ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

盛夏の砌(みぎり)

2017-07-26 09:55:05 | Weblog
 画は 歌川 廣重 (安藤 廣重)  

 寛政9年(1797年) ~ 安政5年(1858年)  

 号は 一立齋(いちりゅうさい)           作


  「東海道 十八 五十三次 興津 清美がせき 清見寺」です。


☆晴れ、気温上昇中。

往生際の悪さは日本人離れしておるわなぁ、

◆https://nobuogohara.com/
郷原信郎が斬る 2017年7月25日
危険な賭けに出たことで詰将棋に陥った安倍首相


安倍晋三首相は、昨日(7月24日)の衆議院予算委員会での閉会中審査で、
加計学園の特区への申請を知った時期について質問され、

「1月20日に申請が正式決定した時点」と明言した。

「腹心の友」の関係にある加計孝太郎氏と、頻繁に、ゴルフ、会食などを
繰り返していた安倍首相が、

加計学園が今治市の特区で獣医学部新設の申請をしていることを、
最終的に加計学園が事業者に決定された今年の1月20日まで知らなかった

というのは、常識では考えられないことであり、
昨日の国会での安倍首相の答弁の中で特に注目されている。

昨年10月以降、獣医学部新設を認める条件として、「広域的に獣医学部が存在しない」
「平成30年4月設置」などが設定され、

「加計ありき」であった強い疑念が生じていることを受け、
それらが安倍首相自身の「加計学園への有利な取り計らい」であった
ことを否定することが目的なのであろう。

なぜなら、昨年9月9日の国家戦略特区諮問会議の時点で、安倍首相が、
加計学園の特区申請を認識していたとすると、

そこでの議長の安倍首相の指示が、加計学園の獣医学部新設に便宜を図ったもの
であることを、事実上認めざるを得なくなる
からだ。

7月8日の【激論!クロスファイア】で高橋洋一氏の「挙証責任」「議論終了」論
をめぐって議論した際にも、昨年9月9日の諮問会議での安倍首相の指示のことを指摘した。

(【加計問題での”防衛線”「挙証責任」「議論終了」論の崩壊】)
https://nobuogohara.com/2017/07/25/


民間議員を代表して八田達夫氏が

獣医学部の新設は、人畜共通の病気が問題になっていることから見て
  極めて重要ですが、岩盤が立ちはだかっています。

と発言したことを受けて、安倍首相は、会議の最後に

本日提案いただいた「残された岩盤規制」や、特区での成果の「全国展開」
  についても、実現に向けた検討を、これまで以上に加速的・集中的にお願いしたい。

と発言している。そして、それを受けて、
獣医学部新設の問題を本格的に議論するために開かれた9月16日のWGの冒頭で、
藤原豊次長(内閣府地方創生推進事務局審議官)が、

先週金曜日に国家戦略特区の諮問会議が行われまして、
  まさに八田議員から民間議員ペーパーを御説明いただきましたが、
  その中で重点的に議論していく項目の1つとしてこの課題が挙がり、
  総理からもそういった提案課題について検討を深めよう
  というお話もいただいております。

と発言している。つまり、実質的にこの日のWGから始まっている
獣医学部新設に関する議論は、

9月9日の諮問会議での安倍首相の指示によるものであることを、
藤原氏が明言しているのである。

この時点で、安倍首相が、加計学園が特区申請をしていることを認識していたとすれば、
その指示によって加計学園に便宜を図ったことが否定できなくなる。

「広域的に獣医学部が存在しない」「平成30年4月設置」などの条件については、
担当大臣の山本幸三氏が、「安倍首相の指示・意向は一切なく、自分が決定した」
と言い続け、徹底して安倍首相を守り抜く姿勢をとり続けている。

そういう意味では、一応、ディフェンスが存在している。

しかし、9月9日諮問会議での安倍首相発言と、それを受けての9月16日の
WGでの藤原氏の発言は、八田氏などが強調する
「議事録などに残された透明なプロセス」の中でのことなので、
ディフェンスのしようがないのである。

安倍首相側では、昨日の閉会中審査に出席するに当たって、
どのような答弁をするかを十分に検討したはずだが、そこで
「9月9日諮問会議での安倍首相指示」のことが意識されたのかもしれない。

しかし、常識的に考えても、構造改革特区で何度も獣医学部新設の申請をしている
ことを知っていたのに、それを国家戦略特区では申請していたことを知らなかった
ということは考えられない


しかも、安倍首相は、加計氏と、新たな学部への「挑戦」の話をしたことは認めている
のであり、「その学部は何か」ということを親しい間柄で、
話さないということは考えられない。

安倍首相は「相談も依頼も受けたことはない」としきりに強調しているが、
ここで問題となっているのは、

加計学園が今治市で獣医学部を新設しようとしている
ことを認識していたか否かなのである。

国会で、そのような常識では考えられない内容の答弁をしたことは、
安倍首相にとって「危険な賭け」だったと言わざるを得ない。

私個人としては、規制緩和における「挙証責任」論や国家戦略特区の在り方に関する議論が
取り上げられることを期待していただけに、若干残念であるが、

安倍首相側が、防衛線を敢えて「1月20日」に設定した以上、
そこが当面の最大の攻防の焦点になることは避けがたいであろう。

今日の参議院での閉会中審査では、この点は野党側からの追及のポイントになるであろうし、
仮に、それを耐えしのいだとしても、その不合理性は明らかであって、

どう考えても、「加計学園の特区申請は今年1月20日に知った」
という話が維持できるとは考えられない。

安倍首相にとって将棋の盤面は、「詰将棋」の状況に入ったと言わざるを得ないだろう。



廣重、二枚目、



「東海道 七 五拾三次之内 藤沢」です。



ど腐れ官僚の群れw

◆http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/581.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 7 月 24 日 kNSCqYLU
安倍首相脱傲慢作戦失敗
 加計キーパーソンが逆ギレ答弁
(日刊ゲンダイ)


http://asyura.x0.to/imgup/d7/3920.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210096
日刊ゲンダイ  2017年7月24日 


安倍首相は「李下に冠を正さず」という言葉を何度も繰り返した。

24日午前から始まった衆院予算委員会の閉会中審査。

安倍首相は“腹心の友”が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設計画に関し、

改めて「(理事長の)加計さんは学生時代からの友人だが、
彼が私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは、ただ一度もない」

と関与を全面否定したが、テレビ中継を意識して最も強調したのは「低姿勢」だ。

質問のトップバッター、自民党の小野寺五典議員が「単刀直入にうかがう」と切り出し、
加計氏との関係を問うと、安倍首相は普段のまくし立てるような答弁を控え、
ゆっくりと穏やかな口調でこう釈明した。

「私の友人が関わっていることで国民の皆さまから疑念を持たれるのは当然のことだ。

今までの答弁ではその観点が欠けていた。足らざる部分は認めなければいけない」

数々のゴーマンな態度が、内閣支持率暴落の要因との自覚はあるようで、
安倍首相はしおらしい態度に努めたが、

それを打ち消すように感情を爆発させたのが、
前文科次官の前川喜平氏から「キーパーソン」と名指しされた和泉洋人首相補佐官だ。

この日も前川氏は和泉氏から「総理は自分の口から言えないから自分が言う」と
獣医学部新設で対応を促されたと重ねて証言。

対する和泉氏は、興奮した口調でこう答弁した。

「獣医学部新設は『岩盤規制』の象徴。 総理は常々『スピード感を持って進めるように』

とおっしゃってきた。そのことは申し上げたかも知れないが、

『総理が自分の口から』という極端なことを言えば記憶に残っているはず。

その記憶はないから、言っていません」

あまりに感情的な口調に議場がざわつくと、「言っていません!」と繰り返した。

他の証言者も 前川氏以外は、内部文書に残された安倍首相の“お友達”への便宜を

におわす発言を、岩盤規制突破に向けた指示にスリ替えた。



「腹心の友」の学部新設「知らなかった」

質疑者が与党から野党に移ると、安倍首相の態度は一変。

都合の悪い質問にはマトモに答えず、いつものように持論を一方的に垂れ流し始めた。

官邸の関与をめぐり、前川氏と和泉氏の主張は真っ向から対立。

民進党の大串博志議員が 偽証罪に問われる証人喚問を行い、真偽を明らかにするよう
安倍首相に求めると、途端にのらりくらり。

「委員会から要請があった中で、

松野大臣も山本大臣も和泉補佐官も藤原審議官も出席している。

誠意をもって真実を話している」と何度も言い募り、

「国会のことは国会でお決めいただきたい」と明言を避けた。

加計孝太郎理事長との関係については「政治家になるずっと前からの友人関係」

と説明したものの、「獣医学部を今治市にという話は一切なかった」などと、

新設計画については知らぬ存ぜぬの一本調子。

「正式に申請が認められた(今年)1月20日の特区諮問会議で知るに至った」

「知り得る立場にはあったが、具体的な説明は私にはなかった」と答弁。

これには議場がどよめき、激しいヤジが飛び交った。

今治市とのパイプ役を担ったとみられている柳瀬唯夫首相秘書官(現・経産省審議官)
も出席。

国家戦略特区での獣医学部新設を提案する2カ月前に、
今治市の課長級の担当者らを官邸に招いて面会していた疑いが浮上しているのだが、

「記憶にないので覚えていない」を5回も繰り返した。

「丁寧な説明」とやらは、どうなったのか。



廣重、三枚目、



「名所江戸百景 四ツ木通用水引ふね」です。



PSYCHO-PASSのサンズイ(瀆職=収賄)案件、

◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11522.html
ネットゲリラ   (2017年7月25日)
これ見ろ、どう見ても汚職なんだよ


どう転んでもアベシンゾーが自分から自白するわけがないので、
国会なんてやるだけ無駄なんだが、ただ1つ、

「アベシンゾーは嘘つきだ」という印象操作が出来れば、それでいい。
野党の仕事はそれだけです。
アベシンゾーは辞めれば逮捕されると思い込んでいるので、
絶対に自分からは辞めない。

さぁ、誰がアベシンゾーの首に鈴を付けに行くのか?


  ☆https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000060-mai-soci
  毎日 7/24(月)
  ◎大阪府私学財政審査を厳格化 設置基準案、財務諸表必須



この閉会中審査で、アベシンゾーの支持率は更に低下するだろう。
自民党総裁の支持率でいえば、最低だったのは竹下内閣の末期、7-9パーセント、
森喜朗内閣の末期、9パーセント前後、というのが記録なんだが、
新記録達成目指して頑張ってくださいw


  -----------------------
  昨日の大串の質疑でこれほど荒れるとはw
  もう下痢は贈収賄認めろや
  ----------------------
  国家戦略特区の議長は安倍晋三だろ
  下っ端にお願いして
  親友のトップにお願いしないなんてあり得ないわ
  -----------------------
  早く岸信介の隠し子を呼べよ
  -----------------------


アベシンゾーのゴルフ代、飲食代、遊ぶためのカネとして、
加計は年間1億円使っていた。
その結果として、440億円の補助金が、加計に注ぎ込まれた
これが客観的な事実です。それ以上でもそれ以下でもない。


  -----------------------
  加戸は恐ろしいことに
  行政を歪めることが悪いことだと全く思ってないんだよなー
  こいつ文部官僚時代からこうだったんだろうな
  -----------------------
  一点の曇もないならさっさと
  加計晃太郎を証人喚問かけろって話だよね
  それを安倍と自民が拒否するから
  いつまでたっても疑惑が晴れないんだよ
  -----------------------
  維新は与党側の時間でやれ
  -----------------------
  稲田氏への「報告」示す直筆メモを入手
  https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170725-00000230-fnn-pol
  -----------------------


盗みに入るのに、手袋くらいして、指紋が残らないくらいの事は、誰でもします。
指紋がないからオレじゃない、といくら叫んでも、全ての状況証拠は、
アベシンゾーが犯人だと示している。
自民党を「ぶっ壊す」ために居座っているとしか思えないw



◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36842851.html
新ベンチャー革命 2017年7月25日 No.1741
臨時予算委員会で嘘しか吐かない安倍氏はやはりサイコパス:
 “こんな人物が日本のトップリーダーであってよいのか!



1.森友・加計疑惑への関与があったら、総理のみならず議員も辞める
  と国民に公約したことが仇となって、安倍氏は自縄自縛に陥った


2017年7月24日と25日、国会の閉会中審査のため、
臨時予算委員会が衆参両院で行われました。

この委員会で安倍氏はやはり、ウソで言い逃れする戦法に出ています。

安倍氏の周辺の官僚はみんな知らぬ存ぜぬの一点張りでした。

要するに真実はひとつなのですが、安倍氏が真実を認めると総理辞任にとどまらず、
議員辞職せざるを得ないのです。

なぜなら、安倍氏自身が森友・加計疑惑に関与していたら、
総理のみならず議員も辞めると国民に公約しているからです。

安倍氏がウソをついていることは明白となりました。

そのことを東京地検特捜部出身の若狭氏(小池派の衆院議員)が指摘しています。

若狭氏は検事出身なので、犯罪容疑の掛けられている人間の取り調べに
精通していますから、安倍氏の嘘が透けて見えるのでしょう。


2.安倍氏は一回目の首相をやっていたときも、
  年金記録問題で嘘の発言を繰り返した


2007年、安倍氏が一回目の首相をやったとき、5000万件もの年金記録漏れがある
ことが発覚しました。

このときの安倍氏の演説を筆者は個人的によく憶えていますが、
5000万件の記録漏れをひとつ残らずすべて、解消して見せますと大見得を切ったのです。

そのとき、筆者は、安倍氏という人間は、いつも、口から出まかせを言う人間だ
と確信すると同時に、よくあんな嘘が平気でつけるなとあきれるとともに、

ある種、感心しました、なぜなら、自分だったら、人前であんなデタラメは到底、
言えないと思ったからです。

それ以来、筆者は安倍氏を類い(たぐい)稀なるウソツキ政治家だと観てきました。

今回も安倍氏は本領を発揮して、嘘を連発しています。

今回、安倍氏は野党から質問されて、答えた内容はほとんど嘘なのではないでしょうか。

人間は、あまりにも嘘ばかりついていると、良心が咎める(とがめる)のが普通ですが、
安倍氏には、そのような気配がまったくなさそうです。


3.昔から平気で嘘をつく安倍氏はやはり、
  サイコパスの特徴をすべて備えている


本ブログでは、安倍氏はサイコパスではないかと以前に指摘したことがあります。

そのとき、サイコパスの特徴を以下のように列挙しています。

  1)良心欠如
  2)他人に冷淡
  3)平気でウソをつく
  4)自分の行動に責任をとらない
  5)罪悪感なし
  6)自己中心的
  7)口が達者


今回の臨時予算委員会での安倍氏の答弁を聴いていると、やはり、
安倍氏の言動はサイコパスの特徴がピッタリ当てはまります。

こういう人物がわれら日本のトップリーダーであるのは
やはり問題なのではないでしょうか。

ところで、安倍信者のネトウヨは、いまだになお、安倍氏を尊敬しているのでしょうか。

また、ネトウヨは安倍氏が嘘をついているとは思わないのでしょうか。




小泉が半壊にし、下痢壺で全壊にもっていく、朝鮮・征倭会w

欲を掻きすぎて宿主を殺してしまう。

いやはや、すさまじいわなぁw





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大暑の候Ⅴ 

2017-07-25 10:23:25 | Weblog
 画は 歌川 國芳 (くによし)

 寛政九年(1797)~ 文久元年(1861)

 号は一勇齋、朝櫻楼など                作


  「武部源蔵」  「藤原時平 公」  

  「菅原道真 公」です。


☆曇り。

やれるものならやってみな、自・公・維新には大鉄槌を食らわせてやる、

◆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210006
日刊ゲンダイ 2017年7月23日
支持率急落で安倍首相ご乱心?  内閣改造直後の解散急浮上


くすぶり続ける加計学園問題に稲田防衛相の“隠蔽了承”疑惑が追い打ちで、
内閣支持率は下げ止まる気配がない。

そんな中、安倍首相が破れかぶれで解散・総選挙に打って出るのではないか
という臆測が流れ始めている。

永田町で囁かれているのは、8月3日の内閣改造でイメージを刷新し、
その勢いで解散に踏み切るというシナリオだ。

「これ以上、支持率が下落して、総理の退陣論が公然と語られるようになる前に

やってしまった方がいい。

党内の安倍降ろしを封じるには、解散権を行使するのが一番なのです。

民進党はガタガタだし、野党共闘の準備も進んでいない。

今なら、年内にもできるといわれている『小池新党』の国政進出も間に合いません。

政権批判の受け皿がないのだから、選挙をやっても自民党は負けませんよ。

30議席くらいなら、減らしたってかまわない。

逆に、来年になれば追い込まれ型の解散になって惨敗しかねません。

内閣改造を終えたら、間髪置かずに解散に打って出るのが最善の策で、

そうすれば、安倍総理の総裁3選にも道筋がつきます」(自民党関係者)


疑惑失態をチャラにするための“ちゃぶ台返し”

政権浮揚の材料が内閣改造くらいしかないのは確かだが、

安倍首相自身が国民から不信感を抱かれているのが現状だ。

菅官房長官や麻生副総理など内閣の“屋台骨”はいじらないというし、

小手先の改造人事では支持率の回復も望めない。

普通に考えれば解散なんて打てる状況ではないのだが、

野党の選挙担当者はこう言って警戒する。

「内閣改造でも支持率が上がらなければ、解散の可能性はむしろ高まるのではないか。

局面を打破するには、もはや解散・総選挙しかないからです。

争点は『安倍内閣を信じるかどうか』でも何でもいい。

勝ってしまえば、権力基盤が強化され、また好き放題できる。

加計問題も『国民の信を得た』と言ってリセットできますからね」

疑惑や失態をチャラにするための“ちゃぶ台返し解散”というわけだ。

ここへきて、解散説が浮上してきた理由のひとつには、

衆院小選挙区の新たな区割り改定法が16日に施行されたことがある。

これで、安倍首相はいつでも解散権を行使できるようになった。


「自民党は、民進党が蓮舫代表のうちに総選挙をやりたいと考えているはずです。

安倍首相の性格からして、批判にイキリ立って、解散を口走ることも考えられる。

ただ、安倍首相が選挙の顔で本当に戦えるのか

自爆解散は、安倍首相の自己満足でしかありません。

自民党にマトモな判断能力があれば、羽交い締めにしてでも

解散を思いとどまらせるでしょう。

問題は、誰が安倍首相に引導を渡すのかということです」
(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

党内で暴走を止められなければ、夏の解散・総選挙になだれ込む可能性がある。

国民にとっては、望むところだろう

自民党にできないのなら、民意が引導を渡してやればいい




國芳、二枚目、



「木曾街道六十九次之内 髙宮 神谷伊右ヱ門」です。


稀代の嘘つき野郎です、

◆http://lite-ra.com/2017/07/post-3335.html
リテラ  2017.07.24
安倍首相が加計学園が獣医学部新設を申請していること、知らなかった
とウソ強弁!  安倍首相はなぜ平気で嘘をつく?


支持率がさらに急落するなか、本日午前より2日間にわたる閉会中審査が開かれている。

この間「丁寧に説明する」ととなえていた安倍首相だが、

やはりそれは口だけだったようだ。

安倍首相の口からさっそく信じ難い発言が飛び出した。

民進党の大串博志議員が、安倍首相と加計孝太郎理事長のゴルフや会食が、

昨年7月以降極端に回数が増えていることを指摘。

まさに、加計学園の獣医学部新設申請について議論されている時期のことであるだけに、

決定権者である安倍首相が加計理事長とゴルフや会食をともにしているだけでも

常識的に考えて大問題だ。

しかも、安倍首相はゴルフのプレイ代については自ら支払ったとしたものの、

食事代については「加計氏にごちそうになることもある」と饗応を受けたことを、

平然と認める発言までした。

一方で、安倍首相は加計学園が獣医学部新設を申請していたことを「知らなかった」と、

あり得ないことを言い張った。

大串議員が「加計学園が獣医学部新設の申請をしていることを知ったのはいつか?」

と質問すると、安倍首相はなんと、加計学園に決定した今年1月20日だと答弁したのだ。

今さら説明するまでもないが、安倍首相は国家戦略特区諮問会議の議長である。

獣医学部新設について、自らの目の前で議論が繰り広げられていながら、

加計学園の申請について、1月20日まで知らなかったなどと、信じられるわけがない


大串議員は何度も繰り返し安倍首相を問い質したが、

首相は「1月20日まで知らなかった」と言い張り、

しまいには「安倍首相がいつ知ったか」と安倍首相の記憶をきいているのに、

なぜか山本幸三地方創生相が答弁に立つというふざけた対応をとった。

それを指摘された安倍首相は、今度は「いつ申請したかを質問されたと思ったので」などと、

あり得ない言い訳までした。

いったいどういう神経をしているのか。

この期におよんで、こんな子どもでもすぐわかるようなウソを

よくも平気で重ねられるものだとあきれるほかない。

しかし、こと安倍首相に関してはそれももはや驚くことではないのかもしれない。

安倍首相はこれまでも国会や会見など公の場でも、平気で

フェイクニュースばりのウソをついてきた。

本サイトでは、何度も安倍首相のウソを指摘してきた。

以下にその記録を再掲するので、ぜひご一読いただきたい。

(編集部)

…………………………………………………

以下ご参照!



國芳、三枚目、



「隅田川七福神の内 恵美須」です。



イスラエル、ユダ米のために死ぬ義理など皆無だ、奴らは敵です、

◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36840624.html
新ベンチャー革命 2017年7月24日 No.1740
2013年、自衛隊がゴラン高原から撤退したとき、
 アルジェリアで日本人が多数、殺害されたが、2017年、
 自衛隊が南スーダンから撤退しても意趣返しテロは起きていない:
 自衛隊は日本の国防に徹するべき



1.防衛省・自衛隊が、南スーダンへの自衛隊派遣の撤退を勝ち取った
  ことは評価できる


防衛省・自衛隊は2017年3月に南スーダンから自衛隊のPKO派遣部隊を撤退させる
ことを決めています。

おそらく、派遣された自衛隊員が戦闘に巻き込まれて戦死者が出ている
と推測されます。

この撤退は、安倍政権の決定というより、防衛省・自衛隊幹部が
安倍氏を説得して、撤退を勝ち取ったというのが実態ではないでしょうか。

本ブログでは防衛省・自衛隊のこの決定を支持します、なぜなら、
日本国の防衛ではない戦闘で自衛隊員を絶対に死なせるべきではないからです。


2.防衛省・自衛隊は以前、中東ゴラン高原に派遣されていた自衛隊員も
  撤退させている


自衛隊のPKO派遣は、上記、南スーダンの他に、
中東ゴラン高原への派遣もありました。

こちらも、国連との約束期限であった2013年1月に、撤退しています。

この派遣もオモテムキは、国連からの要請でしたが、実態は

日本を乗っ取る米国戦争屋の要請だったと本ブログでは観ています。

ゴラン高原は、イスラエルとシリアの国境に位置しますが、

両国はゴラン高原を巡って鋭く対立しています。

いずれにしても、ここは非常に危険な地域なのです。

そこで、米戦争屋CIAネオコンはイスラエル支援のため、

属国日本の自衛隊をゴラン高原に派遣させ、イスラエル兵の代わりに

自衛隊員をイスラエルとシリアの国境警備に利用した

(そのコストはわれら日本国民の血税)と本ブログでは観ています。

したがって、日本にとって、自衛隊のゴラン高原国境警備は、
日本の国益とまったく関係ないのです。

防衛省・自衛隊の愛国的日本人は、日本を属国視する米戦争屋の魂胆を見抜いており、

約束期限が来たので、延長要求を断固拒否して、

強引に自衛隊員をゴラン高原から撤退させたのです。


3.自衛隊がゴラン高原から撤退したとたん、
  アルジェリアで日揮関係者がテロ襲撃された


2013年1月15日、防衛省・自衛隊はゴラン高原に派遣した自衛隊員の撤収を終えました。

ところが、翌日の2013年1月16日、アルジェリアの天然ガス・プラントにて、
日本の日揮の工事関係者がテロ襲撃を受けて、日本人10人が犠牲となりました。


本ブログの見方では、日本人が狙い撃ちされたこのテロ事件と、
自衛隊のゴラン高原からの撤退は相互に関係していると観ています。

ちなみに、アルジェリアの天然ガス・プラントを襲撃したのは
アルカイダ系テロリストでしたが、

アルカイダは、旧・米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡テロ集団であることは今や、
世界の常識となっています。

要するに、このときのアルジェリア・テロの首謀者と
旧・米戦争屋CIAネオコンは水面下でつながっているのです。

当時、ゴラン高原から自衛隊員を撤退させた防衛省・自衛隊の幹部は、
アルカイダと旧・米戦争屋CIAネオコンがつながっていることを知っていたはずです。

そして、アルジェリア・テロは、
防衛省・自衛隊がゴラン高原から自衛隊員を撤退させたことへの意趣返しであったと
すぐにわかったはずです。

したがって、今回、防衛省・自衛隊が南スーダンからも自衛隊員を撤退させたことで、
旧・米戦争屋CIAネオコンが、何らかの意趣返しをしてくることを
防衛省・自衛隊幹部は警戒しているはずです。

にもかかわらず、いまのところ、意趣返しが起きていません、
それは、2013年時点と違って、今、

旧・米戦争屋CIAネオコンの謀略工作実行力が低下しているためと推測されます。

今、防衛省・自衛隊の愛国的日本人が、旧・米戦争屋の傀儡・安倍・稲田コンビを

恐れなくなっているのは、トランプ政権になって

旧・米戦争屋CIAの対日支配力に陰りがみられる
からでしょう。

旧・米戦争屋CIAネオコンの傀儡・ヒラリーがトランプに敗けたことが、

旧・米戦争屋CIAネオコンの対日支配に大きく影響しているでしょう。

防衛省・自衛隊の愛国的日本人は、三島由紀夫の遺言に従って、
自衛隊員を米軍の傭兵にさせず、日本の国防に徹して欲しいと願って止みません。




毎度申し上げておりますよ、

「脱米」&「排特亜」こそ国益にかのう、安全と繁栄への大道なり、と。

ユダ米は日本にとって「吸血鬼にして死神」、

支那&半島は「寄生虫にして疫病神」でしかありません。

悪しき洗脳から醒めるべきです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大暑の候Ⅳ

2017-07-24 10:13:03 | Weblog
 画は 歌川 國貞 (三代豊國)

 天明6年(1786年) ~ 元治元年(1865年)

 号は、香蝶楼・一雄齋・五渡亭など                 作


  「怪談隅田川 かいだんすみだがわ」より、

  「野分姫の亡魂」 「道具屋於組」

  「下部軍助」 「法界坊」です。


☆曇り、暑さ一服。

下痢壺に痛撃だ、

◆http://www.asahi.com/articles/ASK7R6HHPK7RUTFK009.html
朝日 2017年7月24日
内閣改造しても駄目だ大型地方選連敗、自民に危機感


加計学園問題が安倍晋三首相を直撃し、内閣支持率が急落するなかで迎えた
23日の仙台市長選。

自民党にとっては東京都議選に続く大型地方選挙での連敗だけに、
党内には危機感が広がった。

ある党幹部は支持率は下がる。選挙には勝てない。

トップを代えなくちゃ次の衆院選は戦えない


中堅議員は「強引な政権運営のつけが出ている。内閣改造しても駄目だ」
と手詰まり感を口にした。

参院幹部は「経済で結果を出し、疑問は丁寧に説明していくしかない」と語った。

足元で党を支える地方議員も政権に厳しいまなざしを向ける。

与党候補陣営の中心だった自民の赤間次彦・仙台市議は記者団に

無党派層を取り込めなかったばかりか、自民支持層もまとめられなかった

安倍政権へのお灸
(きゅう)だ」
と話した。

公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長は記者団に
「逆風は感じた。国政への批判もあった」と指摘した。

一方、民進党衆院議員から転じた郡和子氏を支援した野党。

地元選出の民進の安住淳代表代行は記者団に

「安倍政権への信任投票的な意味合いを帯びた。

そこに野党共闘がうまくかみあった」と強調。

共産党の小池晃書記局長は朝日新聞の取材に

野党と市民の共闘が、安倍政権への怒りの受け皿になったと語った。



◆https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-170724X687.html
時事 2017年7月24日
仙台市長選、野党共闘の郡氏初当選=与党系ら破る―
 首相求心力、さらに低下



より抜粋、

今回の市長選は、自民党が惨敗した東京都議選に続く
与野党対決型の大型地方選挙として注目を集めた。

投票率は44.52%で、過去最低だった2013年の前回を
14.41ポイント上回った

郡氏は民進、社民両党県連の支持を得たほか、共産党県委員会、自由党も支援した。

選挙戦では、自身が所属していた民進党を中心に国会議員が応援に入り、
学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などで安倍政権批判を展開。

郡氏は、市内の中学校で相次いだいじめ自殺への対策や、
子育て支援の充実、若者の地元定着を支援する給付型奨学金の創設などを訴えて
支持を集めた。



◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11517.html#more
ネットゲリラ  (2017年7月24日)
自民党は仙台市の葬式出す気かよ


仙台市長選で、民進党系の候補が当選、というんだが、
自民党系はいかにもタマが悪すぎた。葬儀屋。

仙台市の葬式出すつもりかよw 実際、今の自民党では
マトモな候補者を立てられない。


  ☆http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170723/
   k10011071121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
  NHK 7月24日
  ◎仙台市長選 新人の郡氏が初当選


マトモな人物は、自民党から立候補なんかしない。
自民党は世襲だらけなので、いくら優秀で、官僚アガリでも、
出世の途は閉ざされている。
世襲のボンボンでもなきゃ、他の党から出ますw


  -----------------------
  普通に民進党が受け皿になっててワロタ
  -----------------------
  民進党系が分裂だったのに負けたのは痛かったな。
  どんだけ嫌われてんだよ>自民
  -----------------------
  だって対抗馬がブラック企業の噂がある葬儀屋社長
  さんなんだもん...もっとマシなのいねーのかよ
  -----------------------
  こんな人達に負けまくりw
  -----------------------
  衝撃鹿児島の曽於そお市長選挙 
  共産党の五位塚剛さんが当選 自公惨敗www
  平成29年7月23日執行 曽於市長選挙
  https://www.city.soo.kagoshima.jp/gyousei/sennkyo/senkyo_result.html
  五位塚剛(共産) 11,492票
  今鶴治信(自公) 8927票

  共産にも負ける安倍自民www
  -----------------------


地方選は以前から自民党は弱かったよね。
静岡県知事も、いまだに川勝だ。
清和会の一強といっても、ムサシから裏金まで、あらゆる卑劣な手段をしても、
ポイントだけしか押さえてない。イザとなったら弱いもんだw


  -----------------------
  国民の7割は浮動票なんだよ。
  都議選と今回で国民は断固たる意思表示をした。
  地方選だという言い訳は全く通用しない。
  菅はまた変な逆ギレ会見しないで退陣進言しろ。
  -----------------------
  無党派層は、実質 反自民
  民進支持とは言えなくても
  自民にも入れたくない層だと思った方がいい
  つまり、投票になったら野党に入れる
  -----------------------
  アホ安倍が政権に居座ってる限りどんどん野党が勝っちゃうねー
  どうか総選挙まで安倍首相でいてくれ
  ----------------------


九州では、共産党の候補者が自民候補を破って市長になってるしw 
このままアベシンゾーが頑張ってくれれば、日本の夜明けも近いですw


コメント


*tanuki | 2017年7月24日 | 返信

  来週は横浜市長選だが、現職保守の婆さんと
  民進党系元市会議員候補の争いになりそう。
  映画監督というのもいるが、、、、

  ここで民進党が勝つと政局は完全に転覆するでしょう。
  何せ日本一の人口を持つ政令指定都市。
  首都圏での国政選挙の流れを決定づけることになる。

  そして横浜は三百万都市で、武蔵でのねつ造は難しいだろう。
  半分の投票率としても数十万の表入れ替えは物理的に無理。
  (手書きで書くのでもすさまじい時間と人手がかかる上に、
  筆跡調べられたらアウトになるのでね。)

  まあまだこの劇は続くのですよ。



國貞、二枚目、



「江戸の華 名勝會 つ 九番組」 「田畑」 
「太田持資朝臣 坂東三津五郎」(六代目)です。



オリンピックどころではないわな、

◆http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/444.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 2 月 04 日  kNSCqYLU
即死の燃料デブリ残骸でわかった 廃炉のデタラメ皮算用 
 何兆円使おうが廃炉なんてできっこない
(日刊ゲンダイ)


http://asyura.x0.to/imgup/d6/3035.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d6/3036.jpg

☆http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198938
日刊ゲンダイ  2017年2月4日  文字お越し


本当に廃炉なんてできるのか。

目の前の現実に打ちのめされてしまう。

東京電力は2日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査で
撮影した映像を解析したところ、

一部で毎時530シーベルトという超高線量を測定したと発表した。

これは、とてつもない数値だ。

ICRP(国際放射線防護委員会)の指標では、宇宙線や大地からの
「自然放射能」に加えた「追加被曝線量」の公衆限度は
年間1ミリシーベルトとされている。

毎時換算でおよそ0.11マイクロシーベルトだ。

福島原発事故後に日本政府が避難指示を解除する目安の除染目標にしたのは、
年間20ミリシーベルト。

長期にわたって居住が制限される「帰還困難区域」の線引きは、
年間積算線量が50ミリシーベルトとされた。

>1000ミリシーベルトが1シーベルトなのである。

今回、計測された530シーベルトという高線量は、想像を絶する世界だ。

「マイクロ」も「ミリ」もつかず、しかも「毎時」。

1999年に茨城県東海村の核燃料加工会社で起きた臨界事故で死亡した

作業員の被曝量は、最大で20シーベルトと推定されている。

放射線医学総合研究所によれば、毎時6~7シーベルトが100%致死量だという。

東電は「推定値だから30%の誤差がある」と説明しているが、

7掛けしたって毎時370シーベルト。

人間が近づけば即死するレベルであることには変わりない。


「メルトアウト」が起きている可能性


気がかりなのは、毎時530シーベルトという放射線量が、

運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量だということだ。

メルトダウン(炉心溶融)した核燃料が圧力容器の底を突き抜け、

地下水と接触して再臨界に達している
ということではないのか。

原子炉格納容器を設計していた元東芝技術者の後藤政志氏が言う。

「東電が公開したカメラ映像では、原子炉の真下に大きな穴が開いている様子が

見えました。核燃料が圧力容器を破って外に漏れ出たことは間違いありません。

ただ、それは、われわれ専門家が事故当初から指摘していたこと。

東電や政府はなかなか認めようとしませんでしたが、

メルトダウンは大前提なのです。

今回、メルトダウンした核燃料が原子炉圧力容器を突き抜けて、

外側の格納容器に漏れ落ちるメルトスルー(溶融貫通)が起きている
ことは裏付けられた。

圧力容器を破るほどの核燃料では、格納容器はひとたまりもありません。

圧力容器は70気圧に耐えられるよう設計されていますが、
格納容器の設定はわずか4気圧です。

建屋のコンクリート壁にいたっては単なる覆いであって、

超高温のデブリ(溶融燃料)による浸食を防ぐことは難しいでしょう」

核燃料が原子炉建屋の床を突き破る「メルトアウト」が起きている可能性は高い。

これが地下水に達していれば、いくら循環冷却しても

放射性物質の拡散を防ぐことはできない。

チャイナシンドロームが進行中のような惨状下にあると考えるべきだろう。

先月28日、事故後の復興について関係閣僚らが議論する

福島復興再生協議会が福島市内で開かれた。

議長を務める今村復興相が冒頭の挨拶で

「福島、東北の復興も3月にはいよいよ7年目に入る。

マラソンでいうとだいたい30キロ地点ぐらいにきているのかな」とホザいたのは、

まったくもって信じがたい感覚だ。

福島の現状をどう認識しているのか。

事故処理はまだスタートラインにも立っていない。 原因さえ解明されていない。

それでマラソンの折り返しを越えた30キロ地点だと? 

こんな無神経な発言をして、大臣をクビにならないのが不思議だ。


廃炉費用は税金か電気料金で結局は国民負担


東電は今月中に最新型のロボットを投入してデブリの状態を確かめる予定だったが、

作業用足場に開いた穴が走行ルートを妨害するため、

計画の練り直しを余儀なくされそうだ。

毎時530シーベルトという高線量も想定外で、

廃炉への道は、ますます混沌としてきた。

「この高線量では、ロボットに使われている半導体やモーターがやられてしまうので、

2時間程度しか動かせず、限定的な調査しかできません。

もっとも、仮に線量がもっと低くても、ロボットが正常に動くかは分からない。

あれだけの過酷事故を起こしておいて、

簡単に廃炉までたどりつけると思う方が間違っています。

今回の内部撮影によって、政府と東電の廃炉スケジュールが完全に破綻した

ことが露呈しました
」(後藤政志氏=前出)

事故が起きた11年の年末に発表された廃炉の工程表は、

2年以内に1~4号機の貯蔵プールにある使用済み燃料の取り出し作業に着手、

1~3号機の溶融燃料は10年以内に取り出し作業を始め、

30~40年後に施設を解体撤去する廃炉が完了するというものだった。

事故からまもなく丸6年になるのに、工程通りに実行できたのは、

4号機の使用済み燃料取り出しのみ。

事故を起こした1~3号機の燃料には着手できない。

建屋内の線量が高すぎて人間が近寄れないのだ。

そのうえ、溶け落ちたデブリがどんな状態で、どこにあるのかさえ分からない。

これのどこが「アンダーコントロール」なのか。

当初の計画からは大幅に遅れているのだが、政府はデブリの取り出しを21年に始め、

30~40年で廃炉を完了させるというスケジュールを変えようとしていない。

ここが悪魔的だ。


途方もない年月と費用が必要

「政府の工程表は夢物語でしかなく、見直す時期に来ていると思います。

福島原発の場合、燃料をすべて取り出して更地にするという意味での廃炉は、

数十年単位では無理でしょう。

問題なく運転終了した原発でも、廃炉まで数十年かかるのです。

米国のスリーマイル島事故では、核燃料がまだ格納容器内にとどまっていたから、

なんとかなった。

世界的に見ても、過酷事故で燃料デブリになったものを取り出した例はありません

福島では、形状をとどめていないデブリがどこにあるかも分からないし、

メルトダウンした原発が3基もある。

チェルノブイリのように石棺化しても、100年は持たないでしょうし、

本当に廃炉に至るまでには、途方もない年月と金額が必要になる


廃炉費用がいくらかかるか、誰にも分かりません。

ところが、政府は最終的な費用の計算に先行して、

国民に負担させるスキームの議論を始めた。

ホント、ふざけています。

40年という廃炉工程表を取り下げないのは、着実に廃炉に向かっている

というパフォーマンスでしかない。

東電を存続させ、原発再稼働を進めるためです」
(環境経済学者で立命館大教授の大島堅一氏)

経産省は昨年、事故処理の負担スキームを審議する有識者会議を立ち上げた。

福島原発事故の賠償・廃炉費などは計21.5兆円になると、

従前から倍増する試算を発表。

6年経って近づくこともできない現状を考えれば、費用はどこまで膨れ上がるか

分からないのだが、新電力の託送料に上乗せする方針を固めた。

託送料なら、国会の承認も必要ない。

儲けは自分たちのもので、事故負担は国民にツケ回す。

そういう都合のいいビジネスモデルをゴリ押ししようとしている。

「40年での廃炉なんて、どう考えても無理です。

現実的な廃炉計画を立てられる状況にもない。

しかし、原発輸出を成長戦略に据えている安倍政権は、

既存の原発を稼働させたうえで、新設の仕組みもつくりたいのでしょう。

世界に向けて、安心・安全を担保するためには、虚構の事故処理シナリオを維持する

必要がある。何兆円使おうと、工程表通りの廃炉はできないと思いますが、

それも結局、税金にしろ電気料金にしろ国民負担にされてしまう。

それでも原発再稼働を支持する国民が、どれだけいるのでしょうか」
(大島堅一氏=前出)

原発はコストが安いなんて、よく言う。

福島原発の現状を見れば、原発再稼働は正気の沙汰とは思えない。

原発事故は収束どころか、現在進行形だ


オリンピックなんて、やってる場合ではないのではないか。




國貞、三枚目、



「江戸名所百人美女 天神」です。



893は所詮893、ブタ札さ、

◆http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170722/soc1707220020-n1.html
ZAKZAK 2017.7.22
ヤクザの世界は人種差別がないと信じて、この世界に入った


六代目山口組から分裂した神戸山口組からさらに分裂。

「任侠団体山口組」というユニークな名前を掲げ、

“3つの山口組抗争”を引き起こした男には、「在日」というルーツがあった。

ヤクザ取材の第一人者であるノンフィクション作家の溝口敦氏が、

彼に「ヤクザと在日」の新時代を見る。  
 
           * * *

4月30日に神戸山口組から分裂し、「任侠団体山口組」を結成した
織田絆誠代表(50歳、以下敬称略)は依然、暴力団業界の「台風の目」だ。

神戸山口組では若頭代行をつとめ、山健組では副組長に上った実力者である。

山健組から3分の1の勢力を引き連れ、神戸山口組の直参とも語らって
今回、新団体を立ち上げた。

直系組が55団体。大勢力である。

主張するところは、六代目山口組の司忍組長、高山清司若頭、
神戸山口組の井上邦雄組長、正木年男本部長の4人は引退せよ、

トップは中堅、若手が毎月組に納める会費(上納金)で飯を食うな--など、
業界革新の気に溢れて過激である。

織田が説明する。

「ヤクザにとって大事な盃事を否定するのが本意ではないんです。

ただ山口組では五代目・渡辺芳則組長以降、

この30年間、盃が諸悪の根源になって来た。

盃を下ろした側(組長)は子分に対して、白い物を黒いといっても許される

と考える。盃を下ろされた側(直参、直系組長)は親分から

どんな理不尽なことを言われても、飲み込む、耐え抜いてこそ子分だ

といった変な美学がまかり通っている。

盃を下ろすまでは、組長になる人はそれぞれいい人なんです。が、

下ろしたとたん、子分からお金の吸い上げ自由、自分の勝手と考える。

こういった盃なら要らないということです。

しかるべき人物が現れ、トップになっても変わらないと確信できた段階で、

組長の座にお迎えしたいと考えてます」

事実、「任侠団体山口組」では組長を置かず、親子盃、兄弟盃もしない。

月会費はオール10万円以下。

カネがかかるから他団体と交際せず、本部事務所も置かない。

織田のモットーは「ヤクザはヤクザらしく」。

ヤクザなんだから服装は自由、黒服を強制しない。

組員は安い会費で生活に余裕を持ち、せいぜいおしゃれを楽しみ、

社会貢献せよ、というのだ。

織田が口舌の徒でないことはこれまでの経歴が語っている。

喧嘩、抗争はめっぽう強い。

論理的で,業界きっての雄弁家。

聞く者をして奮い立たせるアジテーターであることは、

六代目山口組と対立するさなか、全国遊説して神戸山口組の結束を強めた

ことで証明済みといっていい。

彼はヤクザ、暴力団が社会から排除されず、認められるためには

社会的な有用性を示さなければならないと考えている。

具体的には不良外国人グループや半グレ集団の排除、善導であり、

海外在留邦人の警護などである。

暴力団は国民が「反社会的組織」でないと認めたとき、

山口組三代目・田岡一雄の時代のように、営む「正業」が認められると考える。

だが、織田は在日韓国人3世(本名は金禎紀)であり、

ネットなどには「なぜ在日が日本の治安向上に努力などと言い出すのか」

といった声もアップされている。

暴力団業界に在日が多いのは事実である。

現在、暴対法に基づく「指定暴力団」は22団体を数えるが、

そのうち代表者が在日である組織は5団体に及ぶ。 約23%


総人口に占める在日韓国・朝鮮人の割合は2%以下とされるから、

10倍以上の密度
である。

もともとヤクザ組織は一般企業や役所に就職できず、

「ヤクザにしかなれない」人の生計の途といった側面があり、

伝統的に在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者を排除しない。

過去にも柳川組・柳川次郎こと梁元錫や、東声会・町井久之こと鄭建永など、

一世を風靡した在日ヤクザは多い。

織田自身もこう言う。

「子供ながらに、ヤクザの世界は人種差別がないと信じて、

この世界に飛び込みました」

※週刊ポスト2017年7月21・28日号



◆http://toshiaki.exblog.jp/
古川利明の同時代ウォッチング
◎2017年 07月 08日


#ほいで、この「7・30」投票のヨコハマ市長選、
さっそく、わちきも、不在者投票をしてきましたよ。
ワシは、いつも不在者投票しとるんだが、今回は特に早かった。

ってのは、自公が支えて、3選を目指す現職の林文子には、
「お灸を据えて、落選させる」という最大目的があったんで、

あとは、残る元逗子市長・元民主党衆院ギインの長島一由か、
現職の同市議の伊藤ひろたかの、この2人のうちの、
どちらかに投票するかだったんでな。

結論から先に言うと、ワシは、投票用紙に伊藤の名前を書いて、
投函してきた。決め手はセンキョ広報で、

伊藤も長島も、スンゴク主張が似てはおるんだが、メインの見出しが、
長島は「NO!カジノ」だったのに対し、

伊藤は中学校給食実現! カジノは要らない!」の2本立てで、
やっぱ、公約ファーストは「中学校給食実現」だろう。

長島も、センキョ広報に書いてはおるんだが、ホンマ、
下の方に小さな字でチョロっとあるだけで、意気込みを感じないんだわな。

あと、伊藤は齢39で、首長初挑戦という若さ かいなあ。

長島も、今、齢50で、現職の齢71の林に比べたら若いんだが、
肩書に「元~」とあるように、手垢が付いておる。

それと、ワシが不在者投票したのは、「7・19」だったんだが、
それまで、近所の公設掲示板に、長島はポスターが貼ってなかった。

ワシが投票を済ませた、この日の晩に、やっと貼られておって、
こういうのはアカン。

あと、伊藤は選挙ビラの方に

ヨコハマから、アベ政権の暴走政治にNO!として、

総選挙での選挙協力、凶暴罪ホウ廃止etcと書いておって、

だから、「政局ガラミ」も含めて、今回は「伊藤ひろたか」だな。




仙台に続き、二連勝となりますやら?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大暑の候Ⅲ

2017-07-23 09:45:29 | Weblog
 画は 歌川 芳虎 (よしとら)

 國芳門人。 一猛齋、錦朝楼などと号した。

 生年未詳 ~ 1888年頃か        作


  「八島檀之浦合戦」です。


☆曇り、気温上昇中。

選択肢を広げよう! ユダヤ・メジャー一辺倒は危険ですし、高くつく、

◆https://jp.sputniknews.com/opinion/201706213790904/
Sputnik 日本 2017年06月21日
そろそろ日本は ロシアから石油を買うべきではないか?

 byドミトリー  ヴェルホトゥロフ


一連のアラブ諸国が、テロを支援したとしてカタールと国交を断絶する
というペルシャ湾の危機的状況は、日本にも影響をもたらすものだ。

日本は全石油輸入量のうちの約8パーセントと、
液化天然ガスの輸入量のうち18パーセントをカタールから輸入している。

それだけではなく、戦火の危機にあるアラビア半島は、
日本の石油輸入にとって重要な地域なのである。


スプートニク日本

カタールは陸路での国境をサウジアラビアとしか接していない。

その国境は、2017年の6月初旬に閉じられた。

他のアラブ諸国はカタールの航空機が自国の領空を飛行することを禁じた。

そのためカタールに残されたのは港だけである。

しかし海路は石油や液化ガスの積み出し停止をすれば、
容易にブロックすることができてしまう。

日本はおそらく、初めてこのような状況、つまり中東のエネルギー大国が
重大な脅威にさらされているという状況に直面している。

以前は、戦争も紛争もあったが、石油はタンカーに計画通り積み込まれていた。

しかし今では、全ての地域で、状況が大きく変化している。

つい最近まで、戦争はイラクやリビア、シリアといった、
アラブ世界の外周で起きていた。

しかし戦争は、地域的にも、政治的にも、アラブ世界の中心部、
つまりは同時にイスラム教徒の世界の中心部に忍び寄っている。

2016年、サウジアラビアではカティーフ、ジッダ、また預言者のモスクがある
マディーナでさえもテロが発生した。

2014年からシリアとイラクでは、つまりサウジアラビアの北の国境付近で
戦争が起きている。

また2014年からやはり、サウジアラビア軍が参加している戦争が
イエメンで、つまりサウジアラビアの南の国境付近で起きている。

アラビア半島というのは、日本が石油輸入の約75パーセント、
液化天然ガスの約24パーセントを依存している地域であるが、

現在そこは段階的に、戦火の輪が広がっている場所でもある。

中東地域におけるある地域的な武力衝突が、地域全体を巻き込む大きな闘争、

つまりは戦争にまで発展してしまうのではないかという予想は、

ありえる話であるし、そうなれば石油とガスはいの一番に、敵国を攻撃し、

損害を与えるための手段になるだろう。


https://jp.sputniknews.com/images/379/08/3790859.jpg
日本の石油輸入相手国


アラブ首長国連邦のアンワール・ガルガーシュ外務担当国務大臣は、
カタールの隣国からの国交断絶は、
数年間続くかもしれないという見解を示している。

このことは日本に、国内のエネルギー需要をどう満たしていくか
という難しい問題を突きつけることになる。

天然ガスに関して言えば、状況はそこまで危機的というわけではない。

というのは供給元はマレーシアやインドネシア、オーストラリアなど、
複数国にわたっているからだ。

しかし石油をめぐる状況は深刻だ。

日本には一日に380万バレルの石油が運ばれている。

これは年間で1億8千540万トンの計算になる。

世界の原油市場を考慮すると、
(2016年、1日あたりの販売量は9千440万バレルに及んだ)
数字は大きくないように思われる。

しかし中東における戦争がコントロール下からはずれ、
ペルシャ湾の諸国の国々からの石油輸出がストップしたとすると、

世界の市場において1日あたり1200万から1500万バレルがなくなる
計算になる。

このような規模で石油が足りなくなれば、競争は激しくなり、価格は高騰する。

日本を含むと思われる、経済状況が輸入によって左右される国にとってみれば、

競争激化と価格上昇は非常に不愉快でストレスを生むファクターとなる。

そしてそのような石油高騰時代は数年間続くことになる。

なぜならば他の全ての石油輸出国がともに力を合わせて石油を採掘したとしても、

この規模のマイナスを埋めることはできないからである。


これらを鑑みると、疑問がわいてくる。

そろそろ真剣に、ロシアから石油を買うことを検討するべき時ではないか?

ロシアは海外市場に1日、1108万バレルの石油を送り出しており、

原則的に、日本の需要を満たせる状況にある


日本側は石油採掘、輸送パイプ、また例えば新しい石油採掘地域として発展している

ヤクーチアのように、陸棚や大陸における採掘ターミナルに投資することができる。

長期的な契約は将来的に不安定性のある中東情勢を鑑みれば得かもしれないし、
安全かもしれない。

海上会戦の場になってしまうかもしれないペルシャ湾とは違って、

日本海とオホーツク海ではロシアの太平洋艦隊が、
石油供給を妨害しようとする試みを根絶するだろう


代替手段については事前に考えたほうがよい。

もし中東における危機が一層強まれば、それに反応しようとしても、
もしかすると時すでに遅し、ということになるかもしれない。



日本近海は石油の宝庫、という有力説もある。

ユダヤ・メジャーに邪魔されて手付かずのようです。



◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11507.html
ネットゲリラ  (2017年7月22日)
ポイ捨てされたら即滅亡


こっそり密かに流されたNEWSなんだが、
CIAがシリアの反政府勢力への支援を打ち切る、というんだが、そら、
ISIS支配地域を落としたあとの振る舞いを見りゃ、そうせざるを得ないわなw 

CIAもあれだけ「アサドの暴虐」とか言っていたのが、今度は反政府勢力が、
それ以上の暴虐の限りを尽しているんだからw 
ISIS残党を崖から突き落としたり、裁判なしで処刑しまくったり。
プチ南京大虐殺w 戦場ではいつも、同じ悲劇が繰り返される。


  ☆http://www.afpbb.com/articles/-/3136320?act=all
  AFP 2017年07月20日
  ◎米CIA、シリア反体制派への支援打ち切りへ 対ロ協力探る?


しまいまでつきあったら、CIAが悪者にされてしまう。悪者なんだがw 
これがアメリカ流の敗戦処理ですw


  -----------------------
  アメリカが世界に対する影響力を失いつつある証左の一つかな
  -----------------------
  ↑今のアメリカは殆ど内戦状態だからな。
  正直、シリアに構っていられないw
  あそこはロシアに任せた方が良いと思う。
  -----------------------
  空気入れるだけ入れといてポイーと

  じつにアメリカンやなあ
  -----------------------
  もともと米国はフランスに引きずられてシリアに介入しただけで、
  オバマはイラク戦争の戦後の泥沼から抜け出すことで選ばれた。
  これはトランプがシリアをロシアに任せればいいと言って選ばれた
  のと同じことで、もともと米国はイラクから抜け出したくて
  シリアになんかも関心は無い。
  -----------------------
  ハシゴを外された奴らは悲惨だな。
  アメリカはいざとなったら撤退(損切り)する。
  南ベトナムみたいにポイ捨てされたら即滅亡。
  当時の南ベトナム軍は自衛隊をはるかに凌駕していた
  にもかかわらず、だ。
  -----------------------


アメリカが~、というより、イスラエルだよね。
イスラエルが自分の都合でISIS創り、支援し、地域を混乱させた


目的は地域を混乱させるため、という、それだけ。
イスラム教徒を分断し、憎しみ合わせるためだけに、テロリストを作った。
イスラム教徒は馬鹿なので、イスラエルに乗せられて殺し合い。

奴らは極東でも、アジア人を分断し、殺し合いさせようとしている。
乗せられるな。


コメント

*tanuki | 2017年7月22日 | 返信

  アフリカが顕著ですが、中東も共通しているのは
  まっすぐな国境線です。
  地形や民族の配置を考えればこれは本来あり得ないのですが、
  意図的に民族と国家を分断し
  永遠に内戦で殺し合わせるためにつくられた国境線です。

  なぜならば、aという民族のAと、bという民族のB
  という自然な民族国家ができると結束が強くなり、
  いずれ成長して支配できなくなる。
  だからわざと少数のaと多数のbを含むA'と、
  多数のaと少数のbを含むB'という国をあちこちに作る。
  そして各国家のaが強くなればbを焚き付け、
  bが強くなるとaを焚き付けて強い国ができることを未然に防ぐ。
  これが欧米のやり口です。

  まあ中東やアフリカの情勢分析は全く無意味です。
  善も悪も無く、民族の心も今や分断されている。
  あるのは欧米がいかにその国の人々を踏みつけにし、
  立ち上がるのを壊しているかというだけのこと。

  メディアも国際機関も腐りきった世の中で、
  誰かを正義だと思い込むほど危険なことはありません





芳虎、二枚目、



「倶利伽羅峠の戦い」です。



主権者は「こんな人たち」、

◆http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/470.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 7 月 21 日 Q kNSCqYLU
こんな人たちの復讐劇
 反安倍クーデターのノロシ上がる
(日刊ゲンダイ)


http://asyura.x0.to/imgup/d7/3754.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d7/3755.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209895
日刊ゲンダイ  2017年7月21日  文字お越し


ボロボロだ。

20日の定例会見で菅官房長官は、追い詰められ、追い込まれ、
苦しい弁明を繰り出すしかなかった。

南スーダンPKOの日報の「非公開」を稲田防衛相が了承したとされる“隠蔽疑惑”。

菅は、「徹底した調査が必要だ」と答え、特別防衛監察の調査対象に
この一件も含まれると明言せざるを得なくなった。

まとまった報告書で、事務方は処分しても、
調査対象外の政務三役は責任回避する手はずが狂った。

そのうえ、山本地方創生相が国家戦略特区による獣医学部新設が決まる2カ月前に
加計学園が事業者と獣医師会に伝えていたとされる疑惑も発覚

菅はこれについても「山本氏がきちんと説明する」と言わざるを得ず、
いつもの「あたらない」 「問題ない」で擁護することはできなかった。

週明けに安倍首相出席の集中審議を控え、国民から厳しい視線が注がれている手前、
ゼロ回答はイメージが悪い。

次々出てきた不都合な疑惑に、菅は苦渋の表情だ。

長らく続いた「安倍1強」政治は、明らかに潮目が変わった。

政権を取り巻くありとあらゆる状況が逆回転している。

都議選惨敗と支持率急落がその象徴だが、ひとつのきっかけは、秋葉原で

「こんな人たち」と指さして侮蔑した、安倍のあの傲慢な態度にある。

まがりなりにも国民の一員なのに、意見が違う、逆らうヤツらは

こんな人たち扱い

もっとも、その思想は、安倍政治のすべてに通じている。


絶対王政の支配層と下僕

周囲を身内で固め、政府と国民との関係を、民主主義のなかった中世貴族社会の
絶対王政のような支配層と下僕の関係に貶めた。

それは、立憲主義を否定し、黒を白と言い張り、独裁国家さながらだ。

しかし、そんな恐怖支配が4年半も続けば、抑圧された人々の我慢も限界である。

稲田と山本の両大臣を窮地に追い込むリーク情報は、

責任と処分を押し付けられる現場の陸上自衛隊の反乱であり、

お友達に利益を付け替えるご都合主義を「規制改革」だとアピールすることで、

守旧派のレッテルを貼られた獣医師会の反発が根っこにある。

文科省から内部文書が次々流出したのだってそうだ。

つまり、虐げられてきた「こんな人たち」の復讐劇が始まったのである。

上智大教授の中野晃一氏(政治学)はこう言う。

「民主党政権は『官僚を使いこなせなかった』と言われました。

それを受け、『決められる政治』を行うとして登場した安倍政権は、

『官僚をうまく使いこなしている』と言われてきた。

しかし、一連の失態で、それがいかに空疎なものだったのかが明らかになりました。

安倍政権は官僚を使いこなしていたのではなく私物化していたのです。

防衛省の問題は深刻です。

もともと上意下達の保守的な組織なのに、大臣があまりにヒドすぎて、

現場が反乱を起こしているのが現状。

文民統制が利いていないわけで、マズい状況です。

それぐらい安倍政権は横暴が過ぎ、ボロが出てきてしまった

ということなのでしょうけれど」


あらゆる階層が「もう黙ってはいられない」と決起

こうなると、安倍1強が続くとみて、迎合してきた連中の「わが世の春」は続かない。

反安倍クーデターののろしが上がれば、政権もろともジ・エンド。

しっぺ返しはもう始まっている。

政治家としての素養を磨くわけでもなく、首相出身派閥という“温室”で

遊んでいたチルドレンたち。

「このハゲーー!」の豊田真由子衆院議員は、元秘書に告発され、

傷害容疑で摘発の瀬戸際。 いまだ表に出てこられない。

重婚スキャンダルの中川俊直衆院議員は、2万円の政治資金パーティーという
非常識な「おわびの会」が中止に追い込まれた。

これらに続きかねないクズ議員が自民党にはワンサカいる

「公平公正」を装いながら安倍に忖度してきたメディアも

その実態が白日の下にさらされつつある。

安倍と懇意の解説委員が政権スポークスマンを担うNHK。

真っ先にスッパ抜いたはずの文科省文書で 政権に都合の悪い部分を黒塗りしていた

ことがバレ、一番最初に行ったはずの前川前文科次官のインタビューが

いまだ放送されていないことを、前川氏本人に暴露された。

その前川氏を、出会い系通いのいかがわしい官僚に貶めようとした読売新聞は、

記事に対して読者からの抗議が殺到したという。


労働者の声を聞け!

裏切りの本性があらわになったのは連合だ。

政策実現のため、労働者のため、と詭弁を弄し、その実、やっぱり、

支配階級側に付きたい労働貴族だったじゃないか。

第2次安倍政権発足直後の2013年に官邸主導の「政労使会議」のテーブルに

着いた時からその傾向が透けて見えたが、

さすがに反対から百八十度転換した「残業代ゼロ法案」での合意には、

ア然ボー然である。

そんな連合に対し、労働者が牙をむいた。

19日、連合本部前にデモ隊100人が結集。

「残業を勝手に売るな」とシュプレヒコールを上げた。

報じた朝日新聞によれば、参加者のひとりが

「労働者に囲まれ、デモまでされる労働組合とは一体何なのか」と怒っていた

というが、その通りだ。

結局、傘下の労働組合からも批判が噴出し、神津里季生会長の退任と、

政権との談合を進めた張本人である逢見直人事務局長への

禅譲計画は引っ込めざるを得なくなった。

「連合は民進党の支持母体ですが、自民党政権が長期化する中で冷や飯が続き、

政権との距離感の取り方が難しくなっていた。

そんな中で、旧同盟系の右派と旧総評系の左派の対立があり、

右派は共産党とも組む野党共闘に反対してきた。

そこに楔を打ち込もうとしたのが安倍官邸です。

逢見事務局長が菅官房長官に一本釣りされ、『残業代ゼロ法案で暴走した

連合会館の前で抗議デモを受けたのには驚きましたが、

『労働者の声を聞け』と批判されるのは当然です」(中野晃一氏=前出)


この国を悪くしたのは誰だ

経済産業省も反安倍クーデターにやられる口だ。

安倍政権は別名「経産省内閣」と呼ばれてきた。

経産省出身の今井尚哉政務秘書官が菅とともに官邸を牛耳ってきたからである。

原発死守で東電や東芝救済も経産省の意向。

霞が関人事にも口出しして好き勝手やってきた。


本来、政府から独立しているはずの日銀も青ざめているはずだ。

安倍政権と一体になって、破綻したアベノミクスを「道半ば」と言い続けてきたが、

きのう、「物価上昇率2%」の達成時期をまた先送りした。

実に延期は6度目だ。

立正大名誉教授の金子勝氏はこう言う。

「実態はそうではなくても、安倍首相が『うまくいっている』と言うので

多くは批判せず、目をつぶってきた。

しかし、もはや上っ面さえも取り繕うことができないぐらいに

さまざまな問題が噴出してしまった。

こうなると、安倍1強が続くと思って、セルフコントロールしていた人たちが動きだす。

文科省や防衛省に代表されるように政府内部からの反乱が起き、

支持率が30%を割るまでに続落してくれば、黙っていた人たちも、

『私も言わなくちゃ』という気になる。

あらゆる階層で『反安倍』が大きな流れになってきました」

安倍とお仲間連中が、特権意識よろしく、私利私欲、個利個略に走って

この国を悪くした


お人よしな国民も、さすがにそのおかしさに気づいた。

いよいよ大逆襲が始まったのである。



芳虎、三枚目、



「書畫五拾三驛 三河 婦多川 軽尻旅婦」です。



日蓮宗ではなく日蓮教が正しい、その際立った特異性、

◆http://shukyo-kataru.com/archives/83
宗教を語る
◎(33)-2日蓮仏教の研究②(日蓮の法華経)


より抜粋、


日蓮は、釈迦の出生の本懐が法華経であると信じ、

法華経だけが釈尊の真実の教えであると主張して
他宗を謗法とする「立正安国論」を著わし鎌倉幕府に訴えました。

この論旨は、当時、うちつづく天変地妖は既存の宗教の弊害である
とするものでした。

その概要は、天皇や幕府が 禅や念仏への帰依を直ちに悔い改めて
法華経に帰依しなければ、内乱を誘発し、他国の侵略を受けるというものでした。

しかし、あまりにも奇想天外で理解不能の内容であったことから
幕府から忌避され無視され、他宗徒の危害を受けて
二度の流罪(伊豆と佐渡)に処されました。


日蓮正宗では、法華経の勧持品第13の預言(後述)を身をもって体験した日蓮は、

伊豆の流罪で「法華経の行者」であることを確信し、

佐渡の流罪で「上行菩薩の再誕」であることを確信したと

信者に刷り込んできました。

この教義は第二祖「日興」、第三祖「日目」の妄信によって固められた

「日蓮の真意」の特異性のある独善の解釈です。


日蓮系の宗派の特徴は、法華経至上主義の日蓮の妄執から生まれた

教条的な教義を受け継いだ弟子たちの「日蓮の真意」の受け取り方の相違により

分裂を繰り返したことにあります。

祖師の教義の解釈でこれほどに激しい分裂を繰り返した教団は他に類例がありません。


日蓮の法華経(教説)の読み方、受け取り方は
天台・伝教の両大師とは 明らかに違う異質な特異性があります。

日蓮は、法華経の一字一句を仏と見做し、
法華経の文句のすべてが真実と受け取りました。

日蓮の法華経の解釈の特質は、文章の前後や全体の文意を解釈するのではなく、
文言を都合のいいように切り取って使い廻す という手法が随所にみられることです。

日蓮自身が末法の法華経の行者であり、日蓮こそが本仏である

とするプロパガンダに利用しました。

この日蓮本仏論は、日蓮に憑依された弟子や信徒に

700年も継承されてきた不思議な解釈論ですが、

この思想は釈迦仏教及びその精神を継承する大乗仏教とは全く相いれない
内容を持つところから、

仏教とは認められない思想と考えられます。

日蓮の行跡から判断すれば、日蓮は師僧の指導を受ける伝統的な仏教僧の
あるべき姿に欠けています。

その生涯と言動は僧侶としての資質に欠けていたところから、
日蓮教の始祖となった思想家といった方が適切です。

日蓮は、法華経に様々に説かれたドラマを自身にあてはめ、
身を持って如説修行の行者になりきろうとする信念にこだわった
激動の鎌倉時代の思想家でした。


日蓮の思想の出発点となった法華経の三大思想は
比叡山をはじめ法華経を用いる各教団が共通に持つ概念であり、その内容は

①一乗真実、 ②久遠実成、 ③菩薩行道 というものですが、

日蓮はこれに飽き足らず、日蓮本仏論を主張しました。

これはもはや仏教とはいえず邪教となることは明らかです。

日蓮は法華経の精神に従順ではありませんでした。

日蓮の数々の行跡からそのような精神は全く見えません。


日蓮は他の宗祖には見られない特異な思想(日蓮本仏論)に固執しました。

日蓮自身が釈迦から法華経の弘通を付属された上行菩薩の再誕だと主張したのです。

大乗仏教の精神を受け継ぐ真っ当な僧侶の身であれば
とても世間に向かって宣言できる内容ではありません。


日蓮は、法華経の行者である日蓮の法華経だけが正しく、
他宗は全て誹謗であるから禁止せよと幕府に執拗に迫ったことで、
幕府から無視され、忌避されましたが、これは当然のことでした。

日蓮の思い込みは尋常ではなく、その数々の言動はパラノイヤーの所業である
と考える鎌倉幕府の見解は一般的な評価であったと考えられます。


法華経は特徴的な大乗思想を持っていますが、
それでも膨大な大乗経典群の一つの経典に過ぎません。

法華経だけを学んでも大乗仏教を網羅した思想を理解したことにはなりません。

重要なことは、日蓮の法華経の理解は異常な世界を形成しているということです。

日蓮が体系的に大乗仏教を学ばなかったと考えられる理由の一つです。

日蓮は独学で法華経を学び、独自の世界を形成したものと考えられます。

仏教学者がこれを指摘しないのは、勢力を持つ宗派の祖師を

誹謗中傷したと受け取られて蒙るであろう様々なリスクを回避する

大人の対応をしているものと考えられます。


久遠実成の釈迦如来(本仏)とは日蓮のことである。

法華経を身読した日蓮以外にいるわけがない
、と日蓮は前代未聞の宣言をしました。

信者の敬愛する気持ちが昂ぶり宗祖を仏として敬うことはありますが、

僧の身でありながら 自身を末法の本仏と宣言すれば、

一般的には精神異常と見做されます





特異な宗派=日蓮宗。 中でもとりわけ特異な日蓮正宗。

さらに特異な破門された信徒団体にして朝鮮カルト=創価学会、ということななりますなぁ、

気が遠くなるねw



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大暑の候Ⅱ

2017-07-22 10:37:53 | Weblog
 画は 鈴木 春信 (すずき はるのぶ)

 享保10年(1725年)? ~  明和7年(1770年)     作


  「蝉取り」です。


☆曇り、明け方にかけて連続して強い雷雨あり。

まさに「苛政は虎よりも猛なり」、隷米売国政治の極みだ、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/syakaihosyoukaiakutudukidaltuta4nennhan.html
長周新聞  2017年7月19日付


    社会保障改悪続きだった4年半

    際限ない負担増 高齢者や家族直撃

     バラまき外交とは裏腹に


安倍政府が2018年度予算編成で社会保障費1300億円の削減に乗り出している

来年度の社会保障費自然増は、高齢化などにともない6300億円となる見通し
となっている。

政府は「金がない」といって2015年6月の閣議で2016~2018年度の社会保障費自然増を
計1兆5000億円に抑える目安を決定。

各年度の自然増を5000億円に抑えるため、2018年度の医療・介護の同時改定
に狙いを定めて具体化している。

2012年末の再登板以来、社会保障は次次と改悪をくり返してきた。

お友達への国有地払い下げや大学設置への優遇など権力の私物化には熱心で
さらに外遊に行く度に札束外交をくり広げている者が、

国民生活の向上のためにはカネを使わないという歪な構造を露呈している


この四年半で社会保障はどうなったのか見てみた。

安倍自民党が主導し、成立した社会保障制度改革推進法は条文から

「だれでも、いつでも、どこでも保険証があれば平等な医療が受けられる」とした

「国民皆保険制度の堅持」を抹殺し、

「原則としてすべての国民が加入する仕組みを維持する」にとってかえた。

2013年には「規制改革会議」を立ち上げ、医療の成長産業化に向けて
「規制改革実施計画」を閣議決定した。

その中身は、

①混合診療の実質解禁、 ②医療機器の承認業務の民間開放、
③治験前臨床試験の有効活用、 ④一般医療品のインターネット販売規制の見直し、
⑤医療関連業務における労働者派遣の拡大、
⑥社会福祉法人(医療法人)と株式会社等との公正な競争環境の整備
――だった。

これらは今日、国民皆保険制度を柱とする日本の医療を崩している。

「平等な医療」など影も形もなくなってしまい、高価な新薬・新技術を使う自由診療と
基本部分を保険診療でまかなう「混合診療」の未曾有の拡大で、

月1000万円をこえる診療報酬請求が増大した。

一部のカネのあるものだけが高度集中医療を受けることができ、
それ以外のものは懐次第で医療を受けることができないというものだ。

非正規雇用が働く人人の四割に達し、年収200万円以下が2000万人を突破する
もとで、無保険であったり短期保険証しかない人人が増え、

保険証はあっても休んで受診することが経済的に困難な人人が激増している


映画監督マイケル・ムーアがアメリカの医療問題を告発した映画『シッコ』と
そっくりな世界が日本社会でも広がりつつある。

さらに、「医療関連業務における労働者派遣の拡大」は、看護師不足のもとでの
看護師紹介業者の暗躍を招き、

2015年度には全国の急性期総合病院などが業者に支払う手数料の市場規模が
約329億円にのぼっている(厚生労働省)。

2013年、安倍政府の社会保障制度改革国民会議は、小泉改革でうち出した
年金給付額のマクロ経済スライドによる削減をうち出し、

支給開始年齢の六五歳への引き上げに加えて、68歳や70歳での支給の検討
をうち出した。

また「年金積立金管理運用独立行政法人」の運用資金配分を変更し、
リスクの大きい株式、外債への投機を拡大した。

国民の財産である年金積立金で米日財界のために株価を買い支える暴挙に及んだ


介護保険制度改悪要支援切り 利用料は増

もっとも改悪の重点を置いたのが介護保険制度だった。

2013年から検討していた介護報酬の大幅な引き下げ、
要介護1、2への介護予防の大半を占めるホームヘルパーによる訪問介護、

通所介護のデイサービスを介護保険から外し、市区町村の介護予防総合事業への
丸投げを2015年度に実施した。

介護報酬の引き下げは基本報酬を4~7%も引き下げるもので、
地方を中心に小規模介護事業者の倒産・廃業があいついでいる


このもとで介護職だけの手当てをしても
介護福祉士やホームヘルパーの人材確保は難しく、施設をつくっても開けなかったり、
ショートステイのベッドを一部閉鎖するなど、介護なしの事態はますます広がっている。

要支援1、2の認定者は、要介護者全体の3割強を占め、全国で約150万人にもなる。

これらの人人が2015年4月から2017年4月の3年間で、
すべて所定の市区町村の総合事業に移行させられた。

だが政府が計画したボランティアやNPOなど地方には満足におらず、
無資格者を一定の研修で参入させる計画もスムーズには進んでいない。

また市区町村総合事業の報酬が平均して現行介護報酬の2割カットという実情にあり、
既存の介護事業者の参入も少ない。

このため移行の最終年度となった今日、これまでどおりの介護予防サービスが受けられない
要支援者が全国各地にあふれている。

自立を維持し、介護の重度化、認知症の重症化を予防するサービスの欠落は、
近い将来、重度化・重症化の大規模な進行を招くと警鐘が鳴らされている。

また、2015年度の改悪では「現役並み所得」を口実に
介護保険利用料の2割負担を実施した。

介護利用料負担は必要になれば生涯続き、重くなるだけで一定期間で終わることはな

このため、生涯にわたる負担が困難で、特別養護老人ホームをはじめ
介護施設からの退出を余儀なくされたり、

在宅介護で利用していたデイサービスやショートステイの回数を減らし、
介護者に過度な負担を強いるものになっている。

安倍政府はさらに2018年度に「一定以上の所得」を理由に
介護利用料の3割負担を決めている。

これに対し介護現場では「年収800万円以上の高所得者でもないのに、
生涯続く負担が3割というのは重い。

これでは“介護離職ゼロ”もなにもあったものではない」と話されている。

さらに安倍政府は要介護1、2への生活援助を保険から外し、
市区町村事業に丸投げする計画も打ち出した。

これに対し「ヘルパーの訪問介護による健康チェックがなくなれば、
一人暮らしも多い要介護者の重度化、認知症の発見遅れや病気の発見が遅れ、
かえって医療費・介護費の大規模な増大を招く」との猛反発を招いている。

実際には、先だって実施した要支援の介護予防事業の丸投げが
破綻状況にあることから強行実施を避けている。

だが、社会保障削減の具体策として計画していることは明らかで、
あきらめたわけではない。


高齢者向け高額療養費 制度も改悪


医療面での負担増もすさまじい。

健康保険法では患者負担は3割で「7割給付を堅持する」としているが、
保険外負担の増大によってなし崩しにしている。

安倍政府になってから、入院給食費の一部を保険外にして患者負担としていた
入院給食負担を1食260円から460円に引き上げた。

1カ月の負担で見ると2万3400円から4万1400円にはね上がった。

70~74歳の前期高齢者の医療費窓口負担は1割から2割に引き上げた。

これによって、受診をひかえる高齢者があらわれている。

医療を提供する側も、
高齢者に普遍的な成人病の定期的な検査を切り出しにくくなっている。

こうして必要な早期発見・早期治療がそこなわれ、
しわよせが患者である国民に押しつけられている。

2016年参院選後、さっそく手をつけたのが高齢者の高額療養費制度の改悪だった。

70歳以上の場合、医療費窓口負担の限度額は、
「現役並み所得者」が月約8万7000円、

「一般所得者」は月4万4400円、

「低所得者Ⅱ」(住民税非課税)は月2万4000円、

「低所得者Ⅰ」(住民税非課税で年金収入が80万円の必要経費控除後ゼロになる人)は

月1万5000円――となっている。

これを70歳未満の高額療養費制度に向けて引き上げる。

70歳未満の場合、最高が所得901万円以上で約25万4000円、
所得210万円以上~600万円以下が約8万7000円、

所得210万円以下が約5万8000円、
住民税非課税が月約3万5000円となっている。

医療現場では、「高額療養費制度は改悪に次ぐ改悪で重い負担となり、機能していない。

一般的な抗がん剤治療でも高額療養費制度を利用して年100万円を超える負担となる。

多くの人人が治療を断念し、別の効果の少ない治療法に変えざるを得ない。

みんなが有効な抗がん剤治療が享受できるよう制度を改善すべきとの世論は強い。

高齢者の高額療養費制度を改悪して、機能しない方向に近づけるなど、

まったく転倒している」といわれている。

安倍政府は「現役並み所得者」の高齢者の窓口負担は、すでに2割、3割負担にしている。

このなかで75歳以上の後期高齢者一般所得者の窓口負担を

現行の1割から2割にすることもうち出している。

これも2018年度の実施をめざして検討を続けている。


第2次安倍政府の4年半、いずれ死ぬ」「いずれボケるといわんばかりに、

介護・医療制度を根底からくつがえす改悪をくり返してきた


深刻なる少子高齢化社会に直面しているなかで、介護や医療といった
社会保障の削減は、高齢者やその家族に大きな影響を与える。

国なり行政が「公共の福祉に資する」責務で持って国民の健康や生命と関わり、
より社会的に解決しなければならないはずが、

「病院から在宅へ」「施設から在宅へ」といって
個別家庭にみな自己責任で抱えさせる方向が露骨になっている

現役世代の窮乏化も深刻なもので、働かなければ食べていけないうえに
親の介護がかぶさって家庭が崩壊したり、

あるいは老老介護に疲れ果てて連れ合いを殺したりといったニュースが
頻繁に流れるようになった。

労働現場での高搾取によって過労死や過労自殺が頻発しているように、

医療難民や介護難民の増加もまた、社会的な悲劇をうみだしている。

安倍晋三が外遊する度にばらまいてきたODAや
約束を交わしてきたインフラ投資の金額は、この4年半だけでも100兆円を優に超える


トランプが大統領になって初めての日米首脳会談では、今後10年間で51兆円の
インフラ投資を約束して帰ってきた。

米国や財界、さらにODAで利益を得るゼネコンや大企業には
あれほど大盤振る舞いをする者が、

一方では国民生活にとって必要不可欠な社会保障には大なたを振るい、
国内はカネのない者は介護や医療すら受けられない状態に変貌している


国民が納税の義務を負っているのは、その分、社会保障その他、人間として
暮らしていくための制度的保障について国家が責任を負うという
信頼関係があってこその話である。

お友達だけを優遇したり、国有財産を私物化する者に小遣いを渡しているのではない。

税の公平性が歪められ、優遇されている独占資本や金融資本は
タックスヘイブンに利益を貯め込み、法人税も減税措置を受け、

それでいて社会の存立に対して責任を負わないことが当たり前のような振る舞いをする
ようになった


日本社会に寄生し、人人の労働を搾取することによって蓄えたカネを、
社会全体のまともな営みを維持するために吐き出させることが求められている


カネがないのなら、タックスヘイブンから回収するなり、

米国債を売り払うなりすればよいし アベノミクスは金融資産が有り余っている

ことの自己暴露でもある。

アメリカの雇用対策に注ぎ込む51兆円を国内に回すだけでも十分な財源となる



春信、二枚目、



「見立羅生門」です。

「見立羅生門」とは下等な切店きりみせ「いばらきや」の前での客引き。
のれんの「いばらきや」の文字、これが「茨木童子」を連想させ、羅生門を住処にしていた、
鬼(茨木童子)が、源頼光の四天王の一人・渡辺綱と戦って、片腕を切り落とされた、
という謡曲「羅生門」を連想させるというもの。 
女が、男の傘をつかんでいるところも、
茨木童子が渡辺綱につかみかかったところで腕を切り落とされたという場面と符合するらしい。


息を吐くように嘘をつき、恬として恥じない人非人ばかり、

◆http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/409.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 7 月 20 日  kNSCqYLU
まだやるのか安倍内閣
 どうあがいても
野垂れ死にの運命(日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d7/3637.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d7/3639.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209784
日刊ゲンダイ  2017年7月20日  文字お越し


これが事実なら、大臣辞任で済む話ではない。

アフリカの南スーダンにPKOで派遣された自衛隊の日報について、
稲田防衛相が隠蔽を了承していたというのだ。

19日、複数メディアが報じた。

報道によれば、情報公開請求に対して「廃棄した」としていた昨年7月の日報が、
12月に発見された統合幕僚監部だけでなく、
陸自内にも電子データとして保管されていたことが今年1月に判明。

その事実を公表するかどうか、防衛省最高幹部による緊急会議が2月15日に行われた。

その会議に稲田も出席し、日報を非公表とする方針を了承したという。

複数の政府関係者が証言している。

3月になって、陸自にもデータが残っていたことが報道で明るみに出たが、
衆院安全保障委で、「陸自内でデータが見つかったという報告を受けていたか」

と問われた稲田は、「報告はされなかった」と答弁している。

「防衛省に隠蔽体質があれば、私の責任で改善していきたい」とも言い、
シレッと特別防衛監察を指示。

稲田が組織的な隠蔽行為を了承し、加担していた上での言動なら、
素知らぬ顔で虚偽答弁を繰り返していたことになる。

国会軽視も甚だしいのだ。

仮に稲田が隠蔽を了承し、国会で虚偽答弁を続けていたとして、

それを安倍首相や菅官房長官は知っていたのか。

知っていたなら、政権全体の問題だ。

内閣総辞職もののスキャンダルだし、知らなかったとしても、

そんな問題大臣を「適任者」として防衛トップに据えてきた首相の責任問題になってくる。


無能大臣をかばい続けた「続投責任」

「安倍首相の任命責任はもちろんのこと、稲田大臣が幾度となく問題を起こして

もかばい続け、更迭しようとしなかった“続投責任”も問われます。

最初に日報問題が浮上した時に責任を取らせるべきだったのに、

その後も都議選の応援で自衛隊の政治利用にあたるような発言をしたり、

九州の災害対応で自衛隊が救助活動をしている最中に外出して防衛省を空席にしたりと、

稲田大臣は問題行動を繰り返してきました。何度クビになってもおかしくないのに、

首相のお気に入りだからと、特別扱いを続けてきた。

そういう“えこひいき体質”の政治運営が露骨で、国民も嫌気が差している。

それが支持率急落に表れているのでしょう」(政治学者の五十嵐仁氏)

稲田は「緊急会議を開催したという事実はない」

「報告があったという認識は、私にはない」と否定しているが、

組織的な隠蔽があったかを調べている防衛相直轄の防衛監察本部に対し、

陸自は緊急会議開催の経緯などを報告しているという。

近く結果が公表される見通しだ。

24、25日に行われる予算委の閉会中審査でも、稲田問題がテーマのひとつになってくる。

「稲田大臣の虚偽答弁は今に始まったことではない。

森友学園問題でも、『顧問弁護士をしていたことはない』と嘘を言っていました。

森友学園が起こした裁判に代理人として出頭していた事実を突きつけられて、

渋々認めましたが、『記録にあっても記憶にはない』と居直った。

安倍首相も、加計問題などで、どこまで本当のことを言っているのか

という疑念を国民から持たれています。トップがそうだから、

稲田大臣も嘘とゴマカシで逃げ切れると甘く考えているのではないでしょうか」
(五十嵐仁氏)


お友達、同じ思想、イエスマンの3パターンを優遇

稲田だけではない。

この政権は、都合の悪いことは隠蔽し、しらばっくれ、

問題をスリ替えて、フタをしてきた。

何が起きても、官房長官は「問題ない」「あたらない」と繰り返す。

「首相夫人は私人」 「『そもそも』には基本的にという意味がある」などと、

デッチアゲの事実を閣議決定で積み上げてしまう。

嘘の上塗りを重ね、つじつまが合わなくなってきても、強引に幕引きを図ろうとする。

最後は「記憶にない」で逃げ切る算段だ。

「ウソをついて逃げれば、やり過ごせると勘違いしているのです。

安倍首相のペテンを、政府全体が真似している。

そういう隠蔽体質やご都合主義に国民は呆れ、怒っているのに、

森友問題や加計問題でも一向に誠意のある対応をしようとはしない。

稲田大臣のことだって、安倍首相が寵愛しているのは分かりますが、

こんな無能問題大臣をいつまでも置いておくなんて、あまりに国民をバカにしています。

日報の隠蔽了承が事実なら、議員辞職に値する大問題ですよ。

今さら更迭したところで収まらないし、収めてもいけません。

稲田問題と加計問題に共通するのは、仲間内を優遇し、

批判は力ずくで封じ込める安倍首相の破廉恥な体質です。

この政権がやっていることは、権力の私物化であり、民主主義への冒涜なのです。

内閣改造で延命なんてとんでもない。

国民無視の悪党政権は即刻、退陣すべきです」(政治評論家・本澤二郎氏)

自民党の村上誠一郎元行革担当相は16日の「新報道2001」で、

安倍の人事について「お友達か、稲田(防衛相)さんとか高市(総務相)さんのように

同じ思想を持っているか、イエスマンかの3パターンしかない」と言っていたが、

それ以外は「こんな人たち」と切り捨てられる。

お友達のカケさんや同じ思想を持っていたカゴイケさんには、

税金がつぎ込まれたりもするが、サラリーマンの実質賃金は減り続け、

負担増で搾り取られる一方。

だから消費は回復しないし、政府主導のプレミアムフライデーも盛り上がらない。

ない袖は振れないのだ。


トリクルダウンどころか「トリプルダウン」

だが、どんなに庶民が景気の低迷を実感していても、

政府の月例経済報告では「景気は緩やかな回復基調が続いている」ことになってしまう。

一体どこのパラレルワールドの話なのか。

アベノミクスの4年間で、国民生活は急速に窮乏化している。

16年度の税収は、7年ぶりに前年実績を下回った。

それも、所得税、法人税、消費税の
基幹3税がそろって減収である


アベノミクスがもたらしたのは、「トリクルダウン」どころか「トリプルダウン」だ。

「18日の経済財政諮問会議では、国際公約にしている2020年度の

プライマリーバランス黒字化も無理だと認めました。

消費税を10%に上げても、2020年度は8.2兆円程度の赤字になるという。

安倍政権は、経済成長と財政再建の二兎を追うとブチ上げたものの、

一兎もモノにできなかったわけで、経済政策の失敗は明らかです。

支持率の下落で、党の改憲案を秋の臨時国会に提出することも難しくなってきた。

外交も手詰まりで、G20でもまったく存在感を示せませんでした。

国家戦略特区での獣医学部の新設問題でも、加計学園が事業者に認定される約2カ月前に

四国に新設すると獣医師会に伝えていたことが新たに分かった


加計学園の名前を出し、自治体による事業費の負担額まで詳細に説明していた

そうじゃないですか。来週の閉会中審査で安倍首相がどう言い繕おうと、

もはや『加計ありき』だったことは疑いようがない。

これ以上、嘘を重ねても、国民はゴマカされないでしょう。

国民が首相の言葉を信じられなくなってしまったらオシマイです。

最後の悪あがきをしたところで、末路は野垂れ死にの総辞職しかありません」
(本澤二郎氏)

国民を散々、愚弄してきた悪党政権の命運も尽きた。

地位に恋々としがみつこうとしても、もう無理だ。

安倍が好んで使う「信なくば立たず」の言葉が、この政権の行く末を示している。




春信、三枚目、



「風俗四季歌仙 中秋」です。



ユダ米のために犬死するか、

◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36835508.html
新ベンチャー革命 2017年7月21日 No.1737
家族を愛する自衛隊員は、安倍・稲田コンビが、
 自衛隊員を米軍傭兵として差し出そうとしていることに気付いて、
 不満爆発寸前なのではないか



1.愛国的自衛隊員が、自衛隊の米軍傭兵化を企む安倍政権に
  危機感を抱き始めたのではないか


本ブログでは今、防衛省と稲田氏の話題を取り上げています。

今、防衛省・自衛隊で起きていることは、安倍氏の抜擢した稲田防衛大臣に対する
愛国的自衛隊員および愛国的防衛官僚の密かな反乱ではないかと本ブログでは観ています。

以下に、そのような反乱が起きた原因を考察してみます。

さて、本ブログでは一貫して、今の日本は米国戦争屋に乗っ取られている
と観ていますが、当然ながら、彼らは日本国の総理大臣人事に介入してきます。

2012年、安倍氏は自民総裁に選ばれていますが、このときの選挙に
日本を乗っ取る米戦争屋CIAジャパンハンドラーが介入したと観ています。

なぜ、彼らは安倍氏を二度も、総理にしたのでしょうか、

それは、安倍氏がCIAエージェントであった岸信介の孫だったからではないでしょうか。

さらに、CIAの極東での謀略下請け機関・統一教会と表裏一体化している日本会議も
安倍氏を支援してきました。

したがって、安倍政権の閣僚はほぼ全員、日本会議のメンバーで固められています。

このような背後関係を知ると、安倍政権は、米戦争屋CIAや統一教会の支配下にあって、
国民のための政権では絶対にないことがわかります。

そのような反国民的な安倍政権が誕生して5年経ち、
安倍政権は米戦争屋CIAおよび日本会議(統一教会系)の傀儡政権である
というその正体を現し、

公約にはなかった安保法制の改悪、特定秘密保護法の導入、共謀罪法の導入を
強引に実現してしまったのです。

さらに、彼らは安倍氏に改憲(日本を戦争国家にするための憲法改悪)を要請しています。

安倍政権を傀儡化する米国戦争屋CIAジャパンハンドラーが安倍政権にやらせているのは、

国民のための政治ではなく、結局は自衛隊を米軍の傭兵に利用することなのです、

今の韓国軍と同様に・・・。

そのような安倍政権の企みを知った防衛省・自衛隊の愛国的日本人が、

安倍政権の正体に気付いたのです。

このまま安倍政権の謀略を許せば、自衛隊員が、米軍傭兵として、

日本の国防以外の戦争に駆り出されると気付いて、強い危機感をもったということです。


2.平和憲法下の日本における防衛省・自衛隊のミッションは
  日本国の防衛
(国防)以外にはない


戦後日本は平和憲法をもっており、日本は他国を侵略して戦争しない専守防衛国家
となっています。したがって、自衛隊は専守防衛をミッションとしています。

防衛省・自衛隊の愛国的日本人は、日本が他国から侵略されたら、命を賭して、
日本国民を守るという強い決意を持っているでしょう。

しかしながら、彼らは、旧・米戦争屋の要請によって、
自衛隊が韓国軍のように米軍傭兵的に利用されることは絶対に認めないはずです。

ところが、安倍政権は、集団的自衛権の名目で、自衛隊員を米軍傭兵として、
米国の仕掛ける戦争に駆り出そうとしています。

愛国的防衛官僚や自衛官にとって、安倍政権がやろうとしていることは
到底、認められないでしょう。


3.安倍氏および子飼いの稲田氏が厚かましく居座っているのは
  旧・米戦争屋からまだ解任されていないからか


安倍氏も稲田氏も、日本国民からの信用を失って、もう辞任するしか選択肢はない
はずですが、両者ともにいまだに辞表を出していません。

なぜ、彼らはこれほど厚かましいのでしょうか。

本ブログの見方では、両者ともに、日本会議経由で洗脳されており、
日本を戦前回帰させて、戦争国家に戻すことが正しい国家戦略と信じ込んでいます。

しかしながら、そのような思想は、一般の日本国民から支持を得られない
ことはさすがの彼らも承知しているのです。

安倍氏や稲田氏に代表される日本会議の親米似非右翼の連中は、
防衛省・自衛隊を私物化する傾向があります。

彼らは自衛隊員を自分たちが思うように動かせるロボットくらいに思っているのです。

ところが、自衛隊員もわれら日本国民の一員なのです。

だから、日本国民の命を守るために、命を賭す覚悟はできていますが、

旧・米戦争屋の私益のために、米軍の傭兵として海外派遣されて
犬死させられることは絶対に受け入れないはずです。

実際、南スーダンで戦死者が出ているのでしょう

すべての自衛隊員は、家族のために生きています、

したがって、旧・米戦争屋の私益のために、自分の命を捧げることは
絶対に拒否するはずです。

ところが、安倍氏も稲田氏もそのような自衛隊員の気持ちがまったくわからない
のでしょう。そのことが、安倍氏と稲田氏に対する自衛隊員の不満となって、
今や爆発寸前なのでしょう。



◆https://twitter.com/noiehoie?lang=ja
菅野完@noiehoie                より抜粋、


#菅野完‏ @noiehoie 15時間前

文科省のリークと、陸自のリークは「同じリーク」として
扱っていいものじゃない。

陸自が「稲田が嫌い」って理由で、情報流して、首を獲りに来てるのなら、
これは「安倍政権とかそんなんどうでもええレベル」の大問題。
226じゃねーんだからさ。


いま、「稲田朋美は辞任するべきではない」というのは、逆張りでもなんでもない。
日本の民主主義のため、声を大にして「稲田辞めるな」と言うべきだ。

仮令内閣改造での「異動」という形であっても、
「陸自のリークで大臣の地位が揺らいだ」という前例は、絶対作ってはいかん。


もし、稲田朋美を罷免すると政治的に判断するのならば、それは粛軍の後だ。 
まず粛軍せんと、統帥がおかしなる。
日本の民主主義がおかしなる。

これ、左側ほど、「ひゃっほーい稲田の首とれるぞ!」とか言いがちだが、
バカども、落ち着け。これで稲田朋美を殺したらいかんのだ。


陸自のリークで稲田朋美の首が飛ぶのを許すのは、戦前で言えば
広田内閣の軍部大臣現役武官制度復活と同じ。
ポイントオブノーリターン超えるぞ。


違う。断じて違う。 稲田が無能であるのは論を待たない。火を見るよりあきらかだ。
しかし武官というのは、「それでもそれに従う」のが職責だ。
それがシビリアンコントロールだ。 その原則を揺るがせにする奴は、
右だろうが左だろうが前だろうが後ろだろうが、民主主義の敵でしかない。


「大臣がばかだから、陸自が嫌がるのも無理ないよね」とかいうてる連中、
ほんま劣悪だな。愚劣の極み。こういう連中が、世の中をだめにする。


まず、粛軍。稲田はその後だ。

陸自がやってるのは、「紙をつかった二・二六」 
稲田朋美はさしずめ、平成の渡辺錠太郎教育総監。
こんなもん、断固鎮圧だ。



これはノイホイがおかしいと思う。

リークしておるのは防衛官僚=背広組=文官らしいし、

何よりも戦前とは体制が違うw

統帥権が独立した天皇制絶対国家の軍隊=皇軍と、

曲がりなりにも民主主義を標榜する三権分立国家の自衛隊を同視できない。

粛軍・鎮圧もなにも、自衛隊自体に問題があるわけではなかろう。

自衛隊員はユダ米のために就任宣誓をしたわけではない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大暑の候

2017-07-21 11:01:01 | Weblog
 画は 井上 安治 (いのうえ やすじ)

 元治元年(1864年) ~ 明治22年(1889年)

 明治時代前期の浮世絵師、版画家。 探景とも号した。

 小林清親の一番弟子とされ、短命であったが「光線画」に優品を残した。

                             作


  「洲崎」です。


☆曇り、気温上昇中、

小沢一郎の最後のご奉公だ、ただこの人、切所に弱いからなぁ、

◆http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/360.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 7 月 19 日  kNSCqYLU
小沢一郎の言う通り
 安倍政権は野党共闘で一気に倒れる
(日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d7/3570.jpg

http://asyura.x0.to/imgup/d7/3571.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209720
日刊ゲンダイ  2017年7月19日  文字お越し


「権力は国民の生活を守るために使うもの。

自分の利害のために使うのはとんでもない発想だが、

現実の政権は森友や加計の問題でも、安倍さんの個人的な交友の問題だ」――

自由党の小沢一郎代表が久々に吠えた。

17日の政治塾の講義で、安倍首相の政権私物化を猛批判したが、
小沢の危惧する「とんでもない発想」がまた露呈した。

青森・六ケ所村で建設中の使用済み核燃料の再処理工場。

福島原発事故後の新規制基準への対応で、建設費がさらに7500億円も増え、

約2兆9000億円と当初見込みの4倍近くに膨らんだ
ことを、

大半の国民は知らされていない。

それもそのはず。先月30日に国の認可は下りたのに、
再処理を委託する認可法人「使用済燃料再処理機構」は正式に公表してこなかった。

その理由は、またしても政権への「忖度」のようだ。

テレビ朝日の取材によると、経産省の資源エネルギー庁が
都議選への影響を考慮したとみられ、機構に「6月30日の公表を避けるように」と指導。

都議選の翌日も「会見など大げさにやらないように」と指示したという。

6月30日は、都議選の応援で稲田防衛相が
「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言した直後。

安倍が“お気に入り”をかばい、野党の罷免要求をはねつけた頃だ。

都議選で安倍自民が劣勢の中、国民の反原発機運に拍車をかけ、

負担増に直結する建設費の大幅アップの公表は、もってのほか。

維持管理費も増え、完成後40年間の総事業費も1・3兆円増の13・9兆円に上る

なんて口が裂けても言えない
――

経産官僚の心情を「忖度」すれば、そんなところだろう。

アベ様のマイナス要因隠蔽が最優先で、国民の「知る権利」なんて、お構いなし。

いかに国政が上から下まで国民を軽んじているかが、よく分かる。


有権者の「安倍辞めろ」命令を真摯に聞け

こんなアベ様第一主義が許されてきたのは、最大野党の民進党の責任だ。

その理由もハッキリしている。

「安倍1強」を前に戦意喪失し、ハナから「まともな野党」になる努力を
あきらめたフシがあるからだ。

この間、共謀罪や森友・加計両疑惑で安倍政権を散々追及したのに、
なぜ民進離れは止まらないのか。

高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)はこう指摘する。

「野田幹事長以下、執行部の顔触れは古色蒼然で、

政治理念も与党と見分けがつかない。そのクセ、

安倍政権におもねる連合の言いなりで、目立つのは内ゲバのみ

“アラ”だらけの政党の不人気は当然ですが、何より期待感を失わせるのは

倒閣への本気度に欠けること。

疑惑追及も野党第1党の立場上、“言わされている感”が有権者に伝わってくる。

その象徴が、蓮舫執行部の野党共闘への消極姿勢です」

都議選でも、共産との共闘実現は1人区の武蔵野市のみ。

それでも自民を引き離し、大旋風の都民ファーストにあと約5000票差に迫る善戦だ。

蓮舫執行部が共闘路線に大きくカジを切れば、

野党連合が小池フィーバーにも立ち向かえる「受け皿」になり得る
と皮肉にも実証されたのだ。


あくまで一つの政党名で次期総選挙に臨め

そこで再び小沢の出番である。

先の講義で次の衆議院選挙について、

「既存の政党が一つの傘のもとでやるオリーブの木しかない。

我々が力を合わせれば絶対勝利する」と、ブレることない持論を展開。

安倍政権は野党共闘で一気に倒せると堂々宣言してみせた。

小沢が提唱し続ける「オリーブの木」構想は、小選挙区の候補一本化にとどまらない。

既成野党が存続しながら、選挙の際は比例代表で統一名簿を作成。

あくまで一つの政党名を名乗った選挙戦を想定している。

そうすることで、各党に散らばる比例の“死に票”を防げるし、

有権者に初めて「自民党に代わる受け皿に成り得る」と思ってもらえる。

逆にこれだけの覚悟を示さなければ、

有権者は今の野党に振り向きもしないということだ。

「民進党内には訳知り顔で野党共闘を否定する議員も多いですが、

世論の望みは『みっともなくとも共闘しろ』。

内閣不支持率は軒並み5割を超え、明らかに反安倍の受け皿を求めています。

その声に応えるには、野党は小沢代表の言う覚悟を示すしかない。

そのうえで、23日投開票の仙台市長選は絶好のチャンスです。

共産の擁立回避で、自公と野党系の激突は現時点で野党系がややリード。

蓮舫執行部は手をこまねいていますが、仙台から野党共闘の輪を全国に広げていくべきです」
(五野井郁夫氏=前出)

共闘に渋る議員には「民主主義でね。選挙のために皆が協力して何が悪い?」

と言えばよい、と小沢は講義で語り、こう続けた。

「フランスでは決選投票で極右の国民戦線のルペンを倒すために、

右も左も共産党まで全部一緒になった。

それで選挙のためにけしからん、なんちゅう議論があったか。

日本だけだ、そんなバカなことを言うのは。

選挙ぐらい、民主主義で大切なものはない、原点なんだ」

「今の日本はまさに極右政権だからフランスと一緒だ。

倒すために手を取ると国民に理解してもらう以外にない」

この覚悟を民進党の面々に分けて欲しい。


烏合の衆に安倍退治は任せられない

野党共闘しかない政治の惨状は小沢の言うとおり、フランスと似ているが、

その深刻さはむしろ日本の方がひどいかもしれない。

安倍暴政が約5年も続き、特定秘密保護法、武器輸出解禁、集団的自衛権の行使容認、

安保法制、共謀罪 …… と数々の「戦争準備法案を国民の声を無視して、

数の力で強行突破。

ついに憲法9条改正に手を付け、その総仕上げにかかろうとしている。

京都精華大専任講師(政治学)の白井聡氏はこう言った。

「多くの国民が『安倍やめろ』と政権に不信を抱いているのに、

その声を正面から受け止める野党がない。

政界には小池都知事を核とした与野党再編を画策する動きもあるようですが、

都政や国政で彼女が何をやりたいのか。そのビジョンは見えません。

理念がなければそこに集まる人材は烏合の衆に過ぎませんから、

大阪維新の二の舞いになるだけ。

国政レベルの再編といっても、1990年代以降繰り返されてきた

政治家の椅子取りゲームのような政界再編劇になってしまえば、

国民の怒りに、火に油を注ぐことになるでしょう。

今後、安倍自民党を追い込む過程で

次の権力の形がおのずと形成されてくるでしょうが、それは、

街頭で湧き上がった『安倍やめろ』という有権者の『命令』が意味するものを、

確たる決意を持って実現しようとするものでなければ、

権力の交代に意味はありません」


新人議員の失言を恐れて取材を規制しているのが都民ファーストだ。

そんな新党には国政を任せられない


有権者の命令を真摯に受け止め、安倍と自民党政権を一気に瓦解に持っていけるか

どうかは、民進党の覚悟次第だ。

「まともな野党不在」という悲劇を生み出した失敗のツケを払うには、

確たる決意で野党共闘に邁進してもらうしかない。


蓮舫代表が18日、戸籍の一部を開示、改めて「二重国籍問題」の説明と謝罪に

追い込まれたのは、都議選の敗因を分析する“内ゲバ”の結果だ。

執行部への不満から「二重国籍問題が敗因」と矛先を再び向けたわけだが、

朝日の社説通り、民進の連中は

〈蓮舫氏が戸籍を公開すれば、党勢は上向く。 そう本気で思っているのか〉。

都議選最終日に秋葉原で湧き上がった「安倍やめろ」「帰れ」コールの受け皿になれず、

民進党は都議選で獲得5議席の大敗。

政党支持率も直近の時事通信の調査では3・8%と、

5月(5%)からマイナス幅にして実に24%もの支持をゴッソリ失っては、

目も当てられない。



井上 安治、二枚目、

 

「大森海」です。


大森といへば池田大作w

ここの論者は真言系のようです、禅は批判してた、

◆http://shukyo-kataru.com/archives/81
宗教を語る
(33)-1日蓮仏教の研究①(法華経を知る


より抜粋、

法華経は釈迦滅後500年後の 起元前後頃の100年間に編集された教典です。

現世利益信仰や民間信仰が顕著になる時代のことです。

この頃、インドでは上座部(部派仏教・小乗教)と
大衆部(大乗教)が様々な理念の違いから分離し、
それぞれ違う道を歩むことになります。

法華経は、釈迦の精神を忖度した大乗の菩薩の手によって編纂された教典です。

法華経を第一とする天台の五時八教説
大乗教典の成立時期や文献学からみると とても乱暴な説でしかなく
何らの説得力もありません。


日蓮は法華経を未来の預言書として受け取りました。

日蓮自身が久遠の本仏であるとの確信を持ちました。

法華経で語られたドラマがすべて真実であると受け取りました。

日本のような「島国」から見れば無理もありませんが、
大陸のインドや中国では他国の侵略や国内の内乱・動乱や政変は
ごく一般的な出来事です。内憂外患はどの国にも存在する事実です。

従って、日蓮が法華経の力で神風を起し、蒙古軍を海の藻屑にして退散させたと
伝承してきた故事は日蓮の特異性のあるプロパガンダに過ぎないと見られています。

当時、未曾有の国難にあたり、蒙古軍の敗退や退散を願わない僧はいません。

幾多の僧が日蓮と同様に祈祷した事実があり、
日蓮の功績と主張するのは正当な評価とはいえません。

しかし、神風の実体は自然現象の台風です。

祈祷や人の意思によって自在に操れるものではありません。
日蓮のプロパガンダは失当です。


日蓮の教学は 天台教学を便利に援用するので
無批判に受け入れる傾向性があります。

天台教学は法華経を最上とする法華経至上主義によって強引に創作した教理で
塗り固められた論理であり、これを援用する論旨には正当性も妥当性もありません。


天台の五時八教論を借用して打ち立てた日蓮の教義や主張は失当です

日蓮が法華経至上主義の立場で 非現実的な法華経の文言でさえ
真実を語る経文として利用し続けたことは非難に値する行為です。

日蓮本仏論は 日蓮の妄想が生み、
天台・伝教を便利な露払いに利用する妄想に過ぎない といっても過言ではありません。

神道に対する日蓮の評価と振る舞いには目を覆いたくなります。

日蓮は思い込みによって度々仏罰を振りかざして
神々を叱責(「諌暁八幡抄」など)しています。

日蓮の思想に依れば、日本古来の神々は法華経守護の使命を負っているので、
法華経の行者(末法の本仏日蓮を見捨てるようなことがあれば、

法華経に偽りの誓いをした大妄語の罪により無間地獄に落ちるというものです。

日蓮は、日本古来の神々を法華経を守護するガードマンして捉えました。

日蓮が書いた曼荼羅には大乗の諸菩薩とともに、
天照大神や八幡大菩薩は法華経を守護する諸天神として護法の役割を持たされています。

日蓮によって日本古来の神々は法華守護の下僕の地位を与えられたのです。

日蓮の思想は日本人の伝統的な神道思想を否定するものです。

神道(神社)の方々を怒らせるに十分な妄説です。


天台、伝教の法華経と 日蓮の法華経は全く異質なものです。
この二つが混同されないように峻別する必要があるようです。


日蓮宗系の諸派の教義から 天台の教義を取り除けば、
とても仏教とはいえないオカルト宗教になってしまうのではないか
とも考えられる宗派があります。

法華経を所依の教典とするからといって当然のごとく仏教であるとはいえません

仏教であるかどうかはその実質と教義内容により
適切な判定をしなければならないことは当然です。

日蓮宗系の諸派は、冷静にオカルト宗教と間違えられない対応を信徒に指導すべきです。

妄想でしかない破邪顕正の旗を掲げることに現代的な意義はないと考えます。




「日蓮」宗という名の非仏教セクト、ということ。



井上 安治、三枚目、



「東京真画名所図解 小梅八百松」です。



市ヶ谷 対 官邸ですなぁ、

◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36833777.html
新ベンチャー革命 2017年7月20日 No.1736
稲田防衛大臣の失脚工作に利用されている
 自衛隊の南スーダン派遣隊の日報隠蔽の裏事情とは:
 自衛隊は韓国軍や中国人民解放軍とともに、米中合同石油開発利権の警護を
 われらの血税でやらされていると知れ!



1.自衛隊の南スーダン派遣隊の日報隠蔽問題が
  稲田防衛大臣の失脚工作のネタとなっている


アフリカの紛争地・南スーダンへの自衛隊PKO派遣における現地の日報の
隠蔽問題をネタにして、今、稲田氏(防衛大臣)への失脚工作が展開されています。

稲田氏は本件にて、国会で虚偽答弁した可能性が大であり、もう辞任は不可避の状況です。

この稲田氏への失脚工作には、稲田氏の無能さに我慢できなくなった
防衛省幹部の関与が強く疑われます(注1)。

上記、南スーダンへの自衛隊派遣問題では、日報隠蔽の事実は国民に知らされていますが、
事情に疎いわれら日本国民の多くは、なぜ、防衛省が、上記、

日報の隠蔽工作に走ったのか、今一、その動機がわからないのではないでしょうか。

マスコミ報道では、この日報に戦闘行為があったと報告されていたことが、
隠蔽工作の直接の動機とされています。

自衛隊が紛争地に行かされているのですから、戦闘があるのは当たり前ですが・・・。

ところが、現行の日本国憲法では、自衛隊は国防のために存在しており、
外地で国防とは異なる戦闘を行うことは認められていません。

したがって、現段階では、自衛隊は南スーダンで戦闘行為を行えないのです。

そこで、上記、日報で、自衛隊が戦闘行為を行ったと書かれたことが国民に知れると、
野党や左翼などから自衛隊が憲法違反行為をさせられたと非難される可能性があったのです。

その結果、上記のように、防衛省は日報の隠蔽を画策したと推測されます。

一方、改憲(憲法改悪)を目論んでいる安倍氏一派は、
日本を乗っ取る米国戦争屋の要請を受け入れて、

自衛隊を米軍傭兵として海外の紛争地に派遣し、必要に応じて、
戦闘行為をさせたいわけです。

だからこそ、安倍一派は改憲(憲法改悪)を志向しているのですが、それは、
日本国民からの要請ではなく、日本を乗っ取る米戦争屋からの要請である
というのが、本ブログの見解です。


2.国防をミッションとする自衛隊はなぜ、
  日本の国益と無関係の南スーダンに派遣されなければならないのか


日本は国連に加盟していますから、国連から要請されれば、
自衛隊の海外派遣はあり得ます、国防ではなくても・・・。

その代り、憲法違反にならないよう、自衛隊の海外派遣は、
戦闘行為を含まないPKO(平和維持活動)に限定されています。

一方、国連の役割も、世界の紛争地での平和維持活動に限定されています。

ところが、南スーダンでは、現地に派遣された自衛隊がPKOのレベルでは済まず、
戦闘に巻き込まれたということです。

そのことが、上記、日報に書かれたということです。

ところで、南スーダンではなぜ、紛争が起きているのでしょうか、

それは、南スーダンで油田がみつかり、スーダンとの利権争いが起きているからです。

もしそうなら、日本の国防をミッションとする自衛隊が
その利権争いに巻き込まれる必要はまったくないのです。

日本政府が本来、国連に主張すべきは、自衛隊の南スーダン派遣を
断固、拒否する宣言なのです。

ところが、旧・米戦争屋の傀儡政権・安倍内閣は、
国連からの要請を拒否しようとしないのです。

ここに、すべての問題があるのです。

さて、これまで国連を牛耳ってきたのは、旧・米戦争屋ボスであった
デビッドRF財閥であり、
国連の要求は、事実上、旧・米戦争屋の要求に等しかったのです。

その結果、自衛隊が南スーダンに送り込まれて、戦闘に巻き込まれたのです。


3.安倍一派は、憲法を改悪して、日本国民の血税で維持される自衛隊を
  米軍傭兵として無償で差し出そうとしている


さて、日本を乗っ取る旧・米戦争屋が、彼らの傀儡・安倍一派にやらせてきたのは、

(1)安保法制の改悪、(2)特定秘密保護法の導入、(3)共謀罪導入などですが、

安倍氏はさらに、近未来、(4)憲法改悪をやろうと躍起になっています。

それは日本国民のためではなく、旧・米戦争屋からの要請に応えるためでしかありません。

この結果、近未来の自衛隊は日本の国防ではなく、旧・米戦争屋配下の米軍の傭兵

として利用される存在に堕するのです。

しかも、自衛隊の維持コストは、日本国民の血税で負担させるつもりです。

われら日本国民は、なぜ、安倍氏が改憲を急いでいるのか、その魂胆を知るべきです。


4.南スーダンに派遣された自衛隊は、結局、
  旧・米戦争屋の石油利権の警護活動をさせられているに過ぎない


ところで、安倍政権は、2017年3月10日、自衛隊の南スーダンからの撤退を決めていますが、

防衛省官僚からの強い要請に妥協した結果ではないでしょうか。

安倍政権を傀儡化している旧・米戦争屋もトランプ政権になって、流動化しており、

そのスキを突いて、防衛省主導で、自衛隊の南スーダン撤退を強行したと思われます。

防衛省幹部は、自衛隊の南スーダン派遣がまったく、日本の国益にならない

とわかっていたと思われます。

要するに、南スーダンの油田は、元々、旧・米戦争屋系企業・シェブロンが

発見したのですが、彼らは中国に開発リスクを負わせて、

実質的に中国に油田開発させています。

南スーダンに派遣された自衛隊は、韓国軍や中国人民解放軍とともに、

中国の石油資本が南スーダンで請け負っている油田開発の警護をやらされている

に過ぎないのです。

ちなみに、中国資本が南スーダンでやっている油田開発現場をテロ攻撃しているのは、

スーダン政府の放った武装テロ集団なのです。

以上より、スーダンからテロ攻撃されている南スーダンの紛争地に

自衛隊がわれらの血税で派遣されているのは、

米中合同の油田開発勢力の警護に過ぎないのです。

このことを防衛省幹部が感付いて、あほらしくなって

自衛隊を撤収させたと推測されます。

上記、稲田氏は何もわからない単なる素人ですが、

旧・米戦争屋の傀儡・安倍一派と

防衛省の愛国官僚の間で板挟みに遭っているということです。




◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11500.html
ネットゲリラ   (2017年7月21日)
初動対応を間違えると泥沼化


南スーダンの闇は深い、という話なんだが、
実際には戦死者が出ていて、それを隠蔽している
アベシンゾーの責任が問われるからだ。

その上に、今回の日報隠し事件。隠蔽に次ぐ隠蔽。
現場は、アベシンゾーの言うことなら、仕方ないと渋々従っていたのが、
何故か自分だけ腹を切らされる成り行きになって驚いて、
「やってらんないわ」となったw


  ☆https://twitter.com/yoniumuhibi/status/888053194701496320
  世に倦む日日‏ @yoniumuhibi

  誰がリークしているか、マスコミの人間も永田町の人間も、
  よく分かっているわけだ。知らないのはわれわれだけ。
  今回のリークは、安保法制国会のときに
  駆けつけ警護の計画の極秘文書を共産党に渡したような、
  誰が情報提供者か誰も分からないような動きとは全く違う。
  市ヶ谷の大がかりな半公然の動き。


文科省の叛乱は、前川個人から始まった。でも、今回は違う。
市ヶ谷が組織のプライドを賭けての叛乱だ。


  ☆https://this.kiji.is/260719078078595074?c=39546741839462401
  共同  2017/7/20
  ◎原案に「稲田氏了承」盛り込まず
   日報隠蔽問題で特別防衛監察結果


  南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題で、
  陸上自衛隊側は防衛監察本部に提出した報告書に、
  稲田朋美防衛相が日報の電子データの非公表方針を了承した
  ことなどを記載したが、特別防衛監察結果の原案に
  こうした内容は一切盛り込まれていないことが20日、
  政府関係者への取材で分かった。

  菅義偉官房長官は、制度上は特別防衛監察の対象外である稲田氏が
  了承した点も調査されるとの認識を示した。
  防衛監察本部が今後、稲田氏の関与をどう認定するかが焦点になる。
  防衛省は監察結果と関係者の処分を28日にも公表したい考えだが、
  調査の状況次第で、ずれ込む可能性もある。


背広組と制服組の対立、とか言う人もいるんだが、実は、そんなんじゃないようだ。


  ☆https://twitter.com/tohohodan/status/887958315585622016
   キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏ @tohohodan

  「稲田大臣に事前説明」複数証言
  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00364782.html
  陸自ナンバー2の湯浅陸幕副長が、パソコンの端末内に
  日報のデータが残っていたことを説明したところ、
  翌日に定例の会見を控えていた稲田防衛相は
  「けしからん。あした(会見で)なんて説明しよう」と述べたという。


結局イナダは、「聞いてない、アタシは聞いてないからね」と、
自分の責任を放棄した。あげく、全てを役人の責任にして、自分は逃げる。


  ☆https://twitter.com/yoniumuhibi/status/888047892987904000
  世に倦む日日‏ @yoniumuhibi

  この時事の記事。大筋はこのとおりだけれど、
  共同や毎日や朝日に直接リークしていたのは制服ではなく背広だ。
  マスコミの記事では「政府関係者」と書いていた。
  これは防衛省内局すなわち防衛官僚。
  防衛官僚と陸自幹部が一緒になって反乱を起こしている


背広組と制服組の双方が、イナダには腹を立てている。
命懸けで日本のために働いている部下を見捨てて、
自分だけが助かろうという上司なんぞ、信用されない。そういう事だ。


  -----------------------
  陸自は稲田の了承を得たと監察本部に報告したけど、
  監察本部がそれを監察結果に盛り込まないことがわかり、
  陸自が今回、リークしたってことか。

  稲田、終わりじゃねーの。
  -----------------------
  政権中枢を守るために軍の規律をかき乱すって、
  太平洋戦争のときと一緒じゃん。
  戦前回帰ってこういう意味だったのかよw
  -----------------------
  これさ、稲田は当然として安倍や菅も知っていただろ
  こんな案件、稲田止まりなワケが無い。
  菅や安倍にも報告行ってるハズやで
  -----------------------


次に叛乱を起こすのは、なんと、財務省だという噂が出ている。
まぁ、あれだけ国民の前で恥をかかされたら、
いつか仇を取ってやろうと思うわなw 
政治家のメンツのために嘘をつかされる役人にしてみりゃ、
たまったもんじゃないw


  -----------------------
  いくら何でも潜水艦にハイヒールで乗り込んで来るバカ上司は
  護らんよw
  -----------------------
  やっぱ戦死者がいるってことなのか?
  -----------------------
  ↑たぶん銃撃されて死んでる
  車のボンネットやエンジンがハチの巣状態なのに
  中の人間が無傷なわけがないし
  48時間以内に3600ccも輸血してるということは
  手や足に銃弾を受けたとかではなく
  腹部や胸部に複数の銃弾を浴びてるはず
  -----------------------
  もう安倍も稲田も終わりだろコレ
  つうかそれだけでは沈静化せず、
  国家と自衛隊の在り方に関しての大論争になるかもしれん
  南スーダンの闇は深いぞ
  -----------------------


アベシンゾーとスガは、防衛省への配慮で、「処分なし」で
コトを収めようとしているらしい。だが、これだけの騒動で「処分なし」では、
国会での答弁が保たないw 詰んでますw




現行・国連はユダ米の世界覇権のためにあるし、

第二次大戦の戦勝国wクラブでもある。

関わらぬのが国益に資する、害務省の見栄のために無駄金を使う必要はない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けてⅤ

2017-07-20 10:03:43 | Weblog
 画は Henri Rousseau アンリ・ルソー 

 1844-1910 / フランス / 素朴派       作


  「Scout-Attacked-by-a-Tiger. 1904」です。


☆晴れたり曇ったり。

まさに土壇場での断末魔、見苦しさの極みよなぁ、

◆http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/318.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 7 月 18 日  kNSCqYLU
支持率急落でドタバタ劇 …
 “錯乱安倍政権の自爆ショー(日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d7/3521.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209639
日刊ゲンダイ  2017年7月18日  文字お越し


支持率下落が止まらない。

時事通信が7~10日に行った世論調査で、安倍内閣の支持率が
前月比15.2ポイント減の29.9%に激減したのに続き、

ANNが15~16日に行った調査でも、支持率は前月から8.7ポイント下落の
29.2%と、危険水域の30%を割り込んだ。

不支持は軒並み50%を超え始めている。 

そんな中、急転直下で決まったのが、安倍首相が出席して来週行われる閉会中審査だ。

森友学園問題や加計学園問題について、安倍が出席して審議することを
野党は要求してきたが、自民党はかたくなに拒否していた。

安倍が外遊中で不在だった10日に開催したから、もう十分だと突っぱねていたのだ。

13日に自民の竹下国対委員長と民進の山井国対委員長が会談した際も、
「必要性を感じない」と拒否。

ところが、その約3時間後、一転して受け入れを伝えるドタバタぶりである。

安倍から「自ら国会の場に出て説明する意思がある」と言われたため、
急きょ応じることにしたという。

これは、安倍のリーダーシップで決めたという“英断”の演出ともいわれているが、
こんなところでも、「総理のご意向」で何でも決まることを見せつけてどうする。

いま、多くの国民が感じているのは、「総理のご意向」によって
政治や行政が歪められているのではないか、

安倍の仲間内で国家を私物化しているのではないかという不審だ。

だから、各社の世論調査で支持率が軒並み30%前後にまで下がり、
内閣不支持の理由は「首相を信頼できない」が急増している。

その首相が、今さら国会に出てきて、何をどう説明するというのか。


「加計ありき」の疑念は晴れない

「ここまで支持率が下がると、安倍首相の保身だけでなく、

自民党全体への悪影響を考えて首相が出てこざるを得なくなったのでしょうが、

“時すでに遅し”という印象です。

ここに至るまで説明責任から逃げ回り、ゴマカシと隠蔽を重ねてきたことで、

国家戦略特区を利用した獣医学部の新設は“加計ありき”だった

という疑念が膨らんだ。

今では、国民の多くが首相のお友だちだから便宜が図られたと確信する
までになっています。

首相が出席する閉会中審査でも、これまでと同様、安倍首相が “知らぬ、存ぜぬ”
の弁明を繰り返せば、ますます世論の反発を招くだけです」
(高千穂大教授・五野井郁夫氏=国際政治学)

加計学園の獣医学部新設は、小泉政権が始めた構造改革特区に
07年から15回も申請し、ことごとく却下されてきた。

それが、第2次安倍政権で突然、認められたのだ。

昨年8月、国家戦略特区を担当する大臣が、獣医学部新設に厳格な「4条件」
を付与した石破茂から山本幸三に交代した途端、

「最短のスケジュール」で進められることになった。

加計学園は特区事業者に認定される前の昨年10月の段階で、
新設予定地のボーリング調査も行っている。

15回連続で却下されてきたのに、なぜ、今回にかぎって
事前のボーリング調査や教員確保に動けたのか。

16回目の申請は認可されると確信を得たのは、「腹心の友」が
政権トップの座にいるからではないのか。

安倍が直接に指示したかどうかは分からない。

しかし、周囲の忖度はあったに違いない――。

時系列で見れば、そう思われても仕方がない。

安倍が閉会中審査でどう潔白を説明しても、支持率回復は難しいのではないか。


「関わっていたら辞める」の啖呵がすべての元凶

最近はニュース番組だけでなく、ワイドショーもこぞって
支持率急落を取り上げるようになった。

それだけ視聴者の反応もいいのだろう。

テレビメディアは、数字が取れるネタをやる。そういうものだ。

16日の「新報道2001」(フジテレビ系)では、中曽根内閣からの
歴代政権支持率をグラフ化し、支持率が30%を下回ると挽回は難しく、

時を待たずに退陣に追い込まれることを数値化して見せていた。

「えひめ丸」の事故発覚後もゴルフを続けたことが致命傷になって
支持率が1ケタに落ち込んだ森政権や、

漢字が読めず、カップラーメンの値段を「400円」と言い放った
庶民感覚のなさで世論の反発を招いた麻生政権の末期と重ね合わせて、

安倍政権の支持率急落を解説。

こうなると、ほとんど見せ物だ

加計問題への対応で自爆し、さらに支持率が下落しても、
それは庶民の娯楽として消費されていく。

「支持率下落が話題になればなるほど、大衆心理として、

さらに落とす方向に振れる可能性が高い。

国民がカタルシスを求めている面もあります。支持率下落が、

一種の娯楽になっているのです。

アベノミクスで一部の人は潤ったかもしれませんが、庶民の暮らし向きは
ちっともよくなっていない。

負担増ばかりで、実質賃金は増えていないのだから、窮乏化する一方です。

気づいたら、血税でオスプレイを買って、友人に便宜を図っていた。

社会保障は削り、一部の人だけに富を分配して仲間内でウハウハやっている
と思えば、好き勝手やっている安倍首相がのたうち回って落ちていく姿を見たい
と思うのも当然でしょう。

安倍首相が困る姿を見たいのです。

そういう意味では、安倍首相が勝ち組優遇の政策を行ってきたツケでもあり、

支持率下落は自分でまいた種と言えます。

切り捨ててきたこんな人たちに復讐されつつあのです」
(五野井郁夫氏=前出)


内閣改造どころか内閣総辞職も

第1次安倍政権では、支持率が30%を切った約2カ月後に退陣に追い込まれた。

来週、閉会中審査に出席して自ら答弁し、8月の内閣改造で
局面打開を狙おうにも、もはや、そんな単純な話ではなくなってきている。

「内閣改造前に国会で野党の疑問に答え、国民の疑念を晴らして、
支持率回復の環境整備をしたいと考えているのでしょうが、

今さらどう取り繕ったところで、支持は戻らないでしょう。

本当は、加計問題が追及され始めた時に、獣医学部新設はいったん白紙撤回し、

京都産業大学など他の学校法人も俎上に載せてゼロベースで見直す
と言えばよかった。

初期対応が間違っていたのですが、それも、森友学園問題が浮上した時に、

安倍首相が『自分や妻が関わっていたら辞める』と啖呵を切ってしまった
ことが元凶です。

首相の関与を絶対に認めるわけにいかなくなり、本人も周囲も
ゴマカシや嘘の上塗りを重ねてきた結果、つじつまが合わなくなって、

国民の決定的な不信を招いた。

閉会中審査で言い訳を駆使したところで、
もがけばもがくほど深みにハマる蟻地獄です。

かといって、今になって、関与を認めて謝ることもできないでしょう。

『辞める』と宣言してしまった以上、首相を続けることができなくなる。

そう考えると、どのみち“詰んでいる”のです。

閉会中審査の内容次第で、さらに支持率下落が加速すれば、

内閣改造ではなく、すぐさま内閣総辞職になってもおかしくありません」
(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

それもこれも、すべては自分でまいた種。

錯乱政権がどんな弁明で逃げ切りを図るのか。

首相の関与をどうやって否定しようと悪あがきするのか。 国民は注視している。

ありていに言えば、自爆ショーを期待しているのだ。

国民から信頼されない首相が何を言おうと、支持率の下落に歯止めはかからず、

ワイドショーのネタになるだけ。

これ以上、のたうち回って退陣に追い込まれるよりは、自ら退いた方が
傷は浅いのではないか。

引き際の潔さは大切だ。 それが大人の流儀というものである。


◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sogekiheiyamaguti4kunosibutuka.html
長周新聞  2017年7月14日付
狙撃兵 山口4区の私物化  


「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」
が仮に現実になると、次期衆院選の山口四区は俄然面白みが増してくる。

それこそ「選挙区の私物化」が大きな争点になるからだ。

地元では数年前から「晋三の次は兄・寛信の息子が地盤を継ぐ」
「ゴッドマザー(洋子)も含めた安倍家の家族会議で決まったそうだ」等等と
囁かれてきた。

私物化がこれほど批判世論に晒されているなかで、

跡目相続を平然と実行するというのであれば、これは是非とも

「下関は安倍家のものだ!」と正正堂堂と叫んで選挙をたたかってもらいたい。

系列の市議会議員や県議会議員たちも、全国区の視線に晒されるからといって
よそ行きの面をするのではなく、

いつもの如く「オレたちに逆らうのか!」
「安倍先生、オイラたちの活躍ぶりを見ててください」みたいな調子で
やっておればよいではないかと思う。

この間のモリ&カケの顛末を眺めていて、下関こそ私物化政治の故郷ではないか …

と恥ずかしく思っている有権者は多い。

従って長年の歪んだ政治風土ともども、これにどうケジメをつけるのかが
問われる選挙にしなければ話にならない。

下関では、春先の市長選で珍しく自民党の安倍派と林派が激突した。

その結果、割れた公明票を除くと双方共に基礎票は四万票足らず
だったことが炙り出された。

それぞれ単品ではたいしたことないのである。

ところが、国政選挙になると安倍派+林派、公明党の1万8000票、
三菱や神戸製鋼をはじめとした労働組合「連合安倍派」の組織票をかき集め、

開票が始まる前の午後八時には当確が出るという選挙をくり返してきた。

この持ちつ持たれつで便宜を図りあう馴れ合いの構造を突き崩さなければ、
安倍支配という岩盤を破壊することなどできないのも現実だ。

市長選では安倍派も林派も互いに「オレの下関」を奪い合い、
最後は代理戦争どころか安倍晋三夫妻が直接介入して秘書を市長にねじ込んだ。

現職市長ポストをもぎとられた林派の恨み節ったらないが、
叩き潰されてなおその選挙を手伝うのか否か、感情的には複雑なところだろう。

こうなったら「微笑みあってつねりあいっこ」みたいなことはやめて、
全面戦争をしたらどうかという声もある。

長年、参議院議員の身で忸怩(じくじ)たる思いをしてきたのが林芳正だ。

目下、安倍派との正面衝突は回避して3区転出を画策し、
河村建夫の地盤をもぎとろうと必死になっている様が話題になっている。

下関西高校時代の三羽ガラスといわれた現山口銀行頭取や宇部興産役員あたりの
人脈も生かして、今度こそ3区転出を! が悲願のようだ。

しかし、河村建夫も自分の息子に地盤を継がせたいために譲らない。

一区でも高村正彦が自分の息子を代議士にしたがっているとかで、
あっちもこっちも代議士どもが選挙区を私物化して「オレのもの」を争っている。

この染みついた私物化体質を改めさせる選挙にすることが必要だ。
                                        

武蔵坊五郎



Henri Rousseau、二枚目、



「La-tour-Eiffel 1898」です。



農民の敵=自民党、

◆http://bunshun.jp/articles/-/3312
週刊文春 2017年7月20日号
農協の乱 小泉進次郎&農水省にとって衝撃の結果だったJA全中 会長選


「まさかダブルスコアで負けるとは……」

農協幹部がこう絶句したのは、5日に開票された全国農業協同組合中央会(JA全中)
の会長選挙だ。

結果は、JA和歌山中央会会長の中家徹氏(67)が152票を獲得し、
88票の須藤正敏・JA東京中央会会長を破った。

前回の2015年にも出馬した中家氏は、奥野長衛氏に敗北。

定年で勇退する奥野会長が推す須藤氏が有利との観測もあっただけに、
先の農協幹部は「ここまで差がつくとは意外だ」と驚きを隠せない。

「農協改革の旗を振ってきた小泉進次郎・自民党農林部会長と、

農水省の奥原正明事務次官にとって非常にショックな選挙結果でしょう。

JAの総意として、NOが突き付けられた。

小泉・奥原両氏に理解を示してきた奥野路線からの転換は避けられない」(同前)

中家氏は、記者会見で、さっそく政府主導の農業改革について、

「改革は必要だが、守らなければならないものもある」と釘を刺した。

中家氏はJAグループが創設した中央協同組合学園(現JA全国教育センター)1期生で、

同学園校友会会長でもある。

「宮脇朝男元全中会長を恩師と仰ぎ、農協スピリットである協同組合主義者

経産省に近い奥原次官の対極にいる人物です」(農協関係者)

その中家氏を陰で強力に支援したのは、

農畜産物の販売や生産資材の供給を担うJA全農のドン・中野吉實会長

というのが農協関係者の共通した見方だ。

中野会長は「日本の肥料や農薬は韓国の2倍、3倍高い」と小泉氏から糾弾され、

昨年の全農改革で煮え湯を飲まされた経緯がある。

小泉氏と奥原が進める農協改革の最終目標は、

協同組合組織の農協を株式会社化させ、金融部門を分離することにある
と見られている。

税制など各種の恩典がある協同組合組織を株式会社に転換し、

儲け頭の金融を分離して農協は生き残れるのか。

「来年12月までには衆院選もある。

これまでは、菅義偉官房長官が後ろ盾になってきたが、

安倍政権の支持率が急落し、自民党議員も黙っていないだろう。

中家氏のバックには、同郷の二階俊博幹事長もいます」(同前)

農協の乱は、安倍政権をも揺るがしそうだ。



Henri Rousseau、三枚目、



「The-repast食事-of-the-lion,-1907」です。



自衛隊制服組からのリークだな、

◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11491.html
ネットゲリラ   (2017年7月19日)
閉店間際の大売り出し


イナダどころか、アベ内閣丸ごとぶっ飛ぶスクープなんだが、
イナダの日報隠蔽、ネタを流したのは防衛官僚で、
複数のマスコミに情報が渡っている。

だからこないだから、アベ内閣がぶっ飛ぶネタが投下されると
予告されていたわけだ。アベシンゾーに対して叛乱を起こしたのは、
文科省だけではなかったw


  ☆https://twitter.com/yoniumuhibi/status/887449991005872129
  世に倦む日日‏ @yoniumuhibi

  稲田朋美のPKO日報の件、マスコミに告発したのは
  「複数の政府関係者」とある。防衛官僚だろう。
  朝日1社だけでなく、他の新聞社にも流れているから、
  誰かが秘かに匿名で流したというより、組織的に動いている。
  防衛官僚が造反を起こしている。
  https://twitter.com/yoniumuhibi/status/887444128279154688
  2017年7月18日


日報隠しが話題になったのは3月なんだが、その頃既に、
官僚からNHKに情報がリークされていたらしい。
ところが、アベシンゾーと菅によって、このクーデターは鎮圧される。
官僚たちはそれで諦めずに、特別防衛監察報告書で、すべてをブチ撒けた。
ところが、その報告書も、未だに出て来ない。
アベ一味が握り潰している。そこでまだ諦めないクーデター官僚が、
報告書をマスコミに撒いているw 

既に共同通信は入手している。毎日も入手しているだろう。
イナダどころか、アベと菅が隠蔽を指示したという証拠も、
報告書には出ているだろう。


  https://this.kiji.is/260088924608626696?c=39546741839462401
  共同 2017/7/19
  ◎稲田氏、組織的隠蔽を了承 PKO日報、国会で虚偽答弁

  南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄した
  としながら陸上自衛隊が保管していた問題で、
  稲田朋美防衛相が2月に行われた防衛省最高幹部による緊急会議で、
  保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、
  了承していたことが分かった。複数の政府関係者が18日、明らかにした。
  防衛省・自衛隊の組織的隠蔽を容認した形になる。

  稲田氏はその後の国会で、一連の経緯の報告を受けていないとし
  「改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と答弁。
  国会でも虚偽の説明をしたことになり、
  防衛相辞任を求める声が強まり、
  安倍晋三首相も任命責任を問われるのは確実だ。


前川証言が世に出たのと、まったく同じ経緯を辿ってますねw 
しかも今度は現役官僚w しかもコイツラ、武器を持っているぞw 
おいらが許すから、戦車で官邸に乗り込めw 
警視庁と自衛隊の殺し合い、見てみたいですぅw


  -----------------------
  安倍が稲田を切れないことに業を煮やした政府関係者がいるんだろう。
  -----------------------
  政権内部から崩壊してると思われ。
  -----------------------
  稲田の政治家生命は、完全に絶たれた
  -----------------------
  稲田は終了、 稲田を即時更迭しなかった安倍も危ない
  組織的隠ぺいが外に簡単に漏れるはずない、
  安倍官邸も洩らすはずない
  稲田に我慢できず 耐えられない自衛隊から出たんだろう
  一種の情報クーデターだな、
  自衛隊が反旗を翻せば安倍は吹っ飛ぶ
  -----------------------
  アホバカ稲田が、選挙で
  防衛省、自衛隊としてお願いと発言した時点で
  即時更迭以外ありえなかった

  全国民も当然そうすべきと思ってた、
  しかし世襲バカの安倍はかばった
  これで自衛隊が稲田や安倍の言うことを聞く
  と思ってる方がおかしい、稲田や安倍は見限られたんだろう
  -----------------------
  これって、最終的な決断をした責任を部下に押しつけて
  稲田自身は知らん顔を装っていたということだろう
  そりゃあ、自衛隊の隊員は上から下まで激オコだろうなぁw
  -----------------------


特別防衛監察の報告書は中間報告すら未だに公表されていない。
もう4ヶ月経つのに。アベと菅に都合の悪い内容なのだろう。

都合の悪いネタは隠す。それがアベ一味の体質です


  -----------------------
  な、のうのうと嘘を付いて当たり前な顔してやがった。
  イライラしてくる
  -----------------------
  文科省に続いて防衛省でも安倍政権腐敗のリークが始まった。
  他の省庁と違って、安倍晋三の欺瞞的判断によって
  自衛隊員が戦地で殺されるところだった。
  -----------------------
  安倍は文科省をスケープゴートにするつもりだったようだが
  優遇してきた防衛省からも造反が出てきたということは
  官僚はもう安倍を見限ったということ

  もはや安倍の味方は経産省と公安警察だけ
  安倍は完全に終わりですな
  -----------------------
  これで撤退の理由がはっきりした訳だよな。
  政府は5年の期間がきたからと答えていたが嘘だとわかったろう
  -----------------------
  文民統制は制度上だけなく信頼関係がなければ成立しない
  統制されてる方は「実力」使えるからな
  問答無用だって可能
  -----------------------
  こういう体質のまま戦争にでもなったら
  劣勢でも連戦連勝をアナウンスするんだろうな。
  8月14日まで皇軍勝利を連呼していたように・・
  -----------------------


自衛隊は、おいらが許すから、軍事クーデターでアベ一味を倒せ。
今なら天皇陛下も許可するだろうw 
まぁ、タイならとっくにそうなってるねw


コメント


*とめ | 2017年7月19日 | 返信

  自衛隊が立ち上がってもクーデターじゃないですよ。

  閣議決定で憲法をねじ曲げ、現憲法を根底から変えようとしている
  カルト集団に対して、憲法を護持するために戦うのは
  自衛隊の正規の行動です

  衆議院自体も違憲状態なので、自衛隊が強制的に解散させてもいい
  と思うくらいです。もちろん民主主義を守るための選挙監視も


  むしろ、自民党≒征和会のやっていることの方が
  民主主義→ファシズムのクーデターだろ!



*千葉県人 | 2017年7月19日 | 返信

  稲田って軍事産業関連株保有してんだろ(笑)
  隊員が死んでも自分の懐は潤う
  こんな卑しい防衛大臣って有りなのか?





◆https://twitter.com/noiehoie?lang=ja
菅野完@noiehoie            より抜粋、


#菅野完‏ @noiehoie 10時間前

これは決して「防衛省日報隠し問題が小さい問題だ」
と言っているんではない。
「安倍政権によるモラルハザード」の象徴として、日報隠しは、
加計や森友なんかより悪質で深刻。

そやけども、「これはモラルハザードなんですよ」
という説明をするのには加計と森友の方が向いてると言う話。


しかしおもろいの。 稲田の話がほんまであれ
稲田の話が嘘であれ、どっちにしたかて
「大臣としてなにを管理しとるのお前?」って話になって、
稲田、雪隠詰めになっとるね。


稲田はこれまで「保守のプリンセス」とか言われて
自他共に認めるタカ派やったのに、防衛大臣に座らせてみたら、
ガバナンスはできんわ、制服組から嫌われるわ、
歴代最悪の防衛大臣やったって、もう、
ブラックジョークにもならんほどメチャクチャやね。


稲田に関して「安倍晋三の任命責任」を問うのなら、
防衛大臣に据えたことちゃうぞ。

椿原の娘やからって理由で保守界隈で売り出して、
百人斬り訴訟とかで調子乗ってるだけで、
百戦百敗のサンシタ弁護士でしかない稲田朋美

「政界にこないか?」とスカウトしたっていう任命責任やぞ。


しかし稲田の件は、どうも陸自側が稲田に我慢できんようになって
情報漏らしとるみたいやね。
陸自の制服の人達が稲田に我慢できんようになるのはわかるし、
そりゃ陸自の人からみたら稲田はアホにしかみえんし、
その心中いかばかりかとは思うが、
制服が政治家の首を獲るつーのはどうなんだ


そりゃ佐官クラスの陸自のひとからみたら、稲田朋美みたいなんが
大臣とか噴飯物でしかないだろうし、
なんでこんな能力のない人間に頭下げなあかんねん
という気になるだろうとは思う。だって彼女本当に低脳やしね。

そやけど制服着た人らってのは、それに我慢するのが仕事やしなぁ 
難しいな。


稲田がどれぐらい低脳かって今年3月の国会答弁見てたらわかる。
野党側から、籠池夫婦とどんな関係があったのかって糾されて
「何の関係もない」って答弁してたのに、

答弁の最中にふと「奥様らしい」と漏らしてしまい、
野党側から「よく知ってんじゃねーか」ってヤジ飛ばされるぐらいに低脳。


まあどっちゃにしたかって、稲田朋美が防衛大臣として
軍政 軍令ともに管理出来てなかった
ってことですわな。
これも森友・加計と構造は同じ。

「身びいきの結果、その任にないものを重用する」という安倍政権の
「思考のOS」が腐っとるから、こうなる。
安倍政権はモラルハザードでしかない。


稲田もそうだろう。五分話ししたら「この頭やったら大臣無理」
ってのがわかる。

森友もそうやろう。籠池のおっさんと面談したら「小学校無理やで これ」
ってのがわかる。

加計もそうやろう。帳簿めくったら「大学むりやで これ」ってわかる。

「それでも『うい奴』だからやらせる」ってのが安倍政権




さぁ、いよいよ 大詰めが近づいてきましたなぁw


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けてⅣ 

2017-07-19 10:41:49 | Weblog
 画は エドヴァルド・ムンク  Edvard Munch

 1863~1944 / ノルウェー / 表現主義           作


  「aften på karl johan  カール・ヨハン通りの夕べ

  Evening on Karl Johan, 1892」です。


☆曇り、今朝は涼しかった。

「こんな人たち」は闘いますよ、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/annahitotatinimakeruwakeikanu.html
長周新聞  2017年7月12日付


    あんな人たちに負ける訳いかぬ

      全国で安倍退陣求める行動

      こんな人たちは街頭へ 


過去最低議席へと転落した東京都議選の結果に飛び上がった自民党安倍政府は、
加計問題についての国会閉会中審査に応じるなど
「説明責任」の形をとり繕ったものの、

最も国民の疑惑の目が向けられている
安倍首相は外遊に出かけ 逃亡したような格好となり、
中途半端さが否めないものとなった。

「一強」「独裁」といわれてきたが、まるで10年前の放り投げ時期を
彷彿とさせるような末期的空気を漂わせている

国家権力の私物化が全国的に問題視され、街頭では「こんな人たち」が

「あんな人たち」に向かって「安倍はやめろ!」の声を上げ始めた。

不誠実極まりない対応を見て「首相を信用できない」と感じる人が増え、
内閣支持率は急落して情勢は流動化している。

退くタイミングはいつか、はたまた粘って自民党を道連れにして自滅していくのか、
その動向に注目が集まっている。

都議選最終日、応援演説ではじめて秋葉原駅前に出た安倍首相は、
「安倍辞めろ」コールをする人人に激昂し、聴衆を指さして

「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかない! 

都政を任せるわけにはいかないじゃありませんか!」と叫んだ。

選挙中に首相が有権者に向かってこんな人呼ばわりするなど前代未聞だが、

それはみずからの政治の私物化疑惑について隠蔽し、
棚上げしてきた報いに他ならない。

その姿は、有権者の「あんな人」には入れたくないとの印象を確信に変え、
「安倍辞めろ」の世論に火を付ける結果となった。

首相の演説が、自陣営の応援どころか自爆炎上を招く選挙となったが

菅官房長官は「『安倍、菅を監獄へ』という、大きな看板もあった」

「総理の発言は、きわめて常識的だ」などと弁明に終始した。

「敗戦の将」たる首相自身は選挙後の記者会見の場にすら出てこなかった。

都議選を経て潮目は変化している。

9日には、共謀罪法(改正組織犯罪処罰法)の11日施行を前に、
東京、名古屋、大阪など全国一斉に安倍政府の退陣を求めるデモ行進がおこなわれた。

8000人が集結した新宿では、「安倍政権に退陣を求める緊急デモ実行委員会」
が主催して、新宿の目抜き通りでデモ行進をおこなった。

新宿駅東口アルタ前での集会では、
「どれだけ嘘の情報を流しても、嘘はいつまでも国民を欺し続けることはできないし、
真実も隠し続けることはできない。

共謀罪もテロ等準備罪といったが、実際にはテロ対策は含まれていない。
しかも国会中継がなかったことは、メディアが操作され、
国会が中継できない内容であることを証明した」

「“こんな人”は少数ではない。モリもカケも、山口敬之(元TBSワシントン支局長)
のレイプ事件もみんな忘れていない」

「九州が大変な事態になっているときに、
首相はヨーロッパで遊んでいないで帰ってこい」

「これからも何度でも声を上げ続ける」など、
大学教授や学生、市民団体の代表などが安倍政府の姿勢を批判した。

新宿駅前は、大規模な世論の動きを象徴する群衆の熱気に溢れた。

同日は、北海道旭川市、名古屋市、大阪市、和歌山県新宮市、福岡市でも
同様のデモが開催され、「安倍辞めろ」 「政治の私物化をやめろ」
「嘘つき稲田も菅もやめろ」などのコールが全国各地で響き渡った。

この雪崩を打つ世論の動きと連動し、これまで「高支持率」と報じてきた各メディアも
支持率の急落をあいつぎ報道し始めた。

NHKは、安倍内閣の支持率が先月に比べて13減の35%とし、
不支持は48%に上がったと報じ、

安倍首相自身が「熟読しろ」といった『読売新聞』も36%、

『朝日』は33%、『毎日』は36%、NNN(日本テレビ)は31・9%と、

軒並み過去最低の数字を発表した。

首相が腹痛を誘発した第1次安倍政府退陣時の支持率(28%)に限りなく近づきつつある


国会閉会中審査 疑惑はますます深まる

慌てた与党は、国会を強制終了させてまで審議を打ち切り、
憲法53条に基づく臨時国会召集要求をも拒否し続けてきた加計学園問題についての
閉会中審査に急きょ応じ、

参考人として前川喜平前文部科学省事務次官を招致した。当然、
「国民の信頼回復」 「丁寧な説明」云云といっていた
安倍首相本人が出席しなければならないはずなのに、

G20出席後に帰国せず、国会審議を避けるようにそのまま北欧諸国への外遊へ
出発してしまった。

加計疑惑の中心にいるのは首相自身であるにもかかわらず、
籠池証人喚問時に続いてまたも敵前逃亡する様を見せつけた。

しかも、九州豪雨災害が発生しても日程を変えず、閉会中審査が終わった翌日に
「被災地に入る」といって外遊から帰ってくる始末で、再び世間を唖然とさせた。

また、閉会中審査には、「総理に代わっていう」などと豪語し、
加計学園獣医学部のための国家戦略特区の指定を文科省に迫っていた

内閣府の和泉洋人首相補佐官や木曽功前内閣官房参与(現・加計学園理事)、

森友学園へ8億円値引きした事実をもみ消し続けた佐川宣寿前理財局長(国税庁長官に栄転)
も出てこないなど、与党側は安倍首相ともども主要人物の出席をことごとく拒んだ。

閉会中審査では、文科省の内部文書である10/7萩生田官房副長官ご発言概要
(文科省は未確認)の真偽が焦点となった。

文科省が「見つからなかった」とするこの文書には、
常磐高等教育局長と面会したさいの萩生田発言として、

「加計学園が誰も文句がいえないような良い提案をできるかどうかだ」などと
記されていたことが暴露されている。

萩生田副長官は、現在も加計学園・千葉科学大学の「名誉客員教授」で、
同時に官僚の人事権を一手に握る内閣人事局長でもある。

同じく「10/27ご発言」(文科省が公表)には、
「和泉補佐官からは、農水省は(戦略特区による獣医学部新設を)了解しているのに、
文科省だけが怖じ気づいている、

何が問題なのか整理してよく話を聞いてほしい、といわれた。
官邸は絶対やるといっている

総理は平成30年4月開学とおしりを切っていた
工期は24カ月でやる。今年11月には方針を決めたいとのこと」などと記され、

加計理事長を担当課長に会わせる意向を示している。

前川前次官は、二つとも「事務次官在職中に担当課から説明を受けたさい、
受けとった文書に間違いない」と認めたが、

萩生田は常磐高等教育局長との面会は認めたが「このような発言をした記憶はない」
「なんら能動的に関わりを持ったことはない」とし、
常磐局長も「記憶がない」と口を揃えた。

前川前事務次官は、「内閣府が(国家戦略特区指定の)仕事を進めるにあたり、
その背景に官邸の動きがあった。中でも私が直接指示を受けた和泉氏(首相補佐官)が
さまざまな動きをしていたのは明らか」とし、

国家戦略特区の制度で認める過程で、文科省としては、
大臣や局長はいいにくいだろうが、無理を強いられている

そのような思いは、文科省の職員はみんな持っていた」と強調。

最大の疑問点として、「広域的に獣医学部がない地域(四国)に限る」
「開学時期は平成30年3月」という意味不明な

条件を付すことで今治市の加計学園しか残らない。それはなぜなのか。
ブラックボックス化されている。文科省からはうかがい知れない部分がある


「閣議決定の(獣医学部新設の)四条件を満たしていたのか?

京産大との比較検討がおこなわれたのか? など不明瞭な点が多い」とし、

真相を明らかにするには、和泉補佐官、加計学園理事長、今治市長の話を聞く

などしないと、全体は到底わからない
と主張した。

この疑問点に対しては、山本創生大臣が長長と資料を棒読みして時間稼ぎに終始した。

自民党や公明党、維新を含めた与党議員は、
「出会い系バーに通った理由」や「在職中になぜ問題提起しなかったのか」

「天下り問題の責任」など、前川氏の人格問題に話をすり替える質問に終始。

自民党の平井卓也(香川県)や、森友学園の「広告塔」でもあった青山繁晴などが、

「四国に獣医師が足りない」「今治市が新たに獣医学部をつくることは

行政を歪めるということなのか?」と詰め寄ったが、

前川氏から「獣医学部の入学者は全国的に散らばり、卒業後も全国に散らばっている。

獣医師が不足しているから、この地域に作るというのは単純に考えられない」

規制緩和をすべきかどうかという問題と、その規制緩和の結果として

加計学園に獣医学部の新設を認めるかどうかという問題は次元が違う。

加計学園だけに決まったプロセスを問題視している
と整然と切り返され、

逆に無知を露呈する場面もたびたび見られた。

「獣医学部の新設を拒むのは、(あなたが関与していた)既存大学への
文科省の天下りと関係しているのではないか」(自民・青山)という質問に対しては、

前川氏から、「仮に(天下りと)結びつけるのであれば、

具体的な事例は木曽理事(加計学園理事)の問題だ。

木曽理事はたしかに私の先輩で、内閣官房参与の身分をもったまま
加計学園の理事になっておられまして、

そのふたつの肩書きをもった状態で私のもとにおいでになり、
加計学園の獣医学部新設に向けて働きかけをされた。

こういうOBによる現役に対する働きかけこそ、いわゆる天下り問題の、
弊害の一つの端的な例」と指摘され、

追及すればするほど墓穴を掘るものとなった。

加計問題で嘘をつく理由のない前川前次官の明快な口調と対照的に、
菅官房長官をはじめとする閣僚は、「そう聞いている」「記憶にない」などと
他人に責任を投げたり、言葉を濁す答弁に終始し、

権力の上にあぐらをかいて平気で事実を隠蔽し、嘘を並べ立てる人種である
ことが浮き彫りになった。

肝心の当事者が欠席するなかでの閉会中審査は、与党側が嘘の上に嘘を塗るだけに終わった


盛り上る街頭行動 国有財産私物化許さぬ

事実経過についての「証拠」があろうがなかろうが、

まともに説明すらできない理由によって、首相の「腹心の友」の学校建設のためだけの
特例が設けられたことは紛れもない事実だ。

そのために人事権を振りかざして各省庁へ圧力をかけ、その結果、
疑惑が生じているのであって、現在までに明らかになっている事実への疑問について、
説明責任も果たさずに逃げ回ることはできない。

「あんな人たちに負けるわけにはいかない!」の声を全国で強め、

権力や国有財産の私物化を許さない力を示すこと、

街頭にくり出して世論を盛り上げることが求められている。



Edvard Munch、二枚目、



「The Storm, 1893」です。



疫災の元兇・ユダ米=戦争の狂犬、

◆http://parstoday.com/ja/news/world-i32790
ParsToday  2017年07月16日
アメリカが47カ国の選挙に干渉


CNNが、アメリカ政府は1946年から2000年の間に、
47カ国で行われた81の選挙に干渉したと伝えました。

CNNは、番組の中で、アメリカのメディアは昔から、
アメリカの選挙におけるロシアの影響について調査しているとして、

アメリカが世界各国の選挙にまったく干渉していないのだろうか
という疑問が出ることはほとんどないとしました。

カーネギーメロン大学・政治戦略研究所の研究員は、CNNのインタビューで、

アメリカの他国の選挙に対する干渉を社会学の観点から調査しているとして、

アメリカは1946年から2000年までの間、

47カ国の81の選挙に干渉したとしました。

この研究員は、1948年のイタリアの選挙に対するアメリカの干渉を例に挙げ、

アメリカは、選挙で共産党が勝利することを恐れていた、

このため、全力で共産党の勝利を妨害した
としました。

また、数十年間にわたり、アメリカが

チリ、アルゼンチン、日本、西ドイツ、ブラジル、インドネシア、レバノン、

マレーシア、イランの選挙に干渉してきたことに触れ、


アメリカはたいてい、自国に同調する候補や政党を支援してきたとしました。

さらに、このうち、3分の2は秘密裏に、

3分の1は公然と行われたとしました。


◆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209641
日刊ゲンダイ  2017年7月18日
防衛費また過去最高へ ムダな兵器を軍事専門家がチェック


安倍政権がまたぞろ防衛費を増やそうとしている。

防衛省は来年度予算の概算要求で5兆円超を計上する方針。

安倍首相の再登板から6年連続の前年度比増となり、過去最大となる見通しだ。

「日本の防衛予算が増え続けている背景には、

北朝鮮の核ミサイル開発や中国の海洋進出といった安全保障環境の変化があります。

ただ、よく調べてみるとベラボーに高い兵器や、不要としか思えない兵器を

毎年のように購入している


日本は米国の対日貿易赤字を縮小するために

米国製の防衛装備品を購入している面があります」
(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

今月、ドイツ北部ハンブルクで行われた日米首脳会談でも、

安倍首相はトランプ大統領に日米の貿易不均衡を改めて指摘され、

戦闘機などの購入を強く求められる場面があったらしい。

トランプによる兵器の押し売りによって今後、

日本の防衛費はますますかさみそうだ。


防衛省は来年度予算で、弾道ミサイル防衛(BMD)強化のため、

地上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」の研究調査費の増額を予定している。

いざ調達となれば、日本全域をカバーするには

2基で1600億円程度かかるとみられている。

さらに、新型輸送機オスプレイの取得費用も来年度予算に盛り込まれる。

最近、指摘され始めたのがオスプレイの護衛問題だ。

「同伴飛行するにあたり、ヘリでは遅すぎるし、戦闘機では速すぎる。

そこで機体外部にミサイル装備などを備えた“武装オスプレイ”導入の計画が

浮上しています。1機の値段はオスプレイの2倍、

400億円近くするといわれています」(防衛関係者)

上空から離れた地上の敵を攻撃できる“空対地ミサイル”の導入も

来年度予算で検討されている。


「飛行速度がマッハ3以上の対艦ミサイル『ASM―3』と、

射程約300キロの対地・対艦ミサイル『JSM(ジョイント・ストライク・ミサイル)』

の関連経費が来年度予算に計上されます。

今後、問題になりそうなのがJSM。

最新鋭ステルス戦闘機F35に搭載でき、射程も長い。

その気になれば北朝鮮の核施設に打撃を与えることもできてしまう。

“専守防衛”に反しないかが問われることになると思います」(世良光弘氏)


防衛省は毎年批判されている米国製の水陸両用装甲車「AAV7」を
来年度も購入する予定だ。

旧型のAAV7は最大速度が時速13キロと遅く、

現代の戦場ではほぼ役に立ちません


最終的に52両を調達しますが1台が7億円もします。

これぞ税金のムダです」(世良光弘氏)

トランプとの“義理”で憲法違反や不要な兵器を買い漁るなんて言語道断だ。




Edvard Munch、三枚目、



「 'Puberty' 思春期」(1894-1895年)です。



手前の母方は秋田出身です、ニシン漁で景気のいい蝦夷に渡ってきたようです、

◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11478.html
ネットゲリラ  (2017年7月18日)
こりゃ、短命だ


長野と秋田、というんだが、食生活とか気候とか、似ているのに、
長野は長生き、秋田は早死だというんだが、なんで? というんだが、

ひとつだけ大きな違いがあって、「秋田美人」という言葉はあっても、
「長野美人」という言葉はない、という事だw 

グーグルで調べてみると、秋田美人の方が倍以上。
秋田美人はWikipediaにも項目があるが、長野美人はない。

木村伊兵衛の撮った秋田美人、柴田洋子さん、当時19歳という人だそうだが、
60年以上前の写真です。目元はノーメイクだろ、これ。
ズルいぞ、ハーフじゃねーか、って、これで純粋な秋田人なんですね。

どう見てもハーフだろ、という美形が、秋田にはゴロゴロいる。
大野源二郎という別の写真家が撮った、同じ人。
この写真を見た木村伊兵衛が、あわてて秋田に駆けつけて、
撮らせてもらったという逸話があるw 洋装だとこんなです。
彼女は高校3年の時に第一回県民おばこコンクールで入選し、
マドンナと呼ばれていた評判の美人w その後は秋田でバレエ教室を運営し、
東京からのモデル依頼を断り続ける。その後は代議士の秘書を務め、
実業家の日系二世三上ヘンリーさんと結婚。
2010年にロサンゼルスで亡くなってます。


  ☆http://www.sankei.com/premium/news/170721/prm1707210002-n1.html
  産経 2017.7.17
  ◎野沢菜を食べる長野県民が長寿」で
   「いぶりがっこが好きな秋田県民が短命」のワケ


秋田は酒処で、日本酒が美味い。みんなよく飲む。
酒は美味いし、ネーチャンはキレイだ、うっはっうっはっうっはっは」
という歌があったなw こりゃ、短命だw


  -----------------------
  ↑塩分に加えて寒くて身体が冷えるから
  低体温も免疫力を下げる要因になってるし
  寒冷地は癌の死亡率高い
  冬に頻繁に買物したくないから塩蔵品も多いし
  あと田舎はヤブ医者多いし
  -----------------------
  白砂糖ガバガバ使うかなぁ。
  仕事で1年だけ秋田県能代市に居たけど、
  何でもしょっぱくて甘いんだよ。
  そして御祝いや御礼というと
  日本酒を一升瓶で二本頂戴する。
  -----------------------
  原因は塩分だけじゃないからだろよ。
  塩分は体温維持に必要だし
  それに伴って免疫系の動きも変わってくる。
  なんでもかんでも塩分悪玉論は間違い
  -----------------------


長野県というのは、最後まで未成年の淫行条例がなかった県で、
ロリコンの聖地と呼ばれましたw まぁ、
都市がなくて、風俗もないので、援交とか、そういう土壌がないためなんだがw 
割と実直な土地柄で、あまり酒も飲まないし、粗食です。

コメがあまり採れなかったので、白米をドカ食いする習慣がない。
名物は蕎麦ですw


  -----------------------
  長野は蕎麦を食べるし、お焼き作っても中身が野菜だったり
  野菜が好きらしい

  秋田は稲庭うどん、きりたんぽ、横手焼きそば など
  野菜も食べるけど穀物が好きな県民
  -----------------------


◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11488.html
ネットゲリラ (2017年7月19日)
安倍晋三逮捕のニュース速報まだか?


自民党の奥の院からの指令では、「レンホーの三重国籍」というのがネタらしくて、
2ちゃんねるでも散々書き込まれているんだが、
昨日は産経新聞の記者が質問して笑われていたw 
何だよ、中華人民共和国と中華民国の二重戸籍って、聞いた事もねぇぞw 

つうか、そもそも台湾はかつては日本領だったんだから、
アメリカのスパイがたくさんいる自民党とは意味が違う。
蓮舫の父親が何歳なのかは知らんが、蓮舫が49歳なんだから、
父親は戦前の生まれだろう。
つまり、父親は、産まれた時は日本人だったのだ。


  ☆http://blogos.com/article/234976/
  BLOGOS  2017年07月16日
  ◎森友問題から見える 安倍政権の虚言癖


それより、背乗りだらけのチョーセン自民党の議員たち、
全員、DNA検査して、汚らわしいチョーセンの血が混じってないか
調べたほうがいいんじゃないか



  -----------------------
  カルト自民党きもい
  -----------------------
  本当は閉会中審査でなくて
  臨時国会を開かなければいけないんだよね。
  憲法によれば両院のどちらかで議員総数の4分の1以上の要求があれば
  内閣は国会を招集しなければならない事になっている。
  憲法を守ろうとしない内閣はそれだけで倒閣の理由になる。
  -----------------------
  アベノミクスはスタートから間違っていた。
  トリクルダウンは起こらない。
  実は南米アルゼンチンで軍事政権が
  トリクルダウンで経済成長を見込んだが失敗した。
  韓国も財閥と一般国民の貧富の差が半端なく,改善の見込みがない。
  日本もこれと同じ方向に向かってるわけよ。

  以下のように理解せよ。

  ○ 経済成長→インフレ
  × インフレ→経済成長

  いくらインフレをしても経済成長は生まれない。
  国内消費の冷え込みがある中でインフレを起こすことは危険だ
  安倍は国内消費の喚起とは逆の政策を打ってしまった。
  で「お年寄りがお金を使ってくれない」と愚痴る。
  知恵のなさの表れだ。
  -----------------------
  検察は斡旋収賄罪を犯した汚職政治家安倍晋三を早く逮捕しろよ。
  -----------------------
  安倍晋三の顔つきが屠殺場に送られる羊みたいな顔つきになっている。
  間違いなく安倍晋三政は加計から金を受け取っている
  -----------------------
  国連で貧困対策として1100億円支出すると言った岸田外相。
  国内で社会保障費1300億円減額しながら。
  一体誰の為の政治をやっている?
  このトンチンカン!
  -----------------------
  安倍晋三逮捕のニュース速報まだか?
  -----------------------
  よしりん

  独裁者というものは、本来的に、小心で、狭量で、卑怯で、
  私利私欲でしか動かないものだが、まさに安倍晋三がそのような性格で、
  人格において、前川氏の足もとにも及ばない。
  -----------------------


まぁ、レンホーなんざ、野田豚と一緒にとっとと消えてくれりゃいいんだが、
それにしても清和会の陰湿なイジメじみた工作にはウンザリです。


  -----------------------
  内閣改造とかマジで意味ないw 無意味。
  主犯安倍の除去が必須。
  主犯安倍の辞職・逮捕が伴わないかぎり
  騒ぎはおさまらない。
  -----------------------
  望月衣塑子さんがリツイート
  nobumaru VII @ATF97·8h
  加計学園 3学部の認可 2年ごとが明らかに
  岡山理科大の獣医学部と教育学部、千葉科学大の看護学部を
  時系列的に関連づけると、2年おきに認可を繰返している
  実態が明らかになった。
  下村氏の認可への働き掛け、同じ設計会社と施工会社による受注等、
  疑惑スキームが常態化していた疑いがある。
  https://pbs.twimg.com/media/DFAIttjUMAEMNcK.jpg
  -----------------------
  稲田、完全に終わったわ

  稲田氏、組織的隠蔽を了承
  PKO日報、国会で虚偽答弁
  2017/7/19  https://this.kiji.is/260088924608626696
  南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄した
  としながら陸上自衛隊が保管していた問題で、
  稲田朋美防衛相が2月に行われた防衛省最高幹部による緊急会議で、
  保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、
  了承していた
ことが分かった。複数の政府関係者が18日、明らかにした。
  防衛省・自衛隊の組織的隠蔽を容認した形になる。
  稲田氏はその後の国会で、一連の経緯の報告を受けていないとし
  「改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と答弁。
  国会でも虚偽の説明をしたことになり、防衛相辞任を求める声が強まり、
  安倍晋三首相も任命責任を問われるのは確実だ。
  -----------------------
  ↑南スーダンに自衛隊を送る必要なんか全くなかったんだよ。
  あいつら、安保法制の実績作りをしたかったという理由だけで、
  自衛隊員を無駄に危険にさらしたんだ

  本当に極悪な連中だよ、安倍や稲田は。
  -----------------------


やっぱりイナダは隠していたね。どうすんだよ、コレw 
アベ内閣の隠蔽体質を象徴するような事件だ。

話はイナダだけにとどまらず、安倍晋三も森友・加計で同じように、
都合の悪いネタを隠蔽しているだろうと追求される。

今ですら、出てこれない、イイワケも出来ない内閣が、ますます窮地ですw



稲田は父親・椿原泰夫が、

極右の指導者だったという点が、日本会議のマドンナたる所以w

本人はタダの阿呆です。 ま、これで完全に詰んだね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けてⅢ

2017-07-18 10:05:39 | Weblog
 画は Maurice de Vlaminck  モーリス(モリス)・ド・ヴラマンク

 1876年~1958年 / フランス  / フォーヴィスム(野獣派)     作


  「Still Life 静物  with Knife, 1910」です。


☆曇り、暑さ一服。

よろずユダ米の指示、売国と破壊の果ての断末魔、

◆http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/abeseihuhaiikagennisiro.html
長周新聞  2017年7月7日付 


   安倍政府はいいかげんにしろ

   東京都議選を経て潮目は変化

    奢りと私物化への憤激



東京都議選の結果は、安倍晋三率いる自民党政府に対する国民的憤激を
象徴するものとなった。

単純に小池百合子の都民ファーストが支持を集めたという代物ではなく、
自民党を叩きのめすという有権者の強い意志を反映した選挙となった。

安倍政府の再登板から四年、国会では「安倍一強体制」といわれる状態が続き、
そのもとで戦争できる国づくりに向けてさまざまな法律を整備してきた

一方では「一強」に奢り高ぶった者たちが恥ずかしげもなく
国家の私物化をやり始め、首相周辺のお友達ばかりが

税金にたかる様が暴露されるなど、日本社会を「オレのもの」だと勘違いしている
ことも明るみに出てきた。

都議選の結果は、こうした腐敗政治に鉄槌を食らわせる力が強烈に働いた
ことを示しており、いまや情勢は潮目が変わっている
ことを物語った。

記者座談会で特徴を論議した。


米国いいなりで戦時体制作り進めた4年 次期衆院選に向け反撃の狼煙

A 自民党が改選前の57議席から23議席へと転落したことが
  山口県内でも大話題になっている。「東京都民が反撃の狼煙を上げてくれた」
  「次期衆院選に全国が続いていかなければならない」「胸がスッキリした」等等、
  みなの表情が晴れやかなのがとても印象的だ
  自民党支持者でも、この間のモリ&カケについてはさすがに
  問題視している人が多く、「思い上がりすぎている」
  「自民党は一度粛清されなければ、安倍晋三のもとでおかしな方向に向かっている」
  と口にする人もいる。
  公明党の応援がなければ、所詮あの程度の議席しかないこともわかった。

D 豊洲問題とか東京五輪もあるが、首都決戦の最大の争点は自民党への審判だった。
  見事な大惨敗で、これは次期衆院選への影響は必至だ。
  しかし、よく見てみると民進党やその他の政党も受け皿になり得ておらず、
  威張れる結果ではない。そこを都民ファがさらっていった格好だ。
  有権者からすると、さしあたり持って行き場がないことから
  雪崩を打ったようにも見える。都民ファがいかなる勢力であるかは置いておいて、
  そのような投票行動になった。

B 今回の選挙では公明党が早くから都民ファに乗り換えていた。
  自民党を見限って新しい都政のリーダー、つまり与党に与するという判断だ。
  与党大好きの政党として、その辺りの嗅覚だけは鋭い。

C 早くから自民党では保たないという財界なり背後勢力の判断が動いている
  ことを伺わせている。自民党が陥落する際には、
  必ずみんなの党とか維新の会といった勢力が引き継ぎ要員として登場してきた。
  支配の側にとって緩やかに体制を維持したいという意志が働く。
  都民ファについても、そのために目先の異なる小池百合子が持ち上げられてきた
  関係だろう。都政のドン・内田との対決なども小泉劇場とそっくりの劇場型だ。
  それで自民党東京都連とは対決するが、安倍政府とは上手に付き合う
  という形で区別して対応していたが、今回の都議選では
  小池が衝突を避けてきた安倍政府そのものへの審判が下された。
  維新が第二自民党であることはすっかりバレてしまったが、
  今度は都民ファで急場を凌ごうという大きな力が働いている
  それを察知して、自民党や民進党崩れなどが投機的な野心を持って乗り換えている
  のも特徴だ。しかし、これらが都政の大半を占めたからといって
  好き勝手できるわけではない。

D 都民ファをどう見るかもあるが、まず第一に「一強」体制で奢り高ぶった
  自民党を引きずり降ろした選挙だった。
  東京都民だけでなく全国的に「ちょっと酷すぎる…」という世論が
  鬱積していたなかで、その憤激が直接反映した。
  これは首都圏に限定されるものではなく普遍的な空気だ。
  だから秋葉原の乱みたいなものが全国的に大話題になる。

B 秋葉原の演説で「安倍辞めろ!」 「帰れ!帰れ!」のコールをくらって
  「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と安倍晋三がムキになって叫んだ
  のが問題になっているが、本人からすると
  街頭演説から逃げていたのを「逃げている」といわれて悔しかったから、
  勇気を振り絞って最終日に出てきたのだろう。
  そこを組織動員であれ自然発生的であれ狙い撃ちされて、あんな事態になっている。
  首相がヤジに対してムキになって反論する姿についてみっともない…
  と思う人も多いが、批判されることに慣れてない育ちがそうさせるのだろう。
  国会で「やい、日教組!」みたいなヤジを投げかける自分については問題なくて、
  他人が自分にヤジを飛ばすのは許し難い行為だと怒る。
  このダブルスタンダードもどうかと思うが、そんな男なのだと思うしかない。
  しかし、あの映像を見た人人は「ホントに小心者だなぁ…」
  「器が小っちぇーな…」とつくづく思うわけだ。

C 権力者を街頭で迎え撃つという斬新な行動で、仕掛けた人間も
  大概のユーモアセンスだなと思わせた。それで暴力行為をするわけでもなく、
  日の丸を振って「安倍帰れ!」と叫んで丁丁発止を煽っている。
  そこに籠池が「どうしてもお金を返したい」と例の如くひょうひょうとあらわれて、
  一緒になって「嘘をつくな!」とか叫んでいる。
  案の定、安倍晋三が堪えきれずに「こんな人たち」呼ばわりした。
  演説は黙って聞くだけでなく、街頭でヤジを飛ばすことも自由だ。
  聞く耳のない暴走をするから、せめて街頭に出てきた時くらいは
  権力者に叫びを聞かせてやろう、あんた嫌われてるんだよ! と教えてやろう
   
  といった感じだ。今回の都議選を象徴する出来事だった。
  選挙戦を盛り上げるという意味では一役買ったのではないか。
  煽ったらすぐに乗っていくというのも短絡的で、結果的に、
  感情をコントロールできない男の烙印を公衆の面前で押されたようなものだ。

A 要するに安倍政府が追い込まれている。
  共謀罪を裏技で強行採決してしまったが、あれも動機はモリ&カケ問題の追及から
  逃亡するためだった。しかし、批判されることや「逃げ回っている」といわれる
  ことは我慢ならないから、逃亡しているくせに中途半端に出てきて
  「こんな人たち」とかいってしまう。
  逃げるならさっさと辞職してしまえばよいのに、未練たらたらで
  しがみつくから中途半端になる。そして、みずから火に油を注いでいる。
  正正堂堂とモリ&カケの疑惑解明に応じない限り、
  全国民的にも噴飯を買っている状況はおさまらない。
  潔く対応して、仮に首相の関与が明白になったら
  首相だけでなく議員も辞めると自分で主張した通りに実行しなければならないが、
  それをやらない。ズルズルやっているうちに傷口が広がって、
  東京都議選の大敗北まできた。次は衆院選に歴史的惨敗を持ち込むつもりなのかだ。


自民党は存亡の危機に 「一強」の脆さ暴露

B 粘れば粘るほど、道連れになる子分たちの数が増幅していく。
  界隈もろとも撃沈する可能性がある。しかし、今の状況で辞職すると
  スキャンダルがむしろ暴き立てられて袋叩きになりかねない。
  どっちに転んでも泥沼だ。引くに引けないが、引いて権力から離れると
  なおコントロールを離れてしまうから怖い―― 
  という心境がそうさせるのだろう。
  それで最終的に私物化に関与していたことが明らかになったのなら、
  尊敬するお爺ちゃんと同じように巣鴨の拘置所あたりに放り込んだらよいではないか
  歴史的に大衆の恨みを買った権力者の末路というのは悲惨なものがある。
  そうでもしないと統治が崩壊して、大衆的憤激を収めることができないとなったとき、
  その処遇は必然的に厳しいものになる。
  見せしめ的なものにもなる。大衆的憤激のガス抜きの標的として
  「全部アイツが悪いんです!」と指をさされて引きずり出されるという例は
  いくつもある。最終的にどんな事態が待ち受けているのかは想像がつかないが、
  小手先でどうこうなる局面ではないことは確かだ。
  当たり前に考えると、都議選まできて「安倍政府は終わった」
  と見なすのが普通だろう。

A 自民党にとっては存亡の危機だ。昔から行き詰まれば首相の首くらいすげ替えて、
  目先を変えて次の首相を担ごうとする動きになっていたものだ。
  そんな動きにならないこと自体が異常だ。
  このまま安倍晋三やお友達と共に泥沼に沈んでいくもよし、好きにすればいい。
  国会の3分の2以上を占める「一強」が実は
  脆(もろ)い存在であることを暴露している。
  安倍晋三を擁護して自民党もろともぶっつぶれるのか、
  私物化等等を公然と批判して、自民党自身は是是非非で進むのだと
  態度を示して目先を誤魔化すか、選択は限られている。
  ズルッと逃げることなどできない。

D モリ&カケにしても、既に大概のことは暴露されているのに
  開き直るから世論は激怒している。
  今治に建設している獣医学部の総工費は192億円で、
  そのうち県と市が96億円を補助金で出すという。
  坪単価150万円ともいわれる高値の建設事業
を請け負ったのは、
  加計学園がある岡山選出の逢沢一郎衆院議員の親族企業である
  ことも最近暴露された。下村元文科相の関わりであったり、
  芋づる式で新事実が暴露されている。
  世間一般から見るといい逃れできないだろうと思っているのに、
  手練手管で逃げ回るから、余計にでも疑いの眼差しは強まる。

B しかし逃げ回っているのに開き直っている。
  文科省では、松野大臣が「総理のご意向」を記した行政文書について
  「個人のメモを共有した」という理由で次官以下の三人を厳重注意したという。
  首相へのおべんちゃらをしていた元TBS記者の山口敬之による準強姦疑惑
  のもみ消しに加担したといわれる北村内閣情報官も栄達だそうだ。
  森友学園問題で国会に登場した財務省の佐川理財局長も国税庁長官に出世したそうだ。
  税の公平性に疑義が生じているのにこんな者がトップについて
  税を徴収できるのだろうかと思わせている。
  納税者が激怒するような人事を平然とやる。
  それも含めて、国の形がぶっ壊れているような光景に世間は唖然としている。
  「美しい国」ではなく汚れきった国の姿を感じている。
  「これはさすがにまずいだろう」と自民党支持者でも痺(しび)れている。


対米従属で政治が劣化 私物化意識が蔓延

C 政治がなぜこれほど荒廃しているのか考えたとき、
  それは支配の側全体の荒廃と切り離すことなどできない。
  安倍晋三とか政治家というのは日米独占資本の代理人みたいなもので、
  個人的な能力が優れていると思っている者は一人もいない

  あんなもんでも首相が務まる国になった――と捉える方が正解だ。
  安倍晋三が日本社会において絶対的な権力者などと思うこと自体がバカげている。
  戦後の日本社会ではアメリカに忠誠を誓う者だけが為政者のポストを与えられ、
  対米従属構造に縛られて政治、経済などすべてが機能してきた

  これが新自由主義政策が花盛りになった今、
  公共性とか社会的な利益、国民全体の幸福であるとかを公然と否定して、
  独占大企業からして社会的に生み出した富は全て「オレのもの」といって
  握って離さない。その隅っこで安倍晋三界隈までが真似して
  「オレのもの」をやっている関係だ。

A 私物化が支配的イデオロギーとしてあり、当たり前と思っているわけだ。
  強欲資本主義という言葉があるが、まさにこのイデオロギーとぴったり符号する。
  規制緩和とかが連続して、社会的規制であったり規範までみな緩めてきた結果、
  政治もしまりのないものになっている。
  終いには選挙で選ばれたわけでもない安倍昭恵みたいなものまでが勘違いしている。
  秘書を使って財務省に問い合わせを入れたり、厚かましいの一言に尽きる。
  世間的基準では彼らの「オレのもの」イデオロギーは異質なもので、
  みなは公共性であったり社会的な利益を基準に考えている。
  ところが支配の側は「オレのもの」が当たり前と思っている。
  この認識の乖離も甚だしい。
  世間一般が捉えている常識と非常識がひっくり返っている。
  そうして行政が歪められ、統治全体に私物化意識が蔓延して今日に到っている。

C 深刻なる政治不信が蔓延していることを逆手にとって、
  低投票率で自民党・公明党が組織票で勝ち抜ける構図が続いてきた

  その下で再登板した安倍政府がもっとも熱心に進めてきたのは、
  集団的自衛権の行使を認めた安保法制、
  米軍指揮下で自衛隊が地球の裏側まで出動することを定めた日米ガイドラインの改定、
  国家権力の秘密が暴露されることを恐れた特定秘密保護法、
  国民弾圧とつながったNSC設置、共謀罪の強行採決など、
  一連の戦争体制づくりだった。

  メディアへの圧力もこれまでにない攻撃性を持ったものだった。
  憲法解釈の変更等等先行して体制整備を進め、改憲は実質的に後付けのような格好で
  やろうというものだ。

D この改憲の任を負った安倍政府が目指しているのはどのような国か。
  戦争ができる国にせよというのは第一にアメリカの要望だ
  グローバル化・新自由主義の破綻に瀕して内政も外交も行き詰まっているアメリカが、
  「世界の警察」として軍事力を展開する力を急速に失っている。
  そのような事情を反映して中東やアフリカなどの紛争地帯に
  「自衛隊を送り込んだらいいじゃないか」と鉄砲玉にしようとしている。
  要するにアメリカが引き揚げる地域に自衛隊が出かけ、
  あるいは海外進出した多国籍企業の海外権益を守るために、
  命をかけて兵站も含めた最前線任務を担う関係にほかならない。
  そのために日米合同訓練をくり広げてきたし、自衛隊と米軍の総合司令部を
  横田基地に置き、陸海空が連動して作戦を展開する体制も秘密裏に進めてきた。
  学問分野でも軍学共同を強め、研究費を締め上げて
  軍事面の研究開発に科学者たちを動員していく方向が露骨なものになった。

A 安倍政府は追い詰められているが、大慌てで改憲の前倒しや
  緊急事態条項とも関わった首相権限の強化を打ち出したりしている。
  安倍晋三の権限を強化したら、余計にでも私物化政治がはびこるだろうが! 
  と世間は驚愕しているが、これをゴリ推しすることで保身をはかろうとしている。
  緊急事態条項」というのは、内閣が必要であると見なせば非常事態を宣言し、
  国会やすべての法を超越して国民の権利や経済活動を制限する
  という戦前の国家総動員体制の焼き直しだ。

  宣言を発した場合は国民は否応なしに従うことを義務付け、
  政府の判断如何で、平等権、思想、信仰、学問、集会・結社・表現の自由などの
  自由権、生存権、労働基本権などの社会権、請求権、参政権などの
  あらゆる人権が制限できるという代物だ。
  ただ、モリ&カケで困ったからといって首相権限を強化し、
  国民の権利を制限するというのは本末転倒だ。

B 4年前の総選挙をへて再登板した安倍政府は、TPP交渉参加を表明し、
  原発再稼働にも踏み込み、集団的自衛権の行使を閣議決定だけで解釈変更し、
  特定秘密保護法や日本版NSC設置、集団的自衛権行使を盛り込んだ安保法制、
  日米ガイドラインの改定など一連の戦争体制を進め、共謀罪も強行採決した。
  これから総仕上げで改憲にとりかかろうとしている。

  歴代の政府はみなアメリカいいなりで、対米従属構造こそ諸悪の根源である
  ことは疑いないが、このいいなりになる限りにおいてはポストを保障され、
  私物化は許されるのか否かだ。
  日本社会のなかできっちり落とし前がつけられないほど、
  統治機構がすっかり劣化している。
  前川事務次官のように官僚としての矜持を持って是是非非をのべる人間がいた
  ことは多少の救いかもしれないが 全般として安倍王国に成り下がっている
  ことをこの間の騒動は浮き彫りにしてきた。

A 何度もいっているように、安倍晋三界隈に国有財産が無償提供されたり、
  補助金がふんだんに注がれるというなら、
  納税者は何に対して納税の義務を負っているのか問わないといけない
  その税金を国有地無償提供を擁護する佐川理財局長みたいな男が
  とり立てるならなおさらで、誰のために納税しているのか? が問われる。


新しい政治勢力を切望 戦争のない社会へ

C 自民党が次期衆院選において大惨敗の道を突っ走るなら、
  それは好きにすればよいことだ。一方で、
  選挙になると野党も含めて国政政党がみな親米派に成り下がり、
  目の前の選挙構図からして期待できるものが何もない現実に
  目を向けなければならない。
  都議選でも民進党がまったく相手にされなかったことは、
  その裏切りへの失望感や怒りを表している

  もともと、自民党の失点で与党になっただけで、棚ぼたともいえた。
  そして今度は民主党の失点で自民党が返り咲き、なんだか勘違いして4年が経過した。
  アメリカのサンダースであったり、イギリス労働党のコービンであったり、
  国民世論をいっきにさらっていくような政治旋風が起こる土壌はあるのに、
  政治勢力として目に見える形で登場していない。
  その悶悶とした空気のなかで、はしたない私物化政治がくり広げられ、
  世論から総スカンを食っている。

B 過渡期といえばそれまでだが、こんな状態は長く続くものではない。
  与党であれ、野党であれ、消滅すべきものは消滅の過程をたどればよいし、
  それに成り代わる政治勢力の台頭こそが切望されている。
  日本社会の進路は、米軍の下請に成り下がったり、
  武力参戦して世界で孤立していく道しかないのではない。
  非戦の国是を貫かせ、アジア近隣諸国との友好を強め、変わりゆく世界のなかで
  反グローバリズム・新自由主義の国際的なうねりが台頭しているのと連帯しながら、
  貧困と戦争の連鎖を押しとどめる道を進むべきだ

  個人の小さな幸福とか私物化、いわんや一握りの独占資本や金融資本だけの
  幸福社会ではなくて、万人の幸福を実現できる社会に向けて歩みを進める
  ことが必要だ。そのために大衆的な世論と運動を強めて政治を下から揺り動かすこと、
  個個の政治家たちが抗えないほどの基盤をもって政治構造を縛り上げ、
  大衆運動によって国のあり方を決定づけることが問われている。



Vlaminck、二枚目、



「Fishing-port」です。


菅の地元、横浜はカジノか? 中学校に給食か? で大騒ぎらしい、

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/723730-52da.html
植草一秀の『知られざる真実』
2017年7月16日 (日)
723仙台 730横浜市長選で 自公候補を落選させる


より抜粋、

7月2日の東京都議選で安倍・下村自民党が大惨敗した。

原発・戦争・格差拡大推進の安倍暴政に対する主権者の反対が根強いことに加えて、
安倍政権の政治腐敗、政治私物化の実態が広く主権者の認識されるところとなり、

安倍政治が終焉の危機に直面している。

こうしたなかで、7月23日には仙台市長選が、

7月30日には横浜市長選が投票日を迎える


大事なことは、安倍政治に対する主権者のNOという声を絶やさないことだ。

仙台市長選挙では自公プラス日本の心が支持し、宮城県知事の村井嘉浩氏、
前仙台市長の梅原克彦氏が支持する菅原裕典氏に対して、

民進党と社民党が支持し、共産党と自由党が支援する元民進党衆議院議員の
郡和子氏が出馬している。

これ以外に、元自民党衆議院議員の大久保三代氏と元みんなの党衆議院議員の
林宙紀氏が立候補している。

選挙戦序盤の情勢では郡氏がやや先行し、菅原氏がこれを追う展開になっている
と伝えられている。

野党共闘の中核である民進党に対する主権者の支持が弱く、
これが郡氏の弱点になっているが、自公支援候補を勝利させるわけにはいかない。

民進党は早晩解体して、政策を基軸に二つに分離する必要がある

自公プラス日本の心サイドは、共産党が支援する候補に勝たせるわけには行かない
と主張しているが、共産党が支援する候補を勝たせるべきでないという理由がない。

民進党のなかで共産党とは選挙協力したくない、選挙協力すべきでない
と考える者は、民進党を離れて自民党なり公明党に移籍させてもらえばよい


原発・戦争・格差という主要問題に対する政策が何よりも大事なのであって、

共産党を含む、安倍政治に対峙する政治勢力が基本政策方針で一致するなら、
選挙協力=選挙共闘を否定することがおかしいのである


こうしたなかで、私たちが留意するべきことは、
情報空間を支配するマスメディアの大半が、既得権勢力側に立脚していることだ。

民間メディアは大資本の資金によって存立しているから、
民間メディアが既得権勢力の側に立つことは避けがたいが、

より深刻な問題は、公共放送を標榜するNHKが、
既得権勢力の御用報道機関に堕している
ことだ。

2017年入り後のNHK日曜討論のテーマは次のとおりだ。

(中略)

年初来、NHK日曜討論は27回放送されている。

本来は28回放送のはずだが、4月30日には不自然な放送休止が行われている。

このなかで、8党討論が行われたのは、わずか5回だけだ。

27回放送があったのだから、その半分の13回は
与野党8党での政治討論を行うべきなのだ。

しかし、与野党8党による政治討論を行うと、安倍政治の本質が
主権者の前に明らかにされてしまうため、NHKはこれを妨害している。

北朝鮮、IS、日米関係を議題に11回も放送が行われているのに対して、
8党討論はわずかに5回だけなのである。

政権交代を実現したら、直ちに放送法を改正して、
NHKの抜本改革を実行しなければならない。

その出発点は放送受信契約の任意制への移行である。

NHKと受信契約を締結したい者だけが

NHKと受信契約を締結する制度に変更するべきなのだ





まったくもってそのとおり!

下痢壺御用=犬HKの大相撲中継、実に不快だ、協会は民放にも中継させろ!

腐れヌルヌル鵬の何が記録なんだよw

張り手・肘打ち・立会変化、モンゴル勢の中盆・ドーピング常習・・・

よくもまぁ、無批判に中継できるもんだわなぁw

こんな屑に懸賞掛ける企業は不買運動ですよ、ネットで公表しろ!




Vlaminck、三枚目、



「The Beautiful Village」です。



マムシの望月w

◆https://www.businessinsider.jp/post-35032?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook
BUSINESS INSIDER JAPAN  Jul. 16, 2017,
子育てしながら権力と対峙する ——
 菅官房長官に切り込む東京新聞・望月記者に聞く



菅義偉官房長官の会見で、日々食い下がっている女性記者がいる。

東京新聞社会部の望月衣塑子さん(42)だ。

政権ナンバー2に向けられる長くてしつこい質問は、
整然としていた首相官邸の記者会見場の“ルール“を破壊し、

政権や官邸記者クラブから煙たがられる一方で、読者らの熱い支持も得ている。

「権力の監視役」を自認してきた大手メディアが、
その役割を見失いつつあるようにも見えるいま、

メディアはどう権力と向き合うべきなのだろうか。
霞が関で、望月さんの話を聞いた。

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/07/15/
 TIMA8078-w1280.jpg

官房長官の記者会見は、原則として月曜から金曜日の午前と午後に開かれている。

出席するのはおもに、首相官邸記者クラブに所属する新聞・テレビなど
主要メディアの政治部の記者である「官房長官番」たちだが、

加計学園問題など政権中枢に関わる疑惑について直接質問する目的で
他部の記者が参加することがある。

曜日によっては、フリーランスの記者も参加できる。


Business Insider Japan(以下、BI):

社会部の記者である望月さんがなぜ官房長官会見に出席することになったのですか?

望月:現在の私の取材テーマは軍学共同と武器輸出で、あとは散発的に、
   事件などの発生ものをヘルプしています。2人目の子どもを産んで、
   復職したあとに 武器輸出を解禁する「防衛装備移転三原則」が決まり
   (編集部注:2014年4月1月閣議決定)、そのときに、子どもがいると
   取材先への朝回りと夜回り
   ( 編集部注:記者が、職場以外で政治家や行政職員、検察官などに接触を試みる)
   ができないので、上司から「なにかテーマをもって取材をしたほうがいい」
   とアドバイスされ、比較的自由に取材をさせてもらっています。
   事件取材が長いので疑惑系のニュースには関心があって、
   森友学園問題や加計学園問題についても、自分から手を挙げて入っていきました。
   その流れで、官房長官会見に出席するようになりました。


「この問題を放っておいてはいけない」

BI:初めての官房長官との“対決”は6月6日でしたね。

望月:加計学園問題の取材を進めているうちに、「総理のご意向」と書かれた文書
   が出てきて、いつも淡々と返す菅さんが、
   「出所不明で調査にあたらない」と発言して、彼にしては、
   珍しく怒っているなとテレビの会見映像を見て思ったのです。
   その流れの中で、前川さん(編集部注:前川喜平・前文科省事務次官)の
   出会い系バー通いの報道が読売新聞に出たんですね。
   読売がこの段階で出すということは、将来、これは事件にでもなるのかな?
   と一瞬思いましたが、現在でも何の動きもありません。
   正直、読売新聞の事件報道は、「固い」という印象があったので、
   記者としてショックを受けました。
   その後、実名で文書の存在を証言した前川さんにようやくアクセスでき、
   6月1日に3時間ほどインタビューをしました。

   一方で、安倍晋三首相と関係が深いと言われている元TBSのワシントン支局長で、
   フリージャーナリストの山口敬之氏から、性的な被害を受けたと訴えている
   フリージャーナリストの詩織さんにもインタビューをしました。
   山口氏の逮捕に至らなかったことについて、政権の関与や官邸と関係の深い
   警察幹部の配慮が働いた可能性があるではないかと考えて、
   この問題を放っておいてはいけないと思っています。

BI:6月8日には官房長官に対して、1人で20分間、質問を23回されました。

望月:知り合いのテレビのディレクターからも官房長官の会見は、
   追及が甘いんだよねということを聞いていました。
   それまで会見は、テレビを見るか、新聞でコメントを読むぐらいでした。
   記者が一度質問をして、官房長官が「そんな事実はありません」と
   答えたらそれで終わりという感じで、なぜ畳み掛けないのかと思っていました。

   社会部記者の感覚からすると、畳み掛ける質問はわりと当たり前ですが、
   政治部は一言聴くだけです。
   一方で、稲田朋美防衛相の失言などは、さまざまな角度から質問が出ますから、
   記者としてのアンテナの立ち方が政治部と社会部では違うのかな
   と思うことはあります。失言は辞任に直結するという意識もあるのでしょう。
   古い政治記者に聞くと、昔はもうちょっと緊張感があったとも聞きますが、
   いまは、そういうものとは、異質なものになっている。
   政治部も自分たちで疑惑を取材していれば、もっと違うのかもしれませんね。


「空気を破っているよね」という雰囲気はあった

BI:なぜ、他の記者は“疑惑”について突っ込んだ質問をしないんでしょうか?

望月:政治記者は日々、北朝鮮によるミサイルの発射や災害など
   幅広い出来事について日本政府のコメントを引き出すことを日常的にやっていて、
   自分とは立場が違う。であれば、自分で聞くしかないと思っています。
   政権を敵に回すだろうなとも思いましたが。

   ただ、最近はジャパン・タイムズや朝日新聞の記者が続いて質問してくれる
   ことがあって、心強いです。

BI:6月8日に望月さんが20分以上質問をしていた時の周囲の記者の雰囲気は。

望月:空気を破っているよね、みたいな雰囲気はありました。
   こういう状況が続くようであれば、質問を短くされるとか、
   会見そのものが短くされるとかいった懸念があるという意見を、
   私に伝えようという動きが官邸の記者クラブ内にあったと聞いています。

   私は質問する際、状況を説明し始めると長くなりがちで、
   そこは反省をしています。6月8日以降、会見の司会役からは、
   「質問は手短にお願いします」と連発されるようにはなりました。
   それでも菅官房長官は、私が手を挙げていて、無視することは絶対にない。
   その点はさすがだなと思います。
   ほかの大臣は公務を理由に全ての質問に答えず、会見を打ち切ってしまう
   ことありますが。菅官房長官は、きっちりやり取りはしてくれている。
   あの場での受け答えで政権がどう考えているかは分かりますから、
   非常に重要な場です。

   その後も、社内外の記者から「質問を短く」とか、「ルールを守れ」と
   言われることもありますが、疑惑があっても追及をしない姿勢に違和感がある
   から続けています。週刊誌で菅官房長官に関する疑惑が報道されても、
   政治部の記者はだれも追及しない状況は続いています。


基本は9時から6時。表でどんどん聞いていく

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/07/15/
 TIMA8141-w960.jpg

BI:時の政権を敵に回す、権力と真っ向から対峙する。怖くないですか。

望月:政権側に批判的な質問をする出る杭ですから、打ちたいという思いはあるでしょう。
   多くの人に今の状況を理解してもらって、万が一、自分が潰された時にも、
   そういうふうにメディアに圧力をかけるのかという動きが出てくればいいな
   と覚悟はしています。自分の質問がテレビで報道されたことで、
   会社に応援のメールや手紙、電話をたくさんいただきました。
   発言をしていくことが自分を守ることにもつながるのかなとも思っています
   私以上に、詩織さんの声も伝え続けないといけません。
   胃がキリキリすることもありますが、疑惑がある限りは質問し続けます。

BI:政治部、社会部を問わず、会見で問わず、情報は朝や夜やオフレコ懇談などで
  取ろうという発想になりがちです。オープンな場でどんどん質問をする望月さん
  のような人はあまりいなかったのかもしれません。

望月:2人の子どもがいて、同業者の夫も単身赴任中ですから、
   時間に制約がある中では、時間をかけて裏に回ってという手法が取れません。
   一方で、武器輸出の取材を通じて、
   表でどんどん聞いて書いていくやり方もあるなということが分かってきました。
   遅くなる日もありますが、午前9時に仕事を始めて午後6時ぐらいには切り上げ、
   子どもを迎えに行くというサイクルで働いています。

   一線を引いて言うべきことを言えないような関係が、
   政治記者と政治家の間にあるのではないかと思っています。
   (編集部注:政権への影響力が強いと言われる
   読売新聞グループ本社代表取締役主筆の)渡辺恒雄さんの本を読んでいても、
   かつての政治記者はもっと政治家に厳しかったのに、
   いまの政治記者にはそれを感じません。
   アメリカのホワイトハウスみたいに、もっと丁丁発止でやればいい。
   すこしでも政治、そして日本がいい方向に向かうといいと思っています

________________________________________

望月衣塑子(もちづき・いそこ):1975年東京生まれ。東京新聞社会部記者。
千葉、横浜、埼玉の各県警察本部、東京地方検察庁特捜部など事件・裁判を中心に取材。
現在は軍学共同、加計疑惑を主に取材しており、
著書に『武器輸出と日本企業』 (角川新書)
『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(あけび書房) 。2児の母。




下痢壺内閣もあと一歩ですよw

「驕る平家は久しからず」なんだが、破壊が凄まじく再生が一仕事ですなぁ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明けてⅡ

2017-07-17 10:23:01 | Weblog
 画は ミハイル・クルジン Михаил Курзин  Mikhail Kurzin 

 1888~1957  ロシア・アヴァンギャルド      作


  「資本家 Capital.」です。

 ロシア・アヴァンギャルド
 (ロシア語:Русский авангард、ルースキイ・アヴァンガールト)
 19世紀末以来とりわけ1910年代から、ソビエト連邦誕生時を経て1930年代初頭までの、
 ロシア帝国・ソビエト連邦における各芸術運動の総称。

 その中の一人、ミハイル・クルジン、

 スターリン・Stalin に弾圧されシベリアに流刑された画家です。

 「資本家 Capital.」は下半分が切り取られてしまいました。

 白黒写真が残っており、手前が合成しました。

 https://www.youtube.com/watch?v=emK7pUVO8rM
 Independent Lens | Desert of Forbidden Art | Clip 1 | PBS

 ご参照あれ!



☆曇り、暑さ一服。

聴取ぐらいは さっさとやれよ!

◆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209590
日刊ゲンダイ 2017年7月16日
元検事も可能性指摘  特捜部安倍昭恵夫人聴取に現実味


加計学園」の獣医学部問題で、安倍首相が これまで拒否してきた
野党の閉会中審査の求めに応じる意向を示した。

時事通信の世論調査で内閣支持率が「危険水域」の3割を切り、
いよいよ「ヤバい」と思って慌てて出てくるようだが、
安倍政権にトドメを刺すのは加計問題じゃない。

安倍1強にくさびを打ち込むきっかけとなった森友問題だ

「昭恵夫人の行動を24時間マークする取材班を準備する必要があるだろう」――。

新聞・テレビの現場記者の間で最近、こんな話が出ている。

民放記者がこう明かす。

「森友の8億円値引きの国有地売却問題で、関西や関東の弁護士、大学教授ら

約240人が13日に近畿財務局や大阪航空局の当時の局長や職員を

背任容疑と証拠隠滅容疑で大阪地検特捜部に告発
しました。

同様の告発はすでに豊中市議らのグループも行っているのですが、

ここにきて新たな“証拠”が出てきた。

市民団体が豊中市に情報公開請求して手に入れた産廃マニフェストで、

ゴミの排出量が財務省側が説明してきた2万トンではなく、
100分の1以下の194トンと記載されていたことです。

これは財務省の8億円値引きの説明を根底から覆す物証であって、
さすがに特捜部も財務局に聴取しないわけにはいかなくなってきた


そうなれば当然、なぜデタラメをしたのか――となる。

考えられる理由の一つは、安倍首相の妻・昭恵氏が名誉校長に就いていたこと。

特捜部は財務局にガサ入れした後、どこかのタイミングで
昭恵氏を聴取せざるを得ないのではないか。そうみられているのです」


インパクトは計り知れず

国有地値引きの関与の有無はともかく、現職総理大臣の妻が特捜部の聴取を受ける――。

インパクトは計り知れない。

他方、証拠改ざん事件で信用が地に落ちた大阪地検特捜部は一気に汚名返上だ。

果たして「昭恵聴取」はあるのか。

元検事の落合洋司弁護士は「現時点では考えにくいだろう」としながらも、こう続ける。

「聴取があるとすれば、新設小学校の名誉校長を務め、講演にも出かけていた

昭恵氏が夫人付の女性職員に対して

(国有地売買をめぐって)何らかの指示を出していたのかということでしょう。

特捜部が本気で背任をやるのであれば、裏付け捜査としての聴取は十分、

あり得る
と思います」

こうなったら、昭恵夫人はフェイスブックでゴニョゴニョとつぶやいているのではなく、

ダンナと一緒に閉会中審査に出てきて、すべてを洗いざらい明かすべきだ。



◆https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/07/16/
richardkoshimizu  2017年7月16日
安倍側近の強姦山口を救ってやると 警察庁長官に昇格するそうです


https://richardkoshimizu.files.wordpress.com/2017/07/
 s_ice_screenshot_20170529-224604-1.jpeg

強姦山口ですが、週刊新潮から質問状が来たので、

安倍偽首相の側近の内調のトップに相談メールを送ったつもりが、

週刊新潮に送っちゃった!

気が動転していたんでしょうね。 馬鹿だねー。

内閣調査室というのは、安倍朝鮮悪の周辺の

ゴロツキの強姦犯罪の後始末を担当する部署だったわけで。 知らなかったー。

強姦山口は、早い段階で、安倍お尻ぺんぺん偽総理に

強姦揉み消しを依頼していたわけで、安倍ちゃんの懐刀、

アイヒマン北村内閣情報官が起用されていたとは!

内調の北村ちゃんは、安倍偽総理閣下の政敵や邪魔になる人物の

スキャンダル捏造を担当されている紳士。

RKへの攻撃も担当してますか、北村ちゃん。

(^-^) で、北村ちゃんは、官房機密費から従順で使い勝手の良い

ジャーナリストにご褒美をあげる役割も。 強姦山口だけじゃない。

ということで、強姦山口を逮捕の窮地から救った中村警視庁刑事部長

この方、強姦揉み消しの功績で、北村ちゃんと同じ内閣情報官に昇格したとか?

将来的には警察庁長官の目もあるそうです。 凄いですねー。

強姦を隠すと偉くなるんですね―この国では

こいつら、全部、生ゴミだ。

肉骨粉にして、北朝鮮の金豚に食わせろ。

___________________________________


山口敬之がレイプ問題を内調北村に相談

レイプ疑惑の山口敬之はやっぱり官邸と癒着していた!

週刊新潮対策を内調トップ・北村滋に相談したメールが流出

2017.05.20

http://lite-ra.com/2017/05/post-3171.html
「週刊新潮」(新潮社)5月25日号

(抜粋)

実際、北村氏といえばこの間、安倍首相の“私兵”として数々の謀略を主導してきた。

もともと、第一次安倍政権で首相秘書官に抜擢された北村氏は、
日本版NSC立ち上げにも深く関わり、
特定秘密保護法の法案策定でも中心的役割を担ったが、

第二次安倍政権で内調トップに就任すると、安倍首相の右腕となって、
政権を利するための謀略情報を仕掛けるようになった。

内閣情報官の首相への定例報告はそれまで週1回程度だったのだが、
ほぼ毎日のように首相と面会。

以後、“首相の特務機関”として暗躍する北村氏のもと、
内調が動いたと見られる政敵のスキャンダルは枚挙にいとまない。

本サイトでも何度も取り上げてきたが、たとえば、

不正献金問題で辞任した西川公也農水相(当時)の疑惑隠し、

保育園対策の不備を追及した民進党・山尾志桜里議員の「ガソリン代計上問題」、

翁長雄志沖縄県知事に対する「反日媚中バッシング」、

SEALDsをはじめとする安保反対デモへの怪情報の数々、

さらに蓮舫民進党代表のいわゆる「二重国籍問題」などなど、

これらの大元はすべて、北村氏の指示で内調や公安に嗅ぎまわさせて

、デマ情報を御用メディアやジャーナリストにリークするなどの

“仕掛け”を行なったと言われている。

また、安倍首相が“JR東日本は革マル派に支配されている”などの左翼陰謀論を

どんどんエスカレートさせ、共謀罪などの監視体制を強化する法整備に動きはじめたのも、

この北村氏の存在が非常に大きいとも言われている。



Mikhail Kurzin、二枚目、

 

「資本家 Capital.」です。 下3分の2は切断、破棄されて ありません。



吉田松陰はトンデモ「南朝復興」派ですよ、

富国強兵、大陸進出、部落解放としての八紘一宇さ、

◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36824694.html
新ベンチャー革命 2017年7月15日 No.1732
安倍信者のネトウヨが信用すべきは前川氏の方である:
 前川氏が安倍氏を許せなかったのは、高杉晋作の率いた奇兵隊精神を
 利用しただけの輩(やから)だったから?



1.執拗に首相の座に居座ろうとする安倍氏は国民を甘くみている

国会の閉会中審査のために衆院予算委員会が開かれ、
安倍氏が野党から加計疑惑で追及されることが決まりました。

今年8月初頭には、内閣改造が予定されているようですが、
安倍氏はまだ辞意を表明していませんので、

小手先の内閣改造で乗り切ろうとしている魂胆が
国民にもマスコミにも透けて見えます。

安倍氏はまだ、国民(こんな人たち)を簡単にだませると思っているようであり、
加計疑惑もマスコミが報道しなくなれば、国民もそのうち忘れるだろうと
タカを括って(くくって)いるようです。

安倍氏の天敵・前川氏(前・文科省事務次官)が、
総理補佐官の和泉氏の名前を出して、和泉氏が文科省に直接、圧力を掛けた
と証言しています。

和泉氏は前川氏に向かって、総理の御意向という
現代版の葵の御紋をちらつかせたと思われます。

上記、予算委員会にて、野党の追及をかわすため、安倍官邸は、
和泉氏が自発的に安倍氏の意向を忖度して、

文科省に葵の御紋をちらつかせて脅したことにして、
すべての責任を和泉氏に押し付ける可能性が大です。


2.和泉氏は森友事件における佐川氏と同様、安倍氏を徹底して守ることで、
  ご褒美の栄転が約束されるのか


非・民主主義者でかつ、時代錯誤の縁故主義者である安倍氏のやらかす人事は
完全に情実人事ですから、和泉氏が罪をかぶって、安倍氏を守れば、

当然、悪名高い佐川氏(国税庁長官に栄転)同様に、和泉氏もいずれ栄転でしょう。

このような情実人事というか信賞必罰人事は過去にもあります、

それは、アメリカ様(=米国戦争屋ジャパンハンドラー)に逆らっていた
中川昭一氏(元・財務大臣)への懲罰的失脚工作に加担した金融庁の幹部が、

そのご褒美に、IMF副専務理事に栄転したことがあります。

この失脚工作には、米国戦争屋CIAのつくった新聞社・読売の記者も
関与していましたが、この女性記者も海外に栄転しています。

ちなみに、直近では、安倍氏夫人の政治活動に秘書的に貢献した谷氏
(経産省からの出向だった)は、そのご褒美に、同じく、海外栄転に輝いています。


3.前川氏を突き動かしたのは長州藩・松下村塾の教えだったのか

ところで、前川氏の個人名は喜平(きへい)ですが、
同氏はかつて『奇兵隊、前へ!』というブログをやっていました。

このブログを読むと、前川氏はおのれの栄達を顧みず、
日本の教育行政のために身を捧げるという美学に溢れています。

このような前川氏の人生観の延長線上に、前川氏の安倍氏への告発が存在している
ことがよくわかります。

そして、その前川氏を尊敬してついていく部下が多くいたことがわかります。

彼らは文科省内で奇兵隊員と呼ばれていました。

前川氏は日本国民のための教育のあり方を本気で考えていたのです。

彼が強く関心を持っていたのは、貧困層の子供の教育だったのです。

出会い系バーの女性とのコンタクトもLGBTの人への思いやりも、その原点は、
貧困層や差別される人々への思いやりにあります。

このような前川氏の真逆に立っているのが、同氏と同年代の安倍氏なのです。

前川氏は、安倍氏のウソが許せないのです、奇兵隊を尊敬する人間として・・・。


4.前川氏は安倍氏のウソが許せなかったのではないか

安倍氏が国民に向かって平気でウソを吐く人間であることは、今や、
全国民に知れ渡っていますが、

奇兵隊を研究してきた前川氏が安倍氏のウソでもっとも許せなかったのは、
安倍氏が奇兵隊隊長であった高杉晋作を尊敬していると標榜してきた点
ではないでしょうか。

奇兵隊の精神を知る前川氏から見て、安倍氏は究極の言行不一致者
にみえたことでしょう。

高杉晋作も草場の陰で安倍氏に苦笑しているでしょう。

いずれにしても、前川氏が奇兵隊精神の正統なる後継的実践者だとすれば、

安倍氏は、旧・米戦争屋CIAに魂を売った

究極の売国奴・岸信介の後継的実践者なのです、

だから日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAジャパンハンドラーは

安倍氏を二度も首相にしているのです。

そのような安倍氏も彼の支援者・日本会議も、本ブログでは、

親米(親・旧米戦争屋)の似非右翼と観ていますが、

奇兵隊をつくった高杉の師・吉田松陰は、真正右翼=愛国主義者です。

前川氏こそ、ホンモノの愛国主義者なのです。

一方、安倍氏を担いでいるネトウヨは、旧・米戦争屋CIAのでっち上げた

統一教会配下の親米似非右翼に踊らされているに過ぎません。

ネトウヨの中の愛国主義者を自認する人は、

安倍氏と前川氏のどちらがホンモノかよく見極めてください。



Mikhail Kurzin、三枚目、



「In Tea houses. 1920」です。



内実は火の車?

◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11468.html#comments
ネットゲリラ  (2017年7月16日)
加計学園のラクチン大学経営


http://my.shadowcity.jp/assets_c/2017/07/
 DEx2MdTV0AEIBIe-thumb-520xauto-3329.jpg


コメント

*noname | 2017年7月16日 | 返信

  これに加えて私学助成金も払われていますね。
  大学の定員がそんなに不足しているとは思えないのになぜでしょう?
  授業料を本来大学運営をするのに必要な額にして、
  学生への助成金にした方がいろいろ判断しやすいですが、
  決してやらないでしょう。

  キックバックされないし、大学への影響力がなくなりますからね。



◆http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11473.html#more
ネットゲリラ  (2017年7月17日)
安倍がまごうことなき主犯


萩生田が加計から月125万円の給料貰っていた、という話が出ているんだが、
本来ならそれだけで逮捕されなきゃならないような露骨な収賄が、
アベシンゾーの周囲には渦巻いている。

「清和会なら強姦しようが収賄しようが逮捕されないのか?」と、
民進党は国会で質問しろw


  ☆http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057291000.
   html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
  NHK 7月13日
  ◎森友学園国有地売却 当時の国の担当者らを弁護士などが告発


自民党の落選議員がFランク大の教授になって食いつないでいる、
というのにおいらが気がついたのは、もう10年も前です。

補助金出す見返りで、ヤメ官僚や落選政治家の失業対策 
ただでさえ少ない日本の文教予算が、そうやって食い散らかされる。
どんだけ税金集めても足りないw


  -----------------------
  倉敷芸術大学 土地無料+補助金80億
  千葉科学大学 土地無料+補助金78億
  今治大学   土地無料+補助金96億

  ひねくれた味方をすると、ここまでやらないと、
  経営が成り立たない訳だ。
  意外と大ピンチかもね。
  ここまで悪評広まると、誘致する自治体はもうないだろうし、
  銀行も追加融資は渋るだろう。生徒も今以上に集まらないだろうし。
  安倍より先に倒れたりして
な。

  -----------------------
  てか、もう自民党そのものが恥だと思う
  こんなのを出して放置するとかありえなさすぎ
  キモ過ぎる
  -----------------------
  自民党が安倍とお仲間を刑務所に放り込むくらいしないと
  もう自民党そのものが終わった方が良いからね
  これほどの恥はないんだわ
  -----------------------
  中出し強姦魔山口はいまどこで何してんの?
  なんでブタ箱入らないの??
  こんなことが許されていいの?
  -----------------------
  受け皿が整う前に解散
  安部からしたら、これしかない
  両方にとってバクチだが 解散、延ばせば、より条件は悪化する

  -----------------------
  2015年4月2日に
  今治市の企画課長と企画課長補佐が首相官邸を訪問し、
  主犯安倍と下村博文文部科学大臣(当時)と
  山中伸一文部科学事務次官(当時)と会って、
  加計学園獣医学部設置に関する国家戦略特区活用での
  出来レースについて共謀しましたよね。

  安倍がまごうことなき主犯で首謀者
  -----------------------


17日なんだが、加計獣医大の入学説明会があるらしいw 
マスコミが殺到する中、はたしてノコノコやって来る受験生はいるのかw


  -----------------------
  税金泥棒 加計孝太郎(本名は「晃太郎」)
  -----------------------
  2016年の休廃業・解散企業、過去最高の 2万9583件 ...
  東京商工リサーチ

  調査結果によると、2016年に休廃業・解散した企業数は2万9583件
  (前年比8.2%増)で、調査を開始した2000年以降の最多記録だった
  2013年の2万9047件を上回り、過去最多を更新した。

  企業倒産は8446件と8年連続で減少するなど沈静化する中で、
  水面下では倒産の3.5倍の企業が休廃業・解散に追い込まれ、
  年間4万件近い企業が市場から撤退している。

  アベノミクスで大企業が過去最高益を更新する中、
  隠れ倒産と言われる休廃業は過去最高を更新した

  -----------------------
  プーチンにすり寄って
  北方四島に最新の対艦ミサイル配備され
  基地は拡張され
  経済特区にして中国企業を参入させようか て言われて

  売国奴じゃないか
  そんなに頭は良くない
  憲政史上最もマヌケでアホな総理だ
  -----------------------


森友は、話が表面化したとたん、潰れた。
小学校だけじゃない、保育園まで潰れたw 加計もそうなるのか? 

何故か、累積赤字が数十億もあるらしいw 
政治家に近づきすぎて、政治家に食い荒らされて、しまいには倒産w 

孝太郎の姉は、政治家との付き合いに反対していたそうだが、
オンナはケチなので、いつ見返りが得られるか判らないなカネは出し渋るw


コメント


*通りすがり | 2017年7月17日 | 返信

  ここでは既に多くの方が指摘されているが
  まだ世間にはあまり知られていない
  国際医療福祉大学医学部の件がトドメを指すんですかね

  普通に考えれば3つ疑惑が出れば他にもあると誰でも思う
  そんな政権支持率調査するまでもなく光速で潰れる
  ただ彼らは今までの政権とは全く違う

  というかこういう時のためにこそ共謀罪や
  他の悪法を無理してでも作って来たんだなあと感じています
  これからはアンコンなんて生ぬるいことはしない

  本気で弾圧という手段に出てくると思う
  追い詰められた狂人達はもうなりふり構ってられないから
  この国でも多くの血が流れるんでしょうかね



鮮人にそこまでの度胸はないよw

日銭稼ぐのに血眼で、すべて引っ担いで逃げる算段で忙しい奴らです。

所詮、根無し草ですよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加