gooブログで発信!

生きるために大切なメッセージ&日々の出来事

旅行*石川県⑨

2017-04-04 16:25:41 | 旅行&スポット

「兼六園」をあとにした私たちは、「金沢21世紀美術館」へ。

国内外のアーティストの作品を数多く展示するほか、コレクション展や、若手作家の個展などを開いているようです。

また、交流事業として、市民や産業界などと連携して、パフォーマンスや若手のステージ、トーク、映像などを展開。
市民とつくる “参画交流型” の美術館とのことです。

この美術館は、その建築様式にも特徴があります。
建物は “円形” で、三方が道路に囲まれている敷地内にどこからでも入れるよう、“正面” や “裏側” といった区別を無くしたとのこと。
外壁や建物内の壁には、ガラスを多く採り入れて透明性を出し、開放感を演出したとのことです。

そして、外には、体験型のオブジェがいくつかあって遊べます。
敷地が広く、公園のような美術館です。

美術館の外にある、体験型のオブジェです。

▲「ラッピング」

3つの突起の先端が地面と接して全体を支え、入口として機能しています。
子どもが中に入って遊べます。


▲「アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3」

このようにチューバ状に開いた筒が、外に12個、設置されています。
地中を通る管は2個ずつペアでつながっていて、声が伝わるようになっています。
ペアは、必ずしも隣同士のラッパではなく、思わぬラッパに声が伝わったり、思わぬ声が聞こえてきたりします。


▲「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

色の三原色(シアン、マゼンタ、イエロー)である、それぞれの色ガラスの壁が、一点を中心に渦巻き状に設置されています。
ガラスとガラスの間を通り過ぎたりするのですが、何がどうなるのか、よくわかりませんでした。(ごめんなさい

このプールは、美術館内の「光庭」にあります。

▲「スイミング・プール」

デッキからプールを見下ろすと、深いプールが水で満たされているかのように見えます。
実際は、透明のガラスの上に深さ10cmの水が張られているだけで、ガラスの下は、水色の空間。
この内部に入って、下から見上げることができます。

私たちは、時間的なこともあり、美術館内は見ず、オブジェだけ見て、次へ向かいました。

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅行*石川県⑧ | トップ | 旅行*石川県⑩ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行&スポット」カテゴリの最新記事