房住山 409.2m 滝ノ上コース 総里程7.0km 単独 12年11月25日

2012年11月25日 16時18分59秒 | Weblog

天気予報を見たら今日は曇から晴れマークと言うことで久しぶりの登山です。

房住山は前に一度井戸下田コースに行っているので、今回は1番から頂上までの観音像を見てみたいと思い房住山に決めて、自宅を8時過ぎに出てぼうじゅ館で資料を頂き、登山口に着いたのが9時ちょっと前で、準備して先に1番の観音像を拝みに行きます。今日は登山道がヤバチネ(道が泥濘化とか悪道の意味です)と思いスパイク長靴で登山です。1番の観音像は登山口の反対側にあります。立ち入り禁止になっていますが、構わず写真撮影と参拝礼して降りてきて、いよいよ滝ノ上コースに挑戦です。4番観音像まで急登が続く。意外ときついコースです。汗ダラダラ。天然杉とブナの巨木は素晴らしい。9時48分天下森分岐に着。

これから天下森に向かい天下森の如意輪観音に拝礼してヒノキアスナロを記録して又分岐まで戻ります。

尾根を歩きますが耳が冷たくて耳当てをしてあるきます。昨日の睡眠不足で足が重たくて前に進みません。井戸下田と滝ノ上分岐にでます。これを右に進み台倉ノ坂に着き、回り道でなく直登コースを登る。7分かかる。これからは急登がなく頂上に着きますが、頂上で避難小屋展望台を修理して5人の人たちに出会いました。感謝です。

景色は日本海と雪を頂いた白神岳、南には太平山東には森吉山は雲の中でした。

景色を堪能後、昼食にはまだ早いがお湯を沸かしラーメンを煮込んで食べる。この美味しい事。私の定番(最近から持ち歩くようにしています)サッポロ一番味噌ラーメンです。これに卵1個入れて食べると最高の味になります。

昼食も終わり後は帰るだけですが、今度来るときは金山林道登山口の33番観音像まで拝礼に行きたいと思っています。それにしても登山道に枯れ葉が積もりよく滑る。でもスパイク長靴で正解でした。

すべての観音像に拝礼して気分がさわやか。転びもしないで無事下山。これも拝礼のおかげか。

ありがとう御座います。帰りは登山口の近くにある扇滝を見て帰りました。小さいけれど趣のある滝です。

 

滝ノ上コース登り3.5km登山時間。

登山口9時10分から天下森分岐9時48分(38分)~井戸下田と滝ノ上分岐10時01分(13分)~台倉ノ坂10時10分(9分)~房住山頂上10時41分(31分)。登り総時間1時間31分(但し天下森往復時間と着替え他10分含む)。

昼食休憩10時41分~11時27分(46分)。

下山時間

下山開始11時27分~台倉ノ坂11時54分(27分)~井戸下田と滝ノ上分岐12時00分(6分)~登山口着12時30分(30分)下山時間休憩なし1時間03分。 

登山総時間3時間20分

 

01.12年11月25日 房住山登山図

 

02.12年11月25日 房住山案内図

 

03.12年11月25日 房住山の見所

 

04.12年11月25日 房住山 滝ノ上コース登山口 観音橋の標識が目的地です。

 

05.12年11月25日 房住山 滝ノ上コース登山口標識。

 

06.12年11月25日 房住山 1番の観音像あるところです。登山口の反対側にあります。

 

07.12年11月25日 房住山 1番観音像 如意輪観音。

 

08.12年11月25日 房住山 天下森分岐。

 

09.12年11月25日 房住山 天下森標識。

 

10.12年11月25日 房住山 天下森頂上にある7番如意輪観音。

 

11.12年11月25日 房住山 観音像の後ろにあるのがヒノキアスナロ。

 

12.12年11月25日 房住山 ブナの大木。凄い枝です。

 

13.12年11月25日 房住山 井戸下田と滝ノ上分岐表示板。

 

14.12年11月25日 房住山 井戸下田と滝ノ上分岐

 

15.12年11月25日 房住山 台倉ノ坂表示板。

 

16.12年11月25日 房住山 台倉ノ坂、通称ババ落としの坂。本当に急です。

 

17.12年11月25日 房住山 何の木かは知りませんが凄い枝です。

 

18.12年11月25日 房住山 枝を支えているこの力こぶを見よ。アリナスに来る誰かさんみたいです。

 

19.12年11月25日 房住山 房住山頂上が見てきた。誰か屋上にいるようです。

 

20.12年11月25日 房住山 頂上にある21番観音で終了。

 

21.12年11月25日 房住山 頂上の三角点。

 

22.12年11月25日 房住山 山小屋で修理作業している人たち。感謝です。

 

23.12年11月25日 房住山 頂上から見る白神岳。Nさんが登っているかも?。

 

24.12年11月25日 房住山 森吉山は雲の中。残念。

 

25.12年11月25日 房住山 太平山方面。

 

26.12年11月25日 房住山 能代市方面の火力発電所。

 

27.12年11月25日 房住山 白神岳をバックに記念写真。

 

28.12年11月25日 房住山 天然杉とブナの大木のコラボ。

 

29.12年11月25日 房住山 杉の大木の枝の凄いこと。

 

30.12年11月25日 房住山 帰りに寄った扇滝の吊り橋。

 

31.12年11月25日 房住山 扇滝。小さいが心が安まる滝でした。

 

お終い。

ショウスケさんのHP

 

コメント

白神岳 1232.0m 蟶山コース往復 里程13.0km 単独 12年11月16日

2012年11月17日 07時04分24秒 | Weblog

今日は月一の白神岳の登山です。今月で7回目(累計17回)になります。

中々お天気の具合がよくないようなので曇でもしょうがないと思いながら行きました。今日は夜中ら雨で心配でしたが何とか雨だけは止みました。

駐車場に着いたら見覚えのある車が停まっていました。記帳所で見たらやはりショウスケさんでした。20分も前に出ていました。その先に岩崎のガイドさんが先を行っているようでした。

国道から見る白神岳は雪をかぶっており頂上は見えません。準備をして記帳をすませ登山開始です。

今日は二股コースだと雪が笹に覆い被さって濡れてしまうだろうと思い蟶山コースを選択しました。

蟶山二股分岐を過ぎて最後水場に向かう途中で汗がダラダラ流れて暑い。最後の水場で力水を頂き、これから蟶山分岐までの急登です。ブナ帯を過ぎて蟶山分岐あたりから雪が積もっています。この急登をクリアーして緩い登りになります。

そして最後の急登が大峰分岐迄続きます。段々雪が深くなってきます。10~15cm位はある感じでした。

ガイドさんの踏み跡があるのでいくらかは歩きやすいが、喘ぎながら最後急登を何とか登り切り大峰分岐にでます。後は頂上までなだらかですが雪庇状態になっており膝上まで雪が積もっているいるところもあり、ガイドさんのラッセルがあり本当に助かりました。

山小屋に着くとガイドさんと女性でそのお仲間のようです。の2人しかおりませんでした。ショウスケさんがおりません。ショウスケさんは二股ルートで登っていると初めて気がつきました。この雪の中、二股を登っていると思いもよりませんでした。

頂上に登りますが眺望は雲に覆われて駄目です。向白神岳も見えません。すぐに山小屋に引き返しガイドさん達と一緒に昼食です。パン1枚とソーセージを1本食べただけです。食欲がない。それよりも汗で手袋が冷たく、手が凍傷にかかったような状態になりました。

そしてガイドさん達と一緒に下山することにして準備をしていたら、ショウスケさん来て二股コースは大変であった事を話しておりました。とにかく手が冷たくて大変です。換えの手袋を持って来ればよかったと悔やんでみてもショウがありません。

ショウスケさんを残してガイドさん夫婦と私の3人でひたすら降りるのみです。今日は幸いなことに頂上と稜線上に風がなく体感温度的にはそんなに寒くはありませんでした。

ただ最後水場あたりから小雨になり、段々本降りになってきまして、急ぐに急いで下山しましたが駐車場に着いたら晴れました。ショウスケさんがすぐに降りてきて笑い話でした。

ショウスケさんのHPはこちら

ナリユキさんのHPはこちら

11月の月一の白神岳登山も終わりました。12月は天候次第です。

登山時間についてはガイドブックを参考にしてください。

登り時間:登山口8時55分出発~蟶山二股分岐9時17分(22分)~最後の水場9時41分(24分)~蟶山分岐10時07分(26分)~最後急登ポール10時44分(37分)~大峰分岐11時12分(28分)~白神岳頂上11時25分(13分)。登り総時間休憩なし 2時間30分。

昼食休憩避難小屋で 11時25分~11時45分(20分の休憩)。

下山時間 避難小屋11時45分~登山口着13時30分(下り休憩なし 1時間45分)

登山総時間 4時間35分でした。大変急いだ登山になりました。

 

01.12年11月16日 白神岳 県境近くにいつもいる猿さんです。地元の人はやっかいもののようです。

 

02.12年11月16日 白神岳 白神川河口付近からの白神岳は雲があり頂上が見えません。又雪が結構あるように見えます。

 

03.12年11月16日 白神岳 駐車場に私の車を入れて3台だけでした。

 

04.12年11月16日 白神岳 いつもの登山口。

 

05.12年11月16日 白神岳 蟶山二股分岐。

 

06.12年11月16日 白神岳 最後の水場で給水。

 

07.12年11月16日 白神岳 最後の水場のところにある標柱。

 

08.12年11月16日 白神岳 ブナ帯のところの踏み跡。ガイドさんショウスケさんのものと思われる。

 

09.12年11月16日 白神岳 蟶山分岐標柱。

 

10.12年11月16日 白神岳 この標柱から大峰分岐まで急登が続く。

 

11.12年11月16日 白神岳 ブナの木々に積もった雪。

 

12.12年11月16日 白神岳 眺望が利く高台まで来ました。西側のお天気は青空。岩木山方面。白神岳はNG。

 

13.12年11月16日 白神岳 大峰分岐にたどり着きました。きつかったし又汗がダラダラで手袋も湿気で冷たい。

 

14.12年11月16日 白神岳 山頂。雪が15cm位積もっていました。

 

15.12年11月16日 白神岳 山頂の三角点。

 

16.12年11月16日 白神岳 山頂から見る避難小屋とトイレ。向白神岳が全く見えないし岩木山も見えない。

 

17.12年11月16日 白神岳 昼食して帰ろうかと思っていたところショウスケさんが二股から登って避難小屋に到着し2ショット。

 

18.12年11月16日 白神岳 きれいな雪景色。

 

19.12年11月16日 白神岳 山頂付近の雪。

 

20.12年11月16日 白神岳 能代市側を望む。

 

無事下山。感謝です。

 

 

 

 

 

 

コメント (5)

森吉山 様田コース~松倉コース 1454.3M 総里程 13.4km 単独 12年11月11日

2012年11月14日 07時11分04秒 | Weblog

今日11月11日は妻を秋田北空港に送った後森吉山の登山に行くことに決めました。

久しぶりのお天気ですが、それれも午後からお天気が悪くなる予報です。早めに登って眺望を楽しもうと思いました。様田コースのコメツガ山荘に着いたのが10半でした。ここまでの紅葉はまだきれいでした。

準備して見たらあれも忘れ、これも忘れで、これも妻の車で行ったせいかもしれません。ただ冬登山の準備だけは全部ありましたのでOKです。

11時丁度にスタートです。最初のポールに頂上まで5.8kmの記載があり、各ポイントの里程をたすと5.4kmにしかなりませんがどこかで見落としたのかもしれません。

スキー場を歩きながら残りの紅葉を楽しもうと思いましたが全部が散ってしまって駄目でした。スキー場を過ぎると、やや急登が一の腰まで続きます。一の腰ではお天気も晴れていて岩木山、岩手山、八幡平、白神岳が見えました。これから段々お天気が悪くなってきました。

先を急いで何とか頂上まで12時半につきたいと思いましたが、12時45分に頂上に着きました。頂上付近には雪の降った後があり風が強く寒い。とてもここでは昼食もとられない。

眺望は秋田駒ヶ岳、乳頭方面、田沢湖、太平山、岩木山白神岳位でした。後は雲に隠れて見えませんでした。

ここに鷹巣から来たおじいさんがいて一緒に神社まで降りて昼食です。

ここに神社と避難小屋の冬ごもりの囲いと山荘の掃除をしていた森川さんという方がおられましていろいろお話していましたらナリユキさんを知っておられました。

昼食後森川さんとご一緒に下山して勘助道~松倉コースを教えていただき途中まで案内していただきました。森川さんは登山道に点検等で途中で別れ単独で下山です。

松倉コースの登山道は広くて歩きやすい。ただ松倉登山道口からコメツガ山荘迄2km位林道を歩きます。これが辛い。でも30分弱です。コメツガ山荘駐車場に着きましたら私の車と森川さんの車の2台だけでした。

駐車場についたら霰が降ってきて早々に退散です。今日も無事終了することができました。これも森吉神社に安全祈願したおかげと思っております。

又冬にモンスター(樹氷)を見に来たいと思います。

 

登山時間

登り:様田コース5.4km。登山時間1時間45分休憩なしの時間です。

下山は勘助道~松倉コース8km(登山口から頂上まで6km+林道歩き約2km)下山時間1時間51分。

休憩45分(頂上で休憩15分。昼食休憩30分)総登山時間4時間31分でした。

登山時間に関してはガイドブックを参考にして下さるように御願い致します。

 

01.12年11月11日 森吉山ルート

 

02.12年11月10日 森吉山 コメツガ山荘登山口。車は7台ほど駐車していました。私が最後の登山者みたいです。

 

03.12年11月10日 森吉山 コメツガ山荘登山口ポール5.8kmの表示。

 

04.12年11月10日 森吉山 登山道に霜。やはり相当に冷え込んでいるようです。

 

05.12年11月10日 森吉山 一の腰頂上。ベンチがある。

 

06.12年11月10日 森吉山 一の腰頂上ポール1264.5m。

 

07.12年11月10日 森吉山 一の腰三角点。

 

08.12年11月10日 森吉山 一の腰から見る岩木山

 

09.12年11月10日 森吉山 一の腰から見る岩手山の真っ白な冠雪。

 

10.12年11月10日 森吉山 一の腰から見る白神岳方面。

 

11.12年11月10日 森吉山 一の腰から」見る大館樹海ドームと八幡平方面。

 

12.12年11月10日 森吉山 森吉神社と避難小屋。段々雲行きがおかしくなってくる。

 

13.12年11月10日 森吉山 森吉神社の後ろにある冠岩。

 

14.12年11月10日 森吉山 阿仁避難小屋。

 

15.12年11月10日 森吉山 ケルン。これがひとつの目安。これから頂上までやや急登が続きます。

 

16.12年11月10日 森吉山 山頂ポール。山頂には今日雪が降ったのがまだ残っていました。これかすぐに冬模様です。

 

17.12年11月10日 森吉山 山頂一等三角点。

 

18.12年11月10日 森吉山 山頂ポール1454m。

 

19.12年11月10日 森吉山 頂上。鷹巣から来たというおじさんが一人おりました。ここで2人でいろいろお話を伺う。それにしても風が強く寒い。昼食は無理と判断して森吉神社避難小屋まで早々に戻る。今日降った雪。

 

20.12年11月10日 森吉山 山頂から見える秋田駒ヶ岳と田沢湖。

 

21.12年11月10日 森吉山 松倉コース途中にある有一の垢離取場の湧き水場所。

 

22.12年11月10日 森吉山 松倉コース途中にある有一の垢離取場の湧き水場所でここの水は僅かにししみ出ているようなところですがこの水は美味しかった。

 

23.12年11月10日 森吉山 松倉コース登山口に無事下山。これからコメツガ山草に向かって2km林道を歩く。

 

24.12年11月10日 森吉山 松倉コース登山口。

 

25.12年11月10日 森吉山 林道途中の美しい渓流。

 

今日も無事終了することができました。

 

 

 

 

コメント

12年11月06日 風の松原ボランテア作業参加募集

2012年11月01日 07時50分49秒 | Weblog

風の松原のボランテア作業のお知らせ

 

12年11月06日下記の通り行われます。

会員以外の方々でも構いませんので是参加してくださるように御願い致します。

年々参加者が少なくなっており作業も捗りません。宜しく御願い申し上げます。

当日は林床改良(白砂青松)作業です。汚れてもいい服装で来てくださるようにお願い致します。尚軍手等道具はこちらで用意してありますので手ぶらで来ていただいて結構です。

 

12年05月10日 風の松原 林床改良(白砂青松)作業。30名の人ですが木々に隠れて見えません。

 

12年05月10日 風の松原 林床改良(白砂青松)後の林床。

 

12年05月10日 風の松原 林床改良(白砂青松)採れた松露ですがまだまだありました。これも林床改良(白砂青松)した環境の変化だとおもっております。

 

特に事務局に連絡しなくても直接来ていただいても結構です。

宜しくご協力を、お願い致します。

 

コメント