☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
今年は15周年year★最近はゆる~く更新中。

トランジット

2012年06月29日 | ★★★+2005-2019

【TRANSIT】 2012年劇場未公開 アメリカ 88分
監督:アントニオ・ネグレ
出演:ジェームズ・カヴィーゼル、ジェームズ・フレイン、ディオラ・ベアード、エリザベス・ローム、ライアン・ドノフー、スターリング・ナイト、ハロルド・ペリノー、ジェイク・チェリー

現金輸送車が襲われた。武装した犯人グループは奪った現金を隠すため、あるファミリー・カーに目を付ける。キャンプに向かう途中で突然ターゲットとなってしまった一家四人。実は不動産サギで仮釈放中の男が家族との絆を取り戻したい一心でキャンプに向かっていたのだった...

 

『ダイ・ハード』『マトリックス』シリーズのジョエル・シルバー最新プロデュースのノンストップ・クライム・アクション。TSUTAYA独占レンタル。

強盗犯4人組が検問をくぐり抜けるためにある一家の荷物に奪った現金をかくし、その現金を取り戻すために一家をしつこく追いかけ回すというとっても迷惑なおはなし。

未公開ものだしTSUTAYA独占なので期待はしてませんでしたが、これがなかなか手に汗握るバイオレンスな展開で面白かったです。この強盗犯たち計画性がないから結構自業自得な展開へ。
検問突破してから取り返そうと思ったらこれが簡単には取り返せないのだ。

不幸にもターゲットにされた一家の父親は不動産詐欺で1年ちょい服役してたこともあって、今回の家族旅行は絆を深めるはずでした。そこに現金たっぷり入ったバッグが車の荷物の中にあったら....奥さんだって疑ってしまうもの。家族の絆を深めるどころか気持ちがバラバラになってしまうという設定からややこしい展開になっちゃった。

父親は服役してたとはいえ詐欺だし、母親も息子たちも普通の人たち。必死で強盗犯から逃げるんだけど、切羽つまるととんでもない力が発揮されちゃうんですね。後半は母親は息子たちを守るために強盗犯に銃で反撃するし、父親も一般人でありながら強盗犯たちと死闘を繰り返す。上の息子もやつらに駆け引きを仕掛ける...なんという一家だ(笑)。

父親役のジェームズ・カヴィーゼルがなかなかのイケメンさん。『デジャヴ』や『unknown アンノウン』にも出てた人なのね。あの『パッション』でキリストを演じた人だったのを思い出した。目が素敵です。

テンポも良いしカーチェイスや軽いバイオレンス好きにはちょっとおすすめ。

★★★.8

 

トランジット [DVD]
ジム・カヴィーゼル,ジェームズ・フレイン,ディオラ・ベアード
ポニーキャニオン

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« スウィッチ | トップ | ラム・ダイアリー »

コメントを投稿

★★★+2005-2019」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

トランジット (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
史上最強のタッグが放つノンストップ・アクション。手に汗を握るクライムアクション・スリラーがTSUTAYA限定でレンタル開始。2011年、アメリカ。監督はアントニオ・ネ ...
映画 トランジット (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     検問から逃げ回っているだけで、かなり地味な印象を   持った映画でした。   息子の言動や行動が時々、イラットさせられますが   恐らく低予算で作成された映画の割に...