あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

蜂と蜘蛛

2013-10-31 16:19:11 | 日記


今日は散策日和!!
雑木林の中の小道で面白い場面に出会った
脱皮したばかりの蜘蛛でしょうか
小さな蜂に見つかってしまった



蜂は素早く蜘蛛を掴んで・・
引きずって移動しようとしたが自分よりも大きな蜘蛛は
持ち難かったのかその場で作業を開始した



まずは長い足から噛み切っていった



噛み切った足はポンと放り投げたのには驚いた
次々と足を噛み切られ胴体だけになってしまった蜘蛛を



自分の体の下に抱きかかえるようにして
巣に持ち帰るようだった
ほっそりとした蜂の体に比べると蜘蛛はいかにも
重そうで何処まで持っていくのか暫く
行き先を追いかけた
重くて飛べないのか枯れ葉の上をどんどん移動して
消えていった





コメント (2)

ゴイサギ

2013-10-30 16:20:49 | 日記


フェンスのうえの虫達を見ながらほんの少し歩いてきた
今日も沢山のカメムシや天道虫が
歩いていて中にはこんな大物も!
コバネイナゴでしょうか



反対側のフェンスにはササキリ
春には赤と黒の飴細工のような幼生だったのが
立派な成虫に成っていた
少し離れた所には脱皮殻と思われるものもあった
産卵管が見られるのでメスですね



川の流れに目をやるとゴイサギがいた



流れの際で上手に餌を捕っていました



丸々としたドジョウのようです
身をくねらすドジョウを大きな口を開けて呑み込みました
暫く次の獲物を狙っていたが
流れを横切ってこちら側に渡って来てしまった
コメント

カメムシ

2013-10-29 16:33:46 | 日記


フェンスの上のドラマを見ていると
中々面白いものがある!



あちこちで何かの抜け殻のようなものがあるのを
見ていたがその正体はこんな所にあった



エサキモンキツノカメムシの脱皮がらだと
この時ようやく分かった
脱皮したばかりのカメムシですね



カメムシは成虫に成るまでに5回脱皮を繰り返す
まだトレードマークの背中のハート模様は
はっきりとしていませんね



そのたびに少しずつ色や形が変わります
この子はもう一度くらい脱皮するのでしょうか?
このフェンスには小さな幼虫から成虫まで
じっくり探すと見つかる筈ですが・・・
コメント (2)

冬鳥一号!

2013-10-28 16:36:09 | 日記


直径が10センチにも満たない小さな蜘蛛の巣が
笹の間で風に揺れていた



小さな主はいったい誰だろう?
何度か挑戦してみたが旨く撮影できなかった



川沿いの何の変哲も無いフェンスの上にも
生き物達のドラマがあった
黒いサシガメらしき姿はしっかりとハエを捉えて
離さなかった



すぐそばにはアズチグモが・・・!



今日は気持ちのいい朝で
ベランダに出て空を眺めていたら
久しぶりにジョウビタキの鳴き声が聞こえた



今年は初めてだわ・・・なんて思って探したが声はすれども姿は見えず?
午後になって買い物に出かけようと思ったら
姿を見つけたので
急いでカメラを取りに戻った
慌てていたのでマクロレンズでの撮影です
冬鳥のシーズンに入りましたね
楽しみです
コメント (2)

ハコネウツギ

2013-10-27 17:02:47 | 日記


台風一過の晴天で家でじっとはしていられない!
なんて思って・・・ちょっと出かけて見たら
戻り咲きのハコネウツギです
他にもツツジなどが咲いていました!!!
本来は5月から6月頃に咲く花ですね



雑木林の入り口でジョロウグモが何か蛾らしき獲物を
捕まえているのに出会った
ちょっと離れて小さな雄の蜘蛛がいるのにご注目!



雌は獲物にご執心
その隙に雄は素早く近寄ります



見つからないようにそっとそっと・・・・



蜘蛛の交接シーンが見られるかと期待してカメラを構えていたが
少し動いた時に
長く延びた蜘蛛の糸を触った様子
大きくゆれた蜘蛛の糸・・!
揺れを察知するや否やパッと後ろにさがってしまった
綺麗な花にカメラを向けているのなら問題は無いけれど
相手が蜘蛛なので散策の人は怪訝そうにして通り過ぎる
場所も悪いし風も強くなってきたので
その場を後にした


コメント (2)