横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

今日の夕食

2017年11月30日 | 日記
夕食です

美味しくいただける
健康に感謝しながら
いただきます

コメント

バクロスTV#9 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第9回 今、ガンがあぶない!

2017年11月30日 | 日記
バクロスTV#9 テレビでは話せない!ここだけの本当の話!!市民バクロスTV 第9回 今、ガンがあぶない!
コメント

からいもん天ぷら

2017年11月30日 | 日記
大好物のからいもの天ぷら
もらいました🎵
夕食前のお茶うけにいただきます

コメント

【病魔は突然襲ってくる?】

2017年11月30日 | 日記
宮崎 光史さんのFB投稿より

【病魔は突然襲ってくる?】

こんにちは!

ヘルスコンサルタント
宮崎 光史です。


心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、
脳出血等、ある日突然発症
する様に見える病気ですが、
実は発症のかなり前から
原因となる動脈硬化などが
進行しつつあることが
分かっています。


アルツハイマー、糖尿病、
そして癌でさえも、ある日
突然症状が診断基準を超えますが、
その芽はかなり前から進行しつつ
あるのです。


では、それは加齢による
避けられないモノであり、
遺伝によって定められた
体質によるモノなのでしょうか?


実は、遺伝素因は5%程度で、
その他は生活習慣、生活環境が
大きく影響することが分かっています。


現在や将来の健康に不安のある方、
ただ漠然とした不安を感じながら
過ごしているならば、ライフスタイル
を改善することで、進行を和らげたり
改善させたりすることが出来ます。


出来ることから、始めてみませんか?

コメント

しょうがは常備薬として、いつも台所においておきたい

2017年11月30日 | 日記
船瀬図書館さんのFB投稿より

しょうがは常備薬として、いつも台所においておきたい。突発的におこる体の変調を治すのに即効をあらわすからだ。

まず、カゼの場合。本くず粉を水でといて火にかけ、透明でドロリとなったところで、古しょうがのおろし汁とはちみつを加える。

熱いうちにフーフー吹きながら飲むと、すぐに体が温まってきて、発汗が促される。温かくして、早めに床につけば、軽い風邪なら、これだけで治ってしまう。 

http://min-voice.com/ginger-5075.html
コメント

ゆの酢(ゆず100%果汁)の作り方。

2017年11月30日 | 日記
ゆの酢(ゆず100%果汁)の作り方。
少し加えるだけで料理に高級感を与える超万能調味料。
ゆずを隅々まで無駄なく使い切る!

https://miyakestore.themedia.jp/posts/3316010
コメント

今日の名言

2017年11月30日 | 日記
おはようございます。
鹿児島は雨に一日になりそうです

今日も絶好調(^_-)-☆
元氣に明るく頑張りましょう。

今日の名言
確信は、それ自体が行動に変わるまでは
価値のないものである。
カーライル

コメント

大豆

2017年11月30日 | 日記
内海 聡先生のFB投稿より


大豆

大豆は健康食品だとよく言われるが、その説については考えてみる必要がある。実はよく言われていることが、食べるに値する大豆は、発酵したものだけであるということだ。 大豆を使った食品として味噌、納豆、豆腐、テンペなどいくつも種類があるが、これらが現代でも活用されているのには重要な意味があるかもしれない。

というのは発酵していない大豆は、生物毒を多量に含んでいるかもしれないからだ。その代表格として扱われているのが、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つである。これらの生物毒は大豆自身が生き残るための毒でもある。大豆を食べようとする動物の食欲を削ぐわけである。

どんな植物も多少の生物毒は持っているが大豆には特に多いとされる。 大豆フォーミュラ(調合ミルク)を摂取する乳幼児、大豆をたくさん食べる菜食主義者、更年期障害の軽減効果を信じて大豆をたくさん食べる中年女性は、危険かもしれないのだ。 たいていの豆類は、水に浸すだけで、大半のフィチン酸塩を破壊できるそうだが、大豆はそうはいかないらしく味噌やテンペといった発酵大豆食品になるとレベルが下がる。

残念ながら全大豆、豆乳、大豆チップ、大豆タンパク質アイソレート(分離物)、大豆粉、その他の加工された大豆から製造される様々な製品(健康食品として宣伝されている)には、高いレベルのフィチン酸塩が含まれており、食べる価値がないかもしれない。 また、未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量にあり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがある。

また大豆には、ゴイトロゲンが豊富で甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありうる。ゲニステイン(大豆にあるイソフラボンのこと)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することもできる。ゲニステインは抗癌作用があるとされ部分的には正しいが、その逆に正常細胞のエネルギーを低下させ、新陳代謝を落とすこということについてはほとんど知られてはいない。

女性の健康に関して何冊かの著作のあるジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は味噌、テンペ、納豆だけに限定するよう勧めている。豆腐は、魚などのタンパク源、および海藻や昆布などを食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うならば、食べても大丈夫だ。このように大豆の弊害にも警戒が必要であり、と同時に日本食の有効性について改めて感心する次第である。
コメント

睡眠の改善について

2017年11月30日 | 日記

内海 聡先生のFB投稿より

睡眠の改善について

おそらく睡眠薬を使う人は、不眠を治す薬だと思って、睡眠薬を使っているでしょうが、睡眠薬に不眠を治す力はありません。 睡眠薬を飲んでも、眠れるようにはなりません。ただ脳を強制的にノックアウトさせるだけです。その睡眠薬の睡眠は睡眠もどきだということがわかっています。こう書くと、「でも私は睡眠薬で眠れている」と反論するニンゲンがいるでしょうが。

ではどんな不眠状態ですか?と問われた時、本当に睡眠薬を投与する価値があるか、きちんと今の日本人は考えられていませんね。本来不眠とはレム睡眠とノンレム睡眠があり、浅い睡眠状態のほうが時間数の多いのが「普通」になります。床に入ってからすぐに寝れる人はむしろ「異常」なのです。昼夜逆転している人は一般的ではありませんが、不眠にはなりません(既存の病人狩り医学ではもちろん不眠です)。

睡眠薬を飲む場合、イギリスでは一か月以上処方してはいけないことになっています。つまり睡眠薬は麻薬と同じなので、どんなに譲っても全く寝れない人が一回限りで使うものです。そして寝れない原因を解決しない限り不眠は解消しません。まあ、ホントはそれでもダメであって、寝るだけなら快眠グッズなどを利用した方がはるかに利益があり危険がないのですが、目先のことしか考えられないニンゲンにはこれくらいの方がちょうどいいでしょう。

あ、そういえば通販サイト「うつみんのセレクトショップ♪」では、快眠をもたらしてくれる竹繊維の毛布と、高名な日本のヒーリングアーティストが手掛けた不眠用のCD、睡眠を高めるためのアロマオイルを販売しているので、対症療法するならこちらのほうをおススメいたします。しかし一番大事なのは生活と食事、それ以上に不眠というものに対する考え方の違いです。

天然抗菌竹繊維毛布(割引キャンペーン中)
https://utsumin.com/products/detail.php?product_id=79
薬いらずの音楽(R)~「不眠解消」
https://utsumin.com/products/detail.php?product_id=105
うつみんのアロマ(眠りを誘う香り)5ml
https://utsumin.com/products/detail.php?product_id=240
コメント

コンビニ

2017年11月29日 | 日記
内海 聡先生のFB投稿より

コンビニ

マクドナルドや山崎パンが危険だという話はよく出ていますが、別にそれは二社だけの話ではなく昨今の大企業には共通したものだといえます♪。その中でもコンビニは危険度でいうと上位にランキングされるといえるでしょう。いつも思うのですがあれだけ腐らない処理をしておいて、なぜ賞味期限をあんな設定にしちゃうのか、科学的に考えるとむしろ疑問なのでございます♪。

通常常温でおいておけば食品は腐ったりカビが生えてくるものですが、もちろんコンビニものはカビ等生えてきません。これはつまり自然界の生物が食物だと認識していないということなのですが、きれいだとか清潔だとか考えるグーミンたちにも失笑は禁じえません♪。ま、実験してみてください。もしかしたらたまにはカビが生えてくれるかもしれません♪。

貧乏な人はコンビニで趣味期限切れの弁当をこっそりもらう、というのがお涙ちょうだい話の基本だと思うのですが、そんなことしなくても数か月モノでも大丈夫だと思います。そういえばコンビニ弁当といえば、豚に食べさせると奇形が多発したとか死んだとかいろいろ問題になりましたが、そんなプラスチック食品を食べて、「どうして病気になるんだろう?」とか言っているのですから、なんて幸せなんだろうと思います♪。

だいたいなんでコンビニ弁当って食中毒問題が起きないんでしょう?あんな大量生産だと問題があってしかるべきですが、別に隠蔽でも何でもなく腐らないからそうならないか、食べる人が完全に割り切って食べているか、気付きさえしないかの三択ですよね♪。ちなみにコンビニ弁当の中には防腐剤が入ってないものもありますが、もちろん中にはちゃんと入っています♪。

そもそも論でいえばコンビニなんて存在自体がナンセンスだということに尽きますが、そんなことグーミンにはお構いありません。便利で安い、それがいったい何をもたらすのか、そんな当たり前のことさえ忘れて権利欲が肥大化したニンゲンたちには、現在の病気や苦しみはふさわしい因果応報なのかもしれませんね♪。
コメント