江別創造舎

地域文化振興活動・江別カルタ制作

夕張鉄道接続駅ー野幌駅

2009年06月30日 | 歴史・文化
 江別市街の生成と発展は、鉄道と石狩川舟運の結節点にありました。

 江別市街は、石狩川本・支流沿岸農村の商業都市的な色合の濃い街として発展しました。これは、明治15(1882)年開通という日本における最初期の幌内鉄道の開通であり、江別駅の開設にありました。しかし、その後の道内鉄道網の急速な伸張は、いつまでも江別市街を近郊農村の商業都市的な位置に安住させるものではありませんでした。

 大正15(1926)年、北海道鉄道株式会社の沼ノ端ー苗穂間が開通しました。次いで、昭和5(1930)年、夕張鉄道株式会社の栗山ー野幌間が開通、同9(1934)年には国鉄札幌ー沼田千の一部が開通しました。
 これらが招来したもの一つとして、千歳(ちとせ)、恵庭(えにわ)、長沼、南幌(なんぽろ)、当別(とうべつ)、月形(つきかた)方面の物と人の流れが、物流の回路が、徐々に江別から遠ざかり、直接札幌へと結びついていきました。

 もともと夕張鉄道の敷設は、江別商業界の熱望でした。昭和元年12月、江別町鉄道期成同盟会(岩田外喜男会長)は、吉原町長と連署で鉄道大臣宛請願書を提出しました。当時の夕張鉄道は、夕張ー栗山間までで、そこから札幌方面に向かうには室蘭本線で岩見沢を経由しなければなりませんでした。これを栗山から一直線江別駅に結んでほしいというのが、請願書の骨子でした。それが、退潮気味の江別商業界を回生する妙案であるとの熱い願いでした。

 この請願は叶えられず、夕張鉄道の栗山からの延長の接続駅は、江別駅ではなく野幌駅となりました。夕張鉄道側は、その理由を泥炭地層の分布状況からの結果であると表明しました。

 昭和9年の札沼線の一部開通は、従来、石狩川舟運と馬搬により江別と結ばれていた月形、当別方面の農産物やその他産物などの大半が、一気に鉄路で札幌へと搬出されることを意味しました。
 「当別町ノウクル打撃マタ看過スベカラサルモノアリ 更ニ町民ノ奮起ヲ望ム次第ナリ」(「江別町事務概況」昭和9年)。
 まさに、江別商業界の危機でした。
 それは、町政が目の前に突き付けられた課題となりました。

追悼 
 江別創造舎メンバーであり、江別の顔づくり事業等真摯にご活動なさっていらっしゃった方の一周忌です。
 江別カルタ制作作業は進んでいるのかい?
 野幌駅高架下工事はどんな具合だい?
 こんなお声が聞こえてきそうです。
 昨年度の江別図案化ポスター制作に継いで、現在カルタ制作を進めております。
どうぞ、私たちを見守っていてください。

註:江別市総務部「新江別市史」416-418頁.
写真:鉄道高架(野幌駅付近)完成予想模型(江別市役所展示模型撮影)
   ★JR函館本線(野幌駅付近)連続立体交差事業
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

史跡元江別屯田公有地飛鳥山

2009年06月29日 | 歴史・文化
 野幌丘陵の最先端部には、いくつもの古砂丘が形成されてます。
これらの丘は、古くから町の人々に親しまれて荻ケ丘(神社山)・坊主山などと呼ばれていました。

 飛烏山もそうした丘の一つで、明治20年に屯田兵第三大隊長として江別に着任した野崎貞次少佐により名付けられたと言われています。

 かつてこの丘には、江別神社(現荻ケ岡)の前身であった飛烏山神社が建立され、その神社祭に草競馬や催物が行なわれていました。大正年間には、公園施設となり、町民の広場として親しまれてきました。
 
 昭和3年には、正式の馬場が設けられ、地方競馬が行なわれていましたが、昭和9年に元江別の方へ移り、戦時中は町民の空襲避難所や家庭菜園に変わっていきました。昭和25年からは、運動公園として整備が進められ、野球場・陸上競技場・テニスコート・青年センターなどの施設が造られました。
 現在、丘の上に江別屯田開村記念碑や伊東音次郎の歌碑などが建立され、花壇なども整備されて市民の憩いの場となっています。
(以上、史跡元江別屯田公有地「飛烏山」説明板<平成2年9月江別市教育委員会>より)

註:江別市教育委員会「史跡が語る江別の歩み」20頁.
写真:江別屯田開村記念碑(北海道江別市緑町西二丁目11飛烏山公園内)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏までに決める!就活リスタート!江別の大学・短大合同企業セミナー開催のご案内!

2009年06月28日 | 労働・雇用
 このたび、夏までに決める!就活リスタート!江別の大学・短大企業合同セミナー開催のご案内をいたします!

 株式会社ジェイ・ブロード主催(江別市雇用創造促進協議会協賛)「えべつの大学・短大合同企業セミナー」が下記の日程にて開催されます。

 「えべつの大学・短大企業合同セミナー」は、午前中特別就活講座(要予約)と午後企業説明会、大学別就職相談(ブース別)が開催されます。
 また、当セミナー参加学生用に、江別市の4大学・2短大を巡回バスが配置されます。時刻を確認のうえ、ご利用ください。

 なお、北翔大学・短大の学生さんは、当セミナー巡回バスの他、午後からの便にて大学専用バスを準備いたしております。
午前中の講義終了後参加希望の学生さんは、ご活用ください。

 「えべつの大学・短大企業合同セミナー」の日程は、下記のとおりです。
1.日 時   2009年6月30日(火)11:00-17:00
2.場 所   江別市民体育館
        江別市野幌町9番地
3.内 容    9:00~受付
        10:00~10:50 特別就活講座(要予約)
       「魅力的な会社を探す!プロの極意&発見法」
        講師 株式会社ジェイ・ブロード北海道支社長前田健郎氏
        ★必ず事前予約のうえ、ご参加ください!
        ★講座予約方法
        下記のサイトより詳細確認のうえ、エントリーをして下さい。
http://2010.s-walker.net/hokkaido/
         
11:00~17:00 企業説明会・大学別就職相談
4.対象者   江別市所在4大学・2短大在籍学生
 北翔大学・短期大学部、札幌学院大学、北海道情報大学、酪農学園大学・短期大学部
5.その他  (1)当セミナー参加学生用巡回無料バス経路と時刻
          各大学内掲示もしくはキャリア支援課にてご確認ください。

       (2)北翔大学・短大学生専用大学バス時刻(1本のみ)
         12:30発 北翔大学浅井記念館前
        
写真:北翔大学YOSAKOIソーランサークル「友和」出陣式模様(2009.6)撮影
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンドン大英博物館展覧会ー江別市有形指定文化財大麻3遺跡土偶出品!

2009年06月27日 | 歴史・文化
 ロンドン大英博物館展覧会に、江別市有形指定文化財大麻3遺跡出土の土偶2体が出品されることとなりました。

 本年(2009年)9月から11月に開催されますロンドン大英博物館展覧会にて、江別市有形指定文化財大麻3遺跡2体の土偶が出品されます!

 大麻3遺跡から出土した2体の土偶は、1985年江別市大麻元町にて、約2千年前の縄文時代の土器と共に重なり合うようにして、ほぼ完全な形で発見されました(江別市郷土資料館資料より)

 大麻3遺跡出土の土偶は、7月12日まで北海道江別市郷土資料館にて常設展示されています。
 7月15日より、ロンドン大英博物館展示に向けて常設展示から離れ、9月10日から11月22日までの約2ヶ月間ロンドン大英博物館にて公開されます。
 なお、ロンドン大英博物館公開後、12月15日から翌年(2010年)2月21日まで東京国立博物館にて帰国展が開催される予定です。

 北海道江別市の文化財が世界に発信されます。
 
 なお、大麻3遺跡出土土偶は、江別市郷土資料館の記念スタンプにもあしらわれています。ぜひ、ご来館の際には、ご確認ください。

写真:江別市郷土資料館資料より複写掲載いたしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あい(i)カフェ連続講座のご案内

2009年06月26日 | 地域
 このたび、あい (i) カフェ連続講座のご案内をいたします!

 本日、江別市民活動センター・あい (i) カフェ連続講座第17回が開催されます。
 講義を担っていらっしゃいますのは、北翔大学エクステンションセンター教養講座で既にお馴染みの渡辺良洪氏です。

 渡辺良洪氏は、江別郷土史をさまざまな角度から史料を基に考察し、ご講演をなさっていらっしゃいます。
 大変丁寧なご講話は、定評がございます。
 渡辺良洪氏は、ご講話ごとにオリジナルテキストを配布されていますので、毎回受講されている方は、書籍一冊分程の史料を入手されたのと同等の価値を得られているのではないでしょうか。

 渡辺良洪氏のご講話の日程は、下記のとおりです。
1.日時  2009年6月26日(金)10:00-12:00の2時間
2.題目  連続講座第17回「道路の開削と地域の発展Part1」
      <大麻・新野幌・西野幌・角山地区>
3.講師  渡辺良洪氏(江別創造舎プロジェクトリーダー)
4.場所  江別市民活動センター・あい 交流サロン1階

写真:2008年度12月開催「人が集えば文珠の知恵袋講座」渡辺良洪氏ご講演模様
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士製紙から王子製紙へ、独占企業の誕生!

2009年06月25日 | 歴史・文化
 昭和初頭の恐慌は、国内の産業界に大きな打撃を与えました。
 製紙・パルプ業界も例外ではありませんでした。特に、大正期の第一次大戦前後の好況時に新・増設した生産設備の整理、縮小が急がれました。富士製紙株式会社の筆頭株主である穴水要七が死亡したのは、恐慌の渦中、昭和4(1929)年でした。

 曲折の後、穴水の持ち株の処分が王子の藤原銀次郎に委ねられました。折柄、カナダ製の新聞用紙のダンピングなどもあり、国内製紙管計画者はかつてない難局に直面しました。合理化は避けて通れぬ道となりました。

 王子製紙、富士製紙、樺太工業の三社合併の話が急速に進みました。
 昭和7(1932)年10月、結城興銀総裁らの裁定(案)により、合併の障害であった三社の株式交換比率も解決しました。
そして、翌8(1933)年5月、三社合併は成立、新王子製紙株式会社が誕生しました。
これにより、明治41(1908)年以来、町民に親しまれていた富士製紙株式会社江別工場も、王子製紙の江別工場として新しく出立することになりました。

 この間、江別工場の縮小の噂が流れました。3分の1の一規模になるのではないかとの憶測も流れ、職工たちの不安は高まりました。縮小になれば、町政はもとより商業界への影響も甚大であり、波紋は波紋を生みました。しかし、幸い、これは杞憂に過ぎませんでした。

 合併を経た新王子製紙株式会社江別工場は従来よりマシーン1台を増設し、やがて戦時の好況へと突入しました。合併後の王子製紙の市場占有率は、圧倒的なものとなりました。
 特に、新聞用紙、印刷用紙などは、9割を占め、近代日本産業史の中においても稀なる独占企業の誕生をみることになりました。

(参考)
当ブログ2009年 1月15日(木)「王子航空機の会社設立と江別飛行場建設」
当ブログ2008年11月 6日(木)「富士製紙株式会社江別工場建設」
当ブログ2008年11月 5日(水)「富士製紙株式会社の江別進出」

註:江別市総務部「新江別市史」410-411頁.
写真:「王子製紙江別工場」(2009年5月石狩川沿いから撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人が集えば文珠の知恵袋講座小川昌代氏ご講演大盛況!のご報告

2009年06月24日 | 教育・学校
 このたび、人が集えば文珠の知恵袋講座を開講いたしましたので、ご報告いたします。

 北翔大学エクステンションセンター教養講座「人が集えば文珠の知恵袋講座」(道民カレッジ連携講座)として、江別市民病院緩和ケア看護師でいらっしゃいます小川昌代氏をゲストスピーカーとしてお招きいたし、「家族ががんと言われたら」と題してご講話をいただきました。

 生涯のうち男性の2人に1人、女性の3人に1人が癌を患っており、平成17年度1年間の死亡者の内32.3%が癌によるものであることが判っています。いわば、ガンは国民病となっています。

 わが国では、平成19(2007)年4月1日、癌対策基本法が施行されました。主な内容は、次の3点です。
(1)がんの克服を目指し、総合的な研究を推進し、癌の予防・診断・治療などに係る技術の向上と発展
(2)癌患者がその居住する地域に関わらず等しく癌医療を受けることができるようにすること
(3)癌患者のおかれている状況に応じ、本人の意向を充分尊重して癌の治療方法などが選択されるよう、癌医療を提供する体制の整備がなされること

 また、緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者さんとその家族に対して疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんと評価を行い、これが生涯とならないように予防したり対処したりすることです。
(*スピリチュアルとは、何の為に生きるのかを考える力:講演内解説より)

 これまでの医療は延命治療が重視され、患者さんにとっては疾病の痛みと抗癌剤副作用の二重の苦しみを背負う状況にありました。患者さんが苦痛を和らげる全人的な取り組みの必要性が予てより提案され、財団法人日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団のご尽力により、2007年現在全国12施設、261床が設置されました。また、緩和ケアにあたる現場の人財に向けた緩和ケアプログラムが同団体によって推進されています。

 わが国で最も早くホスピスへの取り組みがされていた病院は、大阪淀川キリスト病院です。1973年より同病院は、チーム医療をスタートさせています。
 治療だけが医療ではない、病院で生涯を終えることの理不尽さから、ホスピスへの取り組みを強化なさっていらっしゃいます。
「明るさ、広さ、静かさ、温かさ」がケアの4ポイントと言われています。明るい室内で、明るい気持ちで、広い心、静かな心、温かな心をもってケアにあたることが大切です

 近年では、「家族は第二の患者」と位置付け、家族のケア対策の必要性、重要性が検討され始めています。そして、一般病棟でもホスピスケアの必要性も問われています。
 
 小川氏のご講話の締めくくりとして、当講座で上映されましたDVD内イギリスセントクリストファーホスピス シシリーソンダーズ女史(1918-2005)の言葉をご紹介いたします。
 ホスピスケアで最も大事なことは、心の声を聞くことです。

財団法人日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団については、下記をご覧ください。
http://www.hospat.org/

 小川昌代様、貴重なご講話ありがとうございました!
そして、ご多忙の中ご聴講いただきました皆様、ありがとうございました。
 来月は、7月7日です。
 ご期待ください!

写真:人が集えば文珠の知恵袋講座小川昌代氏ご講演模様
 当ブログ掲載許可を得て、撮影掲載いたしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日!人が集えば文殊の知恵袋講座開催!

2009年06月23日 | 教育・学校
 このたび、「人が集えば文珠の知恵袋講座」(道民カレッジ連携講座)開催のご案内をいたします!

 本日(6/23)、北翔大学エクステンションセンター教養講座「人が集えば文殊の知恵袋講座」を開講いたします!
6月度のゲストスピーカーは、緩和ケア認定看護師でいらっしゃる小川昌代氏をお招きいたします。

 6月度人が集えば文珠の知恵袋講座は、下記の日程で開催いたします。
1.日  時  2009年6月23日(火)13:10-14:40
2.場  所  北翔大学
3.講  師  小川昌代氏(緩和ケア看護師)
4.題  目  「家族がガンと言われたら」
5.受 講 料  無料
6.問 合 先  北翔大学エクステンションセンター
        011-387-3939

次回のご案内
7月度プログラム 「老いと障害を考えるー患者会の中でー」 
       2009年7月 7日(火)13:10-14:40 北翔大学
 講 師   川守田順吉氏
       (江別創造舎映像プロジェクトリーダー・患者会会長)
 受講料   無料

8月度プログラム「野幌太々神楽について」
       2009年8月2日(日)13:10-14:40 北翔大学
 講 師   佐藤一志氏(江別市郷土資料館学芸員)
 受講料   無料
 なお、当日は北翔大学大学祭を開催いたしております。
       
9月度プログラム 「秋の歴史探訪」 
       2009年9月8日(火)13:00-15:00
 講 師   渡辺良洪氏(江別創造舎プロジェクトリーダー」
       *学外研修保険として100円が必要です。

(参考)
当ブログ2009年 6月16日(火)「6月度人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 5月27日(水)「2009年度人が集えば文殊の知恵袋講座ー春の歴史探訪ご報告」
当ブログ2009年 5月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座ご案内!」
当ブログ2009年 2月28日(土)「横須賀邦子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2009年 2月13日(金)「高木玲子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月13日(土)「市民・若者が講師講座 植松直氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年12月 3日(水)「2008年度人が集えば文殊の知恵袋講座最終回!渡辺良洪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「吉田絵里子氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月12日(水)「上村ひかり氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「八重樫孝明氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 8日(木)「山下恒平氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年11月 1日(土)「市民・若者が講師!講座開講第3回」開催のご案内」
当ブログ2008年10月25日(土)「久保泰雄氏ご講演大盛況!」のご報告
当ブログ2008年10月16日(木)「市民・若者が講師!講座開講!」のご案内
当ブログ2008年10月15日(水)「高瀬仁氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年10月15日(水)「横内豪氏ご講演大盛況!ご報告」
当ブログ2008年 9月19日(金)「江別創造舎主催ー横市拓摩氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 9月18日(木)「本日!市民・若者が講師!講座開講!」
当ブログ2008年 9月17日(水)「人が集えば文珠の知恵袋講座第5回」佐々木孝一氏ご講演大盛況!のご報告
当ブログ2008年 8月25日(月)「人が集えば文殊の知恵袋講座第5回ご案内」
当ブログ2008年 8月17日(日)「市民・若者が主役!ー個が生き、個が活かされる地域社会を目指してー」
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」谷川幸雄氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 8月 3日(日)「人が集えば文殊の知恵袋講座第4回」高崎格氏ご講演大盛況のご報告
当ブログ2008年 7月16日(水)「川守田順吉氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月25日(木)「渡辺良洪氏ご講演大盛況!のご報告」
当ブログ2008年 6月17日(火)「江別市恊働まちづくり活動支援事業助成採択のご報告」
当ブログ2008年 6月 8日(日)「江別市恊働まちづくり活動支援事業公開選考会参加報告」
当ブログ2008年 5月28日(水)「漆崇博氏ご講演大盛況!幣のフィールドに向けたオブジェ制作と基調講演」

写真:北翔大学COLLGE HALL PAL
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プールと学校給食の始まり

2009年06月22日 | 歴史・文化
 昭和30年代に入って、学校プールや学校給食への市民要望が高まっていました。

 江別市民の水遊びは、明治の昔から石狩川右岸の重兵衛渡し付近を中心に行なわれていました。戦後においても、青少年補導会(育成会、子ども会の前身)主催の水泳会や学校の授業は石狩川が会場でした。
 しかし、石狩川の捷水路(河川短絡)工事や護岸工事が進むにつれて、流速が増して危険でした。加えて、工業廃水や農薬の流入など衛生面の問題も指摘されました。折しも、昭和32(1957)年7月、石狩大橋付近で江別小学校児童の水泳指導をした南久男教諭が溺死するという痛ましい事故が起きました。この事故が契機になり、市民水泳プール建設促進期成会が結成され、明治35(1960)年、江別小学校に待望の学校プール第一号が設置されました。

 江別小学校のプールは、同校の児童専用だけでなく、各小中学校が日程を組んで使用することになりました。
 北国の夏は短く、プールは連日大盛況、超満員となり、早くも次ぎのプール建設が課題となりました。その後、昭和38(1963)年、江別第一中学校、翌年には江別第二小学校に学校プールが設置され、以降年次計画により整備が進むこととなりました。
 
 一方、学校給食は、敗戦直後の一時期、アジア救済連盟の寄贈(LALA物資)やユニセフの支援により実施されました。
 江別第二小学校では、校区住民の寄付45万円、町費20万円で調理場を建設しましたが、援助物資打ち切りと共に一頓挫しました。
 昭和29年6月、「学校給食法」が施行されましたが、財政難に苦しむ江別では実施が見送られました。

 昭和34(1959)年には、農林省の牛乳販路拡張策による半額補助の牛乳給食が市内四小学校と二中学校で実施されました。しかし、これもやがて中断され、全道27市で一校も給食を実施していないのは江別だけという不名誉な事態になりました。
 昭和37(1962)年9月、ようやく江別小学校で完全給食が実施されました。同年10月、豊幌小学校で小規模校では石狩管内の口火を切って実施し、39年5月には江別小学校で一括調理し、保温食缶で付近の三小学校(江別太・下の月・対雁<ついしかり>)に輸送する親子方式の実施されました。
 なお、全校での学校給食の実施は、昭和43(1968)年12月の学校給食センターの完成を待たねばなりませんでした。

註:江別市総務部「新江別市史」527-528頁.
写真:重兵衛渡し船
 2008年江別市郷土資料館にて資料複写許可を得て掲載いたしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚生労働省推進事業「YES-プログラム」

2009年06月21日 | 労働・雇用
 厚生労働省は、若年者就職基礎能力支援事業「YES-プログラム」を推進しています。

 若年者就職基礎能力支援事業「YES-プログラム(=YouthEmployability Support Program)」は、企業が若者に求める就職基礎能力を6領域に大別し、講座受講もしくは試験受験の二つの手法どちらかで各領域を単位取得し、かつ指定資格検定試験合格することによって、「YES―プログラム」の認定を厚生労働大臣によって証明される資格です。

 就職基礎能力6領域は、次のとおりです。
1.コミュニケーション能力
【重点能力】意思疎通・協調性・自己表現能力
2.職業人意識
【重点能力】責任感・向上心・探究心(課題発見力)・職業意識・勤労観
3.基礎学力(読み書き)
4.基礎学力(計算・計数・数学的思考力)
5.基礎学力(社会人常識)
6.ビジネスマナー

 上記6領域には、基礎コースと応用コースがあります。
 基礎コース・応用コース各領域は、講座受講によって単位取得する方法と、試験を受験して単位取得する場合が設定されています。
 
 自らの実践力を高めるためにご活用ください!
 資格はあくまでも手段です。
 自らを高め、自らの道を築いていくための一手段として資格があります。
 あなたは、何ができますか?
 この問いに具体性をもたせるのが資格です。
 そして、
 資格取得するまでの学ぶ過程に、自身を高める価値が存在しています。
 
 なお、北海道の大学機関では、YES-プログラム講座(応用コース)認定校とされているのは北翔大学短期大学部のみです。

 民間企業で唯一「YES-プログラム」認定されているのは、マクドナルドです。
http://www.mcdonalds.co.jp/recruit/crew/yes/

厚生労働省若年者就職基礎能力支援事業「YES-プログラム」については、下記をご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/yes/

厚労省より運営委託を受けている中央職業能力開発協会においても「YES-プログラム」概要をご確認いただけます
http://www.bc.javada.or.jp/yes/

写真:
 第12回日・EUシンポジウム会場撮影掲載いたしております。(国連大学にて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加