20年08月04日 スイカ

2020年08月04日 21時52分06秒 | Weblog

08月04日

今日は朝から曇天で蒸し暑く、雨が降りそうで降らない日でした。

なんか久しぶりの筋トレという感じでしたが、3日振りのトレーニングでした。筋肉が忘れてしまっていつものように出来ません。やはり年のせいも相当にあるようで、日一日と筋肉が目に見えて衰えて行くようです。

早朝朝ジュースにしようと思いトマトを収穫し、そのついでに菜園を巡回したときは何もなかったが、朝食後歯を磨きながら又菜園を見て歩いたらスイカが防鳥網と近かったためにカラスの嘴の長さに食われているを発見。にっくきカラスです。これで3個カラスにやられています。

ハウス内のスイカも食われているのではないかと思いよく見たらこちらは熟し過ぎて実割れを起こして、割ってみたら腐っていました。これは私の不覚でした。残念。

午後から水ナスの葉欠きです。風通しをよくするためと、台風の接近で枝を誘引しました。この葉欠きは意外と時間がかかりました。

 

01.スイカと防鳥網が近かったためにくちばしの長さに食われてしまったスイカ。

 

02.スイカの食われたところを取り除いて割ってみた。食べて見たらまだ若いと思うが十分に甘くて美味しいスイカであった。

 

03.ハウス内のスイカですが割れていたのが知らないで割ってみたら腐っていました。

 

04.マルナスの収穫。明日の漬物用。

 

05.水ナスの葉欠きをして風通しをよくしておく。この作業に相当の時間を費やす。散髪したようにすっきりしました。明日はこのナスの収穫しないと。

 

06.20年08月04日 毎日新聞 季語刻々

 

08月04日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「快調と不調は三寒四温に似」

 

スイカをカラスにやられたのは、コンチキショウで済むが、ハウス内の実割れしたスイカに気づかないのは私の不覚でした。でもカラスにやられたの初めてでした。来年からは対策を十分にしましょう。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

コメント

20年08月03日 ハクサイ植え付け、収穫

2020年08月04日 04時51分05秒 | Weblog

08月03日

今日、朝は晴れで段々曇りに、10時半俄雨直ぐに上がる。最高31.5℃。凄い暑く汗がだらだら流れて作業着が汗で濡れてくるし、喉は渇き冷たい水をごくごく飲む一日でした。

朝は、ササゲマメとニンジンの収穫。ササゲマメが沢山収穫出来満足。小手からも少しは出来そうな感じですがどうなるのか解りません。ニンジンは随時収穫出来ます。

サトイモの畝について師匠にお聞きしたらもっと土寄せが必要だ言うことで南側は砂で北側は枝豆がありますので籾殻堆肥を寄せ土の代わりにしました。これで大丈夫とおもいます。

ここまで終わったら10時半過ぎ俄雨が降ってきて作業昼間で休み。昼食を挟んで又再開。

それとハクサイの植え付け時期ですが今が丁度いい時期と、小林師匠に言われじか植えでやって見たらと言われ自身がありませんがやって見ました。種子が昨年のもので古いのでバックアップとして残りの種子をセルポットに25株植え付けています。

後キャベツもポットに植え付けたものが多きなってきたのでいつでも移植出来るように、溝畝で作る。

 

01.ササゲマメはこれで終わりかも知れません。それにしても凄い収穫でした。とニンジン収穫。ニンジンはこれからも順次収穫出来ます。

 

02.サトイモの土寄せ前。中野師匠にお聞きしたら畝の幅はもっとあった方がいいとの事で3度目の土寄せをしました。

 

03.サトイモの土寄せ後。凄い畝になりました。

 

04.頂いたネギは全部収穫。ご近所に裾分けしました。

 

05.ハクサイの畝は平畝として作りました。畝長8m、幅90cmで7.2㎡で、鶏糞堆肥をこの陽喜で3杯散布。

 

06.ハクサイ化成肥料640g散布。

 

07.堆肥、化成肥料散布後攪拌して畝を均す。後散水して植え付け穴を開けていく。条間50cm2条、株間50cm。

 

08.ハクサイ種子、CRオリンピアwお植え付けて行く。昨年の種子なので①穴4粒植え付けました。

 

09.植え付け後トンネルアーチを設置して、遮光ネットを南側に半分設置し、防虫網をかけて終了。

 

10.ハクサイの種子が古いので、バックアップとして25セルポットを作っておく。これで種子の使い切り。1ポット3から5粒。

 

11.芽欠きトマトも熟して収穫を迎えています。

 

12.キャベツの畝作りです。溝畝です。畝長7.8m幅30cm深さ30cmです。これに籾殻堆肥大型スコップで5杯と化成肥料350g散布しています。その上にカボチャに使った藁マルチを再利用しています。

 

13.東側の畝に西側の畝と同じく、籾殻堆肥と化成肥料までは同じですが、骨粉入り油粕を300g程入れています。最後にカボチャに使った藁を入れています。

 

14.覆土してキャベツ畝作り完了。2条植えです。

 

15.20年08月03日 毎日新聞 季語刻々

 

8月03日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「うまいなあただただうなる掲載句」

 

今日は忙しい1日で最後キャベツの溝畝には疲れてしましい、水は相当に飲んだが、塩分が不足していたのか軽い熱中症になったようです。作業着が汗で濡れてびしょびしょです。選択に回して今日は久しぶりに我が家の風呂で汗を流してさっぱりしてビールを飲んで今日のストレス解消。

明日からはナスの選定です。それと草取りが待っています。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年08月02日 ルーペの会 七倉山観察会

2020年08月02日 21時04分58秒 | Weblog

08月02日

今日は朝から蒸します。午後からも暑くなりました。手元の温度計は29.7℃を記録しています。

早朝はPC後朝食を取ってマルナスの収穫をして三五八漬けを作り後芽欠きトマトの1畝整枝と誘引と芽欠きをしていると佐藤さんが今日、ルーペの会の七倉山登山と、その植物の観察会に迎えに来てくれました。佐藤さんと私と後2名の方を乗せて集合場所である二ツ井の道の駅に集合。それから登山場所に移動して観察会の始まりです。総勢10名の参加です。今日もいろいろな草花が見られました。特にツチアケビは初めて見るもので感激でした。

 

01.ルーペの会で七倉山の登山と植物の観察会です。10人の参加でした。

 

02.登山道入り口に咲いていたキツリフネソウ。

 

03.ツチアケビの全草姿。名前は知っていますが、見たのは初めてような気がします。

 

04.ツチアケビの花。

 

05.ツチアケビの果実。

 

06.権現の岩屋。

 

07.ヤマジノホトトギス。

 

08.トチバニンジンの果実。

 

09.法華の岩屋。

 

10.クルマユリ。下は車状につく葉。

 

11.アブラチャンの果実。

 

12.ヤマユリ。

 

13.何の茸でしょうか?。

 

14.ハエドクソウと思いますが。

 

15.イチヤクソウ。

 

16.ノギラン。

 

17.ツルリンドウ。

 

18.蓑座展望台から望む東側。米代川の水が濁っている。下は西側で能代方面。

 

19.ハイイイヌガヤの果実。初めて見ました。

 

20.エゾ釣り場なの果実。

 

21.20年08月02日 毎日新聞 季語刻々

 

08月02日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「抜けた歯の大きさを知る舌の先」

 

今日は今年2回目の七座山登山でした。ルートは違います。でもいろいろな草花の観察が出来た事を幹事の木村さんに感謝です。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

20年08月01日 湿地帯の植物調査

2020年08月02日 04時14分02秒 | Weblog

08月01日 

今日は大雨注意報が出ていましたがこちらは雨が嘘の用の段々晴れて暑苦しくなってくる。南の由利方面は相当の雨が降っているようです。

今日は秋田の鈴木さんが湿地帯の植物を観察したいとのことで、こちらに来られて案内をしました。

佐藤さんと私です。その帰り別の湿地帯を調査した結果またいろいろな植物の観察が出来ました。

この湿地帯はいろいろなものがあり今後の調査の課題の一つに挙げられます。

午後からキュウリ、カボチャにうどん病防除の殺菌剤散布と、トマトがあっという間に大きくなり、芽欠き、整枝、玉選り等をやり、3時半からは散水です。

 

01.観察する秋田市の鈴木さんと、佐藤さんです。

 

02.ヘラオモダカの全景ですが、葉が水芭蕉のように大きい個体です。

 

03.ヘラオモダカの葉の表裏。私の長靴より大きい。

 

04.ヘラオモダカの花は枝を3(〜6)本ずつ数段輪生する、枝はさらに3本の小枝を輪生するか花柄を出す。萼片3、花弁3で白色〜淡い桃色。雄しべ6、雌しべは多数が1列環状に並ぶ。

 

05.カヤツリグサのハテなんでしょう。

 

06.カヤツリグサ科のアブラガヤ

 

07.ネナシカズラがツルを伸ばしてからもついている。なんに寄生しているのか解りませんでした。

 

08.ネナシカズラがあちこちに猛烈に絡みついている。下は花の写真です。

 

09.オトギリソウに花。

 

10.ヒメガマの群落。ほんと雄しべを落としていました。下はたった1本だけ、まだ雄しべがついており触ると沢山の花粉を蒔き散らかす。

 

11.今日採取したガマの種類。①はガマ。②はヒメガマ。③はモウコガマ。④の個体はヒメガマの個体と思われますがよく解りません。

 

12.2種の大小のミクリです。②の種名は解りません。

 

13.難の、カヤツリグサか解りません。後日調べて見ます。

 

14.20年08月01日 毎日新聞 季語刻々

 

08月01日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「土砂降りの言葉の雨が降ってきた」

 

今日は忙しかった。でもKさんが来てくれて又勉強になりました。感謝です。

もう夜はKさんのキュウリガッコ、Iさんから頂いたキンピラゴボウ、Nさんから頂いたビールで乾杯です。又我が家で収穫したトマト、スナックエンドウ、ささげ豆の野菜づくしの夕食で堪能。8時過ぎには爆睡でした。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

コメント

20年07月31日 スナックエンドウのツル棚撤去とカボチャ収穫

2020年08月01日 04時33分55秒 | Weblog

07月31日

気が付けば7月ももう終わりです。早いものです。もう来月は8月お盆です。

早朝はマルナスの漬け物。朝食をとりPC。8月1、2日と予定が入っておりトレーニングが出来ないため無理矢理に行き筋トレをしました。

昼食後調査ものを調べて13時半から昨日続きのスナックエンドウのツル棚を解体し撤去後マルチサポート+骨粉を散布して耕起して畝終い。雨が降っている割には畝は乾燥してさらさらしています。

後カボチャ(ダークホース)7株の収穫ですが、1株2本のツルで4個収穫するつもりでしたが20個の収穫でしたので1、1株3.5個の収穫で終了です。残りはバターナッツですが登熟は遅いようです。このお天気でウドンコ病の発生が出始めてきましたの対応しないと。

 

01.7月30日スナックエンドウの棚です。4月17日植付のスナックエンドウも終わりました。後片付けです。

 

02.今日全部撤去しました。

 

03.撤去後マルチサポートと骨粉を散布して、下の写真ように後記して畝終いをしました。

 

04.カボチャダークホース一株2本仕立てから4個のカボチャを収穫する予定でしたが、2個のもあれば4個のものもあり7株植え付けして20個の収穫でした。まずまずの出来でした。

 

05.カボチャの根は意外と弱く線状の根が長く放射状に伸びています。

 

 

06.20年07月31日 毎日新聞 季語刻々

 

07月31日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「酒飲めば治る病に罹りたい」

本当にこのような病があったならと思います。

 

7月はあっという間に過ぎましたが、この梅雨には参ってしまいました。昨年は干ばつでした。

梅雨と言っても意外と降雨量は少ないものでした。

ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、タマネギ、レタス、ササゲマメ」、スナックエンドウ、トマト、カボチャ、現在採れているオクラ、ピーマンにしてもまずまずの出来でした。これから又植えるものに期待をしていますが、タマネギの苗作りが下手なので工藤師匠にお願いしてありますが、工藤師匠も体調が悪いため何とか自分で作らないと駄目かも知れません。

ここまで忙しい日々でしたが、何とか体力が持っています。後ひと踏ん張りです。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

 

 

 

 

コメント

20年07月30日 収穫

2020年07月31日 06時02分54秒 | Weblog

07月30日

今日久しぶりの晴れですが、薄曇りの晴れで特に午後からは蒸し暑い。

早朝は枝豆の株を引き抜いて妹の孫達にサヤを獲れるように段取りして、ササゲマメとスナックエンドウの収穫をして孫達のお土産にする。

AMは父が具合が悪いとの事で医者の順番に走ったり、付き添いと送り迎えと何かと忙しかった。何とか父も少し痛みから回復して事なきを得、薬の変更、又CT、大腸の予約等をしたらAMは何も出来ず。

昼食後昼寝しPCで調べ物をしたらもう2時。直ぐにスナックエンドウの片付けに入るが、株を片付けただけでタイムアップ。後散水に1時間半も掛かる。

 

01.昨日と同じく枝豆の収穫。マメの取り外しは妹夫婦の孫達がやり記録に残す事は出来ませんでした。

 

02.左ササゲマメ、右スナックエンドウを沢山収穫

 

03.マルナス4kg収穫。これは明日漬け物にします。

 

04.トマトも沢山収穫。

 

05.4月17日植付のスナックエンドウも終わりました。後片付けです。

 

06.20年07月30日 毎日新聞 季語刻々

 

07月30日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「口に出せばけんかになると鍋磨く」

 

地元紙北羽新報に掲載されていた、7月投句抄 能代川柳社

私の菜園の師匠、小林一平さんの句です・

1.「見たかった芭蕉真澄の足の裏」

2.「変えるなら西OBが能代工」

3.「鼻眼鏡して北羽紙の訃報欄」

同期生の高柳千枝子さんの句です。

1.「別々の気持ちで同じバスに乗る」

2.「難題も面白がるとうまくいく」

3.「軸足をそらし詭弁が見えてくる」

 

今日も忙しい一日でした。妹夫婦の子供達も新鮮な野菜をもって帰りました。孫達の声が聞こえなくなり寂しい。

「黒い雨」勝訴よかった。

それと「幻肢痛(げんしつう)」実在の手足を意識し痛み改善とありました。幻肢(失われた手足)を動かそうとすると脳信号が強まると痛みが悪化する一方・・・・云々とあり痛みが緩和されたという記事がありました。よかったです。毎日新聞より。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年07月29日 スイカ

2020年07月29日 22時47分39秒 | Weblog

07月29日

朝5時前雲の切れ間から朝日後曇り寒い。段々回復し蒸し暑くなってくる。

今日はこのブログを始めてから45万人の方々のご訪問を頂き感謝申し上げます

皆様に支えられてここまで来ることができました。

今後とも同じようなブログ内容で申し訳ありませんが日々の投稿を続けて行きたいと思っていますので宜しくお願い申し上げます。

 

01.朝4時57分雲の切れ間から朝日が一瞬の輝き。水位は曇り。

 

02.サトイモ株間にボカシ肥と畦にオール15を追肥し寄せ土。

 

03.寄せ土後サトイモに藁マルチを施す。

 

04.枝豆秘伝に追肥。株間にサンアグロ、畦にオール8を追肥し後寄せ土。

 

05.押切をセットしております。これからの終了した野菜の茎を小さく刻んで堆肥化するためです。

 

06.カボチャの芽欠き。一寸の間にこれだけの脇目が出ている。葉はウドンコ病に犯されているのでビニール袋に入れて処分の予定です。

 

07.我が家の庭に咲いていたアルセアダブル(宿根草)

 

08.アルセアダブルの花はきれいです。

 

09.先日収穫した15kg強のスイカを割ってみましたが、完熟ではありませんでしたがそれなりに美味しかった。妹夫婦に半分あげる。

 

10.20年07月29日 毎日新聞 季語刻々

 

07月27日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「人の名を忘れてたどる五十音」

これは私もよくやっていますが、段々認知症になっていくのがよく解ります。

 

今後とも何とかブログを継続投稿して行きたいと思っていますので、覗いて見て下るようにお願い申し上げます<(_ _*)> アリガトォゴザイマス。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年07月28日 枝豆収穫

2020年07月28日 20時37分52秒 | Weblog

07月28日

今日はAMは降ったり止んだりのお天気。PMは曇り時々小糠雨が降る一日でした。

AMは早朝は朝寝しましたが、グッスリ眠りました。後はトレーニングです。昨日の久しぶりの筋トレで、今日は筋肉痛で軽めのトレーニングになりました。

午後はPCのバックアップの件でPC屋さんに行く。これでよく解りました。

帰ってきて枝豆の収穫ですが、5月4日植付の枝豆札幌みどり385株植え付けしましたが、生育状況が悪く150株しか生育しませんでした。今日はこの150株のうちの半分を収穫でしたが、いろいろな心配しましたが何とか、ある程度の収穫が出来ました。夕食にビールのつまみに頂きましたが新鮮で美味しい枝豆でした。感謝です。

01.4月30日植え付けした枝豆収穫。何株でもありませんが収穫しました。妹夫婦の子供達とその子供達であっという間に枝豆を収穫してくれました。

 

02.ダシ一杯収穫出来ました。

 

03.7月10日植付の、キャベツが直ぐに大きくなりましたので1ポット2本から1本に間引きしました。

 

04.20年07月28日 毎日新聞 季語刻々

 

07月28日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「置く場所で人も植木も生き返る」

 

背の肩甲骨のヶ所が痛いというか重たい感じがする。この違和感はなんでしょうか?。

今日Kさんが来て頂きカボチャの収穫時期を教わる。感謝でした。この悪天によりもウドンコ病の進行には辟易しています。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

20年07月27日 梅雨

2020年07月27日 22時16分33秒 | Weblog

07月27日

深夜の雷雨に気づきませんでした。爆睡で何も解らず。友人の話では相当の雨量が降ったようです。

それにしてもよく続く梅雨空です。いつになったら梅雨が明けるんでしょうか。天気予報を見ても晴れマークは見当たりません。

今日AMは雨で久しぶり、約1週間振りの筋トレで背中の肩甲骨周辺が夕方から痛み出し湿布薬を貼る。

PMはPCのプログラムの変更でなんかおかしくなりPC屋さんに行き教えて頂くが忘れ物と、聞き忘れたことがあって再度行くが担当者が出てしまって待つがタイムアップで戻りました。PMは殆どこの事に時間を取られ大変でした。明日も午後一番で予約を入れておきました。

 

今日は朝の雨でサトイモの葉に雨水が沢山貯まっていた。

 

20年07月27日 毎日新聞 季語刻々

 

07月27日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「手を洗う姿祈りのように見え」

 

早く青空がみたいし、登山にmおも行きたいし。人間て自分勝手だと思うが・・・(゚ペ)?。

今日はもったいない時間をつやしてしまった感じがする。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

コメント

20年07月26日 モウコガマ(ガマ科)

2020年07月26日 21時43分24秒 | Weblog

07月26日

今日は早朝は曇りから一時小雨後曇りで昼過ぎから急激にお天気が回復してくるが湿気が凄く蒸して鮎苦しい。黙っていても汗がだらだら流れて来るし、夜も蒸す。とてもエアーコンがなければ・・・・。

朝6時半にモウコガマの調査に行くがバイクで行ったのが悪かった。行く途中に雨が降ってくる。急遽合羽を着て又前進。調査現場に着きまず南側を刈り払いしながら見て行くがNGでした。

佐藤さんに連絡をその旨を伝えたら来てくれる事になってまず調査位置をきちんと決めることにして何度も繰り返して歩き、ここだというところwお定めて再度刈り払いしながら進む。朝がだらだら流れて長靴の中まで汗が流れてジャブジャブの常態。そうすると佐藤さんがあったと言う叫びが聞こえる。私は刈り払いで夢中で下ばかり見ていました。ようやく見つける事が出来ました。佐藤さんに感謝です。ただひたすらよかった。よかった帰りは佐藤さんの車に道具を積んで頂き感謝です。

自宅に戻り濡れた衣服を脱ぎシャワーを浴びて昼食をしましたが、流石に疲れ果て昼寝はグッスリでした。後はナス、スイカの収穫ですが、長谷川師匠に来て頂き見て頂きました。長谷川師匠もスイカの熟す程度の判定は難しいとの事。ツルの枯れたのを3個収穫して見ました。その中の1個を割ってみましたがまだ若い感じがしました。

 

01.モウコガマ群生。

 

02.モウコガマ。残念ながら下の雌しべだけが残り上部につく小柴は全部落ちていました。来年はもっと早く観察したいと思っています。

 

03.モウコガマと一緒の所に群生していたジョウロウスゲと思われるものです。

 

04.オモダカを急行中の田んぼで見つけました。

 

05.マルナス4kg収穫。これで美味しい漬け物が出来ます。

 

06.スイカ収穫。大きいもので15kgもありました。その他2個の大玉スイカを収穫。割った写真はありませんがまだ早かったようです。でも美味しかったですよ。

 

07.20年07月26日 毎日新聞 季語刻々

 

07月26日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「結局はみんな何かの依存症」 

                   「いろいろあるけれど生きた方がいい」

 

今日は疲れたのと、モウコガマを見つけられた安堵感で気持ちよい一日でした。佐藤さんに感謝です。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年07月25日 主にトマトの管理

2020年07月25日 22時14分40秒 | Weblog

07月25日

朝4時半起床するが今日のお天気は曇り。

朝食後PCでブログ編集投稿。

マルナスの蒸かし漬けの取り上げし冷凍庫に保存。一寸甘く出来ました。いつも味自慢の三五八ではないので味の調整がっで来ませんでした。

キュウリ、カボチャを見たらウドンコ病に冒されていて、葉を取っていいもの撤去しトップジンを散布する。

トマトの芽欠きと整枝、実選り、誘引、収穫これに時間か掛かります。昼食を挟んで午後まで続きます。

明日のモウコガマ調査の刈り払いの段取りをする。

ササゲマメの取り残しがありましたので頃収穫。

ハウス内の散水と今日の作業終了。これでトレーニング相当休み。明日も行けないような気がする。

 

01.キュウリ、カボチャがウドンコ病にかかりトップジン散布。

 

02.トマト整枝、芽欠き、実選り、誘引、収穫をしました。

芽欠きトマトが5段まで果実を付けそうです。付け欲しい。

 

03.20年07月25日 毎日新聞 季語刻々

 

07月25日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「掲載句感心するが句は出来ず」

 

この連休で県外NOの車が急に増えました。コロナ大丈夫でしょうか?。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

コメント

20年07月24日 ジャガイモ収穫し畝終い

2020年07月25日 04時38分13秒 | Weblog

07月24日

今日は晴れの予報でしたが9時迄雨。後は晴れて来る。23日収穫 したジャガイモにシートをかけていたのが正解でした。

朝は朝食後久しぶりの朝寝。よく寝ました。

後「22日調査したモウコガマ」の再調査です。秋田から鈴木さんと佐藤さんと、私の3人ですが今日の藪の南側を調査しましたが大変です。イタチハギの藪の藪に遮られて周囲が全く見えません。

残念ながら探すことが出来ませんでした。それで戦略を練り直して、まず刈り払い機で道路を作り、脚立を持って行きそれに調べて見る事にしました。それは私の暇なときにしました。

それと鈴木さんの案内で「ヌカイトナデシコ」を見ましたが、血目草のように小さくてよく目をこらして見なければ見つからないような花でした。でも初めて見ました。鈴木さんに感謝です。

自宅に戻ったら1時でした。直ぐ昼食をしませ、この天気のいいときにと思いジャガイモを片付け、我が家と親戚の食べるものは倉庫の中に入れて。後は14人の方に裾分けですが、分けるのも大変ですが、配るのも大変。でも皆さんの喜ぶ顔が嬉しい。

 

01。ヌカイトナデシコ全景。

 

02.ヌカイトナデシコ2

 

02-1.私のカメラではここまで。

 

03.お友達に裾分け。

 

04.我が家の1年分のジャガイモ確保。倉庫に保管。

 

05.ジャガイモ畑にマルチサポート、骨粉を耕起して畝終い。この跡地にダイコンを植える予定です。

 

06.21日漬けたマルナス。私が切ったので不揃い。甘く出来たが昔作っていた味がよみがえる。

 

07.20年07月24日 毎日新聞 季語刻々

 

07月24日  毎日新聞仲畑流万能川柳 「思索には哲学書よりワンカップ」

 

 

今日は疲れ果て8時過ぎには寝てしまいました。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年07月23日 ジャガイモ収穫

2020年07月23日 21時00分43秒 | Weblog

07月23日

今日はAMは曇りですが段々に晴れて来る。

朝5時に菜園を巡回して見たら小玉スイカが2個被害にあっている。長谷川師匠にお聞きしたらカラスにやれていたらしい。それにしてもどうしてカラスが来るのか理解出来ません。菜園には防鳥対策として、上空にテグスを張り巡らしております。どうもテグスが古くなって効果が発揮出来ないようです、はっきりした原因はよく解りませんがスイカの畝に防鳥ネットをかける事に。でもあるグリーンネットだけでは不足で、ネットを購入するのも・・・・と思い、防虫ネットが沢山あるのでこれを利用してなんとか対応しました。

それとキャベツのポット苗も大きくなってきたので1ポット2本に間引きする。

昼食後直ぐにヌカイトナデシコの調査に行くがある場所がよく解りません。ただの虫取りナデシコのようですが場所が間違っているかも知れません。

後13時40分からジャガイモの収穫ですが、昨年とは雲泥の違いで今年のジャガイモは不作でした。原因は不明です。ただ昨年は異常干ばつでお天気がよかった。今年はその逆でした。そして風が強く寒い日が続きました。これが原因かと思われますがお隣の中野師匠は肥料の不足が関係しているのではないかとの事。

本当に中々難しいものです。

 

01.小玉スイカがカラスに2個。食われていました。それにしても上手に食べるものです。被害にあったのは21日だと思います。それにしても上空にはテグスを張っていたのにカラスが来るとは。

 

02.スイカの畝を、現在自宅にあるネットを利用して防鳥対策をしました。グリーンネットと防鳥ネットを併用して対策を施しました。長谷川師匠に見て頂いたらこれでOKとのこと。

 

03.少量の農薬を散布するために住友化学ベニカ水溶剤購入。

 

04.7月10日植付のキャベツの間引きをして1ポッと2株にしました。後に1株に間引きします。

 

05.ジャガイモ、メークイン2畝と、ダンシャク6畝収穫。10株程残したのは、妹の孫が来るので、この孫達に掘らせるため残しておきました。

 

06.メークイン収穫。昨年と比較する雲泥の差です。今年のは不作でした。下の写真ように種ジャガイモだけが大きくなるのは何故だか理由が解りません。

 

07.メークインとダンシャク収穫ですが今年は不作です。大きいものは獲れませんでした。

 

08.20年07月23日 毎日新聞 季語刻々

 

07月23日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「主治医よりあれこれ指示する薬剤師」

 

収穫後5時過ぎからパラパラ雨が降ってくる。急遽ビニールシートをかけるが直ぐに止んだようです。明日早朝撤去しておかないと。

それにしても今年の天候は昨年と真逆のお天気で梅雨が明けません。これでは野菜のなりも悪いのがうなずけます。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

 

コメント

20年07月22日 モウコガマ

2020年07月22日 16時07分10秒 | Weblog

07月22日

今日のお天気は曇天ですが、時折小雨が降る一日でした。

定例のシダの会で十二湖の植物の観察の日でしたがあいにくのお天気で中止。

急に能代市の海岸跡地に鉱滓処分場があるんですがここに「モウコガマ」があると言うことが鈴木さんからのメールで知り、今日佐藤さんにお願いして一緒に探しに行くことにしました。

佐藤さんが見た時と今の状況ではまるで違いあると思われる所の2号鉱滓地はイタチハギ等の木本類で視界が遮られ双眼鏡で見ても完全には観察出来ず。このため鉱滓後地に下りて探すが、背丈の倍以上のイタチハギの藪だらけ。

漕いで歩くと木々についている水滴が雨のように降ってくる。合羽を着ているが、霧雨状の雨が身体を濡らす。平地になると今度は湿地帯と背丈以上のヨシに取り囲まれる。この中を泳ぐようにして歩き回りようやくガマを見つける。これを頼りにして北側に進むとヒメガマらしきものと出会う。モウコガマを今日は見つける事が出来ませんでした。残念です。又秋に挑戦です。

今日はここまででこのような藪漕ぎは羽後朝日岳以来の出来事でした。

 

01.2号鉱滓地の湿地の藪の中で咲いていたミソハギ。

 

02.2号鉱滓地のガマ。

 

03.2号鉱滓地コガマと下はヒメガマ?。同じところにありました。訂正:コガマとあるのはヒメガマです。

 

04.1号鉱滓地にあったヒメガマ。

 

05.20年07月22日 毎日新聞 季語刻々

 

07月22日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「おもろい句よりも気になる解らん句」

 

今日は黙っていても物凄い蒸す。

ハヤブサ2は凄いですね。リュウグウの試料入のカプセルを地球に届けた後、約10年かけて新たな小惑星探査に向かうと新聞記事にありましたが凄い事ですね。それこそ頑張って下さいと言いたいです。10年後に私は生きているとは思いませんが何とかこのニュースを聞きたいもんですね。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

コメント

20年07月21日 ナスの蒸かし漬け

2020年07月21日 22時03分04秒 | Weblog

07月21日

朝から薄曇りでしたが時折日差しが強く差し込むときもあったが段々曇り空になっていき、等々2時半頃から雨が降り出してくる。タイミングがいい雨でした。これです少しは土に浸透して欲しいと願うがどの程度の雨量が降ってくれるのか。

今日はどうしてやっておきたい事があってトレーニングを休んで、薬剤散布をおこいないました。

その前にトマト、ナスの収穫をして、カボチャの芽欠き、スイカの授粉ももう終わりだと思っています。これから授粉しても果実の肥大は望めないと思います。

1、オクラ、ピーマンにベニカベジフルスプレーを散布して主にアブラムシ駆除散布。

2.トマトはオオタバコガ防除、枝豆登熟期に入っているのでヨトウムシの防御でフェニックスを散布。

3.枝豆遅植えの秘伝にアブラムシ他の害虫対策と殺菌対策としてダコニール1000+オルトランを散布しました。

4.我が家の庭の雑草は取りきれないので除草剤ビジェマスターを散布しています。

やり置いてよかったです。これからの天気予報を見ると梅雨のような状態です。とりあえずの防御はしておきました。

午後からは収穫したマルナスの漬け物作りです。しばらくぶり作りましたので美味く行くかどうか心配ですが・・・・?。

 

01.トマトとマルナス収穫。

 

02.マルナスの蒸かし漬け。マルナス2kgザラメ500g、塩5g、お酒1合強、ミョウバン少々、三五八500g入れてよく練り混ぜながら揉みます。

 

03.よく根に混ぜしたのを樽に漬け込み重しを結構かけて漬けます。樽の移動の時に樽の縁が壊れてしまった。

 

04.20年07月21日 毎日新聞 季語刻々

 

07月21日 毎日新聞仲畑流万能川柳 「もう死にそ口癖の人死にません」

 

コロナと水害にと戦って方々にお見舞い申し上げます。

水害の行方不明者早く見つかって欲しい。又後片付け大変ですが何とか頑張って下さい。

 

誤字脱字がありましたらご容赦を。

 

 

コメント