☆斉藤奈津子・ダンシングミセスの日記帳☆

ダンスは心の美容液…。湘南台・自由が丘☆大人のひとりサルサ&ベリーダンス初級教室アモール 主宰 奈津子のブログ

フープロを探しています

2017-07-14 10:47:00 | ダンサーのための美健康☆

昨日、久しぶりにブログを書きました。
手術のことですごく落ち込み、ブログもダンスのことも考えるのがとても苦しかった時期があり、更新が滞ってしまいました。
昨日のはレッスンだったので、生徒さんとレッスンすることで元気をいただけて、ブログも更新。
読んでいただけて、とてもうれしかったです。ありがとうございました。

今後も気持ちは揺れるかもしれませんが、「人間だもの」ですね。


来週(水)の手術に備えて今、いろいろ準備しています。
術後の食事のためにフードプロセッサーを探しています。


数年前におしゃれなミセスの間で流行したクイジナートのフードプロセッサー。
モーターの会社が作ったプロセッサーなので、肉や魚の骨も粉砕できるという。

しかも見た目がシンプルでインテリアとしてもおしゃれ。



今回、口腔の手術を受けることになり、やはり食事のことが気になります。
ダンスをする上で、野菜や大豆蛋白だけでは体が持つか心配です。
肉は脂肪だけでなく筋肉を作ってくれる、ダンサーにとっては大事な栄養源。


毎日、軟食と主人用の普通食を作るのは手間なので、私の軟食はプロセッサーで主人用のおかずを粉砕しようと考えたのです。


たしか湘南台のスタジオ近くの雑貨屋さんに、クイジナートのミニサイズが売っていたんです。
少なくとも流行した8年くらい前は。


でも、昨日見たらありませんでした。
店員さんに聞いてみたら、もう扱っていないとのこと。



今回、ミキサー食や軟食について、ネットでレシピなどいろいろ調べました。

介護について、それを食べる人について、あらためて考えました。

肉のミキサー食は、やはりなかなか食べづらいそう。
飲み込みづらいのと、見た目ことで。

例えば肉じゃがを粉砕すると
人参の橙色、肉の茶色、いものベージュ色がまざって、灰色茶色っぽいペーストに。
私はこういうのを術後食べるの?…と、ちょっと愕然としました。




生徒さん皆さんに、今私が不安に思ってる最大事項を、今後のことも考えて伝えてみました。

「病状によっては、手術で歯を抜くかもしれないんです。
仮歯をいれるまではそのような状態になるかもしれないので、気にしないでくださいね。」ということです。

言ってみたら、

「えー、そんなの気にしませんよ~(^-^)」

「先生、手術頑張ってね。」

などなど

温かい言葉が返ってきて。
がっかりされたり、笑われたり、「人は見た目が9割」なんて本が流行るこのご時世だから、人の目がすごく不安だった。

それだけに生徒さんの反応が本当にうれしかったです。
本当に本当にありがたくて、生徒さんには感謝です。不安がひとつずつ軽減されていくようでした。

生徒さん、ありがとう。








大人の一人サルサ&ベリーダンス初級教室
🎀アモール🎀



🎀自由が丘クラスご案内🎀

【はじめての一人サルサ クラス】

ひとりサルサを「シャイン」といいます。
情熱的なラテン音楽にのり自分を解放。
日本の歌謡曲を使った歌謡サルサのレッスンもしています✨


よみうりカルチャー自由が丘
ひとりで踊るサルサ 入門
第1・3(金)13:30~15:00

❤体験レッスンのお申し込みは、よみうりカルチャー自由が丘のHPやお電話からお願い致します。


🌹恐れ入りますが、近々私が手術をうけるため
湘南台クラス(ひとりサルサ、ベリーダンス)の体験レッスン及びご新規生徒さんの受付を一時休止しております。

回復し次第、あらためて体験レッスン及びご新規生徒さん受付のご案内をさせていただきますので

どうぞよろしくお願いいたします。


奈津子へのお問い合わせはフォームはこちら↓

🌹スマホ、パソコン共用


🌹携帯電話専用

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい場所ではじめてベリー... | トップ | 買い物であったこと »
最近の画像もっと見る

あわせて読む