巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2018年4月22日阪神対巨人戦。10対1で巨人快勝。3連勝。

2018-04-22 19:06:02 | Weblog
      2018年4月22日阪神戦。
四国八十八ヶ所
徳島県(阿波)の霊場。
第22番札所 白水山 医王院 平等寺4/22済
平等寺(びょうどうじ)は、徳島県阿南市新野町にある高野山真言宗の寺院。白水山(はくすいざん)、医王院(いおういん)と号する。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場第二十二番札所で、阿南室戸歴史文化道に指定されている。

本尊真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

ご詠歌:平等に 隔てのなきと 聞く時は あら頼もしき 仏とぞみる
歴史[編集]

寺伝によれば、空海がこの地で厄除け祈願をすると五色の雲がわき金剛界大日如来の梵字が金色に現れた。さらに、その端相に加持すると薬師如来像が浮かび上がったので、錫杖でその場に井戸を掘ると乳白色の水が湧いた。その水で身を清め百日間の修行をした後薬師如来を刻み、堂を建てて本尊として安置したのに始まるという。寺名は、この霊水により、人々の平等な幸せを願い、また、一切の衆生を平等に救済する祈りを込めて「平等寺」と称されたという。

七堂伽藍や12の末寺を持つまでに栄えたが、天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火で焼失した。享保年間(1716年 - 1736年)になって照俊阿闍梨によって再興される。
1.阪神対巨人戦【甲子園】14:00
 10対1で巨人勝利。
先発、
【阪神】29髙橋 遥人 左投。7回高橋聡文 #41 左投。
【巨人】23野上 亮磨 右投。
【 巨人】
1 遊 坂本勇人 .338 2 二 吉川尚輝 .263 3 左 ゲレーロ .265
8回、岡本洋介 #13 右投 、9篠原慎平 #62 右投投。

【巨人】
1遊 坂本勇人 .338 2 二 吉川尚輝 .263 3 左 ゲレーロ .265
4 三 マギー、走 吉川大幾 、 5 一 岡本和真 .275 6 右 亀井善行 .265
7 中 長野久義 .182 8 捕 小林誠司 .383 9 投 野上亮磨、打阿部慎之助
投篠原慎平

【阪神】
1 二 上本博紀 .304 2 遊 糸原健斗 .305 3 右 糸井嘉男 .293
4 一 ロサリオ .257 5 左 福留孝介 .316 6 中 高山俊 .222
7 三 大山悠輔 .183 8 捕 梅野隆太郎、投 高橋聡文 岡本洋介、 、
9投 高橋遥人、捕高橋聡文、

1回表、1番、9ヒット2番、1.0.2.0.2.1.2.2.3.2.7フライ3番、6ゴロ併殺。
1回裏、1番、0.1.0.2.1.2.、空振り三振2番、0.1.0.2.1.2.2.2.、空振り三振3番、1.0.1.1.
1.2.、、、死球4番、0.1.6ゴロ内野安打5番、0.1.1.1.2.1.3.1.9ヒット1点6番、0.1.0.2.1.2.、4フライ。                         0対1。
2回表、4番、1.0.1.1.2.1.3.1.四球5番、6ライナー6番、0.1.1.1.1.2.2.2.、空振り三振。
7番、0.1.8フライ
2回裏、7番、0.1.1.1.2.1.6フライ8番、8フライ9番、0.1.0.2.空振り三振。42球。
3回表、8番、0.1.4ゴロ9番、1.0.1.1.1.2.見逃し三振。1番、1.0.1.1.6ゴロ。
3回裏、1番、0.1.1.1.フライ2番、0.1.1.1.2.1.2.2.見逃し三振3番、フライ。
            援護点を!!
4回裏、2番、1.0.1.1.左二塁打3番、0.1.0.2.右二塁打1点4番、1.0.1.1.1.2.2.2.4ゴロ3塁5番、1.0.2.0.2.1.8ヒット1点6番、9ヒット1点7番、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.四球
1.3塁8番、0.1.7ヒット1点9番バント2.3塁1番、1.0.2.0.3.0.四球2番、7フライ。
                               4対0。
4裏番、0.1.1.1.2.1.6フライ5番、7ヒット6番、1.0.9ヒット7番、0.1.1.1.
 8フライ8番、0.1.0.2.1.2.2.2.9フライ。
5回2番、0.1.1.1.2.1.2.2.8ヒット3番、 .0.1.1.2.1.3.1.3.2.、右二塁打2.3塁
 5番、0.1.中ホームラン3点6番、0.1.1.1.2.1.左二塁打7番、0.1.0.2.1.2.2.2.3.2.空振り三振8番、0.1.0.2.1.2.、、、4ライナー【石崎剛 】9番、0.1.0.2.1.2.、2.2.見逃し三振、。
7対0。
5回裏、9番,0.1.1.1.2.1.03.1.四球1番0.1.1.8ヒット2番、1.0.1.1.5ゴロ併殺3塁
  3番、0.1.1.1.2.1.7フライ。81球。                       
6回表、1番、8フライ2番、1.0.1.1.1.2.4ライナー3番、1.0.1.1.1.2.8フライ。
6回裏、4番、0.1.0.2.1.2.、2.2.9フライ5番、0.1.0.2.、、1.2.2.2.8フライ6番、0.1.0.2.0
3ゴロ。97球。。
7回表、【高橋聡文】4番、7ヒット代走走 吉川大幾 、5番、0.1.0.2.1.2.、9ライナー、1.3塁無死6番、1.0.2.0.2.1.2.24ゴロ内野安打1点7番、0.1.1.1.2.1.3.1.7ヒット1点
8番、1.0.1.1.2.1.2.2.、空振り三振9番、0.1.バント2.3塁1番、敬遠満塁2番1.0.2.0.2.1.2.2.7フライ。                   9対0。。
7回裏、7番、1.0.1.1.8フライ8番、0.1.4ゴロ9番、8フライ。。
8回表、【岡本洋介 】4番、0.1.左ホームラン1点5番、0.1.1ゴロ6番、0.1.1.1.2.1.3.1.7ヒット7番、1.0.1.1.1.2.2.2.4ゴロ。
8回裏、。1番、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.5ゴロ2番、0.1.0.2.1.2.7フライ3番、0.1.1.1.1.2.4ゴロ。
野上117被安打5!!。1失点。
9回表、8番、0.1.0.2.、1.2.、、7フライ9番打阿部慎之助、0.1.1.1.2.1.2.2.、、見逃し、三振 1番1.0.2.0.3.0.3.1.6フライ。

9回裏、【篠原慎平 】4番、7フライ5番、0.1.1.1.2.1.3.1.6ゴロ6番、0.1.0.2.、1.2.2.2.ゴロ、

戦評
4月22日(日)阪神 vs. 巨人 6回戦

巨人が3連勝。巨人は1点を追う4回表、打者一巡の攻撃で一挙4点を奪い逆転に成功する。続く5回には、岡本の3ランが飛び出すなど終わってみれば16安打で10得点を挙げた。投げては、先発・野上が8回1失点の好投で今季2勝目。敗れた阪神は先発・高橋遥が5回途中7失点と乱調だった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] 野上 (2勝1敗0S)

敗戦投手、[ 阪神 ] 高橋遥 (1勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 巨人 ] 岡本4号(5回表3ラン)、ゲレーロ3号(8回表ソロ)
           [ 阪神 ]

バッテリー
巨人バッテリー
野上、篠原 - 小林。

 阪神バッテリー
高橋遥、石崎、岩崎、高橋聡、岡本 - 梅野、原口。


2.中日対広島戦。【ナゴヤドーム】14:00
3対2で中日勝利。
先発、
【中日】70ガルシア 左投。
【広島】14大瀬良 大地 右投。
【広島】
1 遊 田中広輔 .256 2 二 菊池涼介 .267 3 中 丸佳浩 .349
4 左 バティスタ .278 5 三 安部友裕 .281 6 一 エルドレッド .195
7 右 下水流昂 .286 8 捕 磯村嘉孝 .222 9 投 大瀬良大地 .000
【中日】
1 中 大島洋平 .260 2 遊 京田陽太 .244 3 左 アルモンテ .380
4 一 モヤ .667 5 右 平田良介 .271 6 二 高橋周平 .222
7 三 福田永将 .203 8 捕 大野奨太 .158 9 投 ガルシア .333
3.ヤクルト対 DeNA戦。【神宮】18:00
8対0でオリックス勝利。
先発、
【やキルト】11由規 右投。
【-DeNA】56ウィーランド 右投。

【オリックス】
1 中 宗佑磨 .210 2 遊 安達了一 .219 3 左 小田裕也 .333
4 右 ロメロ .219 5 三 鈴木昂平 .000 6 指 福田周平 .000
7 一 T-岡田 .236 8 二 大城滉二 .196 9 捕 山崎勝己 .200
【楽天】
1 右 岡島豪郎 .305 2 中 八百板卓丸 .000 3 遊 茂木栄五郎 .233
4 指 アマダー .227 5 一 今江年晶 .250 6 三 ウィーラー .253
7 左 フェルナンド .400 8 捕 山下斐紹 .294 9 二 銀次 .175
戦評
4月22日(日)中日 vs. 広島 6回戦

中日が同一カード3連勝。中日は2回裏、福田、大野奨の連続適時打で2点を先制。続く3回には、2死一塁からモヤのヒットに失策が絡む間に追加点を挙げた。投げては、先発・ガルシアが7回2失点の好投。敗れた広島は打線が振るわず、今季初の同一カード3連敗を喫した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 中日 ] ガルシア (3勝0敗0S)

敗戦投手、[ 広島 ] 大瀬良 (2勝2敗0S)

セーブ、[ 中日 ] 田島 (0勝0敗4S)

本塁打、[ 広島 ] バティスタ2号(4回表ソロ)
         [ 中日 ]

バッテリー
広島バッテリー
大瀬良、薮田、アドゥワ - 磯村。

  中日バッテリー
ガルシア、鈴木博、田島 - 大野奨。

.









4.楽天対オリックス戦。【楽天生命パーク】
8対0でオリックス勝利。13:00
先発、
【楽天】30池田 隆英 右投。
【オリックス】13山岡 泰輔 右投。
【オリックス】
1 中 宗佑磨 .195 2 遊 安達了一 .233 3 左 吉田正尚 .290
4 右 ロメロ .206 5 三 小谷野栄一 .298 6 指 マレーロ .206
7 一 T-岡田 .216 8 二 大城滉二 .176 9 捕 山崎勝己 .00
【楽天】
1 右 岡島豪郎 .291 2 二 藤田一也 .297 3 遊 茂木栄五郎 .250
4 指 アマダー .242 5 一 今江年晶 .271 6 三 ウィーラー .267
7 左 フェルナンド .000 8 捕 嶋基宏 .189 9 中 オコエ瑠偉 .14

戦評
4月22日(日)楽天 vs. オリックス 6回戦

オリックスが2カード連続の勝ち越し。オリックスは5回表、宗の適時打などで2点を先制する。6回に追加点を挙げると、8回には大城、山崎勝の連続適時打で試合を決めた。投げては、山岡、吉田一、澤田とつなぎ完封リレー。敗れた楽天は、投打に精彩を欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ オリックス ] 山岡 (2勝2敗0S)

敗戦投手、[ 楽天 ] 池田 (1勝3敗0S)
      セーブ

本塁打、[ オリックス ] ロメロ3号(6回表ソロ)
           [ 楽天 ]

バッテリー
オリックスバッテリー
山岡、吉田一、澤田 - 山崎勝。
楽天バッテリー
池田、釜田、濱矢、福山 - 嶋、山下。

5.日本ハム対ソフトバンク戦。【札幌ドーム】
対で勝利。14:00
先発、
【日本ハム】14加藤 貴之 左投。
【ソフトバンク】28高橋 礼 右投。
【ソフトバンク】
1 二 川島慶三 .389 2 右 上林誠知 .293 3 中 柳田悠岐 .339
4 一 内川聖一 .206 5 指 デスパイネ .190 6 左 グラシアル .444
7 三 松田宣浩 .207 8 遊 今宮健太 .155 9 捕 甲斐拓也 .261
【日本ハム】
1 中 西川遥輝 .188 2 右 杉谷拳士 .000 3 左 近藤健介 .375
4 一 中田翔 .237 5 指 アルシア .271 6 三 レアード .217
7 二 田中賢介 .200 8 捕 清水優心 .222 9 遊 中島卓也 .175

戦評
4月22日(日)日本ハム vs. ソフトバンク 6回戦

日本ハムは初回に中田の犠飛、アルシアの適時打で幸先よく2点を先制。その後は5回裏に中田が3ラン、6回には西川が3ランを放つなど効果的に追加点を挙げた。投げては、先発・加藤が6回2失点の好投で今季初勝利。敗れたソフトバンクは、投手陣が崩壊した。

責任投手/本塁打

勝利投手。[ 日本ハム ] 加藤 (1勝2敗0S)

敗戦投手、[ ソフトバンク ] 高橋礼 (0勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ ソフトバンク ]
         [ 日本ハム ] 中田6号(5回裏3ラン)、西川2号(6回裏3ラン)

バッテリー
ソフトバンクバッテリー
高橋礼、飯田、田中、二保、加治屋 - 甲斐。

 日本ハムバッテリー
加藤、西村、公文、玉井 - 清水、鶴岡。

6.西武対ロッテ戦。【メットライフ】13:00
11対で西武勝利。
先発、
【西武】20高木 勇人 右投。
【ロッテ】64二木 康太 右投。
【ロッテ】
1 中 荻野貴司 .286 2 遊 藤岡裕大 .206 3 二 中村奨吾 .306
4 一 井上晴哉 .266 5 三 鈴木大地 .200 6 右 平沢大河 .300
7 指 福浦和也 .213 8 捕 田村龍弘 .273 9 左 清田育宏 .289
【西武】
1 中 秋山翔吾 .329 2 遊 源田壮亮 .303 3 二 浅村栄斗 .280
4 一 山川穂高 .339 5 指 森友哉 .383 6 三 外崎修汰 .343
7 左 栗山巧 .375 8 捕 岡田雅利 .000 9 右 金子侑司 .143

戦評
4月22日(日)西武 vs. ロッテ 6回戦

西武が本拠地で負けなしの9連勝。西武は初回、浅村の2ランなどで3点を先制。その後は4回裏に山川の3ランなどで追加点を挙げ、試合を優位に進めた。投げては、先発・高木勇が6回2失点で移籍後初勝利。敗れたロッテは中盤から反撃するも、大量失点が響き、泥沼の5連敗。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 高木勇 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] 二木 (1勝2敗0S)

セーブ

本塁打、[ ロッテ ]
           [ 西武 ] 浅村5号(1回裏2ラン)、山川7号(4回裏3ラン)

バッテリー
ロッテバッテリー
二木、益田、南、大谷、田中、シェッパーズ - 田村、江村。

 西武バッテリー、
高木勇、伊藤、野田、武隈 - 岡田。

スポーツ、

1. 錦織がズベレフ下し初優勝へ王手!決勝戦はナダル
4/22(日) 1:00配信 、日刊スポーツ

錦織がズベレフ下し初優勝へ王手!決勝戦はナダル

ショットを放つ錦織(ロイター)

<テニス:マスターズ・モンテカルロ大会>◇21日◇モナコ◇男子シングルス準決勝

 世界ランキング36位の錦織圭(28=日清食品)は同4位で第3シードのアレクサンドル・ズベレフ(21=ドイツ)を3-6、6-3、6-4のフルセットで下し、日本人初の決勝進出を果たした。対戦成績は錦織の1勝1敗となった。

【写真】錦織がたたきつけ、折れ曲がったラケット

 決勝は2連覇中のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

 第1セットは第7、第9ゲームをブレークされ、ズベレフに第1セットを先取される。

 第2セットはお互いに1ブレークアップで迎えた第6ゲームから錦織が4ゲームを連取し、1セットオールに戻した。

 第3セットはサービスゲームをキープしあって迎えた第10ゲーム。錦織がブレークし6-4で最終セットの競り合いを制した。

 錦織は昨年8月に右手首を痛め、今年2月にツアー大会に復帰した。マスターズは4大大会に次ぐ格付けで、錦織は今大会が今季のクレーコートの初戦で前日は世界3位のチリッチを撃破し元トップ10の実力を発揮し勢いに乗っていた。

【関連記事】
錦織「申し訳ないけどどうも思ってない」
錦織圭逆転勝ちも右手首心配「治療してみないと…」
錦織「やっとここまで。次からが勝負になる」
錦織圭に「ウザいメール」送る松岡修造、たまに返信
錦織-ズベレフ/モンテカルロ大会・準決勝詳細



ニュース、

1..<訃報>田島ナビさん117歳=世界最高齢
4/21(土) 23:31配信 毎日新聞

<訃報>田島ナビさん117歳=世界最高齢

田島ナビさん

 世界最高齢とみられる鹿児島県喜界町(喜界島)の田島ナビ(たじま・なび)さんが21日午後7時58分、老衰のため死去した。117歳8カ月だった。家族によると、今年1月に体調を崩し、町内の老人ホームから病院に移り、入院していた。

【レクイエム】大杉漣さん、星野仙一さん…今年亡くなった方々

 田島さんは19世紀最後の年に当たる1900(明治33)年8月4日生まれで、2015年9月に国内最高齢となった。昨年9月、ギネスブックが当時の世界最高齢と認定していたジャマイカの女性が117歳で死去し、ギネス社が田島さんを世界最高齢に認定するための準備をしていた。

 男性の世界最高齢は北海道足寄町の112歳の野中正造(まさぞう)さん。

【関連記事】
チリ:「121歳」の男性死亡
ギネス:北海道の112歳、世界最高齢の男性と認定
82歳のゲームアプリ開発者・若宮さん 固定観念捨て柔軟性を
立命館大:88歳女性研究員に博士号 国内最高齢
温泉の入浴回数、多いほど長生きできるのか

2.
コメント