逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

極限まで劣化した日本 ステージ4酷暑殺人五輪

2021年07月24日 | 社会

パンデミックの恐怖テレビゲーム「バイオハザード」1の終盤。ウイルスに感染し脳味噌が腐って一切の判断力がないゾンビの群れが暴れまわり次々とビル群が炎上。封鎖されて都市崩壊が拡大する末期的ラクーンシティ(世界征服を企む巨大バイオ企業アンブレラ社の秘密基地である洋館から地下研究所へ向かうが、Tウイルスが蔓延して地上のラクーンシティにまで被害が広がっている局面)

新型コロナウイルスのパンデミックの緊急事態宣言だけではなく現在は未曾有のフクシマの放射能被害で原子力緊急事態宣言が10年続いているWの緊急事態

東京五輪、土壇場の中止を組織委の武藤氏は否定せず-報道

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は、新型コロナウイルスの感染者増加について問われた際、土壇場で中止を決定する可能性を否定しなかった。ロイター通信が記者会見の内容として報じた。

この報道によると、武藤氏は感染者の数字に引き続き注目し、必要に応じ大会主催者らと協議すると説明した。

東京五輪開会式、スポンサー社長欠席相次ぐ-CMも選手応援中心

更新日時 
  • 役員の開会式不参加は組織委が無観客開催を決断したため-NTT
  • 現状を鑑みて広告施策の変更はあり得る-ENEOS

3日後に迫った東京五輪の開会式に、国内スポンサー企業の社長らは軒並み参加を見送る方針だ。無観客での開催が決まったことを受けての措置と、企業側は説明している。大会期間中のCM放映も選手を応援する内容が中心となり、国内外に向かって社名を大々的にアピールする機会は失われつつある。
(抜粋)

★注、パンデミック下での世界大運動会(2020東京オリンピック)開催は懸念した今上天皇御拝察発言(宮内庁の西村泰彦長官 6月24日)だけではなく肝心の東京オリンピック組織委内部でも新コロ感染拡大を心配する声は主流だったのですから驚くやら呆れるやら。ほぼ全員が「負ける」と知っていたのですが戦争をしたくなかったが誰も止めないので戦争に突入した80年前と同じ構図

記者会見する十倉雅和経団連会長=20日午後、東京都千代田区の経団連会館© 時事通信 提供 記者会見する十倉雅和経団連会長=20日午後、東京都千代田区の経団連会館

経団連会長も開会式欠席=経済界で見送り相次ぐ―五輪

2021/07/21 17:10 時事通信

経団連の十倉雅和会長は20日の記者会見で、東京五輪開会式への出席を見送ると明らかにした。五輪大会の最高位スポンサーを務めているトヨタ自動車の豊田章男社長とパナソニックの楠見雄規社長も見送る考え。新型コロナウイルスの感染拡大で大会開催に慎重な世論が根強い中、経済界で開会式を欠席する動きが相次いでいる。

経済同友会の桜田謙悟代表幹事や日本商工会議所の三村明夫会頭も欠席する意向だ。(抜粋)

「陛下が宣言されるしか五輪止める手だてはない」 立民・川内氏がツイート

立憲民主党の川内博史衆院議員(鹿児島1区)が、23日に開幕する東京五輪に関して「(天皇)陛下が開会式で『大会の中止』を宣言されるしか、最早(もはや)止める手立(てだ)ては無い」とツイッターに投稿していたことが分かった。21日朝に公開されたが、「天皇の政治利用だ」との批判が相次ぎ、川内氏は午後に投稿を削除した。

西日本新聞の取材に対し、川内氏は「新型コロナウイルスの感染が拡大する状況でも五輪に突き進んでいく政治行政の体質を問題提起したかった」と投稿の意図を説明。「陛下を政治利用するつもりは一切なく、利用できる立場でもない。誤解されたくないので、削除して撤回した」と話した。(抜粋)
 
正直今回はわりとリベラルにも評判良かった表現者の過去を、コアマガジンみたいなポリコレの対極にあるような所が愉快犯的に動画を出して、それを右派アカウントが防衛副大臣にチクり、副大臣が自国政府を飛ばして直接海外機関に報告というわけのわからない展開なので、みんな困っているというのはある
 
小林賢太郎のホロコーストのビデオ、実話BUNKAタブーが発掘して、それをJアノンの人が中山防衛副大臣に伝えて、「イスラエルと共にある」と言ってた彼がユダヤ人団体にご注進して、開会直前で解任という結果になったという経過なのね。悪いのは誰?
 
ラーメンズの小林賢太郎氏について高橋浩祐さんの偏った記事で驚かれている方が多いですが、「ユダヤ人大量虐殺ごっこ」ではなく「そんな悪いことを言う奴が教育番組にいたらヤバい」というコントです。 20年前だからどうとか関係なく、そもそもが「大量虐殺は悪いこと」として描いているコントです。
 
「イスラエルと共にある」と言った中山防衛副大臣はいっそラビになるといい。中山ラビ
★注、
「日本人を守る」ことが仕事(建前)のはずの日本政府(防衛副大臣)が怪しげたネット情報を根拠にして、なんと外国機関に日本市民を密告する前代未聞の有り得ないスキャンダル。(日本帝国敗戦時に「国家とは何か」との根本的な疑問を封印したことが影響してるのだろうか。実に不思議な出来事が連続して起きていて最早「国家」としての体裁をかなぐり捨てている日本)
 
産経新聞(7月23日) 東京五輪の開会式を前にブルーインパルスが東京上空に五輪マークを描いた
 
産経新聞社らしい誤報で、正しくはみんなが知っているように自衛隊機は東京上空に五輪のマークを描こうとして失敗。赤っ恥をかいている。画像を一目見れば誰でも分かるが自衛隊ブルーインパルスのカラースモークは半円を描いた時点で消えかかっている。
57年前の1964年10月10日開催の1回目の東京オリンピックでは今回と同じく航空自衛隊ブルーインパルスが出動して東京都の上空に完全な五つの円を描くことに成功していた。ですから半世紀で日本の技術力が衰えたのか自衛隊がやる気を無くしたかの何れか、あるいは電通など誰かが「中抜き」してカラースモークを粗悪品にすり替えたか。(★注、何れにしろ日本が極限まで劣化している証拠)
 
 
きれいですね。(v^ー°)
 
映画『ALWAYS三丁目の夕日』かな?86っぽい。
 
これ、1964年の時のじゃない?
 
え…片山さん大丈夫? これALWAYS三丁目の夕日'64の映像だけど…
 
映画ですよ。2021/7/23のブルーインパルスですか?
 
捏造
 
1964年の画像で感動できるのであれば、今年やらなくて良かったのでは?
 
息をするように嘘を吐くな!
 
地球最後の日のような不気味で不可解な画像(2020東京五輪開会式での2千台のドローン)
 
 
開会式で入場行進後にマスクを外してくつろぐ選手や関係者ら 2021年7月23日午後9時33分(朝日新聞)
 
IOCバッハ会長の中身のない挨拶が長すぎたのか?日本の殺人的酷暑に体力自慢のアスリートでも皆ばてたのか?それとも最初から「やる気」が無いのか?2020東京オリンピック開会式グラウンドにへたり込む各国選手や役員との悲惨な爆笑画像。(★注、初期の熱中症とコロナの症状が似ていて医者でも区別できない)

開会式でノーマスク 処分はなし

東京五輪・パラリンピック組織委員会が、マスク着用など新型コロナウイルス対策の「プレーブック(規則集)」順守を改めて訴えた。(★注、始まった途端にやる気を失って、誰も規則を守る気が無い壮絶な殺人酷暑五輪)

事実上「新コロはただの風邪。安心安全。何の心配もない」東京五輪開催の意味(コンセプト 隠れスローガン)

PCR検査能力が2万件以上ある東京都ですが最近は8000件程度で1千数百件の感染者(2割以上の陽性率)で推移していたが、2020東京オリンピック開催で完全にやる気を失ったのか検査数が2千件台に落ち込んだ(★注、ただし陽性者は今までとほぼ同じ1千数百件なので陽性率は約5割もの超高確率)
もし正体不明、奇妙奇天烈摩訶不思議な新コロウイルスの危険性が高いなら、日本政府は今からでも少しも遅くないから即刻オリンピックを中止してパンデミック対策に総力を傾けるべきであろう。今まで政府専門家は「コロナは怖い」{不要不急の外出や3密自粛」と連呼しているのである。
ところが、日本政府の方は180度逆に不要不急の東京オリンピックを国民の8割の反対を押し切ってまで開催したのですから実質的に「ただの風邪で安全安心。何の心配もない」と言っているのと同じ。政府と専門家とは真逆、主張が正反対なのである。(★注、左翼リベラルとしての政治的立場から「政府が間違っている」「新コロは怖い」と言いたいが、同時に日本人の一人として「専門家が間違っている」「ただの風邪で怖くない」と願っている。何とも判断が悩ましいが、遅くとも数年後には白黒が必ず確定する)


コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 知られたくない困った真実 | トップ | 第一次世界大戦と瓜二つ、恐... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
政治利用 (ちくわ)
2021-07-24 15:51:45
最近ちょっと非難を浴びているイスラエルが
ちゃっかり便乗してきたように見えます。
国民モルモットの日本イギリス (ローレライ)
2021-07-24 18:41:06
コロナの真ん中で国民モルモットのイベントをする日本とイギリスのコロナ無害アピール!
20210713 本日のブルーインパルス 基地上空訓練 (前向きに歩こう)
2021-07-24 23:50:28
 
https://www.youtube.com/watch?v=XDIbXwaAQIg&t=540s
 
天候悪し。
Unknown (柿ノ木)
2021-07-25 02:14:13
小池百合子のご意見番か愛人か?尾身の事務所が襲撃されましたが、東京都の知事公館は石原慎太郎が売却してまして、これは、青島都知事時代に改修されたようですが、青島都知事時代に都庁で爆破がありましたが、それは、今のような酒類の制限をしたせいなのかも。石原は知事公館を売却したのですが、このような状況のいまの都政はあてになるまい。
と日本政府の人権、平和の終わらない戦い (和泉)
2021-07-25 10:34:46
https://www.news24.jp/articles/2021/07/22/04910354.html
菅首相「言語道断だ」 小林賢太郎さん解任

https://news.yahoo.co.jp/articles/86160cf8889de7656b5871607f74fa766526567d
橋本会長、小林賢太郎氏の即日解任は「外交上の問題もあると」

小林賢太郎は菅にすら「言語道断」の烙印を押されて小山田とは違い、はっきりと解任、処罰されてしまいました。また組織委員会の橋本に「外交上の問題」とまで言われたようにアメリカのユダヤロビーが反日になるかもしれず、日本政府の慌てぶりがうかがえます。

アメリカ政治に熟達しているはずの町山がこのことにふれずに単に小林擁護しているのも奇妙なことです。

一方で軍艦島のユネスコの勧告に対する日本政府の頑迷さとのコントラストは象徴的と言えるでしょう。

日本政府の本音の代弁者である産経記事はわかりやすいです。最後のセンテンスに政府の被害妄想が凝縮されていると言えるでしょう。

https://www.sankei.com/article/20210722-IEG2Q7NFTFLZTFCT7AH5NNV5EE/
軍艦島に「強い遺憾」 ユネスコ世界遺産委が決議採択

今回の世界遺産委員会は中国・福建省でオンライン形式で開かれ、中国が議長国を務めている。
<引用終わり>

オリンピックと軍艦島はともに官僚機構による衰退日本の現実をカモフラージュするための全体主義モニュメントで国際社会と摩擦を引き起こすのは必然と言えるでしょう。
新冷戦は始まった (和田)
2021-07-25 19:45:23
やはり6月サミットの時点で決定。
無観客、緊急事態宣言をしてでも開催をした。
マクロン、テドロスも来日。
閉会式までやり通す。
コロナ被害の中心は中国以外の欧米諸国をメインに全世界。
小林・小山田斬りも結束のための証し。
西側陣営の面子がある。
対中国の新冷戦の始まり。
ただしその形態は軍拡競争ではない。
経済、文化を中心とした長い冷戦だ。
世界規模の総動員令(明らかに疑似戦争) (宗純)
2021-07-26 16:42:38
冷戦は30年も前に終わっているし、そもそも冷戦で日本は列車の乗客の一人ではあったが、運行や行先、乗り降りの権限は何も一切合切なにも無し。その意味では列車より船や飛行機。あるいは宇宙船の一般乗客に似ていた。
今回も、たぶん同じで、日本の政府には何らの政策決定の権限が与えられていない。いくら疑わしいと思っても「従う」以外の道が無い、可能性の方が高い。

基本的にインテリであるマスコミ(ジャーナリスト)や知識層では現在の状態を太平洋戦争開戦時との類似性が指摘されている。確かに東条英機首相(陸軍大将)を筆頭に海軍の山本五十六も対米戦争に勝ち目が無いことを知っていたので戦争に反対していた。
唯一の主権者であるヒロヒト天皇も戦争をしたくなかったが何となく雰囲気に流されて日本は第二次世界大戦の地獄に突入する。今の8割が反対するコロナ禍のオリンピック開催と同じ成り行きなのです。

しかし冷戦よりも対米戦争よりも、もっと似ているのは第一次世界大戦の開戦なのですよ。100年前の各国の政府も有識者も全員が半年程度で終わると信じていたらしいのです。
中国武漢の封鎖で始まった去年の初めごろの新コロ騒動では、半年もすれば終わると信じていたが、大外れ。戦線は拡大する一方で、いつ終わるとの目途が立たない。
人類最初のmRNAワクチン開発が決め手になって終わるとの予測も100年前とそっくり同じ。
rakitarouのきままな日常
第一次世界大戦とコロナ戦争の類似点
2021-07-23 10:57:55 | 社会
https://blog.goo.ne.jp/rakitarou

小競り合い程度などならともかく、本格的な大戦争を始めるには必ず大義が必要なのです。普通は大義が無いと戦争出来ないし、無理に始めても絶対に勝てない。ところが、不思議なことに第一次世界大戦にはその「戦争の大義」が何処にも無いのですよ。
後出しジャンケンで参戦したアメリカの場合にには「戦争を終わらせるための、最後の戦争」との意味不明のスローガンで漁夫の利を得たが誰が考えてもインチキな言い分であることは一目で分かる粗悪品だった。

そして今回は日本だけではなく世界規模の総動員連が発動されたが、すべてがインチキ臭い。
これは主権国家同士の戦争では無くて、もっと恐ろしいし意味不明の世界同時内戦の可能性が高い。あの10年続いて中国の発展を数十年遅らしたという意味不明の文化大革命の世界版。まさに中身が一切不明の恐怖のグレートリセット(ニュー・ノーマル)なのです。
西側の集団自殺ワクチン同盟 (ローレライ)
2021-07-26 20:07:54
西側の集団自殺ワクチン同盟成立の為の世界パンデミック政策、まるで、ガイアナの人民寺院だ。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事