陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

goo × 鋼の錬金術師

2011-06-16 | 感想・二次創作──鋼の錬金術師
gooブログのトップページの模様替えに最近いろんなヴァージョンが増えていますが、なんと「鋼の錬金術師」がお目見えしました。詳しくはこちらへ

配布されているのは、”エルリック兄弟版”と”ロイ・リザ版”の二種類です。
gooメール画面とも連動しているので、メールの確認のたびになんだか睨まれている気分。

しかし、嬉しいことは嬉しいのですけど、この絵柄、原作者の作風に準じたアニメ第二期とは異なるんですよね。映画版「嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」(公式サイトはこちら)とのタイアップ企画なのでしょうが、新キャラが「ルパン三世」とか、平成リメイクの手塚アニメに出てきそうなデザインなんですけど。荒川先生がデザインなさったそうですが、アニメでみると別ものに見えるような。鎧のアルフォンス細すぎ(爆)

しかも残念ながら、主要キャラは、エド、アル、ウィンリィ、マスタング大佐、ホークアイ中尉、アームストロング少佐以外出てこないようです。しかも、本シリーズのどこかのサイドストーリー扱い。ホムンクルスとかリンとかランファン好きには少々つれない設定。PV拝見しましたけど、これはどうなんでしょうね…脚本が「ホワイトアウト」「アマルフィ 女神の報酬 」の原作の真保裕一氏なのですが、それなら彼オリジナルアニメーションにしたほうがよかったとも思うのだけれど。もともと氏はアニメの演出家だったんですね(驚)

TVアニメ終了後、情報源から遠ざかっていたので今はじめて知りましたが、今年の7月2日にも公開されるんですね。しかも劇場への観客だけが先着で頂けるプレミア特典の書き下ろしコミックまであるとか。

それはともかくgooトップページをハガレン仕様にすると、「国家錬金術師二つ名診断」というコーナーがありまして、ここからプレゼントキャンペーンに応募できます。

ちなみに管理人は「ケミカルウォッシュの錬金術師」でした。
「ケミカルウォッシュ」なるものを検索してみたら、ひと昔まえのジーンズばっかり出てきたのですが…(謎)




この記事についてブログを書く
« 日本映画「血と骨」 | TOP | ☆お父さんのための映画 その3☆ »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 感想・二次創作──鋼の錬金術師

Similar Entries