☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハーな感想とたまにお出かけ日記♪
15周年(2020年9月)を迎えました★最近はゆる~く更新中!

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

2021年10月01日 | ★★★++

【NO TIME TO DIE】
2021/10/01公開 イギリス 164分
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
出演:ダニエル・クレイグ、ラミ・マレック、レア・セドゥ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、クリストフ・ヴァルツ、ロリー・キニア、アナ・デ・アルマス

STORY:ボンドは現役を退き、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。しかし、それは長くは続かない。ある日、旧友でもあり、CIAエージェントのフェリックス・ライターは、誘拐された科学者を救い出してほしいとボンドのもとを訪ねる... (TOHOシネマズより)


007シリーズ第25作、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる5作目にして最後のダニエル版ボンド。再びスパイとして過酷な戦いの最前線に復帰したジェームズ・ボンドが、最新技術を備えた最凶の敵と繰り広げる壮絶な死闘の行方を描く。監督は『ジェーン・エア』、脚本では『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のキャリー・ジョージ・フクナガ。

待ちに待ったダニエル・ボンド。2020年4月に公開予定から11月に延期、さらに2021年4月に再度延期、またまた10月に延期となり3度目の延期を経ての公開...長かった。それまでは劇場公開ではなく配信という話も出ていたけれど無事に劇場公開。ということで初日の初回、字幕で鑑賞★

待ちに待った007シリーズの公開。2020年4月に公開予定から11月に延期、さらに2021年4月に再度延期、またまた10月に延期となり3度目の延期を経ての公開となり長かった。それまでは劇場公開ではなく配信という話も出ていたけれど無事に劇場公開ということで初日の初回、字幕で鑑賞★

007シリーズは単体で観ても楽しめるけれど、特にダニエル・ボンドシリーズは1作目の『カジノ・ロワイヤル』から物語がつながっているので過去4作を観ておくと背景やキャラの関係性がわかりやすく楽しめると思う。

今作も手に汗るアクションで期待通りの見ごたえあり。164分という長さも感じさせない。前半は緊迫感、緊張感があって良かったけれど、後半はやや薄れてしまったように感じた。ブロフェルドは同じ役者は演じてこなかったけれど、ずっと監禁されていたので整形はできなかったか_笑。

シリアスな展開の中でちょこちょことコメディ要素もありクスッとできるのが良い。ボンドとマネーペニーがQの自宅におじゃましてQを困らせるシーンが好き。Qが毛のない猫を飼っているのが彼らしくていい。あとパーティ会場に乗り込みボンドと行動を共にするパロマが良かったな。スペクターだけが...というくだりは笑えた。新たに女性の00エージェントが登場して007を名乗っていたけれど~彼女の印象は悪くない。

ブロフェルド以上の強い敵が現る?...でラミ・マレックを楽しみにしていたが、ミステリアスな雰囲気は良かったけど、これまでの悪役からするとインパクトが弱かった。もっとボンドと死闘を繰り返すのかと思ってたので物足りなさがある。思ってたよりも出番が少なかった。ラミ演じるサフィンのいる所には枯山水っぽいものや畳の部屋もあったりと日本っぽいところもあったのは嬉しい。まさかのボンドの土下座が見られるとは💦

とはいえ、最後まで飽きさせずに観られる。でもなんとなく賛否両論ありそうな感じ。個人的には絶賛とまではいかないけれど楽しめたほう。

ダニエルがボンドを卒業ということでどう締めくくるのかと思っていたら、まさかの展開に驚いた。今まで何人も卒業してきたけれど異色の展開。個人的には前作『スペクター』で終わっても良かったんじゃないかなとも思ったけれど、ダニエルの復活を期待させないという点ではアリなのかも。

ダニエル・ボンド最後の作品としては有終の美を飾ったと思う。

ダニエル・クレイグ...15年間、本当にお疲れ様でした!!


007/カジノ・ロワイヤル
007/カジノ・ロワイヤル 「DVD」←改めて観て印象が変わった編
007 慰めの報酬
007 スカイフォール
007 スペクター


ここからネタバレ!!

 

結末がボンドの死とくるとは思わなかったので驚いた。やはりマドレーヌとの間に娘もできて、さすがに3人仲良く暮らしましたはだめなのね。前にボンドの妻が殺されたので、てっきりマドレーヌと娘は...と思ってた💦 しかし、その後もシリーズが続くのだから殺しちゃだめだろーと思ったのは私だけ? そしてボンドの旧友フェリックスが死んだのも悲しい_泣。

撮影時は新型コロナウイルスの存在はなかったから今回の感染もので先取りしてる感。クライマックスでボンドが感染して、しかも相手に触れたらその相手は死んでしまうという....愛する人に触れられないのはなんて絶望的、切ない...。あの時の表情は印象に残る。

後半では日本という台詞がよく出てきたけど、あの島を破壊するためにミサイル飛ばして....あの時間帯はきっとニュース速報でたよね💦

ラスト、マドレーヌがボンドの名前、フルネームを言う所はなんか複雑。あれは本人だけが名乗ってほしかったので。まぁいろいろ思う所はあるけれど、ひとまず区切りがついたことでさびしさがある...。

鑑賞日:2021/10/01

私の愛したジェームズ・ボンドたち ※1作目から20作目までの感想一覧


コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021年夏ドラマについて | トップ | 「護られなかった者たちへ」 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (にゃむばなな)
2021-10-02 23:40:06
あの毒草島でのラストを見て『ザ・ロック』を思い浮かべてしまったので、ショーン・コネリー演じるメイソンが死んだことになったからこそ、どうしてもこの映画でもジェームズ・ボンドが死んだとは思えないんですよね。
まぁボンドには死んでほしくないという願いの裏返しではあると思うのですが。
Unknown (エクスカリバー)
2021-10-03 08:16:34
Qが自宅で誰かを待っているシーン、吹替だとハッキリ「彼」と言ってるんですけど、字幕ではどうでしたか?
最近はLGBTに配慮というより、必要以上に強調する傾向が出て来て辟易してきてるんですけどね。
Unknown (ふじき78)
2021-10-14 01:09:58
まさかまさかの007でした。
単純に求めるべきものを作ってほしいのだけど。
こうなったら (ボー)
2021-10-16 11:25:38
アナ・デ・アルマスさんが007だ!
にゃむばななさんへ (yukarin)
2021-10-27 14:23:20
なるほど~ボンドつながり?
最初はショックでしたが時間がたつと死んではいないかもしれないと思うようになりました。映画なのでどうとでもできますしね、それに確実に死を見たわけでもないですしね。
それにしてもこれまでにない意外なラストでした。
エクスカリバーさんへ (yukarin)
2021-10-27 15:12:32
記憶が定かではないですが“彼”ではなかったような...“客”??
なんとなく“彼”のイメージを考えてました。
す、すみません💦
ふじき78さんへ (yukarin)
2021-10-27 15:13:39
まさかまさかでしたよね。
ファンが思っているのとは違う方向で驚きました💦
ボーさんへ (yukarin)
2021-10-27 15:17:06
彼女、知名度がぐっと上がりましたね。
出番が少なかったけれど印象に残る女優さんでした。
また何かで登場してほしいですね。
女性版007な映画で主演してほしいです~

コメントを投稿

★★★++」カテゴリの最新記事