未来を信じ、未来に生きる。

今に流されず、正論を認識し、社会貢献していく人生を切り拓くブログ道。

石原都政と「オール与党」がオリンピックを口実に建設を推進している巨大道路は総額九兆円

2009-04-12 11:47:24 | 国内政治
列島だより
五輪口実の東京外環道計画
福祉・医療削り 1メートル1億円

--------------------------------------------------------------------------------

 都民の反対で凍結されていた関越道と東名高速を結ぶ東京都練馬区―世田谷区間十六キロの外環道(東京外郭環状道路)建設計画が、オリンピック招致や景気対策にかこつけて一気に進められようとしています。事業費は一兆六千億円。一メートル一億円の巨額の浪費に、巨大な環境破壊と生活破壊。「そんなお金があるなら暮らしや雇用、福祉や医療を充実してもらいたい」と、建設計画の根本を問う声が強まっています。(松橋隆司・ジャーナリスト)

--------------------------------------------------------------------------------

30年以上も凍結

 この高速道路建設計画は、一九六六年に高架方式で都市計画決定されています。しかし、住民の強い反対運動で、超党派の国会議員数十人が支援、四年後に根本龍太郎建設相(当時)が凍結を宣言。以来、三十年以上凍結されてきたものです。

 これに対し、財界は一貫して建設推進を要求。一九九四年以来、JAPIC(日本プロジェクト産業協議会=巨大ゼネコン、大銀行、鉄鋼、セメント、自動車などの大企業が参加)が、地下化による建設を提案していました。

 そして、石原都知事が就任した年の一九九九年十月、建設予定地を視察し、計画推進の意欲を表明。知事からの要請を受けた扇国土交通相(当時)が二〇〇一年現地を視察したことで、建設計画が動き始めました。

 翌年六月から国と東京都、関係自治体は、住民参加のPI(パブリック・インボルブメント)という沿線協議会を開きました。「計画の構想段階から幅広く意見を聞く」というふれこみでした。

 計画地域の住民にとっては、大気汚染、立ち退き、農地や緑地の消失など、健康や生命、生活住環境の破壊に直結するだけに、疑問や意見が続出しました。

住民の意見無視

 沿線地域は、地下水脈が地表面にわきだす水源地帯。練馬区の八の釜、石神井、杉並区の善福寺、三鷹市の井の頭などの水脈と外環道のトンネルが直角にぶつかるため、これらの公園の池と森がどうなるのか、という心配を多くの住民が訴えています。

 行政側は「バイパスで地下水を通すから大丈夫」と説明します。しかし、住民側から「バイパスはすぐ目詰まりする」と例をあげて反論され、行政当局は「大丈夫」という根拠を示せないでいます。

 住民からは、反対意見や疑問の声が続出し、沿線の区長や市長からも疑問の説明を求める意見が出されました。

 しかし、国土交通省は、〇七年十二月、国幹会議(国土開発幹線自動車道建設会議)を開き、わずか五十分の審議で、外環道建設計画の練馬―世田谷間の基本計画を承認しました。しかも、住民の意見は議論の対象にもならず、資料さえ提出されていないことが、日本共産党の笠井亮衆院議員の追及で判明しました(衆院予算委員会〇八年二月)。

 笠井議員の質問は、「PI」会議が、「住民の意見を聞いた」というだけのアリバイづくりにほかならないことを浮き彫りにしました。

国会内で初集会

 国と都は、話し合いを打ち切って、「対応の方針」(素案)を一方的に発表。知事は「機は熟した」と建設強行の姿勢を示し、整備路線化を決めるための国幹会議を開くよう国に求めています。自公政権も、景気対策の名で一気に外環道建設の事業化を図る意向とされ、緊迫した局面を迎えています。

 国と都が主催した「地域課題検討会」に参加してきた沿線住民らは、超党派の国会議員に参加をよびかけ、参院議員会館で三月二十六日、初めての集会を開きました。国会議員は共産党の笠井議員のほか、民主や社民の議員・秘書約二十人が参加しました。

 住民らは、地域課題検討会について「懸念や不安は解消・軽減するどころか、不信感の強まる結果となり、沿線住民との合意形成にはほど遠い状態にある」と実情を紹介。着工につながる「外環道路の整備計画路線化を沿線住民として容認できない」と訴え、議員らに協力を求めました。

3千棟立ち退き

 もう一つの重大問題は、外環本線の地下トンネル地上部に「外環の2」(練馬・目白通り―三鷹・東八道路)といわれる都道を建設しようとしていることです。外環本体とともに日本共産党都議団が繰り返し追及し、問題点を明らかにしてきました。

 住宅密集地を抜けることから、三千棟もの立ち退きが予想され、事業費は推定六千億円にもなります。石原都知事は一九九九年の視察の際、この道路について、「マイナス要因が発生している道路の問題だから、これを地上につくるということは考えられない」と表明しています。

 共産党の松村友昭都議は一般質問(二月二十六日)で、「地下本線の事業化の見通しが立ってきたからといって、地上部道路建設を持ち出すのは、だまし討ち以外のなにものでもない」と批判し、計画の取り下げを求めています。

 武蔵野市在住の上田誠吉弁護士(82)は昨年、外環本線が地下方式になったのに伴い「外環の2」は廃止すべきだ、と都を相手取り東京地裁に提訴し、係争中です。訴状は、石原都知事の記者会見(〇六年四月)や国や都のパンフレットに、地上生活者に迷惑をかけないことや地表に影響を及ぼさないように地下方式にした、と説明していることにも言及しています。

自・民・公が促進

 だまし討ちをしてまでも石原都政が建設計画を強権的に進めることができるのは、都議会の自民、民主、公明三党で都議会外かく環状道路建設促進議員連盟を構成し、建設促進の発言を繰り返しているからです。

 石原都政と「オール与党」がオリンピックを口実に建設を推進している巨大道路は、それにとどまりません。別表のとおり、これらは総額九兆円にものぼります。

 共産党都議団の吉田信夫幹事長は〇六年三月の予算特別委員会で、「東京都の負担は底知れないものになる。いったいどこにそんな財政的な力があるといえるのか」と指摘。東京の中小企業対策予算は毎年連続して減らされ、最高時の半分以下になっていることを挙げ、計画中止を求めました。

 石原都政は就任当初から、「何がぜいたくかといえば福祉」と公言し、老人医療費助成、無料シルバーパス、老人福祉手当などの事業を廃止・改悪。革新都政以来の福祉・医療・教育の優れた施策をことごとく切り捨ててきました。

暮らしに税金を

 共産党の志位委員長は三月三十日の大田区の演説で、外環道の事業費が一メートル一億円になることを紹介し、その七百四十メートル分で削った高齢者福祉を復活できる、百三十メートル分で三十人学級を実現できる、と逆立ちした税金の使い道の転換を具体的に示し、「オリンピックを看板にした巨大道路より、都民の暮らしに税金を使え」と訴え、大きな共感の拍手に包まれました。

--------------------------------------------------------------------------------

「外環道路計画の中止を求めます」と10万人署名をよびかけた
豊田詠史「市民による外環道路問題連絡会・三鷹」代表委員

 日本では、大型公共事業への住民参画の意見が「聞きおく」とされるだけで、反映される仕組みになっていません。それでも市民の意見を集約し、行政に、不確定要素の多いこの外環道計画に多くの市民が疑問と不安を抱いていることを、署名という形で訴えたいとするものです。署名はこれまでに、五千数百人分集まっています。

 この計画の最大理由でもある、東京二十三区の通過交通14%を迂回(うかい)させるため外環が必要とした数値も実際は、交通量で1・5%、走行量で4・2%にすぎません(国交省のデータにもとづき再検証の結果)。

 市民は「地域課題検討会・地域PI」において多岐にわたる問題点を指摘しましたが、反映されず、それではと、五区市七団体で報告会や院内集会を開催し、運動を着実に広げています。

 道路行政が過去何を残してきたか。農政の不在、過疎化、地域格差、自然環境の破壊…数え切れません。またぞろ経済の実質成長率とは関係ない、道路行政のばらまきを続けることは、第三次、第四次の過疎化と地方格差を生み、国やぶれて道路のみ、となりかねません。

(出所:日本共産党HP 2009年4月6日(月)「しんぶん赤旗」)
コメント (33)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 沖縄県名護市の辺野古崎への... | トップ | 日本共産党の志位和夫委員長... »

33 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出所。 (東西南北)
2009-04-12 11:55:08
 図1:東京外環道計画。

 表1:五輪招致を口実にしたインフラ整備の試算。

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-06/2009040613_01_0.html
Unknown (すまり)
2009-04-12 12:33:58
それよりも、東京を通らずに迂回して、各種高速道路がつながるような道の建設をしてほしい。

たとえば、東京郊外に「大外環道」を作って、東京に集まってきているすべての高速が、都内を通らずに別の高速に直結するように。

ところで、今の東京の交通事情をそのままにしてよいとお考えですか?

いっそのこと
「都民の生活と健康のため、許可のない車は都内通行禁止」
「都内は基本、公共交通機関と徒歩、自転車のみの通行とする」
って、提案してくれたほうがよいのですが。

渋滞が環境悪化につながるのは明白。
いっそのこと、共産党職員が、東京では車を使わず、公共交通機関と自転車で移動してくれれば説得力あるんですが。

東西南北氏がよく(都合のよいときだけ)例にだす欧米では、そのような大都市の公共交通機関や自転車やバイクの利用推進として実施されていると聞きました。

ぜひ、共産党職員が率先して車利用を辞めては?


とかいて気づいたけど。

一般の専従職員って、車を買えるほど給料もらっているのかふと不安をもった。
Unknown (くろねこ)
2009-04-13 20:03:30
東西さん、こんばんは。
 外環に反対するならば、現在建設中の圏央道を一気に進めるのみ。道路は国土の血管ですからね。
 日本の道路整備は「環状線」が遅れています。これは緊急で進める必要はあります。都心部に用のない車が、都心部を通過しない為にも・・・

国土交通省 圏央道
http://www.ktr.mlit.go.jp/3kanjo/kenoudo/

 あと「しんぶん赤旗の記事」の下記部分のソースをお願いします。どこの団体が通過交通量の「再検証」したのか知りたいので・・・

> この計画の最大理由でもある、東京二十三区の通過交通14%を迂回(うかい)させるため外環が必要とした数値も実際は、交通量で1・5%、走行量で4・2%にすぎません(国交省のデータにもとづき再検証の結果)。



くろねこさんへ。 (東西南北)
2009-04-13 21:18:31
 記事を普通の読めば、ソースは、「市民による外環道路問題連絡会・三鷹」ではないですか?

 「外環道路計画の中止を求めます」と10万人署名をよびかけた、豊田詠史「市民による外環道路問題連絡会・三鷹」代表委員」と記事に記載していますよ。

 「外環道路問題連絡会・三鷹」のHPhttp://gnohara.com/simingaikan/index02.htm

 何度もいいますが、こんなことは自分の時間と労力を使用して調べてください。
東西君よ (仮)山田二郎)
2009-04-13 21:53:29
君は前に言われてる事を忘れてるの?
建設推進の団体や、建設反対している団体の調査結果を盲目的に信用してどうすんのさ。
山田さんへ。 (東西南北)
2009-04-13 22:09:10
 前にも言ったことを理解できていないのは、あなたですよ。あなた。

 「しんぶん赤旗」が報じているのですよ。虚偽報道だというのであれば、どうそ訂正報道をさせてください。それもできないで、「嘘か、本当かは、わからない」って、卑劣以外の何物でもないですよ。虚偽だと主張するなら訂正させてから言いなさい。外野で「マスコミは嘘ばっかり、本当かどうかわからない。信じるか、信じないかだろう」こんな愚痴をいつまでも法螺吹いて、結局は、報道の意義を理解できていないですね。報道は、漫画ではないのですよ。わかりますか?タブーをつくり、報じない事実はありますが、報じたことは事実です。もちろん、誤報がありますから、誤報だと主張するのであれば、訂正報道を求めて訂正させてください。

 というか、普通は、政府、警察、検察などから流れてくる情報を検証、独自調査して国民へ知らせるというのが、報道機関、野党の機関紙誌の仕事です。政府・国土交通省の情報よりは、マスコミ・市民運動団体、野党の情報のほうが十分に信憑性はありますね。

 ま、いづれにしろ、根拠もなく、報道されている情報を「嘘か本当かわからない」という妄想は改めること必要があります。民主主義ですから報道を根拠にして判断し、政治運動、裁判闘争をするのは当たり前です。
また、馬鹿発言してるよ (仮)山田二郎)
2009-04-13 22:15:47
訂正報道がなければ真実であるなんて、メディアリテラシーの欠片も無い事言ってるのは君ぐらいです。
Unknown (すまり)
2009-04-13 22:37:53
あのですね。

>「しんぶん赤旗」が報じているのですよ。虚偽報
道だというのであれば、どうそ訂正報道をさせてください

それは私が「産経新聞」「読売新聞」「聖教新聞」などの新聞の書いていることを理由に、それを事実として話した場合、あなたがもし反論してきたらその論理で返してよいんですね。

私が「あなたの主義主張に反している新聞」を題材にしてあなたを批判しても、その反論に対しては「新聞社に言え」でよいわけですか?

つまり、たとえば非正規雇用に対して「自己責任という分析が正しい」という論理を、ある新聞が書いたとすれば「新聞が書いてあるから事実だ」でよいのですね?訂正がなければそれが事実なのですね?

>報道されている情報を「嘘か本当かわからない」という妄想は改めること必要があります。

報道を鵜呑みにしろと?報道されたらすべて真実だと?

つまり、ベッカムのハートレートモニターを腰痛バンドと勘違いした記事は、私が勘違いと思っているだけで「訂正報道がないから」事実なんですね。

報道をすべて鵜呑みにすることが、いかに危険かわかってない。
もし「赤旗が書いているから本当だ」というなら、立派な信者思考。
それとも、赤旗だけが真実で、他の報道機関の記事は嘘だと決め付ける根拠があるのか?

それに訂正報道がないから正しいなら、共産党幹部の赤い貴族問題だとか、専従職員からの寄付強要とか、秘書からの寄付強要とかの記事も
「訂正報道がないから事実」
と認めるんですか?

あなたは以前「赤旗が反論しているから事実じゃない」と否定していましたね?
でも、その共産党批判の報道記事も、反論記事に対する反論も、訂正がなされてない以上「事実」として考えるのは当然なんですか?
Unknown (すまり)
2009-04-13 22:38:53
訂正報道がなければ事実だというなら

「共産党幹部の赤い貴族問題や、寄付強制問題は、訂正報道がなされていないから事実」
「共産党が名誉毀損で訴えていないから事実」

でよいのですね?
すまりさんへ。 (東西南北)
2009-04-13 23:00:38
 あなたのは反論になっていないし、難癖のための難癖です。

 東西は、どの新聞社の報道であろうが、根拠もなく虚偽か事実はわからない、などと述べません。仮に、赤旗の報道と公明新聞の報道が食い違う時には、両方の報道を比較して判断します。当たり前です。どちらが事実を報じているか、わからないという態度こそ思考停止です。

 それから、評価の問題と事実の問題は別ですから、そんなことは理解してください。

 共産党の寄付強制の記事があるのですか?示してください。何度もいいますが、東西は、きちんと記事を示してもらえば、比較して判断しますし、事実関係が食い違っている場合で、これは民主政治、労働運動上の問題としてどちらが事実かを確定させておく必要がある、と判断すれば、必ず両方の新聞社なり、出版下に問い合わせて聞いています。

 すまりさんは、赤い貴族がどうのこうのという前に、その事実を記載した雑誌なり、新聞なりを提示してもらえますか?

 今のところ、すまりさんの思い込み止まりですよ。

 それに、東西としては日本共産党内で公務員並の格差があっても問題ないという立場です。すまりさんは、悪平等ですか?日本共産党は悪平等など唱えていないですよ。

 日本共産党職員の待遇改善をどうやって実現していくのか?それは何度も言っています。その方法論の違いがあるだけではないでしょうか?日本共産党は機関紙誌事業を拡大し、議会での勢力を拡大し、労働者の賃金、生活を向上させていく中で職員の待遇を改善していくということではないでしょうか?

 もっとも、詳しいことを東西は知りませんが、日本共産党は政党ですから、有権者にとって必要となることは議会活動、生活相談活動、政策と実績などではないでしょうか?

 そして、日本共産党の職員の待遇を改善してあげたいのであれば、すまりさんのような態度ではなく、日本共産党の職員の人々に意見を聞いて、協力すればいいのではないでしょうか?

 労働者の賃金、生活向上をしていく場合にも同じです。きちんと要求を聞いて話し合って大企業へ賃金原資を要求し、国や自治体へ要求していくわけです。

 追記:ちなみに、スポーツ・芸能については、誤報があっても東西としては重要な関心事ではありません。報道の基本は、資本や政治権力がどのような結果をもたらしたか?それに対して労働者、国民はどのような運動を展開しているか?という事実関係の現実を報じることにあります。

 政治権力が社会へ実現したこと、社会が政治権力に対して、どんな運動を展開しているか?この現実を報じることが必要です。その場合に、事実関係を報じるのであって、意見・評価は別次元の問題です。

 

コメントを投稿

国内政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

科学教批判 (逝きし世の面影)
Chromeplated Ratの新規エントリー歩くか、泳ぐか、グライダーに乗るか。 [よしなしごと] へのコメントが(何かの手違いだと思いますが)何十回行っても成功しませんので、仕方なく当方に記事として掲載いたします。(当該記事に掲載していただける事を期待しています。)...
景気予測と関係性 (関係性)
 経営者にとって最も重要なことは、市場変化や景気変動を素早く読み取り、それに対応することである。それによって、被害を最小限に抑えるもしくは販売の機会損失がないように会社を稼動するのである。  言うまでもなく、素材仕入れから完成品の生産までにそれなりの時...
給料は時給制度にしませんか。 (ろーりんぐそばっとの「ため口」)
ま、暴論なんだけどね。(またか。。。。) 付加価値って言葉がある。 単純に言えば10円で仕入れて20円で売る。 この差額10円が付加価値だ。 さて、、付加価値の中身となると基本的には労務費(人件費)が主なものだな。 (要するに賃金、利潤...
月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年4月13日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ごまめの政治談義{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ごまめのテレビ談義{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・国会売店{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
【経済対策】赤字国債を濫発する僕チンたちの方が効果があるんだおbyアホウ太郎【バラマキ】 (ステイメンの雑記帖 )
 日本国憲法が施行されて今年で62年が経過する。この間、 4月中に一般会計の補正予算が国会に提出されたことはタダの一度もない!   それは何故か?当初予算が成立して1ヶ月やそこらで補正が必要と言うことは、則ち当初予算が欠陥だらけという証左であり、言い換え...