徒然スキーヤー日記

冬は毎週志賀高原レポート
夏は子連れダイビング情報
スキー試乗や旅行記の目次は「このブログについて」カテゴリー見てね

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 5 Dive shop

2012-08-31 01:04:48 | ダイビング日記
うーーーむ.
今回の日記.
ボラボラのきれいな風景が出てくるわけでもないし,
あんまり面白くないですね~

…期待しないで読んでくださいネ
(何の意味もないハートマークでごまかす)
------------

さて.
2日目の朝がやってきました.

昨晩からの娘は.
夜,なかなか寝付かなかったものの.
家から持ってきたアンパンマンのDVDを見ている間に寝てくれて.
その後は夜中に起きて騒いだり,早朝に起きちゃうことも無く.
危惧された,「時差ぼけ問題」もあっさりクリアしたのでした.
…うむ.
順調じゃ.

で.
今日も晴天っ!


今日がダイビング初日…
っていうか,ボラボラで潜るのは今日だけです.

昨年,ボラボラとランギロアを2日ずつ潜ったけど,
ボラボラよりランギロアのダイビングが面白かったので,
今回はボラボラ1日,ランギロア3日としたんです…
#今から考えるとこれで正解だと思う

さてさて.
今回利用したショップは「BORA DIVING CENTER」.
以前は,私が泊まったノボテルの中に,「NEMO WORLD」ってダイビングショップが
あって,ホテルの桟橋からすぐボートに乗れて,さらに日本人のガイドが常駐
していたんですが…

(2005年当時の看板)

今は,このショップはBORA DIVING CENTERに吸収されちゃいました.
あ,日本人ガイドの中村さんも,NEMO WORLDからBORA DIVING
CENTERへ移ってます.
今,ボラボラで日本人ガイドがいるダイビングショップは,
このBORA DIVING CENTERとTOPDIVEの2件でしょうか…(注:2009年当時)

んで,ノボテルの中に旧NEMO WORLDの建物は残っているんですが,
ここは受付業務しかやってません.


ここで受付を済ませると,車で2-3分のBORADIVING CENTERから迎えがきて,
そこからボートが出ます.
以前は,ノボテルに泊まってると,そのすぐ前からボートが出て
楽だったんだけどなぁ…

という感じで.
今回利用したショップはBORA DIVING CENTER.

このショップ前の,こんなきれいな海からボートが出ます.

このショップ,ファンダイブは午前中の2本のみ.
午後は,体験ダイビングやら講習やらのみで,ファンダイビングはやってない,
ってのがちと悲しいところ.

ということで,今回の滞在で,ボラボラでのダイビングは.
今日の午前の2本こっきりです.

で.
なんと.
今回.
ガイドの中村さんから,非常に魅力的だけど,悩ましい提案が…

「今回,子供を預かることもできますが…どうしますか?」

え?
ええっ!?
こ,子供預かってもらえるの??

…でも,これまで,子供を他人に預けたことは一度も無いんだけど…
(続く)
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 4 First night

2012-08-30 00:21:06 | ダイビング日記

海に浸かってびしょぬれになったオムツを替えて,
また車で10分ほど走ると.
今度はボラボラの中心地,バイタペの町にやってきます.

中心街って言っても,港の周りにお土産屋数件と商店がある程度の,素朴な町なんですけどね~.

スーパーを覗いて,お土産屋を冷やかしたら.
まだまだドライブは続く…
だいたいこのあたりで島1/3周.

でも,残り2/3周は特に何も無い海岸線をひたすら走る感じ.
あまり面白くありません…


途中,ちょっと雨が降って,虹が出ました.

ボラボラのきれいな海にかかる虹は幻想的じゃの~
…写真で見ると,曇り空なのであまりきれいな感じに見えませんが…

で,昼ごはん時間を含めても,トータル3時間くらいで島1周
終わっちゃいました.
車に乗ってる時間は1時間くらいかな?

島一周が終わると,ちょうど夕方.
シャワーを浴びて一休みすると,夕食の時間です.

夕食は,私が個人的にボラボラで一番美味いと思っている
「カイナ・ハット」へ行くことに.
ホテルのフロントに頼めば予約してくれて,時間になったら
レストランからホテルへ迎えに来てくれます.

このカイナ・ハット.
きれいなコーラルサンドの上に立つ,サンドカーペットのレストランで,
内装の雰囲気もバッチリ.


さすがフランス領土…って思わせる本格的なフレンチが食べられます.
お値段はビール1-2本飲んで一人当たり3000円,デザート&コーヒー
まで頼むと5000円くらいになっちゃいますが,このお値段から考えると
かなり美味い.

日本でこのレベルのフレンチを食べようと思うと,多分もっとお金がかかるんじゃないかな~.

デザートも逸品!!んまいっ!
全般的に物価が高いタヒチでも,コストパフォーマンスは高いと思います.
んで,店員さんもやさしくて子供に声かけてくれるし,
雰囲気はいいし…
グーですな.

いやいや,ボラボラ初日から,きれいな海を楽しめ,
昼も夜も食事はおいしかったし(高かったけど)
やはり良いところだのぉ~(お金さえ持ってれば)

あ,ボラボラはどこ行っても問題なくクレジットカードが使えます.
現金をほとんど持ってなくても大丈夫.

で,おいしい夕食に満足したあとはまたホテルまで送ってくれます.
自宅を発って36時間.
ようやっと布団で寝れる…

しかし,まだ出発した「土曜日」の夜なんだよなぁ,と,
日付変更線を超えたときにいつも感じる違和感を感じつつ,
あっという間に眠りに着いたのでした…
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 3 Drive around Borabora

2012-08-29 00:23:26 | ダイビング日記
さて.

ノボテル・ボラボラに到着したわけですが.

ハネムーナー仕様だったのか?
デフォルトでこうなのか?
お花で飾りつけがしてありましたね~.






ちゃんと,移動式のベビーベッドも準備されてますね~


で.
ホテルに到着はしたものの.
時間はまだ昼なわけで.
まだ午後たっぷり時間がある,と.

…20時間にもなる移動時間で疲れているので,寝たいところですが.
ここで寝てしまうと「時差ぼけ地獄」突入は必至ですので,
何とか起きてないといけません.

…半日レンタカーを借りて,島を一周でもしてみましょうか.

レンタカー屋さんは,我々が泊まったノボテルの前にあります.
「日本の免許証しかないんですけど…」
「No problem!!!」
…日本の免許証でぜんぜん問題ないみたい…

で,車は2人乗りのバギーみたいなやつと

4人乗りのマニュアルミッション車とオートマチック車が選べます.
マニュアル車はものすごく古いフィアット.
オートマチックは比較的新しいヒュンダイ.

どっちも排気量1L程度のコンパクトカーで,4時間5000円ほど.
…ちと高いなぁ…

んで.
ボラボラ島ですが.
止まることなく車で回れば1時間かからない島です.
島には信号が一個もありません.
道も,島一周道路が1本.あと,わずかな枝道のみ.
島一周道路でもこんな感じのローカルな道です.


とりあえず,車に乗り込んで,まずはお昼ご飯を食べにGo!
向かった先は…
ホテルから5分ほど走ったところにある「スナック・マティラ」
4年前に行った時結構おいしかったので,今回もリピート.


オープンスペースのスナックで,景色はバツグンっ!!


…こらこら.おなかが減ってるからって,机食ったらいかんぞ.


グリルしたマヒマヒが入ったバーガーが美味い!

うーん.
タヒチのくいものって,全般的に美味いんだよな…
…しかし,このバーガーが1000円しますが…
#物価高すぎ(涙)

でも,こういう景色を見ながら,のんびり食事できるのは幸せ.

最高ですな~.

んで,食後は,こういう感じのきれいな海岸を見ながら走っていきます.


途中,景色のきれいな海岸でちょっと一休み.

娘を砂浜に下ろしてみたんですが.
沖縄ではあれだけ嫌がったのに,
なんと.
嫌がらずに遊んでます.

ををっ!
成長したの~.
砂がイヤじゃなくなったか.良かった~.

…と,
喜んでいたのもつかの間.

うぎゃぎゃぎゃーっ!!!
海に座り込んじゃ駄目~っ!!!!

…という間もなく,ペチャンと海に座り込むわが娘.
オムツが海水をたっぷり吸って見事に膨らんでますが,
娘はゴキゲン.
やはり,幼児は何をしでかすか分からん…(涙)
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 2 Way to Borabora Is.

2012-08-28 00:48:04 | ダイビング日記
ということで.
…日本時間の夜のフライトは予想以上に楽に乗り越えられたなぁ…

って感じで.現地時間朝8時過ぎ,日本時間では夜中の3時ごろ
パペーテ・ファアア国際空港に到着~.


パペーテ到着の儀式である,タヒチ音楽生演奏の中でティアレの
花の手渡しを受けて,入国審査へ.

なんか,娘のサイズと比較するとちょっと巨大すぎ(笑).

入国審査を突破したら,すぐに国内線ターミナルへ移動し,
ボラボラ行きの国内線の搭乗手続きを済ませ,国内線へ乗り換えです.
乗り継ぎ時間が2時間とちょうど良い時間なので,30分も待たずに搭乗開始.

すばらしいベストなタイミングの乗り継ぎだこと….

で.
この,ボラボラ行きの国内線も.
子供がいたのでぶっちぎり優先搭乗.
んで,タヒチの国内線,自由席なので早く乗れば好きな座席に
座れるんですよね~.

ボラボラ行きで「勝ち席」と思われる左側,前方の席をGet!
我々が着席したころ,ようやっと普通の乗客が乗り始めてきます.
うふふ.何か特権階級になったような気分…

で,国内線に乗った娘.まだ日本時間で言えば朝5時ごろ
なので,空港待合室で元気にはしゃいでいた娘も,
乗ったとたんにまたコテンと寝てしまいました.

途中経由地をはさんだ約1時間半のフライト,目を覚ますことなく
目的地までぐっすり…
というわけで.移動第2段階もまったく問題なくクリア.

…なんだか.
あれだけ危惧していた長距離移動.
飛行機の中で一度もぐずることなく,11時間の国際線→1時間半の国内線という
二つのフライトを乗りこなし.
あっさりボラボラに到着.

…なんだか.
心配していたのは何だったの???
って.拍子抜けするくらい何の問題もなく着いちゃったなぁ….

ボラボラの空港で飛行機から降り,

原始的な手荷物受け取りをしたあとは,


空港は,ボラボラ本島からわずかに離れた島にあるので.

20分ほどこんな船に乗って,空港のある島から本島に向かいます.

この船から見る海の色のすごさといったら!!!
これだけで,ボラボラに来た価値が十分あるのでは…と思える美しさ.

もう,この船に乗り終わっただけで
「満足.これで帰っても悔いは無いっ!!」
と思わせるほどです.
#ホントにこの船に乗っただけで帰るのはイヤだけど


いやーーー.
タヒチに来たっ!!!!!!
って感じ.

で,本島に到着したら,ホテル送迎の「ル・トラック」で
ホテルへ移動し.

現地時間ちょうど12時ごろ.
家を出てから約20時間.
この間,娘はまったくぐずることなく.
無事,ボラボラでの宿泊地である「ノボテル・ボラボラ」に到着したのでした…
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 1 Flight to Tahiti

2012-08-27 01:28:44 | ダイビング日記
というわけで…
4回に渡ったプロローグ(長っ!)もようやっと終わり,本編突入です.
しかし…このペースでいくと本文は何回になるかな??

では.旅行,スタートです.
------------

ついにやってきた,
(長いプロローグが終わって…という意味ではない(^^;))
出発の日.

飛行機は夕方の便なので,昼ごろにのんびりと成田空港へ向かいます.

成田からタヒチへの直行便はエア・タヒチ・ヌイしか運行しておらず,
ほとんどの人がこの直行便を利用すると思います.
この出発時間は午後4時(2009年当時).
到着時間が午前8時.
んで,時差が-19時間.
…っていうより,タヒチのほうが5時間先&1日遅れ,と
考えたほうが分かりよいですかね.


ということで.
飛行時間は11時間.(帰りは12時間)

はっきり言って11時間の飛行機は大人にも辛い.

んで,うちの娘は椅子に10分間座っていることができず,
家の中だろうがどこだろうがひたすら走ってよじ登って飛び回って…

こんな娘を,どうやって11時間飛行機の椅子にくくりつけて
黙らせておくのか???

とりあえず,我が家は
「飛行機でひたすら寝かす計画」
アンド
「2-3時間は黙らせておく秘密兵器購入」
の2作戦で乗り切ることに.

まず,朝は早めに起こして睡眠不足気味にさせます.
そして,空港について午後2時にチェックインが終わったら,
速攻で出国審査を抜け,キッズスペースへ.
搭乗開始時間まで1時間半近く,ひたすら遊ばせ続けます.
いつもならお昼寝タイムですが,珍しい遊び道具がある
キッズスペースに興奮して遊んでます.

むふふ.
所詮子供.
大人の策略に,見事ハマっておるのぉ.

で,午後3時20分には搭乗開始.
…子連れなんで,ぶっちぎりトップの優先搭乗.
プレミアム会員より,ファーストクラスより,誰より先に
飛行機に案内してもらえます.

まだ誰も乗っていない飛行機に一番に乗せてもらえるなんて…
普通はない特権だのぉ.

さらに.
今回,飛行機の席もスクリーン前をリクエスト.
プロローグにも書いたように,予約時にリクエストしておけば,
子連れは優先的にスクリーン前を割り当ててもらえるので,
足元の広いエコノミー最前列の席にゆったり座れます.

この席,子供が足元で十分遊べます.
ここ,足元広いしトイレ近いし,いいんだよなー.

誰もいない飛行機に先に乗って,広い席に座れる優越感.
子連れも良いもんじゃの~.

で,飛行機が離陸するころには.
朝早く起きて,昼寝もせずに遊び続けていた娘は.
親の思惑通り,ぐっっっっすりと寝てました.

ふははは.
娘よ.
見事に親の策略に嵌ったな.

…というわけで.離陸後ドリンクが配られ,機内食が配られて食べ終わるまで,ぐっすり熟睡.

親はその間,のんびりとシャンパンを飲みつつ食事を楽しめたという.

いやー.
大体3時間くらい…国内線なら普通の1フライト終わるくらいの時間,ぐっすり寝てくれたなぁ.

食事がちょうど終わり,食後の一休みをしたくらいで娘が起きだしたので,
子供の機内食を持ってきてもらいます.

エア・タヒチ・ヌイでは,無料の幼児にもベビーミールではなく
チャイルドミールをお願いできます.
もうすぐ2歳の娘には,瓶入りのどろどろ離乳食はもう食べない
ので,チャイルドミールをお願いしておきました.

んで,持ってきたもらったチャイルドミールは…
なんと.あんまり大人用機内食と変わらないではないか.
サラダが無いくらいで,ハンバーグとフライドポテト,
付け合せの野菜,あとはデザート…

ここには写ってないけど,パンもあります.

…味も,大人用の食事より美味いかも…
ただで乗ってる娘にこんな食事出してもらっていいのかな~??


そうそう,子供用にはこのほか,搭乗時に
・1.5リットルのミネラルウォーターペットボトル
・オムツ1枚,ウェットティッシュなんかが入ったビニールポーチ
・おもちゃ(複数種類あるみたい.今回はガラガラみたいなもの)
がもらえます.


…子連れは,いろんなものがもらえて,ただで食事出してもらって,
先に搭乗できて広い席に乗れて…
やっぱり2歳までの子連れで海外に行くと,オトクな気がしますね~.

んで,食後しばらく.
満足した娘は,もう日本時間で9時ごろという,普段の
お休みの時間だったので,またすぐ寝ちゃいました.
日本時間で夜中のフライトはありがたいですね~

なんと.このまま,5時間以上ぐっすり寝てました.

起きたときは,ちょうど朝食が配られるタイミングで,
残るフライトはあとわずか2時間.
朝食を食べさせていると残り1時間を切ってます.

あとは抱っこして窓から外を見せたり,

持ってきた本を読ませると…あっという間に到着.



…なんと.
なんと.
今回のために持ってきた「秘密兵器」のポータブルDVDを使うことなく,
第一の関門であり,最大の心配事であった,11時間のフライトを
あっさりと乗り越えてしまいました.

まぁ,11時間のフライトのうち,9時間は寝ててくれたからな~.

って感じで.
この旅行,幸先のいい感じでスタートが切れたのでした.

コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 プロローグ4 子連れ海外旅行の準備

2012-08-25 01:18:50 | ダイビング日記
ということで.
まだまだ続くプロローグ…
さすがにこれが最後の予定

で.
行く先は決まったので.
予約するわけですが.
2歳までなら,飛行機だけじゃなく.ホテル代も大体タダですね~.ありがたや.
子連れだと,事前にお願いすれば飛行機は前に席がないスクリーン前を確保できます.
タダの子供にも,事前にお願いすればベビーミールも出してくれます.



んで.
予約が終わったら,実際に準備を開始するわけで.

子連れ旅行だ.
さらに,海外,だ.

離島のリゾートだし,現地でのオムツや離乳食の購入は不可能と見て,
必要数分はもっていく必要があるなぁ…
一週間分のオムツだけでかなりの量だよ.

離乳食は,基本的に「食事が食べられないときのエマージェンシー用」
ということで一日一回分くらい.
瓶詰めじゃなく,お湯で溶けばよい軽量コンパクトなもの.

あとは,お菓子を大量に.
#いつも食べなれているお菓子があると,ぐずったときとか
#渡せて便利

そして,シールブックなどの暇つぶし用絵本類.

あと,虫除けやら虫刺され,かぶれなんかの薬.
怪我したとき用の絆創膏,消毒薬.

そして,着替え,水着類.

ついつい心配になり,あれもこれも…
ともって行きたくなりますが.
とりあえず,これだけに絞りました.


あー.
しかし今回.
新たにGetしたものがあります.

それは…
じゃじゃーん.
ポータブルDVDプレーヤーっ!
7インチ程度のモニタが付いて,電池で3-4時間くらい見れるやつ.
安売り店にいけば,7000円とかそれ以下で売ってるものです.

こーんなやつと一緒に,いつも見ている番組を録画したDVDを持っていきます.

…はっきり言って.
むちゃくちゃ役立ちました.
とりあえず,静かにさせておきたいとき,
これを見せておけば,しばらくは黙っていてくれます.

日本のTVがやっていないホテルで役立つし.
電池で動くので,移動の待ち時間などのに子供を落ち着かせるのにもいいし.
その他いろいろ役に立って,必殺の武器といっても過言じゃなかったです…
子連れ海外旅行には,超お勧めしておきます.

って感じで.
準備は終えて,後は出発を待つばかりになりましたが.


はたして.

娘は,大人でも辛い,12時間のフライトに耐えられるのか??

時差に耐えられるのか?夜中にずっと起きてたりしないか??時差で体調崩さないか?

現地で,食べるものはあるのか?

食べ物や水が合わなくて体調崩さないか?

病気になったりしないか?

何かあったらどうするのか??

お家に帰りたいって泣かないか?

何か…なにか,現地で「しまったー!」ってトラブルに巻き込まれないか???

などと.
出発に至るまで.
心配の種は尽きなかったのでした…

コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 プロローグ3 タヒチのダイビング

2012-08-24 00:16:34 | ダイビング日記
をいをい,プロローグだけで一体何回続くんだい…??
って感じですが.
あきらめてお付き合いください(笑).

んで.
タヒチ情報の続きですが.

もし.
目的が純粋にダイビングだけなら.
…はっきり言って,モルジブかパラオのほうがいいです.

タヒチのダイビングですが,
ボラボラ島は…
マンタポイントはあるけど最近はマンタ出ないらしいし.
群れものを見れるとか,大物が見れるとかいう海ではないです.
あー.でも.
海の透明度は高く,きれいな海ですよ.


ランギロアは大物は出るけど,
「ぱっと通過するだけ」の感じ.

魚影が濃い!という海ではないし.
#イルカとの遭遇頻度はかなり高いですが


あと,タヒチ全体にわたって.
マクロという概念が全く無いダイビングです.
オールワイド.ワイド系のみ.
たまに「ハゼが見たい!」といっても,
そんなダイビングは存在しません.

ですので.
ダイビングがんがん!
もう,海があればあとは何もなくてもいい!
って感じだと.多少物足りないかも.
リゾートでのんびり,というほうにも重点を置いて.
ダイビング半分,ビーチリゾート半分,と考えれば.
最高の場所です.

まぁ,今回,子供づれなわけですから.
がんがんダイビングとは行かないので,
陸上も美しい,タヒチがベスト!と思ったわけですが.


しかし.

しかし.

何度も書くようですが.

タヒチ.

物価が高い~っ!!!!!!!

旅費が高い~っ!!!!!!

レストランに夕食を食べに行くと.
夕食+ビール1-2本程度で大体一人,
3000円~5000円(涙)

ちょっとしたエクスカーションに参加すると,あっという間に
数万円取られます.

タヒチのリゾート.
ハワイやグアムみたいな,チャラい若者はおりません.
大声で騒いだり,ビュッフェの飲み放題ドリンクを水筒に
いれて持ち帰っちゃうとかみたいな(^^;品格を疑うような方々はおりません.
ホテルのゲストに限らず,観光客全般に落ち着き感があり.
ゲストの皆さんに,たいへん知的レベルが高そうな感じが漂っております.

これは,このような品格を疑うような方々から,タヒチが「エコノミカル・バリアー」
によって守られているからにほかなりません…
「高い金払って,免税店もブランドショップもない,何も無い島で
過ごしたい」という方々が集まる場所ですから…

おかげで.
落ち着いた,たいへんすごしやすいリゾートとなっております.

というわけで.

「ものすげーお金持ちになったら,もう一回来よう」
と誓った2005年だったのですが.

何をとち狂ったのか.
「子供がタダのうちにっ!」
という,わけ分からん理由で.
またボラボラとランギロアの2島ともに
再訪することにしてしまったという…
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 プロローグ2 タヒチについて

2012-08-23 00:21:01 | ダイビング日記
タヒチ.

それは,正しくは「フランス領ポリネシア」
独立国ではなく,フランスの海外領地.

場所的には,オーストラリアのケアンズからまっすぐ東.この南緯15度ラインと
ハワイからほぼ南に伸ばしたラインがクロスするあたりに浮かぶ,
複数の島々からなる場所.

この矢印の場所あたりです…

このフランス領ポリネシア.日本と同程度のかなり広い範囲に
散らばった島々なんですが.
中心となるのが「タヒチ島」なので,このフレンチポリネシア全域を
通称「タヒチ」
と呼びます.

南緯15度…
ちとイメージが湧きにくいですね.
北緯に直せば,大体グアム・サイパンと同程度になります.
マレーシアやパラオ,フィリピン,そしてモルジブなんかのダイビングサイトが
だいたい南緯5度~北緯10度に集中していることを考えると,結構赤道からは
遠いです.

タヒチには,広いエリアに渡って複数の島,環礁が散らばっていますが,
国際空港のある中心地,タヒチ島はあくまで空港があって,フレンチポリネシアの
産業・流通を支える中心となる島であり,決して観光客が楽しむ島ではありません.
なんにしろ火山性の島なので,ビーチの砂は「真っ黒」.
ビーチリゾートが成り立つ島じゃないんですね~.

ということで.タヒチでは,タヒチ島をベースとして,ほかの島の
リゾートに行くわけですが.
日本人が一番良く行くメジャーな島は,
「ボラボラ島」
でしょう.

大体タヒチ島から飛行機で1時間程度
この島は結構大きく,レストランや商店もある程度あって,
ホテルもかなり多くのバリエーションから選べます.
ダイブショップもいくつかあって,うち2件は日本人ガイドがいます.
で,大きな島なのに.
ものすごいきれいな海の色です.

空港に降り立った瞬間に「おおおおおっ!」
と言ってしまうほどの海の色.
海のきれいさ,ホテルの選択肢,適度な便利さを持った
バランスの取れた島だと思います.
ダイビングサイトもかなりのバリエーションがあり,
珊瑚のシャローダイブからパスのドリフト,シャークフィーディング
ポイントまでいろいろあります.

で,その次にメジャーなのが
「ランギロア」
では無いでしょうか.

ここも,タヒチから飛行機で1時間ちょい.

ホテルが二つといくつかのペンション.
ローカルレストランも商店もいくつかある島です.
ここには2件のダイブショップがあります.
うち1件は,島で最大のリゾートホテル「キアオラ」内にあり,
日本人ガイドがいます.
ホテルにも日本人スタッフがいます.

ポイントは「ティプタパス」1箇所のみですが.
しかし.このポイント.
INの流れとOUTの流れ,パスのどのあたり外から
エントリーするか,パスのどのあたりを通るか…
で,かなりのバリエーションが楽しめます.

それ以外の島は…
いくつかありますが,ダイビングを売りにしているのは
ティケハウ,ファカラバ,マニヒくらいでしょうか…
どの島も,ホテル1件と民宿があるかないかくらいの
素朴な島です.
当然日本人ガイドなんかいません(笑).

あ,タヒチ島から船で30分程度のところに,
モーレア島がありましたね.
…でも,モーレアにダイビング目的で行ったって人の
話は聞かないので,あまりダイビング目的で行く場所じゃないかと.

という感じなので.
大体の日本人は,タヒチでダイビングというと,ボラボラか
ランギロアを選ぶと思います.
まぁ,ボラボラを選んでおけば無難でしょう.

しかし.
ランギロアがすごいらしい.
透明度が高い海.
イルカ.サメ.バラクーダ.マンタ.
激流ぶっ飛びドリフトダイブ.
…と聞いて.

どっちも行きたいじゃないの???
と,ボラボラにもランギロアにも行ってしまった2005年.

かなーーーーーーり気に入りました.

海のきれいさ.
透明度の良さ.
アジアンリゾートとは異なった落ち着き.
ゲストの品格の高さ.
フレンチの料理の美味さ.

そういうものを総合すると,結構ポイントが高い…
これが,タヒチの魅力ですね~

#なんだか,旅行社の紹介ページみたいになっちゃった
コメント

2009年 初の海外子連れダイビング旅行記 プロローグ1

2012-08-22 00:29:41 | ダイビング日記
えー.
子供が1歳になった7月に.
初子連れダイビングとして,沖縄に行ってみたわけですが.

…無事,ミッションコンプリート.

実は,この沖縄での初子連れダイビング.
子連れ海外ダイビングにいけるかどうか…?
ってのの予行練習を兼ねていたわけで.

2歳から国際線は有料になる.
1歳のうちはタダ.
…タダのうちに,一度海外へ行っておきたいけど.
いきなり海外というのもあれなので,
一度沖縄に行ってみて,OKなら海外に…
というもくろみもあったけど.
この予行練習,見事に成功.

ってことで.
子連れ海外ダイビング計画,実行!

…となると.
まず最初の課題は.
どこに行くか,だ.

ここで.
今から考えると,当時はかなり無謀と思える思考で.
「子供がタダのうちに,有料になったらいけないような場所へ…」
と考えてしまったわけで.

なんと.
なんと.
超高級リゾート地の
「タヒチ」
を選んだのでした…


いや.
かつて一度,タヒチに行って.
そのあまりの海のきれいさ,リゾートとしての完成度,
客層の良さ,ダイビングの良さにすっかり惚れ込んでしまい.
それ以来,妻は「タヒチ…タヒチ…」
とつぶやく日々.


ただ,ツアーフィーがあまりにも高すぎるので.
「一生2度と行くことはないっ…!」
と思っていたけど.

今回.
「子供がタダの今のうちに行っておかないと,絶対ぜったいゼッタイ,
 今後行くことはできない!!!」
という,強迫観念というか.
わけの分からない理由付けにより.

子連れに対するホスピタリティの有無やら子連れダイビング受け入れ実績の有無.
その他の理由をまったく考慮することなく.

いきなりの初海外として,航空機移動時間12時間以上という,
無謀な場所を目的地としてしまったのだった…
コメント

んじゃ,次は…初子連れ海外旅行記でも行きましょうかね

2012-08-21 00:36:35 | ダイビング日記
最後に月山に行って,スキーシーズンを終えてから.

次の週は群馬県にブルーベリー狩りに行ってみたり.
その次の週からは夏休みモードで.

1.座間味で死ぬほど海水浴
2.家の近所のプールで夜まで(娘が)泳ぎ続け
3.いわきのハワイアンズで終日プール
4.日本海某所で海水浴
5.妻実家@関西の近辺で海水浴…

と,5週連続でプールor海という週末を送ってきており.
スキーシーズンが終わってからも,のんびりした週末というのを過ごしてないわけで.
ネタはむちゃくちゃいっぱいあるんですが.
これをBlogに書いたって単なる子連れ遊び日記になっちゃうので,
あんまり面白くないよなぁ…
ダイビング旅行記も単なる子連れ遊び日記では←自己突っ込み

とはいえ,次のダイビング遠征旅行は9月.
それまで,更新がないとこのBlogの読者が0になっちゃいそうなので.
今でも限りなく0では?←自己突っ込み

次回からは.
また昔のネタを引っ張り出して.
初の子連れ海外へ行った旅行記でも乗せてみますか….


明日から.
2009年,初の子連れダイビングから2ヶ月.子供が1歳のときの
旅行記を連載開始します.



では,お楽しみに~
#楽しみにしている人なんていないのでは…←いつもの自己突っ込み

コメント

Volkl Platinum CDがもう売り切れ??

2012-08-19 01:26:03 | スキー雑談
えー.

久しぶりのスキーネタです.
って言うか.
真夏のこの時期にスキーねたってのもあれですが.

実は.
神田に出る用事があったので,ついでにスキー屋街でも見に行こうかの~,
と.
スキー屋を見に行って.

来シーズン購入する第一候補のVolkl Platinum CDを見に行って.
あれ~?
Platinum GDやSWはあるけど.
CDをおいてる店がないなぁ…?

私「Volkl,GDとかあるけど,CDはおいてないんですか…?」
店員「うちの店では売り切れました.もう,メーカー生産もないので
 残念ながら取り寄せもできません」

がががががーーーん.
なに~!
もう,売り切れかっ!
やっぱり,いい板だからなぁ…

ということで.
まだ探せば,運良くどこかの店に残ってるかもしれませんが.
これから,VolklのPlatinum CDを入手するのは困難かと思われます…(涙).
コメント (2)

露出決定パラメータが3つ??

2012-08-18 00:53:59 | 日記
…今日の文章は長いよ…
#さらに,面白くないときている
覚悟して読んでください(笑).
----

えーっと.
デジカメから入った人は当たり前の世界なのかも知れませんが.

これまで,フィルムのカメラのとき.
ISO感度は,フィルムを変えない限り変更不可能なパラメータでした.

デジタルカメラになってからも.
最初のうちは,実用できるISOは100,200,せいぜい400.
エマージェンシーとして800を使えるかどうか.
ISOを切り替えることはほとんど無く,
「暗くなったら400にしとくか」というくらいの
使い方.

しかし.
私が今,水中撮影用のメインとしているCanonのS90では.
引き伸ばししないならISO1600は実用域.
ISO3200も,シャッタースピードが遅くて被写体ぶれする
シチュエーションでは.
「ISO1600でぶれるくらいなら,1段速いシャッタースピードの
 ISO3200の方がいいなぁ」
というレベル.






これらの画像はISO1600~3200で撮影.
#恐ろしい高感度特性…

さらに,ISOも設定単位は1/3段ステップ.
なので,撮影中は一枚ごとに,ISO80~3200まで,1/3段レベルで
こまめに調整して使えます.

で.
ある日.
暗いところで動き回る娘を撮影しているとき.

暗いので,当然いつもの習慣通り.
可能な限りはやいシャッタースピードで撮影できるよう,
絞り優先AEで開放F2.0固定.
ISOはオート.
これで出たシャッタースピードで撮影.

被写体ぶれや手ブレが出そうなシャッタースピードになったとき.
ISOを高感度側にして早いシャッターにしたいわけなんですが…
でも,S90は,ISOオートにすると…
ISO800までしか使ってくれません.
ISO1600や3200まで高感度を使いたいときは,
ISOをマニュアル設定するしかありません.

ということで,ISOはマニュアル設定したい.

S90はレンズの周りのリングと後ろのダイヤルの
二つの調整ダイヤルをもってるわけですが.

このフロントリングを回したときに何を調整するか,
カスタマイズ出来る機能を持っています.
その機能を使って,フロントリングにISOを設定.

…この場合,絞り優先モードの絞り値がフロントリングで
設定できなくなるので,本来は通常は露出補正が割り当てられている,
リアのダイヤルに絞り値設定が割り当てられます.

こういう設定で.
シャッタースピードが動く子供を追っかけるのに必要な
1/125~1/60より遅くなったらISOを高感度側に振る.
という撮影をしばらく続けて.

…んん?
なんか,変.

あ,そうか.
露出補正をしたいのに,リヤのダイヤルで出来ない.
理想的には,フロントダイヤルでISO,リアダイヤルで
露出補正をしたいんだけどなぁ…
あれ?
じゃぁ,絞り優先AEの絞り値はどうやって設定するの???
あれ

ちょっとまて.
ちょっと待て.

自分が求めているのはシャッタースピードであって,
シャッタースピードを決めるために,何で手動で
ISOを決めているんだ??
で,使っているモードが絞り優先AEモードって,どういうことだ?

シャッタースピード決めたいんだから,シャッタースピード優先モード
で撮るべきなんだよなぁ…

うん.
ちょっとこれで落ち着いた…

あれ?
シャッタースピードをリアダイヤルに,ISOをフロントリングに
割り当てたら,やっぱり露出補正を割り当てるダイヤルが
なくなっちゃう???

ダイヤルが3個無いとダメなのか??
いやいや.そんなことは無い.
絞り開放に決まってんだから,あとはISOが決まればカメラがシャッター
スピードを決めてくれる.
だから,ISOとシャッタースピードの両方がダイヤルで設定できる
必要は無いんだよな.

じゃ,シャッタースピード優先AEでISOはオートに任せて,シャッター
スピードだけダイヤルで決めれば…
おっと.そうか,ISOオートだと,ISO800までしか行かないんだ.
ISO3200まで使いたいんだよな.

…そっか.
基本的に,ISOと露出補正の二つを,それぞれ二つのダイヤルに割り当てたいんだよな…
って…
そんなモード無いぞ??

あれれれれれ????
あれれれ??れれ???

冷静に考えよう,冷静に…
マニュアルモードで絞り値を開放固定,シャッタースピードを
1/60に固定すればいいのか?
いや.
それだとISOが自動設定になっちゃうので,ISO800までしか行かない
から,だめなんだな…

理想的には,絞り値を固定して,ISOをダイヤルで回せば,
適正露出になるようシャッタースピードが変わるイメージ.
それで,あとはダイヤルでぐりぐりと露出補正をかける,と.
こういう操作をしたいわけだな.


ないぞ.そんなモード.
どうしてだっ!????

これまでは露出を決定するために変えられるのは,
絞り値(Av)とシャッタースピード(SS)の2パラメータ.
だから,
Av優先モード:絞り値手入力,シャッタースピード自動
SS優先モード:絞り値自動,シャッタースピード手入力
の2モードで済んだ.

ところが,ここでISOを細かく大きな範囲で変更できるように
なった最新のデジカメでは.

Av優先モード:絞り値手入力,シャッタースピード自動,ISO自動
SS優先モード:絞り値自動,シャッタースピード手入力,ISO自動

…こう考えると.
ISO優先モード:絞り値自動,シャッタースピード自動,ISO手入力
って考えになるはずが.
これは,プログラムAEモードだよなぁ…
自分は,ISOを手入力すれば,シャッタースピードだけ
自動で設定するモードを求めてるんだよな.
プログラムAEみたいに,絞り値もカメラで勝手に変えられると
困るぞ…
あれ?????

えーーっと.
露出を決定するために3パラメータあるんだよな.
3自由度あるということは,本来2パラメータを決定して,
自由度を1パラメータのみに縮退させるという発想が自然なわけだ.

1パラメータ固定,1パラメータ手動,1パラメータ自動,

と考えると,
プログラムAE以外に,絞り優先AEとシャッタースピード優先AEという
2モードじゃなくて…

ISO固定Av優先(手動)SS自動AE:ISOを固定,Avを手動で設定すれば,カメラがSSを決める
以下同様に,
SS固定Av手動ISO自動AE
ISO固定SS手動Av自動AE
Av固定SS手動ISO自動AE
Av固定ISO手動SS自動AE
SS固定ISO手動Av自動AE


って言う感じで,6モードが必要なんだな~.

これなら,Av固定ISO手動AEにすれば,
絞り値を固定して,ISOを手動で変更するに伴い
シャッタースピードが自動で決まる,
あとは露出補正をかければOK,と.

どっちにしろ,絞り,ISO,露出補正とダイヤルが
3個あるのが理想だけど…

少なくとも,露出制御に3パラメータある現在.
モードによって,2個のダイヤルに
絞り,シャッタースピード,ISO
の3個のパラメータのうち2個が割り当てられて,
露出補正ボタンを押すとダイヤルで露出補正が
かけられるようになる,というカメラ操作が
自然なはず.

うーーーん.
ISOが可変パラメータとなるとややこしいなぁ…

しかし,
S90に限らず.
いろいろ一眼レフを触ってみたけど.
シャッタースピードと絞りはダイヤルで変えられるけど,
ISOをボタンを押すことなくダイヤルで変えられる
カメラって無いんだよな~
#NIKONのD7000とかは,設定すれば可能だけど

…なんだか,従来の一眼に引きずられすぎてしまっている
カメラのSS優先とAv優先モードに,矛盾を感じるのは私だけかなぁ.

あと,ブラケット撮影も,
Avシフトブラケット
シャッタースピードシフトブラケット
のほかに,
ISOブラケット
が必要になりそうなのに.

ISOブラケットがあるカメラって,ペンタックスだったか
しかないんだよな~.

デジイチって,ISOが変えられないフィルム時代の発想を引きずって
いるのかしらん???

ISOが6段分,1/3段ステップで設定できる現在.
カメラはいつまでもフィルム時代の
「Av優先AE」「SS優先AE」の2種類だけじゃ
おかしいよ~っ!!!

#ああ.今回の日記も面白くなかった

あ,どーでもいいけど,私はデジイチは持ってません.
コンパクトカメラしか持ってないです…
コメント (2)

座間味旅行記番外編 娘の言う「本物の船」って…?

2012-08-17 00:00:09 | ダイビング日記
今回の座間味旅行のとき.

ダイビング1日目は,去年乗った大型カタマランヨットではなく…

こんな感じの小さな和船タイプの船だったのは,レポートに書いたとおりなんですけど.

でね.
船に乗ったあと,娘がね,
言ったんですよ.

娘「…ホンモノのおっきいお船,いつのるの?」


ああ,去年3日間乗ったとはいえ,1年前の3歳のころの記憶,良く残ってるな~.
去年乗った大型カタマランヨットには,2日目から乗船予定だったので.

私「ごめんねー.今日は小さいお船なんだ~.明日はおっきいお船に乗るからね~」

と,そのときは答えておいたんですが.

その次の日,ザマミセーリングのカタマランヨットに乗ったとき.


娘「あ,前に乗った船だ~」

そうそう,これが本来乗りたかった,大きな船なんだよね~
しかし,ホントによく覚えてるなぁ…
と思っていたら.
しばらく後.

娘「ホンモノの船は,いつ乗るの?」

え?
これが,お前の言うホンモノの船じゃないの??
…あー.
もしかすると,座間味ー那覇間のフェリーのことを言ってるのかな?
あれなら,確かに大きいが…

私「ホンモノの船って,昨日の朝に乗った,大きいフェリーのこと?」


娘「違う.上でご飯食べる船~っ!」

えーっと.
えーっと.
上でご飯食べる船って…
この船でも船の上でお昼ご飯食べるけど??
一体なんのこと…
…も,もしかして.

私「あのー.もしかすると,お前のいうホンモノの船って…
 2段ベッドのお部屋があって,何日か泊まる船?」


娘「そう!2階でご飯食べる船!いつ乗るの??」

…む,娘よ.
お前にとって「ホンモノの船」ってのは.
ダイビングクルーズ船のことだったのかっ!!!!!!

残念ながら.そんな船には,次は何年後に乗れるか分からんよ…

ダイビングクルーズ船を「ホンモノの船」って言うなんて.
どうやら,娘の育て方を間違えたらしい…
コメント

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記のインデックス

2012-08-16 00:00:25 | ダイビング日記
あー.
いつもどおり,長いレポートでしたね.

だもんで.
いつもどおり,インデックス作ってみました.

2012年7月の,子連れ座間味ダイビングのインデックスです.

プロローグ:前フリ

出発の日
その1:出発~前泊のホテルまで

慶良間の1日目
その2:那覇→慶良間到着
その3:1日目のダイビングへ出発!
その4:1本目のダイビングはブランクダイバー
その5:1本目終了~2本目へ
その6:2本目~夜

慶良間の2日目
その7:2日目の朝~1本目
その8:お昼は娘と無人島散策
その9:娘,シュノーケリングにチャレンジ
その10:ついにシュノーケリングデビュー!
その11:ダイビング終了~夜

慶良間の3日目…午後は那覇へ
その12:想定外の台風…突如那覇に戻ることに
その13:意地で潜った午前の1本
その14:そして悲しき那覇移動

最終日
ファイナル:最終日~帰宅
コメント

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記ファイナル 帰宅

2012-08-15 00:12:19 | ダイビング日記
というわけで.
本来なら慶良間でラストダイブをしているであろう時間に.
リゾートホテルのプールで過ごしたわけですが.

プールだと.ダイビング終了で港に戻る…とか言う区切りがないわけで.
いつまでたっても上がろうとしない娘…

「ご飯食べないの~?」
「いらないーっ!まだ泳ぐーっ!」



…お前は.
1歳のころから変わらんのー.
いつまでもひたすら泳ぎたがる娘を強引にプールから引き上げ.

それからホテルのバイキングの夕食を食べて…

バイキングスタイルの夕食だと,デザートがいっぱいあるので,
娘はデザートばっかり食べてしまうなぁ…

って感じで.夕食終了後はしばらく遊んで
おやすみなさい.

…そして.
次の日.
本来ならこの日の午前中に慶良間から移動する予定だったので,
那覇からの帰りの飛行機は午後発です.

ってことで.
最終日はダイビングもないし,飛行機も遅いので,ゆっくり遅めに起床.


したんですが.

なんだか.

ちょっと,晴天ベタなぎなんですけどっ!
話と違うんですけどっ!
台風は何処へ行ったんですかっ!
台風はっ!
慶良間からの高速船も,予定通り運航しているみたいなんですけどっ!

これまで沖縄では,
台風で何度もひどい目にあってるけど.
なんだかここまで肩透かしってのも始めてかも…

って失意の中.
のそのそ朝食をとって…


チェックアウトの11時にのんびりホテルを出て,
空港へ.


帰りの飛行機でも,娘はぐっすり…

ホントに長距離移動に何の心配もない娘だわ…

という感じで.
無事帰宅.


とりあえず.
予期せぬ台風に,いろいろとやられちゃったものの.
わが娘.
飛行機や船の長距離移動にも,もう完全に心配はなくなったし.
ゲームとかTVより,海で泳ぐのが大好きで.
海に行く,って言えば船の上で一日すごしても大喜びだし.

もう,子連れダイビングが楽になってきましたね~.
コメント