海のおうち~山のおうち 八ヶ岳森の暮らし 

湘南藤沢から厚木仮暮らしを経て、八ヶ岳山麓に暮らす夫婦+犬。シンプルな暮らしを淡々と。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

存在

2018-03-09 09:41:14 | ラフィーやサーシャ 他のワンコ

家の中が広く感じる・・・



ラフィーの存在は想像以上のもので・・・



話す言葉も家の中で響くほど、

生き物の気配のないこの家・・・

サーシャがいるにもかかわらず・・・・



なんなんだろ。



ラフィーがいないっていうだけで、空気まで変わってしまうとは・・






ラフィーがいた10年間・・・


母が逝き、大好きだった義兄が逝き、父が逝き、義母が去っていった。

ひよが産まれ、あんが産まれた。

3回も引っ越しがあった。




わたしたち夫婦の激動の時期を一緒に過ごした。

時には連れまわし、時にはほったらかしにして・・・・




君はずっとそばで私を見つめ続け、つかず離れずの距離を保って寄り添っていたね。

君の美しい瞳の力強い視線は、今でもはっきりと思いだせるよ。













初めての犬だったから、君の扱いがわからなかったね。

「君は、うちに来て幸せだったのかい?
 お里にいたほうが良かったのかい?」









お里のリビングで、端っこのほうに隠れてコソコソ歩いていたシャイな子だったね。

他の色の子犬を希望していたから、予約して帰ってきたけど・・・・


あの子でもいいか・・・なんてちょっと妥協して連れてきたけどね・・・




尋ねたい。


生きていたとしても、尋ねたところで返事などないのだけれど・・・











「ラフィーク」

同伴者という意味だ。


名前にふさわしく生きた犬・・・・

ラフィーク













人気ブログランキング










いやはや、参った。







たくさんのかたにコメントいただきました。
ありがとうございます。
お返事は後日お返しさせていただきます。


しばらくアップしていませんでしたけれど、皆元気に淡々と暮らしていました。
ご心配おかけしました。ありがとうございます。





コメント (1)

ありがと。ラフィー・・・・

2018-03-04 06:31:27 | ラフィーやサーシャ 他のワンコ


「ラフィー ラフィー 」




夕べは何回叫んだことだろう・・・・


突然、ほんとうに突然・・・・


ラフィーは逝ってしまった。






夕方・・・


他の犬と接触して、興奮した。







家の中に入って、顔が左右に小刻み揺れていた。

鼓動もかなり早かった。

しばらく、そばにいて撫でて落ち着かせ、鼓動も治ったからそれで済んだと思っていた。


それから数分後、私達のそばに走り寄ってきて・・・・


ひきつけたようにして、アッと言う間に息が絶えた。


たぶん・・・・

脳溢血のたぐいだろうな・・・・


10歳と8か月・・・・・







もう、こんな情景も見られないね・・・・







直接会ってラフィーを愛してくださったかた、ありがとうございました。

そして、ブログの中でラフィーを愛してくださったかたもありがとうございました。




わたしたちにとって、初めての犬でした。

わたしたちの心の中でいつまでも生き続けます・・・・・・・




ありがと。 ラフィー










二人暮らしランキング



コメント (4)