50歳で初めての子供誕生!<大学を卒業する時、私は72歳>

50歳にして子供を授かりました。がんばって働いて育てていくぞ!という気持ちを込めて「子育て日記」を書いていきます。

息子と奥さんに会ってきました

2008-11-26 01:26:43 | Weblog
3連休を利用して、実家にいる息子と奥さんに会いに行って来ました。
実は奥さんは今、実家の近くの叔母さんの家に世話になっています。
息子と一緒に過ごさせたいのは山々ですが、夜、息子のことが気になって熟睡できないので、体力が回復するまでの緊急措置です。

でも、せっかく親子3人揃ったのだから、ということで息子を連れて叔母さんの家に行き、日曜日の夜、川の字になって一晩過ごしてきました。息子も気を使ってくれたのか、夜中に泣くことも無く、6時過ぎまでぐっすり寝てくれました。とは言え、奥さんは息子の様子が心配だったらしく、熟睡できずに次の日に疲れが残ってしまいました。もう少し時間がかかりそうです。

息子はいたって元気。先週の金曜日、BCGの接種に行ったのですが、針を刺されても泣かなかったそうです。「鈍いのか?」と言う人もいましたが。
首もだんだん安定してきて、脇を手で支えて「高い高い」をしてあげると、びっくりするぐらいの笑顔で喜んでくれるようになりました。機嫌が良いと、人の目を見ながらいつまでも何かを語り続けています。早く話がしたいな~。

来週末に、奥さんの受診に合わせて、息子もバセドウ氏病による抗体が残っていないか検査に行く予定です。問題は奥さんの受診予定が木曜日なんですよ。休みを取らなくちゃ。と言うことは今週末は仕事することになるかな。悩むところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予防接種

2008-11-21 01:15:50 | Weblog
子育てブログらしい話題をひとつ。
明日は息子の予防接種(BCG)です。もちろん両親が連れて行くことはできません(泣)。お義父さん、お義母さん、よろしくお願いします。
4ヶ月検診は私が連れて行きたい、と思っていたのですが、厳しいかな…。
息子よ、申し訳ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院費

2008-11-20 01:09:27 | Weblog
奥さんの入院は10月6日から11月14日まで、丸6週間に及びました。差額ベッド代が発生する病室だったので費用が若干、というかかなり心配でした。ま、共済に加入しているし、年末調整で高額医療費の申請をすれば還付金があると思うのですが、とりあえず一時的にかなりの金額が出て行くことは間違いありません。
10月分の費用は入院中に支払済み。残り分については、今日、請求書が届きました。病院での支払いはカードで済ませました。結構なポイントがたまる金額でした。今日届いた分も、これまたかなりのポイントが期待できる金額です。
出産に備えてお金を用意していたり、変な話ですがお祝い金などで手元資金(と言うのかな)に余裕があったので何とかなっていますが、いきなり家族が入院、という事態になると、かなりあわてると思います。決して今あわてていないわけではないですが。

今更ながら、お産というのは女性にとって大事業なんだと思い知らされました。今はとにかくゆっくり休んでもらおうと思います。

マンションの隣室のM川さんの奥さんに、奥さんのことを話した時に、こう言われました。

「お産の後は、女の人はみんなそんなもんだから、大事にしてあげないとダメ。でも、女の人が本当に元気になるのは60歳からだから、きっと大丈夫よ。」

3人の子どもを育てた人の言葉には、重みが有るのか無いのか、良く分かりませんが、気持ちが前向きになったことだけは確かです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず退院

2008-11-18 01:07:18 | Weblog
先週金曜日、ひとまず病院から自宅に戻りました。薬の効果が出始めていることを物語るデータが出て、症状は多少残るものの退院しても大丈夫でしょうということになりました。入院生活のストレスも相当たまっており、環境を変えるのも一策ではないかと言う判断になりました。
とは言え、私が会社に行っている間、家で一人というわけには行かず、やはり実家でお世話になることにしました。土曜日1日自宅で休養。日曜日に実家まで移動しました。私はこれからしばらく毎週実家へ通うことになりますが、少なくとも週末は息子と3人一緒に過ごすことができます。
3人バラバラだった状況を思えば、大きな進歩です。感謝します。ありがとうございました。これで奥さんの病気も良くなると信じて、がんばろうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまだ退院できず

2008-11-10 01:01:15 | Weblog
11/9現在、まだ退院には至っていません。
先日のエントリに書いたとおり、外泊許可をもらって週末は家で過ごすのですが、病院に戻って、月曜日に採血をするとホルモン値が下がっていないということを繰り返しています。ホルモン値が安定しないと、動悸が激しくなったり疲労感が抜けないなどの症状が収まりません。本人も不安だし、病院側も安易に「退院」とは言えないようです。

子どもに会えないのは辛かろう、ということで、先々週の末、義弟が息子とお義母さんを車に乗せて連れてきてくれました。外泊許可が出た奥さんと一ヶ月ぶり(私もです)の対面となりました。

息子は本当に元気に育っています。育ちすぎじゃないかと思うぐらいで、一ヶ月前に買って送った70cmのベビーウェアがもう小さくなっている始末。ベビーザラスで大きいものを買って来ました。3連休の最終日に息子とお義母さんを乗せて実家までドライブ。再びしばしのお別れとなりました。

この週末も奥さんは外泊許可をもらって自宅で過ごしました。体調そのものは良さそうでしたが、気持ちが安定しないようです。あまり気にしすぎても、と思うのですが、なかなか難しいようです。

私にできることはあまりないのが辛いところです。せめておいしいご飯を食べて欲しいと思い夕食を作りました。(夕食だけではありませんが)ポテトグラタンとサラダ。パンは奥さんが先週から食べたいといっていたアンデルセンのものです。食欲だけはあるので、作り甲斐があるというものです。これからも美味しいものをたくさん作るから、早く元気になってください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加