充電日記     

オフな話で一息。
小さめ画像はクリックで拡大します。

リンク表示は見づらいかも。。。

東北大図で調査

2018年05月25日 | Weblog
・東北大もどんどん変わってるけれど、3年前に来ているので、それほど違和感はありません。それでも、地下鉄東西線はまだ開業してなかったので、物珍しい。広瀬川の上を渡るので、そこから見る景色はちょっといいかも。



・もちろん、通学していた30年前にくらべれば、キャンパス内はあれこれ変わっています。それだけに、30年前にもたしかにあった消火栓(?)に出会えば感慨も。

   

・文系食堂も随分おしゃれに改装されました。夏は冷麺、冬は味噌ラーメンがおいしかったな。盛岡冷麺行けるか・・・ もう飽きられてるのか、ありませんでした。残念。冷し坦々麺に。食後は、某メーカーのカフェオレ(紙パック)がお気に入りだったなー。たまたま品切れだったとき、コーヒー牛乳にしたら、レジのおばちゃんに「今日は、違いますね」と聞かれてびっくりしたっけ。三太郎人気が復活してるのでしょうか。「扇坂」、本当はこのルートだったのか?? 「川内記念講堂」も「萩ホール」になったのだったか。





・今回は図書館で準貴重書の閲覧でした。お世話になりました。東京にもどってのアフター5は東京国立博物館。この日は21時まで開館してますので。法隆寺宝物館は初めて入ったかも。はいっていきなり白鳳の小さな仏たちが平面座標にプロットされ、そのまま宙に浮かんだような位置に展示されています。これだけあると、ありがたみよりは、親近感の方が湧きやすいか・・ちょっと不思議な感覚をあじわいました。そのほか、本館では高野切れなど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県立文書館で調査

2018年05月24日 | Weblog
 

・何年ぶりかで群馬県立文書館へ。前橋駅からバスの便が少ないのが悩みの種ですが、循環系の小さな小さなバスが毎時00分(逆回りは毎時30分)にあると分かり、これなら却って便利なくらい。文書館に入ってしまえばすることはたくさんありますから、バスの待ち時間なんてしれてます。



・前橋から高崎。新幹線で大宮へ。水が張られた田に入道雲。よく考えてみると、あまりないことなのかも。入道雲がよく出る季節なら、水田には稲が生い茂り、実をつけはじめてもおかしくありません。水面は見えないはずなんですね。大宮からはこまちで仙台をめざします。

   

・仙台は3・4年ぶりか。ますます「東北の雄」の顔に磨きかがかかった感があります。あちこちおしゃれに。一番印象的だったのは、東西自由連絡通路。昔はほんとにただの通路でした。通路の両側に駅ビルがあって、それぞれの階に店舗展開。しかも、お土産物の種類が、以前から少なくなかったのに、さらに多くなってた気がします。大丈夫か、Sパル?? 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都立中央図書館で調査

2018年05月20日 | Weblog
・学会の昼休みが2時間あるので、これを利用して広尾まで。1時間、ロスを含めても45分間は『真草二行節用集』1冊を見てこられるだろうと、思い切って。



   

・ちょっと齟齬があったか、お昼御飯は抜き。帰る日なので重い荷物に往生しました。明治大学に帰って学会復帰。







・帰りは、遅め遅めのお昼を駅弁で。好きなんですよね「貝づくし」。油ものがないので、さっぱりしてていいのかも。そして秋のように雲が行き交うところに富士山。今回は、新横浜すぎたあたりから顔をだしてくれました。逆光でシルエットになっちゃうけれど、それ味ということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法政大学・国立公文書館・青山学院大学で調査

2018年05月19日 | Weblog
・午前中+α、ぎりぎりまで調査。それぞれの真のターゲットは『真草二行節用集』なんですが、たいがい1組あればいいほうで、昨日の横浜国大もそうでした。こうなると、わざわざ岐阜から出かけるのは考えてしまいます。そこで、学会の空き時間をフル活用して何とか点数を稼いでおきたく・・ 


  (法政大学最寄り駅の市ヶ谷駅遠望)

  (青山学院大学文学部のある建物から東方面を。雨が降ってるところあり?)

・私学は建物がいいですね。青山は、歴史的な建物も多く、一つウチにも分けてもらいたいほどでした。



・国立公文書館は、昔、行ったことがありましたが、木で鼻をくくったような、という慣用句がぴったりのところで、もう二度と来るものか、と思ったことでした。で、それ以来の訪問ですが、いやびっくり。国会図書館の古典資料室にはおよばないかもしれないけれど、ソフトな対応。警備員さんまでこちらを気づかう様子をうかがわせてました。きっと民営化したんだろーなー。(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜国立大学で調査

2018年05月18日 | Weblog
・最寄り駅から歩こうと思ってましたが、FB友らの忠告を受け入れ、横浜駅からバスで往復しました。いやびっくり。「横浜国大入口」との表示からの上り坂、ちょっと尋常じゃない。そこにたどりつくまでも、山を縫うように右に左にカーブする自動車道。

・関東平野という言葉が、空疎に響きましたが、構内に入ってからも、上り下りがけっこうある。こりゃすごいな。で、そうした立地をうまく利用して建物が建てられている。これはびっくりしましたね。無理に削らないんです。かえって洒落た建物が多い感じ。

・つい(?)びっくりして写真の1枚も撮ってないんですが、せめてメモだけでも。

・ただ、調査の結果は久々の高打率でした。これまでに確認できなかった本を1つ見いだしたし、自分の本以外、どこの図書館にも入ってないというレアものも確認できました。まあ、私の本の唯一性は失われたのですが、たしかに流通していた証がもう一つ得られるのですから、ヨシとすべきでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加