クルシャの天地

クルシャ(猫)は遂に自己の天地を得た。飼主は彼の尊厳を護る。

アリアン正面

2022年05月26日 | 女神アリアン



猫には正面があります。茶碗のように。






こちらはクルシャ君の横顔でありますが、彼の正面は
頭をやや左に傾けながら、目を右に向けて向き合う
所謂「クルシャ君らしい顔」なわけです。
クルシャ君の正面は子猫の時から変わりません。
マケドニアのアレクサンドロス三世が顔を右に傾けている
のが正面だったのと同じです。そうだな、カサンドロス?








正面姿勢を取る直前のアリアン。








そして、こちらがアリアンの正面姿勢。
本当に真っ直ぐ立ちます。







記事をずっと遡って頂けたならば、彼女が子猫の時に
ウルタ君の立派な姿を見ながら、この正面姿勢を保っている
様子がいくつか見つかるはずです。








目を真っ直ぐ置いて、少し上を見る。

前足はハの字に構える。







恐れがない顔をして、耳を立てて、興味を探る。
これが彼女の姿です。






久しぶりにアリアンの正面が見られて良かった。
ウルタ君は彼女にいろいろ見せていたけれども、アリアンは
いつもこの姿勢でいつもウルタ君の様子を見て、尊敬している
ようでした。






仲良くしようと、瞬きしたり欠伸したり
しましたけど、ずっと怖がっていた
お姉さんですね。



君がアリアンと全力で仲良しになろうとしている姿を飼主は見ました。
そして、思いましたよ。
この子は特別だ、決して傷つけることなく自らを犠牲にしても
愛する価値がある子だと。


五月二十四日、気象庁による3か月予報が出ています。
気温も降水量も平年並みか、やや高いまたは多い傾向である、と。





 
コメント

花クルシャ

2022年05月24日 | クル者拒まず




四月中旬の空気というか世論を記しておこう。
猫にとってデュナミスとエネルゲイアは同一であるから
こうきたらどうする? とか、これだからああなるなど
という杞憂や安閑とした無駄な時間はあり得ないので
あります。

アリストテレス先生に言わせると、そうなるのです。

即ち、侵略されたらどうするとか、このまま国難を放置
していても死にはしないと思い定めて、己が何なのか
何がしたいのかも見ずに滅ぶ幸せなんてものは、ない。







春先の花は、今はもうない。
来年また咲くかどうかも分からないけれども、時時の花はある。







猫も花も同じなのに、ヒトだけ、特にこの時代の人だけは
殊に無駄な時間を招いてエネルゲイアを否定する。









飼主なんかを端から見ていると、ベラチャオを唄いながら、
やれることというより、やるべきことだけやって余計な
ことをしていない。



"Bella Ciao"



侵略者やらと出会ったならば、パルチザンなんかは、
ある日突然死ぬんですよ。
だから、デュナミスとエネルゲイアは一致するのです。

強調したいRは巻き舌にするのも、よく訓練しよう。








飼主が元来猫的だったのか、猫に感化されたのか、知りませんけどね。


ところで、gooブログの規約がまた変更されました。五月二十三日。
日本国の法改正に準拠するものらしい。

第三者に対する毀貶は、之をあるまじき事とする、というのです。
名を挙げて殊更に誰かを貶黜する、誰かを特定して魯魚烏焉の誤り
を論う、なんてことを飼主はしてないから、セーフっすね。

あ、前回ナショジオの特定記事の最後の一文はどうなんだろう
というのは、貶黜ではなくて評価ですよ。公正なる評価である。
あれさえなければ、と残念に思っているくらい良い記事だったと
高評価していたからリンクしたわけでしてね。







飼主がネット始めた頃なんて、醜い口論や感情の込められた罵倒合戦
如きものを「議論」と混同している連中がうぞうぞしておりましたよ。
実に飼主なんかは、それらの中にありながら、常に礼節を守り要を
外さずに議論のみを続けて、主題で無いときに殊更他者の人格を
問題にすることなど避けてきた。

酒場で愚痴ることはありましたけどね。それはもう、同じ人かという
くらいに愚痴る。およそ器というものは、暗部の広さに相即するもの
であるよ。ペンタブラックより深くて黒いのは自認しておりますけれ
ども、それは公的な部分、表現部分の基礎となって流麗なるアーチを
支えるのでありますよ。大いに議論すべきだが、単なる貶黜は愚物の
所業であると『ウルタールのうる』に於いても、繰り返しています。

これが、飼主の立場、かつてのアルカヘストの立場であります。








 
コメント

花アリアン

2022年05月22日 | 女神アリアン



えー、前回に続きまして仏光寺の桜でございます。





仏光寺の東門。

門周辺の道路も随分と密縮したような形になっていますから、
その昔は堀でもあったんではないのか。調べてませんが。






まるで桜を手前に合成したかのように見事ですが、この通りで
あります。飼主に写真加工のスキルはございません。






つまりその、伸びをするアリアンの力強い後ろ脚も、この通りだと
思って頂きたいわけです。








花弁一つも落ちない、完璧な満開。

ちらほらと様子を覗える地元ならではですかね。
いや偶然なんですけど。








アリアンの被毛はいつ見ても美しいのですが








桜と松と白築地は、この時しか見られないのでした。


ところで、最近分かったらしい動物たちの捕食行動について
ナショジオが読みやすくまとめてくれています。
刺激的な内容ですから、ご注意下さい。
最後の一文が記事の価値を下げていると飼い主は思います
けれども、タコがイルカに抵抗する手段として噴気孔を
塞ごうとする、なんて壮絶だな、と。




 
コメント

桜と猫と仏光寺

2022年05月20日 | 取材報告



先月も初旬の話で恐縮です。





こちらはの写真は「桜の光2」として投稿される予定だった
写真ですが、「2」はございませんでした。








仏光寺近辺で、町家に入りたい猫を見つけましたので
こちらで勘弁願いたい。何の勘弁なのか分かりませんが。






あ、こんにちは。
洗って上げたい。君、綺麗になりますよ。







この写真の前後、玄関が開いて人の出入りがあったようですが
猫は家に入れて貰えませんでした。







猫のことを気にしながら仏光寺へ参りますと、例によって何か
書いてあるが、かような文言は一切気にならない。






今年の仏光寺は観桜に合わせるようにして、寺宝の特別公開も
していたようです。







参った頃には、このように枝垂れ桜が4割ほどになっておりました。






冬が去って行く時から、春に襲われ始める頃ですな。






 
コメント

寄って離れる

2022年05月18日 | クル者拒まず



猫は我慢強いから、全ての猫は強がりなのかと
いうとそうでもない。

クルシャ君は出來が弱い癖に強がりです。
たとえば





こうして瞳に寄っていっても、目を閉じない。
そして、大抵の者が
強がるのは、寄ってこられたときに目を閉じたこと
について自分が知っているから、その事実を隠す
為に強く出て他者を呑もうとしたり、買収したり
何かの交渉で克とうとする。

つまり、強がりさえ敗者の証なんであるが








クルシャ君は生粋の強がりなので、寄り続けても目を閉じない。
何かに目を瞑って誤魔化さない。








というよりこういうのを何と言うんですかね?

眼中にない?







意味が違う。









離れていくときでも目を閉じない。
目を閉じないゲームをしているわけではないのが、大事。







何を独り言言ってるんですか?



この間で、初めて撮影者を気にして問いかける
目つきをしてくる猫。



















 
コメント

日向から椅子

2022年05月16日 | クル者拒まず



日向を楽しんでいるクルシャ君。






前回も言及致しましたけれども、クルシャ君がよく日向に
毛を当てているおかげで、シルバー柄の黒い部分が
茶色に脱色しつつあるのではなかろうかと、心配しておりますよ。


現に茶色いもんね。







別の部屋の専用ベッドへと移動致しました。







茶色いですか?


うん。茶色いよ。







気のせいでしょう?

気のせいかな。いやどうだろう。

気のせいだと思うが、ヘンリー・マンシーニの「ひまわり」を
聴き給え、死にたくなってしまうぞなどと言われて、つい
聴いてみたら本当に死にたくなったのだが
どうして呉れようか。ついでに映像も見たがマストロヤンニ
が若くて誰だか分からなかった。






ウルタールの最敬礼はこうですか?


君も読んだのか?
あれもすべての細部を覚えていないと書き足せなくなる。
時を経るとね。









 
コメント

日向で頑張る猫

2022年05月14日 | クル者拒まず




歳時記では初夏となっています。
こうした昼間に、シルバーの毛柄の黒い部分が脱色
して茶色くなるほど、クルシャ君は頑張って背中を
直射日光に当てております。





手の前には自分で意図せずに運んできた猫砂が一粒。

何かを思って頑張っているようにも見えますが
居心地が良い場所に居座っているだけかも
しれません。








やがて、お茶と砂糖とラムが来ます。
それまで頑張ります。


Wellerman Official Music Video by The Longest Johns | Between Wind and Water (2018)



これじゃないですか?
一昨年くらいから、何処行ってもこれ聴くのだが
なんだろう。19世紀に戻りたいのかね。









分かってませんね。

猫は、お茶も砂糖もラムも口にしない。
そういうことなら理解していますけれども。








敵を屠るまで頑張ろうということです。


クルシャ君は、日向で寛いでるだけですよね?







ちょっと、むっとした顔。
微妙に表情が違います。








 
コメント

暑くなるよクルシャ君

2022年05月12日 | クル者拒まず



この記事を書いている時点で、太陽活動が異常な数値を毎日
のように叩き出しています。プロトン粒子の観測数が突然
10倍になったり、フレアの頻発やX線の警報も毎日のように
報告されている。





日天子眚の開始ですかね。


君も寛ぎながら、相当黒いことを言うじゃないか。
飼主の所為になるんだろうけど。









夏になれば暑くなるようなもので、受け入れ
るしかないことってあるじゃありませんか。


相場で言うトレンドだな。宇宙気象の異常トレンドを受け入れる
には、居住形式の根本的な見直しをするとか、惑星を取り替える
とか、なんなら何世代か掛けて別のイキモノに変容していくこと
も考えなければならないが、おそらくはもうやってるだろう。







この夏は暑くなるんですかね?


例のパプアの噴火で塵埃が大気中に増えたとか、この異常な
太陽活動とか変数が多すぎて、暑くなるのかどうかも分からない。
ちなみに、気象庁の長期予報はずっと外してますな。
飼主が幼い頃は、天気予報は「当たらない」ことの喩えみたいに
言われてたことがある。









夏になれば獲物が増えますね。




クルシャ君の仕事に期待しますよ。









 
コメント

五月の痾

2022年05月10日 | クル者拒まず



嵐電。四条大宮から嵐山まで行った際の写真のうちより。





外へ出ましても、写真にしないものですから、ついこのように
思いついて撮り貯めたものが、後の記事に用いられたりいたします。







杉玉の下に掛けてある木札には、三諸杉神、と書いてあります。
大神の三輪明神に関わる説話に出て参ります。

飼主は緯書も読みますので、目出度いことについて「祥」の字を
決して用いないことにしておりますよ。

『漢書』「五行志」に地に出現する怪奇現象として「妖糵禍痾眚祥」の
六種を挙げますが、右へ行くほど異常になり、厄災の度合いも高まる
のですけれども、御覧の通りで「祥」などは、あり得ないほど禍々しい
事なんで、用いることは無いのです。

この数年来地上で起きているのはこの内の「痾」であります。
災禍を当てて自然由来の社会的凶事を表す言葉にする慣行という
のも最近のことであって、より正確に知識の裏付けを以て表現
するならば「コロナ禍」ではなくて「コロナ痾」とするのが
書記(ラング)的には正しいと言うことになります。
禍は、あくまで文明の用具的なクラッシュが発生する事態に用い
るわけです。







木札の裏側に回ると、また違うことが書いてあるようですが、杉玉
は読めるが、その上がよく見えない。
「志るしの杉玉」のようにも見えますが。
この写真は、酒蔵直営店を見つけたのでつい入店して、店の中から
撮影しています。

さて、宿痾とも言うように、痾はヒトに起こる怪異のことです。
これら一連の出来事のおかげで、怪異が極まるならば、本体の怪異
が現れてきたり、怪異の程度が悪化するかもしれない。

眚や祥といったマグニチュードレベルが上がった怪異が発生する
ならば、ヒトは種として滅ぶことになります。
五行を解かれて滅する、という文脈で。







新しい出来たての内装。清々しい空間に、酒造組合直営店らしい
伏見の日本酒が揃っています。








卒塔婆を杖に、塚から「かっぱと現れ出でた際の、小栗判官」のようです。
餓鬼阿弥とは、この時の小栗。

まとえるか蓮の浮き葉を餓鬼摘む 明鹿人丸

不吉な話は、この夏が来る前に終わらせておきます。










それも「五行志」の中での話。何も太陽が歪になって、襲ってくる
わけではない。即ち、それが眚のような事になります。

出し抜けに気が変じて、世界内部の主要な何かが襲ってくる。
では、祥とは何かと言えば、世界外のものが襲ってくる。









生唾飲むほど不吉な文章をよく書けますね。
あんまりなんで、浄めておきます。







 
コメント

アンティークなんかどうですか?

2022年05月08日 | クル者拒まず


たまに行く店に置いてある、アンティーク風の何か。

背後の絵は洛中図を拡大したんだろうな。
手前の甲冑の右手は、胴に武田菱があるから飯部の赤備えよな。

左のは何だ?

最近は観光客の城址巡り用に「御城印」というのがあるらしい。
それで驚いたのが、この御城印のデザインイラストですね。
北之庄なのですが、もう「あっ鬼だ」って分かりますね。
鬼玄蕃だと分かるように描くって凄い力量だなと。

なんで分かるんだろう?
鼻毛と髭が繋がってるからかな。

そんな侍は柴田くらいしかいない、と言われれば然様。
さりながら、鼻毛と髭とを繋げてかかれかかれと怒鳴る
者があるかと、上意討ちされまいか。柴田なら許された
のだろうな。いや待て、それは本当に、(やめよう)






秀吉の馬印からもぎ取ってきたやつ。

クルシャ君、飼主もたまにアンティークに興味涌いてきて調べて
時間を過ごすことがあるのです。あっという間に過ぎてしまう。







この前、緑色のガラス調べてましたね。

ウランガラスかな。
19世紀から20世紀中葉くらいまでしか作ってないから、アンティーク
しかないんだよね。せっかく、紫外線照射もできる強力マグライト
を手に入れたので、ウランガラスを照らしたり、薬入れて匙で
掬ったりしたい。光ってるウランガラスの壺の中にあるビタミンCの
粉末はどう見えるのだろうか?









何か分からず写真にしたら、ケルプが幼児体型を露わにしている
額であった。みなさんところで、キューピー即ちクピドとケルプを
混同してませんか?
wikiなんかで調べても本当のこと書いてありませんよ。









嵐山駅にある和柄の柱。これもアンティーク風の意匠というべきか?

ちなみにウランガラスや夜光塗料による被曝量は取るに足りない
ものなので、健康に影響は無いそうです。













 
コメント