旅の窓

平凡ながら列車の旅が好きで、その様子を紹介しています。
『閑雲野鶴日記』は日々の自由気ままな生活の記録。

寒さだけではなかった 閑雲野鶴日記2022年(令和4年)1月20日(木)

2022-01-20 19:51:59 | 閑雲野鶴日記

 「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」
 今朝の最低気温は氷点下7度。寒さだけではなかった
 7時過ぎから夕方まで断続的に雪が降り続きました。


 約8時間で19㎝ほど雪が積もりました。


 こんな天気なのに、お向かいの屋根の雪が落ちました。


 お仕事でお留守なので、勝手にお片付け。
 1時間半ほどで終了!


 大寒らしい一日でした。

 おまけ。
 今夜の肴。
「タラコ・みそ鰹ニンニク・金平牛蒡」「麻婆豆腐」「聖護院蕪と鶏肉の煮物・南瓜煮・塩鯖・大根おろし」


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駅弁コレクション72 「八丁味噌だれ焼肉弁当」(名古屋駅)

2022-01-20 12:41:10 | 駅弁コレクション
【八丁味噌だれ焼肉弁当】(名古屋駅)
                           2022.1.20投稿

2008年(平成20年)3月9日
 マエダ「全国有名駅弁大会」で購入 価格1,200円
                       [製造元](株)だるま

 掛紙(スリーブ)は、黒が基調でが高級感があります。


 白飯の上に、八丁味噌だれを絡めて炒めた焼肉が載り、脇につぼ漬けが添えられています。
 付け合せはキムチ豆もやし・青しそ高菜。そして、味付け玉子(みそ玉)が半個入っています。


 冷えた状態でもとても柔らかいお肉です。半個だけ入っているみそ玉も味が染みています。
 「尾張牛」とは、杉本食肉産業株式会社が2006年(平成18年)から商標をもつ愛知県産の牛肉で、「尾張牛」を証明する証紙と供給元の「お肉の専門店スギモト」のマークが掛紙に付いています。
 「尾張名物」とありますが、「八丁味噌」の発祥は「三河」ですから、「尾張」と「三河」が融合した「愛知名物」と言ったところでしょうか。

 製造販売を行うのは、1950年(昭和25年)愛知県刈谷市の寿司屋からスタートし、現在は駅弁・空弁の製造販売の他、「だる磨」「しゃぶしゃぶ温野菜」「カーブスエリアパートナー」「かつや」等のフランチャイズ事業やフィットネスクラブの運営など多岐にわたる会社となった「株式会社だるま.」の弁当部門を担当する「株式会社だるま.名古屋支社」です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10年ほど遅れて 閑雲野鶴日記2022年(令和4年)1月19日(水)

2022-01-19 19:17:55 | 閑雲野鶴日記
 20時までに就寝、3~4時の間に起床。という生活ですからこの時刻でも寝坊になりますね。


 今朝も放射冷却現象。
 最低気温は氷点下5度。


 今日は細かいところの排雪をする予定でしたが、明け方の冷えが厳しく、雪が固かったので作業はお休みです。


 そんな中、知人から所謂『チェーンメール』が届きました。
 初めてです。ちょっと感動しましたが、10年ほど前に流行った物です。
 加工と合成が上手すぎで、見るからに『作り物』です。


 おまけ。
 今夜の肴。
 「鰰のすし・味噌鰹ニンニク・タラコ」「キャベツと豚肉の辛味噌炒め・焼売・ポテトサラダ」「イカ刺し」 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駅弁コレクション71 「純系名古屋コーチンとりめし」(名古屋駅)

2022-01-19 12:29:43 | 駅弁コレクション
【純系名古屋コーチンとりめし】(名古屋駅)
                           2022.1.19投稿

2008年(平成20年)3月9日
 マエダ「全国有名駅弁大会」で購入 価格880円
                       [製造元](株)だるま

 朱色の掛紙が竹皮を編んだ細長い容器にセロテープで留められています。


 竹皮で編んだ容器の中の竹皮風ボール紙の器に、名古屋コーチンの出汁で炊いた餅米を混ぜた鶏飯が詰まっていて、その上に名古屋コーチンの照り焼き・山菜醤油漬・椎茸煮・人参煮、沢庵漬けが載っています。


 「純系」という名の通り、名古屋コーチン個体識別番号シールが貼られています。
 これは「純系名古屋コーチン」と称して良いのは、愛知県畜産総合センター種鶏場が基準を満たすと認定している一部の養鶏場で飼育された名古屋コーチンだけです。
 高価な名古屋コーチンのためか、お肉が少ないのがちょっと寂しいですね。
 沢庵漬けは好きですが、せめてカップに入れるなど匂い対策が必要かなと思います。
 2000年代当初から販売されているとのことです。

2021年(令和3年)10月23日
 マエダ「全国有名駅弁大会」で購入 価格1,001円
                       [製造元](株)だるま

 朱色の掛紙に変更はありません。
 容器は竹皮風の物に代わっています。


 掛紙がしっかり巻かれているため、割り箸などは中に入っています。


 鶏の出汁で炊いた鶏飯の上に、真ん中にメインのささみ味噌漬け・肉団子、照焼きチン料理が載っています。両端には山菜の醤油漬け、錦糸玉子と守口大根漬が盛り付けられています。




 ささみの味噌漬けはパサパサした感じもなく、適度な弾力があります。
 肉団子は、口の中に濃厚な鶏の旨味が広がります。
 照り焼きのこってりとした風味が際立っています。


 鶏めしには、錦糸・そぼろの違いがあっても玉子が定番。
 名古屋らしく、付け合わせは守口大根漬け。


 発売開始から20年以上、今では不動の人気商品となっています。
 容器や内容には、若干の変更があるものの、基本スタイルは変わっていません。
 販売当初は、名古屋コーチンの出汁で炊いた鶏飯に、名古屋コーチンの照り焼きと、名古屋コーチン100%だったようにですが、現在の内容表示では、照り焼きと、肉団子の26%が名古屋コーチン使用と読むことが出来ます。その分、お肉の量が多くなっています。
 付け合わせの沢庵漬けが守口大根漬けに代わったのは、個人的には大歓迎です。
 名古屋コーチン協会認定商品のマークを付けて、税込み1,080円というのは、駅弁としては決してお高くないのではないかと思っています。
 なお、今回は1,001円で販売していました。

 製造販売を行うのは、1950年(昭和25年)愛知県刈谷市の寿司屋からスタートし、現在は駅弁・空弁の製造販売の他、「だる磨」「しゃぶしゃぶ温野菜」「カーブスエリアパートナー」「かつや」等のフランチャイズ事業やフィットネスクラブの運営など多岐にわたる会社となった「株式会社だるま.」の弁当部門を担当する「株式会社だるま.名古屋支社」です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

消えない雪はないとは言うけれど 閑雲野鶴日記2022年(令和4年)1月18日(火)

2022-01-18 23:59:59 | 閑雲野鶴日記
 3日ほどほとんど雪が降っていなくて朝の雪かきはありませんが、雪が降らない間に今までやっていない場所の除雪をしている疲れか、朝の雪かきはないだろうという安心感からか、今日は寝坊です。


 放射冷却現象で、日の出直前には氷点下4度まで気温が下がりました。


 今日は、今冬2回目の2階窓下の除雪です。




 除雪自体は、下に落とすだけですからそんなに時間は掛かりません。




 落とした雪を片付けなければならないのですが、落とした雪は圧雪されていて、結構大変です。
 

 なんだかんだと、3時間ほどの作業でした。


 午後は温泉へ。そして・・・。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする