横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

今日の名言

2017年07月31日 | 日記
おはようございます。
鹿児島は、今日も暑い一日になりそうです

今日も絶好調(^_-)-☆
元気に明るく頑張りましょう(^^♪

今日の名言
人付き合いがうまいというのは
人を許せるということだ
ロバート・フロスト

鉢植えから庭に植え替えたらレモングラス
勢いがでてきました

コメント

日曜日の夕食

2017年07月31日 | 日記
夕食です

汗だくになりがら
2階の部屋の模様替えをしました。
明日から断捨離です

美味しくいただける
健康に感謝しながら
いただきます


コメント

日曜日の午後

2017年07月31日 | 日記
夕方5時前でも
鹿児島は暑いです
汗だくになりながら
外でお茶飲みにしました



コメント

土曜日の夕食

2017年07月31日 | 日記
コメント

鉄は貧血に関係するだけでは「ない」。

2017年07月31日 | 日記

水野 雅登先生のFB投稿より

鉄は貧血に関係するだけでは「ない」。

なぜ鉄は重要なのでしょうか?
どこまで増やすと良いのでしょうか?
鉄不足の改善で良くなる症状・疾患は多岐に渡ります。

http://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12297064332.html
コメント

【遺伝子組み換え食品による3つの健康被害】

2017年07月31日 | 日記

内海 聡先生のFB投稿より

【遺伝子組み換え食品による3つの健康被害】

遺伝子組み換え食品でもたらされるのでは?と懸念されている健康被害のうち、3つの大きな問題についてまとめておきます。

1・腫瘍
フランスのカーン大学のセラリーニ氏は、遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせる700日間のラットの実験を秘密裏に行った。それによると、対照群(遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせていない群)に対し、実験群の雌の死亡率が2倍~3倍になり、雄雌共に腫瘍の大きさが2倍~3倍になったという結果が出ている。

雌で、7か月目で乳腺に腫瘍ができ、最終的には全体の70%が早期死亡。雄では4か月目に肝臓障害が起き、全体では50%が早期死亡したと結論。対照群の早期死亡率は雌で20%、雄で30%(元々、腫瘍を作りやすいラットであるため)。この、雌で7か月目、雄で4か月目で障害が現れたという点は重要であり、何故なら、モンサント社の実験は3か月間しか行われていないから。腫瘍が現れる前に安全宣言をしているということになる。

2・アレルギー
2011年の話だが、カナダで、妊娠した女性の93%、80%の胎児から「遺伝子組み換えトウモロコシ」の有毒成分(Cry1Ab)が検出されたことを確認。この有毒成分とは、一般にBt毒素と呼ばれる殺虫成分であり、遺伝子組み換えトウモロコシや大豆にはこのBt毒素を生成する遺伝子が組み込まれている。このBt毒素、つまりCry1Abは、「Journal of Hematolog」によると赤血球を損傷すると言う実験結果もある。また、組み換えられたμRNA自体を取り込んでしまうということもわかっており、その結果、異物と判別され免疫システムが攪乱。その障害は血液を通じて体内に広がり、ガン、白血病、神経系、アレルギーなど免疫系の病気を引き起こす。最も危険なのは、胎児や新生児。

3・不妊症
アメリカ環境医学会(AAEM)では、動物実験や家畜への影響調査で、遺伝子組み換え食品によって生殖関連の障害が発生することが判明と発表。また、遺伝子組み換え大豆を食べたラットの睾丸は正常なピンク色から暗い青色に変色、雄のラットの精子が変化(去勢)した、遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットは、子供の数が少ない、生まれた子供の身体も小さいという実験結果は多い。(出典は書ききれない)さらに、米国の農民20名が、何千頭ものブタが不妊症になったと訴えているという事実もある。ロシアの有名な研究ではラットに食べさせたところ、55.6%が未熟児や障害児として生まれるようになった。
コメント

スポーツドリンクについて

2017年07月31日 | 日記
甲斐 由美子さんのFB投稿より

スポーツドリンクについて
毎日暑い日が続いていますので、スポーツドリンクをお飲みになる方も多いかと思います。
私も以前は、スポーツドリンクは、点滴液に近いと聞いていたので体にはいいものだと思っておりました。しかし、調べてみると・・・
あの甘さは、私は嫌いであまり飲むことができなかったのですが、知るとますます飲めなくなってしまいました。
ちょっと読んでみてください。どうなさるかは、皆様の判断です。
甘味料としてアスパルテームやスクラロロースなどの人工甘味料が使われています。
数社のメーカーに問い合わせた時、それらの甘味料には遺伝子組み換えのトウモロコシやジャガイモが使われているという回答を頂きました。
これらの人工甘味料は合成アミノ酸で、同じく合成アミノ酸であるグルタミン酸ナトリウムは、肥満、糖尿病、心臓発作、偏頭痛、てんかん、下痢、関節痛、うつ病、めまい、ろれつが回らない、注意欠陥・多動性障害、不眠症、不安などの副作用が報告されています。
これらの危険性に警鐘を鳴らすラッセル・ブレイロック教授(http://www.russellblaylockmd.com/) は元脳神経外科医で、グルタミン酸ナトリウムに興奮毒性があること、肥満になる危険性があること、そして人工甘味料のアスパルテームと一緒に摂取し、運動をすることで突然死する可能性を指摘しています。
元脳神経外科医で興奮性毒の研究家であるアメリカのラッセル・ブレイロック博士は、著書の『EXCITOTOXIN(エキサイト・トキシン―人を殺す味)』でその重大な危険性を訴えています。
こちらの動画もご覧ください。
グルタミン酸ナトリウムの危険性①
http://bit.ly/17mwAzU
グルタミン酸ナトリウムの危険性②前編~あなたの脳の最大の敵
http://bit.ly/17mwHLB
コメント

虫除けスプレーって「農薬」ってしっていますか?

2017年07月31日 | 日記
宇多川 久美子さんのFB投稿より

そろそろ季節になってきました
刺される前に、蚊よけスプレー
刺された後に、かゆみ止め
普通に考えたら夏の必需品ですよね~
でも、虫除けスプレーって「農薬」ってしっていますか?

市販の虫よけスプレーは農薬だって知っていますか?
それを肌に直接?安心安全な手作りアロマスプレーの作り方

http://kanshoku.org/healthylife/insect_repellent_spray-2/
コメント

異性化糖とは?

2017年07月31日 | 日記
エリカ・アンギャル / Erica AngyalさんのFB投稿より


太るだけでは済まされない!?記憶・代謝機能関連遺伝子損傷まで引き起こす、異性化糖とは?


異性化糖(ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖、高果糖液糖、ハイフルクトースコーンシロップ)と呼ばれる果糖の摂りすぎは、健康と美容に悪影響を及ぼすということは周知のとおりですね。(ここで言う「果糖」は果物に含まれる「果糖」とは別物です。果物をそのまま食物繊維と一緒に摂取する分には問題はありません。)それに輪をかけて、果糖の過剰摂取は、記憶機能に関連を持つ940もの脳内遺伝子に損傷を与えるということが、今年5月に発表された研究(出典1)によって明らかになったのです。

この研究は、米国UCLAのニュートリゲノミクス研究チームにより行なわれたものです。ニュートリゲノミクスとは、遺伝子発現を解析し、摂取した食品の影響を研究する手法です。
結果として、果糖の過剰摂取が、代謝機能を主にコントロールしている視床下部の700以上の遺伝子と学習と記憶機能を司る海馬の206の遺伝子に損傷を与えるということが明らかになりました。この脳内遺伝子が損傷されると、パーキンソン病・うつ病・双極性障害・アルツハイマー病などの脳疾患の発症リスクが極めて高くなるということです。
また、この研究により、果糖がいかにして脳内遺伝子を損傷するに至らせるのか、そのメカニズムも解明されました。果糖の過剰摂取によって、DNAを作るヌクレオチドの1つが変異を起こし、遺伝子の働きを改変させてしまうのだそうです。

別の研究(出典2)によれば、果糖の過剰摂取により脳内の有害分子が増加し、細胞間のコミュニケーションを阻害することが判っています。この有害分子は脳内に蓄積され続け、学習と記憶能力の低下を引き起こすのです。
また、この研究より、ドコサヘキサエン酸(DHA)には、果糖が脳の遺伝子に与える影響を抑える効果があるということが判りました。DHAは魚・魚油のサプリメント・くるみ・フラックスシード・果物・野菜・卵・バターオイルの一種である「ギー」などに含まれています。ですが、DHAを摂取しているからといって異性化糖を食べ続けてもいいという訳ではありません。なぜなら、摂取している異性化糖の量を毎食時測るのは難しく、それに対するDHAの必須量も分からないからです。よって、果糖ブドウ糖液糖などの異性化糖をあなたの食生活から極力避け、バランスのとれた食事を毎日心がけることを強くおすすめします。

では、この問題の果糖はどのような食べ物に使用されているのでしょうか?
炭酸飲料水やスポーツドリンクなどの清涼飲料・一見健康に良さそうなヨーグルト・サラダドレッシング・スイーツデザート・菓子パン類・スパゲティーソースなどに含まれています。原材料欄には「ブドウ糖果糖液糖」、「果糖ブドウ糖液糖」「グルコース・フルクトースシロップ」、「ハイフルクトースコーンシロップ」または「異性化糖」と表示されています。はちみつにも入っていることがあるので、購入前には原材料欄を注意して見るようにしましょう。

名称が同じなので非常に紛らわしいのですが、この異性化糖に含まれている果糖は、果物に含まれる果糖とは別物ですので、混同しないでください。果物には、食物繊維が豊富に含まれていて、体内で糖の吸収速度を緩めてくれます。またフィトケミカル・抗酸化物質・ビタミン・ミネラルなど、私たちの脳と身体を守ってくれる要素が豊富に含まれているからです。

覚えていて欲しいのは、食べ物はただのエネルギーやカロリーなのではなく、遺伝子にまで影響を及ぼし、健康を大きく左右するものなのです。だからこそ、必ず食品の原材料欄を読むようにしましょう。先にも述べましたが、「ブドウ糖果糖液糖」、「果糖ブドウ糖液糖」「グルコース・フルクトースシロップ」、「ハイフルクトースコーンシロップ」または「異性化糖」などと表示され、果糖は様々な食べ物に潜んでいます。健康食品として販売されている商品にさえ使用されている場合があるので、注意してください。あなたの脳と身体が喜ぶ食べ物を選び、さらに健康的に美しく輝きましょう。

Lots of Love, Erica

(出典1):Meng, Q., Ying, Z., Noble, E., Zhao, Y., Agrawal, R., Mikhail, A., . . . Yang, X. (2016). Systems Nutrigenomics reveals brain gene networks linking metabolic and brain disorders. EBioMedicine, 7: 157-166, http://dx.doi.org/10.1016/j.ebiom.2016.04.008

(出典2):Agrawal, R. & Gomez-Pinilla, F. (2012). ‘Metabolic syndrome’ in the brain: deficiency in omega-3 fatty acid exacerbates dysfunctions in insulin receptor signaling and cognition. J Physiol, 590: 2485-2499, http://dx.doi.org/10.1113/jphysiol.2012.230078
EndFragment

関連記事はこちらから 
「砂糖」について  https://goo.gl/wsQQV9
「ブドウ糖果糖液糖」について https://goo.gl/StKyyg
「人工甘味料」について https://goo.gl/FwSMCm
コメント

みずかけしました

2017年07月29日 | 日記
庭先のニガウリ
順調に育ってます

コメント