陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

男でも女でもない人間が増えている?!

2020-12-23 | 芸術・文化・科学・歴史
NHKの特集番組で知った衝撃の事実! Y染色体の変異で完全に男らしくもなく、女らしくもない性スペクトラムの人類が判明しているという。 . . . Read more

大学教授にはもはや芸術を見る目がない

2020-12-07 | 芸術・文化・科学・歴史
世界を魅了する現代日本のサブカル文化は、象牙の塔で囲い込むべきではない。時代遅れの美意識、教科書めいた価値観、海外から押し切られた称賛にいつまでも出遅れる先生方には、アングラ文化を語る資格などありません。 . . . Read more

青少年非行防止ポスターの今昔

2020-11-25 | 芸術・文化・科学・歴史
SNSいじめやスマホ中毒がいまの青少年非行防止の課題…?! もはや、ほとんど百合イラスト展示会です。不良と呼ばれる若者たちはもはやいなくなったのか? 学校教師たちが選ぶ非行防止ポスターはほんとうの非行を描いてはいない件について。 . . . Read more

芸術家は労働者の涙を知らない

2020-11-20 | 芸術・文化・科学・歴史
世の中は美しいものだけではなりたちません。個人の思想や感性はないがしろにしてはいけないと思いつつ、それでも他人の生活を脅かすような作品づくりはあってはならない。ひとはパンのみで生きるわけはないが、パンだけでは生きられない。毎年、芸術の秋がくるたびに、いつもそんなことをぼんやり考えてしまいます。 . . . Read more

私の名曲アルバム#02「ETERNAL BLAZE」

2020-11-14 | 芸術・文化・科学・歴史
紅白出場歌手・水樹奈々渾身の熱唱。歌手を夢みる少女の運命を変えたあのアニメ作品の主題歌。 . . . Read more

高橋留美子が秋の紫綬褒章を受章

2020-11-05 | 芸術・文化・科学・歴史
今年10月放映開始の続編アニメを契機に、今更のいまさらですが『犬夜叉』を読んだ私は…ハマってしまいました。たしかにこれは傑作です。全世界全人類が読むべき漫画です。桔梗さまと殺生丸さまにはメンターになってほしいです。 . . . Read more

漫画『ベルサイユのばら』

2020-10-18 | 芸術・文化・科学・歴史
この名作漫画を読まずして、少女漫画を語るなかれ。フランス革命を舞台に、男装の麗人オスカルと従僕の青年アンドレ、悲劇の王妃マリー・アントワネットと伯爵との愛と死を描いた、池田理代子の代表作。 . . . Read more

日本人はなぜノーベル文学賞から遠いのか

2020-10-12 | 芸術・文化・科学・歴史
ノーベル賞受賞が後世までの受賞者の栄誉を保証するわけではない。今後、万が一にも日本人の表現者に受賞可能性あるとすれば、それは純文学の小説家ではなく、映画監督もしくはアニメーション制作者、漫画家になるのでは。 . . . Read more

♬私の名曲アルバム♬

2020-09-21 | 芸術・文化・科学・歴史
疲れている時に、癒しの名曲を、情緒あふれる美しい映像とともに。 動画を貼り付けた音楽エッセイのシリーズ記事です。 選曲は、クラシック、民謡、邦楽、アニソン、特撮、等々かなり偏っています。 . . . Read more

私の名曲アルバム#01「グリーンスリーブス」

2020-09-21 | 芸術・文化・科学・歴史
心癒されるイングランドの民謡。透明感のある美しい女性ヴォーカルの声で、ぞんぶんにお楽しみください。 . . . Read more

ゴッホにしてゴッホにあらず、謎の肖像画(三)

2019-11-26 | 芸術・文化・科学・歴史
ひとを描いても、ひとにならず。すべての絵画たるものは、画家の自画像に過ぎない。その男の一枚は、望んでも永遠に幸せにたどりつけない画家の夢の肖像だった…のかもしれない。 . . . Read more

ゴッホにしてゴッホにあらず、謎の肖像画(二)

2019-11-20 | 芸術・文化・科学・歴史
20世紀を代表する哲学者マルティン・ハイデッガーにすらすぐれたインスピレーションを与えた、ゴッホ芸術の神髄について。事物をあれほどリアルに描ききったのに、人物だけがなぜコケティッシュにデフォルメされすぎているのか。 . . . Read more

ゴッホにしてゴッホにあらず、謎の肖像画(一)

2019-11-12 | 芸術・文化・科学・歴史
画商を投げ出し、聖職者にもなれず、自分ひとつすら救えない。失敗続きの人生の果てに、遅咲きの画家デビューしたあの男。日本人に大人気、炎の画家ことフィンセント・ファン・ゴッホ作の自画像とされるある一枚のモデルは、じつは別の人物だった?! . . . Read more

人生は短し、されど芸術は長し、そして高くて重くなることもあり

2019-10-12 | 芸術・文化・科学・歴史
死すまで創作意欲旺盛な芸術家の皆さん、残された家族にどれぐらいの負担がかかるか、考えたことがありますか。ご自身の作品の今後について家族と話あわれるか、遺書を残すか、信託などの手続きを考慮するか、いまから備えておきたいものです。 . . . Read more

美はあまねく多く、愛はひとつでいいのはなぜか?

2019-08-23 | 芸術・文化・科学・歴史
ひとを愛する=その人の「美」を愛する、なのか? 複数人と恋愛するのはなぜいけないのか?  学生時代のとある美学講義について、既に社会人だった親友とかたりあったメールの記録から。学生時代の人生談義はとても有意義な時間です。 . . . Read more