還暦直前に心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症弁形成術体験記)

還暦を目前にして滋賀医大の浅井徹先生の執刀で僧帽弁形成術を受けました。
私の体験が同病の方の参考になれば幸いです。

再び大雪

2017年01月24日 | 社会復帰後
昨日(23日)朝から降り始め、昨日は日中全然止まずに降り続けました。積雪の深さは

昼頃に20センチ
3時前に33センチ
夕方5時に38センチ

今回は1日で30センチを超えたので大雪警報レベルです。もっとも注意報しか出ていませんが・・・・
夕方1時間ほど門扉の周辺を雪かきしました。

そして今日(24日)の朝10時で42センチ。これは22年ぶりの大雪です。滋賀に引っ越して27年目ですが、3番目の大雪です。昼ご飯までの2時間雪かきしましたが、まだまだです。

昨日はジャンパー着たのですが、今日は合羽にしました。息が弾み、セーター脱いでも汗かきます。今日は大雪警報が出ています。

学校は昨日休みで、地域のコミュニティバスも昨日から運休です。

そう言えば昨日の夕刊から新聞が届いていません。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーポートの波板がやられました

2017年01月20日 | 社会復帰後
先日の雪の影響で、カーポートの波板がやられました・・・・
2階の屋根から雪がドドッと落ちて、その下にあるカーポートの波板が枠から外れ、ちょっと情けないことになっています。ポリカーボネートなので割れてはいないのですが。。。

2008年の秋にリフォームした時、屋根材のカラーベストを塗装してもらったんですが、それ以後雪が落ちるようになりました。カラーベストは表面が結構ざらざらしていて、雪が滑り落ちることはなかったのですが、塗装後表面がつるつるになり・・・・そんなこと、先に気がつきませんでした。

それで初めから付いていた屋根の飾り程度の雪止めを、もうちょっとちゃんとした雪止めにしてもらったんです。でもその雪止めの位置が屋根の端から50センチくらい上がったところなので、それより下の雪はやっぱり落ちてしまうんです。その落ちる雪の衝撃が強いと波板が枠から外れてしまうというわけなんです。

波板の固定を半分程度外せば、枠に収めることはできそうですが、それだけでは繰り返しになるので、何か根本的な対策が必要です。雪が落ちるのは今さら防げないので、落ちても波板が外れない方法を探りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かなり久しぶりの大雪

2017年01月17日 | 社会復帰後
10数年ぶりにかなり雪が降りました。一昨日と昨日と今朝の3日間、
道路上で累計35cm、垣根の上で50cmとなりました。

これだけ積もったのは
1995年12月25~26日の50cm
1998年1月24日の25cm
1999年2月4日の30cm
以来のことです。

30cm超は22年ぶりですね。今回は3日かけての35cmなので普通に雪かきができて道路上はきれいになり、側溝に雪が積み上がっています。公園の雪もものすごいという感じはありません。

1990年代はよく積もりましたが、2000年代になってから20cm以上の積雪は初めてです。

カーポートにも30cmほど雪が積もっています。取説には積雪が20cmを超えると雪下ろしをしなさいと書いてありますが、無理な相談です。50cm積もった時でもなんとか大丈夫でした。しかしその時は雪の重みで波板がたわんでしまい、それは元に戻りませんでした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

運転免許更新の講習受講

2017年01月14日 | 社会復帰後
数日前運転免許更新の講習を受け、新しい免許証を受け取りました。1994年にゴールド免許制度が始まって、1996年の更新時よりゴールド継続で20年になります。

もっともゴールドになってから去年の秋に初めて接触事故を起こしたのですが、ケガなどのない物損事故だけでは行政処分の対象にならないので、今回も優良運転者講習となり30分ほどの簡単な講習でした。

内容でおやっと思ったのは、環状交差点のことです。
県内にも1カ所環状交差点が設けられたそうですが、全国でも55カ所しかないので、めったに遭遇することがありません。この環状交差点のルールについての説明がありました。

私が小学校に上がる頃まで、故郷にも似た交差点がありました。ロータリーと呼んでいましたが、現在の環状交差点はラウンドアバウトとも言い、ルールが昔のロータリー交差点とは異なるようです。

家に帰った後、県内の環状交差点の場所を調べましたが、少し遠いし、間違わない限り通らなさそうな場所です。

間違いというと50歳半ば以降、間違うことがちょくちょく出てきました。うっかり橋を渡ってしまい、コンサートに遅れかけたことがあります。

それからしばらくしてカーナビを付けたのですが、カーナビの指示が結構おかしいことがあるのですよね。指示通りに走ってみると住宅地の狭い道を通過させられたり、広いバイパスがあるのに旧道を走れと出たり。

「現在地」から最も近い高速道路のICに入る道も、カーナビとグーグルマップのルート表示では違うことがよくあります。まあどちらもどちらなので、どちらの指示も無視して走ることも多いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年の医療費まとめ

2017年01月11日 | 社会復帰後
年が明けたので、去年の医療費をまとめてみました。

支払額
私の分 32,070円  (一昨年 29,770円) 健康度ダウン
妻の分 17,340円  (一昨年 19,790円) 健康度アップ
総額  49,410円  (一昨年 49,560円)

世帯の総額は一昨年(2015年)と比べると微減です。2年前(2014年)よりは激増ですが、3年前(2013年)よりは大幅ダウンをキープ。つまり2014年が「底」でした。

私の分の心臓関係は、一昨年の25,000円から16,000円に激減したのですが、ケガの治療や皮膚科に通ったりした分が増えて、全体ではアップしました。

医療費の総額 164,280円
支払総額    49,410円
保険負担額  114,870円

支払保険料  231,188円
侵食率    50% ← 保険負担額/支払保険料

侵食率が100%未満の場合、残りの金額は他の患者さんに回っています。ちなみに一昨年は、保険負担額がほぼ同額で支払保険料が8万円程度と少なかったので、侵食率が100%を遙かに超え保険財政のお世話になりました。

国保加入後の累計侵食率は61%になったので、トータルではまだ自分の支払った保険料でまかなえています。健康管理に頑張って、公費のお世話になるのはできるだけ先延ばししたいと思います。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加