横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

今日の夕食

2018年07月04日 | 日記
夕食です。

午後7時過ぎ
伊集院駅から
家まで歩く。

今年一番の暑さかも
汗が滝のように流れました。
ここまで汗が出ると
気持ちはスカッとしましね
どこまでプラス志向なんでしょう 笑

美味しくいただける
健康に感謝しながら
いただきます

コメント

桜島

2018年07月04日 | 日記
サロンに向かう途中の
桜島。
暑いですが元気が出ます

コメント

牛乳についての現実的な話

2018年07月04日 | 日記
内海先生のFB投稿より

牛乳についての現実的な話
  
御用学者や大手企業にリベートをもらっている人たちは、みな牛乳は体に悪くないといいます。そういう時に科学的な話を持ち出してきますが、その科学が操作されたり元々の考え方がおかしいことは決して指摘しませんし、既存の科学以外で牛乳の何が悪いのかは決していいません。カルシウムパラドックスについても説明しません。カゼイン問題も言いません。世界の統計も示しません。
  
明●治、雪◆印、森▼永の牛乳が学校給食に取り入れられ、それから数年後からアレルギー、アトピー、喘息(ぜんそく)が急に増え出しています。牛乳だけが原因ではありませんが、パンと牛乳にしたことは大きな関係があるでしょう。「給食で死ぬ」という有名な本もあります。なぜ、こんなに害のある牛乳が「身体に良い完全食品」と無批判に受け入れられてきたか、ミルクロビーや母子手帳の裏話と通じてきます。
  
ただ私も時々乳製品はとります。イタリアンに行っている段階で回避不能ですし。現実的に言うならヨーグルトにするとカルシウムの吸収が良くなるので、たまに嗜好品として食べるくらいならそれほど害はなさそうです。そこで重要なのが乳製品の質です。育て方、餌、環境、薬物などによって、牛乳は究極的な毒まみれ飲料となります。スーパーのものなどとても飲めたものではありません。
  
肉が体に悪いのが嘘なのにそれが悪いと言っている人も、肉は栄養豊富である一方、毒が非常にたまりやすい食品だからです。だからアメリカ牛はせめてやめようとか、できるだけ肉の質をかんがえようというわけです。そこで私はついに牧場とタイアップして乳製品を販売し始めました。ただしここでは牛乳ではなく発酵乳製品として、飲むヨーグルト、チーズ、バターが中心です。ちなみにプリンも美味しい。
  
ここのバターとか究極的なまでに高いですが、コーヒーなどに入れて飲んだら究極的に美味しいですよ♪。
  
http://www.e-select.st/shop/02.html?store=300&pg=1&dc=1
コメント

2018年07月04日 | 日記
中村泰士さんのFB投稿より

なぜか住んでるだけで『 住民税 』取られて、自分の家を買ってもずっと『 固定資産税 』取られ続けて、死んでも『 相続税 』を取られる始末・・・w

クルマ買うにも『 自動車税 』『 自動車重量税 』『 自動車取得税 』『 消費税 』を払ったのに、持ってるだけでも定期的に支払う必要がある自動車税、自動車重量税、ガソリン税を払い続けなきゃならなくて、そのクルマでガソリン税払って、ゴルフ場に行っても『 ゴルフ場利用税 』、温泉へ行っても『 入湯税 』取られて、そこで酒・タバコでまた『 税金 』・・・そして、また消費税増税・・・二重課税、三重課税ニッポンw

《 国税 》
所得税
復興特別所得税
法人税
復興特別法人税
相続税
贈与税
地方法人特別税
地価税
消費税
酒税
たばこ税
たばこ特別税(たばこ税を参照)
揮発油税
地方揮発油税
石油ガス税
自動車重量税
航空機燃料税
石油石炭税
電源開発促進税
関税
とん税
特別とん税
印紙税
登録免許税

《 都道府県税 》
道府県民税(都民税)
事業税
不動産取得税
自動車取得税
自動車税
鉱区税
固定資産税(東京都及び特例分)
狩猟税
水利地益税
特別土地保有税(東京都のみ)
都市計画税(東京都のみ)
地方消費税(消費税を参照)
道府県たばこ税(都たばこ税)(たばこ税を参照)
ゴルフ場利用税
軽油引取税

《 市区町村税 》
市町村民税(特別区民税)
固定資産税(特別区は除く)
軽自動車税
鉱産税
特別土地保有税(特別区は除く)
事業所税
都市計画税(特別区は除く)
水利地益税
共同施設税
宅地開発税
国民健康保険税
市町村たばこ税(特別区たばこ税)(たばこ税を参照)
入湯税
コメント

今日の名言

2018年07月04日 | 日記
おはようございます。
7月に入り夏らしい天気になってきましたね

今日も絶好調(^_-)-☆
元氣に明るく頑張りましょう。

『サウナは身体に良い?悪い?(1)』

入るとさっぱりリフレッシュできる
お父さんたちの憩いの場でもあるサウナ
しかし、サウナに入って倒れたという話もよく聞きますね。
サウナについての研究データを探してみました。
サウナの発祥地であるフィンランドでの研究によると、
サウナに週4~7回入る人は、週に1回のみの人と比べ、
脳卒中のリスクが約61%低かったとのことです。
また同じ研究チームが、
「サウナは心臓疾患による死亡リスクを下げる」
という論文も出しています。
サウナには血圧を下げる効果があり、
それにより自律神経が安定して抗炎症作用などが期待できるため、
脳卒中のリスク因子が減っていくとのことです。
今日も元気ハツラツ!
健やかな1日でありますように(^^)
 薬剤師 宇田川久美子先生

今日の名言
前に進めば、眺めが変わる。
もう少し進めば、心が変わる。
さらに進めば、人生が変わる。
    ロングテール




コメント