リフォームプロ ネットワーク 0120-11-6584
キラリかがやく!熟年の暮らしを応援!家族構成やライフスタイルの経年変化に伴う住まいのリフォームの相談窓口を開設しました。
 



主  催 暮らし方研究会
協  力 江夏庭苑事務所
開催日時 平成24年6月23日(土)午後1時30分~午後5時00分まで
参加費用 一名様 500円 (12歳以下は無料)
会  場 京都府宇治市炭山養老21‐1 江夏庭苑事務所
Tel&Fax:0774-32-8305
http://www.enatsuteien.jp/ega/top.html
集合時間 午後1時30分(時間厳守を願います)

テーマ「作庭の真髄に触れる…」
講師  ●江夏 大三郎氏   江夏庭苑事務所 代表

今回は京都と滋賀県の県境、伏見桃山城・六地蔵・木幡・黄檗など名だたる名所旧跡の東に位置する炭山を訪ねます。炭山は、その名が示す通り京都東山一帯の陶工たちが、新たな活動の場を求め移り住みました。窯元や陶工が芸術家村を構成する一方、木工・玩具・金属工芸など多種多様な芸術家も居を構え、緑豊かな森林やホタルが舞う清流に囲まれた美しい環境でも有名です。
さて、今回お邪魔する江夏庭苑事務所の活動の基本は、里山の自然・里山への回帰をテーマに雑木(主に落葉樹)を植木として庭に据え、華やかだが落ち着いたしっとりとした空間を醸し出す作庭を心がけることにあります。加えて、庭と建物が有機的かつ機能的に調和し、決して庭の役割を忘れていない処にもこだわりが感じられます。京都の奥深い文化を根底とした庭造りが表現されていると言っても過言ではありません。
シトロエンをこよなく愛される代表の江夏大三郎さんと奥さま、後継者の次男さんの三人がエアパス工法(自然共生型)のご自宅兼事務所で過ごされる、自然一杯の暮らしぶりを拝見しながら、造詣の深い作庭のお話を伺いたいと思います。
折りしも梅雨のシーズンに相応しく、全国各地から収集された紫陽花の花を愛でながらのセミナーです。お誘い合わせてご参加ください。事前学習として、「地下足袋日記」をご覧ください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平成11年、暮らし方研究会のお世話で完成した住宅が大阪の阿倍野区にあります。一昨年8月に、その住宅の施主さんが、事務局にリフォームの相談に来られました。1階が教室、2階が住居の木造2階建て併用住宅で、1階教室部分の改装のご相談です。十年過ぎて、また、ご相談いただくのは建築家にとって大変嬉しいことです。
担当の建築家は残念ながら亡くなられており、工務店も廃業されています。そこで私、新井が担当することになり、早速現場に伺い、再度ご要望を確認し、プランニングに入りました。
当初のご要望とは大分変わりましたが、無事完成しました。
教室の床を桜の無垢フローリングに張り替え、東面の壁を鏡張りに、内壁を白に塗装、パーティション建具の新設、外壁の塗り替え、玄関扉取り替え、アプローチの土間をタイル張りに、パーゴラ取付など…しました。
施工はリフォームプロネットワークのサブリーダーである、鈴木工務店の斎木さんにお願いしました。斎木さんは実務経験が長く現場の事を熟知していて、気持ちよく仕事をさせていただくことができました。
施主さんも大変喜んでいただきました。「新築した家を大変気に入っており、リフォームする時はかならず暮らし方研究会に相談しようと思っていました。今回もお願いして良かったです」と評価していただきました。
暮らし方研究会のお世話で新築・建替した方は約200軒ありますが、いまでもセミナーに来ていただいているご家族もたくさんいます。皆さんとのご縁をこれからも大切にしたいと思います。
※「いち押し!リフォーム」は、リフォームをお考えの皆様の判断基準になればと、出来るだけ同じようなケースは避けて紹介しています。これからも色々な事例を取りあげて掲載していきますのでご参考になさってください。
文/新井律子

BEFORE


AFTER



DATA:
 ・工事場所 大阪市阿倍野区
 ・工事内容 外装・内装
 ・工事金額 ¥5,281,500 (一期、二期工事の合計)
 ・施主の年代 50才代
・工事担当
 
(株)鈴木工務店 斎木尚樹


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )