副田本道の「平和維新」

私の夢:「平和維新」を世界の共通語にすること。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

孤児院

2013-01-28 16:42:01 | Weblog

 

一粒万倍日。来訪者様に感謝。

メルマガ「内海新聞」の紹介です。

一日でも早く、億単位の金額が集まり、

孤児院が出来ると、いいですね。

紹介はここから。新しいウィンドウで開く

Fw: ●内海新聞(No855_20130126)

 
-----Original Message----- From: mag2 0000000315
Sent: Saturday, January 26, 2013 9:56 PM
To: narawaki@silk.plala.or.jp
Subject: ●内海新聞(No855_20130126)


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■世界で初めての電子新聞
■ 内 海 新 聞…★(2013/1/26 No.855)  ■発行部数2235部(2013/1/26現在)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■一時的に複写転載自由
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/
http://ameblo.jp/utumisinbun/
◆購読希望・停止の方は上記ホームページで登録・解除をして下さい。
(見出し)
経済●藤巻コメントについて
神託●DV離婚したいという主婦と和気清麻呂
(本文)
==========================
経済●藤巻コメントについて
==========================
神様の声が聞こえる私には、世の中のすべてがくだらなくて、もう経済の話なん
かしたくないんですが、それでも、私の経済分析を聞きたい人が意外と多いので
す。軍事とか。

浮世の実利のこと?何がほしい?
でも、聞きたいんでしょ?
話しますよ。でも、そういうので満足している人は、レベルが低い。残念だけど。
神様の声は聞こえない。汚れて。

つい1月15日ブルームバーグで、藤巻健史氏のコメントが出た。
「安倍晋三政権の財政拡張政策により、年内にも日本の財政が破綻する可能性が
あるとの見方を示した。」

この藤巻は「著名投資家ジョージ・ソロス氏の投資アドバイザーを務めた経歴を
持つ」とあります。

これで、裏を知らない読者はほとんどだまされる。「すごい人だな」と。
こういうニュース全部読むときね、必ず「意図」「裏」知ることですよ。
うのみにしない。

それがコツです。

私は、藤巻を任命した人間と知り合いです。モルスタの人間。
でも、彼は藤巻を「別にたいしことないよ」と評していました。
で、それが本当か?本当でした。

私が別の投資顧問に聞いたらこういう回答が返ってきた。

これってどう思われますか?

★内海君のメール
5年以内IMF体制に日本が陥るとは以前からきいていますが、知人が藤巻さん
を転職で雇い入れた手伝いをしたそうですがそんなすごい人じゃないようなこと
はいってましたが、本を売る人としては成功したかも。

そんなまずい状況でしょうか?あの、日本は唯一黒字?
どこいっちゃったんでしょうか?

「2人に1人はがんで死にます」もいきなり湧き出てきましたよね?
外資の作戦でしょうか?

安倍財政で日本は年内にも破綻、「ガラガラポン」早まる-藤巻氏

★投資顧問のメール(全部書くとやばいんで一部抜粋)
一種の信仰を持っている人ですね。
彼の金利観は見事で当時の金利急落を見事に予言していました。
その大当たりで、巨額ボーナスとその後のソロス・ファンドの委託に繋がりまし
た。案に相違して、ソロスの時は不調で、比較的短い間で解約されてしまいまし
たが。

彼の議論は基本的に自分の投資持ち高と同じ方向です(position talkといいます
が)
持ち高の方向は開示していますので、ずるいとは言えなさそうです。

……やっぱね。要は本とか出す人いるでしょ?経済本とか。いわゆる日経やダイ
ヤモンドとかがあおる。それを、ビジネスマンがさも教養書みたいにありがたが
っ読む。でも、ほとんどは「意味がない」。

読者のみんなに教えてとくね。くたびれるから。「この人どうですか?」って質
問けっこう来るんで。

要は、外資の投資銀行出身というとき、二つしかないんです。ひとつは「自分の
仕事がうまくいって大もうけしてビッグボーナスもらえた人」ゴールドマンでも
モルガンでもいいけど。

それ以外は「東大出てゴールドマンの厳しい就職試験勝ち抜いて通って仕事はし
たけど、『結果出せなかった』」
と言う人です。これは、投資銀行の世界では「即クビ」なんです。

で、転職のテクニックとして「クビ」だと、次がないですから
「栄誉ある撤退」というしかないんですよ。
それで、そういう連中は、外に出されて「本を書く」

だって、ここまで私が書いたら気づくでしょう?もし、ゴールドマンやモルガン
で成功したら「誰にも自分の儲けや成功言いたくない」はずなんです。だって、
言うだけで余計なせんさくされたり、お金をたかりに来る人が押し寄せるからで
す。

私が知っている限りでも、知人のモルスタで年収5000万円。別の投資銀行でも27
歳ぐらいの女の子でも、うまくいけば年収1500万円なんですよ。

人に言いたくないですよ。儲けていたら。それこそ、さっさと、貯金を隠してオ
フショアに逃げて名前も世間に公開したくないです。

それをあえてしなければならないというのは?金がとれなかったので、自分の経
歴を売りにして儲けようという「自虐的パターン」。

藤巻氏もそうでしょうね。「そっち」で、儲けた。

で、そういう人の言い分を信じて投資活動をすることが「正しいのか?」なんで
すよ。

私だったら「まあ、参考の一文としては見るけど、本質ではないよね?」となり
ます。

どうか、そういう目を養って、藤巻藤巻と騒いでください。

なぜなら、その投資顧問は次のような大事なエッセンスを教えてくれました。

為替に関しては、円ドルだけ見ていますと間違えます。
日本円に実効レートは、1995年の大震災当時155ポイント、昨年の円高時136ポイ
ント、現在112ポイントと急速に円安となっています。
貿易の決済はドル中心ですので、目が行き届きませんが、確実に円安になってい
る状況です。
その背景には、財務状況もさることながら、経済が名目的成長がマイナス、と言
うところが大きいと思います。
実質GDP云々と言いますが、税金も給与も売り上げも、全部名目値ですので、
名目値が下がる事は縮小している事です。
一方の借財は、膨れ上がっていますので、危機感を持つのは当然です。

以下は日本国の財務諸表です。
http://www.mof.go.jp/budget/report/public_finance_fact_sheet/national/fy2
010/2010_01c.pdf

P2 に貸借対照表が載っています。

これを見ますと、我が国は357兆円の債務超過で、GDP比約75%くらいです。
決して低くは有りませんが、明日吹っ飛ぶ状況ではありません。
加えて、家計・企業の純貯蓄が1000兆円以上ありますので、数字上は国の資産処
分をすれば何とかなる水準ですので、市場はパニックにならない状態です。

どうでしょうか?

目が覚めましたか?

以上。

(内海君:小市民)

==========================================
神託●DV離婚したいという主婦と和気清麻呂
==========================================
読者からは

「いくつも案件が出てましたが、正直 ご神託が本当に必要な相談なのかな?
と頭をひねってしまいました。

相談と共に皆さん、内海さまにいろんな良くないものを飛ばしてきてるように
感じてなりません。

相談者より内海さまの方の体調の方が心配になってきてしまいます。

どうかあまり無理をなさらないでくださいね。」(Iさん)

と心配されました。そうですね、私は安倍晴明がますます、立派な方だと思いま
した。彼は、私がこれをやることを反対もしませんでした。でも、やってみたら
わかると無言で諭したのです。

連れ子で再婚した主婦が「新しい夫がDVしたり子供にあたる。離婚したい。」
と相談してきました。

でも、女の人のこういう相談も、本質はその自分にあることが多いのです。だっ
て、恋人や夫がDVだとか?おかしいでしょう?

最初からそうですか?最初は違うでしょう?愛していて、愛しているよ……と優
しい関係だったのが、変わっていく。それはたいてい、女性の甘えとか、わがま
まとか、勝手が表面に出て、自分がそれを直さないことが増えていくからです。

でも、女性は常に自分を被害者にすることで正当化したいから、相手を悪く言う
ようにばかりなる。内なる自分の悪さを反省しないで、硬直していく。
やがて、警察や裁判に頼る。

だから、私からすれば、相談してくる女性が直れば、相手も直ります。それを神
様に「離婚すべきか聞いてもらえますか?」と聞く愚かさかな。神様は離婚も別
離も望んでませんよ。でも、しかたなく聞いていますけど。

聞きに行くけど、だいたいが、神社の神様も「無言」「だまっている」ばかりで
すよ。

その女性にはこうアドバイスまずしました。

1回目「とりあえず、毎日のお食事をきちんと、手を抜かずにつくり、いってら
っしゃい、おかえりなさいを欠かさず言ってみてください。また、言葉遣いをて
いねいにしてみるといいです。
やってるようでしたら、ごめんなさい。」

2回目「わかりました。でも、相手はそう思っていないこともあると思います。
相手が気に入らないと感じているところをそれとなく聞いて、
知ってあげ、対応すると相手も変わってきます。

あと、笑える心境ではないと思いますが、神託がおりるまでは、自分を守るのだ
と思って、つくり笑顔でもいいですから、まずは笑顔で、ていねい、親切をここ
ろがけてみてください。
●●様が、冷たい、固い、シグナルを送れば、相手もそれを返すハメになるから
です。
大変だとは思いますが、ウソだと思って少し続けてみてください。」

さて、私も自分の祖先のことを数年前調べたのですがあまりわからなかった。と
ころがネットが広がるにつれて、各地のいろいろな情報が出てくるようになりま
した。
内海氏の祖先も、和気清麻呂だという情報も出てきました。
実際、図書館で調べたら確かに、和気氏の末裔は内海氏ともなって京都御所の内
舎人(うどねり)を代々していました。

その和気清麻呂ってどんな人?って調べたら、なるほど自分の人生の流れ的にそ
うなのか?という人でした。正直、今の自分にはオーバーキャパシティなぐらい
立派な人でした。ほんと立派だった。

今の霞ヶ関の役人と違って、正義、弱い人のために自分の身をつくす。国家・天
皇・国民のために命をかける……涙がでました。

一番びっくりしたのは、和気清麻呂の姉だった玉虫姫が、奈良時代の当時、戦争
で親をなくした孤児を80人以上、自分の子供として引き取って養育していたこと
でした。

奈良時代ですよ。現代ではないのに。そのときに、80人以上の子供をわけへだて
なく、自らの子供として育てた。ビッグダディも真っ青だ。

今の役人たちにできるでしょうか?自分の子供でさえ満足に養育できないのに。
あかの他人の、しかも孤児を。

奈良時代にもう、今の、人権だとかこどもの権利条約だとか関係なく、人の道は
あったのです。昔は昔で幼稚で大変だったかもしれない。科学も劣っていたし。
でも、人の心や情操はなんか今より豊かだった気がする。

私は、恥ずかしかった。そんな立派な人が祖先だったのに。今の自分はなんだろ
う?

で、京都の山奥の神護寺まで和気清麻呂の墓に行きました。神護寺は和気氏の寺
です。藤原氏と和気氏は平安京をつくったのです。NHKが毎年映像で流すほど
紅葉で有名なところでもあります。和気清麻呂の廟から、さみしい道をずっと歩
いていくとひっそりと和気清麻呂の墓があります。誰もきません。

私がお参りをして「どうかな?」と聞いてみたら
「おのれの道を」
と清麻呂は話しました。

たったそれだけでした。まあ、清麻呂様に比べたら自分は下品すぎます。

京都御所の横に「護王神社」があります。いのししの神社。ここが明治天皇が和
気清麻呂をまつって、清麻呂は10円札にもなった。菊の御紋が入った神社です。
皇室ご一家も寄付を何度もしておられます。

清麻呂は宇佐の神託事件のために、足を切られ、女帝の称徳天皇にさえも姉と一
緒に弾圧されます。でも、正しいことは正しいと最後まで筋を曲げませんでした。

清麻呂は自分の地元の民衆が天災で飢えて困っていると聞くと「それなら自分の
荘園を人に貸してお金を得られるようにして与えなさい」と指示しました。

そして、自分の遺産を息子らには「これで大学をつくりなさい」と言い残しまし
た。息子らもまじめで、忠実に平安京に大学を作り学問を広めるようにしました。

また清麻呂は中国から留学で戻ってきた弘法大師の能力を見抜き、京都で活動で
きるように支援し続けました。この神護寺は弘法大師の活動拠点にもなっていま
した。平安京をつくる造営大夫(都市計画の責任者)として平安京を造りました。

その私が、ぜんぜん意識もしない理由で平安京に呼ばれているのは、なんだろう
な?と思います。そして、京都で神様と藤原氏と平安京の歴史を短期間で叩き込
まれた。

清麻呂と姉の広虫姫は天皇に仕え、正しいことの筋を通し、まさに役人の鏡のよ
うな人でした。
今の霞ヶ関の人は腐っています。自分の退職金のこととか、外務省は税金で馬買
ったり酒買って遊んでいる。愛人を囲っている。

でも、昔の役人は本当に人のために、自分の身を投げ出し、多くの人のため、困
っている人のために働いたのです。役人とは本来そういうものです。だからこそ、
人々から尊敬されたのに。今はまったく逆です。

自分の資産も惜しげなく、見も知らぬ多くの人のために分け与え、困っている人
のために常に何かできないか?そうやって生きていた。

その動かしがたい事実の前に、歴代の天皇も敬意を示し今の護王神社があるので
す。

京都に来て、裏千家の千宗室(前の家元)が護王神社の寄進に熱心だったのは驚
きでした。でも、そのおかげで、和気清麻呂の立派な像が神社に立っています。
私はいつも訪れると、和気清麻呂の像がこわい。ほんと、まっすぐな人だからで
す。
悪意のある人は、己の悪におののくからです。

だから、私はもし、億単位のお金を手にすることがあったなら、絶対、玉虫姫を
超える孤児院を作りたいと思っています。そして、今までの汚れてしまった人生
をクリアできるようにできたらなと思います。

(内海君:小市民)

============================
★内海君へのカンパについて★
============================
読者からアクティブに活動するためのカンパのお申し出をいただき、恐縮してお
ります。

あらかじめ、お伝えしたいのは、ご返金できない性質のお金になるのと、カンパ
いただいたからといって、大金であってもその人のために何か言うこと聞いてく
れーとかはできないので、あくまで、「カンパして損した」と期待しないぐらい
の気持ちでやってください。

ただ、今回、カンパしていただいた方には、バックナンバー読み放題と内海新聞
友の会の出すご案内、個別の各種相談(メール)はのることにします。
そのぐらいしかできませんが、ご了承のうえよろしくお願いいたします。

また、気が変わってご入金がなくてもなんとも思いませんので、気負わないでく
ださい。

繰り返しますが、私は人に金を貸すということはしませんし、そういう人が出た
ら逆にあげています。また、カンパしてその後、カンパ先が自分の思い通りにな
らないから嫌いだ、いやだというのもいやなので「あとは知りませんどうぞご自
由に」という感覚で寄付するときはしています。

くどくてすみませんが、そういうことなので、よろしくお願いします。

■カンパ希望の方は
u23news@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

================================================
★編集部★記事投稿、意見・感想お待ちしております
================================================
以下のURLにアクセスいただければご記入いただけます。
なるべく、新聞で紹介しますが長いと載せきれないので簡潔にお願いします。
http://green.ribbon.to/~undesk/enquete.php

------------------------------------------------
★情報を登録したい方はmailto:u23news@yahoo.co.jp
------------------------------------------------
■内海宣言(19980415)
第一条 すべての科学者や技術者はいかなる強制があろうとも一切の軍事技術へ
協力しない。現在携わっている科学者、技術者はただちに拒否せよ。こ
れに背くのであれば人間の生存を否定するのであり、ただちに科学者お
よび技術者としての呼称および名誉を社会に対して返上しなければなら
ない。すでに関わった者は軍事のための技術と知識と結果を即刻廃棄せ
よ。
第二条 すべての政治家は平和を解決する手段に先制攻撃として軍事力を行使し
ない。もし戦争をする場合は自分から先に前線に出ること。
第三条 資産を軍事技術開発、販売によって得た者は保有するすべての資産を国
際連合または戦争によって被害を受けた人たちに分け与えること。そし
て一生涯を戦死者に謝罪するためにひとつひとつ墓参すること。
第四条 兵器を製造しているもの、兵役につくものは即刻作業をやめ命令を拒否
し逃亡せよ。
第五条 全世界の国民は手を取り合って武装を解除するために行動すること。徴
兵を拒否し逃亡せよ。
第六条 全世界の国民はこの宣言を人類の存在する限り語り継ぎ心の中で守るこ
と。戦争肯定者や推進者による弾圧、謀略、脅迫にも抵抗と逃亡によっ
て応じないこと。
第七条 宇宙と地球は誰のものでもなく宇宙と地球であることを認識すること。
 
紹介はここまで。
------------
<iframe id="I2_1359352900163" class="Gp" name="I2_1359352900163" src="https://apis.google.com/u/0/_/streamwidgets/hovercard?origin=https%3A%2F%2Fmail.google.com&hl=ja&jsh=m%3B%2F_%2Fabc-static%2F_%2Fjs%2Fgapi%2F__features__%2Frt%3Dj%2Fver%3DYSpZqfkBKG4.en.%2Fsv%3D1%2Fam%3D!vsW3HvGOwTAJ6w1K2g%2Fd%3D1#rpctoken=693477147&_methods=noContent%2Ckeystroke%2Cready%2CdispatchEvent%2C_event%2C_ready%2C_close%2C_open%2C_resizeMe%2C_renderstart&id=I2_1359352900163&parent=https%3A%2F%2Fmail.google.com" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="100%"></iframe>
   
コメント   この記事についてブログを書く
« 戦争の前触れ | トップ | 東海アマ »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事