徒然スキーヤー日記

冬は毎週志賀高原レポート
夏は子連れダイビング情報
スキー試乗や旅行記の目次は「このブログについて」カテゴリー見てね

狭山スキー場2018/2019シーズンのオープン日10/26 (金)に確定!Yetiは現時点では10月中旬とだけアナウンス.

2018-09-30 17:06:27 | スキー雑談
えー.
狭山スキー場のオープン日が正式に決定したようで.
ホームページを見ると,10月26日(金)となってますね…
10月最後の週末からオープンですか…

で.対するYetiですが.
今シーズンのオープンが.
10月中旬
というところまでアナウンスされていますが.
日付はまだ公開されていません…

とりあえず,中旬ってことは.
去年のように,10月初めからのオープンでは
ないようですね…(ちょっと残念)

去年は,オープンした後,10月中に2度も
台風に襲われて,
そのたび雪が消えてクローズという.
(雪が)腐ってやがる…(オープンが)早すぎたんだ」
と,つぶやかずにいられない感じだったので.
さすがに今年は10月初めのオープンはあきらめた
んでしょうか…

で.
中旬となると.
早ければ12日の金曜日となりますが…
おそらくは例年通りの第3週,19日の
オープンでしょう.きっと.

とりあえず.
あと3週間弱でスキーシーズンインです!!
準備しないと…っ!!←その前に引っ越ししないといけないのでは?
コメント (4)

うむ?志賀高原中央エリアのマップが,さりげなく2019シーズン版になっている気がするのだが…

2018-09-15 09:32:21 | スキー雑談
昨日は帰宅後死んだように寝てしまったので.
朝に更新…

てなわけで.
車ネタダイビングネタの宝庫,
徒然スキーヤー日記をご覧いただきありがとうございます←開き直り

でも.
今日は.
実に久しぶりのスキーネタなのだ!
もう,読者の皆さんも,ここがスキーBlogだということを
忘れちゃってるんじゃないか心配なのですが.
一応,スキーブログですから!!

…ってなわけで.
本日.
志賀高原リゾート開発のウェブページを見ていた時…
中央エリアのマップのページをクリックすると.

んんん?
…これは…
マップ,新しくなってる??

志賀高原リゾート開発ウェブページより)

どうやら.
ひっそりと2019シーズンのマップに入れ替わって
いるようなので.
2018シーズンから,一体どこが変わったのか!??
と.
マップを隅々まで読み込むという,
20000mクラブのメンバーなら反射的にやってしまう
本能ともいえる反応をしてしまったのでした…

ってことで.
2018シーズンの同じマップと比べてみますと…

志賀高原に慣れていない人には,
ほとんど違いが分かりませんね…
かなり高度な間違い探しの問題として使えそう(笑).

とりあえず,じっくり読みこんでみたところ.
昨シーズンは3本もリフトが減ったし,
今シーズンはもっとリフトが減るんじゃないか…
と心配してたけど.
思ったほど大きく変わってないようで.
ちょっと安心…

とりあえず.
私が気づいた変更点は2か所のみ.

まず,一番大きな変更点は…
ここですね.
ブナ平スキー場.

志賀高原マニアレベルは,一瞬で何が変わったか
分かると思いますが.
そうじゃない人は分からないと思うので.
2018シーズンマップの同じ場所を
拡大すると…

そうです.
赤く囲ったブナ平クワッド.
こいつが消えてます…!

このリフト.
2シーズン前から,休日でも止まっていることが
多くなり.
ついに昨シーズンは一度も動いているのを
見なかったので.
廃止されるだろうなぁ…
と思っていましたが.
ついに廃止ですか…
まぁ,ここは想定の範囲内.

…でも.
人気のなかった,ここの七曲り.
気持ちいい一枚バーンから,狭い
急カーブになって,滑りにくいうえに
雪付きが悪くなって不評だったのに.
七曲りのまま残るようですね…(涙)


そうして.
もう一つの変更点が,ここ.
蓮池ですが.

さぁ.みなさん.
どこが変わったか分かりますか??
20000mクラブな皆さんなら一瞬で
「やっぱりな…」
と見抜く変更点.
2018シーズンマップをみると…

そうです.
蓮池→ジャイアントに抜けるためのロープトゥが
無くなりました!


…まぁ,ここも去年は.
地図に乗っているものの一度も動かず
じまいだったので.
無くなるだろうなぁ…と思ってましたが.
ついに正式に廃止です.

こいつが廃止になったので.
蓮池・丸池・サンバレーエリアからジャイアントに
帰るためには,スキーを履いたままで
移動できなくなり.
この赤く印した部分をとぼとぼとスキーをもって
歩かなくてはならなくなりました…

うーむ.
連絡が悪くなった蓮池・丸池・サンバレーエリア.
さらに人が減っていきそう…
来シーズン,リフトが無くならないことを
祈るばかり…

まぁ,せめてもの救いは.
サンバレーと丸池は,まだナイター表示が
残っているので.

お客さんがあまりにも少ないサンバレーエリアの
ナイター営業,無くなるのでは…???

という心配は,杞憂に終わったようで.
ちょっと一安心…

ってな感じのところが,私の気づいた変更点ですが.
まぁ,昨年よりは変更点が少ないとはいえ.
やっぱり毎年,リフトが減っていくという
寂しい状況が続いてます…(ちょっと涙)

何かいいニュースがないかなぁ…
と,一生懸命探しましたが.
新しい何かが追加されているという,
いいニュースは全く無さそうです(泣)

うーむ.
まだマップが出ていない,焼額や奥志賀,
横手山&熊の湯エリア.
いい方に変わっていることを期待…
新しくリフトが追加されるとか.
コースが増えるようなことはほとんど
期待できないけど
コメント (6)

2018シーズンを終えて…シーズンの総括

2018-06-29 01:14:26 | スキー雑談
はいはいはいはい.
今シーズンも行きますよ~.
シーズン終了時の定番.
シーズンの総括記事です…

…あぁ…
こういうシーズンのまとめ記事を書いていると.
シーズンが終わったんだなぁ…
と,寂しくなってきますね~.
ホントにスキーシーズンが一年中続けば
いいのになぁ…←だから,間違いなく家計が破綻するし体壊すってば

では,今シーズンの総括です!

○シーズン滑走日数 68日

うーむ.
昨シーズンから2日減りましたか…
でも.
雪が多かった昨シーズンと比べて,2日しか
減ってないってのは,まぁ頑張ったのかも.
30時間フライトのあとそのままYetiに行ったり…
まぁ,いろいろ頑張った.


…とはいえ.GWに入ってからは.
ゲレンデコンディション,ひどかったなぁ…(涙)

○行ったスキー場

志賀 52日
Yeti 7日
アサマ2000 2日
かぐら 6日
月山 1日

もう,いつも通り偏ってますね(笑)
毎年恒例と化してきた,5か所のみですか…
志賀高原のシーズン前はYeti&アサマ2000,
シーズン後はかぐら&月山という,例年パターン.

でも.
今年はGW後半にまともに志賀で滑れなかったので.
かぐらを滑った日数が増えてますね~.
あと,Yetiが10月頭オープンだったので,
Yeti日数も増えてますね.
Yetiが10月頭オープンじゃなければ,
シーズン滑走日数が2-3日減ってましたか…

○ナイター滑走日数 20日

昨シーズンより1日減ってますね~.
うち,イエティナイターが4日.
残り16日が志賀のナイター.

志賀高原ナイターをさらに詳しく分けると,
焼額,3日
サンバレー,5日
一の瀬ファミリー,2日
一の瀬ダイヤモンド,6日
となります.
サンバレーがペアで営業だった一昨年までは,
ほとんどダイヤばっかり滑ってましたが.
サンバレーがクワッドリフトでナイター
営業になってから,志賀高原では
サンバレーナイターが一番面白いので.
今シーズンはサンバレーの率が
上がりましたね…

○早朝滑走日数 10日

ありゃりゃ?
今年はGWの早朝がほとんど滑れなかったのに,
去年の7日から増えてますよ…??

と,思ったら.
そうか~!
去年は焼額,春営業やってなかったんだ…
今年は焼額が4月に入っても営業してくれたので.
3月11日の早朝開始以降,GWまでほぼ毎週
早朝に参加しましたから,増えたんですね~.
これでGW後半まで焼額の雪がもってくれれば,
あと3-4日は増えてたかも…

そして,
早朝からナイターまでぶっ続け
ってのも一回だけやっちゃいました


○トータル滑走標高差 752700m

昨年は795kmだったので.
うーむ.40km以上減りましたね…
Skilineロスのせいで.
20000mクラブな方々は.
今シーズン,軒並み滑走標高差が減ったのではないでしょうか…

'15…659km
'16…689km,
'17…795km,
'18…752km

ということで.
減ったとはいえ,それでも歴代2位の標高差なので.
春先に雪が無かったことを考えると,
割と滑った方かな~.

○一日滑走標高差20000m突破回数 3回

あれ??
Skilineが無かったというのに.
今シーズン,3回も20000mを超えていたとは…っ!!

うち1回は,友人と一緒の20000m超え
でも.
全てナイター含みなので…
未だに昼間のみで20000mは超えてません(笑)

○自動車走行距離 約26000km 

まぁ,よく走りましたね…

○転倒回数 4回

昨日の記事で描きましたが.
自損転倒1回
誤開放転倒2回,
情けない転倒1回(涙)の,計4回.

昨年の2回から,倍増です(涙)
それも,超久しぶりに,板を外すような転倒も…

とはいえ.
シーズン68日滑ることを考えれば.
少ないほうかな.
うん.
きっと,少ないほうだと思う…

○かかったお金
…Priceless.

いや,今シーズンも計算してみたけど…
現実として認めがたい金額です(涙)
でも.お金に代えがたい何かを得ている
ということで.
正当な出費と認めます!!
…そもそも,
「寝たい,食べたい,滑りたいは,
人間の3大欲求ですから.←何か違ってないか?
これをやめると,生存が脅かされるので…
もう,生きるためのやむなしの出費です.

…もしかすると.
プロジェクトX2の費用も.
ほとんどスキーのための出費のような気もするので.
これもスキー費用と考えると…

…うぎゃーーー!!!

…ってことで.
7か月半に渡った,2018シーズン.
これにて終了です…(涙)

 
  
 
 
 
コメント (7)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート インデックス

2018-06-24 01:11:52 | スキー雑談
ってなわけで.
プロジェクトX2の話もヤマ場に
差し掛かってきましたが.
…本日は,このBlogの本筋の,
スキーネタです!

…何度も言うようですが.
このBlog.
なぜか車ネタの方が,スキーネタより人気がある
ようなのですが…
でも,このBlogはスキーBlogですからっ!!
スキーネタが,本来の話題ですからっ!!
こちらが本来の,このBlogのあるべきネタですからっ!!

と,開き直ったところで.
えー.
今シーズンもスキーの試乗会に参加して,
スキー試乗レポートを続けてきたわけですが.
先日のELANのレポートで,試乗したすべての
板のレポートを終えました…

でも.
例年よりも,試乗した台数は少なめでしたね.
試乗した板,計22機種ですか…
うーむ.
例年30機種以上乗ることを考えると.
ちょいと少なかったなぁ…
NordicaとかBlizzardとか乗ってみたかったん
だけどなぁ…

とはいえ.まぁそこそこの台数に乗っており.
記事が分散して見にくいと思うので,
いつも通り,試乗レポートのインデックスを
作りました~!

もう,スキーシーズンも終わり.
本格的な夏が近づいてますが.
試乗レポートを読み返して,
ちょっとスキーシーズンの気分を
味わってみてください(笑)

SALOMON
S/RACE RUSH SL X12TL 165cm
S/RACE RUSH SL P80 X12VAR 165cm
S/MAX BLAST 165cm

ATOMIC
REDSTER S9i pro 165cm
REDSTER S9i 165cm
REDSTER S9 165cm
REDSTER G9i 171cm

OGASAKA
KS-RT+FL585 170cm
TC-SA+FL585 165cm
TC-MA+FL585 172cm

VOLKL
RACETIGER SL DEMO 160cm
RACETIGER GS DEMO 175cm
RACETIGER SX DEMO 168cm

FISCHER
RC4 Worldcup SL Curv Booster 165cm
RC4 Worldcup SC Yellow base 165cm

HEAD
Worldcup iSPEED RP 175cm
Worldcup iSLR 160cm
i.Supershape MAGNUM PR PRO 163cm

ROSSIGNOL
DEMO ALPHA PLUS TI 166cm
HERO GS MASTER 185cm

ELAN
GSX FUSION 175cm
SLX FUSION 165cm
コメント (2)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート最終回…ELAN編その2

2018-06-22 00:43:51 | スキー雑談
という感じで.
この週末の月山をもって,
私の2018スキーシーズンは終了したわけですが.

…このBlogは,あくまで「徒然スキーヤー日記」であり.
決して,「徒然ドライバー日記」
「徒然ダイバー日記」ではないので.
まだスキーネタが続きますよ~!
…「徒然ドライバー日記」の方が人気が出そうな気配があるけど…(ちょっと涙)

ってなわけで.
本日はスキー試乗レポート.
今回が,2019年シーズンのスキー板試乗レポートの
最終回になります…

ラストはエラン編.
ELANのGS板です.

では,どうぞ~!

--

○ELAN GSX FUSION 175cm







GS競技&基礎大回り用

ELANのGS用セカンドモデルで.
基礎用大回りとしても使える,この板.
175cmでR=19mと,ゲレンデ大回りとして
ちょうどいいくらいのRの板ですね…

履いてみたところ.
結構柔らかく感じます.
良くたわむし,軽くて動かしやすい.

柔らかくたわんでいくので,R=19という印象より
ラディウスが小さく感じ,
比較的小さめの中回りまで行けます.

そこそこグリップはするものの,
ガッツリグリップ系には感じないです.
エッジの仕上げのせいかな?
固い斜面でちょっと板が流されるように
感じることも…
谷回りの捉えも優しめで,谷回りは
ガッツリとらえて自動で回り始める…というより,
谷回りで動かしていく板のように感じます.

ガチのGS競技用板と比べると,そんなに重くないし,
競技用GS板とは思えないほど,荒れた斜面でも
優しく感じる板で.
比較的穏やかなロングクルーズ板としても
使えそうな板でした.
コメント

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第16回…HEAD編その3

2018-06-16 00:29:23 | スキー雑談
えー.
なんだか.
月山ですが.
昨日を持って,沢コースが終わってしまった
ようですね…(涙)

雪解けで危険ですか…
せめて,私が滑りに行く今週末までは
もってほしかった…
沢コース,好きなのに…(泣).

しかし.
沢コースが6月中旬に終わるとは.
やっぱり今シーズン,雪が少な目
だったんだなぁ…
月山もそろそろ終わりですね…

ってな感じで.
シーズンも終わりに近づいてますが.
まだ冬モードのこのBlog.
本日はスキー試乗レポートです!

今回はヘッド編です.
では,どうぞ~!
---

○HEAD i.Supershape MAGNUM PR PRO 163cm







基礎オールラウンド

一応基礎向けのモデルですが…
写真2枚目の説明書きには,「トップデモ」と
書かれてますけど.
でも,技術選に使えるほどのレベルではなく,
i.Supershapeシリーズとしては優し目のモデルとなる,
このMagnum.
センター幅72mmと幅広なので,整地をガンガン
攻めるというより,
いろんなシチュエーションを滑れる板を
目指してるのかと思いますが.

特にプレートとかもついておらず,足元も簡単に
たわみそうな感じです.


滑ってみると…
トップをたわませるように谷回りに入っていくと,
トップが食いついて小さい半径で良く回ります.
比較的フレックスは優し目で,力を入れなくても
良くたわむ感じ.
ただ,トーションはそれほど弱くないので,
グリップが足りないわけでは無く,
しっかりグリップを感じつつも,
柔らかくたわんでいく感じ.

とりあえず,力を入れなくてもトップから
捉えて回っていいます.
良くたわむので,楽に気持ちよく回りますし,
柔らかい春雪でも,センターの広さもあって,
比較的安定感高く滑っていけます.

…でも,スピードを出して横Gが強く
なっていくと,ちょいとたわみすぎるか…

リアルなトップスピードにすると,さすがに
ちょっとグリップが弱く感じるところもあるけど,
それでも割としっかりしたトーションがるので,
切っていこうと思えばグリップして切っていけます.

そんなにガンガンに飛ばさない普通の
ゲレンデのスピード域なら,
十分気持ちいいカービングで
楽にたわんで曲がっていけるので.
しっかりカービングしていく技術力はあるけど,
それほど体力を使う滑りはしたくない…
って人が,いい感じで小回りから
大回りまで,オールラウンドなクルージングに
使える感じの板でしょうか.
コメント (4)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第15回…ELAN編その1

2018-06-14 02:16:36 | スキー雑談
はいはいはいはい.
徒然スキーヤー日記ですからね,このBlog.
今日はスキーネタですよ~!

…とりあえず.
今週末は月山に行く予定ですが.
土曜は曇り空ですね…
もしかすると,午前中はガスがかかるかも…
でも.
日曜は晴れそうな予感!

ってな感じで.
まだ細々と続いている,スキー試乗レポート.
今日は,エラン編です.
昨シーズンはELANの板は試乗してなかったので,
2年ぶりですね…

では,どうぞ~!

--

○ELAN SLX FUSION 165cm







SL競技用&基礎小回り用.

去年から,左右非対称のアンフィビオ形状じゃなくなった,
エランの小回り用モデル,SLX Fusion.
昨年は試乗しなかったので,普通の左右対称の
板に戻ってから,初めてSLXに試乗になりますが…

SL競技用トップモデルとして,SLX Worldcupがあるので.
SLセカンドモデル兼基礎小回りトップモデルという
位置づけの,この板ですが.

うーむ.
昔のアンフィビオ形状のSLX Fusionとはかなり違う
感じですね…
かつての,ひたすらレールターンで滑り降りて
いくような,不思議な感じを持つ小回り
強制マシンから,
極めて常識的な小回り板に変わった感じです.

でも,比較的軽快に,良く回っていきます.
かなり良く板が回り込んで,深いターンが
できます.

以前のSLXの,谷回りからどうしようもなく
エッジで捉えていく感覚は薄まり,
谷回りは板を動かしていく余裕があります.
谷回りの捉えがルーズになり,板を外に
動かしていきやすくなりました.
というより,谷回りのエッジグリップは結構
弱く感じると言ってもいいかも.
…谷回りからレールターンのように
どうしようもなくエッジに沿って進んで
いくという,以前のアンフィビオ形状時代の
SLXが好きな人は,違和感を感じるかも…

でも,テールの張りが比較的あるように感じられるので,
山回りのグリップのしっかり感は強いです.
スピードを出しても,山回りで張りの強いテールに
乗って,しっかりグリップして板が横に走っていきます.

ただ,テールをそれほど抑え込まなければ
山回りでもグリップを抜いていく自由度はあり,
板の返りもそれほど速くなく.
履いた感じが軽く感じるというのもあって.
手ごわいSL用板というより,割と気軽に
ゲレンデでも履けそうな小回り板,という
感じでした…
コメント

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第14回…Volkl編その2

2018-06-09 01:18:53 | スキー雑談
ってことで.
…まだエクストレイルの試乗記事などもあるのですが.

徒然スキーヤー日記
な,このBlog.
本日もスキー試乗レポートです!
車の試乗記は明日以降のお楽しみに…!

で.
今回からは,アサマ2000での試乗レポートではなく.
4月21日の志賀高原で行われた試乗会で履いた
板になります.

雪の状態が,アサマ2000より悪く.
一の瀬ファミリーの正面バーン,上部は
少し締まった感じが残っていたけど.
途中からはザブザブの重い雪で,板が滑らない
春雪の状態で滑りました…

だもんで.
固めの雪で履いた時と,かなり印象が違うと
思いますので.
これ以降のレポートは,そのあたり気を付けて
読んでもらえると…

ってなわけで.フォルクル編です.
では,どうぞ~!
---

○VOLKL RACETIGER SX DEMO 168cm







基礎オールラウンド

RACETIGER SL DEMOが小回りスペシャルなのに対し,
こちらは168cmでR=15mという,小回りでも大回りでも
行けそうな,中間的なサイドカーブの板.

ターン始動でトップが早く食いつく,
ロッカーっぽい感じでターンが回り
始めます.
回り始めると,実に良く回ります.
トップが食いついたあと,ターン終盤では
テールがしっかり食いついてきれいに気持ち
よく回り,テールの張りできれいにターンが抜けて
いきます.
結構気持ちいい板です.

結構なスピードまでしっかりグリップするけど,
リアルなトップスピードでは,SL DEMOに
グリップ力や返りの強さで一歩譲るかな~.
でも,リアルなトップスピードの領域以外では,
安定性やグリップはSXで十分かも.
また,ラディウスが小回り専用じゃなく,
無理やり小回りで回ってくる板ではないので,
ゆっくりとしたターンから小回りまで行ける
自由度は,SXの方が高いです.
アグレッシブに小回りを攻めたいスキーヤーで
なければ,普通のゲレンデスキーとして
SXのほうが扱いやすいんじゃないかな…

ってな感じで.
小回りスペシャルならSL DEMOの方がいいけど,
リアルなトップスピードでガッツリ攻めるのではなく,
ゲレンデでのオールマイティー性を求めるなら.
結構なスピードまでも耐えるし.
板も軽くて動かしやすいし.
軽快にかなり楽に気持ちよく回っていくし.
板の走りも気持ちいいし.
結構いい板じゃないかな??
コメント

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第13回…ROSSIGNOL編 その2

2018-06-08 00:52:25 | スキー雑談
ってな感じで.
ここ数日,プロジェクトXネタが続いてますが.
本日は,このBlogの本筋に戻って,スキーネタです.

あぁ…
聞こえる!
スキーネタはいいから,プロジェクトXの続きを…
という声が聞こえてくる…っ!

でも.
あくまでこのBlog.
Skierブログなのです.
スキーネタが本筋なのです!
徒然ドライバー日記
ではないのですっ!!

…だもんで.
ときどき挟まねばならない(義務),スキーネタ.
今回はスキー試乗レポート.
ロシニョール編です.

では,どうぞ~!
---

○ROSSIGNOL HERO GS MASTER 185cm







GS競技用(FIS非対応)

マスターズGS用と銘打っている,この板.
ロシのDEMOシリーズは,LCT(Line Control Technology)とかいう,
センター部分を突き抜ける細い板を内蔵する構造になったのですが.
この板は,今シーズンまでと同じく,まだ3本スリットの
Proptechが残ってますね…

基本的には昨年からのキャリーオーバーの
板なのかな?

で.
滑ってみたところ…
エッジのビベルがかなり少なめなのか?
エッジに強い引っかかり感があり,
板がちょいと動かしにくい…
私にとっては,ちょっと手ごわい感じです.

ただ,谷回りで板を動かしていこうとすると,
かなり早い段階から強いエッジの抵抗を感じるので,
谷回りから板のたわみを出しやすいともいえるかも.
谷回りで適切なところに体を運べると,
気持ちよくかなり大きな半径で落ちていく
ことができます.

山回りでは,強い板がしっかりガッツリグリップして,
いい感じで走っていきます.
私が今履いているX-RACE程ではないけど,
かなりエッジグリップは強いです.
フレックスも強いので,この板の求めるスピード域は
結構高め.

小回りは全く持って無理です.
強烈にずらしにくいです.
板を動かしていこうというのは,
私にはできない感じ.

うーむ.
マスターズと言っているけど,かなり本格的な,
体力がある人じゃないと履きこなせない,硬派な
大回り専用板…って感じ.

かなり本格的なレーサーが,
FISレギュレーションに縛られない条件で
履くにはいい板かな.
しっかり硬い斜面で,体力のある人が
気合を入れて攻める板のように感じました.

ゲレンデで普段履きにしようとか思わない方が
シアワセな感じです.
コメント (4)

なぬ?早くも焼額スキー場の2019シーズン情報が…来シーズンも早割シーズン券30000円!

2018-06-02 03:02:02 | スキー雑談
えー.
どうやら.
いつも焼額で出会う方々は,
焼額に対する忠誠心がかなり高いらしく.

なんと.本日公開されたばかりの焼額スキー場の情報が.
Olaf2125さんはっちさんGokuさんのBlogで,
同時多発的に報告されてますね~!

…みなさん,この時期になっても,毎日
焼額のHPを確認してるってことですね.
焼額に対する忠誠度高すぎです(笑)←あなたもその一人なのでは…

とりあえず.
焼額山スキー場のウェブページを見てみると…



ふむ.
2019シーズンも,焼額限定シーズン券を販売するとな??

そして.
8月31日までに申し込めば,プリンスクラブ会員(入会無料)なら,
超早割が今シーズンと同じ3万円とな??


で.
今シーズンと同じく,ナイターと早朝も使えるとな!??

ドリンク券,リフト優待券が特典としてつくのも,
今シーズンと変わってないですね…

というところばかり気になっていたけど.
…よく見てみると.
うむ……??


うむ!!???



!!!!!!

やったーっ!!!!
来シーズンも焼額,
GWまで営業
だぁっ!!!

素晴らしいっ!!
雪不足のため,GWまで営業できなかった今シーズン.
(すごい状況の中,意地でなんとかGW前半
 2日目まで営業
してたけど…)
これに懲りて,
「もう2度と春営業なんてするもんかっ!」
ってことになってるんじゃないか…
と心配してたけど.

来シーズン,またGWまで営業してくれるようです!!
あー,よかった~…

…来シーズンも,イチゴンで春営業だといいなぁ…
(ヤケビスタッフへメッセージを送ってみる)

とりあえず.
雪が少なかった今シーズン.
GWの早朝営業が無かったので,
焼額の早朝営業には8日ほどしか参加できず.
また,焼額のナイターに参加したのも3日ほど.
…これだと,3万円払っても,もとは取れないけど.

でも.
10連休になるというウワサの来年のGW,
もし来シーズン雪がたっぷりあって,
GWの最後までめいっぱい滑れれば.
あと5-6日は早朝に行くだろうから,
シーズンで14,5日は早朝に行くはず…

だとすると.
焼額のナイターと早朝の費用が3万円を
超えてくるので.
超早割の3万円,払った方が得かも…

…って.
ちょっと待て.
これだと.
志賀高原の全山共通シーズン券と,
焼額のシーズン券
同じスキー場で使えるシーズン券を2枚買う
っていうことになるんだけど…??
これってかなり終わった人なんじゃ
ないかな…???←もうすでに終わっている人だから.いまさら
シーズン券2枚買っても誤差だから


でも.
いくら焼額を愛しているとはいえ.
やっぱり,全山シーズン券,いるよな…

さすがの私でも,
シーズン中,志賀高原の他のスキー場へ全く浮気をせず.
焼額だけを滑り続ける

というほどまでの忠誠心を持ち合わせてないよな…
ということを自覚した,Skier_Sなのでした.
コメント (6)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第12回…ATOMIC編その3

2018-05-31 02:19:06 | スキー雑談
えー.
10月頭に,Yetiでシーズンインしてから8か月.
ついに,この日曜でかぐらも終わってしまい(涙)
残るは月山のみとなってしまいました…
なんとスキーシーズンとは短い
ものよ!!!←いや,8か月も続いていれば長いから

でも.
月山がある限り,まだ私のスキーシーズンは
続くのだっ!!
だもんで.このBlogもまだまだ冬モードですよ~!
今日は,スキー試乗レポートです.

今回は,アトミック編.
では,どうぞ~!
---

○ATOMIC REDSTER G9i 171cm







基礎大回り

基本的には,GS競技用セカンドモデルのG9の
コア材を軽量カルバコアにして,サイドウォールも
ちょっと変えて基礎用に仕立てたこの板.

ビンディングはS9iやG9と同じく,
TLビンディングがつきます.

そして,サーボテックもついてますね…

今シーズンまでは,サーボテックのアームは
黒色だったのが.
来シーズンは赤色になるので,
ここが'18モデルと'19モデルの
大きな見分けポイントですね.
サーボテックの色とサイドウォールの色以外は,
今シーズンモデルと見た目は一緒です…

今回の試乗コンディションは,柔らかく,
板が潜り気味の春雪でしたが.
柔らかい板で板が食い込むところでは,
強いグリップで気持ちよくたわんで深い弧が描けます.
軽い力で良くたわんで曲がってきます.
だもんで,スピードを出していくと,大回りより
むしろミドルっぽいターンになっていくほどで,
かなり深く傾いてターンして行ける板です.

グリップはそこそこあるけど.
GS用のわりに,板は異常に軽く感じるし,
簡単にたわんでいくので,結構優しく感じる板.

でも.
逆に言うと.
簡単に曲がりすぎるので,
スピードを出していくと,大回りというより
ミドルっぽく感じるターン弧になっていくので.
ヤケビ早朝だとちとターン弧が小さすぎるか…

さらに,板の柔らかさのためか.
小回りレーンのガチガチ斜面だと,
ちょいとエッジグリップが弱くて
ズレていく感覚も.

うーむ.
固い斜面をガンガン大回りするなら,
もう少しフレックス・トーションは強くてもいいかな?

でも,柔らかめの春雪だとちょうどよい感じで.
ズレた中でもズラシのコントロール性は良くて.
さらに板が軽いのもあって.
板を大きく動かして小回りも可能.
雪が悪い春雪では,かなりずらしやすい感じ.
だもんで,大回りベースのオールラウンドとして
行けそうかな….
コメント

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第11回…OGASAKA編その2

2018-05-26 02:07:40 | スキー雑談
うーむ.
本日,かぐらの今週末の営業予定マップが出ましたが.
なんと!!
この週末も,かぐらクワッドが滑れるようですね…

かぐらスキー場ウェブページより)
先週の状況から考えると信じられないのですが…
まぁ,明日,明後日は.
昼前になるとコブ溝が全面土になっちゃいそうな
予感…

とりあえず.
私は土曜に用事があるので.
日曜,かぐらファイナルデーに参戦予定!

…ってなわけで.
まだスキーシーズンが続くので.
このBlogはまだまだ冬モード!
今日は,スキー試乗レポート.
オガサカのケオッズです…

では,どうぞ~!
----

○OGASAKA KS-RT+FL585 170cm







基礎オールラウンド.

Keo'sシリーズは,ツインキール構造のRT,CT,TTと,
シェルトップ構造のRX,CX,TXの,3種類ずつありますが.

来シーズンはのシェルトップ構造のRX,CX,TXが
今シーズンからの継続モデルとなり,
ツインキール構造のRT,CT,TTが新規モデルになります.

ってなわけで,この板は.
来シーズン新登場となる,ツインキールKEO'sの
最上級モデルですね.
FL585プレート,FM-600プレート,プレート無しが選べるようですが.
これはこのうちで一番強い,FLプレート付きになります.


R=16.6と,大回り寄りではあるけど,中庸の
なんにでも使えそうなサイドカーブ.

ガッツリグリップの板ではなく.
結構マニュアル操作感を感じる板…
というより,基本的にずらしでコントロールするところがベースなのかな?
迎え角を作っていくと板が回り始める感じで.
角づけだけでガッツリグリップして,
簡単にギュイーンと回っていく板ではありません.
簡単にずれていきます.
ただ,ずれていく中でのコントロール性は高く.
どんな荒れた斜面でも,ズレを伴っていきながら
安心安全で下りて行けます.

山回りでも,ガッツリグリップというより.
切ろうと思えば切っていけるけど.
簡単にグリップを外して,すっと板を
動かしに行けます.
私の好きな,脳内麻薬系サイドカーブ
ギュイーン板ではありません.
動かしやすいので,サイドカーブは大きめですが,
小回りしていこうと思えばズラシで簡単に
小回りできますし.
大きめのサイドカーブに乗ってそこそこの
大回りまで行けますから.
かなり適用範囲は広い感じですが…
すごいトップスピードでガンガン滑る人には
物足りないかも.

私は,TC-SCのように,トップから食い込んで
ギュインと回ってくる方が好きだなぁ…
コメント (4)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第10回…SALOMON編その2

2018-05-23 00:39:45 | スキー雑談
えー.
どうやら,驚くことに.
まだかぐらクワッドが営業している
みたいですね…
一昨日の日曜の段階では,もうメインバーン
上部を滑らせるのは厳しいよね,
と思っていたのですが…

しかし.
明後日の木曜は雨になりそうなので.
この雨を乗り越えての営業は,さすがに
難しいんじゃないかな~.
と,思っているSkier_Sです.

ってことで.
本題へ.

本日は,久しぶりの2019シーズンスキー板の
試乗レポートです!

今回は,サロモンのRACEシリーズ.
それも,同じ板のビンディング違い.
X12TLと,X12VARのビンディングがついたモデルの
乗り比べというマニアックな記事です.

では,どうぞ~!
----

○SALOMON S/RACE RUSH SL X12TL 165cm







SL競技・基礎小回り用.

競技用はS/RACE PROがこの上のモデルとして
あるようなので…それが今年モデルだと,
X-RACE LABに当たるのかな?

今回試乗したのはセカンドモデル,去年の
X-RACE SWに当たりますか…
だもんで,純粋なSLモデルというより,
SL競技&基礎小回り用ですね.

このS/RACE RUSH,簡単ブーツサイズ調整機構付きのX12TLビンディングと,
しっかり前後をつなぐバーが入ったX12VARビンディング付きモデルが
ありますが,これはS/MAX BLASTと同じ,
X12TLビンディングをつけた板になります.


うーむ.
この試乗板,エッジのチューンが
甘かったのかな?
結構グリップがソフト.
ガッツリグリップして,どうしようもなくエッジ方向に
走る板じゃないです.
しっかりテールを抑え気味にして,
切っていこうと思えば切っていけますが,
気を抜くとズルズルと板がずれていきます.
逆に言うと,動かしやすい板ではあるのですが…

大回りするには…もう少し安定感が欲しいかな.
グリップしてたわんでギュイーンって感じで
回っていく板ではないです.

板が頑張ってグリップしないので,板を
動かして小回りをしやすいけど…
軽快に動かすにはちょいと重めかな.

うーむ.
ちょっと微妙な感じ…
春雪だったからかな?
エッジが甘かったのかな?
固い斜面,またはチューンナップがしっかりしていれば,
印象が良くなるのかも…


○SALOMON S/RACE RUSH SL P80 X12VAR 165cm







SL競技・基礎小回り用.

今度は,さっき乗ったS/RACE RUSHと板・長さは全く同じですが,
P80プレートがついて.
さらに,ビンディングが優し目のTLビンディングから,
前後がしっかり結合されたVARビンディングになってます.

…このVARビンディング,去年までSALOMONでは「Xビンディング」と
言っていたのですが.
今年はZ12TLビンディングが無くなり,このXビンディングの
TL版とVAR版になったので.
ATOMICと同じく,SALOMONでもX12VARという名称のビンディングに
なったようですね…


さて.
履いてみると.
エッジグリップは,TLビンディング版より強い!
テールの張りもTLビンディング版よりしっかり感じます.
やっぱりSALOMONっぽく,テールを抑えていけば
山回りで板がググッと回ってきます.

ただ,やはりTLビンディングと同じで.
ガッツリ谷回りからエッジが捉えていく…
という板ではなく,谷回りでの板の動かし
やすさを出している感じ.

そして.
TLビンディング版と同じく.
板の圧の溜まり方,たまった圧の返りの
強さ・速さが,去年までのX-RACEより
マイルドになった感…

VARビンディングなので,板は重めに感じます.
逆に言えば,どっしりした安定感があります.

とりあえず,去年までのグリップ重視,
返りが早いX-RACEからは,かなり変わった
感じを受けます.

うーむ.春の雪だと,性能をちょっと発揮できない感じ.
春のザブ雪で履いても楽しくないです…
もう少し,しっかり締まった雪で試すと変わるのかも.
コメント

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第9回…ATOMIC編その2

2018-05-12 20:59:46 | スキー雑談
ってなわけで.
明日,日帰りかぐらに行ってくるわけですが.
うーむ.
なんということか.
低気圧の接近が,水曜段階の予想より早くなって
きました…(涙)
日曜の午後は,意外と早くから雨になるかも…

なぜ,私が滑れる日曜に雨になるかなぁ…(涙)
とりあえず,午後4時の営業終了まで,
天気がもつことを祈るばかり…(懇願)

でも.
雨の予報の方が,スキー場が混まなくていいんだい!←自己暗示

ってなわけで.
本日は来シーズンの2019シーズンモデルのスキー試乗レポート.
アトミック編です.

では,どうぞ~!
---

○ATOMIC REDSTER S9 165cm







SL競技用.
この上にS9 FISがあるので,SL競技用
セカンドモデルという位置づけ.

ビンディングは,FISモデルと違って,
VARビンディングではなくTLビンディングがつきます.


さらにこいつには,S9 FISにはない
SERVOTECがついてますね…


で.
履いてみると…
あら!
これはいいのでは…
カルバコアのS9iより重い板ですが.
履いてみるとそんなの気にならない.
…というか,軽快さを感じます.
基本的に,S9iと性格は同じ感じですが.
S9iより多少ばね感が強く,早い返りがあるので
軽さを感じるのかな?
でも,SL競技用と考えると驚異の軽さ.
そして,スピード域が高い,傾きが大きい
小回りで本領発揮.
テールをしっかり使って山回りを仕上げて行けば,
すっと次のターンに板が返っていき.
次のターンの谷回りの好きなところに板を
差し込んで行ける感じ.
トップを抑えに行かなくても,谷回りで
板が回っていきます.
山回りはガッツリグリップですが,
谷回りは軽さもあって,比較的ルーズに動かせて,
狙ったラインをトレースしやすい感じ.

SXとは性格が多少違っているけど.
SXの後継機としては,これを買ってもいいかも…
コメント (2)

2019シーズンのスキー板,試乗レポート第8回…VOLKL編その2

2018-05-11 01:06:41 | スキー雑談
えー.
かぐらスキー場ですが.
みつまたエリアの雪が無くなり,
ついにスノーマットに
なっちゃったようですね…(涙)

かぐらスキー場HPより引用)

さすがにここしばらくの雨続きで
やられちゃいましたか…(泣)
Pislab滑ると,板が痛むんで.←シャレじゃない
うーむ.
もう少し雪がもってほしかった…

しかし,このマップを見ると.
まだテクニカルとジャイアントが滑れるようですが…
ジャイアントはまだしも,テクニカルは
ホントに滑れるのかな???

ってな感じで.
雪が減ったと言いながら.
まだ5月中旬も,かぐらは滑れるようなので.
まだまだスキーシーズンは続きますよ~!

だもんで.
GWで中断していたスキー試乗レポート,
行きますよ~!
本日は,フォルクル編です.

では,どうぞ~!

ーーー
○VOLKL RACETIGER GS DEMO 175cm







基礎大回り用

これは,今年のPlatinum GDの後継に当たるのかな…?
DEMOシリーズの大回りトップモデルです.

この板も,SL DEMO同様,トップを抑えなくてもすっと
谷回りに入っていく,ロッカー板っぽい味わい.
…ってか,この板もやはりトップロッカーのようで.

大回り板なのに,結構軽快.
板について落ちて行けば,縦に長く落としていく
谷回りができます.

山回りではガッツリグリップ系ではないけど,
傾けていくとしっかりグリップして回っていきます.
強く圧をかける感じではなく,乗っていくだけで
回っていく,比較的気楽に乗れる板.

ものすごいトップスピードでガッツリ大回り,
というより,それほど力を入れなくても気持ちよく
グリップした,縦長の弧が描けるし.
荒れた斜面でも振動が少なく,
比較的楽に滑っていけるので.
基礎大回りというより,大回りベースの
クルーズ板として良いかも…
コメント (2)