あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

命尽きても・・

2011-09-30 16:07:39 | 日記


今年はミドリヒョウモンの姿が多い
オオキンケイギクとよく似ているのでどちらかな
花弁の様子はキバナコスモスの様でもあるが?



暑い間はツマグロヒョウモンが少ないと思っていたが
何時の間にやらツマグロヒョウモンの天下になっていた
恐るべし繁殖力!



余りに小さいので・・・ツバメシジミ
少し翅の傷みがあった



薄桃色のゲンノショウコが 控えめに咲いている
まだ種が出来ていなくてお神輿は見えなかった
別名のお神輿草らしい種はもう少し先のようです



アサギマダラが毎年渡っていく前に 集結する場所がある
今年は全く姿も見えず
熟して落ちそうになった柿があるだけだった!
もう何年も行く度に会う地元の方に昨日も会ったので
アサギマダラの情報を聞いてみた
犬の散歩で朝夕歩いている方なので
時々行く私達に比べるとはるかに情報量は多いので
お目にかかると色々教えていただくのです
春先には時々アサギマダラは見られたが
夏からは全く見ていないというお話だった
こんなに確かな情報は無いので打ちのめされた感じだった
キジョランの種がひとつ出来ている事さえ見つけていて
弾けて白髪頭が見られるか楽しみにしているとのお話だった
思わずキラキラ光りながら落ちてきたキジョランの種を
思い出してしまった
あ~あ 残念!
森林科学園は10月中旬まで台風で倒された木の
片付けなど復旧作業で臨時休園になっている
アサギマダラの幼虫を見つけていたが成虫は望めない



力ない足取りになってしまったが
気を取り直して少し先まで行ってみた
足元にモゾモゾと動いている玉虫がいた
何かに襲われたらしくお腹が無かった
こんな姿になってもなお動こうとしている姿に切なくなって
しまった
もう残された命の火は僅か・・・・



コメント (6)

台風の爪あと

2011-09-29 16:38:10 | 日記


暮れなずむ秩父連山
明日はいい天気・・・昨日の夕焼け



暫くぶりに沢沿いの散策路を歩いた
黒っぽい大型の蝶が目の前を飛んだが・・・?
降り立った所を見ていたのに
中々見つからなかった!
枯れ葉に紛れて・・クロコノマチョウだった
わざと飛ばして見つける作業を何度かして
やっと撮影できました



眼下に見える白い花 シシウドのように見えるが
その上にメスグロヒョウモンのメスが翅を広げていた
成虫は年一回 6月から7月に羽化し 低い地域では
一時夏眠したあと 9月から11月に活動する・・とある
雄は初夏に撮影している
雌と雄の模様の違いが著しい種です
名前の示すとおり 黒い雌を撮りたかった!!



近所でも台風のあと木が倒れたり 枝が折れたりしていたが!



いかに荒れ狂ったか・・
ラクウショウの幹の裂け方に ただただ驚いた!!



ささくれ立ってねじれて幹が飛んでいた!!
自然の猛威にはなすすべも無い!!
コメント (6)

ヒメヒオウギアヤメ

2011-09-28 16:21:27 | 日記


すっきりとした青空が広がった
すがすがしい秋の空だったので 病を得て一足先に旅立った
友達のお墓参りに出かけた
広大な墓地は何度行っても迷ってばかり
そんな道々であった生き物や花です
眩しいばかりの太陽に黒い実が艶々しているのは
ゴンズイ



ゴンズイを撮影していたら 目の前にアキアカネが止まって
じっと見ていた!
注意してみると畑の杭全てに止まっていた!!



先月来たときにはまだ緑色だった栗のイガ
ちょっと恥ずかしそうに中身を見せ始めていた



市民農園らしい区画された畑の韮に ヤマトシジミ



シロバナシモツケもまだ咲いていた
自転車を止めて誰も来ないので畑の一角で
パチリパチリ・・・



ヒメヒオウギスイセンは甘い蜜を持っているのだろうか
蟻さんが忙しそうに働いていた



家の近くに戻って風に揺れる白萩を見ていたら
ヤマトシジミよりも少し大きな蝶がいた



ウラナミシジミの雌だった
細い糸のような尾状突起も綺麗な子だった
コメント (6)

スイフヨウ

2011-09-27 16:08:26 | 日記


最近は滅多に歩かなくなっていた散策路に
一本のスイフヨウがあった



朝開いたときは白く段々時間と共にピンク色になり
翌朝には萎んでしまう
お酒を飲んだ人の顔が段々赤くなるのに似ているからと云う
言葉の響きが好きだけれど
名前の由来は好まない・・・



御近所のランタナの鉢植えにバッタが居た
ショウリョウバッタのように思えるが?



イトトンボのカップル
暑い暑いと言っていたが 忍び寄る秋の気配



エノコログサも生気を失って・・・



もう終わりと思っていた彼岸花が生垣の中から懸命に
光を受けようと背を伸ばして開こうとしていたり
落葉した桜の葉を乗せて
蕾が伸びていたり・・・秋 お彼岸が過ぎました



散歩から帰る途中で
だみ声が聞こえた?
電線にオナガの群れが止まっていて
近くの木に飛び移ったり
戻ったり
曇り空だったのでシルエットのようですが・・・マクロレンズだったのが残念でした

コメント (6)

没にする前に・・

2011-09-26 16:20:55 | 日記


そろそろリサイズしたファイルの中を整理しようと・・・
没にする前にクロマルハナバチと



小さなカメムシ
河口湖の湖畔のベンチにいた
不明の幼虫とカメムシ



イヌゴマとイチモンジセセリ
今年はイチモンジセセリの当たり年?



前足のトゲが痛そう・・・ヤブキリ



少し前に撮影していたが種類が分からなくて?



カワラケツメイの花がまだ咲いていました
茶色く熟した豆がつんつんと上を向いている中に混ざって・・・?



カワラケツメイが繁茂しているのでもしかして・・・普通種のキチョウでした





ウラナミシジミが綺麗な翅を広げて見せてくれた
蕎麦の花畑でウラナミシジミを撮りたいと思ったが
思うに任せない!
コメント (6)