オカシのキモチ

食べ歩き・食イベント・家ゴハン・犬・散策...
そして一日限定カフェ。
食いしん坊夫婦の備忘メモ。

遠野名物じんぎすかん / 遠野食肉センター <岩手県>

2019年01月08日 | ├ ご当地モノ・アンテナショップ
遡ること1989年(昭和64年)の1月8日...
前日7日朝の昭和天皇の崩御を受けて午後の臨時閣議で決定した元号が「平成」、
つまり現在の元号がスタートした日。
「平成」は日本の初年号「大化」以来247番目の元号で、初めて政令に定められた新元号です。

新年号の発表が日々に迫っている今日の頃、
また新たな名を冠した時代を迎えることになって感慨深いですね。


さて、少し遡って平成最後の大晦日
妻のお友達から届いた引越祝の中から一つだけ丁重に梱包された品物を開いてみると...
なんと生のラム肉

年越し蕎麦や正月準備で忙しくしていたものの冷凍して年明けに食べるには勿体ない逸品ですからね、そのままジンギスカンにてしていただきました



ジンギスカンと云えば北海道を連想するかもしれませんが、
ご当地の岩手県遠野市は「ジンギスカンの街」として知られています。

県内で最初に一般紹介したと云われる安部梅吉が旧満州の従軍中に羊肉料理の独特な美味しさを知り、帰国後に精肉店兼食堂を開業してからも羊肉の美味しさを忘れられず、自ら羊肉を取り寄せては家族で賄い料理として食べていたそうです。
そんな賄いジンギスカンを客にも振る舞ったところ非常に喜ばれたことから、昭和30年頃からジンギスカンを出し始めたのが由来なんだとか。
(当時、遠野元より岩手県ひいては国内でも羊肉を食べる習慣はほとんどないでしょうから浸透するまで大変だったと思います)



▲このシズル感たるや...

輸入羊肉は近年でこそ品質レベルが上がったものの、冷蔵・冷凍技術が未発達な当時は輸入物といえば低品質な冷凍マトン肉が主流でしたが、
岩手県遠野では数多くの農家でホームスパン用の羊を飼育していたため、輸入に頼ることなく新鮮な食材が調達ができたことから爆発的なジンギスカンの普及に一役買ったようです。
(現在は地物だけに頼ることは難しいと思いますが)



▲肉汁を纏わせるように野菜を被せて肉・野菜を交互に食べましたw

そんな遠野名物ジンギスカンですからね、噛むほどに肉汁が溢れるラム肉は惑うことなく今まで食べた中でイチバンです!
シンプルに塩胡椒だけは勿論のこと専用タレに浸けて食べるとまた格別に。

ゴチソウさんでした。
(贈っていただいた妻のお友達に感謝感謝です)



▲近所で買ったラム肉とは別物でした...

【過去の記事より...中央線が懐かしいですw】

*[手軽にジンギスカン ~呑み所「斧山」~]
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 華麗なる年始...大根カレー | トップ | 奥州ポテト / お菓子のフ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。