徒然スキーヤー日記

冬は毎週志賀高原レポート
夏は子連れダイビング情報
スキー試乗や旅行記の目次は「このブログについて」カテゴリー見てね

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 29 Musee Gauguin

2012-09-29 00:02:31 | ダイビング日記
って感じで.
タヒチ島を1時間ちょい運転して,ほぼ島を半周したあたり.

非常に入り口が見つけにくく,結構行ったり来たりして探しましたが.
ゴーギャン博物館の入り口の看板を発見!

で.このゴーギャンミュージアム.

決して美術館じゃなんです.
あくまで博物館.
ゴーギャンが愛し,暮らしたタヒチに,ゴーギャンの作品が1点も無いのは有名な事実.

ゴーギャンの足跡と,作品の写真と解説が書いてあるだけの博物館です.



一応絵もあるけど,すべて複製…(涙)




でも.
でも…一度来てみたかったんです.
印象派が好きなんで.

…だけど,一度来れば,まぁ2度来なくていいかな.

というわけで,後はひたすらもと来た道を戻って1時間半.

レンタカー返却時間ぎりぎりに返すことができました.

んで,まだ5時だからいろいろ街中の観光を…
と思ったら.
あちゃーーー.街中の市場やらお土産屋やら店は全て5時で閉まっちゃってる!
まだ,外は明るいのに~
なんと寂しい…

ということで,お土産屋めぐりはあきらめ,教会の横を通って…

海沿いの公園の広場へ.

ここでは,夕方になると「ルロット」と呼ばれる屋台が集まり,
人々がそれを目指して集まってきます.

前回おいしかった思い出があったので,今回も夕食はルロット.

んで,前回と同じ端っこにある中華屋さんに.

結構品数が豊富です.しっかりとしたメニューもありますね~.

こんなメニューで10ページくらい料理がびっしり並んでます.

んで,リコメンドのチャオメンスペシャルを頼むと…

なんじゃこりゃ.
…すげーボリューム.
んで…美味いよ!
美味い.
屋台なのに,メインの食事を頼むと,ちゃんとお皿に盛った
バゲット(フランスパン)を持ってきてくれるのがフランス風…

中国系の人がやっているらしく,かなり本格的な中華の味.
屋台レベルは大きく超えてますね~.
なんか,料理しているところが,とても屋台とは思えないんですが…


…見ての通り一皿の料理がすごく多いので,あまり頼みすぎない
ことをお勧めします…

一皿1500~2000円くらいで,一見高そうに感じるけど,量と味を考えれば,
日本よりは安いかも.
いやー.タヒチの食事,全体的にきわめてレベルが高いですね~.
今日も満足,満足.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 28 Tahiti island

2012-09-28 00:44:55 | ダイビング日記
あー.
いろいろ忙しくて,モルジブレポートをまだ一行も書いていない…
タヒチレポートが終わったら連載開始予定ですが,
これまでみたいな毎日更新は,無理かな??

とりあえず,タヒチレポート,続きます.
---------------

さて.
タヒチ・パペーテ空港に到着したら…

旅行社の送迎バスで15分ほど.

タヒチ島最大の町,パペーテの街中にあるホテル
「ホテル・マンダリン」へ.
荷物を置いたら,速攻観光へGO!

パペーテの街中は海沿いにあり,
市庁舎や公園,市場,海沿いの公園などが
ほぼ徒歩圏内にコンパクトにまとまった町です.
…コンパクトです.
コンパクトなので,一回見れば大体十分.
というわけで,タヒチ2回目の我々は,レンタカーを
借りて「ゴーギャン博物館」へ行くことに.

時間があまりないので,お昼ご飯は市場でサンドイッチを
買い込み,車の中で食べましょう…
ということで市場で買出し.

さかなやらくだものやら売ってますが,
最近のタヒチでは,「サシミ」が流行のようで,
そこかしこの店でこんな感じで売ってましたね~

「SASHIMI」 DE THON FRAIS
って書いてあります…
英語で言えば,Sashimi of tuna filletかな??

で,バゲットサンドを買い込みレンタカー屋へ.
レンタカー屋さんは街中に何件かあるので,いきなり
飛び込みで入ってみると…

「うちは5時までだから,5時までに車返してね」

え?…今,午後1時過ぎなんですが.
4時間,ありませんな.
ゴーギャン博物館まで,海岸沿いに島を半周.
距離はだいたい50km.
行って帰ってぎりぎりですのー.

車はルノーのコンパクトカー.

安く上げるために無謀にもマニュアルミッションを借りてみました.

…タダでさえなれない左ハンドル.
普段はオートマに乗ってる私が,
右手でシフトチェンジのマニュアルミッションという,人生初の体験.
交通標識もよくわからないタヒチで,こんな車を
無事運転できるのかっ(かなり無謀).

とりあえず,タヒチではほとんど信号がないのでなんとかなっちゃいました.


車で約1時間半…
10分も走ると街中を外れ,田舎の海岸道になって行きます.
あ,海岸道っていっても,ボラボラやランギロアとは比較にならないですねー.
タヒチ島は火山島.
海岸の砂が真っ黒なんですよ.
真っ白なきれいなビーチを見慣れた目には,あまりきれいなビーチとは
思えない…


こんな感じで1時間くらい運転すると,ゴーギャンミュージアムへ到着です.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 27 Good-bye, Rangiroa

2012-09-27 00:25:55 | ダイビング日記
天国のような(天国に行った事はないけど)毎日も終わり,
今日から帰路のスタートです.
…楽しい日々というのは終わるのが早いもので…


今日の移動予定は,午前中にランギロアを発ち,昼ごろタヒチ島に到着,
午後は半日ゆっくりタヒチ島で過ごし,次の明け方にタヒチ発,
12時間のフライトで日本へ…というルート.

最後の朝食を摂り,


名残を惜しむようにホテルの敷地を
散歩して,きれいな海の景色を目に焼き付けます.








あああ.この景色とも,あと1時間ほどでお別れ…
悲しい…

途中,娘は異文化コミュニケーションを実践中.


無情にも,9時半のピックアップ時間がやってきました.
さらば,ホテル・キアオラ.
たった3泊だったけど,この世の景色とは思えない日々だったよ.


空港に到着すると,娘はまた異文化コミュニケーション開始.


異文化コミュニケーションを実践していると,幼児を抱えている我々は
一般搭乗前に係員に「こっちにおいで」と手招きされて,
ぶっちぎりの優先搭乗.


飛行機は定刻どおり出発し,無情にもランギロアを
離れていきます.
さよなら,ランギロア…(涙)


娘はまた,フライト時間と昼寝時間が重なったため,
飛行機離陸前からぐっすり.
起きたのは到着後という.
なんと親孝行な娘よ…

1時間ほどのフライトで,飛行機はタヒチ島に近づきました.
眼下にここしばらく縁の無かった「街なみ」を見ながら降下.


フライト1時間ほどで,タヒチ・パペーテの空港へ到着です.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 26 Last night

2012-09-26 00:22:16 | ダイビング日記
あー
あれですね.
今年の冬は.

暖冬のようですね(涙).
スキーヤーにとっては,うれしくないニュースですが…
スキー場にはいっぱい雪が降ってくれることを祈りましょう.

では,今日も続きを行って見ましょうか…
----

で.
この日はダイビング開始が遅かったので,ダイビング終了時は夕日が傾いてます…


プールで遊んでいた娘&妻と一緒に部屋に戻り.
乾かさなきゃならない器材を部屋のデッキに広げて,
ジャグジー&シャワーでくつろぎタイム.

…娘よ…
このジャグジーの贅沢さが分かってるのかい??

んで.
今晩は,ホテルのレストランでタヒチアンダンスショーをやるらしいので,
今日の夕食は,外のレストランには行かず,ホテルのレストランに行くことにしてみました.


食事はビュッフェスタイルBBQでした.

この写真のほかに,魚やら肉やら,いろいろ目の前で
焼いてくれます.

いろいろ種類があって,贅沢なんですが.
でも,これまでの夕食がレベル高すぎたなぁ…
普通のバーベキューは,所詮バーベキュー.
これまでの高度な料理に比べると,ちょいと物足りない感…

うーーーん.
タヒチ.
海も景色も食事もレベルが高いので,だんだん普通では
満足できなくなっていくという,恐ろしいところだ…

んでも,タヒチアンダンスショーを見つつ,のんびり夕食.

あああ.
贅沢だこと…

娘はダンスが気に入ったのか,一緒に踊って大喜び.
とりあえず,昼のプールから夜のショーまで,
娘もむちゃくちゃ楽しめた一日だったようです….

って感じで.
ランギロアでのラストナイトも暮れていったのでした.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 25 Final dive

2012-09-25 00:08:59 | ダイビング日記
って感じで.
「空とお魚」って写真を撮っていたら.
午後のダイビングスタート時間が来てしまったので,撮影を切り上げてダイブショップへ.

3時30分ブリーフィング開始.
言うまでもなく,ポイントはいつものティプタパス.

…なんと.
早くも,これがタヒチで最後のダイビングです.
早い.早すぎる.

んで.
いつものゴムボートに乗り込んで,ポイントへ向かうと…

うおおお!
今回はエントリー前から,ボートの前でイルカが泳いでるぞっ!
これは,期待が高まるっ!
まっててよ,イルカちゃーん!
と,高まる心でエントリー.

エントリー後しばらくしたら…
現れましたっ!
水面にイルカが2頭っ!

でも,イルカは水面.我々の水深は20m.
ちょいと遠いなぁ…

数分間,水面のイルカと20mの我々で平行して泳いでましたが…
イルカは水面を泳ぐのに飽きたのか,1頭のイルカが頭を下にして,
まっすぐ垂直に潜り始めました.
よし,こっちに来い!
と思ったけど…
無情にも,潜った後,それほど近づくことなくすーーーーーっと
向こうに泳ぎ去ってしまいました.

(心の目で見ないとイルカがわからない程度の写真しか撮れなかった…)

残るもう1頭のイルカは,まだ水面にいます.
こいつもしばらく後,潜り始めました.
来い!と思う間もなく…
こいつは明らかにあさっての方向に向かって潜って行きました.

あああああ.
残念…
ラストダイブでも,イルカとの第3種接近遭遇はならなかったか…

でも,遠いとはいえイルカを見ながら5分以上泳いでいるんだから,
近づけなかったと嘆くのは贅沢というもんでしょう.

そして.イルカが通り過ぎた直後に今度はマンタが一瞬通過.
(これも心の目で見ないと見えないような写真しか残っていない…)

さらに底の方ではサメが2-3匹通り過ぎていきます.
そしてまばらながらもバラクーダやらカマスの群れ…




そして棚の上に上がると…
カメやらナポレオンやらを眺めながら流されていきます.
その後,フエフキダイのすさまじい群れやら,


カスミアジの群れやら単体のカイワリ?やら…




水面付近で魚の群れなどを眺めつつエグジット.




うーーーん.
世界広しといえども,1ダイブでイルカとマンタとカメと
サメとバラクーダとナポレオンとアジの群れを見ることの
できる「全部入り」ポイントは無いでしょう.



とりあえず,これでタヒチでの全ダイビングは終了…

で.ランギロアでのイルカ遭遇率は,
妻は3本中2本.66%.
一緒のボートの人5本中4本.80%.
という高確率!

だのに…私は4本中2本.…50%.

なぜか私以外は,イルカを外したダイビングは1本のみ.
私のみ,50%の確率でイルカを外しました.
…悔しい~.
日ごろの行いが悪かったのか…

でも,半分のダイビングでイルカにあえてるんだから,
普通に考えるとすごい遭遇率なんですけどね.ランギロア.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 24 Trial pics

2012-09-23 00:51:13 | ダイビング日記
というわけで.
かねてから計画し.
タヒチ渡航前からシミュレーションしていた,
「アレ」
を実行しよう!

…と決断し,カメラと3点セットを持って海へGo!

「アレ」とは…
「水面そばで空を見上げ,雲と魚が一緒に写っている写真を撮る」
という,いつかやろうと思っていた写真撮影のことだっ!
#「アレ」って何だろう?って期待してた人の「なーんだ」という声が聞こえるっ…

大体,出来上がった写真のイメージは脳内にあります.
これを実現するためには,
「水面のそばで太陽と反対の空に向けてカメラを構え,
カメラと水面のわずかの隙間に魚が通るのを撮る」
ことが必要です.

で.
ひたすらカメラを構えて
「たまたまカメラと水面のわずかな隙間に魚が偶然通りがかるのを,ただ待つ!」
という果報は寝て待て戦略では,
思うような写真が撮れたころには,ランギロア在住4年目くらいに
なってしまっているでしょう.

というわけで.
午前中に娘が喜んで放り投げていたパンの登場.
バーの前の海に入って…


こんな感じで,パンくずをカメラの前にばら撒きながらの
撮影です.

まず最初に,太陽の位置からカメラの向きを決める,と.
太陽を背にする位置で,自分の影が写りこまない方向を探し出して…と.

んで.次に.
空はきれいに写るけど,カメラと水面の間に魚が通れるだけのスペースがある…
というベストな水深を,何枚か写真を撮って,その結果に基づいて決めます.

…これは.
撮影した結果がすぐに見れるデジカメだから可能な方法で,
銀塩だと絶対無理な方法ですね….

ここまで決まったところで.
カメラの前にパンを投入!

一気に魚が寄ってきます

どわー!
魚多すぎ.
これはちょっとパンをばら撒きすぎたか…

ちょっとパンの量を調整して…

…しかし.なかなか思ったタイミングで魚が通らないよ~.

通ったと思ってシャッターを切っても,デジカメはタイムラグが
大きいので,尻尾しか写らなかったり,先読みしてシャッターを切ったら
今度は早すぎたり…
う,上手くいかない…

で,カメラを固定していると魚を画面の中央に捕らえらんないから,
魚を追いかけながらカメラを動かしていったら,

今度は空が写らなかったり,


カメラを上に振りすぎて太陽が画面に入っちゃったり…
(でも,これはこれで面白い写真かも)

かれこれ30分以上.
レリーズ枚数70枚以上.
やっと,何枚かイメージに近い写真をゲット.




うーーーん.
まだ完成度はイマイチだけど,シャッターラグのある
コンパクトデジカメではこれが限度か…

とりあえず.
かねてからの計画の「魚と空」って写真は撮れたので.満足.

…かな?
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 23 Beautiful island

2012-09-22 00:20:42 | ダイビング日記
って感じで.
母親においていかれた瞬間は泣いていた娘ですが.

落ち着いたところでプールに漬けてやると,

今度は喜んで泳ぎ始めました.

…ほっ.これで手がかからず,しばらく放置しておいても大丈夫だ…

プールに浮かべられた娘は,まるでスキー場での誰かさんのように,
ひたすら休む間もなく行ったり来たりを延々繰り返しています.

…よくまぁ,飽きないもんだなぁ…
と思いましたが,
「お前がそんなこと言えるかぁっ!!!」
というツッコミどころですかね.

…って感じで1時間.
延々プールを往復している娘を見ていると.
ダイビングに行った妻が戻って来ました.

…妻.
なんと.
このダイビングでもまたイルカを見たようです.
そんなに近くないけど,ぐるぐる回ってくれたそうな…



ううううううーむ!
お,恐るべしランギロアっ!
うちの妻,3本潜って2本イルカを見ています.
一緒に潜った人は,4本潜って3本イルカと遭遇したらしい…

…しかし.私は3本潜ってイルカを見たのは1本のみ.

…日ごろの行いはいいはずなんだけど…
なぜ,私だけイルカ遭遇率が低いのかっ??
…次こそっ!

と,悔しい思いを洗い流すべく,部屋でざーっとシャワーを浴びて
一息ついた後は,お昼ごはん.
ああ.ダイビングショップと部屋が近くで,ダイビング後に
部屋でくつろげる幸せ…

お昼ごはんは,ホテルのバーで軽く済ませます.
バーはプールの隣のオープンデッキ.


ここから海を眺めながらの食事は,この世のさまざまなことを
全て忘れさせてくれます…(まだあの世には行きたくないけど)



食後は,軽くホテルの敷地内を散歩して…



椰子の木の木陰で波の音を聞きながらハンモックで昼寝.

ああ…すばらしい…とてもこの世とは思えない…
(まだあの世には行ったことないけど)



さて.午後のダイビングは3時半から.
1時間ほど昼寝しても,まだ時間が1時間ほどあります.


…これは,あれだ.
かねてから計画していた,「アレ」を実行しよう…
と,いそいそと道具を準備して,海に向かったのでした.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 22 Crying daughter

2012-09-21 01:49:33 | ダイビング日記
というわけで.
モルジブ旅行から戻っては来ましたが.

もうしばらく,初の海外子連れダイビング旅行記が続きますので…
今しばしお付き合いのほど,よろしくおねがいもうしあげます...
#あと何回続くかなぁ??
#7-8回は続くかも…
----

ランギロア3日目の朝…
今日も晴天ですな~.


なんと.
早くも,この日がダイビング最終日です.
ああ.楽しい時間ってどうしてこんなに短いの…?
#このレポートはありえないくらい長いけど

で.
朝起きてから,まずダイビングショップに行って見ると.
今日はダイビングのお客さんが少なく,午前1本,午後1本の
2本しかやらないそうで…(涙)
で,午前中は私が子守り.午後は妻が子守り.
…ってことは…
今日は1本しか潜れません(泣)

今日は午前中のダイビングは9時15分スタートなので,
昨日と違ってゆっくり朝食を食べられます.


私は午前は留守番だけど.
午前もぐりに行く妻についていって,9時15分にダイビングショップへ.

母親が娘にバイバイしてダイビングボートに向かっていくと…

なんか,
いきなり,娘が泣き出しました.

あれれれれ~.
どうしたの.
昨日までは母親とバイバイしても,私がいれば問題なく順調だったのに…

まぁ,いつもどおり,プールに連れて行けば泣き止むだろう,
と思ってプールに連れて行ったけど…
なぜか今回は泣き止みません.
延々泣き続けます.

どーした.
いったい,どーしたというんだ.

…なんとか,娘の気を紛らせる何かが無いか…
と探したところ.

バーの入り口に,昨日の残りらしきパンが篭に入れて置いてあるのが目に入りました.
…たぶん,魚の餌にするためにおいてあるのかな.
んで.
それをちぎって桟橋から海に向かって投げていると,こんな感じで大量の魚が寄ってきます.


娘がそれを見て,泣くのをやめて興味津々という感じで見てます.
私「ほら~,お魚さんいっぱい寄ってきたよ~」
…しかし,娘が真剣に見ているのは.

魚ではなく,パン.

私「いや,これは食べられるパンじゃないから…」
という間もなく,パンを奪い取る娘.そして間髪を入れずに,
娘「ぽいっ!ぽいっ!」
嬉々としてパンをちぎりながら投げてます.
魚は全く見てません.
魚が寄ってくるより,ものをちぎって投げるということに
興奮しています.

…普段,モノを投げちゃダメ,って言われているのに,
ちぎって放り投げられることに背徳のヨロコビを味わっている
ようで…

…とりあえず.
泣き止んでくれて,ゴキゲンは直ったようで,一安心…
コメント

帰ってきました…

2012-09-20 01:57:50 | ダイビング日記
ということで.
3連休にちょっと休みをくっつけて.
遅めの夏休みを取ってきましたが.
…先日,何事もなく,予定通り無事帰国しました.
#トラブルがあった方がネタ的に面白かったのに…とか思わないこと.

さて.
今回も,子連れダイビングだったわけですが.
行き先は.
実に6年ぶりの.
モルジブに行ってきました.


ホントは,モルジブのダイブクルーズに行きたかったけど.
子連れで乗せてくれるクルーズ船がモルジブでは見つからなかったので.
今回は陸上リゾート滞在でした.

ということで.
次は,モルジブはバアァ環礁でのダイビング旅行記.


今回の,初子連れ海外レポートが終わり次第連載開始しますので.

お楽しみに…
お楽しみに…


#いつものことだけど,お楽しみにしている人がいると信じたい
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 21 Dreamland

2012-09-19 00:44:34 | ダイビング日記
ということで.

ダイビングから戻ってくると,
ちょうど昼寝から起きたらしい娘を連れて,妻がダイビングショップまで
お出迎えに来てくれました.


ホテルの敷地の中をお散歩しながらきれいな海を見て…










またプールにいって…




そしてジャグジーの黄金コース.

ジャグジーを終えて,シャワーを浴びると夕日の時間.

夕日がきれいに沈んでいきます…

あああ.なんて美しい,ゴージャスなリゾートでしょう.


夕日が沈むのをたっぷりと楽しんだ後は,お楽しみの夕食ターイム!
今日のお店は「バイマリオ」.
また,フロントで予約してもらうと,適当な時間にホテルに送迎してくれます.

ここも,半屋外のお手軽な感じのレストランですが,きれいな壁画の
おしゃれなインテリアが良い感じ.


で,肝心の料理ですが…
うまーーーーい!!
ピザは期待ほどじゃなかったけど,
それ以外はすげー美味い.
娘も超大喜びでバクバク食べてます.
いやー.
海外旅行で子供の食事を心配してたの,なんだったんだろう??

リゾットが天下一品!!!
あと,「海老のてんぷら風」って書いてあるけど,
てんぷらと全然違う,ディープフライの海老に
かかっているクリームのソースのおいしいこと.
…クリーム系のソースは日本で美味い店を探しても,
なかなか見つからないのですが,どうしてタヒチのこんな
ところでこんなレベルの味に出会えるのか…

でも.
…タヒチの食事って,全体的にレベル高すぎ.
一人3000円近くって,一見高く感じるけど,
日本でビール2本飲んでこの値段でこの食事食べれるなら,
毎日通ってもいいぞ.
満足.

で,ホテルに送ってもらうともういい時間.
ダイビングの疲れもあって,布団に入るとすぐに夢の世界へ…

#ここでは,起きていても夢の世界のような日々なんですが.
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 20 Encountering with dolphins

2012-09-18 00:19:02 | ダイビング日記
とりあえず.
妻のイルカとの遭遇の羨ましい話を聞いたあとは,部屋に帰って一休み.
ダイビング終了後,すぐに部屋に帰って休めるのがキアオラのいいところ.

娘はプールで疲れたのか,ベッドに着いたとたん,
水着を着替えさせる間もなく即寝.

なんか,よっぽど疲れたのか,不自然な格好でも起きることなく寝てます…

大人たちはバーのサンドイッチを部屋にもって帰って,
デッキチェアに座ってのんびり昼食.


そして,各部屋の前につってあるハンモックで,ゆっくりと
波の音を聴いて過ごします.

あああ.幸せ.

午後のダイビングは,私が潜る番.
潮周りの関係で午後2時15分集合.
さぁ.
午後のダイビングでは,私もイルカを見ることができるのか???

ポイントはいつもどおりのティプタパス.
パスの外洋側でエントリー.


エントリー後すぐ…
イルカの声が聞こえる!!
これは期待が高まるぞっ!

エントリー後,5分ほどで,ガイドのジュンコさんが海面を見ながら
仰向けで泳ぎ始めました…

最初仰向けで泳いでる意味が分からなかったけど,海面を見てみると…
ををををっ!
キターッ!!!!

水面にうっすらイルカのシルエット.

そのまま1-2分平行して泳いでいると…
我々チームのそばに近づいてきました.

チームの周り,3mほどのそばをぐるぐると2-3周回ってます.


その後も,遠ざかったり近づいたり,数分間視界の中を
ぐるぐる泳ぎ続けてくれました.
もう,こっちもイルカにあわせてぐるぐる回ってしまいます(笑).


たっぷりと5分間以上はイルカと一緒に泳いでいたでしょうか.
一瞬の通過ではなく,これほどじっくりとイルカと泳げるとはっ!


…しかし.
しかし.
午前中,妻から聞いたような,「ボディータッチ」レベルの
遭遇ではなかった…(涙).
もう少し近づければ…

でも,普通のダイビングでこんなに長時間,ぐるぐる回ってくれる
イルカを見られたら,すごい超感動もののはず.
なにぶん,午前中に聞いた話と見た写真がすごすぎたのが不運だった….

その後は,全然逃げないまばらなバラクーダなどを見つつ…


ダイビングが進んでいきましたが,イルカしか印象に残ってない…

とりあえず,ある程度の目的は果たしたなぁ,って感じで.
本日のダイビング,終了!
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 19 Missing Dolphins 2

2012-09-16 00:04:35 | ダイビング日記
1本目終了後,子守り役を交代.
今度は9時15分から,妻がダイビングの番です.

#子供を抱えたままブリーフィングを聞く妻

で,妻たちを見送ったら…
子守役の私はプールへ.

子守りって言っても,娘はプールに漬けてさえおけば,セルフで
遊び続けてくれるので楽.

…しかし,ここのプールの景色のきれいなこと.


この景色のきれいなプールを,景色を楽しんでいるのかどうか
ひたすら行ったり来たり繰り返す娘.楽しそう.

…お前はホントにプールが好きなんだなぁ.

という感じで,1時間半ほどプールに娘を漬けておいたところ.
妻が帰ってきました.


私「ダイビング,どうだった~??」

妻「うふ,うふふ.ぐふふふふぅ(笑)」

ど,どうした.妻.
壊れたかっ!?

話を聴くと…
なんか,すごかったらしい…

え?イルカと一緒にずーーっと泳いだ?

ダイバーが大好きなのか,ダイバーにまっすぐ近づいてきた?
チーム全員の中に割り込んで一緒に泳いでいた?

並んで泳いでたら,イルカが「握手しろ」といわんばかりにヒレを
出してきたから,思わず掴んだ??(イルカに触ることは本来ご法度だが…)

イルカのほうからダイバーにボディータッチしてきた?????
…どんなイルカだ.
ガイドが,「ほとんどペットみたいなイルカがいる」って言っていたけど,
こいつのことか…???

(これらの写真は一緒に潜った人からもらったもの)

……これは,すごい.


妻「これでもう帰っても悔いは無いわ」

ちょ,ちょっとまてっ!
…私は悔いが残りまくりだぞっ!!!!!
う,うがあっ!
次こそ.
次のダイビングは,私もイルカと一緒にっ!
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 18 Missing Dolphins

2012-09-15 00:41:19 | ダイビング日記
ランギロア2日目の朝.
今日もいい天気!!

ホテルでは有料で子供を預かってくれるサービスがあるらしいのですが,
ボラボラで預けて寂しい思いをさせてるので.
今回も1本ずつ夫婦交代で抜けて,子供の面倒を見ることにしました.

朝1本目は私
2本目は妻.
3本目は私
…というローテーションです.


で.
朝1本目のダイビングが,7時15分集合.
んで,ホテルの朝食が7時から.
…えーっと.もしもし.朝食スタートから,ダイビング集合まで,15分しかありませんよ???

選択肢は二つ.
15分で掻きこむか.
ダイビングが終わってから食べるか.

…一応,ダイビングがあることを告げると,ビュッフェの
食べ物を持ち帰らせてくれるらしいんですが.
ダイビングが終わる9時ごろから朝食にすると,娘は空腹で暴れだすでしょう.

ということで,7時にレストランに行き,ダイビングに行く私は15分で食事,
妻&娘は残ってのんびり食事…ってパターンですね.

ホテルの食事はビュッフェスタイル.
パンがおいしい!

焼きたてのぱりぱりクロワッサンやチョコチップの入ったデニッシュ…
いや,ホントにおいしい.

あとはチーズやハム類,フルーツ類.

そして,オムレツはオーダーすると席まで持ってきてくれます.

超でかいオムレツ.卵4個くらい使ってんじゃないか??

…って食事を15分で掻き込み,そのままダイビングショップへ.
今回のゲストは日本人貸しきり状態.日本人4人のみです.
全員,昨日のイルカを見逃したチームのメンバーなので.
外国人チームのエキサイティングな体験を聴いて,
今日こそは,我々も…という気分満々.

ジュンコさん「今日はイルカ狙いたいですよね…」
全員「イルカ!イルカっ!イルカ狙いでお願いします!!!」

ということで,ティプタパスをイルカ狙いで流します.
今日のガイドはフランス人女性のモアナ.

うううーーーん.
イルカ…
イルカ…
とつぶやきながら,ブルーウオーターダイブ.
周りに何も見えない真っ青な海をひたすら進みます.
モルジブのジンベエサーチダイブに近い感じ.

10分…何も出ず.
15分…何も出ず.
20分後.イルカをあきらめたのか,パスの壁沿いに.
やっと海底が見えた…

ナポレオンが3匹.


カマスの群れ.


写真に撮れないいほどでしたが,遠くをマンタが一瞬通って行きます.

棚の上の珊瑚を眺めつつ流していきます


棚の上ではカメもいましたね~


…結局,イルカとは出会えずダイビング終了.
うーん.
残念っ!

しかし.マンタもカメもナポレオンも出てるのに,
こんな贅沢なダイビングで満足できなくなるとは…
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 17 Night in Rangiroa

2012-09-14 00:58:47 | ダイビング日記
で.
ダイビングを終えて.
ホテルに戻ると,娘と妻がお出迎え.

私がダイビング中は,リゾート内を探検していたみたいです.

ダイビングを終えてもまだ3時半.
夕食までたっぷりあるから,プール好きの娘のために,
一緒にプールにでも行ってみますか….


浮き輪を使わず,腕のフロートだけで泳いでます.

まぁ,この両親の子供だし,水が好きなのは納得.


しかしまぁ…
このホテルのプールのきれいなこと!

海に向かって突き出しており,海とつながっているように見えます.

こんなプールで泳げるって,お前どんなセレブ娘なんだ?

で.プールのあとは.
いつも通り.
「帰りたがらない娘を強引にプールから引き上げる」という儀式を経て.

部屋に戻って美しい海が見えるジャグジーで…

ゆっくりとくつろぎます.
自分の部屋に海が見えるジャグジーがある幸せ…

ジャグジーから,海が夕日に染まっていくのを眺めます.

こんなジャグジーでくつろげるって,お前どんなセレブ娘なんだ?

ジャグジーでくつろいだ後は,夕食.
ホテルから車で2-3分の,「ル・カイカイ」というレストランを,フロントで
予約してもらいました.
フロントで予約すれば,予約時間にホテルへ車で迎えに来てくれます.

ここは,珊瑚のかけらが敷き詰められた上にテーブルが並ぶ,
素朴な感じのレストランです.

日本語メニューもあります.


昨日までのレストランよりずっと庶民的.
料理も一見素朴ですが,味付けのレベルは高いです.
プロの味付けですな~.

普通の海老のグリルに見えますが,ハーブとガーリックが絶妙.
デザートもおいしい~っ!

ここはお酒を飲んでも,一人3000円以下で抑えられるでしょう.

#なぜかビール瓶をくわえる娘.周りの外国人客からバカ受け(汗)

ということで,ボラボラ→ランギロアと移動した忙しい1日も暮れ,
今日も満足の夕食を終えた後は.
娘もプールで泳ぎ疲れたのか,ベッドに寝かしたとたんばったりと熟睡したのでした.
#ホントに,旅行に連れて行くのになんて楽な娘なんだ…
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 16 First dive in Rangroa

2012-09-13 08:24:13 | ダイビング日記
ということで.
現在,シンガポールのチャンギ空港で乗り継ぎ待ち中です.

行く先は…
いや.これは明かさずに,帰ってきてからの楽しみの方がいいかな?
私としては,この国には5回目の渡航でしょうか…
-----

ゴムボートからバックロールで,いざ,ランギロアの海へ!!!

エントリー後…
いやー.さすがタヒチ.文句なし,30mオーバーの透明度です.
前半は,周りに何も見えない完全ブルーウォーターダイビング.
周りに何も見えないので,流れが速いことは分かりませんが,
潜ったり浮いたりしているつもりが無くても気がついたら
深度がけっこう変わってるので,かなりの流れであることを
感じさせます.

10分ほど流れていくと,バラクーダが目の前に群れているのを発見!

それほど大きな群れではありませんが.
しばらくバラクーダと一緒に泳いでいると….

ぐるぐる渦を巻き始めました.
ををを!
トルネードだ!
パラオでも,シパダンでも.群れは見たけどトルネードは見たこと無かった!
わが人生初の,バラクーダトルネードだっ!!!

…でも,群れがちょっとミニチュアサイズですが…

で,やっぱりバラクーダトルネード見ると,写真撮影にいいポジションに
入ろうとしてだんだん深度が下がっていきますね…
もう少し下がりたかったけど,チームメンバーとあまり離れられないので
このあたりで切り上げ.

その後,チャネルの壁沿いに近づきます.
壁に近づくと…それまで気づかなかったけど,すごいスピード!
すごいスピードで壁が流れていくっ!
あー.…言うまでもなく.
壁が流れてるんじゃないですよ.
われわれダイバーが流されているんですよ.

自分たち,こんなスピードで流されてたのかっ!
ナポレオン.アオウミガメらしきカメ.ブラックチップシャーク,
レモンシャークなどなどがぶっ飛んでいく我々とすれ違っていきますが,
でも,こんな流れで近づけず,ほとんど写真が撮れない…

いろんなものが出たけど,一瞬ですれ違うので印象が残らない…
最後は浅瀬に上がってきますが,地面がすごいスピードで流れる!
速い~っ!

こんな中,ガイドはフロートを上げてます.
こんな流れでExするんかいな?
っと思ったら,チャネルの内側に入ったのか,一気に流れが止まりました.
うはー.
一安心.
さっきの流れでExしたら死ぬわ.

流れの止まったところで浮上し,ボートに拾ってもらいます.

いやー.しかし.ランギロア.
いきなりのぶっ飛びドリフトだったことよ.
…確かに,これはガイドから離れたら危ないわ…

でも.(ちょっと密度は低かったけど)バラクーダトルネードも見れて,満足…

と満足していたところ.
…後からボートに上がってきたもう1チームは,みんななんか興奮してますね.
それも,すごい楽しかったみたいですね.
なんか,いいことあったみたいですね.
話を総合すると…

なんだか.
10頭ほどのイルカに囲まれたらしい.
うち3頭はすごく近くでぐるぐる回ってくれたらしい.
さらに1頭は,かなりフレンドリーだったらしい.
チームのメンバーの間に割り込んできて,10分ほどぐるぐるまわってくれたらしい.
はっきり言って,人間に「触ってくれ~」といわんばかりに近づいてきたらしい.
ものすごく満足したらしい.
グレートダイブだったらしい.

…つ,作り話ですよねっ....
我々をだますための…
え,実話?
ホントの話…??


…ぐやじい~~(涙).
くやし~!
さっきまでの満足気分が吹き飛んでしまった….
コメント