クルシャの天地

ラガマフィン(猫)のクルシャ君。飼主はあらゆる秘密を彼に伝授する。

初鱧はフライで

2018年06月24日 | 取材報告

夏に涼しげな京町家の風情。






丁寧に改装してある町家を拝見すると、なんとなくほっとします。
この10年で市内の町家建築は20%くらい減ってるそうです。
ホテル乱立が始まった2年ほど前から、さらに減っている
ことでしょう。

宿泊施設だけが増えて風情を消していく観光地とは、いずれ
単なる滞在地になってしまうわけで、地域のグローバル化が
進めばツーリズムの価値も無くなると思うんですがね。






そしてデフレも進む。料理店が立ち飲みを始めていました。
利用者としては有難いが。






まだ、稀にある造りの集合町家建築。
この通路になっている部分の上にも部屋があります。

楼上の文人でも居たんだろうか。








散歩して軽く飲み物を頂きました。

すっかり夏酒の季節となりました。









そして、夏の鱧。

今年の初鱧はフライで頂きました。



ウルタールのうる: 巻二十四 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや

新刊『ウルタールのうる』第二十四巻

表紙 高教府付従者 ふく「金融恐慌とか、アポロとは何ですか」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月20日16時から、5日間無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の添い寝

2018年06月22日 | クル者拒まず


夜中、寝苦しくて、自室へ枕を持ち込んで畳の上で
寝ておりましたら、クルシャ君がやってきて添い寝してくれました。







さすがに寝床が堅いので輾転反側しておりますと、クルシャ君も
嫌がるので枕を明け渡すと、こうして独り占めして寝てました。







この様子が可愛かったので、動画にしたのですが



人のまくらで眠る猫



眠り込んでいるだけあって、ちっとも動きません。

夢を見ているようで、前脚や口が少しだけ動いてます。












枕はこのままにしておくから、そこで寝ていてください、クルシャ君。



ウルタールのうる: 巻二十四 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや

新刊『ウルタールのうる』第二十四巻

表紙 高教府付従者 ふく「金融恐慌とか、アポロとは何ですか」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月20日16時から、5日間無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鴨川の鳥

2018年06月20日 | 取材報告


北大路というあたりの鴨川の近くです。

川辺にはいろんな鳥がいます。






商店街の鷗。
都鳥らしい。


軒下には燕が飛んでいました。








アオサギも堂々としています。








隅田川はゴイサギばかりでした。
夜に見るゴイサギは、コートを着てじっとしている人のような
姿にも見えたものです。


橋の下をくぐって鴨川の畔を歩いていると、鳶がすぐ上を飛んでいました。
すぐに烏が飛んできて空中戦を開始、鳶はしつこい烏の追い出しに降参して
去って行きます。烏は橋の上の街灯の上に立って、勝った勝ったと騒いで
ましたね。近くに巣でもあったのだろう。







鳶と烏の空中戦を間近で見た後に戻ると、まだアオサギが持ち場で
じっとしてました。







帰りの電車で見た広告。

これ、人気あったんですね。
知らなかった。


ウルタールのうる: 巻二十四 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや

新刊『ウルタールのうる』第二十四巻

表紙 高教府付従者 ふく「金融恐慌とか、アポロとは何ですか」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月20日16時から、5日間無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ウルタールのうる』第二十四巻ガイド

2018年06月19日 | ウルタールのうる





『ウルタールのうる』第二十四巻が出版されました。

宙塔文書の奇怪さが明らかとなり、屍鬼の指導層大屍鬼の正体も
知られる。

要求される作品の収束地が見えると、小手先では扱えなくなります。
プログで出しているお楽しみでは無くなってきます。
幸い、ややブレはあったものの、構造は作ってあったので、土台を
整備する仕事に掛からなければ目標に到達できないことが、このあた
りから見えてきました。
ウルタ君の寝姿を目の前に見ながら、それでも彼が近くに居て励まし
てくれているようにも感じて、時間を掛けてもやり遂げようとして
いた矢先、ウルタ君は突然天に帰っていきました。
何も手に着かず、自分が何をすべきなのかも見えなくなったまま、
五年が経過します。
ウルタ君の六回忌を前にして、もう一度書き始めて、この作品を終わ
らせようと決めたのが昨年の秋。
ブログに掲載された分の話は、次回で加筆、編集、校正を終えます。


第二十四巻にも「屍鬼制圧作戦図」が付属しています。

本ガイドが読者の皆様方にとって助力となれば幸いでございます。




表紙

高教府付従者 ふく

本作登場キャラクターのうち、唯一ひらがなで名が表記される。
ミックスダブルコート。ダイリュートの白黒。
フカルヤと同じ将軍付小姓組として、学業と学資の一部免除を
受けて鎮西軍に参加する。飼主襲撃後に怪我をしながらウルタ
に報告に向かうが、その場で存在を否定される程叱責される。
後に軍籍から離脱。小姓組も抜けて、飼主と共に高教府に属する。

ウルプライムの警察が飼主を確保に高教府に立ち入った際には、
身体を張って飼主の連行を防ごうとして怪我を負う。
高教府のハオマ枢機卿の許しを得て、飼主と共にケルマン寺、
および宙塔の探索に向かう。





第二十四巻のあらすじ 

ケルマン寺で異界の文書群を初めて目にした飼主は、混乱する。同じ
ケルマンの地域に潜伏している矢島を追ってきたメナスとベルから
調査の現状を知った飼主はウルタを案じる。クワイエボム渓谷では
ナタンの軍が大屍鬼の一団に急襲される。ンガリハリで潜伏調査中の
ホクマーは大屍鬼の正体を本部に通知。ウルタは本国の動向と屍鬼体制
の分析を命じる。






キャラクターピックアップ

クシュ・ンリタリ

屍鬼の最高指導機関、大屍鬼三頭枢密洞洞員。
魑行砂漠北方の山麓地帯にほぼ絶滅状態で生息していた大屍鬼らは、
レッドパンダに導かれて、種の存続のために彼らに頼り、屍鬼を建国
した。最高権威として屍鬼に君臨し、常にその動向を国民に知らせて
敬愛の対象となっている。
クシュ・ンリタリはクワイエボム渓谷で屍鬼の師団を率いてナタンの
軍を襲い、一旦敗走させる。ンガリハリ開城後は、戦後処理に関する
屍鬼側の総責任者として任を果たした。






事象

宙塔文書

ウルプライム北方の宙塔からもたらされた、とされる異界由来の文書群。
ケルマン寺の宝蔵にその大半が眠っているが、解読され、かつ有用と
された文書に関しては高教府に保管されている。
解読手法や情報の利用法についての詳細は不明。




ウルタールのうる: 巻二十四 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや

新刊『ウルタールのうる』第二十四巻

表紙 高教府付従者 ふく「金融恐慌とか、アポロとは何ですか」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月20日16時から、5日間無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱ベッド

2018年06月18日 | クル者拒まず


近くの立ち飲みの店。
去年から店舗数を増やしています。






出てくる料理がなかなかなので、満足です。








最近、立ち飲みで充分かな、と。







家では、空いた箱にクルシャ君がいつものように入ってました。









クルシャ君も箱に合わせた入り方をしているようです。
長い箱なら長くなり、狭い箱ならみっちり座ります。
今回はベッドにするのにちょうどいいサイズだったようですね。








箱の縁の短辺のあたりが枕になることにお気づきに成られたようで。




空箱ベッドの猫




全体を動画にして見ますと、そんなにぴったりでもない。
でも、箱にできるだけ密着したい気持ちは伝わってきますね。







毎回、いろんな入り方をしてくれます。








クルシャ君のおかげで、毎日優しくなれてますよ。
今日も外に出て、君のこと思ってました。







暑くなってきたから、ちゅーるは冷やしたのをあげよう。


ウルタールのうる: 巻二十三 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十三巻

表紙 馳符 イイン「第三軍の移動先の指示を願います」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」




ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷酒と風の六月

2018年06月16日 | 取材報告


農耕暦に親しんできた歴史から、田植えの季節が
終わると、各地の社でお祭りがあったりします。

苗の上を渡る風が気持ちいい季節です。






近くの神社でほんの近所の人たちが集ってお祭りしている
ところに立ち寄りました。








いつもの拝殿を、今夜は通り過ぎながら挨拶。








祭太鼓を聞きながら、歩いていつもの店に










滋賀の日本酒には隠れた銘酒が多いことを、去年くらいから
知りました。ご存じでしょうか、三連星。

飲みやすくて、旨い。







軽いつまみもあります。









こちらの名物はフィッシアンドチップス

こちらも、是非。








東洋美人も格安でいただけます。

こちらは間違い無い美酒。



ウルタールのうる: 巻二十三 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十三巻

表紙 馳符 イイン「第三軍の移動先の指示を願います」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月13日16時から5日間、無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風が気持ちいいからお風呂です

2018年06月14日 | クル者拒まず


外を見ているところすみません、クルシャ君ご用があります。






そうなんだ。

またお風呂なんだよ。







風が気持ちいい日だから、お風呂の後は
いつもより爽やかだろうと思ってのことです。

悪く思わないで欲しい。








すぐに乾くので、毛繕いも短時間で終わりました。










半乾きの細めのクルシャ君です。

と、クルシャ君を見ていて不謹慎だが、近所の銭湯(数少ない)
の前で見た映像が甦ってきました。








クルシャ君、風呂上がりの女の子に似てる。

髪梳かさずに出てきたところ。



ウルタールのうる: 巻二十三 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十三巻

表紙 馳符 イイン「第三軍の移動先の指示を願います」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月13日16時から5日間、無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『ウルタールのうる』第二十三巻ガイド

2018年06月13日 | ウルタールのうる




『ウルタールのうる』第二十三巻が出版されました。

タンパライ開城と、屍鬼およびウルタールの隠された歴史の探究が
開始される。

このあたりから連作の無償公開に対するリスクを感じるようになって
きています。構造と構想をできるだけ単純で凡庸にしておくと、着想
だけで書く側も読者と一緒に楽しめるスキームができるわけで、
二十三巻目あたりまではギミックとストーリーテリングだけで保って
いっても提供側としては何か抜かれて困るものもなかったわけですが、
いよいよ全体構造に関する洞察と、用意されていてしかるべき個性と
いうか、オリジナルな着想に関しては、流石に抜かれては困る。
次第に転換点に近付いているこのあたりで、そろそろ筆を止めようと
考え出していた頃です。当時は著作権を保全できる電子出版も簡単に
できませんでした。


第二十三巻にも「屍鬼制圧作戦図」が付属しています。

本ガイドが読者の皆様方にとって助力となれば幸いでございます。




表紙

馳符 イイン

アビシニアン。
ホウサクと共に第四十四回鎮西軍に准将位で参加。マウクシ険塞
攻略の際には補給部隊を率いる。
ホウサク同様、青煙ロウタンを敬愛する。馳符と呼ばれるのは、
主に方術を研究して身に付けていることによる。コウセキ、ホクマー
らが三姉妹から這々の体で逃げて来た際、彼らの身体に留めてあった
符を手にして、三姉妹の尋常で無い才能をいち早く見抜く。
ナタン邸に単身乗り込んだロウタンの救出部隊を率いたこともある。
魑行砂漠作戦では、ロウタンの第三軍に属する。
同志であり、義兄弟でもあったホウサクを失って失意するが、後に
国洗光元の配下となっていたジョキと、方術戦を交わすことになる。

リンクスの三姉妹のうち三女を娶る。






第二十三巻のあらすじ 

湾口を封鎖されたタンパライに反応が消える。夜陰に乗じて脱出を計った
ントンボはカツゲン黒猫隊に捕捉される。ウルタは屍鬼の歴史についての
調査に着手するよう指示し、タンパライに降伏の使者を出して無血開城を
勝ち取る。ホウサクの略式軍葬が行われ、イインはロウタンからホウサク
の評価を得た上、隠遁の要諦を授けられる。
飼主とふくはウルプライム北方のケルマン寺に到着し、膨大な異界の文書
を目にする。





キャラクターピックアップ

ンシトーマ

屍鬼軍タンパライ海上要塞司令。共同軍第五軍によるタンパライ封鎖
作戦が開始されることを予期し、無人自爆艦による封鎖突破攻撃を立案、
指揮してホウサク准将率いる砲艦隊を壊滅させる。
タンパライは屍鬼半島に自生する食糧管理基地でもあった。食料調達官の
ントンボをひどく嫌っていたンシトーマは、タンパライの運営に同要塞で
自らの軍務に容喙してくるントンボらを置き去りにする形でタンパライを
脱出。後にウルタール長島海軍要塞に連絡を取って、投降する。





事象

父祖の地

魑行砂漠ンガリハリ北方にある山岳地の南麓地帯。その密林地域の
谷間にある古いレッドパンダ生息域を、屍鬼は「父祖の地」と呼ぶ。
屍鬼は数世代前に、父祖の地から南方に移民し、新興国家屍鬼を
建国した。




ウルタールのうる: 巻二十三 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十三巻

表紙 馳符 イイン「第三軍の移動先の指示を願います」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月13日16時から5日間、無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和菓子の餡が好きな猫

2018年06月12日 | クル者拒まず


クルシャ君、お土産買ってきました。

最寄りの商店街にある餅屋で出来たてのおはぎ買ってきたのです。








包みを開けると、すぐに自分の食べられるものだと理解した
クルシャ君が寄ってきて、小豆餡だけを舐めはじめます。







ウルタ君も小豆餡を少量、よく舐めてました。

猫の中には和菓子の餡が好きな子がいるようです。





おはぎ食べる猫



あまり勢いよく舐め続けるので、おはぎが剥げて蒸し米の塊
になりつつある。それに、与えすぎてもいけないということで、
一旦蓋を閉じますが、開けるとまた舐め出す。







京都市には、餅屋と和菓子屋と茶菓子屋があるらしい。
餅屋は団子やおはぎ、桜餅、水無月などを季節毎に売ってます。
和菓子屋は饅頭や八ツ橋や鉾餅や阿闍梨餅を売っていて
茶菓子屋は茶席用の和菓子を売っている、という区別らしい。

そういえば、そんな違いも分かるような。







クルシャ君、聞いてますか?

夏のおはぎは、夜舟というらしいぞ。
春が牡丹餅で、秋がお萩。
本当かね。

冬が無いんですよね。







うん、聞いてないね。

次は水無月でも買ってくるから、試してみるか。





ウルタールのうる: 巻二十二 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十二巻

表紙 隠士 ホウサク「私は本作戦の砲艦部隊の指揮官である」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」




ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまに押し入れ調査をするクルシャ君

2018年06月10日 | クル者拒まず

猫が一点を見つめるときには、壁の向こうの
生き物が出す小さな音を聴いていることもあります。

この日、クルシャ君が床の一点を見つめていたのは
どうも音を聴いているのではないらしい。








彼がこうして同じ一点を見つめていることはかつて何度か
ありました。


とにかく見ている。







以前、この場所に小虫が歩いていたことがあるのです。

以来、よく見つめるようになりました。
守株、というやつですな。








猫はこうして自分の記憶が再現されることを期待して
同じ場所を守ることがあるらしい。やはり、待ち伏せ型の
狩猟をする性質から、派生する行動ではなかろうかと
思ってますよ。


そして、当然ながら何も出ないわけで、守株に飽きますと
今度は押し入れの中を確認に参ります。






押入れ調査猫




自分で戸を開けて、中を覗いて、異常が無いか確認します。

これね、毎回飼主が閉じてるんですけど、開けたら一度で良いから
閉じてくれませんかね。無理? だよね。









これもクルシャ君の仕事なんだろうな。









なぜか充実したようなお顔をなさっています。












異常なし、ですか。
むしろ異常があったら、君を飼主が遠ざけますけどね。


ウルタールのうる: 巻二十二 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


新刊『ウルタールのうる』第二十二巻

表紙 隠士 ホウサク「私は本作戦の砲艦部隊の指揮官である」

附 「ウルタール世界の地図」
  「屍鬼制圧作戦図」

6月6日16時から5日間、無料配本


ダウンロードしてすぐお読みになれます。

次巻発売開始迄には、当ブログ内の該当連載記事が
順次消去されていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加