KARATOMARINE BLOG 

唐泊港より今日も元気にお送りします♪

FROM ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

秋のドック上架整備続く。KARATOMARINE定期メンテナンス。

2018-11-10 18:55:30 | 本日のメンテナンス。

今日はいいお天気です、今日明日船もよく出るのかな。

秋の海を存分に楽しむために、毎日ドックにも、修理や

整備で船があがっています。

 

 

こちらの艇は、上架メンテナンスで船底塗装を行い、

水漏れの修理も行いました。

係留保管中に、エンジンルームへ、海水が滲んできていたそう。

永年お使いなられてあると色々な状況がでてきますネ。

定期メンテナンスを、継続していただいている船なので、

私達も異常にすぐ気が付くことができました。

 

ドライブを外して、点検、プレートの腐食穴を補修して

コーキング復旧完了です。

 

船の定期メンテナンスをお任せいただいた艇では、上架の際には

総合点検を行っています。

ドライブ艇は、ギヤオイルの質や状態もチェックしていますネ。

船と鍵をお預かりしたら、あとはすべてお任せですので、弊社で試運転や

上下架の際に、エンジン回り、走行時の異音や振動、クラッチ動作

などの総合的な状態も確認ができます。

船外機やドライブは、上架の際にしか確認できない各所の劣化具合の

現状報告と専門的なメンテナンスのアドバイスを行います。

 

 

というわけで、故障修理と並行して、今月もご予約いただいておりました

各艇の定期メンテナンスが続いております。

 

船底塗装も一緒に行うことが多い定期メンテナンス。

業務艇のご用命も多いです。

船底の汚れ方については係留されている海域でも状態は変わりますが

正しい施工を行うと、綺麗な船底を、より長く保つことも可能です。

船底は、今回、かなり海洋生物で汚れが多くなっておりました。

初めて作業させていただく船ですので、初年度は、状態をみながら

弊社の推奨の塗料と方法で施工させていただくことになりました。

 

河口にも近いこともあり、水垢とアオサ落としの船体洗浄も追加。

船底塗装の喫水ラインを上げる作業も行いました。

 

↑このような・・

船体の水垢や、汚れは、弊社では、年に1度のメンテナンスの際に落としています。

 

今回は、前後進動作に不具合で、走行不能となったため曳航して上架しました。

定期メンテナンスに加え、ドライブのトランサムプレートやクラッチの点検

修理、船体補修も含めた整備です。

 

ドライブエンジンといっても、ヤンマーでも、年式や型式によって

仕組にも違いがあります。修理の際も、お客様の船の場合は・・と

仕組や、現状の状態などを詳しくご説明いたしました。

 

 

弊社の定期メンテナンスでは、みなさまの船やエンジン回りのメンテナンスを

最低年に1度、または半年に1度のペースで行っております。

継続して船全体をみながら、お客様と毎年のメンテナンスについても

相談します。

整備の際に、気づいたことはお伝えしますし、普段、日常の点検でご自身で

見ていただくべきところや、基本的な使い方のレクチャーも行います。

 

私達と、お客様とみんなでご愛艇を守っているような感覚です。

今回はドライブも外して工場へ。

進水と当初から長く大切に使われてきたドライブは・・

トランサムプレートの交換と、消耗品と破損部を交換し、

合わせて全体も塗装して息を吹き返しました。(^^)

 

船体の方は、破損した防舷材の復旧やはげた塗装を中心に。

↑ あててしまって欠損した防舷材は、ちょっと長めに交換。

ロープの擦れ防止に、船尾のトップレールの上にも、新設しました。

 

ご用命があれば、弊社では、上架の際に、船体のFRP修理や塗装も行います。

防舷材のほか、いけすスカッパーや、排水口の交換もよく行いますネ。

船体については、クラックや、あて傷も、小さいうちに直しておけば、

吸水してFRPが劣化するのもふせげますし、いつも綺麗でぶつけがたくなりますヨ。(^^)

 

船底塗装も全体にすんで、喫水ラインも以前より上げて保護し、

アオサも水垢もおとして、きれいになりました。

無事母港へ回航させていただきました。

 

どの船にとっても、海は過酷な環境ですが、船の乗り方や係留保管で

1年でも船には、さまざまな変化が起こるものです。そのために、

年に1度の船ドックでは、1艇1艇をきちんとみてあげるように努めています。

痛みが大きくなる前に、無理のない程度で、年に1回、いつもの整備に

少しプラスするようなお手入れも大切にしていただけたら、きっと

いつまでも元気に、ご愛艇も活躍してくれるのではないかと・・

おもいます。 

 

それと。

私達の点検はもちろん責任をもってさせていただいておりますが

・・・なによりも・・一番一緒にいることが長い、普段の船長の

日常点検と、船ごとに正しい使い方をしていただくこともとても大切ですヨ。

お客様も含めて、みんなでご愛艇を守って行く感覚です。

 

 

他港からお預かりしていたヤマハFG39も、今日無事に、定期メンテナンスが終わり

回航してまいりました。今年も計画的に、設備の修理も行いました。

年式を重ねた船ほど、定期的に防舷材や船体、電気設備などのお手入れも

計画されるのがお薦めです。

痛んだところをまとめて年に1度、ちょっとずつ。

船底塗装は、数年に1度、全部落としてリセットされると

走りもかわりますヨ。(^^)

弊社では、ヤンマー艇だけでなく、各メーカ―のメンテナンスも行っています。

こちらの艇は、ヤマハ(日野)のエンジンですネ。

こちらのEX29Zのお客様も他港の定期メンテナンスの船の方ですが

以前から岸壁にガシガシ乗り上げたりされてたのかな、

バウスプリットの側面が削れていましたし、固縛された

フェンダーが落下しかかっているではありませんか・・

ドックで上架メンテナンスの際は、バウスプリットの側面ラインも

削ってきれいにして・・フェンダーも固定しなおしました。

これで船首保護もばっちりですネ。(^^)

 

船上の設備の設置に使用するロープは、マリン用がお薦めです。

ホームセンターにはないと思います。紫外線や潮に強いものでないと

ロープ自体がこうして、数か月で切れてしまいますヨ。

弊社では、船で使用するロープ類は各種、在庫しておりますので

お困りの際は、おたずねください。

 

 

今週も、みなさまの船のお世話をたくさんさせていただきました。

ありがとうございました。 今週とりかかれなかった艇のみなさま

申し訳ないです、来週中ごろにはドック改修工事も終わりドックの空きも

出てきますので、順番に上架を行いたいとおもいます。

 

 

 今日も、港にはいろんな生き物が元気にすごしておりました。

 

名前を知らない鳥さんも・・スタッフの

作業を見守っておりました。

↑ かわいらしい深い蒼かグリーンのような・・鳥さん・・。

 

連休から、故障の船も事故の船も多くなっております。

各艇の整備も、継続して整備させていただいてます艇のみなさまも、

週明けよりまた、早々にスタッフが伺いますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

明日は、福岡マラソンのため、弊社までの路は16時ごろまで通行止めに

なっています。

明日は営業をお休みさせていただきます。

 

今週も、みなさまご来店、ありがとうございました。

 

また来週月曜日から、元気にがんばりまーす。

どうぞよろしくお願いいたします。

 感謝をこめて

 

☆karatomarine  naoko☆

***************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

************

 

コメント

秋の整備。いろんな作業がつづいています。

2018-11-06 12:03:01 | 本日のメンテナンス。

毎日、秋もいろんな整備やご相談でスタッフ全員で各艇の作業に伺って

おります。ご用命賜り、いつもありがとうございます

9月、10月、11月と月日の流れが早すぎて

ついてゆくのがせいいっぱいです。

港のコスモスも満開、恵比寿牡蠣小屋も盛況です。

この秋は、エンジン故障で、エンジン換装が必要になった艇もありました。

ピストンや、シリンダブロックなど、内芯部の損傷が大きすぎる場合は

部品の交換や修理に高額の費用がかかってくるため、エンジン換装を

するほうが多くなります。費用や使い方を考えて、今回は、

中古の同型機への載せ替えを行いました。

(やっぱり、警報がなっても切ってそのまま使い続ける・・とか

使い方に問題があると、故障の際は被害がどうしても

大きくなりますネ。)

応援させていただきながら、ちょっとだけ、やっぱり警報は

気にしてほしいなとか、エンジンルームはきれいにして漏れが

早期に発見できるようにしたいねー、とか・・

みんなで船主様にお伝えします。

(^^)

 

この初秋は台風も多かった。

台風のあと、係船ロープやアンカー損傷の整備のご依頼も多かったです。

漁港内の係留保管が多い九州では、係船設備の

維持管理も船と合わせて重要になります。強風で動いてしまった

係船碇の移動や、ロープが切れてしまった船の碇打ち直しなど、

係船設備制作、補修のご依頼も、各地の港の状況に合う形で

作業させていただいております。(*弊社のお客様のみのご対応

とさせていただいております。漁港のことや、普段の船主様の使い方・船の内容

などがよくわかっている上で、可能になる弊社のお客様向サービスです。)

 

 

弊社ではJCI船舶検査の代行受験も承っております。

不足備品の補充確認・検査書換や、指摘事項の補修なども行います。

検査では、古い電線や端子周りの腐食から、不具合がでて合格できない

船の方もありました。補修して無事合格。

 

被覆が硬くなった電線は要注意ですネ。

潮による腐食や、水を吸って黒くなっている電線などは必須交換。

 

検査時に、不合格だった点灯しない航海灯は、本体や電線、電球を確認の上

現行のLED航海灯へ交換となりました。

弊社では、検査時にその他に気が付いた船体やエンジンの現状に関することは

お客様に別途お伝えしています。ご愛艇の、定期点検や

今後の維持管理に、お役にたてたらとおもいます。

 

 

他の船でも、しらないうちにショートしたブレーカーの配線が

焼けて、船体までとかしてしまっていた方もありましたヨ。

気づいてよかった、船体補備お預かり時に行ったエンジン

点検で気づいて修理することができました。

 

船の場合は、一部の電気設備に不調が出始めたら、全体の電気まわりも

みておく時期。進水から同じように年月重ねて古くなっていますからネ。

バッテリーメンテナンスだけでなく、船内の、各電線の点検や

改修も、ぜひ大切にしていただけたらとおもいます。

 

 

船外機のトラブルや農機、陸の機械のガソリンエンジンのトラブルも

とても多いです。(ついでに、エンジンとつくものをいろいろなおしています)

下は、

エンジンオイル乳化ぎみで整備開始したヤマハ25馬力4ストローク。

 

 

内部点検を行うと、海水冷却経路のつまりや、亜鉛消耗、サーモスタット

の故障もみつかりました。

永年、未点検・未交換のサーモスタットやアノードを交換し、各所の

清掃調整と、キャブレターやプラグなどの清掃点検調整などを行って

いきました。

潮やスケールがつまったシリンダヘッド内の冷却経路とか。。

固着して作動していないサーモスタットとか・・

交換してエンジン本体を確認したところ

オイル乳化の原因はたぶんガスケットからの水漏れかな、と

いうところで、すべての清掃後は、エレメント交換に

エンジンのオイルも交換して無事復旧。

ピストン回りの塩つまりや、スケールなどによる経路のふさがりも・・

動脈硬化みたいになっておりましたけれども・・

経路内で、形がなくなっている亜鉛類もありましたけれども・・

各部の潮つまりも清掃、無事助けることができました。

エンジン快調。息ができるようになりましたネ(笑)

本体修理の後は、

カバーを、ちょっときれいにサ―ビス塗装。

働き詰めだったエンジンの、ちょっとした大がかりな

整備となりましたが、異常があったことで、エンジン

全体を改めて、きちんと細部まで点検、一緒に

整備もすることができました。

 タイミングベルトも点検、まだOK.

プロペラまわりのシャフトやシールも確認

消耗品の交換も行って試運転良好。

まだまだこれからも元気に働いてくれますように

 

エンジンは、オイル交換だけでなく、このように、

エンジン内アノード点検、プロペラシャフトのシールや

冷却水のインペラ、ギヤオイル、アイドリング調整や

PC接続点検など、ご自分でやりにくいところも

沢山ありますヨ。

年に1度は、専門的な整備も大事にしていただけたら

うれしいですネ。(^^)

細かい点検が長持ちの秘訣です。

 

安心してしあわせにお仕事続けていただけますように

 

 

☆karatomarine naoko☆

***************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

******************」

コメント

唐泊恵比寿牡蠣の季節にボート免許更新・失効講習も開催。

2018-10-16 16:01:15 | 本日のメンテナンス。

すっかり秋めいて・・あっというまに冬になりそうな気配です。

港は連日牡蠣の出荷準備が忙しくなっております。

恵比寿牡蠣で元気をつけて、秋は、体と船のお手入れに

免許の更新も、忘れずしっかりおこないましょう。

今月末、弊社にて、ボート免許の更新・失効講習を開催いたしまーす

 

【小型船舶操縦士免許・更新失効講習のご案内】

日時:2018年11月1日(木曜日)

   17時~

場所:唐泊鉄工所2階会議室(福岡市西区宮浦1098:唐泊漁港内)

 

免許の更新は、1年前から講習受講可能ですヨ。

お手持ちのボート免許(小型船舶操縦士免許)の

有効期限をご確認ください。

 

 

【必要なもの】

小型船舶操縦免許証のみ

*注 ・・免許証の住所が変更になってある方は

 本籍地記載の住民票1通も、お持ちください

写真は当日会場にて撮影いたします。

 

【講習料】

更新講習・・9000円(写真・郵送費込)

*講習時間1時間程度

失効講習・・15000円(写真・郵送費込)

*講習時間2時間程度

受講希望の方は、事前にお申込みのお電話を

お願いいたします。

唐泊鉄工所KARATOMARINE092-809-2523

 

10月27日からは、唐泊恵比寿牡蠣が解禁。

お土産に、港内の唐泊漁協ストアで牡蠣も買って帰る

ことができます・・♪

唐泊恵比寿牡蠣の牡蠣小屋の定休日は、今年から

木曜➡火曜日に変更となりましたヨ。

ということは・・11月1日(木)のお昼ご飯は・・

カキ小屋もお薦め

唐泊恵比寿牡蠣情報はこちら・・

http://karatomari.jp/

10月27日からお取り寄せも始まります!

ご購入はこちら・・

http://karatomari.jp/shopping/index.html

牡蠣を食べて、今年も元気に乗りきりましょ~う

 

************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE 

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

************

 

コメント

4ストローク船外機、定期メンテナンス色々忘れていませんか?(^^)

2018-09-14 11:41:23 | 本日のメンテナンス。

この夏は冷却経路の不具合でオーバーヒートする船外機艇が

多かったです。

猛暑による高水温もあってエンジンにも限界がきたのかも。

4ストロークエンジンヤマハ60馬力のお客様がオーバーヒートで整備の

依頼をされてこられました。作業でちょこちょこ1km圏内を数日おきに動かす

艇でしたので真水洗いもされたことがないとのこと。

また、エンジン内のアノードも交換されたことがなかったそうで

分解点検しますと、シリンダヘッドの細い冷却海水通路には、

長年のスケールや潮の塊、溶け残った亜鉛クズがびっしりとつまっていました。

2ストロークエンジンよりも、構造上高温になる4ストロークエンジン。

熱も冷めにくく狭い冷却海水通路しか持たない船外機です。

エンジンの調子を良好に保つために、負荷をかけないように

日ごろから冷気運転や、真水洗いを行い、オイル交換はこまめにして

いただいた上で、専門整備でも定期的なメンテナンスがかかせません。

こちらの船外機では、エンジン内のアノードは、形がなくなっていたり

折れ込んでシリンダヘッドの冷却経路内につまっていたりしていました。

定期交換をしておかれたら安心でしたネ。

エンジン内のアノードにはエンジンを海水からの電蝕から守る役割があります。

未交換のまま放置すると、ヘッド内の冷却経路に電蝕穴が開いてしまって

海水がシリンダヘッドの中にまで入ってしまうような大事にもなります。

経路を分解洗浄した後、アノードとサーモスタットも交換しました。

↑ 経路のつまり。つまってるつまってる。

海水での外からの冷却が、うまくいかない状態になっていたのですね。

4ストローク船外機は、各社ヤマハ、スズキ、ホンダともに専用ソフト

や機器により内部をPC点検できるシステムがあります。

近年の4ストローク船外機は、コンピューター制御部で噴射コントロールを

行うなど繊細な部分も多い構造ため、各センサーからの情報や走行データー

などの内部の状態を、PCで確認できるようになっています。

抽出できる情報は各社様々ですが、不調の際には原因の絞り込み

が早くできて便利なことも多いです。

 

普段からPC点検も含めて、年に1回は専門メンテナンスを

させていただいておりますと、トラブルの際も原因が

見つけやすいかなとおもいます。

 

船は本当に過酷な状況で使用されていますネ。

車でいえば、ローギアでアクセル全開にして坂道を走るような

高負荷がかかります。海水や潮による影響もたくさん受けるので

長く安心して過ごしていただくためにも、エンジンの日常点検も

たいせつにされてください。

 

大事になる前なら、手をかければ直りますからネ。

このあと同じ港のお友達の船からも、冷却経路のメンテナンスと

アノード交換のご依頼を承りました。 (同じく何もしてこなかったそうで)

気づいたときがメンテ時。船は、トラブル前にメンテナンスするのが

一番安心なのですヨ。

☆karatomarine naoko☆

****************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

***************

 

コメント

毎日がんばって船のトラブル解決進めております。

2018-09-07 15:44:16 | 本日のメンテナンス。

秋の虫の声が聞こえる夜になってきました。

お待たせしている整備も台風や時化で

時期がずれてきておりますが、一艇一艇

進めております。どうぞよろしくお願いいたします。 

 

 

 

定期メンテナンスでEX30B(ヤンマー)の回航をしてまいりました。

 

 

今年は猛暑で大量に汚れた船底の清掃と塗装の整備も増えています。

基本整備や点検を定期的に行っておくことは安全航海の第一歩

 

 

 

プロペラマンホールも、万が一の時にスムーズに開けられるように

上架時に外してきれいにします。

 

 

 

工場にもオイルが大量入荷しております。

弊社でも、夏が終わって一息つくこのころ、

業務艇、レジャーボートにかかわらず、オイル交換や点検などの

定期メンテナンスのご依頼が多いです。

  

 

この夏はとにかく船のSOSが多かったです。

6LP-DTZYのお客様は冷却ホース破れによるオーバーヒートで

救助に伺いました。

今回はインタークーラー、オイルクーラー冷却経路の内部のつまりを除去する

作業を行いました。スケールや貝がら、亜鉛クズなどが詰まっていました。

 

8月中旬からは、4CX-GTのエンジンを船からあげて整備していました。

永年の汚れが見事で、エンジンルームに出入りするたびに、

炭鉱から出てきたみたいな姿になっていたスタッフでした。

 

 

エンジンの下が、常に真っ黒だったり、オイルや水が下に

たまりっぱなしだったりすると、小さな予兆やガス漏れ

水漏れなどがあっても異常の発見が遅れてしまいます。

 

 

警報が鳴ったりしたあとも、放置せず、早めに点検を依頼されてください。 

この船は、警報も切って使っておられたとのことでしたので、心配になりました。

 

 

今回、分解して細部確認してまいりましたが、最終的に

ピストンだけでなくクランクシャフト、ブロックまで、

クラックが入っており、使用不能の状態になっていました。

今月から中古エンジンに乗せ換える作業が始まることになりました。

 

船外機では、エンジンが前進に入らなくなったというSOSもありました。

船外機のプロペラには、盛大にロープが巻き込まれていました。

 

 

船を出して、プロペラを外して、沖側から救助します。ロープが外れると

エンジンの試運転や動作の確認と回航を行って救出完了しました。

 

 

 

海には、「まさか。」「こんなところに!」が大いに潜んでいますネ。

毎日出ても、同じ空や同じ雲に会わないように・・海も日替わり。

 

ベテランの漁師さんでも、時に思わぬトラブルに会われます。

船を動かしているときは、周囲の海面の状態を

よ~くみておきたいですネ。

 

 

船底汚れがひどくなってスピードがでなくなったサルパ28の

お客様も、上架して整備を行いました。

 

 

弊社では、鍵をお預かりして回航、上架、船底塗装を承ります。

ギヤオイルの交換やアエンの点検も合わせて実施、生け簀スカッパーや

キングストン、マリントイレのメンテナンスも上架時に行います。

下架後に、試運転とエンジンの確認も行い、異常があればお知らせ。

エンジンは、ベルトが減ってきておりましたので交換。

 

 

こちらの艇では、今夏、沖でエンジンがかからなくなるトラブルが発生しましたネ。

セルモーターからキースイッチまでの点検を行い、今回は、

キースイッチと、リレーの交換をして復旧となりました。

 

 

今月は、その他の船でも、始動不良の事例が続きましたね。

結果セルモーター交換となる修理が何件かありました。

モーターもやはり内部は、経年で消耗していきます。

不具合がちょっと出始めたら、早めに点検を依頼されて

素人判断で、そのまま出航はされないほうがよいですネ。

 

 

走行不能のヤマハ艇の曳航と、陸あげ点検作業も行いました。

SX370KSヤマハエンジンとヤマハドライブ。

メンテナンスのご依頼を受け、船をお預かりいたしました。

 

 

ドライブからの浸水で、エンジンルームまで水に浸かっています。

ドライブ側を確認しますと、ラバープロテクション(ベローズ)の取付ベース側が

欠損しており、そこから海水が入ってきていました。

 

 

今後は、弊社にてお世話をさせていただくことになりましたので、 まずは

現状を確認しながら、1つ1つ直してまいりたいと思います。

 

 

ヤンマーと異なり、中間クラッチがなく、ドライブとエンジンが直結している

ヤマハのドライブエンジン。狭小空間でのドライブの分解作業は難工事でしたが

 

 

 ドライブを引き上げ整備が始まっています。

 

 

その他の艇では、バッテリーの不良の事例もありました。

エンジンルームも潮かぶってばかりの艇は、ターミナルも

バッテリーも配線もやり替えることになりました。

 

 

船のメンテナンスで、整備するところ、点検するところは・・

たくさんありますネ、

舵、トモマワリ、船体、操舵機、油圧、電気、配線、ハッチ、燃料タンク

航海機器などなど・・たくさんの装備がついておりますので。

 

船は常に、潮や湿気による影響を受けています。

動いても動かさなくても、浮かんでいるだけで状態が変わっていきます。

車とは、全然違いますネ。

 

船の走らせ方、ご使用の環境、保管の状態により

同じエンジン、同じモデルの船でも、状態が違います。

 ↑ 6LP-DTZYタイミングベルト交換中。

 

車感覚で、乗るばかりで使っておられる方ほど、定期的なメンテナンスや

点検を、年に1度か2度は行っていただいて、ご愛艇の状態を

把握していただけたらと思います。部品についても、トラブル前に

使用時間をみて、交換がおすすめです。

 

点検時の情報は、日々の航海に生かして、安心して

船とすごしていただきたいです。

 

今日も、まだまだいろんな船の作業が続いています。

 

今日は、土砂降りになってきたので(><)

整備中の船を工場へ避難。

 

雨の中、今日もご来店ありがとうございました。

 

☆karatomarine naoko☆

*************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

***************

コメント

夏・酷暑続く。このごろの釣果報告

2018-07-23 09:35:03 | 本日のメンテナンス。

今年の夏は大変な暑さに、スタッフもお客様もまいっていますネ。

フライパンの上ってこんなかんじだろうか。

はたまた、オーブンで焼かれるお菓子はこんな気持ちか・・。

気持ちが少しでも軽くなるかもしれない・・と

工場に、風鈴さげてみました。ちりん、ちりりん・・

清涼感のある透明な音が、一瞬でも暑さから気持ちを

飛ばしてくれるといいのだけれど・・

 

今年の夏は、1時間に10分の休憩を必須として作業を行うことに

しました。みんなの体を守らねば。。。

 

とはいえ!

毎日、海にはみなさま元気に出航されてあります!

釣果報告ありがとうございます!

先週土曜日は、大喜丸さんから大鯛の報告 

エンジンの燃料ポンプの修理も終え、快調に回転があがり

元気いっぱいに走るご愛艇で、またガンガン攻めた釣りを

楽しんでいただけたらうれしいです。

おつかれさまです!

こちらは、まんたろう丸さん、

アジが姫島でオオアジがよく釣れたそうです。

やっぱりアジはおいしいですよね~

お!

おおきい!まるまるしている!

暑い中、みなさんおつかれさまです!

 

そして夜。

少しでも暑さを避けようと、夜釣りで出航の方も多い今年。

イカ釣りも大盛況のようですヨ!

先日は、信じられないくらい釣ってしまったという一誠丸さんから

活きイカのおすそ分けを沢山いただき

スタッフ一同、大事にお刺身に焼きイカに海鮮チヂミにと頂戴いたしまして

(--*)

おごちそうさまでした。。。

まんたろう丸さんからも、集魚グッズを駆使して、今年から初挑戦の

夜イカ釣りの、釣果報告がとどきます。

毎回コンスタントにおいしいイカがおなかいっぱい釣れてるそうです。

EX30Bのアンジェリカさんからは、16日日曜日

初めての青物キャスティングでの釣果報告もいただきました!

酷暑の中、エアコンが効いたキャビン内に時々避難されては

楽しい時間をおすごしいただいてるみたいです。

うれしいかぎり。

こちらは、青物以外に、おいしいアコウやアラカブが鯛ラバでつれたそうです。

 

夏は、早朝から午前中までなど、昼間の短時間の釣りがベスト。

どの方も夏の海を有意義にお過ごしになってあるようです。

 

 

梅雨の豪雨から、海の濁り、流木や流れ物の漂流が続いています。

キングストン、海水コシキの中にごみがつまったりして

オーバーヒートの警報がなる故障も出ています。

プロペラに流れ物があたる被害も多いです。

 

海に出られたら、目視で周囲の状態は確認しながら

安全な航海を・・

 

今週も、朝から皆様のSOSにお応えしながら

各艇のトラブルの修理、整備を進めております。

よろしくお願いいたします

☆karatomarine naoko☆

 

*************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

***********

 

 

 

コメント

今週は晴天につき。作業すすみます。(^^)

2018-04-18 14:43:23 | 本日のメンテナンス。

毎日ドックは船がたくさんあがっております。振動子のスルーハル工事から、

船底塗装に、船外機のメンテナンスなど、今日も

シーズン前の大切なお手入れの真っ最中です。

FX24のお客様、ヤマハ2ストローク船外機の整備と船底塗装も終わりました。

アノードも新品にかわり、また安心して走り回っていただけます。

スズキ4ストローク船外機のお客様も、エンジンメンテナンスと

船底塗装、試運転も、無事に終了いたしました。

お世話させていただきありがとうございます。

 

レーダーアーチの亀裂やぐらつきを修理するご依頼には、既設パイプ

が肉が薄く溶接できないため、補強を追加させていただきました。

破損があったキャスティングレールも溶接修理しております。

事務所には、ロッドホルダー2連・3連入荷いたしました。

追加艤装や、劣化したロッドホルダー交換をご希望のお客様は

ご利用ください。1,2,3,6連在庫あり。

ブルワーク埋め込みタイプ、ステンレス製レールクランプタイプも入荷しております。

工場内では、ヤンマー4JH3-HTZエンジンの修理が行われています。

清水ポンプ故障、オーバーヒートからエンジンのメタル焼付き、ピストン損傷。

船からエンジンをあげて現在、故障個所の確認しながら整備中。

今日は、早朝から、中古艇AS21を次の船主様が

迎えにきてくださいました。新しい海でも活躍いたしますように(^^)

ご用命いただきありがとうございます。

 

発売中の中古艇は弊社HPの中古艇情報に掲載いたしております、

すこしづつ入荷してまいりますので、船をご検討の方は

弊社前展示場まで遊びにお越しください。

 

☆karatomarine naoko★

************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ヤンマーエンジンメンテナンス中。

2018-03-16 09:27:39 | 本日のメンテナンス。

本日は、うってかわって、強風に大しけという大荒れのお天気と

なりました。強風波浪警報がでました、

風と共に寒さもやってきた・・

セーターなんて片付けてしまったのに・・

スタッフも、朝から全員必死の寒さ対策をして作業を行っています。

 

また何もかも飛んで行く・・(--)

 

新艇工事とあわせて、警備調査艇のエンジン整備を承り

連日作業中です。 

 

 

3月もあっという間に終わりに近づいています。

その他、整備のご依頼承っております各艇のみなさま、

一艇一艇大事に見てまいります、天候にも左右されお待たせ

いたしておりますが、どうぞよろしくお願いします。

 

☆karatomarine naoko☆

**************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

***************

 

コメント

燃料系のトラブルなど。ディーゼルエンジンと2ストローク船外機のメンテナンス。

2017-09-21 02:01:36 | 本日のメンテナンス。

今日は6LY-UTのエンジン不調でお預かりしている

船のエンジン各部点検を行いました。

心配されていた、エンジンからのミストや異音などの調査

です。特に、音の原因は、いつ、どんな音が、その後どうなったか、

など詳しく船主さまに伺った後、不安や憶測をしっかり解決できるように

弊社で試運転しながらよく見てまいります。

エンジンからではなく、周辺機器からの振動の時もあるので(^^)

経年の船体各所の痛みにも注意します。

まず燃料噴射ノズルには、異常が感じられたので

ノズルテストを行いました。

圧力テストをしているところ↑ このあとの噴射テストが楽しい

圧をかけて均等にノズルから燃料が噴射されるかを目視確認します。

ノズルの先にはカーボンつまりもありました。

噴射テストでは噴射量にばらつきなどが見られていました。

低速での使用や微速走行が多いとカーボンが詰まりやすくなるので

長時間そういう走行される方は、ときどきぶおんっと1500回転くらい

に回転をあげて、ノズルのカーボンをとばしてあげるような所作をされ

ると、エンジンに優しいです。

↑ 黒いのがカーボン。不完全燃焼の煤です。

 他のスタッフはヤマハの船外機艇(2ストローク140馬力)のエンジン不調も

整備を行っておりました。

他に船体ワイパーや、燃料ゲージも治します。

船体や船底の洗浄塗装を終えたFR25。エンジンのキャブレターは分解

してオーバーホールを行い、各所の点検と、調整を行いました。

ドックでエンジン始動点検も行っています。

このあとは海上にて最終テスト走行。

その他、スズキの船外機艇GF18のお客様のスズキ2ストローク40馬力も

キャブレターのオーバーホールを行いました。

その後も各所に不調や異変も見られるので、

継続して他の整備が続いています。

キャブレターはこんな感じです。↓

中はとても汚れています。

専用液で洗浄しながら掃除するとこんなに燃料に

混じった汚れやカーボンなどがでてきます。

分解して部品をひとつひとつきれいにしていきます。

くみ上げて・・

あまり乗ることも少ないレジャー艇で、2ストロークの場合

キャブレターのつまりや、汚れによるトラブルがよく見られます。

今年もエンジンキャブレターの分解オーバーホールの整備が多かった。

他にも、船外機のみなさまの整備の際は

かぶり気味のプラグも清掃したり、交換したり・・

しています。(^^)

また、船底の汚れなどでエンジンの回転や走行に異変が出ることも多々あります。

船体や船底までしっかりきれいにして、プロペラの曲がり直しなども

させていただきました。

大事なご愛艇のお世話を任せてくださり、ありがとうございます。

 

補機や、小馬力の船外機のメンテナンスのご依頼も多いです。

先日は、5馬力のトーハツエンジンのお客様が、1年ぶりの使用で

沖でエンジンが停止してしまわれ、SOSをされました。弊社で

エンジンは、古い燃料を抜き出し、細部の点検とキャブレター

オーバーホール・調整をさせていただきました。

 

その後は元気にまた沖に出られたでしょうか。

 

沖でエンジンが止まると本当に

不安でいっぱいになります。

 

いつも細かくエンジンを見させていただいていると

不調の際の判断も早いので、早く安心していただけるの

ではないかなあと思っております。

 

 

一人の見方に偏ってしまうことのないよう、

営業含め、技術スタッフ同士で色々な視点から見て

意見交換をしながら、整備をさせていただくように

努めています。

船が元気で、みなさまが安心して乗っていただけて

海が楽しくなるお手伝い、 時々原因追求に時間が

かかることもあるけれども・・(><)

いつもお任せいただき感謝しております。

 

明日も一生懸命がんばります。

 

 

 

☆karatomarine naoko☆

**************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomaririne.com

**************

 

コメント

台風のため、本日午後と明日明後日休業いたします。

2017-09-16 10:50:06 | 本日のメンテナンス。

大型の台風の接近が心配な九州です。

今日は午前中で早じまい・明日・明後日は休業となりました。

整備のためお預かりしております各艇の養生も

すみました。

週明けからまた整備に入ります。

 

台風の前に急いで整備を終わらせて、帰港いただいたみなさまも、

無事に母港へおかえりになられ、安心しました。(^^)

 

↑ 箱崎へ無事かえっていかれた旭陽丸さん(^^)

 

 

弊社では、万が一の際、お客様のトラブル時に海上救助も行います。

一昨日は、台風前の出航で、エンジンが止まり、浸水もあった艇の

救助も行いました。

事故のご連絡だけは、本当に、心配になります。

今回は、エンジンが止まって浜辺まで流されてありましたが、

無事に陸にあがることもでき、船体への大きな浸水になる前に

皆様を救助できたので、ほっとしました。

その後は、遠浅のため船に海から近づけず、船を引き出す作業が難航しました。

最後は、翌日に、うねりが強くなってくる中、船体の引き上げ作業

となりました。クレーン台船での作業です。

無事に回収できたご愛艇ですが、思い出深い大切なご愛艇なので

やはり心が痛みます。事故は避けられればそれが一番です。

 

エンジンが止まってしまうトラブルは、船外機のお客様でもありました。

 

海は本当に、一つ判断や予兆を見間違うと大きな事故につながります。

出航前の少しの不調も見逃さないで、いつも万全の体制で

いたいですね。(何か異変があったら、出航前にご一報を!)

 

 安全航海のために、私たちも微力ながら

一生懸命サポートいたします。

 

台風前に大急ぎの整備と天気の良い時の大急ぎの

ドック上架整備も多く、大忙しの1週間でした。

 

台風は少し弱くなりそう、

明日明後日は少し緊張感をもって

過ぎ行くのを待ちたいと思います。

 

 

☆karatomarine naoko☆

******************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine,com

********************

コメント

秋がきた。(^^)

2017-09-05 22:42:21 | 本日のメンテナンス。

今年は水温も高く、気温も高く、事故も多く、作業も承ることが

多く・・わたしまでオーバーヒートしそうな夏でした。

暑かったのでスタッフもちょっと体調を崩してしまう瞬間もあって

ハードな日々でした。(><)

 

お叱りをうけつつ、なかなか更新できなかった数か月・・

大変ご無沙汰いたしました

9月に入り、背後の山からも日が落ちると虫の声も聞こえ始め

・・秋の落ち着きをみせはじめました。

 

みなさまからの釣果写真

夏の間たくさんいただきました~

あっつくってもあっつくっても、今年もほんとうに!

どの船もよ~くみんなで海に出てたね~(^^)

思い出写真、どなたも、ありがとうございます 

アコウスポットを見つけられた方もありましたねー。

青物も、ヤズやカンパチなど、でっかくっておいしいの、

よく釣れましたよねー!(^^)

釣って飲んで食べて、毎月みなさまからの、元気いっぱいの報告、

楽しかったです。

イカも今年は多かった! おいしい夏でしたね~

湾内は、アジが豆ばかりで小ぶりでした~ そこで・・今年は

オオアジ狙ってたくさんの船が姫島までよくいかれてましたね~。

アジはほんとうに、大きいと美味しかった!(^^)

気温も水温も30度超えの日が多い中、今年は港の中まで

船のまわりにもお~おきなスズキが回遊してたりして!

面白い風景がみられましたね~。

 

元祖・唐泊のシーバス王のチェリー号も、スズキをたくさん

釣ってあったみたいですね~

(^^)タチウオも今年は長く楽しめてるみたいですね!

昼・夜問わず、イカもみなさん、たくさん釣ってあったなあ。

 

出航が多かったので、曳航救助や、トラブルも、本当に多かった夏でした。

ドライブ艇のお客様は、プロペラの焼き付きゴムの部分が

かなり滑って、溶けて外にまで飛び出してしまい、回転が

上がらなくなって曳航救助となりました。

釣り糸もたっくさん巻き込んでありましたね~。

みなさん気づかずそのまま使ってあることが多い糸巻です(><)

 

整備の際にドックにあげたら、ドライブ艇も

船外機艇も、プロペラの脱着、シール確認、糸巻き除去

私達はお薦めしています。(^^)

 

今年はクラッチのトラブルも多かったです。なんと、弊社の

レンタルボートにもクラッチに異常がみつかり、整備でしばらくお休みも

させていただきました。

ギヤが破損しておりました。

ワンハンドルのリモコンレバーになるので、クラッチの嵌入の操作の際は

コツがいります。

レバーを動かすと、がごん!とかみ合うところがありますので

そこまでは一気にすっと動かしていただけるといいですね。 

現在無事に治って、元気に出航中のレンタルボートです。

 

 

こちらは、大型の6HYエンジンのクラッチのギヤの欠損。

クラッチの操作と馬力の上げ下げの操作が多少影響もしたのでしょうか。

こちらも大がかりな整備となりました。

普段エンジンより、あまり関心をもっておられないクラッチ部かもしれませんが、

定期的なオイル交換、点検はもちろん、普段から適切な回転域での切り替えや

使用方法の順守など、注意することも大事です。

クラッチの焼付き事故もありました。

 

ドライブのコーンクラッチのすべりの事例もありました。

LF28Zサルパのお客様は、普段から流し釣りも多く微速走行もよく行って

楽しんでおられます。進水からずいぶん経ちますがコーンクラッチのかみ合わせが

甘くなっていました。

最近は、クラッチが、がごん、と入る嵌入までの時間が長くなって

おられたとか。普段と違う感じを持たれたときは、早めに点検を

ご依頼されるとよいですネ。(^^)今回は、ちょっと遅かったかな。

沖で回転がうまく伝わらずに船速がでなくなり、

帰港後は、上架整備となりました。

 

ギヤオイルも交換して・・

 

コーンクラッチの点検、整備を行いました。

ほかにも、高水温でたくさんの船底汚れが付くことが多かった今年、

たくさんの船が上架整備にお見えになられました。

EX30Bのお客様も、アノード交換や喫水下の

点検整備を行い、リフレッシュ。

最新型ヤンマーコモンレールエンジン8LV350も、オイル交換や

PC点検で良好な状態を確認いたしました。

年に1回の整備の際には、上架船底塗装だけでなく

エンジンや舵回り、そのほかも気にして点検されて

置かれると安心ですね。

(^^)

 

毎日、ドックは連日混み合っています。

今日は、ヤマハ艇FG39とDY57のお客様と、ヤンマーFZ27のボルボエンジンの

お客様に、ヤマハ船外機艇のお客様も上架していただき、整備させていただいて

おります。

 

他にも、落雷による航海機器や電子機器のオール破損の事故や

転覆事故、航行不能になっての曳航救助も多数あったこの夏。

船員みなさまの無事がなによりで、ほっとしましたが

荒天によって航海中に転覆したり係船中に転覆する船もありました。

例年にない暑さでのエンジンの異変、急な荒天によるさまざまなトラブルなど、

いろいろなことを経験して、たくさんの船の整備に携わることに

なりました。シーズン真っ盛りでもあり、お客様のご事情やご要望に

応えながら、短期間で状態を判断して行う整備も多く、

スタッフにとっても学びの多い数か月でした。

↑チルトがおりなくなった船外機。

船外機のチルトのモータ故障やリレーの故障も多かった。係留保管なら

では・・

お待たせした各艇の艤装もようやく進みました。EX46のお客様の

スパンカー。

EX38のお客様のNEW艤装・・

夜釣り用のライトとレーダーも新設されたEX29Zのお客様。

2か所操舵と釣樂リモコンが新設された、FX27Zのお客様・・

 ひとつひとつ承った仕事を大切に、ご依頼いただく

船のみなさまのお役にたてるように、秋も一生懸命

努めていきたいとおもいます。

 

☆karatomarine naoko☆

***********

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

kARATOMARINE 

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

************

 

 

 

 

 

コメント

初夏のメンテナンスレポート

2017-08-10 08:32:25 | 本日のメンテナンス。

今年は、大きなトラブルや事故の船も多かったですが、

合間を縫っては、定期整備の船も順番にどんどんあがりました。

ヤンマーEX35のお客様は、船底塗装とコックボートの交換です。

シャフト艇は、シャフトブラケット内のコックボート(シャフトを支える

ブラケットの内側の干渉材)が使用に応じて減ってきますので定期

点検や、交換でシャフトのがたつきや、片べりなどを

防ぐ処置が必要になります。

軸がしっかりしていると、走りもかわります。

シャフトやプロペラの防汚コーティングも済み、

亜鉛も交換して一通りの、とも回りの作業が終わりました。

これでまた安心して航海いただけると思います。

猛暑で、今年は、たくさんの海洋生物に覆われたドライブ艇のみなさんも

毎日のように、次々にドックにあがりました。

ヤンマーEF24AZハント24のお客様。オーダーカラーの船底塗料のグリーン。

毎年きれいで映えますね。(船底塗料は実は色々なカラーがあるのです)

 

こちらはDE28HZのとびうお28のお客様、ようやく船底もきれいになりました。

\

どの船も、作業を終えた後は、ほっとしたようにきれいになります。

弊社で作業を承る際には、ドライブや、とも周りの点検や、オイル交換

プロペラ脱着点検、シール点検なども行います。

係留保管艇だからこそ、上架したときにしか見られない細部の

点検や、動作の確認などをしていただくと安心できるかと

思います。

特に、弊社の作業では、回航試運転も併せて行うため、

動作時のチェックなども、上下架前後で点検することが

できます。

 

ふだん実はあまり、不調に気づかれないで乗ってあることが

多いのがレジャーボートの皆様。

エンジンやドライブからの異音や、硬くなったリモコンレバーの動作感、

回転数や船速の異常など、繊細で分かりにくいところにも・・

プロスタッフの目が光ります。

 

海ではいつも安心いただきたいので、お任せいただいた

時には、せいいっぱいのサポートをさせていただくように

しております。

年に1度は、塗装ついでのフルサポートのメンテナンスも

おすすめです。(^^)

 

☆karatomarine naoko☆

**********************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

担当直通)080-1768-7050

**********************

 

 

コメント

休み明けは全員体が3体に分裂したい18日。

2017-07-18 10:25:43 | 本日のメンテナンス。

今日は据え付けは機関台の制作がFRP工事が

進められていますが、その他では、昨夜は栗の上瀬へ曳航救助、

 

今朝は、オイル漏れ緊急修理で入港した船の修理から・・

インペラケースボルト折れ込み修理と・・ほかに警報確認、

インペラ点検交換、補機発電機エンジンの漏電点検修理に・・

タービン黒煙点検修理、溶接工事、ドライブ船定期消耗品交換

点検、新艇艤装工事、など8艇かな、9艇かな、お客様のところに

みんな各々向かっております。

今日は・・

港町と姪浜出張と唐泊で地元と玄界島からの船を迎え、

週明けから全員フルパワーです。

 

 

お。早速オイル漏れの件は、船主さんが自分で交換されたオイルエレメント

から大量に漏れてたみたいでしたから、締め方がまずかったかな、

新しいオイルエレメントに交換してオイルを足して様子を見る

ことになりました。

船が帰ったら次の船がやってこられます。

 

 

↑ ドックでメンテナンス整備中のスタッフ。

 

ひとつひとつ安心が増えていっているということで・・

みんなと一緒に私もがんばるぞ

 

バッテリー弱ってるとご依頼の船に点検にいってまいります!

 

☆karatomarine naoko☆

**************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

***************

 

 

コメント

エンジン載せ替え作業が始まっています。ヤンマー6AY-WET(808馬力)

2017-07-14 13:08:53 | 本日のメンテナンス。

玄界島の運搬船のエンジンを、このたび

新しくする工事を承りました。

先日より、ドックに船が上がっています。

 

これからまた、操業を支え長く活躍してくれるよう、リニューアル

されるNEWエンジンは、ヤンマー6AY-WET(808馬力)です。

 

 

雨も上がり、暑さがマックスになってきている今週から、

本格的に工事が始まりました。これから数週間かかります。

 

 

まずは、旧エンジンを船内から外に出すための作業です。

エンジンルームの排気管をはずし、屋根を外していきます。

 

エンジンルームの上の屋根がはずされ・・排気管がはずされ・・

舵も分解され・・

 

昨日までに、シャフトもプロペラも分解して外されました。

新規にシャフトとプロペラは製造され、新しいエンジンにあった

ものが今後据付されます。

その他にも、船内ではエンジンに付属する各所を分解したり

電気配線を外したり、次のエンジンが乗るように、

機関台の制作加工作業と、いろいろな仕事が毎日急ピッチで

行われていきます。

 

今朝から、エンジンのつり上げ作業が始まりました。

クレーンやさんもチームとなり、全員で安全確保をしながら

神経をはりつめた作業が始まりました。事故も多い作業です、

安全を一番に慎重に作業します。

 

午前中いっぱいかかって、ようやくエンジンが引き上げられました。

長い時間たくさんがんばったエンジンです、おつかれさま・・

 

 

今回お世話させていただいている、玄界島の運搬船は、

漁業組合のみなさんの共同の船です。

共同で使う船は整備やメンテナンスにとても気を使うもの。

今日は、船内のエンジンルームに、組合のみなさんが、手書きでエンジン

や機器の型式、消耗部品が、何かあったときに誰でも一目でわかりやすいよう

書いて貼ってありました。

船は、車と違って、毎日過酷で変化に富んだ海の上で使われます。

特に毎日海に出られる漁師さんたちはいつも危険と

隣り合わせで作業されます。

いつ、何が起こってもおかしくないのが海。

 

みなさんの操業や安全航海は、船への愛情と

微力ながら私たちの一つ一つのお仕事に

かかわっていくと思っています。

一所懸命整備しても何か起こったり事故があるのも海ですから。。

海で活躍するみなさんを、一生懸命支えていきたいと思います。

 

↑ 先日より新しくなったユニックも大切に活躍中です。

(松尾さん、今回は、お力添えいただき本当にありがとうございます)

忙しい時ほど、私たちもたくさんのお客様や、力を貸してくださるみなさんに

支えられてお仕事できるのを感じています。

 

ひとつひとつ、ご依頼くださった皆様のお力になれるように、

今日もみんなでがんばります。(^^)

 

載せ替え作業はまだまだ続きます。

 

午後は、他港のSOS艇や港町に出張です。

お待たせしていました、船外機の整備点検に・・

事故で警報が鳴り始めた異常の船の点検に。。

先日落雷にあった船の整備修理にも

うかがいます。

 

時間の許す限り、承っておりますご依頼に、

ご対応させていただいております。

 

お世話させてくださり、ありがとうございます。

 

みんながんばってー!

 

☆karatomarine naoko☆

***************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-223

http://karatomarine.com

****************

 

 

コメント

GW期間中の営業時間のご案内☆KARATOMARINE(有)唐泊鉄工所

2017-05-01 10:10:10 | 本日のメンテナンス。

ただいまGWまっただなかの方も多いかと思います。(^^)

昨日は風が強かったので、外には出にくかったですね、ちょい

乗りで楽しまれた方も多かったでしょうか。

 

今日はレンタルボートも出航中です。

や~いいなあ、お休みをみなさん満喫してあります。(^^)

 

本日は、

弊社のゴールデンウィーク中の営業時間のご案内をいたします。

 

2017・GW期間の営業時間のご案内


本日5月1日・2日(8時半~17時)営業です。

5月3日~5日(祝日につき休業となります)

5月6日(土)(8時半~15時)営業です。

*ボート免許教室も同時開催中

5月7日(日)9時~16時)営業です。

*ボート免許教室も同時開催中

 

お問合せやご来店のご予約等はこちらまで・・

担当:門司080-1768-7050

 

みなさまのお役にたてますよう、日々、営業時間いっぱい

心を込めてご対応させていただきます。

よろしくお願いいたします

 

 

早速今日も、三連休前の整備でドックもいっぱいです。

シャフトのコックボートの交換に・・

船外機の換装と、船体のFRP補修、船底塗装に・・

遠征前の、エンジン、ドライブチェック・整備にと・・

 

今日もげんきっぱいがんばりまーす!

 

☆karatomarine naoko☆

*************

ヤンマー特約店(有)唐泊鉄工所

KARATOMARINE 

福岡県福岡市西区宮浦1098

(092)809-2523

http://karatomarine.com

*************

 

 

コメント