バルサルバ洞動脈瘤の手術・紫斑性腎炎

これから、バルサルバ洞動脈瘤の手術をする方のお役にたてばと思いブログを立ち上げました。家内が甲状腺癌にかかり今闘病中

頭のMRを撮りました。

2013-07-18 22:03:23 | 日記
2.3日前から頭痛がしていたので、頭のMRを撮ってきました。
MRは、腰で2回ほど撮ってますが、頭は初めてです。

昼に家内に電話をして、「昼からMR撮れないかな?」っと相談したところ、「14:40なら空いてるよ」
っという事で予約をしてもらいました。
家内の勤めているクリニックは、放射線科で、MRやCTを専門に撮っています。
この日、家内は、午前中勤務だったのですが、付き添いでついて来てくれました。
問診は、全て家内が書いてくれたので、楽チンでした。

久しぶりのMR。

例の物凄い音に、びびりました。

家内が勤めているクリニックなので、怖いとは言えず、我慢の一言です。
腰の時は、音が下の方でしていたのですが、頭の時は、本当に頭の横でガンガンなり凄いですね。
始まってすぐ後悔しました。
「別の病院ですれば良かった。そうしたら、暴れられるのに。こりゃあ、たまらんぞ。」正直な気持ちでした。
しかし、始まったものはしょうがない、我慢、我慢でした。
時間にしてどの位かわかりませんが、長い長ーい時間に感じました。

バイアスピリンは飲んでるし。人工血管は入ってるし、血栓ができても不思議はない状況です。

結果は、異常なしでした。

血栓もなく、血管も詰まっていないし、動脈瘤もない。
「年齢の割には若い脳じゃありませんか?」
「疲れでしょう。痛み止めを出しときますので痛い時は飲んで下さい」

この院長は、私の義理の弟になります。
お正月には、しこたま一緒に飲んでいたのですが私の術後は、おとなしいものです。

前から一度頭の検査はしておきたかったので、安心いたしました。

家内も一安心「異常がなくて良かったね」
大変お騒がせしました。




コメント (1)

心エコー、ホルターの結果を聞いてきました。

2013-07-11 20:13:22 | 心臓手術
循環器外来へ行ってきました。
ホルター心電図の結果。
最高脈拍 110
最低脈拍 50
期外収縮 110
頻脈なし。1年前の結果より良かったです。
別に心配することはなし。

心エコーの結果
大動脈弁の逆流により左心室が少しおおきいが、心配なし。
ただ、逆流のスピードがあるため、心臓が虚血を起こし、狭心症の症状が出る事がある。
その時は、ニトロを舐める。

今のところ、安定した状態なので、次回の診察は半年後になりました。
途中で具合が悪くなったらすぐ診察にくる
以上でした。

結果としては、まずまず。

無理をしない。
週休2日で休養を十分に取る。
ストレスをためない。
これらを、気をつければ大丈夫とのことでしたが、仕事をしている以上は、そうも行きませんよね?

知らず知らず、無理をしているのが現実です。

でも、気をつけなければ。

先日、健康診断で、産業医と1年ぶりにお会いし、術後の心臓のレントゲンを見せて頂きましたが、
信じられないくらい大きな心臓でした。良く生きていられるな?っていうーくらい大きかったです。

生きていられるんだから、良しとしなさい。
しみじみ言われました。
コメント

心エコー、ホルター心電図。

2013-07-04 20:19:04 | 心臓手術
今日は昼からK循環器病院へ診察に行ってきました。
昨夜、いつものように少し胸が痛くなったのですが、少しだったので我慢しました。
痛みは、少したったら良くなり、「我慢すればできるじゃん」っと安心した、つかの間
「ドーーーン」と不整脈がきました。
「えっ、なにこの不整脈!」最近不整脈は感じたことがなかっただけに、ビックリ。
期外収縮の不整脈ですから心配はないのですが、でも、あの感覚はいやですね。
ドーーーンときて、少しずつ良くなりました。
内心、怖かったです。
痛みよりも、不整脈の方が怖いですね。

それで、今日、K病院へ診察に行きました。
Drに話しましたら、心エコーと、ホルター心電図をやりましょう。っという事になり、今、ホルターを首から下げています。
綺麗な写真ではありませんが、こんな感じです。
1年前に検査した時は、期外収縮が一日に182回あったそうです。今回は、そんなにありませんでしょう?
そんな感じがします。

結果は、来週診察にきて下さいとの事。

仕事のお休みと、ストレスの解消法を何か考えないと、いけないみたいです。

お酒が飲めなくなったので、ストレスは溜まる一方です。

焼酎が飲みたーーーーーーーーい。です。
コメント (2)

腎臓内科の診察

2013-07-02 19:45:16 | 腎臓病
今年の梅雨はカラ梅雨であまり雨は降らないですね。でも、こういう年は最後にドカットとんでもない雨が降ることがあります。

今日、2ヶ月ぶりの腎臓内科の診察日でした。仕事が忙しく今回は仕事抜けの診察でした。
いつものように、検尿、採血。
そして診察。
前々回より女性の主治医に変わりましたが、まあまあの相性です。
尿検査は、前回に続いて潜血が➕。タンパク➖^_^
クレアチニン 1.10。正常範囲内でした。
尿酸値も前回より下がって、8.3^_^
まずまずの結果でした。
腎臓内科卒業か?
「熊本は腎臓内科が少ないので、まだ普通の病院では不安があるわね。もう少し見させて下さい。」っという事になり、次回の予約をしてきました。
もう、腎臓内科とのお付き合いは2年になります。長くない?

もう、だいぶ良くなったので、ソロソロ、塩分制限を軽くしていいか聞きました。
一言。
「ダメです。今は落ち着いているだけ。悪くなるのは、よくなる時よりはるかに早いのですよ!」っと脅されてきました。

腎臓の方は落ち着いてきているのですが、最近心臓の方が調子悪いです。

昨夜も、狭心症の発作が起きてニトロのお世話になりました。
いつも突然きますね。突然、ググッときます。
怖いですね。
本来ですと、今日は休みたかったのですが、、夕方お客さんとアポイントをとっていたので、何とか夕方まで頑張りました。

もう、足が前に出ないのです。
そのへんに、ゴロッと横になりたい心境でした。

何とか一日乗り切って早く帰ってきました。

どうも、動脈弁の逆流が酷かったみたいです。
狭心症で、大動脈弁閉鎖不全症。
ヘンテコな心臓になってしまいました。
これも、手術のせい?
デービット手術って難しいみたいですね?
コメント