静岡ラーメン放浪記2

ラーメン大好きな管理人が、自ら食べ歩いた静岡のラーメン店を巡る紀行文。
最近では居酒屋放浪記になりつつあります。

スガキヤ@カレーラーメン

2016年07月25日 07時25分50秒 | ラーメン(静岡県内)
スガキヤ@カレーラーメン

 今週も浜松でお仕事前の腹ごしらえです。
先週は時間がなく、スーパーのお弁当で済ませましたが、やはりお店で温かいものが食べたいですね。
しかしこの浜松の駅周辺では午後5時という時間帯は鬼門です。
行きたいラーメン屋さんは半分ぐらいが午後6時からの営業なので、なかなか難しいですね。



 そこで2年ぶりに行ってみる気になったお店はザザシティーの地下にあるフードコートのお店です。
「スガキヤ」さんのラーメンも久しぶりですね。
しかしお店に着いてみると、面白い限定商品が目に留まりました。
これはいいや。



 「カレーラーメン税込み450円」
1998年の復刻版だそうですがもちろん私はまだ一度もいただいたことはありません。
せっかくの機会ですからこれを食べてみることにしましょう。

 まずは席を確保した後で、お店に注文しに行きます。
料金をお支払いして例のコールブザーをいただきました。
セルフのお冷を飲みながら少し待つと、無事に出来上がってきました。
ただ今の時間は、こちらのお店はワンオペレーションですね。



 トレイに乗せたラーメンを席まで運びます。
なるほどこれは普通のスガキヤラーメンとは全く違いますね。
スープはかなり粘度の高いもので、普通のラーメンとは違う作りのようでした。
デフォルトで例の「スガキヤフォーク」が突き刺さっています。



 具には、角切りの茹でたジャガイモをはじめ、同じくゆでたキャベツやニンジン、モヤシなどです。
このゆで野菜は後乗せで、全き味付けはなされていません。
最後のおまけに小さなチャーシューが一枚付いていました。
麺は細麺のストレートで、それほど腰はありません。

 汁が跳ねないように気を配りながらまずは麺をいただきます。
野菜に味が回るように、全体を混ぜておきました。
スープは万人向けなのか、辛さがほとんどなく、カレーとしては物足りないですね。
まあ、野菜が思ったよりも多めなので栄養のバランスは良いのかもしれません。

 相変わらずお客さんは少なめで、のんびりとしたブースでした。
お孫さんを連れたおばあちゃんが、ラーメンとデザートのセットを頼んでいたりして、ほのぼのとした雰囲気です。
こちらのラーメンはお値段も安くて良心的ですが、ボリュームは女性向けです。

 そこにセットを付ければ男性でも満腹になりますが、お値段も普通になるので、普通のお店と変わら無くなります。
小腹の空いたときにおやつ代わりという感じの使い方が良いのかもしれませんね。
私は5分ほどで完食し、お店を後にしました。

 ごちそうさまでした。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぶら屋@今日はモツなし

2016年07月24日 07時09分25秒 | 居酒屋
かぶら屋@今日はモツなし



 今日は海の日、夕食前の空き時間にちょい飲みです。
流れで二軒目に向かった先が、おなじみのかぶら屋さん。
相変わらず混んでいますね。

 しかし何とか入り口前のテーブルが空いていて、そこに潜り込むことができました。
すると店員さんからお断りがありあります。
「今日は祝日なのでモツ関係ができませんのでよろしくお願いします」
そうか、珍しい時に来たわけでした。



 実はお気に入りの、「上ネギタン塩」がお目当てでしたが、残念でした。
ともあれまずはお決まりのチューハイで乾杯です。
時間はまだ4時半を過ぎたあたりですが、店内はほぼ満席です。
店員さんも忙しそうですね。



 おつまみの一番手はパリパリキュウリです。
マヨネーズに辛味噌もついていて、これは良い感じでした。
夏場ですがおでん物もしっかりやっています。



 揚げ物が出てきました。
最近苦手になってはいますが、一口ぐらいならまだ行けます。
そうか、デフォルトでソースを掛けてくれるんだ。
あたりまえですが串カツ屋さんとは違うシステムです。

 串カツ屋さんと比較すると、ネタは小ぶりですがその分お安くなっていますから、こちらのほうがお得感がありますね。
今日の席は入口のすぐ前なので、通りを行きかう人の流れがよく見えます。
こういう暑い日には、テラス席という手もありますね。
私はまだ一度も体験したことがありませんが、そのうちデビューしてみたいです。

 今回もサクッと20分で無事終了です。
最近はとみに腰が軽くなってきました。
まあ、回転率が良いのはお店にとっても良いことでしょうから、気にはしません。
ごちそうさまでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルザ@新宿

2016年07月23日 07時03分40秒 | 居酒屋
エルザ@新宿



 今日は1年ぶりに学生時代のメンバーがそろっての演奏会です。
場所は去年と同じ新宿のエルザ、地下にあるステージでの貸し切りです。
私は焦って1時間以上も前に着いてしまいましたが、もう1軒寄っていけばよかったかなと、反省です。
何せ頭脳労働の担当ですから、楽器の準備はしなくても良いので暇を持て余していました。

 とはいえ時間になっていよいよスタートです。
ドリンクは生ビールがピッチャーでやってきますからこれを何杯もお代わりしました。
会場の熱い雰囲気がどんどん蒸発させていくので酔いの回りは少ないです。



 それでも続々と料理が出てきました。
とりあえず写真だけでもと上げておきます。



 これはカツオのカルパッチョ。



 スモークサーモンですね。



  生ハムとサラミです。



 野菜サラダです。



 パスタも一人分ずつ盛られています。
なおすべての料理は五人分ずつ盛り合されています。



 ぼやけていますが、カニ爪コロッケです。
私はパス。



 これはニョッキでしょうか。



 ピザも出てきました。



 こちらはお魚のデミグラスソースでしょうか。
料理の種類も豊富ですね。



 そしてメインのローストビーフです。
これは大好評でした。
これで延長まであって、3時間はしっかり飲みかつ演奏しました。
しかしおつまみは半分以上は残っていましたね。

 6時になって無事終了です。
私は帰りの電車があるのでここでお別れでしたが、皆さんは二次会までたっぷりとお楽しみになられたそうです。
皆さんご苦労様でした。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿かっぱ@新宿

2016年07月22日 07時15分22秒 | 居酒屋
新宿かっぱ@新宿

 「陳家私菜」さんでランチを堪能した後は、お土産の調達です。
しかしそのお店もなかなか見つかりません。
新宿駅のそばの、「ニュウマン」にあるということで、とりあえずそれらしい場所には着きました。
しかし壁に書いてある案内が細かい字で、全く読めません。

 今時のおしゃれな表示なんでしょうが、この分かりにくい看板はいらないと思いますね。
こういうビルの中のお店というのは、初めて行く私のような素人にはまことに探しにくいものです。
そんなわけでだいぶ時間をつぶしましたが、何とかお土産を買うことができました。

 そのあとは会場に行って場所の確認です。
これは一年ぶりですからまだ大丈夫でした。
しかしまだ小1時間ほど余っているので、時間調整に居酒屋さんを探します。
この日は曇りでしたから日差しも弱く、歩いていてもあまり問題はありませんでした。



 それでも1軒目の予定は外れて二軒目に用意していたお店にたどり着きます。
かなり大回りをして、歌舞伎町の地下にあるお店に入りました。
こちらが、「かっぱ」さんです。
これは真っ昼間から混んでいますね。



 それでもカウンター席が空いていてその真ん中あたりに座りました。
「ホッピー(税抜き390円)ください」
今日はホッピーでスタートです。



 すぐに気が付きましたが、「生ビール」が190円でしたか。
しまった、それにしておけばよかった。
すると税金の突き出しが出てきました。



 こちらが税抜き300円の突き出しです。
しかしこの味卵が意外においしくて見直しました。
これは良いや。

 しかし難点が一つです。
それは、右隣の男女カップルのうちの男性。
40ぐらいですが、ひっきりなしにタバコを吸っていて、それをグリグリと灰皿に揉み消しています。
地下なのでそれ程は換気がよくはなく、副流煙に悩まされました。

 しかしこちらのホッピーはナカが多めでいいですね。
これは飲みごたえがありそうだ。
お客さんは意外に若い方が多く、声もにぎやかです。
喫茶店と同じような感覚で使っているんでしょうかね。



 したがって、品物の注文はそれほど多くなく、お店の方も暇そうでした。
私はナカのお代わり(同200円)で飲み続けます。
うーん、おつまみをどうしようかが悩みの種です。
というのも先ほどのランチにボリュームがありすぎて、お腹がいっぱいだからです。

 ここまで来たらまあいいか。
結局お通しだけで済ませてしまいました。
こうなると300円も貴重品でした。

 結局40分ほどでお会計です。
消費税が付いて960円でした。
これで時間調整は無事終了です。
ごちそうさまでした。





 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陳家私菜新宿店@新宿

2016年07月21日 07時21分23秒 | グルメ
陳家私菜@新宿



 今日は大学のクラブの集まりで、久しぶりの上京です。
場所は昨年と同じ新宿ですが、開場にはまだしばらく時間があります。
せっかく新宿まで来ましたから、美味しいランチでも食べていきましょうか。

 あれこれと調べて決まった先は、「陳家私菜 新宿店」さんです。
こちらのお店は前から気になっていたので酢が、ようやく行くことができました。
しかし相変わらず新宿は迷いますね。
これというのも新宿駅には出口が多いせいです。

 いつもは歌舞伎町に近い東口で出るのですが、今回は地図で見て近そうな甲州街道出口で外に出ました。
そのために地図が頭のイメージに合わず、お店探しにも苦労してしまいました。
まあ、それでも何とかお店を見つけて一安心です。



 「いらっしゃいませ」
お店に入ると若い中国系の女性が迎えてくださいました。
細長いテーブル上の席が並んでいて、結構広いお店です。
お客さんはそれほどおらず、のんびりとしていますが、その中の中央あたりに席を指定されました。



 まずはおしぼりが出てきてメニューを見ます。
メニューの中からすでに決めていた、「頂点石焼麻婆豆腐」のランチセットを注文します。
するとすぐに温かいご飯とスープが出てきました。





 のんびりと待っていると、意外に早くメインが出てきました。
店員さんが紙エプロンを渡してくれたのでまずはそれを掛けて準備は万端です。
「よく混ぜてお召し上がりください」
石鍋の中には麻婆豆腐がぐつぐつと美味しそうな湯気を立てていました。



 大振りのレンゲでこれを崩して混ぜます。
これはなかなか楽しい作業ですね。
アツアツの麻婆豆腐をふうふういいながらいただきます。



 さて、私から少し遅れて入ってきたのは30代ぐらいの女性一人客で、その方がすぐ私の右前に案内されました。
席は空いているのに、けっこう詰めて入れるお店です。
しかしそのおかげで初心者にはありがたいことが分かりました。

 その女性が調理場のほうに向かって行って、そこから何ものかを持ってきました。
さらには卓上のツボからお惣菜のようなものを取り出して自分の小皿に取りました。
そうかこれはすべてセルフサービスなんだ。
それではと一時お食事を中断して、まずは厨房に向かって行き鍋から水餃子を二つ取りました。



 こちらはお一人様三個まで無料だそうです。
しかし取りすぎと食べ残しは厳禁だと書いてありました。
テーブルに持ち帰って、そこに特製のたれをかけていただきました。

 そしてその後は素知らぬ顔で、例のお惣菜のツボを開け、キャベツと春雨の漬物のようなお惣菜を取りました。
これはなかなか良い味で、辛口麻婆豆腐のいい口直しになります。
目の前のお嬢さんに感謝感謝です。
落ち着いて厚揚げの炒めを食べているお嬢さんはご飯も半分というスタイルで、かなりの常連さんと見ました。

 しかしこの麻婆豆腐はかなり辛いです。
しかも熱さが半端ないですから、食べるのには苦労しました。
これは欲ばって辛めにしなかったのは正解でした。

 この辛さは主に、「中国山椒」で、まさに痺れる味です。
それ以外にもあまり麻婆豆腐では使わないような調味料が感じられました。
さすがに看板商品だけあって、工夫した料理になっていますね。
辛さが際立つので、白ご飯が美味しいことこの上ないです。

 このご飯の量も大盛りですから食べきれるかどうか心配でしたが、辛さに後押しされてついに完食してしまいました。
お腹もパンパンですし、これは大満足です。
なお、ご飯のお代わりは無料だということですが、見ている限りではお代わりした方はいらっしゃいませんでした。

 なんとか麻婆豆腐もそこそこ食べ終えてお会計です。
メニューをちらりと見た限りでは850円なのかと思いましたが、800円でした。
あれ、これはサービスなのかな。
よくわからないままにお店を後にしました。



 激辛麻婆豆腐のお店、次は麺類も食べてみたいですね。
ごちそうさまでした。





  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加