陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

最近の漫画雑誌について思ったことなどを

2021-04-18 | 教育・学術・読書・子ども
表紙の絵で目立たせたいのはわかりますが、雑誌タイトルがわかりづらいのは困ります。表紙にされた作品を知らない人には探しにくいです。絵と文字のバランスを考えてほしいです。 . . . Read more

図書館の本はあなたを支える誰かのためのもの

2021-02-04 | 教育・学術・読書・子ども
不景気風が忍び寄っているせいか、図書館所蔵本の盗難や紛失が増えているそうです。本好きの皆さん、あなたが手元に欲しい本は誰かも読みたいものです。本の盗難は窃盗罪にあたります。 . . . Read more

大学入学共通テストの前にもテストを

2021-01-18 | 教育・学術・読書・子ども
鼻だしマスクで妨害工作を行った一件について。真摯に努力を尽くしてきた受験生が報われるためにも、受験資格を満たす精神状態かどうかの前試験が必要ではないのか。 . . . Read more

哲学者の言葉は人生の道しるべに

2021-01-16 | 教育・学術・読書・子ども
お気に入り哲学者の名を聞けば、そのひとの大切にしているものがわかる。最近は初心者にもとても読みやすいビギナー本が増えて、親しみやすくなっています。(不備を修正しています) . . . Read more

新聞をほどほどに楽しく読むには

2020-12-17 | 教育・学術・読書・子ども
新聞はオンライン版でもたしかに読めますが、やはり実際の紙面とは奥行きが違うと感じます。一週間に一度は新聞に浸る時間をつくるために、あえて新聞を買う習慣は残してみました。キレイに読まなくてもいいのが、紙の新聞の最大のメリットではないでしょうか。 . . . Read more

新聞代を節約する方法を考えてみよう

2020-12-10 | 教育・学術・読書・子ども
固定費として大きなウエイトを占める割には情報の質としてはイマイチさを感じはじめた某新聞紙。他紙への変更、購読中止、ほかのニュースに代替。私は新聞自体をやめて、ビジネス誌の定期購読を検討中です。 . . . Read more

新聞は私の生活には必要とは思うけれど

2020-12-03 | 教育・学術・読書・子ども
新聞離れが進み、大手新聞社の購読者数が大幅に減少しているようです。スマホで簡単にニュースが見られることもありますが、内容がおもしろくないという声がその主因ではないでしょうか。ネットだと情報が主観的で偏るので新聞の存続を望むが、個々人の事情によって柔軟な料金設定があればいいのでは。 . . . Read more

日本の大学の高すぎる学費、低すぎる学位

2020-11-26 | 教育・学術・読書・子ども
大卒以上、高度なIT能力など若い世代に高い能力を求めすぎる癖に、家庭任せの教育費の負担はバカ高い日本の教育。しかし、奨学金を豊富に用意したからといって、人材が育つとも限らない。 . . . Read more

読書好きとしては、大阪都構想には反対票を投じざるをえない

2020-11-06 | 教育・学術・読書・子ども
二重行政解消なのは財政上確かによいことでしょうが、合併で図書館が消えるのは困ります。売れない本がある、買えない本が読める、貧しくても知に触れる機会を奪うのは愚策です。若い世代に反対が多いのは、これから受けられるはずの公的支援を奪われるからです。 . . . Read more

意識高い本を読んでも、読んだふりだけの人にはならない

2020-10-22 | 教育・学術・読書・子ども
自己啓発本や名うての経営者の本ばかり読んで自分が仕事ができるつもりになっている人のほとんどは、仕事ができていない。文字を追って賢こぶる時間があるくらいなら、目の前の業務をどうしたら効率よく進めるかを考えよう。 . . . Read more

書評『かがみの孤城』

2020-09-09 | 教育・学術・読書・子ども
鏡の向こうにあったのは、不登校児ばかり集められた夢のお城でした──。長い人生、時には失敗したっていい。学校に行けなかった過去の自分にぜひとも読ませてあげたい夢の小説。直木賞作家の辻村深月による、2018年の本屋大賞受賞作。 . . . Read more

図書館はどんなときも自分が自分であるために、人生に必要な場所

2020-06-03 | 教育・学術・読書・子ども
新型コロナウイルス騒動でしばらく閉館中だった図書館がやっとオープン。場所を移して気分転換、物語の中を歩いて気分高揚、二重に楽しめるのがいいのです。ひさびさに本を借り入れして、こころ蘇った…というお話でした。 . . . Read more

オンライン学習で板書ノートの授業が終わる?!

2020-05-30 | 教育・学術・読書・子ども
時間割があって、教室移動があって、席替えがあって。行事や窓から見える景色や、迷い犬騒動、部活、放課後のお喋りとか。そういう学習ではない、無駄な学校の時間って、けっこう与えてくれるものはあったはずなんですよね。それを取っ払って、機械的な目的達成のためだけのオンラインで区切られた時間のみで、達成感を計ってもよいものかと。 . . . Read more

発売日が楽しみな本は生き甲斐だった

2020-05-05 | 教育・学術・読書・子ども
刊行日が楽しみでたまらない漫画や小説、雑誌などから遠ざかってしまうと、読書家はたちまち腑抜けになります。人生の残り年数を考えると、読める本は限られてしまい、少ない良書だけをじっくり愛した方がいいのでないかと考えてしまうのです。 . . . Read more

内こもりが推奨される今こそ、教科書を読もう

2020-04-10 | 教育・学術・読書・子ども
新型コロナウイルス騒動で教育機関の休校や図書館閉館が相次ぎ、オンライン授業導入のための各家庭へのPC配布も検討されています。しかし、敢えてこんな時代だからこそ、基本に立ち返って、教科書をじっくり読んでみてはいかかでしょうか。 . . . Read more