旅好きおやじ

京都を中心にした旅好きおやじの気まぐれ日記です。

食欲の秋 2

2019年09月13日 | つれづれ
             大洲から季節の便り



             台風通過後甚大な被害を受けた千葉県の方、不自由な生活が続いているようです。
             一日も早い復旧が待たれます。電気もない水もない・・・考えられません。

             9月になりましたがまだまだ暑さが収まりません。しかし
             今年も友人から季節の先取りが届きました。立派な栗です。早くもこんなになってるんですね。
             いかにも美味しそうです。早速いただきました。やはり美味しかったです。


         



         


        
コメント (2)

食欲の秋 1

2019年09月11日 | つれづれ
                    そば米ランチ


          9月に入りましたが厳しい暑さが続いています。
          久しぶりに山下邸ランチに行ってきました。主婦が趣味で始めたランチ。もう9年になるそうです。 
          メニューにはこだわり一度も変化はありません。口コミで予約の取れない人気のランチ処になっています。

          部屋に入ると薄っすらとしたお座敷にお香がたかれいい匂いで迎えてくれます。趣味のキルトが処狭しと・・・
          手作りの作品は一つ一つ細やかな愛情を感じる品々です。二つの香炉から漂っている香の匂い・・・が
          この癒しの空間を求めて一日一組だけのお客が懐かしいそば米ランチをいただきます。
        


         



         



         



         



         



         



         
コメント (2)

芸術の秋

2019年09月09日 | つれづれ
     
                   卒寿を記念に洋画展


             91歳を迎えた現役美容師の田坂優さんが卒寿を記念に個展を開きました。
             初めて絵に接したのが美容師の研修の為滞在したイタリア、イギリスで目にした素晴らしい絵画に感動した事です。
             
             多忙な仕事の中絵と向き合い市展・県展に度々入選しています。
             75歳から85歳の時に舞子シリーズを手掛け仕事の合間に京都に足を運びデッサン、色合わせをしたそうです。
              (最終日ご本人とお話することができました。)今でも週1回は美容室に立つそうです。まだまだお元気です。


            


            


            



            


            


            


            


            
コメント

今治の街は「スイング・スイング・スイング」

2019年08月31日 | つれづれ
          

                IMABARI JAZZ TOWN 2019

             今年も今治の港町は熱くなりました。24日のタウンステージは市内4カ所で歌と演奏に酔いしれたようです。
             25日はメインステージで猪俣 猛 ジャズテット・栗田敬子トリオ with 豊田チカ
             向井滋春クインテットの何時ものメンバーに・特別ゲストの阿川泰子 そして
             今治出身の若手サックス奏者瀬野冴香の5人組のグループ「SAX CATS」の熱い演奏で会場は盛り上がりました。

             8月も今日で終わり、不純な天候続きで九州には甚大な被害をもたらし今年の夏も終わろうとしています。


         


         



         


          第55番札所 別宮山光明寺金剛院南光坊 

          久しぶりの参拝です。納経所に朱印をしながらいろいろとお話をする人気のお寺さんがいます。
          テレビでも紹介されましたが皆さん癒されているようです。
          今日は生憎不在でした。

         




         


         

          寂しい今治の商店街です。日曜日昼時のアーケード街・・・シャッター街でした。
          ランチしましたが営業しているところが見当たりません・・・
          
          「Cafe Warm」 ・・魚夢
          
          ブラジル人のご主人と地元の奥さんが実家の魚屋の倉庫をセルフリノベーションし実家の魚屋さんから仕入れた
          新鮮な魚介を使った人気の「気まぐれランチ」をいただきました。
          ブラジルで購入したハンモックに揺られながらのんびり食事している方もいました。
          紅茶好きの店主が集めた世界の紅茶が楽しめるようで珍しい紅茶もあるそうです。
          三年前にオープンしたそうです。

         


         


         


         

           寂しいシャッター街です。昔は賑やかでしたが橋が開通し船の出入りが無くなり人の姿も少なくなりました。



         
コメント (4)

マリンパーク新居浜

2019年08月29日 | つれづれ
       

        
     
   
                     やしの木ビーチ


              お盆明けの静かなやしの木ビーチです。
              2018年7月1日 国土交通省港湾局長より「みなと オアシス」として認定されました。
              多目的広場・イベント広場・キャンプ場・BBQサイトは夏休みは賑わったようですが
              お盆からの天候不順で夏の行事も終わったようです。

              26,27日に特定外来生物で有毒の「セアカゴケグモ」が確認されました。
              雌66匹と発見個体数としては県内最多とか。
              セアカゴケグモはオーストラリア原産で越冬するとの事。
              マリンパークでは27日からクモが見つかった駐車場を使用禁止にしました。
              その他の施設は使用できます。


        


        


        


                駐車場からのマリーナです。


        

               やしの木ビーチは静かな光景でした。


        


        

              人気のランチはこの日も多くの方が楽しんでいました。


        


        
コメント (2)

夏の奄美大島クルーズ

2019年08月15日 | クルーズ
          松山発着2泊3日 夏の奄美大島クルーズ



               5月と6月にダイヤモンドプリンセスが松山港に寄港、大きな豪華な船体に松山市民は驚きました。
               多くの乗客が松山城、しまなみ海道、内子の街並みなど観光を楽しみ
               結構な経済効果もあったようです。松山市も客船誘致に本腰を入れる方向の様です。
             
               7月17日松山港発着で「ぱしふぃっくびいなす」が奄美大島へ出航しました。
               金婚式を記念して友人二人と乗船しました。台風が沖縄方面から迫っていたので   
               結構揺れ、岸壁での歓迎イベントなどが中止になりました。



            


            

            
             松山城マスコット よしあきクンやみきゃん、そしてちびっ子に見送られての「セイルアウェイ 松山」 でした。

             部屋に入ると金婚式の心あたたまるお祝いメッセージをそえてのお出迎えです。

             
             
              講演 「世界自然遺産登録候補地 奄美の自然」~奄美の生き物たちからのメッセージ~
              講師:浜田 太 (写真家・アマミノクロウサギ生態研究家)

              船内では「写真パネル展」が行われていました。

              

            

              



            

              7階プロムナードでは アコーステックトリオの演奏が・・・
              昨年からメンバーが病気などで交代し寂しくなりました。 

            

            
              夕食後7階プロムナードデッキで「ふれんどしっぷナイト」が行われ船長、機関長などスタッフとの交流がありました。    
              セントトロペスバンドの演奏に合わせダンスされる方も・・・

            


            

               7月18日予定痛り09:00奄美大島名瀬港に入港です。
               台風の余波で歓迎セレモニーは岸壁でなくメインラウンジで。
        
               私たちは観光タクシーで半日観光に出かけました。岸壁では早速レッカー車が来て窓の清掃作業をしています。


            


            

               大島紬村では  伝統の大島紬の工程を見学しました。泥田でTシャツを染めたり、ベテランの織り子さんの作業や
               大島紬の展示を見て値段の高い(高価)なことがうなずけます。


            


            

               西郷南洲謫居(たっきょ)跡
               緑に囲まれひっそりとした感じの佇まい、西郷隆盛が奄美に島流しになった時愛加那と住んだ処。
               入口に「龍」と書いた表札がある白い門を入ると勝海舟が送った石碑などもあります。
               愛加那の本名は”龍 愛子”
               狭い二部屋ですが建物は龍家の所有物で一族の方が維持・保存され
               家主の龍さんが奄美での西郷さんの生活の様子など丁寧な説明がありました。             


            


            

               歓送セレモニーは生憎のお天気の為5階 エントランスホールで賑やかに行われました。


            

               びいなすナツメロ歌声広場  川本クルーズディレクターの名物コーナーでみんなで口ずさんだ歌を大声で・・・


            

               ダンス教室も多くの方が・・・


            

               5階 エントランスでは 松山出身のお二人 光永佳代&池田慈の フルート&ピアノ演奏が流れています。


            

               1000パーツと2000パーツ やってみるとなかなかのものです。


            


            

               ダンス教室の成果は・・・皆さん達者な方ばかり、最後の夜を楽しんでいます。


            

               ビンゴゲーム 今回もゲットしました。これで3回連続です。


            

               今クルーズの昼食と夕食です。美味しくいただきました。

            


            


            

            


            
    
                19日夕方 17:30予定通り松山入港 短い二泊三日のクルーズは終わりました。

                 今回気が付いた事。
                 診療室が有料化。今年7月5日からとの事。早速いきましたが・・・。
                 自由にもらっていた「酔い止めの薬」は売店で購入しなければ。厚生省の指導が入り4月からとの事。
                 操舵室(ブリッジ)見学  写真撮影禁止。以前の様な親しみのある風景がなかったように感じました。

                 松山港からは 10月にも「にっぽん丸」が奄美大島に向かって出航します。

            
コメント (6)

AKAGANE JAZZ FESTIVAL 2019

2019年07月30日 | つれづれ
                          

                            あかがねジャズ フェスティバル

                 四国で活躍しているジャズミュージシャンたちによるジャズの演奏を楽しみました。
                 梅雨明けとともに連日30度を超す暑さが続いています。
                 冷房をカチカチに効かした会場で熱いサウンドを聞きながらドリンク片手にリズムをとっています。




          


          

           ▲FJQ

            新居浜・西条メンバーが中心、Quintetならではの迫力やアンサンブルを生かしホットなジャズナンバーを演奏・・・
            軽快なリズムと迫力あるサウンドです。


       
           

           Musica Pazzo(音楽バカ)

            東予地区を拠点に活動するG&Voデュオ
            Jazz、R&B、Rock何でもありのMusica Pazzo。
   


          

            ▲トラトリオ ± O

            ギターを中心に演奏する三人のグループ。
            ギター宮崎政和は新居浜出身でシンプルな演奏を楽しめました。



          

             ▲ Startups Quintet

              新居浜在住のベース奏者阿部智彦があかがねジャズフェスの為だけに結成したグループ。
              二管クインテットアンサンブルが素晴らしい・・暑さを吹っ飛ばします。



          


          

             ▲ 青野和範トリオ

             2009年今治在住の青野を中心に結成、三人の個性がぶつかるアンサンブルが好評で愛媛を中心に活動。
             今回はセロニアス・モンクの作品を中心に演奏。



          


          


          


          
            
 

            連日の猛暑で外に出ただけで汗が吹き出します。
            遅い梅雨が明けいよいよ夏本番。北海道からもクーラーが欲しいとメールが届きました。

            ジャズフェスを応援している三つのショップ、フードとドリンクを提供していましたがこれが強制です。
            昨年と違い300円、500円のチケットを買わないと入場できなくなりました。ちょっと違和感を感じました・・・ね。





           
コメント (4)

納涼花火大会

2019年07月28日 | つれづれ
                      第62回にいはま納涼花火大会




                     工都に輝く大輪の花

                24日 遅い梅雨明けとともに蝉の声が聞こえるようになりました。
                連日30度を超す暑さの中26日河川敷で豪快に8,000発の花火を打ち上げました。
                
                多くの観客を沸かせ暑さを吹っ飛ばすひと時でした。
                今年は風がなく打ち上げの後白い雲がどよみいい条件で無かったようです。
                コンデジで撮りましたがダメでしたねぇ~。花火はめんどいです。毎年思い知らされています。



           


           


           


           


           


           


           


           


           


コメント (2)

石村嘉成展 

2019年07月14日 | つれづれ
             
      石村嘉成展 「生き物たちも一生懸命」


新居浜市在住の版画家 石村嘉成(いしむら よしなり)氏の展覧会です。

高校生の時、自閉症による発達障害と向き合う中で版画制作を始め
2013年フランスで行われた「第2回新エコール・ド・パリ浮世・絵展(パリ展)」
で最年少(19歳)にて入選、優秀賞を受賞しました。


前回の展示会は2014年9月新居浜市郷土美術館で開催、多くの人に感動を与えました。
以前と比べると色彩豊かで表情豊かな生き物の絵は
優しさと力強さのエネルギーがすごいです。

日本各地で展示会を開催し多くの方の共感と感動を与えているようです。
益々のエネルギッシュな創作活動で表現の幅を広げる事でしょう。





           



           



           



           



           



           



            


会場では石村氏の制作の姿やサイン会で握手をする人の列ができています。

          
 



           



           



           



           



           
コメント (4)

クルーズセミナー

2019年07月05日 | つれづれ
                第2回 クルーズセミナー in 新居浜


          新居浜にも客船の誘致を・・・!

          松山港に豪華客船「ダイヤモンド プリンセス」が5月と6月に入港し街に活気が出て経済効果があり
          さらなる客船の誘致に力を注ぐと報道がありました。
          7月に「ぱしふぃっくびいなす」、10月には「にっぽん丸」が松山港発着で「奄美大島クルーズ」が予定されています。

          今、ブームになりつつある新しい旅のスタイルがクルーズとなり、その魅力を楽しく伝えるセミナーが開催されました。
          昨年に続いての開催ですが、今回は船旅の魅力を伝えるだけなく、行政が客船の誘致に関心をもっていることです。



       


           旅行会社、客船の運行会社、ツアーの企画会社の方がスライドを使って魅力たっぷりの船旅の案内がありました。
           22万トンを超す街が動いているような大型の豪華客船や、3万トン前後のコンパクトな客船の魅力など・・・。
          



       

     
         パネルディスカッションでは、国土交通省や市長も参加し新居浜に客船をどのようにして誘致するか・・・。
         高松港、広島港、松山港に挟まれての地理的なハンデがあるなかで何を目玉にして誘致するか議論されました。
         


         新居浜には産業遺産の“東洋のマチュピチュ 「東平」” や四坂島があり、なんといっても太鼓祭りがあります。これを目玉に・・・
         本気度はわかりませんが県会議員、市会議員、行政の方の参加が目立ちましたが課題が沢山ありそうです。

         これからの動きが楽しみです。

          



       

             新居浜港には 2011年「ふじ丸」が入港しただけです。
             そして昨年お祭りに「ガンツー」がやってきました。豪華客船には間違いありませんが・・・。



       



       



       



       

           2015年「ぱしふぃっくびいなす」が今治港に寄港し、OPで太鼓祭りを見学にきました。
           バス数台でやってきて一宮の杜へ。大変好評だったようです。



       
コメント (4)