
16:05〜  休憩
16:15〜  パネルディスカッション
17:40〜  閉会
18:00〜  交流会(申込者のみ)
19:00   終了
5.申し込み   ①貴社名と所在地
         ②電話番号・ファックス番号
         ③参加希望者 所属と役職と氏名
         ④参加者それぞれの交流会参加の有無
6.申  込  先  ものづくりシンポジウム事務局<株式会社道新サービスセンター>
        011ー614−3944
        *平日10:00ー17:00
           011ー614−3943



写真:ものづくりシンポジウムチラシ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文科省「本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラム」(北海道)のご案内!

2017年02月13日 | 地域

 このたび、文科省「本格的な産学菅共同研究をすすめるための地域フォーラム」(北海道)開催のご案内をいたします!

 文部科学省が推進する「本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラム」は、全国各地で開催しています。

 そして、
 本日(2/13)!
 北海道にて、「本格的な産学官共同研究をすすめるための地域フォーラム」が開催されます(すでに申し込み終了しています)。

 産学官共同研究のガイドライン、
 産学官連携によるイノベーション創出に向けたワークショップ、
 文科省による平成29年度予算枠について、
 経済産業省の取り組み など
 大学と企業のガイドラインに基づく政府支援の取り組みです。

 大学と企業の本格的な共同研究
 地域創生は、地域資源の活用にあります。

 私が、2年前に企画・運営したシンポジウムの意図も同様であり、
 大学発信シンポジウムでは、
 京都コンソーシアムに倣った
 大学を拠点とした地域資源・地域機能を活用した地域マネジメントの体系化について、
 それぞれの機能を示し、説明をしています。

 田口執筆論文「産学公民をつなぐ地域マネジメントの一考察」
 公開しておりますので、ぜひご一読ください。

 地方創生が叫ばれ、各所でシンポジウムが開催され、
 今、緩やかに、本格的に始動しています。
 江別でも高校生、大学生と企業による商品開発など既に実現しています。

 今後の展開、大いに期待したいですね!




写真:ドイツ職業訓練学校 "Oscar-Walcker-Schule<オスカー・ヴァルガー職業訓練学校>" ピアノ職人が制作したピアノ
*上記文面とは全く関係ございません。
*10年程前ドイツデュアルシステム取材調査時に撮影

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加