KARATOMARINE BLOG 

唐泊港より今日も元気にお送りします♪

FROM ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

ヤンマーNEWフィッシングクルーザーEX34☆ジャパンインターナショナルボートショー2018☆

2018-03-09 19:28:55 | ボートショーレポート

今日もたくさんのお客様でにぎわっているボートショー会場です!

福岡からもちらほらお客様が足を運んでくださり、

うれしい限りです。

ヤンマーのボートや艤装、最新の設備を実際に感じていただき

いよいよ現実味のあるマイボート計画がスタートされる方も多いです。

私達もいろいろなイメージやご要望にお応えしながら、

皆様だけのマイボート作りを応援いたします

 

さて、今日は、3月8日詳細が解禁となりました、

ヤンマーNEWフィッシングクルーザーEX34を実艇レポート

NEW☆EX34は全長10,63m×3,30m×1,90m。

最大搭載人員は12名、5トン超 沿海・限定沿海仕様の1軸シャフト艇です。

フライングブリッジ仕様・マリンエアコンと100V設備・発電システムが

標準装備となっています。エンジンも最新型のモデルです。

440馬力、新型ヤンマーコモンレール式ディーゼルエンジン6LY440Jを搭載。

 

高い静粛性や低燃費を実現します。燃料タンクも650リットルと

大容量、沿海仕様にも対応していますのでロングクルーズも楽に

行えます。

 

マリンエアコンが標準装備となったことで、気密性を高めるために

サイドウインドーが特徴的な形になっており

デザインの一部として魅力的なスタイルを演出しています。

さらに、オプションで日射防止フイルムを施工することができるようになっています。

 

 かっこいいー!!

先日、私たちはディーラー発表会で試乗をさせていただいておりますが

新開発のハルや船体設計から、乗り心地は言うまでもなく

素晴らしかったのですが、とにかく海での姿、走っている姿が

本当に美しかった。。 

*先日のヤンマー造船でのディーラー試乗会にて(参考)

それではさっそくレポート詳しくしていきますネ!

 

特に今回はフライングブリッジ仕様での登場ということで

2階部分の作りこみについても気になる方が多いかと思います。

フライングブリッジは最大3人が座れるシートアレンジが可能です。

オプションのパッセンジャーシートをご選択いただくと、このように

ゆったりゲストが操縦席の横でくつろぐこともできます。

FBは、航海機器も9インチ複合機と無線の設置スペースが確保されています。

ハードトップルーフと、ワイパーも標準装備。

本格的なトローリングにも応える頼もしさに、楽しみがますます広がります。

EX34は、フライングブリッジでの乗り心地も最高でした。

*ヤンマー造船にてディーラー試乗会時写真(参考)

高いところからの景色もぜひ楽しんでいただきたいですね。

ルーフデザインも、サーチライトや汽笛などの装備が現地で

設置がしやすいよう工夫されています。

エンクロージャーの設置も現地施工がしやすいよう配慮されていますよ♪

 

続いて室内へいってみましょう~

シートカラーは新造時にオーダーで変更することも可能ですが

通常はこのようなホワイトのシートになります。

左舷側のパッセンジャーシートはヤンマーの人気の

使いやすいシート&テーブルアレンジで。

右舷側のシートアレンジも同様です。

操縦席の後ろのボックスシート内はマリンエアコンの

機械がはいっています。

今回、より高い快適性を求めてマリンエアコンが標準装備となっていますが

実際の使用時もエアコンの効きがよりよくなっていて、キャビン内はとても

快適でした。

 ピアノブラック&ホワイトのカラーリングがオリジナルのEX34。

室内もぐっといろっぽくなってきましたね。(^^)

 

NEWカラーのコックピットはやっぱりすてきでしたヨ。

最高にかっこいいです。

バウルームにおりてみましょうね。

ラグジュアリー感が深まっているのは、壁面も車と同じように

内装にもこだわっているから。

ホワイト・ブラックと明るめのグレーの配色がやわらかで

やさしい空間を作っていました。

間接照明や、海がみえるサイドビューウインドウはEX34ならではの

景色をとどけてくれますネ。

 ご家族、仲間、みなさんでゆっくりしあわせな時間を

すごしていただきたいなあと思います。

デッキでのファイトも、室内でのくつろぎも

どちらも大切ですものね。

バウルームは、船体施工も今回EX34オリジナルで

通常と施工方法が変わっています。そのため、しけ気味

だった先日の試乗会でも、バウルーム付近の乗り心地が

大変すばらしく、波の圧力を感じさせない高い剛性に感動しました。

 乗り心地や圧倒的に快適な走りはハルとエンジンとの

バランスでしょうか。では今回新しいEX34の特徴的なハルも

見てみましょう。

ぐっときれあがったVキール。高速での走行も波切りも力強くスムーズです。

EX38にもにたステムデザイン。35フィート並みの水線長ができたことで

保針性も高まります。

5トン超で、沿海仕様に対応できる船でもあることを

実感させるような・・・

大航海、ロングクルーズ・・どんな海況でも走り続ける力強さが

心に浮かびます。

 

トローリング、キャスティング、あらゆるフィッシングを

想定するヤンマーのフィッシングクルーザーシリーズ。

続いては、デッキや外回りをみていきますネ。

トランサムゲートがあり、オプションのトランサムステップもいつものスタイル。

デッキには、大容量いけすが2か所です。

*魚が入り込んでこまる!なんていう全国の声は排水口カバーが

全部取り外し可能になることでEX34からは改良されていますヨ。


もちろん、全周ウォークアラウンド。

大人3人は余裕でキャスティングできるバウデッキも

当然確保しています。

余裕のある通路でも・・

 40センチ幅があり、前方は最大60センチ以上に広がっていく

バウデッキ前のスペースへつながります。

 また、両サイドともに、現地で電動リール電源など

追加艤装がしやすいオープンブルワークもいいですね。

 これだけの内容で今回、EX34は本体税別価格を

26,500,000円と設定されています。(送料諸費用別)

 

次の夢に。

オススメしたいヤンマーボートがまたひとつ増えました。

 

 

  

 

☆karatomarine naoko☆


************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

舟艇へのお問い合わせは

弊社担当門司直子まで

080-1768-7050

http://karatomarine.com

********


 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャパンインターナショナル... | トップ | ジャパンインターナショナル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボートショーレポート」カテゴリの最新記事