クルシャの天地

ラガマフィン(猫)のクルシャ君。飼主はあらゆる秘密を彼に伝授する。

春の花

2021年04月22日 | クル者拒まず


春になると、どこのブログも花の写真が
増えて、花の香りまで届きそうな綺麗な
ページが目を洗うようですね。





ウルタ君のことも見ていた月桂樹は今年の春も
クルシャ君の背中の向こうで、よく近寄らないと判らない
くらいの小さな花を咲かせるでしょう。







それこそ、戦前に京都の千本中立売あたりが繁華街であって
そのあたりで映画を撮影していたらしき頃、流行歌では
「梅の花咲く春じゃもの」などと嘯いて居るので、春の
花といえば梅なんでしょうな。








梅と言えば、北野の紅梅。








天神社梅は白梅と決まっているものと思ってましたが、北野に
来てみたら、紅梅が多いんですよ、これが。

それで、珍しく花見をしたわけだから写真が矢鱈とございます
ので、次回も北野の梅の写真であります。





 
コメント

要求の無い時間

2021年04月20日 | クル者拒まず


猫が皆そうではありませんが、毎日定時に
決まったことをする傾向があります。

身を守るためだったり獲物を捕らえるのに
容易だったりする時間帯があって、ヒトと暮らして
いても同様に時間割で暮らしているのかもしれない、と
誰かがどこかで書いてました。






クルシャ君は殊に、時間割に忠実です。
己で定めた規則なので、飼主のことは計算に
最初から入っていません。

飼主の暮らしの細部が、それでも彼の規則を
定める必要条件にはなっているようですが。







朝は起き出しそうな時間に、飼主を起こしてから
フードを要求します。







以下、就寝を促すまで、ずっと要求が続くのですが
遊びの時間とか、ちゅーるの時間まで決まっていて
彼の定めた時間帯に於いて要求に応えなければ、
それなりの制裁までありますからね。







昼間、独りでゆっくり寛いでいるこの時間帯だけは
何の要求もありません。むしろ、何の交渉もしたくない
といった感じです。









無理に構うと、制裁があります。

たいていの場合、殴られます。

あー、台湾海峡でM6の地震発生、同じく台風2号が
猛烈に発達しながら接近中。
ちなみに地磁気の擾乱がレベル3でございます。
なんなんですかね。

土地の鎮護を司るのは三宝荒神だが、台湾も管掌しておられるだろうか。

おん けんばやけんばやそわか 

だったかな。忘れた。




 
コメント

春の陽のうらうら

2021年04月18日 | クル者拒まず



クルシャ君、昼間専用のベッドでうらうらしています。








ベッドに敷いたふわふわも、そろそろ仕舞時ですかね。







常に飼主のことを見ていてくれるクルシャ君だから、できるだけ
機嫌良く暮らして貰いたいですね。







よく、勘違いされて、猫はエゴイストだといった意見を見ますが
とりあえず彼に限っては、余裕がある限り飼主のことをいつも
気にしてくれていますよ。








こうして上向きのいい顔も、頼まなくても見せてくれるように
なりましたしね。




 
コメント

褒めると喜ぶ猫

2021年04月16日 | クル者拒まず



クルシャ君は被毛が柔らかいので保水力が高い
のかどうか知りませんが、真夏でも洗った毛が
完全に乾くまで二日間ほどかかります。






被毛の手入れをも嫌がるので、なおもよもよですが、いい匂い
がします。
それで、いい匂いだねと褒めてあげると、何か知らないが
とても嬉しがります。








褒められている気持ちが伝わるだけで、嬉しいようです。






クルシャ君が嬉しいと、飼主も嬉しい。







あまり褒めすぎると、爪の手入れなどをして誤魔化し始めます。






 
コメント

一新の継続

2021年04月14日 | クル者拒まず


何年か前に飼主はここで一新の話をしたが
曖昧すぎて判らないように話した。
こうしたものを支離滅裂という者が居る
のだが、節穴にはリニアルなイデオロギーしか
通じないので、理解しなくて良いのだ。





あの一新には続きがあって、一度始まったら止まらない。
まあ、なんでもそうですけどね。

終わって決まったことしか書かないから、安全でいられるのだ。







養生術ですね。


『荘子』に於ける養生術とは、食生活や健康維持のことではないからな。
飼主が13歳になる前に如何にして才と個性と志を磨り潰す現代で
志を全うするかについて弁論大会でもって主張したのが所謂養生術の
本質について、であったよ。







万全を尽くして為し得た後に
仄めかすならば、養生を為し得た
と言える。



偉大でエキセントリックな人々が、養生を達すること無く
急進的な思想のおかげで散っていった例があまりにも多い。
才がある者は、先ずは他者では無く、己の才を恐れなければ
ならない。






一新の続きは達したんですか。



また死ぬような目に遭って、なんとかやり遂げました。







毎年死にそうになってますよね。


定めだと心得ておりますよ。







 
コメント

春のふわふわ

2021年04月12日 | クル者拒まず



寒い間、クルシャ君の体調を考えて
洗わずにいたのですが、猫用バスタブを
手に入れて、怖がらせないように洗う
ことに成功しました。






冬の間の汚れが落ちて、彼もいい気分になってくれたようです。






どの猫も同じかも知れませんが、クルシャ君は風呂上がりに
毛が半乾きになると、挙動不審になります。
いつもより三倍くらいの速さで移動して、きゃふきゃふになります。








無防備な状態から復帰したことで、テンションが上がるらしいと
猫雑誌に書いてましたが、トイレハイと言われるものと同じ
気持ちなのかもしれませんね。







今は穏やかにしてくれています。

とにかく、猫用バスタブの導入は全く以て大正解でした。

風呂やシャワーを嫌がる猫にはおすすめしたい。






 
コメント

猫洗いの季節

2021年04月10日 | クル者拒まず


ふわふわで守ってきたクルシャ君そのものを
ふわふわにして、いい匂いにできる季節となりました。

花のようになってもらいたいですね。






とてもとても嫌がっている、様子ですが
画期的な猫用バスタブを導入したので、君でも
お風呂が嫌じゃなくなると思いますよ。







そんなの信じられませんね。


猫洗いをしているYouTubeの動画を見て確信したのです。
猫洗い用のバスタブを使えば、君もお風呂が怖くなくなる。








嘘か冗談でしょう。


頑なに信じないというより、お風呂が嫌なんですよね。
判ります。
ふわふわのくせに被毛の手入れを嫌がる性質がある
ということで、飼いにくい猫の五位くらいにラガマフィン
がランキングされてましたからね。








それでも観念したような顔をしているのは、もう諦めて
いるからなんですね。

嫌だったら猫用バスタブも使わないようにします。
とにかく、一度使ってみよう。







遠い目をしています。





 
コメント

棚の上の猫

2021年04月08日 | クル者拒まず



いつもは見上げさせるのに苦労しているクルシャ君でも
前回のように、何か異変があると、隠れたり忍んだりせず
いつも近くに居てこうして見上げてくれます。







何事も突然終わるものだ。いつも言っているように、明日在りと
思う勿れだ。飼主はおかげで、随分損をしましたけどね。







たとえば、もの凄く判りやすく言うと
どんなことですかね?


明日在りと思わないならば、投資なんかしませんよ。
たとえば、アメリカ株のテスラなんかがPER1000倍を
越えたんだけれども、そんなPER見たこと無い。

どこかの超人が1000年以上生きるつもりなのかね。
強欲は寿命を省みないことである、とは言える。







夜半に嵐の吹かぬものかは


まあそんなことなんだが、踊らないと損をする
なんてこともあるので、難しいものだね。

丁度今なんか桜に嵐の季節ですよね。








とても疑わしい目をしていますね。

何をしようとしているか、お見通しですか。









と、見せて
そうでもない。







 
コメント

どこからでも見守ります

2021年04月06日 | クル者拒まず



見上げるクルシャ君。





昨晩、深夜近くに飼主が急に具合が悪くなって嗚咽した
ところ、大変な心配をしたらしく、うろうろしながら
鳴き回ってました。

心配掛けて済まない。






それから、翌日の夕方までクルシャ君は飼主を見上げながら
どこへ行っても着いてきて、目を離そうとしませんでした。








まだ心配してますね。
もう平気ですよ。






ちゅーるが貰えなくなると、困るじゃ
ないですか。



それは非常に、凡庸な返答で飼主は失望しますよ。







本当は、自分のことより心配です。


だからといって、本当のことを言えば良い、というものでもない。




 
コメント

他愛なさ過ぎるので期待しないことにした

2021年04月04日 | クル者拒まず



クルシャ君の様子を細かく見ていましたが
この昼なんか、みょうに声を掛けてきていつもと
違うので、何か特別なことでもあるのかと、余計な
気を遣っていたら、フード容れにフードが無いから
くださいということでした。








期待もしない分、他愛なさも格別です。










不器用に手遊びしている様子など、京都派の描く子犬くらい
他愛ない。








長沢蘆雪も子犬描いてますが、やはり他愛ない。
クルシャ君はシニアになったのに、他愛ない。







自分の用が満たされたら、首をかしげたりするのも
他愛ない。





 
コメント