あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

フデリンドウ

2014-04-30 21:29:40 | 日記


細い道路の斜面にタンポポが沢山咲いている。
その中に少し色の違う花が混じっている
ウスギカントウタンポポでしょうか?
西洋タンポポに押されて消えてしまうのではないかと
心配されていたカントウタンポポも
勢力を盛り返してきた。



急な斜面で足元に視線を落として
ハッとした!!



小さなフデリンドウが幾つか咲いていた!
この一角でしか見ていない。



アゲハ蝶はつつじが好きだから・・・
そんな事を話しながら見ているとやっぱり
キアゲハが花粉だらけに成りながら
蜜にご執心だった!



小さな弾丸!!



イワツバメ!!!
コメント (2)

はてなばかり・・・?

2014-04-29 16:57:41 | 日記


トンボの生息する小川で大きなガガンボを見つけた!!

巨大なガガンボ?
ガガンボの仲間では最大級の
マダラガガンボと云うらしい!!



同じ所で色々面白い昆虫が居た。
トビケラの仲間?
はてなばかりで・・・?
(みき♂様からこちらはセンブリの仲間だろうと教えていただきました。
 いつも有難うございます。)



昆虫ばかりではなく草までも??
余りに小さくて花が咲いているのか蕾なのか
はたまた実になっているのか?
マクロで見ると確かに花が咲いている!
カスマグサかな?
(知り合いの方からスズメノエンドウだとメールを頂きました。
 ありがとうございます。)



こちらも?



シモフリコメツキ・・かな?



これは分かります!
アカタテハ・・・今春は初撮影です!
コメント (4)

キンラン

2014-04-28 16:05:21 | 日記


いつも歩く所には所々にキンランがある
今年もあるかな??
そう思いながら歩く・・・無事に開花近い!
ここは日陰だったので問題は無く撮影できた。



晴天が続いて暖かいので
虫も元気に活動しています。
アオオサムシ!



いつも近くから撮影するのと
止まる場所が枯葉の上が多いので
ちょっと離れて撮影してみました。
春の野原の小さな花達とミヤマセセリ



民家の庭先でナミアゲハが産卵行動!
茎にも一つ卵が付いていますね。



柚子か金柑か若い葉の裏に
卵が一つ!



道路沿いに毎年三本のキンランが咲く。
道路沿いと云うこともあって盗掘されて
無くなっているのではないかと心配しながら見に行く。
今年も立派に花を咲かせていました!
黄色い花の中でもキンランは何故か花が
上手に撮影できたことがありません?
絞りを換えたり補正を色々変えてチャレンジしますが
これならばと言う画像を残せた事が無い!!
風で日陰に成った所で撮影して何とかこの一枚!
縦位置で撮影したかったのですが断念しました・・・トホホです。
コメント

トウキョウサンショウウオの幼生

2014-04-27 17:03:36 | 日記


今朝はちょっといつもより早く散策を始めた。
まだ気温が低い為かルリタテハも
動きが鈍く・・
この後私の周りをまつわり付いて居た!
撮影しようと思っても余りに近くて無理だった!!



オドリコソウがヤエムグラやカラスノエンドウの中に
咲いているのを見つけた。
花だけをアップでも撮ってあるけれど
周囲の花も一緒の方が環境がよく分かると
思ってこの一枚を選んだ。



セリバヒエンソウに頭を潜らせるようにして
朝食をしているツマキチョウ。



蝶のシーズンの幕開けはミヤマセセリ
随分と長く楽しめます。
一面のカキドオシで朝食中です。



今日はよく蝶にまつわり付かれます
ウラナミジャノメさんです。



トウキョウサンショウウオが気になって
見に行ってきました。
卵嚢の中で幼生が沢山そのときを待っていました!!
もう卵嚢から出ている固体もありましたが
ケースの中で綺麗に撮影できませんでした。
残念!!

コメント

ヒメウラナミジャノメ

2014-04-26 16:05:07 | 日記


トンボを見ながら歩いていると二頭のヒメウラナミジャノメが
飛んでいた
今シーズン初めて。



田んぼの周囲を歩いていると
アオサギが困惑顔で佇んでいた。
子供かと思ったが冠羽があるので
そうとも思えなかった?



羽化してすぐのトンボがフラフラと
モミジの葉に止まった
逆光で一部がシルエットのようになった!



命を全うしたのでしょう
オオスズメバチが死んでいた
死んでいるとわかっても手で触るのは
怖い!



翅の白い紋からメスのようです。
次回訪問時には綺麗な色になって
迎えてくれる筈・・・?



頭の上を飛ぶ飛行機を見ていて驚いた!
早期警戒機
上空からレーダー監視をする
尖閣諸島問題などで使われるのだろうか?
コメント (2)