陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

★不登校・引きこもりでも生存戦略しませんか★

2019-07-04 | 医療・健康・食品衛生・福祉

学校に行きたくない、働きたくない、世の中に出たくないと思っている人に。人生は失敗したことではなく、その挫折からなにかを学んで、いかに立ち上がったかで決まります。 やや、お節介な記事の一覧です。

私はこの記事を誰かに上から目線でお説教するためではなく、自身の未来のために書いています。

不登校は不幸ではない、しかし多幸とはいえないかもしれない
学校がつらいときは、しばらく休んで、図書館やミュージアムに出かけてもいいし、旅に出てもいい。ただし、退学だけはそのデメリットをよくよく考えましょう。人生をしぶとく生き抜くための学びや職業体験などの、自己修養だけは怠ってはいけません。

生まれた時代を嘆いても、何もはじまらないわけでして
とてもとても残酷な事実なのですが、健康な大人はある一定年齢までに職歴があるか、納税の義務を果たしていなければ、人間としてまともに扱ってもらえなくなります。自分よりも貧しく、無能そうなひとや不幸なひとを探して喜んでも、何かが解決するわけではありません。ただ、一時的に働けなくなったひとに対する優しさがあれば、みんなが多少は生きやすくなるかもしれませんね…


不肖の子どもを親は始末すべきなのか?

父の日にたいへん不謹慎な話題で恐縮です。 体面を重んじすぎる親、家庭内での親子の確執、夫婦間のコミュケーション不全、学校や職場でのいじめなど。本人だけの気質のみでは語りにくいひきこもりや家庭内暴力など問題行動の本質について、排除する方向ではなく、もっと理解するために話し合うべきではないでしょうか。

就職氷河期世代、働く最前線に
働き手を増やすため、政府が閣議決定した計画。就職氷河期世代を対象にした職業訓練や助成金拡充について。──半沢直樹も言っています。「お前たちが虐げられた世代なら、どうすればそういう世代が二度と生まれてこないようになるのか、その答えを探すべきなんじゃないのか」

自分の引きこもり度をチェックしてみよう
たとえ外出していても、趣味だけ、生活に必要最低限の買い出しなどの用足しであって、なんらかの社会参加をしていなければ引きこもりに近い生活と見なされてしまいかねない。自分の生活態度について、いまいちど見直してみましょう。

引きこもり地獄から脱け出すために(前)
基本的な生活習慣の正しさ、時間や健康、金銭の自己管理、人間関係の結び方などを見直すことで、生きづらさが改善することはあります。本人の体質や能力にも寄りけりですが、思考の癖を修正することで自分の認知の歪みや、判断力の遅さに気づいたり、攻撃性が薄らいだりすることはあります。 .

引きこもり地獄から脱け出すために(後)
健康な成人が送れるはずの生活ができなくなってしまったのが、引きこもりの状態です。自分の人生を自分で引き受ける覚悟をする状態に持っていくために、すこしずつでいいので生き抜くための準備と人生を立て直す助走をつけよう。

引きこもり地獄はひとりでは抜け出せない
40代になって失職し、うつ状態からよみがえった体験者の投書から。誰でも世の中から断絶したいと思うときがあるが、周囲の励ましさえあればよみがえることができる。落ち込んで世の明るさから逃げたくなった自分を赦してもいいが、いつかはきっとそこから脱け出せると信じることです。自分を信じていれば、助けになってくれる人が現れるものです。

友だちが少なかったひとの活路
夏休み明けに、ふらりと学校に戻ったもと不登校児からひと言。 友だちはけっして多ければいいというものでもありません。付き合う人によって、人生が変わってしまうのだとしたら、あなたを傷つける人の側にいてはいけません。人生には自分を見つめなおす、孤独な時間も必要なのです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)──感じやすいあなたはなぜ生きづらいのか(前)
人間関係のささいなことが気になる、音や光の刺激に弱い、他人の傷が自分のトラウマになる、どこにいっても居場所がない──。引きこもりや不登校、勤労怠慢の影には、その人特有の性質が隠されている。精神病でも発達障害でもなくて、誰にも理解されない苦しみについて。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)──感じやすいあなたはなぜ生きづらいのか(後)
感じやすい、傷つきやすいあなたが生存戦略するためには。生きていくための仕事選びは、自分の快不快を見極め、職場の環境や通勤手段、休憩などを考えて慎重に。信頼できる相談相手を見つけ、さらに家庭や職場での支援も欠かせない。この世のなかで、病んだ人、弱い人は、元気で強いひとのいる高い位置からでは見えないものを感じ取っている。

生きてるだけで儲けものと思えばいい
中高年のひきこもり死を取材したNHKの番組から。ブラック労働での心身故障、再就職してもつまづき、失職し、再起できない。年金頼みの老親を失って、社会福祉制度では救われないまま、衰弱死を待つひとびとについて。

【就職氷河期世代の新入社員心得帖】
中年になっても転職をくりかえし、いつまで経っても新人の、雑魚キャラ扱いを受けた私が反省をこめて書いた新人さんいらっしゃいのマニュアルです。キャリアの短い就職氷河期世代の方向けのご参考までに。







この記事についてブログを書く
« 自分の引きこもり度をチェッ... | TOP | 引きこもり地獄から脱け出す... »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | 医療・健康・食品衛生・福祉