陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

平成アニソン大賞

2019-03-21 | 芸術・文化・趣味・歴史
平成31年間のアニソン総決算! 栄えあるアニメソング大賞には、無償の愛を歌いあげたあの亡き女性シンガーソングライターの名曲が!! おめでとうございます。 . . . Read more

目を覚ませ、ぼくらの二次創作はジャンルビッチに侵略されてるぞ?

2019-03-15 | 芸術・文化・趣味・歴史
けじめをつけてから移動するべきか、つねに同時並行で複数ジャンルを掛け持ちするべきか、それとも特定作品にこだわりつづけてしまうべきか。二次創作として、自分の妄想の胃袋に溶かし込んで愛するよりも、なお善意ある作品理解とはどうであるべきなのか──をふと考えてみたくもあります。 . . . Read more

年季の入り過ぎた二次創作者は、ジャンルゴジラの夢を見ない

2019-02-17 | 芸術・文化・趣味・歴史
特定ジャンルに腰を据えたはいいが、長年ジャンルに固執している古株二次創作者は、それはそれはもう面倒くさい存在になります。二次創作沼にはまると、やがて君も、あなたも、誰もがたどる愚かしい道です。 . . . Read more

スクリーントーンの使い道

2019-01-12 | 芸術・文化・趣味・歴史
断捨離をしていたら、むかし、柄にもなく熱中しすぎた趣味の残骸が出てきて、困惑することがありませんか。 . . . Read more

どうしたって二次創作者はジャンルイナゴになりやすい

2018-12-30 | 芸術・文化・趣味・歴史
旬の作品に触れることで創作の幅をひろげ、ファンのつながりを多くすることはできる反面、「わたしたち」の好きなカップルという定型化によって、作品の味わい方を固定してしまう恐れがないわけではない。 . . . Read more

あさぎり夕先生の漫画

2018-11-03 | 芸術・文化・趣味・歴史
絵も描ければ、小説も手掛ける。胸キュン少女漫画から、セクシーギャルの少年漫画、そして大胆なボーイズラブまで幅広く活躍した漫画家。惜しい人材をなくしました。ご冥福をお祈りいたします。 . . . Read more

ギャンブル落ちするアニメ、是非は問えるのか

2018-10-24 | 芸術・文化・趣味・歴史
30分アニメ一本の製作費はかなり高額! 制作費用回収のため、もしくは次作への資金準備のために、アニメがパチンコ・パチスロ機に版権を売るのは致し方ないのか。 . . . Read more

銅像のジェンダー・パリティー

2018-10-12 | 芸術・文化・趣味・歴史
銅像を男女同数にすれば、女性の権利保護が得られる…? 数の帳尻を合わせれば、被害者を増やせば、差別が解消するという考えには、少数派の意見はないがしろにしていいという危険性がひそんではいないだろうか…。 . . . Read more

二次創作者はジャンルの切れ目が御縁の切れ目になるの?

2018-09-30 | 芸術・文化・趣味・歴史
蝶は花の蜜を吸うが、花は傷めない。次から次へと、メジャータイトルに大量移動する、節操無しの二次創作者は鼻つまみ者? それとも、ある作品のおいしさを他の皆さんへと届けてひろげてくれるメッセンジャー? . . . Read more

芸術家は短気で勘気、しかしその狂気が傑作を生むこともある

2018-09-20 | 芸術・文化・趣味・歴史
兵庫県西脇市で開催予定の横尾忠則個展が延期に。30分遅刻した美術館職員の手際が悪いのか、それとも、他責的で創作意欲をなくして契約不履行を行った画家が悪いのか。一つ言えるのは、延期を知らせるのに、美術館をも画家をも、双方の品格と信頼性を損なう理由をわざわざ報じる必要など、微塵もなかったということです。 . . . Read more

我が家の歴史、博物館へ寄贈しました(後)

2018-09-05 | 芸術・文化・趣味・歴史
古めかしい不用品が出てきたら、捨てる前に博物館などへの寄贈を検討してみましょう。意外な日用品が歴史的遺産になり、後世に脚光を浴びることもありえます。寄贈の際は、どのように活用するかを訊ね、寄贈資料一覧リストを作成してもらいましょう。あらかじめ、寄贈先に受け入れ対象品あらましを聞いておくといいです . . . Read more

我が家の歴史、博物館へ寄贈しました(前)

2018-09-03 | 芸術・文化・趣味・歴史
歴史はいま、わたしたちの何気ない暮らしからもつくられていく。断捨離ライフで続々と出てきた我が家の古めかしい珍品のごく一部を、地元の県立博物館へと寄贈してみました。生活の歴史展示でお役に立つなら幸いです。 . . . Read more

愛は地球を救うが、二次創作者の偏愛は書いた本人しか救わない

2018-08-20 | 芸術・文化・趣味・歴史
愛玩の対象に向かう飽くなきフェティシズムは、極まればすぐれた表現を生み出すこともある。ただし程々にしましょう。一般社会に戻れなくなります。世の中に背中を向けて創作をしてはいけません。 . . . Read more

受けなのか、攻めなのか、二次創作者にはそれすら問題だ

2018-07-22 | 芸術・文化・趣味・歴史
一部の熱狂的なマニアの本質に関わる、アレが受けか、ソレが攻めかという問題についての、わりとどうでもいい見解をどうぞ。 . . . Read more

「オン」になるか、「オフ」になるか、二次創作者にはそれも問題だ(後)

2018-06-24 | 芸術・文化・趣味・歴史
二次創作のお祭りイベントは、参加すれば癖になる? お金も時間もかけられる余裕があれば同人活動は、それなりの思い出づくりにはなる。ただし、トラブルもたまに増えているので要注意。 . . . Read more