リフォームプロ ネットワーク 0120-11-6584
キラリかがやく!熟年の暮らしを応援!家族構成やライフスタイルの経年変化に伴う住まいのリフォームの相談窓口を開設しました。
 



八月にイギリス旅行に出かけました。最近ヨーロッパ各地で起きている、テロ事件の不安が少々ありましたが、無事何事もなく旅行を終えました。今回は、自然の景色と植物と建物の関わりに関心を持って見てきました。イギリスでは都会を少し離れるだけで美しい田園風景が広がります。それは農業生産の場の景色です。牛・馬・羊の放牧のための牧草地と、麦・じゃがいも・ビートの畑が延々と広がっています。その牧草地や畑をミズナラの植え込み・サンザシの生け垣やその土地で採れる石で積んだ石垣で囲って、区分しています。その土地利用が国土の大半を占めて広がって、イギリスの景色を作り上げているのです。牧草地や畑がパッチワークのように美しく広がり、のどかでゆったりした気分にさせてくれます。私が見た限りでは、手つかずの自然はあまり見られませんでした。それは長年の家畜の放牧の影響だと思います。私はこれがイギリスの里山の景色であると思います。
 振り返って日本を見ると、日本には里山と云う農村風景があります。里山は戦後の高度成長の影響で失われて行き、近年になってやっと見直されてきました。日本の農村風景は気象・地形の違いでイギリスのそれとはだいぶ異なります。よく管理された日本の里山の風景は、各地で変化に富み、繊細で美しく感じられます。イギリスの地形は起伏が穏やかで農地の景色は美しいのですが、画一的な感じがします。
人々は長年自然に手を加えて農地に変えて行きました。それは飼いならされた自然だと言えます。絶え間ない努力がその景色を作り上げた事は言うまでもありません。しかし、私たちはその景色に懐かしさを覚え,安堵感さえ感じます。その里山の美しい環境・風景を後世まで残さなければなりません。しかし日本では、都会も農村も看板や掲示物で溢れその景色を台無しにしています、景色に対して節度ある態度が求められます。
イギリスの牧草地の景色と建物を飾る花々をご覧ください。


 お店を飾る花
 景色に浮かぶ花
 玄関を飾る花
 湖水地方の風景
 山頂まで広がる牧場
 生け垣と石垣に囲われた牧場
 石垣に囲われた牧場
 窓辺の花
 壁面の蔓植物
 牧場の風景

写真・文/ 江夏大三郎

パートナー
江夏泰治郎/江夏庭苑事務所
http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 年初めから始めていました京町屋の庭がようやく出来上がりました。去年の秋から工事を始める予定でしたが、建築の完成が色々な事情で遅れたため、私共の造園工事は年明けに始めることになりました。京町屋の特徴には色々ありますが、造園の観点からいいますと、座敷を挟んで庭(写真1.2)があるということと少し長いアプローチ(写真3)で玄関に向かうということです。
工事前中庭(写真1)
工事前茶花園(写真2)
 工事前玄関アプローチ(写真3)
 座敷に囲まれた庭を作るにあたり、不必要な植物や土、石などは建物の造作中に運び出し、必要な植木、石、灯籠、丸太、竹、そして洗出しの材料はその時に運び込んでおりました。
 施主の奥様がお茶を教えておられ、茶庭の要望(写真4)がありました。
 工事後中庭蹲組(写真4)
庭の広さとしては大変狭いものでしたが、待合(写真5)を持つ二重露地としました。
 工事後中庭待合の庭(写真5)
蹲(つくばい)は、施主が持っておられたものを組み直し、軒内には塵穴(ちりあな)を作りました。庭には全面苔を張り、モミジ、ヒメシャラ、椿などを植え、茶庭らしい雰囲気を出すようにしました。
 玄関の前庭には板石(写真6)を美しく配置し、その空きを丹波石で畳み、延段としました。延段の脇には燈籠を立て、延石で仕りをして、その間に黒竹を列植(写真7)しました。
 工事後石畳細部(写真6)
 工事後玄関アプローチ(写真7)
応接間の前は沓脱(くつぬぎ)石を据え、三和土(たたき)の軒内を作り、その前には自然石と延石で仕切り、茶花畑としました。前庭の残りの空き地は砂利敷きとしました。
 中庭の造園が施主がお住まいになられてからということとお庭の面積が小さいものであったということもあり、材料の保管や職人の作業に苦心しました。しかしその甲斐もあって、すっきりとして広く見えるお庭が完成しました。
写真・文/ 江夏大三郎
江夏泰治郎/江夏庭苑事務所

http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日,小豆島に小旅行をしました.春にはまだ遠い寒い小豆島でした。

島内には、いくつかの農村歌舞伎の舞台あります。はじめに肥土山の舞台を訪れました。

 肥土山の舞台

高台に建つ神社の下に緩やかに下った傾斜面に芝地の桟敷が設けられ、その正面に舞台が
建っています。周りに森に囲まれた舞台空間は、西洋の野外劇場と違って、とても柔らかで伸びやかな感じをうけました。

次に中山の舞台を訪れました。

 中山の舞台

傾斜地の芝の桟敷を正面に舞台を持ち土肥山の舞台と同じような立地にあります。
両舞台の周りには、広々とした棚田が広がっていました。





幾代に渡って人々が作り上げ守ってきた棚田の風景は見るものに感動と懐かしさを感じさせます。建設機械を使わず人力で築き上げてきたので、自然の地形に合わせて無理のない形になっていました。その形は曲線が基本であり、人力で動かせない大きな石はそのまま田んぼの中に残したままです。





その残された田んぼの石は庭の景石と同等、いやもっと美しいと感じられます。それは人為的な作為が感じられないからだと思います。作庭にあたって、私もそのような石が据えられればと思います。棚田の石積みも本当に見事なものです。
 
季節の花
昨年の暮れにつぼみだった、ロウバイが年明けには咲きはじめました。



今年の冬は特に寒さが厳しくのでようやく梅の花のつぼみが膨らみ始めました。



ミツマタやクロモジの花のつぼみも膨らみかけています。

 ミツマタ 

 クロモジ

椿が花の季節を迎えおり色々な花を咲かせています。ご覧ください。





 
写真・文/ 江夏大三郎 


パートナー
江夏泰治郎/江夏庭苑事務所

http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月も半ばに入り得意先の現場が毎日変わり、年末の手入れも最盛期に入っています。11月末から12月に入ると庭の落ち葉が美しく紅葉し始めます。あまりに美しかったので、剪定をする前に写真を撮りました。

写真-1
≪写真-1≫を見てもわかるように、同じモミジ紅葉も木々によって紅葉の色の違いがみられます。日当たりや風通しなどの条件の違いによって変わると思われます。モミジは樹冠の方が先に紅葉するようです。シダレモミジは早くも落葉しています。

写真-2
≪写真-2≫は、色々な樹種の紅葉です。樹種によって紅葉の色が異なっています。八重桜、ヤマボウシ、ロウバイ、白ヤマブキなどが写真です。
 
季節の植物
 冬に入ると、春、夏、冬と比べると花の咲く種類は少なくないですが、冬は冬なりの花が見られます。

写真-3

写真-4

写真-5
≪写真-3.4.5≫ 生垣に咲いたサザンカ(ツバキ科)です。めったに野生のサザンカは見ることはありませんが、暖かな地方の山地に生えています。市販されているのは品種改良され、色々な形や花色があります。花の時期は10月半ばから品種によっては2月まで開花しています。

写真-6
≪写真-6≫は、鮮やかな赤色のヤブツバキ(ツバキ科)です。海岸近くの山地に多く自生しています。また暖地の山地にも生えています。庭木としては古くから用いられています。常緑の濃い緑の葉で、庭の中に存在感を発揮します。雑木主体の庭でも椿や他の常緑樹はなくてはならない植木です。

写真-7
≪写真-7≫は、茶の木の花です。12世紀頃、中国から栄西禅師が持ち込んだと言われていますが、その後日本で広まりました。当地、宇治、では山の中に自生しているのが見られます。秋から12月末まで、白く小さな花を見ることができます。私どもは庭の根締めの木として植栽することがあります。一般的にはあまり用いられませんが、面白い植木だと思います。

写真-8
≪写真-8≫は、白い侘助椿(ツバキ科)です。ツバキと茶の木の中間的な存在です。園芸的に改良されたものと思われます。花色は赤色もあります。茶道での茶花として用いられます。筒型の花の形でかわいらしい感じがします。

写真-9
≪写真-9≫は、赤い実のついたソヨゴ(モチノキ科)です。6月頃に白い小さな目立たない花を白い花をつけます。秋の終わり頃から実が赤くなり始め、目立つようになります。雑木の庭をよくマッチする常緑の木です。ある時ソヨゴの大木を手入れしていて風が吹き、梢がカサコソと乾いた音を立てました。ソヨゴの名は梢の風音の“そよぐ”から名付けられたのではないかと思ったほどです。

写真-10
≪写真-10≫は、白ヤマブキ(サクラ科)の実です。秋になり白ヤマブキは黄葉して黒い実を見せます。5月に枝先に白い花を1個つけます。黄色い花のヤマブキは花数が多くにぎやかな感じがしますが、白ヤマブキは落ち着いて清楚な感じがします。

 次の3枚の写真は、春を待つ樹木の花のつぼみです。花の時期に花の写真をご紹介します。
写真-11
≪写真-11≫は、ロウバイ(ロウバイ科)の花のつぼみです。
写真-12
≪写真-12≫は、アセビ(ツツジ科)の花のつぼみです。
写真-13
≪写真\13≫は、キブシ(キブシ科)の花のつぼみです。

写真-14
最後に≪写真-14≫は、当地の近所で見かけた柿の実の実った里山の景色です。落葉して実だけが枝に残り秋の深まりを感じさせます。
写真・文/ 江夏大三郎

パートナー
江夏泰治郎/江夏庭苑事務所
http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




秋も深まり植木の選定作業で大忙しです。庭園管理は季節によって変わります。植木の成長がある程度止まる8月中旬から植木の剪定作業は年末まで続きます。特に秋に入ってからは、新年をきれいなお庭で迎えたいとの施主様のお気持で大忙しになります。伝統的な松の手入れや雑木の庭など様々行います。
 写真-1
≪写真-1≫は、手入れされた黒松です。葉で幹も見えなかったのが剪定され、一芽一芽去年の葉と今年の葉をある程度取り除いてすっきりしました。髪と髭がボウボウの男性が床屋に行って、男前になって変身したみたいです。松の形と大きさを維持するには大変な注意が必要です。
 写真-2
≪写真-2≫は、剪定作業が終わった雑木の庭です。落葉樹は色付き始めています。12月半ば頃には葉を落とし枯木立となり少し淋しい感じですが、明るい庭になります。部屋に日光が差し込むようになります。植物の気象コントロールの一つと言えます。
 
季節の植物
 写真-3
≪写真-3≫は、石仏の脇に咲いたツワブキ(キク科)の花です。フキと違って常緑でよく庭の下草として植えられます。天気の良い日には、ミツバチ、アブ、蝶などが来て蜜を吸って行きます。西日本、特に九州ではフキのように茎を料理して佃煮にしていただきます。
 写真-4
≪写真-4≫は、色付き始めたナンテン(メギ科)の実です。よく庭に植えられる木の一つです。厄除けと鬼門の木としてヒイラギと同様よく植えられます。実ったと思ってお正月の生花の材料として大切にしていたのに、小鳥に全部食べられてがっかりした、という話をよく聞きます。特にヒヨドリが食べに来ます。この対処法としては、少し風情がなくなりますが、実の房全体をビニールの袋や小さいネットでカバーすることくらいです。
 写真-5
≪写真-5≫は、鮮やかなムラサキシキブ(クマツラ科)の実です。山野によく自生しています。庭にも植えます。6、7月頃に小さな紫色の花をつけます。夏の間はあまり目立たない木ですが、紅葉と共に印象的な紫色の実で存在感を表します。
 写真-6
≪写真-6≫は、赤く実の裂けたマユミ(ニシキギ科)の実です。山野でたまに見ることがあります。庭木としても使います。5、6月に白色の小さな花をつけます。花は蜜が多く、よくハチやアブが飛んできます。時にはスズメバチも見られます。紅葉はあまり鮮やかではありませんが、花枝が長く、垂れ下がった赤い実はとても印象的です。
写真・文/ 江夏大三郎

パートナー
江夏泰治郎/江夏庭苑事務所

http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )