goo

映画「源氏物語 千年の謎」

2011 東宝 136分 監督 鶴橋康夫 原作 高山由紀子 出演 東山紀之 真木よう子 窪塚洋介 田中麗奈 生田斗真 中谷美紀 鑑賞 松江SATY東宝

源氏物語はこれで3度目だ。
従来の源氏と違うのは藤原道長が天下を取る野望のために源氏物語を書かせたとなっているところだ。そのために紫式部を色仕掛けで動かす趣向。

また、現代風に画像はなかなか美しい。もののけが屋上から道長を襲い、かれが刀を抜いて応戦するシーンとか、光源氏が舞を舞うシーンが映像的に目新しい。

数多く出てくる女性よりも、藤原道長(東山紀之)とその友達など、男性陣が興味をそそる。ひとりは陰陽師・安倍晴明(窪塚洋介)。いつも遅参し、「役に立たぬ男よのう」と言われる。かれが木の葉を吹いて女を作り出すのが面白かった。

もうひとりは、食べることにも女性にも興味がなく、いつも本を読んでばかりいる男※。
(本は「白氏文集」)道長は別だが、この二人は「草食男子」といえるだろう。

女性では桐壺と藤壺を演じる真木よう子が抜群の美しさである。

紫式部(中谷美紀)は、美人ではないが、庭を散歩中、道長に襲われて関係を持ったと描かれている。ヴェルサイユ宮殿じゃあるまいし、夕暮れ女性がひとりで庭を歩くなどということはありえただろうか。

すだれを掲げるのに、女性が両脇にいて、手で持上げていたが、いくら平安時代でも巻上げ機がついていたのではないか?清少納言の「香炉峰の雪」では確か紐を引いていたと思うが。

総合点は67点。長尺だし、劇場でなくても、レンタルかTVでもいいのでは。

→「千年の恋 ひかる源氏」11-6-28
→「新源氏物語」14-5-15

※ 藤原行成だそうだ(12-1-9付記)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )
« 四十八歳の抵抗 年寄りの話は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
源氏物語 千年の謎 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画  おこちゃまには、官能的過ぎたのでしょうか  映画を見ながらもそもそとしているお嬢様がたが   見受けられました。内容的には15禁でしょうか。   紫式部は、源氏物語をとおして藤原道長への ...
 
 
 
源氏物語 千年の謎 (LOVE Cinemas 調布)
日本最古の恋愛小説「源氏物語」をモチーフに作者の紫式部の生きる現実世界と光源氏の生きる物語の世界が交錯する。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。主演は『ハナミズキ』の生田斗真と『阪急電車 片道15分の奇跡』の中谷美紀。共演に東山紀之、窪塚洋介、真木よう子、多...
 
 
 
源氏物語 千年の謎 現実と物語と自分の夢の中を行ったり来たり・・・(^-ω-^)Zzz.. (労組書記長社労士のブログ)
【=66 -12-】 「世界最古の長編小説」または「世界最古の恋愛小説」、昔からなんども何度も読もうと思って結局挫折しまくった源氏物語、、徹底的に映画やドラマや舞台に使われてきたであろう、今回の映画「源氏物語 千年の謎」の原作はコミックだそうだ。  平安王朝の...
 
 
 
*『源氏物語 千年の謎』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、鶴橋康夫監督、生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子出演。
 
 
 
源氏物語―千年の謎― (映画的・絵画的・音楽的)
 『源氏物語―千年の謎―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作では、原作小説(注1)に従って、光源氏を中心とする純然たるフィクションの物語と、紫式部を中心とするいわば“映画的”な「現実」の物語とが交錯して描かれていて、その狙い自体は随分と興味をひかれ...
 
 
 
源氏物語 千年の謎(2011-112) (単館系)
源氏物語 千年の謎 源氏物語は紫式部が書いた書物とされ それの新解釈(?)の映画化。 藤原道長(東山紀之は、娘が天皇の寵愛を得るために 娘の女房役である紫式部(中谷美紀)に誰もが夢中になるよ...
 
 
 
映画『源氏物語 千年の謎』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-89.源氏物語 千年の謎■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:136分■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:0円(招待券)□監督:鶴橋康夫□原作・脚本:高山由紀子□脚本:川崎いづみ□撮影:藤石修□照明:磯野...
 
 
 
源氏物語 千年の謎 (いやいやえん)
文字というのは不思議なもので、後に残り後を引く。書いた物語は彼女の願望であろうか、そう考えると愛欲に狂い嫉妬に走るいわば「女」というものに現実味がでてくる。六条御息所の女の情念は、式部の修羅そのものな