黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

合掌観音菩薩がどうにか彫り上がりました。

2017-11-19 | 仏像彫刻
マニュアル本によると合掌している観音菩薩像はないそうですが、仏師に生徒などから要望があったので制作したそうです。

今回は集中力がなかったのか慣れで雑になったのか、途中で2度ほど彫りすぎ・彫り間違いがあり取りやめようかと思いましたが、修復するのも勉強であり今後の戒めとなるので仕上げました。

用材は檜材で何とか正面から見る分には形になりホッとしましたので次回作の吉祥天を彫り始めました、吉祥天は衆生に福徳を与えるといいます。

本日も良き日でありますように。




『工芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本大通り黄葉散歩(横浜市... | トップ | 懐メロに合うハーモニカを練習中 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すばらしい (ほうしゅん)
2017-11-19 21:17:35
素晴らしいです。
大きさ(寸法)はどのくらいですか?
また、色を塗るとかはしないのですか?
高さ24cmです。 (はぐれ庵)
2017-11-20 09:59:17
ほうしゅんさんコメント有難うございます。
高さは約24cmです。
色を塗るには細かくヤスリを掛けるので彫った後が残らないので、彫の良しあしが解らなくなり技術の向上の妨げにもなるので教本でも解説はしていないのでしょうかと理解しています。
個人的に木の持つ暖かさや木目の美しさなどが感じられない着色はしません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏像彫刻」カテゴリの最新記事