江戸前ネギ巻き寿司

オタク一匹の日常を綴る。
※各種作品のネタバレを含みます。
※最近はサボテンの観察日記的な要素も。

今日のつぶやき-シン・セルリアンVSかばんちゃん。

2017年03月24日 22時54分09秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●シン・セルリアンVSかばんちゃん。
 『けものフレンズ』の11話は、巨大セルリアンの襲撃で衝撃展開。なんだか爆撃機の残骸とかあって、過去に巨大セルリアンが出現した時も大変な事になったみたいだけど、人類は半ば敗北してパークから撤退したんだな……。ただ、ミライさんが今回のようにジャパリバスの前部でセルリアンを誘き寄せて、橋を破壊する事によって水没させた事が推測できるので、最終的には勝ったのでしょうね。そして2話で橋が落ちていた事も、バスの前部と後部が別々の場所にあった事も、これで説明が出来るという伏線のはり方が凄い。ともかく、これは過去編もちょっと観てみたいなぁ。二期の『けものフレンズ0』をはよ!(気が早い)
 あと、ボスがちょっと自我を持ち始めているように見えるんだけど、もしかしてボスこそが自分がそうだと自覚の無いセルリアンだったりする……?(色的にも近いし) セルリアンって無機物から生まれると言うから、ロボットのボスならちょっと有り得そうだ……。そして、人やフレンズとセルリアンの橋渡し的な存在になってくれればいいんだけどねぇ……。
 それにしても、当初はか弱い存在だったかばんが勇気を振り絞ってサーバルを救出するまでに成長したシーンが泣ける。そして、その後の自己犠牲展開……。これは次回が気になるってレベルじゃないわ……。

●こたつドラゴン。
 『小林さんちのメイドラゴン』の11話は、正月回で季節外れ……と思ったけれど、まだ三ヶ月程度しか過ぎてないんだった。しかし、もう半年くらい前の感覚だわ。
 それはともかく、今回はこたつでだらけているドラゴン達が可愛い回ですな。緩みきっている作画の柔らかそうな事モチのごとし(笑)。まあ、暖房設備が充実している所為でこたつ文化があまり根付いていない北海道民には、こたつの魔力についてはイマイチ分からないんですけどねぇ……。
 ところでファフさんの和装は異様に似合っているなぁ。やっぱり日本に馴染みすぎだわ。つか、正月はレトルトカレーばっかりの食生活だったっぽいが、ファフさんはともかく、滝谷は健康的に大丈夫なのか?(笑)
 あと、ニワトリの木彫りは地味に欲しいな……。つか、あのゴリラは干支の猿枠だったのか!?(笑) それと、絵馬の中にあった「父の腰が少しでもよくなりますように…。」の願いが切実過ぎる……。私も今腰が痛いので人事じゃねぇ……。

●外道主人公。
 『霊剣山 叡智への資格』の11話は、「敵の苦しみこそ俺の悦び」とか、ここまで主人公の台詞がラスボスのそれのように聞こえる作品も珍しい。一応罪悪感はあるらしいが、目的の為に犠牲者が出る事に対しては一切謝罪とかの念も無く、自己正当化しているんだもんなぁ……。
 まあ、作中でも言われているように、指導者が善人なだけでは駄目というのも事実ではあるのだけどね。大多数を生かす為に、少数の犠牲に目を瞑るという選択をしなければならない場面って指導者なら有り得る事だから……。どちらも救おうとして全滅するようじゃやっぱり駄目なのよね(勿論、全員救うのが理想だけど)。
 でもだからといって、ここまで悪人にしか見えない言動をする主人公というのは、やはり文化の違いが故なのだろうかねぇ……。「他者なんか関係無い。自身の我を通す事こそが正義」というか。つか、主人公の個人的な試練の筈なのに、村が壊滅するようなレベルでとばっちりを受けているんですけど……。モブに救いは無いのか!?

●最近の戦利品。
 『ガンガンジョーカー』4月号。
・ラグナクリムゾン-小林大樹による新連載。大切な人を竜に奪われた主人公が、竜を倒す為の絶対的な力を手に入れ、その力を過去の自分に託して未来を変えさせる……という感じの話。1話に限って言えば結構面白い。この面白さが維持されるのなら、単行本の購入を考えてもいいくらいだけれど、どうなる事やら……。
・渋谷金魚-アレ? 前の主人公は生きていたのか。でもどうやって……。
・ハッピーシュガーライフ-目撃者を消して、別の隠れ家を探す事に。しかし未成年者に都合良く部屋が見つかるか?
・偉大なる魔女プアン様の観察日記-最終回。自分が許せないから傷付けた相手に謝る事で許されたくないって、そりゃ「馬鹿」って言われるわな……。それじゃあ相手も救われないもん。
・制服のヴァンピレスロード-最終回。新たに吸血鬼化した仲間が増えて、ある意味エンドレス展開やな。
 まあそんな感じ。



 じゃ、今日はここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のつぶやき-戦う双子。

2017年03月23日 22時22分53秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●戦う双子。
 『ハンドシェイカー』の11話は、小代理の誕生秘話が語られましたねぇ。両親が精神を病んで失踪し、更に双子の姉も攫われて離ればなれとか、ある意味死別よりも重い……。まあ、手綱と手を繋いでいないと生命を維持できない上に、言葉も失っていたという時点で重いけれど、それに拍車をかける過去だったわ……。幼女の頃からハンドシェイカーとして戦わなければならないというのはキツイよね。つか、泣きの演技がガチ過ぎる……。
 ところで小代理は誰かから臓器提供を受けているようだけど、それって手綱の妹のなんだろうな……。

●一番星の壁。
 『アイカツスターズ!』の49話は、意外とゆめとひめ先輩の実力差があったなぁ。まあ、確かにライブが始まった瞬間にひめ先輩が勝つって分かるくらい差があったようには感じたけれど。あと、腋がえっちぃです(を)。さすがは貫禄のナンバーワン。でも、1番好きな曲はリリィのだわ……。

●父から子へ。
 『ナルト疾風伝』はついに最終回かぁ……。まさかラスボスを倒してから数ヶ月も話を引っ張るとは思わなかった……。つか、原作の最終回とは内容が違うのだな。原作版は新番組の『ボルト』の1話でやる感じなのかしら?

●地方の悲哀。
 通販した『シン・ゴジラ』のBlu-rayが明日にならないと届かなくて辛い。やはり地方は輸送に時間がかかるのがなぁ……。そもそも、発売日の前日に届いたという人もいるらしいのに、私の所への発送は発売日な時点で、スタートラインから大きなハンデがががが……!

●蘇る緑。
 赤くなっていたエケベリアだけど、水(液肥入り)をやったら緑色が戻ってきた。これは水分不足のストレスで赤くなっていたのかな? あるいは水分が足りないと日焼けしやすいという話もあるので、そっちの可能性もあるけれど、どのみち原因は水不足か。素焼きの植木鉢に植えているのだけど、素焼きは風通しが良くて土が乾きやすいからなぁ。なので、他の鉢よりも数日早いタイミングで水をやったりする事もあるのだけれど、それでも強い日光に当てると足りなくなるか……。
 いずれにしても環境を改善させると凄い勢いで回復・成長するのが多肉植物の強さだなぁ。成長と言えば、昨日の時点では芽が出ているだけだった「ブロンズ姫」の葉も、今朝には根が出ている物があって、その成長の早さに驚いたところだ。

●最近の戦利品。
 『iショウジョ+』第11巻(高山としのり)。
 なんかいつもよりも価格が高いと思ったら、巻頭と巻末に16ページもカラーページがあるからか。しかもカラーで乳首がハッキリ見えているのって、『To LOVEる ダークネス』でもあまりやらんなぁ……。
 あと、本編の方では、かなり変態なヒロインが出てきて引くわぁ……(笑)。



 じゃ、今日はここまで。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のつぶやき-芸術を言い訳に。

2017年03月22日 22時55分53秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●芸術を言い訳に。
 『エルドライブ』の11話は、絵画鑑賞を言い訳にして美術館に裸婦画を見に行く男子達は、どんだけエロに飢えているんだ……。今時ならその辺の少年誌の方がもっとエロいのを掲載していそうなものだが……。つか、裸婦展を企画している美術館もどうなの? 芸術とは言っても、館内が裸ばかりになっていて、もうちょっとした秘宝館みたいになってるじゃねーか!(笑) 
 それにしても、新キャラが登場したタイミングでエルドライブ内にスパイの存在が発覚するとか、怪しすぎて逆に怪しくない。でも、神谷浩史の声だと胡散臭さ倍増で困る(笑)。

●深読みし隊。
 そういえば『けものフレンズ』のかばんがよく言う「食べないでくださーい!」という台詞って、もしかしてセルリアンに食べられた誰かの記憶を僅かに引き継いでいるからなのでは……と、深読みしたり。こうやって色々と考察できる作品っていいよね……。

●順番が違う。
 この前カット苗を植えた時に邪魔な葉をもぎ取って土の上に放置しておいたのだけど、一部から芽が出てきました。なんかテキトーにもぎ取ったのでよく憶えていないのだけど、葉の色や厚さからすると「ブロンズ姫」かな。ただ、今植木鉢に生えている「ブロンズ姫」と比べると葉のサイズが倍くらい違うのでちょっと自信が無い(どちらかというと「朧月」に近いサイズ)。え……? 鉢に植えてからそれだけ成長したって事?
 あと、芽が出てきたのはいいんだけど、根はまだなのね。「虹の玉」なんかは根の方が先に出てきたんだけど、種類によって順番が違うものなんだなぁ。
 他にも「虹の玉」や「黄麗」、「サブコリンボサ」、「ゴーラム」、「青鎖竜」の葉なんかも発芽・発根待ち。「虹の玉」は前例がある&量があるので心配していないけれど、「黄麗」「サブコリンボサ」、「ゴーラム」はしなびていたり、傷付いていたりする葉なのでどうかなぁ……。

●最近の戦利品。
 『ガヴリールドロップアウト』第2巻(うかみ)。
 内容については多少のオチの違いとかはあるものの、アニメと殆ど同じ(というかアニメの方が増量されている)ので、あまり語る事は無いのですが、この巻の後半くらいから目の描き方がちょっと変わってきています。黒一色の太い線ではなく、細い線の集合体で輪郭をとっている感じ。実の所、個人的にはこの描き方がアニメの作画よりも好きだったりします。なんか繊細な感じで綺麗よね。
 あと、アニメには無かったと思うのだけど、カヴの部屋の棚に『ガオガイガー』や『マジンガーZ』っぽいロボットのフィギュアがある事に気付いてちょっと親近感。巨大ロボが好きなのかな……。



 じゃ、今日はここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のつぶやき-悪魔、北へ。

2017年03月21日 23時41分30秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●悪魔、北へ。
 『ガヴリールドロップアウト』の11話 は、やはり原作通りに天界編は続かなかったか。まあ、サターニャが天界へ侵入しようとするのにガヴが手を貸したとしても、ガヴ自身が荷物の持ち込みであのザマだから、上手くいかないのは目に見えているし、あえて描写する必要が無いのも事実ではあるが……。
 そして、人間界へ帰ってきてからはアニメオリジナル展開で、サターニャと犬の逃避行という感動巨編。犬×サターニャも有りだな……(を)。ともかく、仇敵ともいえる犬を助けようとするサターニャも、そしてそんな彼女の部屋で犬が飼えるようにオーナーであるマスターに、バイトのシフトを増やすのと引き替えにして頼み込んだガヴもいい娘や……。つか、マスターはガヴのシフトが増えた事に喜んでいたけれど、そんなに忙しそうではないし、どんなメリットがあるんだろ……。
 あと、タプリスが再登場だけど、この辺のエピソードは割と原作通りですな。ただ、原作でのタプリスは既に高校へ入学しているけどね。その名残でサターニャの事も「先輩」と呼んでいるし、今回の彼女の服装が制服っぽいというか、原作の制服姿とほぼ同じになっている(ちなみに原作では、このエピソードでは違う服装をしているし、眼鏡もしていた)。
 それにしても、Cパートで衝撃の引きだなぁ。原作でも未登場のガヴ姉がついに登場するのか……。これは完全にアニメオリジナル展開になるだろうから、どうなるのか全く予想できん……。

●いい奴から先に逝く。
 『幼女戦記』の10話は、ヴィーシャが寝惚けて魔法を発動し、乗っていた潜水艦を轟沈させかけていたけれど、それを阻止した最大の功労者であるグランツが、その次の戦闘では最初の犠牲者に……。まだ生きている可能性も無くはないけれど、たぶん海に落ちているだろうから、果たして回収している余裕があるだろうか……。

●夫婦の絆。
 『鬼平 ONIHEI』の11話は、嫁さんの昔の男が出てきて、「あいつの初めての男は俺だ」と宣言されても動じない鬼平が凄いな。普通なら嫉妬とかするんだろうけれど、そういう感情が入り込む余地が無いほど嫁さんの事を信頼しているし、愛してもいるという事なのだろうねぇ……。度量の広い御方だ。

●スライムの本気。
 『この素晴らしい世界に祝福を!2』の最終話は、魔王軍幹部のハンスが今までで1番幹部っぽい凶悪さだった。そもそもスライムって『ドラクエ』の所為でザコ敵のイメージが強いけれど、他のゲームだと強敵の場合が多いからなぁ。実際、不定形が故に物理攻撃が効き難い上に、体から毒や消化液を分泌していて素手とかで触るとダメージ受けるし、更に分裂したり魔法を使う者までいたりで、相当厄介よね。
 で、ハンス戦では前期と同様にプリキュアコンビがとんでもない強さを発揮していたけれど、アクアの本気も凄かったですな。信者パワーによる元気玉的なパンチに笑った。作画に本気出し過ぎだろ(笑)。しかし、魔王軍幹部にトドメを刺した功労者なのに、温泉をただのお湯へと浄化してしまった所為で住民から総スカンを喰らう辺り、アクアは本当に運が無いな……。
 なんにしても、二期もかなり楽しめたので、はやく三期が欲しいところですな。まあ、ハンスの仲間の女を顔出し程度にでも登場させたからには、おそらく三期も内定しているとは思うけれどね。じゃなきゃ、伏線ぶん投げすぎ。

●移動の影響。
 昨日植え替えた多肉植物達は、今のところ一つを除いて大きな変化は無い感じ。なんか「赤鬼城」の葉が1枚枯れ始めたけれど、これは植え替え後の多肉植物によく見られる現象かな……。ただ、発熱した鉢の壁面に面していた葉なので、その影響もあったのかもしれんが。つか、植え替える時に本体は元気そうに見えて、根はあまり残っていなかったんだよなぁ……。やっぱり熱でやられて枯れてしまったのかしらね……。また生えればいいのだが……。
 あと、植え替えた物ではないけれど、品種不明のエケベリアがなんか赤くなってきた。先日40度近い場所に置いた所為で日焼けしたのか、それとも今日涼しい所に置いていた所為で紅葉したのかはよく分からん。まあ、元々赤っぽい葉の色をしていたのが最近緑色になってきていたので、元に戻っただけとも言えるが……。

●最近の戦利品。
 『ワンピース』第84巻(尾田栄一郎)。
 この巻ではプリンの本性がまだ明らかになっていないのか。もうかなり前の展開であるように感じる辺り、今の連載は意外と展開が速いのかもね。
 ところで、SBSコーナーで一部のキャラの年齢が判明したけれど、フォクシーの38歳も衝撃だが、ワポルの29歳には驚愕したわ。まさか今回発表された中でクリークが44歳で1番高齢とか、予想しとらんよ……。むしろ1番若く見える……。



 じゃ、今日はここまで。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のつぶやき-月の涙。

2017年03月20日 22時51分21秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●月の涙。
 『リトルウィッチアカデミア』の11話は、2クール目への伏線をばらまいた感じですなぁ。なにやら「七つの言の葉」を蘇らせると、シャイニーロッドの真の力が解放されるって感じだけど、なにその『ドラゴンボール』的な物?(笑) で、アッコは二つめを蘇らせたけれど、あと五つとは先が長いなぁ……。
 ところで、月の十字傷みたいなのはなんなの? 月に何か秘密が隠されているのかしらねぇ……? 巨大ガンメンが眠っているとか? あるいは魔女が封印されているとか?

●空飛ぶ円盤。
 『政宗くんのリベンジ』の11話は、委員長の演技指導に笑った。灰皿を投げつけるって蜷川幸雄か!?(笑) あと月影先生の真似とか、田所あずさの演技幅の広さにちょっと驚いている。アダルトな感じの声もいいな……。
 それと、小十郎が「女の子ってどうしてこうおっかないんだろう」とか言うから、ついにBLに目覚めるのか?と思ったら、寧子に惚れるのか。これは意外な組み合わせだなぁ。

●アキバ事変。
 『AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-』の11話は、相変わらずステージの振り付けが無表情だったりしてシュールだな……。なんにしても、政府の介入によってアイドル活動が邪魔される展開は『アイドル事変』を連想したわ。
 ところで、まとめの双子キャラみたいのが出てきたけれど、被っている仮面で『武装少女マキャヴェリズム』を思い出した。来月から放送開始ですね。

●植物大移動。
 様子見していた「虹の玉」だけど、結局下の方から葉が枯れてきたので、急遽カット苗にして再生をはかる事に。丁度茎から根が出た状態だったので、すぐ植え替えられるしな。ついでにまだちゃんと植え替えていなかったカット苗達と一緒に寄せ植えしました。他にも「青鎖竜」の残り2本の内の片割れも怪しいので、これもカット。これが午前中の話。
 そして、午後からは「ゴーラム」の葉が落ちたり、熱にやられた「サブコリンボサ」の葉が先端から枯れてきたりしたので(問題が無い葉の枯れ方だと全体が萎んでいく)、やはりもっと環境の良い鉢へ植え替える事にした(枯れそうな葉を完全に枯れる前に切り取って、ここから芽が出ないか試したいし)。まあ、株が弱っている時にやるのはあまり良くないけれど、今のすぐ熱くなる鉢だと管理しにくいしな……。最悪駄目になっても、100円くらいで買ってきた物なので諦めもつく……。
 ただ、手持ちの鉢が足りなかったので、「般若」と「竜玉」だけそのまま放置。なんかホームセンターや園芸店では2号サイズくらいの小さな鉢ってあまり売っていないんだよなぁ……。何故か大抵4号くらいからしか置いてなくて、それだとちょっとデカイ。
 
●最近の戦利品。
 『幼女戦記』第3巻(原作・カルロ・ゼン、漫画・東條チカ)。
 内容についてはとっくにアニメに追い抜かれてしまい、まだ大学の辺りをウロチョロしています。しかしそれだけに、指揮官ではないデグさんがちょっと初々しく感じる(つーか、相変わらず漫画版はちゃんと女の子していて可愛い)。
 また、大戦から40年後のエピソードが番外編的に入っているので、、戦いの行方については多少分かります(デグさん達は直接登場する事はないけれどね)。そうか、デグさんは機密扱いになっていて、歴史の表舞台には登場していないのね……。まあ、あんな幼女が強いって誰も信じないだろうし、戦場に出していた事が人道的にマズイから隠さざるを得ないというのもあるのでしょうねぇ……。



 じゃ、今日はここまで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加