繰り返しの人生

小さな命と楽しい小学生、老人の日常の日記と防犯プロよりセキュリテイ案内。
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮崎駿監督、引退へ「創造の10年」  「ばあば」達とチビ達は別々の映画館、ぼうずは宿題でした。

2013年09月02日 08時37分17秒 | Weblog

朝は天気が良いが午前中小雨の予報、9月なのにこの蒸し暑さは何なんだろう。

日本を代表するアニメーション映画の宮崎駿(はやお)監督(72)が、現在公開中の最新作「風立ちぬ」をもって映画製作の一線から引退することが1日、明らかになった。国際映画祭での記者会見で、映画を製作したスタジオジブリの星野康二社長が発表した。長編映画の監督は「風立ちぬ」が最後となるとみられる。

昨日は防災の日でした。ちょうど90年前の今日、あの関東大震災が発生した日で時間は午前11時58分です。2年6か月前には福島沖の大地震で今もたいへんです。我らの祖先は関東大震災を経験したの子供のころよく聞かされた。私の母親が生きておれば当時の状態を色々の話をしてくれたと思う。我らの住んでいる地域でも火山灰がたくさん降って農作物」がたいへんであったとのこと。自然の原理は理解不能のことが多いがこのような災害は周期的に起こりうるとのこと。もし同じくらいの規模にて地震が発生したならばと思うと恐ろしいです。我らの地域でも9時になり警報サイレンが防犯無線から流された。予防が大事です。昨日の我が家の朝は早く出かける者はおらず「ばあば」は5時過ぎ、私は6時過ぎに起きた。休みであっても我らの作業は常に同じ、いつもより1時間遅れの朝食でしたが寝坊のぼうずは起きられず一人朝食となった。「ばあば」と息子は1日は映画の日で出かける予定をしており10時になったので駅まで送る。チビ・わんぱく君は母親の店で午後からやはり映画を予定していた。ぼうずはやり残しの夏休みの宿題と言って家に残った。「ばあば」達はスタートレッグでチビ達はポケモンとのことで双方とも楽しんで帰ってきました。夕食はマグロのカマ煮とゴーヤチャンプル、さんまの煮つけ等で皆で美味しくいただいた。ぼうずは宿題が残っており母親の協力を得て11時まで頑張ったがまだ残っているようでした。要領の悪いぼうずです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 1分だけ思い思いの場所で… ... | トップ | 埼玉や千葉で竜巻か…67人負... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事