横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

今日の名言

2017年05月31日 | 日記
おはようございます。
鹿児島は、久しぶりにくもりの天気。
はや、5月も今日までですね

今日も絶好調(^_-)-☆
元氣に明るく頑張りましょう。

今日の名言
富を失うものは、
多くを失う。
友人を失う者は、
さらに多くを失う。
しかし、勇気を失う者は、
全てを失う。
ミゲル・デ・セルバンテス

写真は、埼玉県やまぶきの里での一コマです
2017年5月
コメント

火曜日の夕食

2017年05月31日 | 日記
夕食です。
美味しくいただける
健康に感謝しながら
いただきます

コメント

びわをもらって来ました。

2017年05月31日 | 日記
お隣さんと
同級生の町子さんとこに行って
びわをもらって来ました。
お隣さんまたビワの木に
登ってましたぁ(笑)





コメント

難病など存在しない

2017年05月31日 | 日記
内海先生のFB投稿より

難病など存在しない

こういうだけで多くの人が逆ギレ反応を示し、もしくは困惑してしまいます。病気について本質的な定義とは何かを考えるに、病気とは何か?と問われた時にほとんどすべての人が、「苦痛」や「症状」と同列して語ることが多いのです。確かにその気持ちはわかります。この考えこそがあなたが治らない根源的な理由です。その苦痛が病気であること、その症状が病気であることを直結させてしまえば、それは対症療法であるアロパシー医学への道を開くだけです。

なぜ医学において診断をするのかを考えねばなりません。その診断は枠にはめて安心したり、グループ化するためのものではありません。その診断はすべて本質的な治療に結びつくためにこそ存在する価値があるのです。違う意味でいえば医学不要論では、その病気、その定義、その診断が治療に本質的に直結しなければならない。はっきりいってしまえば症状はあるが原因が不明なものは、すべて「原因不明の難病」とか「医学ではなおらない病」などに統一してもらえば結構です。

クローン病、潰瘍性大腸炎、肥大型心筋症、間質性肺炎、全身性エリテマトーデス、バセドウ病、橋本病、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、繊維筋痛症、筋ジストロフィー、結節性多発動脈炎、その他挙げるとキリがありませんが、そんなものは存在しません。しかし治らない人ほどこの病気を熱弁し、自分の辛さを主張し、自分の症状を主張しますが、その原因を考え自分の行動を考え、自分の精神にいかに問題があるかはまるで考えません。すべてクレクレくんのクレクレたるゆえんです。

当院にも世界で何人とか、私も聞いたことのないような病名とか、国家試験だけで出たようなあーあーみたいな病名の人が来ることがあります。それでも治る人は治ります。治りますけど上記のような人は治りません。つまりここは治る人が通る第一の分岐点です。治らない人と治らない人の家族は、様々な治らない病気、苦しんでいる症状はどうするのだ?とすぐに反論します。堂々巡りですが、人間はもともとそれらの病気にはかからないことを知らないのですからしょうがありません。

病名がないには二つの意味があります。一つは証拠証明なくして医学の病気と規定することさえできないという話。もう一つはもともと人間の病気ではなかったのに作られた、仕立てられたという話。この二つです。野生動物や先住民は癌にはまずなりませんが、野生動物や先住民が長生きしないからではありません。野生動物や先住民がかかる病気の筆頭は感染症、骨折による死、飢餓、老衰に伴うものであって、リウマチでびっこを引いている野生動物も難病で苦しんでいる野生動物も存在しない。彼らには糖尿病などという生活習慣病も当然皆無です。

難病とは必然であり、これは決して宗教的な感覚ではなく明確な科学的および歴史的考察なのです。確かに現代社会が存在しているので、難病になってしまったらしょうがないのですが、そこから考えを巻き戻さない限り、本当の意味での治癒は可能性としてさえ見えなくなります。難病とやらをよくしたいなら、現代医学における病気作り、基準の捏造による偽の病気や、化学物質、環境物質、栄養素などによる様々な問題点を振り返り、自分の精神のどこに問題があるかを省みて、真の原因を明らかにするよりありません。
コメント

骨粗しょう症の予防

2017年05月31日 | 日記
長尾 周格先生のFB投稿より

骨粗しょう症の予防

齢を取ると骨が弱く、脆くなっていきます。これはある程度は経年変化ですから、仕方ありません。また、女性ホルモンには過剰な骨吸収を抑制する効果があるので、閉経後の女性に骨粗しょう症が生じやすくなります。

骨粗しょう症は骨密度が低くなり、骨が弱くなります。骨のカルシウム量が減少することからカルシウムが不足して起こると思われがちですが、実はそうではありません。

骨はタンパク質でできているコラーゲン繊維の周りにリン酸カルシウムが沈着してできています。骨粗しょう症では、この骨の基盤となるコラーゲン繊維が上手く作れなくなるために、骨がスカスカになるのです。これに対し、コラーゲン繊維がきちんと作られていても、リン酸カルシウムが沈着しない病態は、若年者ではくる病、青年期では骨軟化症と言います。

カルシウム量はいわば二次的な問題であり、本当の問題は基質であるコラーゲンにあるのです。では、コラーゲンが上手く形成できなくなる理由とは何でしょう。

これは一つには、原料となるタンパク質の不足が挙げられます。また、コラーゲンは鉄とビタミンCも必要としますから、これらが不足してもコラーゲンが上手く作れなくなります。

そしてもう一つの問題が、コラーゲン繊維の糖化です。骨粗しょう症の患者は骨基質のコラーゲンの糖化が進んでいることが報告されています。糖化は糖質の過剰摂取によって起こります。糖尿病の患者で骨粗しょう症が重度になるのは、このことがあるからです。

骨粗しょう症を栄養学的にみれば、タンパク質、鉄、ビタミンCなどの栄養欠乏と、糖質の過剰摂取による糖化が大きくかかわっていることが分かります。もちろん運動不足や基礎疾患の有無などもまた、関係しています。

骨粗しょう症でよくみられるのが、椎体圧迫骨折、大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折です。椎体圧迫骨折は背中や腰が曲がる原因になります。大腿骨近位部骨折は歩けなくなって車いすになる大きな原因となっています。橈骨遠位端骨折は、転んで手をついた時の手首の骨折として現れます。

骨粗しょう症の治療薬として、ビスフォスフォネート製剤があります。これは破骨細胞を殺すことによって骨密度減少を抑えるというもの。確かに骨密度は上がりますが、骨折が減少するかというと、そうでもありません。むしろ、ビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)などの重篤な副作用が報告されています。

骨粗しょう症の予防には、普段からタンパク質をしっかりと摂ること、糖質の摂取を控え、特に甘いものは一切摂らないようにすること、それと適度な運動が重要です。なってから何とかしようとしても、治療は困難なのですから、やはり予防が何より重要ですね。
コメント

生活習慣病の嘘

2017年05月31日 | 日記
内海先生のFB投稿より

生活習慣病の嘘

生活習慣病で高脂血症や高血圧や糖尿病などのクスリを飲んでいる人は、ほとんどすべて無駄どこか有害であり、死にたがりであり自分でどうしようもないと宣言しているようなものです。まずは高脂血症。そもそもコレステロールは悪ではなく、ホルモンや細胞の源になる最も重要な栄養素です。コレステロール=悪というのは単なるプロパガンダで、コレステロールが上がっても心筋梗塞や脳梗塞は増えないというデータは数多くあります。

では何が問題かというと、コレステロールは減れば減るほどガンや感染症や認知症になりやすいのです。低いほうが死亡率も増え、年齢にもよりますが180以下の人は220~260の人の2.7倍に増え、40%が癌で死亡します。これは血圧などでも似たような傾向があり、血圧が低い方が同じくガンや感染症や認知症になりやすいです。年齢が高くなるにしたがって血圧は上がる方が、自立性も高くリスクも減ります。

コレステロールに善玉も悪玉もありません。ではなぜコレステロールがドロドロの動脈硬化のようなイメージがあるかというと、糖分と組み合わさるからです。コレステロールが悪だというより精製された糖分や糖質過剰が、コレステロールとくっつくことが悪なのです。それに水道水の塩素なども動脈硬化を助長します。またコレステロールの薬も高血圧の薬も、それを飲むことで癌の発生率を増し、長期的には心不全を増したりすることもあります。

糖尿病と呼ばれるものも同じです。現代でいう糖尿病の治療薬にはほとんどが価値はありません。なんと血糖降下薬の一つSU剤は、米国の長期臨床試験で、使用した群の方が心筋梗塞死を増すという結果が出ています。α―グルコシダーゼ薬に関しても、合併症や寿命延長効果を認めた長期試験はなく、はっきりいって無駄と呼んで差支えないです。そしてグリタゾン剤のアクトスなどは心不全、心筋梗塞、骨粗鬆症、膀胱がんなどが増加します。

ではそのようなクスリを今日からやめればいいかというとそうではありません。対症療法の生活習慣病薬をやめるとリバウンドで悪くなります。リバウンドのことを伏せて説明するので、血圧やコレステロールのクスリは一生飲まなきゃいけないという嘘が出てきたのです。だから病院のインチキ食事法など一切信じる必要はなく、本当の食事療法や根治療法を導入して、それらのクスリをやめるのが一番良いです。自分がかけられている洗脳に気付かない限り、健康になるなんてありえません。
コメント

今日の名言

2017年05月30日 | 日記
おはようございます。
鹿児島は、今日もよか天気です。

今日も絶好調(^_-)-☆
元氣に明るくがんばりましょう。

今日の名言
人に「ありがとう」
と声を出して言ってみる。
すると、脳はその人に対して、
感謝する合理的な理由を探し出す。
そうすると、周りの人の
いいところが見えやすくなる。
ひすいこたろう

写真は、埼玉県山ぶきの里での一コマです
2017年4月
コメント

夕方のひととき(5月29日)

2017年05月30日 | 日記
昨日の夕方のひととき
Rさんの差し入れやお隣さんからの
出し入れもあり
美味しくいただきました。
作りたてのあくまきも
最高😃⤴⤴
先日、購入したパラソル
我が家の庭先で
今後、フル回転(笑)
















あくまきの出来上がりまで




コメント

月曜日寄り道 森のしずくへ

2017年05月30日 | 日記
仕事帰り前田さんと
地元伊集院の森のしずくにて
ミーティング











コメント

寒天断食(オリジナルレシピ)公開

2017年05月29日 | 日記
http://youjo-labo.com/agar-fasting-373.html
コメント