還暦直前に心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症弁形成術体験記)

還暦を目前にして滋賀医大の浅井徹先生の執刀で僧帽弁形成術を受けました。
私の体験が同病の方の参考になれば幸いです。

古いタオルリング取り外し

2016年05月24日 | 社会復帰後
トイレ用ペーパーホルダーは古いのを外したその場所に新しいのを取り付けましたが、タオルリングは場所を変えたので古いのが残ったままでした。

これです。
娘が言うにはちょっとレトロ・・・経年劣化で結構ボロボロなんです。

これを取り外さなければならないのですが、粘着シートによる接着で20数年経った今でもとてもしっかりしています。引っ張ったぐらいではびくともしません。

それで取り外した手順ですが、

作業1
カッターナイフをリング本体とドアの隙間に入れ粘着シートを切り取る

作業2
カッターナイフで残った糊をできるだけ削り取る
これ以上は難しい。

作業3
中性洗剤で濡らし、数分後メラミンスポンジでこすり落とす

作業4
まだまだ糊が残るので消しゴムでゴシゴシやる

作業5
ナイロンたわしでこすってみたが、よけい汚くなった(意味なし)

作業6
汚くなった箇所を除光液を含ませたティッシュで拭く
これでほとんど消えた

最後の仕上げ
メラミンスポンジで残りをこすり落とす

作業完了後
普通に正面から肉眼で見てもほとんどわかりません。斜めから見るとごくわずか白っぽいです。撮った写真のコントラストを最大にしてみました。

行き当たりばったりの作業だったので、これがベストな方法ではないと思います。除光液は妻のアイデアでした。除光液、効きましたねぇ。

スチールウールも効果はありそうですが、細かな傷が付きそうだったので使いませんでした。

これでほぼ痕跡はなくなりました。めでたしめでたし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トイレのペーパーホルダーとタオルリング取替

2016年05月21日 | 社会復帰後
2階のトイレのペーパーホルダーとタオルリングが20数年経って、大分くたびれてきました。それで少し前からどんなのにしようと探していたのですが、娘からカワジュンを紹介され早速見てみました。

それで決めたのが、
ダブルペーパーホルダー 品番:SC-60M-XN
タオルリング 品番:SC-600-XN

ペーパーホルダー取り付け


ペーパーホルダーは古いのを外した後に取り付けました。その高さには石膏ボードの下地が通っていて、しっかり取り付けできました。6カ所止めなので完璧です。

タオルリング
旧のタオルリングはドアに取り付けしてたのですが、ペーパーホルダー側の壁に取り付けることにしました。

そして磁石を使って下地の位置を探し、ここら辺かなと目星を付けた当たりをこんこんと叩いて音の高さをチェックしました。

石膏ボードを下地に打ち付ける時釘を使いますが、磁石はその釘にくっつきます。釘の位置には必ず下地があるのですが、縦に通っているか横なのかはさらに磁石を使って当たりを付けます。

叩いてみてカンカンと堅い感じの音がしたら、下地が通っている可能性は高いです。

が、もっときちんと下地を調べられる、下地センサーとか壁うらセンサーというものがあります。

タオルリングの取り付け位置は下地があると確信したのですが、木ネジをねじ込んでいってもあまり抵抗感が大きくならなかったので、下地はないのかもしれません。それである程度のところで締めるのを止めました。ぶら下げるのがタオルですからこれでも問題はないと思います。

しかし、将来もし外れでもしたら「どこでも下地」で強化しようと思います。買っておいたのですが、今回は使いませんでした。

タオルとペーパーをセット


夕食後ウォーキングしましたが、夕焼け空の下を快速電車が走り抜けました。
電車の照明が田植えが終わったばかりの水面に映っています。iPhoneでは解像度はイマイチです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

53回目の外来受診

2016年05月20日 | 手術後の外来診察
5月20日はヴォーリズ記念病院で、久しぶりに心エコー検査を受けました。通算53回目ですが、この日は検査だけなので正確に言えば受診ではないのかもしれません。

予約は午後1時。通常の診察は終了しているので待合室は照明も落とされ、ガランとしています。予約票には15分前までに来てくださいと書かれていましたが、途中郵便局に寄ったりして、ギリギリになってしまいました^^;;;

受け付け後程なくして検査室に案内されました。1時ジャスト。ここで心エコー検査を受けるのは2回目です。2010年6月、初めての心エコー検査で僧帽弁閉鎖不全症が見つかりました。それ以来なのでほぼ6年ぶりです。

検査中の姿勢は終了近くまで左を向き、検査技師には背中を見せることになるので、モニターを見ることができません。最後の方になって上を向く姿勢になり、みぞおちの辺りにプローブが当てられます。この時になって初めてモニターを見ることができます。

終了後服を整えながらモニターを見ると、モニターには2つの画像が表示され、何かを比較しています。聞いてみると、大静脈の太さを測定したとのこと。MAXで25mm以上になると心不全と判断するが19mmなのでOKだそうです。

検査時間は20分あまり、技師による検査だったので詳しいことは聞けませんでしたが、心臓の動きも良いし、逆流もほとんど無いので概ね問題は無いとのことです。

本日はこれで終了、会計を済ませ帰宅しました。次回診察の7月1日に結果がわかります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーニングの経年劣化

2016年05月19日 | 社会復帰後
およそ5年前の2011年7月のことですが、テラスに突っ張り式のオーニングを取り付けました。

新品時(通販サイトの画像を加工)

新品の時は本当にきれいでしたが、2年目ぐらいから徐々に劣化が進んできました。紫外線によるスクリーンの色褪せと、風に煽られることによってスクリーンの縫い目がだんだんほつれてきたのです。去年一度タッカーで強化したのですが、先日の強風で・・・・

その日は孫息子の初節句で出かけていたのですが、帰宅すると縫い目が全部取れてしまってアルミの心棒からスクリーンが完全に外れてしまい、風でバタバタしていました。

取扱説明書によるとスクリーンは取り替えができると書かれていたので、問い合わせ用の電話番号にかけてみると、「現在使われておりません」・・・??

もう少し調べてみると、その業者、3年前に倒産していました。直ぐにでも補修用スクリーンを買っておけばよかったのですが、普通はそんなことしませんよね。

スクリーンにまだ破れはありませんのでもう少し使いたいと思い、ほつれたところを2時間かかって全部縫いました。
ひたすら根気です。ミシンが使えると10分ほどでできるのですが、汚れてるし、分解しないといけないし・・・・

縫った後

アルミ心棒の部分
アルミ心棒はそれなりに重量があるため、風に煽られてもあまりバタバタしません。反面重さがあることは縫い目にストレスがかかっていることでもあります。

さて、いつまで持ちますか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫息子の初節句

2016年05月18日 | 社会復帰後
端午の節句から少し遅れましたが、孫息子の初節句を祝いたいと娘から連絡があり、出かけてきました。
娘夫婦は家族が増えたので、4月の終わりに少し広いところに引っ越しています。それで少し遅くなってしまった・・・・

3年前の孫娘の時は娘が手料理を振る舞ってくれましたが、今回はレストランで食事会です。

レストランにて
主役の孫息子は、離乳食を食べた後寝てしまいました。

食事の後、娘の家に移動しました。

五月人形の前で凜々しく・・・・
五月人形は娘の意向も聞かずに一方的に選び、送りつけました(^O^)
以前それとなく聞いてみたのですが、雛人形の時と違ってあまりピンときていなかったようなので、勝手に選びました。

それでも兜だけのタイプにするか甲冑姿の人形にするか、ずいぶん迷って兜だけのタイプにしました。

雛人形は一般的に母方の実家が用意しますが、五月人形を用意するのは関東と関西で異なり、関西では母方から送ることが多いようです。

ベストショットは難しい
陣羽織はよく似合っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加