巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2018年4月3日。中日対巨人戦。10対3で巨人快勝。

2018-04-03 22:30:24 | Weblog
        2018年4月3日中日戦
#為替、105.84円。1055.86円。106.05円。ユーロ、130.21円。130.26円。130.62円。
#ダウ、23644.19ドル。-458.92ドル。ナスダック6870.11。-193.32。
#前場、21200.77円。-187.81円。後場、21292.29円。-96.29円。
第3番札所 亀光山 釈迦院 金泉寺4/3。
金泉寺(こんせんじ)は、徳島県板野郡板野町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第三番札所。亀光山(きこうざん)釈迦院(しゃかいん)と号する。本尊は釈迦如来で、脇侍に薬師如来・阿弥陀如来を安置する。

本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく

ご詠歌:極楽の たからの池を おもえただ こがねの泉 澄みたたえたる
歴史[編集]

寺伝によれば天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇の勅願により行基が本尊を刻み、金光明寺と称したという。弘仁年間(810年 - 824年)に、空海(弘法大師)が訪れた際に、水不足解消のため井戸を掘り、黄金井の霊水が湧出したことから寺号を金泉寺としたという。

亀山法皇(天皇在位1259〜1274)の信仰が厚く、京都の三十三間堂をまねた堂を建立、千躯の千手観音を祀った。また、背後の山を亀山と名付け山号を亀光山と改めた。また、『源平盛衰記』には、元暦2年(1185年)に源義経が屋島に向かう途中本寺に立ち寄ったとの記載がある。

1582年(天正10年)には長宗我部元親による兵火にて大師堂以外の大半の建物を焼失したが、建物はその後再建され現在に至る。境内からは奈良時代の瓦が出土しており、創建は寺伝のとおり奈良時代にさかのぼると推定される。

1.中日対巨人戦【ナゴヤドーム】18:00
   10対3で巨人勝利。
先発、
【中日】17柳 裕也 右投。4回伊藤準規 #65 右投。6回祖父江大輔 #33 右投。7回岩瀬仁紀 #13 左投。
9回 谷元圭介 #14 右投、。

【巨人】42山口 俊 右投。7回澤村拓一 #15 右投。 8回上原浩治 #11 右投。9回マシソン #20 右投。

【巨人】
1 中 陽 岱鋼 、走 立岡宗一郎、2 二 吉川 尚輝 .167 3 遊 坂本 勇人、投マシソン。
4 左 ゲレーロ .273 5 三 マギー、投澤村拓一、上原浩治、代 游山本泰寛 6 一 岡本 和真、
7 右 長野 久義、代阿部慎之助、三吉川大幾、 8 捕 小林 誠司 1.000 9 投 山口 俊 、9 三 右中井大介 、
【中日】
1 中 大島 洋平 .231 2 遊 京田 陽太 .417 3 左 アルモンテ .167
4 一 ビシエド .417 5 三 福田 永将 .167 6 二 高橋 周平 .111
7 右 平田 良介 .182 8 捕 松井 雅人代藤井淳志
9 投 柳 裕也、 伊藤準規、打代 亀澤恭平、投祖父江大輔、
打谷哲也、投岩瀬仁紀、 手谷元圭介、代 代 松井佑介 .、

1回表。1番、0.1.0.2.1.2.、死球代走立岡策は?2番、ランエンドヒット8ヒット1.3塁3番、1.0.1.1.2.1.2.2.9ヒット1点1.2塁
4番、0.1.1.1.1.2.2.2.、3.2.、四球無死満塁5番、0.1.1.1.9ヒット1点6番、0.1.0.2.1.2.、、2.2.3.2.空振り三振7番、9フライ
併殺❔                                           2対0。
1回裏、1番、1.0.2.0.2.1.2.2.7フライ2番、0.1.ライナー3番、0.1.0.2.3ゴロ。
2回表、8番、0.1.1.1.2.1.2.2.見逃し三振9番、0.1.0.2.6ゴロ1番、1.0.2.0.3.0.3.1.四球2番、0.1.0.2.1.2.見逃し三振。
2回裏、4番、0.1.0.2.、左二塁打5番、1.0.2.0.5ゴロ6番、0.1.6フライ7番、1.0.1.1.2.1.7ヒット1.3塁8番、0.1.1.1.
  3ゴロ。26球。
3回表、3番、0.1.9フライ4番、0.1.0.2.1.2.2.2.3.2.、四球5番、0.1.0.2.1.2.7フライ6番、0.1.0.2.空振り三振。
3回裏、9番、1.0.2.0.2.1.2.2.4ゴロ1番、1.0.1ゴロ2番、0.1.1.1.1.2.2.2.空振り三振。38球。
4回表、7番、6ゴロ8番、1.0.7ヒット9番、0.1.0.2.バント2塁1番、1.0.1.1.1.2.死球2番、0.1.8ヒット満塁3番、7ヒット
2点貴重【伊藤】4番、1.0.7フライ。                            4対0。
4回裏、要注意3番、1.0.9ヒット4番、8ヒット真ん中Ⅿのストレート??5番、1.0.1.1.1.2.2.2.6ゴロ併殺3塁6番、
 0.1.1.1.5ライナー。しのいだ!。49球・
5回表、5番、9フライ6番、0.1.0.2.1.2.右二塁打7番、0.1.1.1.1.2.2.2.、3.2.6ゴロ8番、0.1.1ゴロ。
5回裏、7番、1.0.1.1.2.1.6フライ8番、1.0.2.0.3.0.3.1.四球9番代 亀澤恭平、1.0.1.1.1.2.9フライ1番、1.0.1.1.2.1.2.2.3.2.
 、7フライ、ナイス!69球。
6回表、【祖父江】9番、1.0.2.0.2.1.3.1.3.2.9フライ1番、0.1.0.2.1.2.空振り三振2番、0.1.1.1.1ゴロ。
6回裏、最重要2番、1.0.2.0.3.0.3.1.四球?3番、1.0.1.1.9ヒット4番、1.0.1.1.1.2.。空振り三振フォーク5番、8ヒット真ん中
満塁6番、1.0.中三塁打、外角のストレート3点7番、0.1.1.1.1.2.、、、2.2.空振り三振8番、0.1.0.2.空振り三振。
先頭打者四球?ストレートが甘くなって3失点??96球。                  4対3。
7回表、3番、1.0.中二塁打4番、1.0.2.0.5ゴロ??5番、1.0.9フライ3塁6番、0.1.9ヒット1点貴重7番、1.0.8ヒット
 8番、1.0.4フライ。                                  5対3。
7回裏、【澤村拓一 】9番打谷、0.1.5ゴロ1番、0.1.1.1.1.2.2.2.、3.2.4ゴロ2番、0.1.0.2.1.2.空振り三振。ナイス!!
8回表、【岩瀬】9番、0.1.1.1.3ゴロ1番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.8ヒット2番、0.1.6ゴロ併殺。
8回裏、【上原】3番、0.1.1.1.9フライ4番、0.1.0.2.、1.2.5ゴロ.5番、1.0.1.1.2.1.3.1.4ゴロ。
9回表、【谷元】3番、1.0.2.0.2.1.4ゴロ内野安打4番、5ゴロ内野安打5番代山本泰寛 1.0.、3ゴロ内野安打無死満塁
6番岡本、0.1.1.1.1.2.2.2.7ヒット1点貴重7番長野代阿部慎之助 、0.1.0.2.1.2.空振り三振8番、0.1.1.1.2.1..8フライ
 1点9番、0.1.0.2.1.2.2.2.6ゴロ内野安打満塁1番、8ヒット1.3塁2点2番、1.0.1.1.1.2.、7ヒット1点3番、1.0.1.1.2.1.2.2.
 空振り三振。                                    3対10。
9回裏、【マシソン 】6番、1.0.1.1.2.1.2.2.、、3.2.四球7番、1.0.1.1.7フライ8番、0.1.1.1.1.2.2.2.、3ゴロ2塁9番代、1.0.2.0.2.1.2.2.
 見逃し三振。

戦評
4月3日(火)中日 vs. 巨人 1回戦

巨人は初回、坂本勇とマギーの適時打で2点を先制する。その後は4回表に坂本勇の適時打で2点を加えると、5―3で迎えた9回には岡本と立岡の適時打などで一挙5点を奪った。投げては、先発・山口俊が今季初勝利。敗れた中日は、6回に1点差まで迫るも及ばなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] 山口俊 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ 中日 ] 柳 (0勝1敗0S)

セーブ

本塁打、[ 巨人 ]
          [ 中日 ]

バッテリー
巨人バッテリー
山口俊、澤村、上原、マシソン - 小林。

 中日バッテリー
柳、伊藤準、祖父江、岩瀬、谷元 - 松井雅。

2.ヤクルト対広島戦。【神宮】18:00
6対3で広島勝利。
先発、
【ヤクルト】16原 樹理 右投。
【広島】23薮田 和樹 右投。
【広島】
1 遊 田中 広輔 .417 2 二 菊池 涼介 .182 3 中 丸 佳浩 .500
4 左 松山 竜平 .222 5 一 安部 友裕 .300 6 三 西川 龍馬 .000
7 右 野間 峻祥 .000 8 捕 會澤 翼 .000 9 投 薮田 和樹 -
【ヤクルト】
1 二 山田 哲人 .083 2 右 山崎 晃大朗 .125 3 左 バレンティン .231
4 中 青木 宣親 .250 5 三 川端 慎吾 .300 6 一 坂口 智隆 .538
7 遊 廣岡 大志 .400 8 捕 中村 悠平 .250 9 投 原 樹理 –

戦評
4月3日(火)ヤクルト vs. 広島 1回戦

広島は初回、松山の適時打などで2点を先制する。その後は逆転を許すも、6回表に野間とメヒアの適時打などで4点を挙げ、再びリードを奪った。投げては、先発・薮田が今季初勝利。敗れたヤクルトは、先発・原が2回以降は立ち直りを見せるも、守備の乱れから痛恨の敗戦を喫した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 広島 ] 薮田 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] 原 (0勝1敗0S)

セーブ、[ 広島 ] 中崎 (0勝0敗2S)

本塁打、[ 広島 ]
          [ ヤクルト ] バレンティン1号(3回裏2ラン)

バッテリー
広島バッテリー
薮田、一岡、今村、中田、ジャクソン、中崎 - 會澤、石原。

 ヤクルトバッテリー
原、近藤、中尾、田川、風張 - 中村。

3.楽天対日本ハム戦。【楽天生命パーク】16:00
2対0で日本ハム勝利。
先発、
【楽天】11岸 孝之 右投。
【日本ハム】15上沢 直之 右投。
【日本ハム】
1 中 西川遥輝 .143 2 二 田中賢介 .000 3右 近藤健介 .417
4 一 中田翔 .167 5 三 レアード .167 6 指 アルシア .333
7 左 大田泰示 .125 8 捕 清水優心 .200 9 遊 中島卓也 .000
(楽天】
1 左 島内宏明 .214 2 遊 茂木栄五郎 .214 3 三 ウィーラー .462
4 指 アマダー .444 5 二 藤田一也 1.000 6 一 銀次 .154
7 右 岡島豪郎 .083 8 捕 嶋基宏 .000 9 中 田中和基 –

戦評
4月3日(火)楽天 vs. 日本ハム 1回戦

投手戦を制した日本ハムが今季初勝利。日本ハムは0-0のまま迎えた9回表、無死満塁からレアードの2点適時打で試合の均衡を破る。投げては、先発・上沢が7回無失点。3番手・石川直がプロ初セーブを挙げた。敗れた楽天は、先発・岸が快投を見せるも、打線がつながりを欠いた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 日本ハム ] 宮西 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ 楽天 ] 松井 (0勝1敗0S)

セーブ、[ 日本ハム ] 石川直 (0勝0敗1S)

本塁打、[ 日本ハム ]
          [ 楽天 ]


バッテリー
日本ハムバッテリー
上沢、宮西、石川直 - 清水。

 楽天バッテリー
岸、松井 - 嶋。

4.西武対ソフトバンク戦。【メットライフ】18:00
7対4で西武勝利。
先発、
【西武】21十亀 剣 右投。
【ソフトバンク】16東浜 巨 右投。

【ソフトバンク】
1 遊 今宮 健太 .250 2 二 本多 雄一 .444 3 中 柳田 悠岐 .364
4 一 内川 聖一 .083 5 指 デスパイネ .100 6 左 中村 晃 .333
7 三 松田 宣浩 .300 8 右 上林 誠知 .300 9 捕 甲斐 拓也 .286
. 【西武】
1 中 秋山 翔吾 .308 2 遊 源田 壮亮 .429 3 二 浅村 栄斗 .417
4 一 山川 穂高 .286 5 捕 森 友哉 .375 6 三 中村 剛也 .111
7 右 外崎 修汰 .455 8 指 メヒア .111 9 左 金子 侑司 .111

戦評
4月3日(火)西武 vs. ソフトバンク 1回戦

西武が開幕4連勝。西武は2点を追う5回裏、中村の適時打で1点差に迫る。続く6回には、山川と外崎の2ランなどで一挙5点を奪い、試合をひっくり返した。投げては、先発・十亀が7回2失点の力投で今季初勝利。敗れたソフトバンクは、先発・東浜が中盤に崩れた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 十亀 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ ソフトバンク ] 東浜 (0勝1敗0S)

セーブ、[ 西武 ] 増田 (0勝0敗2S)

本塁打、[ ソフトバンク ] 松田2号(2回表ソロ)
          [ 西武 ] 山川2号(6回裏2ラン)、外崎1号(6回裏2ラン)

バッテリー
ソフトバンクバッテリー
東浜、加治屋 - 甲斐。

 西武バッテリー
十亀、野田、平井、高木勇、増田 - 森。

5.オリックス対ロッテ戦。【京セラD大阪】18:00
4対1でロッテ勝利。
先発、
【オリックス】19金子 千尋 右投。
【ロッテ】12石川 歩 右投。
【ロッテ】
1 中 荻野 貴司 .400 2 遊 藤岡 裕大 .417 3 二 中村 奨吾 .400
4 一 井上 晴哉 .333 5 三 鈴木 大地 .250 6 左 菅野 剛士 .375
7 指 福浦 和也 .250 8 捕 田村 龍弘 .000 9 右 加藤 翔平 .200
【オリックス】
1 中 宗 佑磨 .167 2 二 山足 達也 .111 3 左 吉田 正尚 .333
4 右 ロメロ .083 5 三 小谷野 栄一 .286 6 指 マレーロ .300
7 一 T-岡田 .429 8 捕 伊藤 光 .000 9 遊 安達 了一 .200

戦評
4月3日(火)オリックス vs. ロッテ 1回戦

ロッテは1点ビハインドで迎えた7回表、代打・平沢の適時打で同点とする。その後、荻野と中村の適時打も飛び出し、この回4点を奪った。投げては、先発・石川が7回1失点で今季初勝利。敗れたオリックスは、エース・金子千尋が6回まで試合をつくるも、7回に崩れた。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ロッテ ] 石川 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 金子千尋 (0勝1敗0S)

セーブ、[ ロッテ ] シェッパーズ (0勝0敗1S)

本塁打、[ ロッテ ]
         [ オリックス ]

バッテリー
ロッテバッテリー
石川、有吉、シェッパーズ - 田村、江村。

 オリックスバッテリー
金子千尋、小林、金田、榊原 - 伊藤。

スポーツ、

1.第90回選抜高校野球
準決勝
第11日
4月3日(火) 準決勝
第1試合
東海大相模(神奈川)対智弁和歌山(和歌山)戦
延長10回12対10で智弁和歌山勝利。
先発、
【東海大相模】野口 裕斗 11 2年 左左。
【智弁和歌山】池田 陽佑 18 2年 右右。
【智弁和歌山】
1 中 神先 恵都 8 3年 右右 2 遊 西川 晋太郎 6 2年 右右 3 三 林 晃汰 5 3年 右左
4 一 文元 洸成 3 3年 右右 5 左 冨田 泰生 7 3年 右右 6 二 黒川 史陽 10 2年 右左
7 右 根来 塁 14 2年 右左 8 捕 東妻 純平 2 2年 右右 9 投 池田 陽佑 18 2年 右右
【東海大相模】
1 遊 小松 勇輝 6 3年 右左 2 二 山田 拓也 4 3年 右左 3 中 森下 翔太 8 3年 右右
4 左 上杉 龍平 17 3年 右左 5 右 梶山 燿平 7 3年 右左 6 三 後藤 陸 9 3年 右右
7 一 渡辺 健士郎 3 3年 右左 8 投 野口 裕斗 11 2年 左左 9 捕 佐藤 暖起 2 3年 右右
見どころ
.東海大相模は今大会継投で勝ち上がってきた。投手陣はここまで全ての試合で3失点以下に抑えており、抜群の安定感を誇る。7年ぶりのセンバツ制覇へ向け、今日の試合でも好投を披露できるか。一方の智弁和歌山は前の試合で14安打11得点を挙げ、持ち味である打線の力で逆転サヨナラ勝ちを収めた。この良い流れそのままに決勝の舞台へ勝ち進みたい。

戦評
智弁和歌山が18年ぶりの決勝進出。智弁和歌山は4点を追う8回表、林の適時打などで同点とする。そのまま迎えた延長10回には、冨田の犠飛などで2点を勝ち越した。投げては、1回途中から登板した平田が180球の熱投。敗れた東海大相模は、最大5点のリードを奪うも、終盤に齋藤がつかまった。
第2試合
大阪桐蔭(大阪)対三重(三重)戦。
延長12回3対2で大阪桐蔭サヨナラ勝利。
先発、
【大阪桐蔭】柿木 蓮 1 3年 右右。
【三重】定本 拓真 10 3年 右左。
【三重】
1 中 梶田 蓮 8 3年 右左 2 右 浦口 輝 9 3年 右左 3 二 曲 孝史朗 4 3年 右左
4 左 大川 翔也 3 3年 左左 5 捕 東 亮汰 2 3年 右右 6 三 前出 健汰 5 2年 右右
7 一 小川 尚人 17 2年 右右 8 投 定本 拓真 10 3年 右左 9 遊 井上 裕斗 6 3年 右右
【】大阪桐蔭】
1 左 宮崎 仁斗 7 3年 右右 2 右 青地 斗舞 9 3年 左左 3 三 中川 卓也 5 3年 右左
4 中 藤原 恭大 8 3年 左左 5 遊 根尾 昂 6 3年 右左 6 二 山田 健太 4 3年 右右
7 一 石川 瑞貴 3 3年 右右 8 捕 小泉 航平 2 3年 右右 9 投 柿木 蓮 1 3年 右右
見どころ
.大阪桐蔭は準々決勝で19得点を挙げ、圧倒的な攻撃力を発揮。投手陣もエース・柿木を含めた3人で無失点リレーと盤石ぶりを見せつけた。今日も隙のない戦いで連覇に王手をかけるか。対する三重は1番・梶田、2番・浦口に注目。2人で今大会チームの約半分の得点をたたき出している。絶好調の1・2番コンビがチームを49年ぶりの決勝へ導くか。

戦評
.大阪桐蔭がセンバツ連覇へ王手をかけた。大阪桐蔭は1点を追う9回裏、小泉の適時打で同点とする。そのまま迎えた延長12回には、2死一塁から藤原が適時打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。投げては2番手・根尾が8回無失点の好救援。敗れた三重は、先発・定本が163球の熱投を見せるも最後に力尽きた。

2. 【巨人】山口俊、今季初登板へナゴヤDで最終調整「1つのアウトを大事に」
4/2(月) 17:51配信 、スポーツ報知

【巨人】山口俊、今季初登板へナゴヤDで最終調整「1つのアウトを大事に」

ノックを受ける山口俊(カメラ・矢口 亨)

 巨人の山口俊投手(31)が2日、ナゴヤDで行われた1軍の先発投手練習に参加。今季初登板初先発となる3日の中日戦(ナゴヤD)に向け、最終調整を行った。

【写真】ファンの歓声に応える高橋監督

 移籍1年目の昨年は4登板で1勝1敗で、7月9日の阪神戦(甲子園)を最後に、グラウンド外でのトラブルが発覚し、それ以降は1軍登板がなかった。今年はキャンプから好調を維持し、完投能力の高い先発の柱として首脳陣の期待は大きい。

 この日は登板2日後で休養日の田口を除く1軍先発投手がナゴヤDで練習し、山口俊は菅野、野上、吉川光、大竹とともにマウンドでノックも受け、今年から新しくなった同球場の人工芝の感触を確認。「1つのアウトを取ることが大事になってくる。1つのアウトの積み重ねが長いイニングになってくると思います」と決意を示した。

 4日の2戦目に先発予定の吉川光は、実際のマウンドから投球練習を行い、ナゴヤDのマウンドをチェック。5日の3戦目で松坂大輔投手と投げ合うことが予想される大竹は、ランニングやキャッチボールで準備を整えた。

【関連記事】
【巨人】上原、2戦連続完全 また1点差登板で抑え、雄たけび
【巨人】野上、西武時代と同じ納豆で出陣
【巨人】由伸監督、アグレッシブ采配 10割小林代え大城抜擢
【巨人】野上、移籍後初登板初勝利に「最高です」グラウンド内外で貫く自然体
山口俊 、 松坂大輔 、 イニング を調べる

3. ドラフト視点で選抜ベスト9を選出。やはり2018年はショートが豊作だ。
4/3(火) 7:01配信 、Number Web

ドラフト視点で選抜ベスト9を選出。やはり2018年はショートが豊作だ。

“三刀流”とも称される大阪桐蔭の根尾。そのセンスは今年の高校球児でずば抜けている。 photograph by Kyodo News

 甲子園球場で行われているセンバツ大会、各種データからドラフト候補となりそうな選手からベストナインを考えてみた。

 投手でストレートが140キロを超えたのは初戦を終えた時点で23人いた。特に目についた4人は、147キロを計測した井上広輝(日大三2年)、146キロの市川悠太(明徳義塾3年)、144キロの柿木蓮(大阪桐蔭3年)と奥川恭伸(星稜2年)という顔ぶれになる。

 井上と奥川はコントロールにこそ課題はあるが、伸びのあるストレートとスライダー、チェンジアップにも光るものがある。市川はサイドハンドにありがちな体の開きの早さがなく、初戦の中央学院戦は7回まで無四死球の1失点、3回戦の日本航空石川戦は8回まで散発3安打に抑える好投を見せた。

 ただ中央学院戦は8回に4四死球と2本のタイムリーで4失点、日本航空石川戦は最終回にサヨナラ3ランを打たれるなど終盤の安定感を身につけられるかが今後問われる。
.
内外、高低を使える柿木のコントロール。

 私が大会ナンバーワンと評価したのは柿木だ。初戦の伊万里戦は先発して6回2安打無失点、10三振を奪った。注目したのはコントロールの良さだ。右打者に対しては外角低めで追い込み、内角高めのボール気味のストレートで仕留める。また左打者には内角に縦変化のスライダーを投げ込んで空振り三振を奪っていた。

 ストレートとスライダーの2球種を内外角、高低に投げ分け、この試合では最速144キロを計測し、自己最速は147キロ。今年のドラフト上位候補と言っていいだろう。

 捕手は例年だと「二塁送球1.9秒台」クラスの強肩が数多く顔を揃えるが、今年は少なかった。センバツ前に開催されたの社会人野球のスポニチ大会でも同じような傾向があり、今年は強肩捕手が少ないのかもしれない。

 そんな中、注目したのは「イニング間の二塁送球タイム」である。
.
公立の進学校でも強肩強打の捕手が。

 攻守交代の間、投手は3~5球ピッチング練習をする。その最後のボールを受け取った捕手は実戦を想定して、二塁ベース上に待機する内野手へ送球する。そのタイムも肩の強さを計測する指標になると考えている。

 この数字で2秒を切ったのは東大翔(瀬戸内3年)、東妻純平(智弁和歌山2年)、渡部雅也(日大山形2年)、小泉航平(大阪桐蔭3年)、高内希(彦根東3年)、山瀬慎之助(星稜2年)、東亮汰(三重3年)の7人だった。

 その中でコンスタントに2秒以下だったのが東妻と高内で、2人とも試合でも2.06秒を計測している。バッティング面では初戦の慶応戦、8回表に勝負をひっくり返す3ランを放った高内が上のようだ。公立の進学校でもこういう選手が育つのかと感心した。

俊足好打が光る二塁手の曲、富里。

 内野手はポジション別に以下の顔ぶれを候補にした。

 一塁手:文元洸成(智弁和歌山3年)、藤村健太(智弁学園2年)
二塁手:曲孝史朗(三重3年)、富里尚史(松山聖陵3年)
三塁手:北村恵吾(近江3年)、成瀬和人(静岡3年)
遊撃手:根尾昂(大阪桐蔭3年)、村松開人(静岡3年)、増田陸(明秀日立3年)、小松勇輝(東海大相模3年)、松浦佑星(富島2年)、日置航(日大三3年)

 一塁手は前評判の高い文元とともに藤村を推したい。3回戦の創成館戦で一塁線を破るような強烈な打球を捕球したファインプレーに、センスの良さを感じたからだ。対する文元は、無駄を排してシンプルなバッティングを究めようとする姿勢が素晴らしい。富山商戦で5打数2安打、国学院栃木戦で4打数3安打と結果も残している。

 二塁手は曲、富里ともに俊足好打が光る。曲は日大三戦、前述の井上から左中間にタイムリー二塁打を放った。富里は送りバント時の一塁到達タイムが3.89秒、二塁打での二塁到達タイムは7.70秒という速さだった。

 ちなみに私が俊足の基準としている各塁到達タイムは「一塁4.3秒未満、二塁8.3秒未満、三塁12秒未満」。これを踏まえると、富里の走力は非常に高い。
.
見逃せない根尾の捕球時のステップ。

 三塁手は強打者ぞろいだ。成瀬は駒大苫小牧、東海大相模戦で2安打ずつ放ち、駒大苫小牧戦の2安打は打点つきだ。北村は文元と同様に動きが小さく、さらにボールを捉えるまでのステップが巧み。かつて中日の名選手、立浪和義は「バッティングで最も大切なのはタイミング」と言っているが、北村からもバッティングの奥義を掴み取ろうとする意欲が感じられる。

 今大会最大の特徴はショートの好選手が多いことで、ドラフト候補として6人挙げた。その中で頭ひとつ抜けているのが根尾だ。昨年から評判の選手で、あるスカウトは「ドラフト1位確実」と言い切るほどである。

 私が注目したのは捕球するときのステップで、細かくリズミカルにステップを踏んでいた。強肩強打も候補の中ですば抜けており、チームメートの柿木、藤原恭大(外野手3年)とともにドラフト1位候補に挙げられている。

オリックス吉田正尚のような齊藤。

 外野手の候補は藤原以下、森下翔太(東海大相模3年)、上杉龍平(東海大相模3年)、齋藤來音(静岡2年)、上田優弥(日本航空石川3年)、谷合悠斗(明徳義塾3年)、左向澪(智弁学園3年)という顔ぶれ。

 藤原は体調が万全でない中、伊万里戦で2安打を放ち、第2打席の二塁打での二塁到達タイムは7.76秒という速さだった。守備での俊足や強肩もドラフト1位候補の名に恥じない迫力で、充実の時を迎えている。

 森下は文元、北村と同様、バッティングの動きが小さいのがいい。メジャーリーグで主流のアッパースイングが日本の高校野球でも見られるようになったが、森下は浅い縦軌道でボールをとらえる従来型。最短距離でボールを捉える、効率的なスイング軌道だ。

 齋藤は初戦の駒大苫小牧戦で3安打を放ち、第1打席は内野安打で一塁到達タイムが4.06秒、第2打席は2死一、二塁の場面でタイムリー三塁打を放ち、第3打席は1死二、三塁の場面で三塁打を放ち(2打点)、三塁到達タイムが11.79秒だった。

 フルスイングを見て似ていると思ったのがオリックスの吉田正尚。俊足プラス好守、そして強打という現代的なセンスを持ち合わせる、楽しみな2年生である。
.
では、ベストナインの顔ぶれは……。

 これらの候補から、私が選出する今センバツのベストナインは次のようになる。

 投手 柿木蓮(大阪桐蔭3年)
捕手 高内希(彦根東3年)
一塁手 文元洸成(智弁和歌山3年)
二塁手 曲孝史朗(三重3年)
三塁手 北村恵吾(近江3年)
遊撃手 根尾昂(大阪桐蔭3年)
外野手 藤原恭大(大阪桐蔭3年)、森下翔太(東海大相模3年)、齋藤來音(静岡2年)

 ベストナインということで、野手8人に対して投手は1人しか選出できない。それではもったいない気持ちが湧いたので、最後に甲子園のスピードガンで目についた選手を紹介する。

 147キロ 井上広輝(日大三2年)、土居豪人(松山聖陵3年)
146キロ 市川悠太(明徳義塾3年)
145キロ 鶴田克樹(下関国際3年)
144キロ 中村奎太(日大三3年)、柿木蓮(大阪桐蔭3年)、川畑大地(乙訓3年)、奥川恭伸(星稜2年)

 彼らは今後、さらなる成長を果たすのか。期待したい。

4. 沢村&上原 4・3バースデー登板で快投 同じ誕生日の由伸監督に白星贈る
4/3(火) 21:44配信 、スポニチアネックス

沢村&上原 4・3バースデー登板で快投 同じ誕生日の由伸監督に白星贈る

<中・巨>1回を3者凡退に抑えた上原

 ◇セ・リーグ 巨人10―3中日(2018年4月3日 ナゴヤD)

 巨人は3日に誕生日を迎えた沢村と上原が登板。30歳になった沢村は7回に、43歳となった上原は8回に登板し、いずれも1回を3者凡退に抑える好投。この日上原と同じく43回目の誕生日だった高橋監督に白星をプレゼントした。

 沢村は昨年1軍登板がなく、この日が今季3度目のマウンドで全て無失点と好調。上原は今季巨人に復帰、沢村同様今季3度目の登板で全て無失点とした。

 沢村、上原ともに昨年は巨人の1軍で登板しなかった“新戦力”。これで開幕4戦3勝となったチームに力を与えている。
.
【関連記事】
上原が完璧救援!お立ち台で「おひさしぶりです!」「1点差しびれた」
中日・柳 プロ最短3回2/3でKO…本拠地開幕飾れず4失点
巨人・野上がFA移籍後初登板、5回2/3を投げ4安打2失点
巨人“4首脳会談”で新旧融合 由伸監督主催の食事会で「垣根」なくした
セ・リーグ 、 ナゴヤ を調べる

5.

二ユース、

1. 海外では「神」扱い? 日産スカイライン「GT-R」が海外で大人気の理由
4/3(火) 6:20配信 、くるまのニュース

海外では「神」扱い? 日産スカイライン「GT-R」が海外で大人気の理由

日産 スカイラインGT-R(R32)

日産の看板車種、スカイラインの特別な存在「GT-R」

 スカイラインといえば日産が誇る看板車種のひとつです。その中でもさらに特別な存在といえるのが「GT-R」ではないでしょうか。

歴代スカイラインGT-R等の写真を見る(14枚)

 1969年に3代目スカイラインをベースに登場したGT-Rは、スカイラインのラインナップの1グレードという扱いではあったものの、レースで勝つことを前提に作られた特別なモデルであったこともその理由のひとつと言えるでしょう。

 そして1973年には4代目スカイラインをベースとした2代目スカイラインGT-Rへフルモデルチェンジを果たします。

 しかし、搭載していたS20型エンジンが、昭和48年排出ガス規制に適合しなかったため、僅か197台という生産台数をもって終了。その後は長い空白期間が空くこととなります。

 時は流れて1989年。ここで今回のテーマの主役であるR32型スカイラインGT-Rが登場することになります。

 ベース車は8代目となったスカイラインであり、当然ながらプラットホームも搭載エンジンも一新されたことから、第2世代のスカイラインGT-Rとも呼ばれます。

 レースのレギュレーションに合わせて2568ccという中途半端な排気量となったRB26DETT型エンジンは、カタログ値こそ280馬力と当時の自主規制値いっぱいとなっていましたが、少しのチューニングで400馬力近くまで簡単に出てしまうようなモンスターエンジンだったのです。

 そんなR32型スカイラインGT-Rは、1989年のデビューから次期型となるR33型にバトンタッチする1994年まで生産されていたモデルです。

 当時の新車価格は445万円からと決して安価ではなかったものの、20年が経過した中古車では比較的安価で購入することが可能でした。

 しかし、この安価で購入することができたのは、少し前までの話です。
.
R32型スカイラインGT-Rの中古車価格高騰のワケ

 少し前までは、大手中古車サイトで検索すると「修復歴あり、走行距離不明」のような車体であれば、50万円台から見つけることもできたR32型スカイラインGT-R。

 さすがにかなりくたびれてはいるはずでしょうが、しっかりとした中古車サイトに載せるくらいなので、ある程度はまともに走れる車体だったのでしょう。

 しかし、現在(執筆時点2018年3月)大手中古車サイトで安い順に検索してみると、最も安い個体でも198万円もします。

 もちろん、古いモデルになってきたので明らかに粗悪な車体は淘汰されたということもあるのでしょうが、それにしてもここ数年の価格の高騰はハッキリ言って異常です。

 しかしこれにはワケがあったのです。それが、アメリカにある「25年ルール」です。

 通常、左ハンドル圏であるアメリカでは基本的に右ハンドル車の走行は許されていません。

 アメリカで新車販売されていなかった車種を輸入しようとすると、排気ガスの検査や衝突安全のテストなど、数多くのハードルをクリアしなければ合法的にアメリカの道路を走行することもできません。

 それが製造から25年を経過した車両に関しては、これらの諸問題が全て不問になるのです。

海外では「神」扱い? 日産スカイライン「GT-R」が海外で大人気の理由


海外では「神」扱い? 日産スカイライン「GT-R」が海外で大人気の理由

日産 スカイラインGT-R(R32)

日産の看板車種、スカイラインの特別な存在「GT-R」

 スカイラインといえば日産が誇る看板車種のひとつです。その中でもさらに特別な存在といえるのが「GT-R」ではないでしょうか。

歴代スカイラインGT-R等の写真を見る(14枚)

 1969年に3代目スカイラインをベースに登場したGT-Rは、スカイラインのラインナップの1グレードという扱いではあったものの、レースで勝つことを前提に作られた特別なモデルであったこともその理由のひとつと言えるでしょう。

 そして1973年には4代目スカイラインをベースとした2代目スカイラインGT-Rへフルモデルチェンジを果たします。

 しかし、搭載していたS20型エンジンが、昭和48年排出ガス規制に適合しなかったため、僅か197台という生産台数をもって終了。その後は長い空白期間が空くこととなります。

 時は流れて1989年。ここで今回のテーマの主役であるR32型スカイラインGT-Rが登場することになります。

 ベース車は8代目となったスカイラインであり、当然ながらプラットホームも搭載エンジンも一新されたことから、第2世代のスカイラインGT-Rとも呼ばれます。

 レースのレギュレーションに合わせて2568ccという中途半端な排気量となったRB26DETT型エンジンは、カタログ値こそ280馬力と当時の自主規制値いっぱいとなっていましたが、少しのチューニングで400馬力近くまで簡単に出てしまうようなモンスターエンジンだったのです。

 そんなR32型スカイラインGT-Rは、1989年のデビューから次期型となるR33型にバトンタッチする1994年まで生産されていたモデルです。

 当時の新車価格は445万円からと決して安価ではなかったものの、20年が経過した中古車では比較的安価で購入することが可能でした。

 しかし、この安価で購入することができたのは、少し前までの話です。
.
R32型スカイラインGT-Rの中古車価格高騰のワケ

 少し前までは、大手中古車サイトで検索すると「修復歴あり、走行距離不明」のような車体であれば、50万円台から見つけることもできたR32型スカイラインGT-R。

 さすがにかなりくたびれてはいるはずでしょうが、しっかりとした中古車サイトに載せるくらいなので、ある程度はまともに走れる車体だったのでしょう。

 しかし、現在(執筆時点2018年3月)大手中古車サイトで安い順に検索してみると、最も安い個体でも198万円もします。

 もちろん、古いモデルになってきたので明らかに粗悪な車体は淘汰されたということもあるのでしょうが、それにしてもここ数年の価格の高騰はハッキリ言って異常です。

 しかしこれにはワケがあったのです。それが、アメリカにある「25年ルール」です。

 通常、左ハンドル圏であるアメリカでは基本的に右ハンドル車の走行は許されていません。

 アメリカで新車販売されていなかった車種を輸入しようとすると、排気ガスの検査や衝突安全のテストなど、数多くのハードルをクリアしなければ合法的にアメリカの道路を走行することもできません。

 それが製造から25年を経過した車両に関しては、これらの諸問題が全て不問になるのです。
コメント