体験工房 夢工房みらい

つるかごづくり、竹細工、わら細工、きのこ、山菜、竹炭、挽物工芸、有機野菜など体験できます。

木の葉のじゅうたんに悩み

2018年11月19日 | 工房案内

 11/19      紅葉が進み どこもかしこも木の葉径である。我が家では東側が栗園で 木の葉が積もって土が見えないほど 葉が敷き詰められています。これを運びだすのが これからのの仕事である。

 昨日は妻が甲府市内や実家の諏訪地方に,白菜,大根,ネギ,ホウレンソウなどをお裾分けで配達しに行ってきてくれた。それでも かなりの量が畑に取り残されている。私はというと 甲州小梅の剪定に頑張ったり,木の葉の運び出しをしていた。

 今日も剪定に頑張るぞ。

コメント

今日から また 剪定

2018年11月18日 | 工房案内

 11/18     昨日は気になっていた庭のモクレンの葉,ハナミズキの葉などや,シュウメイギク,カキツバタ等々を整理しながら,木の葉片付けに半日もつぶれてしまった。

 午後は農場の野菜収穫後の耕うんと,抜き取った大根を洗ったり,干したり,大根の葉の一夜漬けをしたり,のフル回転の終日だった。大根の葉は新鮮であるし 香りもいいし おいしいから ご飯が進む。

 さて,今日は今朝の出荷を終えてから,梅の剪定に取り掛かるが,干し柿の モミほぐしもしなくちゃぁー・・・・・・

 家の西側道路沿いの山茶花の富士山仕立ての二本の樹は 現在はオールピンクに咲き誇って,バラ垣根のように見事な咲きっぷりで通行人を楽しませている。見ごろだよ。

 これに並んで,紅白の南天が実の房をつけて,これも見事な風景で 我が家を引き立たせてくれている。写真を撮るのは今だよ。勿論 私の写真機には保存してあるが・・・・

 

コメント

大根・白菜の収穫をしなきゃー

2018年11月17日 | 工房案内

 11/17      余りにも多く作ってしまった,大根・白菜の処分をしなきゃー・・・・

 大根は二種類で,短くて抜きやすい種類と漬物用の大根で お裾分けで配り歩くのも 面倒で,だったら作らなければいいのに つい 畑が開いているので種をまいてしまった。

 白菜も,収穫時期を変えて作ってしまったが これも100株もあり,始末に苦慮している。暇人が持ちにくれば 差し上げるのに。

 家で漬物にするのは そんなにいらないから 困ったものだ。

 今日は朝から大根を抜いて 自宅用は洗って干す仕事を朝からする。白菜はちょっと待てだ。

コメント

ユズ・柿の剪定

2018年11月16日 | 工房案内

 11/16      ユズは思い切って風通しよく,徒長枝も切る。富有柿・百目柿は徒長枝を重点に大きくならないように枝づくりをしながら切る。

 まだまだ,植木の剪定は終わらないが,暇を見てボツボツしていく。

コメント

最近思う 愛犬の老犬難聴 ?

2018年11月15日 | 工房案内

 11/15       そうだなぁー 一月ぐらい前からか 私が見て,室内小型犬「アイちゃん」が難聴のように感じられる。動物病院には連れてはいかないが 今まではこちらが言っていることが分かって対応していたが 最近は大きな声で「しいしいーだよ」とか,「ごはんだよ」とか,言わないと こっちを見ないことが多くなった。そぉーと 近づいても 気が付かず寝ていて 知らんぷりが多い。

 年は14才で,右眼が緑内障で,左眼がは白内障,心臓病だが 散歩はリードであやつっているが スイスイ 嗅ぎながら前に進むが暗がりは動けない。いよいよ介護だと思いながら,付き合っている。

 人間でいうと,中二の生徒になるくらい自宅で寝起きして暮らしているから家族の一員で,「アイちゃん」がカットに行っている時間は留守なので その時は寂しさがある存在である。

 私は若い人たちが静かにしゃべっているときは 聞こえない難聴でもある。真正面からのしゃべりは良いのだが だんだん犬と同様になるのか心配な年になってきた。

 

 

コメント

もったいない一日

2018年11月14日 | 工房案内

 11/14        昨日仕事ができなかったので 今日は出荷はお休み。その代わり9時30分より来客者が来ることになっているので 午前中はつぶれてしまう。午後は私の歯医者の予約で3時前からお出かけ,明日午前はペタンク競技で,もう もったいない時間つぶしになってしまい残念だ。剪定も,ほうれん草の収穫も先送りになっちまう。 

コメント

ホールインワンがマグレ

2018年11月13日 | 工房案内

 11/13      富士の国シニア山梨  第12回グランド・ゴルフ大会が,今日小瀬スポーツ公園 山梨中銀スタジアムに於いて9時から行われた。

 わが韮崎市チームも 2チーム出場した。ホールインワン30メートル,50メートルと各一回が私の自慢の一つ。優勝こそしなかったが善戦したと思っている。

 今にも,雨が降りそうな天気であったが どうにか持ちこたえた。

コメント

取り敢えずは 柿の剪定

2018年11月12日 | 工房案内

 11/12     まぁー いい天気だから,高いところへ登ることにして 柿の剪定から始めた。過日,キウイフルーツの棚つぶしをしたので その枝を一緒に燃したくて 少し早いが柿から始めたのだ。綺麗にしてから 堀割って 根元へお礼肥をすることにしている。これが済めば,甲州小梅の剪定に入る。

 庭のモクレンも葉が落ち出し黄色のじゅうたんで,風が吹けば見事な落ちっぷりである。梅も柿も全部葉っぱはなくなった。さーて,明日はグランドゴルフの県大会に行ってくる。

コメント

市道側の竹伐り

2018年11月11日 | 工房案内

 12/11       昨日,出荷を終えてから,予定通りの 玉ねぎの追加移殖をした。こんなに作ってもと妻は言ったが 葉物より管理が楽だからと強引の決断。誰にやっても葉物とは違い保存が長期間だから 畑ふさぎに植えておくさ。

 畑を移動して,朝露がとれた梅園で 周囲から入ってきたくず弦の始末。やっときれいになった。そのうちに,梅の剪定を始めなければならない。何せ30本。数日かかるだろうと思っている。枝の雪折れも心配だが 収穫の際,楽のように剪定をしなくちゃぁー・・・。

 今度は 市道沿いにある我が家のヒノキ林に入って,市道よりの竹が 雪折れして通行者に迷惑がかかるので20本ほど伐り 片付けた。隣宅の竹林から侵入してきているので,毎年 これが悩みの一つ。仕事の一部として管理しているが 新竹で根廻り12㎝もあり、長がさ10mもあるから 交通整理員は妻で,監督兼任だ。一応 片付けたから 来る雪折れは心配いらない。竹は不要でもったいな。

 今日は 出荷を終えてから,精米をしたり,農場の水槽の片付けや野菜管理をしたい。白菜も大根も人参もネギもほうれん草も,やることはいっぱいで,農援隊を依頼したいとも思っている。

コメント (1)

落葉集めで染め物でもしてみたら

2018年11月10日 | 工房案内

 11/10      自宅の庭園で集められる落葉で,染め物でもしてみたら こんなに赤く色づいた葉っぱを活用しはと,妻に言ったが 葉はきれいでも「やーだよ」と 断られた。

 私は この時期がお薦めと たたみかけて言ってみたが 独り相撲となってしまった。勿体ない葉を現代用語辞典に挟み込んだ始末。「綿と麻が混ざったシーチングという布が染ムラが目立たずお薦め」と 話しておいた。

 まあー 今日も予定通りの仕事をするつもりである。  

コメント