黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

来年は良い年でありますように

2016-12-31 | 日記
高齢者同士で落ち着いて見られるテレビ番組が少ないと話題に上りますが、紅白も最近は知らない歌手ばかりで長時間見る気はしないので、多局の番組や録画した番組をみており、今年も紅白は録画をして後日見たい歌手のみ見ることにしており30分もあれば見終わりますので残り少ない黄昏人生の時間を浪費しないで済みます。

一時期、若者向きと中高年向きの二部構成で放送したことがあったのでぜひ復活してほしいのものです。

午後は不動明王の焔光背を3時間ほど彫って今年の彫り納めとしました。

悪いニュースの方が多いような一年でしたが、来年は皆さんにとって良い年になることをお祈りいたします。
コメント

早いもので今年も明日で終わりですね。

2016-12-30 | 日記
今年は新年早々から胃と食道の具合が良くなく通院投薬で春には回復したと思ったら、足の裏の痛み痺れなどで普通の速さで歩けなくなり通院投薬などで、原因不明の軽いしびれ程度に回復しノルディックウォーキングも週に2度程度はできるようになりました。

義父の死・強欲非道の姻族とのトラブル・従兄の癌での入院他、色々なことがあり、妻との旅行も出来ず、散策もあまりできない・仏像彫刻に専念できないなどでストレスがたまり良い年ではなかったように感じます。

考え方を変えると家族も健康で、私も大きな病気になることもなく、とりあえず通常に生活が送れて、新しいブログを楽しめるようにもなったので良い年だったと思うべきでしょうね。

せめて明日一日は「今生」の意味をかみしめて今を有意義に穏やかに過ごして今年の最期を締めくくりたいものです。

コメント

正月の準備と掃除・見舞と忙しい一日

2016-12-29 | 日記
午前中は正月用品を買いに出かけました、喪中で正月飾りもしないので、2組の娘一家が来宅するための準備でしたのであまり購入するものもありませんでした。

帰宅後は台所の流しの下のパイプや下水などにたまった油脂などを専用のワイヤーで搔きだしました、狭い庭の草取り床のワックスがけは妻が担当しました。

昔は毎年変えていた障子の張替は、昨年に10枚すべて妻と張り替えたので今年は予算の関係でパスしました。

午後は、市の中央に出かけ届け物をしたのちにデパートの甘味処で休憩し、従兄の入院先の病院にお見舞いに行きました、昨日の大腸の手術予定が胃にも軽度の腫瘍が見つかったので両方手術するため来年早々に延期になり、心配が年を越しました。

明日は洗車とワックスがけで今年の大掃除は終わりです、高齢になり体力も気力も落ちているので暖かくなるまで先延ばしも多くなっているので、大掃除ではなく小掃除ですかね。

やらなくてはいけないことが多くて、趣味の不動明王の焔光背の彫りが1週間ほどストップしており、年内完成は不可能になり完成は来月中に変更しましたが、今は「徒然日暮らし」なのでどうなることか。

コメント (2)

二女宅でダックスの爺婆と留守番です。

2016-12-28 | 愛犬
今日は市内に住んでいる長女がバイトなので、暇?な爺に留守番を頼まれ、早起きして下の孫と高齢のダックスフント2匹で留守番です。

玄関を開けると爺婆のダックスが飛んできて嬉しがるので嬉しいのですが、高齢なのでどこか痛めるのではないかと心配になり、とにかく撫ぜて抱いて落ち着かせるとあとはマイペースで動くのでほっときます。

ダックスは15歳と13歳で寒がりですので暖かいところや炬燵(ヒーターは無し)の中にはいっています。

孫とはオセロゲームで楽しんだり、録画した真田太平記などの番組を見て過ごしました。長女帰宅後に駅まで送ってもらい帰宅しました、楽しい1日でした。








コメント

緑茶と長寿の関係

2016-12-27 | 健康
今日は朝から雨の中、昨日娘のところに泊まった妻と駅で待ち合わせて、役所に書類を受領しに出かけました。保育園に振り回されましたが、孫娘は異常もなく元気に遊んでいるそうでほっとしました。嬉しかったのは孫娘が爺爺は何処にいる・来ないのかと言っていたとのことでニッコリ。

図書館から借りてきた高齢者向きの「100歳夫婦力」を読んでいて緑茶の効能の記事がありましたが、緑茶の効用については雑誌やテレビなどでも紹介されていますが、この本にも詳しく説明していたのでメモを取りました。

たくさん飲む人ほど要介護のリスクが減り動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を予防するし、殺菌効果もあり・虫歯・歯周病を防ぎ健康な歯を維持することが出来るとのこと。

肺炎予防・抑うつ状態を予防し癌のリスクを弱くし心理的な苦痛を感じる割合をすくなくし、骨密度の減少を抑え・認知症発生率を低く抑えるなどの効能があるそうです。

1日10杯以上お茶を飲み、「運動」「食生活」「社会参加」することと、「きょういく」は今日行くところがある、「きょうよう」は今日用事があるが高齢者の健康を大きく左右するそうです。

緑茶を毎日10杯以上飲むことは現実的には難しいのですが、少しずつ習慣にして1杯でも余計に飲むように努力したいと思いますが、胃にも影響しそうだし三日坊主なのでどうなることやら。

今年も残すところあと4日、光陰矢の如し。
コメント

二人の孫に夫婦二人が振り回された一日でした。

2016-12-26 | 日記

今朝は遠方の二女から緊急の電話が入りました。「保育園から熱が出て発疹が出ているので迎えに来て医師の診察を受けてほしい」との連絡が勤め先に着いた娘にありましたが、年末で今日はどうしても迎えにいけないので妻に保育園に迎えに行ってほしいとのことなので、急遽JRで出かけていきました。

昼過ぎに妻から連絡があり、医師に見せたところ発疹もないし熱もないので診療できないと返されたとのことです? 保育園には我が家から2時間近くかかるので、人騒がせな保育園、緊急連絡は何だったのか。

そんな中で留守番である私は長女の娘とトランプ・人生ゲーム・オセロ・録画済みの「日本昔話」「トムとジュリー」を見て過ごしました。

2時頃娘が迎えにきたので、お泊りで遊びに来てくれた孫娘が帰りました、かえってホットする一方で寂しくなります、まさに「来て嬉しい帰っても嬉しい」孫娘が帰り、静まりかえっています。

また老夫婦二人だけの寂しい日常が繰り返されます、もっとも妻は今日帰ってこられるのかどうかも不明なので夕食はどうしようかと思案中です。

年内完成予定していた不動明王立像も落ち着いて座って居られない状態です。近隣の従兄の入院手述・隣家の長期入院ほか・2日後は次女宅で日中は留守番・役所の手続きなど各種用事も多いので年内完成は難しくなり、まさに徒然なるままになりそうです。



コメント

父母の墓参りと孫のお泊り

2016-12-25 | 日記
小さな手入れもしない庭の一角に菊の花が咲き競っていました、なまじ手を入れると枯れてしまうので自然に任せておりますが、季節がくれば花を咲かせて楽しませてくれています。
生協に買い出しに出かけたので、通り道にある父母のお墓へ庭の花を持って出かけました。

午後からは小学生3年生の孫がくるので部屋を片付け、さて何をして遊ばせようかと迷います。いつもは大好きなテレビ漫画「トムとジェリー」を見せています、来た時用に録画をしてストックを作っておきますので夢中で見ています。

100均でトランプを買って神経衰弱(2枚同じ数字を集める)で対戦しましたが、記憶力が落ちどこにあったかすぐに分からなくなるので、孫の半分しかとることが出来なく完敗でした、負けるわけないと思っていましたが老いを実感しました。

最近は持参のゲームで遊ぶことも多くなりましたが、ピアノを習っているので今は爺の大正琴を楽譜を見ながら引いています、知らない間にどんどん成長していることに驚かされます。
コメント (2)

イブも通常通り静かに更けていきます。

2016-12-24 | 日記
gooに移転した大きな理由はブログで交流していた人が何人かいることでした。ブロガリの時は毎日訪問していた似顔絵名人の記事をgooに移転して初めて開いた時に「パソコンの具合が悪いのでしばらく休止する」旨の記事があり、以来一月半ほど再開されないので心配しています。

以前にも体調が悪くて入院?されていた方なので、パソコンの具合ではなく体の具合が悪いのではないかと心配しています、元気に復活することを願っています。

旧ブログも来月末で閉鎖になるので、相互訪問しあっていた方が一人でも多く移転してくれたら嬉しいのですが。

クリスマスイブですが、老夫婦二人では通常通りでケーキを買うこともなく静かに更けていきます、以前は市内の長女一家で4人とワンコ2匹と楽しいイブを過ごしていたのですが、娘が年末はアルバイトをしているので呼ばれることもありませんので、テレビでスケートを見ています。

明日は小学生の孫娘がお泊りで爺婆と遊んでくれるので楽しみにしています。
コメント (6)

不動明王の火焔光背を彫り始める

2016-12-23 | 仏像彫刻
コピーした火焔光背を楠材に張り付ける。


糸鋸の刃が通るように穴をあける。




電動糸鋸をセットし切り抜く。





細かい作業や透かし彫りがしやすいように10のパーツに切断し彫刻刀で彫る。



続く。
コメント

寄り添う紅葉に心奪われる。

2016-12-21 | 樹木





本日、散策の途上の木立の陰の切株から一本の枝が上に伸びており、色づいた葉が2枚寄り添って朽ちる前に最後の輝きを放っているように感じ、まるで仲の良い高齢のご夫婦のようで思わず見とれて、頑張れよと思いながらシャッターを切りました。
年と共に夕照や紅葉・落葉を見ると自分と重なり合わせてしまう昨今、年は取りたくないものですね。




コメント