リフォームプロ ネットワーク 0120-11-6584
キラリかがやく!熟年の暮らしを応援!家族構成やライフスタイルの経年変化に伴う住まいのリフォームの相談窓口を開設しました。
 



暮らし方研究会「リ・ライフ」セミナーからのご案内です。
第143回セミナー開催のご案内「初秋の友ヶ島を遊ぶ…」
今回は、大阪府の最南端、和歌山県の最北西端、紀淡海峡(紀伊水道)に浮かぶ友ケ島を訪ねます。四方を海に囲まれた友ケ島は、地ノ島・沖ノ島・虎島・神島の総称ですが瀬戸内海国立公園の一部に属し、今回は一番大きな沖ノ島に上陸し、島を楽しみ尽くす予定です。
中島 暁子氏(和歌山市観光協会「語り部クラブ」会員)に案内いただきます。 

開催日時/ 平成26年9月14日(日)午前10時20分~午後4時00分頃まで。
集合場所/南海電鉄「加太」駅改札口、午前10時20分(時間厳守を願います)
参加費用/お一人様 1,000円(ガイド料含む)
但し、加太港、友ヶ島間のフェリー代の大人往復2000円・小人往復1000円は各自負担です。

※ 参加ご希望の方は9月8日(月)までにお申し込みください。定員は、先着25名様までです。
詳しくは ホームページ http://www.kurashikata.gr.jpの What's New から《第143回「リ・ライフ」セミナー、参加者募集中!》 をご覧ください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




暮らし方研究会「リ・ライフ」セミナーからのご案内です。
          
----------------------------------------------------------------------
=========◆第139回「リ・ライフ」セミナー◆==========

「新鮮…漁業体験!」
----------------------------------------------------------------------
今回は、大阪府の最南端に位置する泉南郡田尻漁港を訪ねます。
漁船に乗り込んでの体験漁業ですが、前日に仕掛けておいた網やカゴを漁師さんと一緒に引き上げていきます。
獲物が入っているかドキドキの刺し網漁やカゴ漁を楽しみます。
帰路、空港の近くをクルージングし、タイミングが合えば離発着する迫力ある飛行機を真下から眺めたいと思います。
帰港後は、獲れ獲れの超新鮮な海鮮メインのBBQを賑やかに楽しみたいと思います。
当日は日曜朝市の日で、7時〜12時まで新鮮な海産物の市が立ちます。
滅多にできない漁船による漁業体験など、お誘い合わせてのご参加をお勧めします。
       
【日   時】  平成25年10月27日(日)午前11時30分〜午後3時30分まで。
【参加費用】  大人:7,350円  大人1名+小学生1名様:9,975円
(漁業体験フルコース:漁業体験+関空クルージングと海鮮バーベキュー費用として)
【会  場】 田尻漁業協同組合・田尻海洋交流センター
大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1番 TEL 072-465-0099
海洋交流センター受付前が集合場所です。
※ご参加の方には案内図をお送りいたします。

詳しくは ホームページhttp://www.kurashikata.gr.jp の What's New から第139回「リ・ライフ」セミナー、参加者募集中!》 をご覧ください。
※ 参加ご希望の方は10月15日(火)までにお申し込みください。定員は、先着12名さままでです。
■お申し込み・お問い合わせ先
暮らし方研究会
〒530-0043大阪市北区天満4丁目2番15号 吉岡ビル3F
フリーダイヤル:0120-11-6584 ・ FAX 06-6356-7225
Email ask@kurashikata.gr.jp

http://blog.goo.ne.jp/reform-pronet




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




主  催 暮らし方研究会、生活文化を学ぶ会
協  力 (株)LIXIL
開催日時 平成24年9月30日(日)午前9時00分~10月1日(月)午後6時30分まで
参加費用 お1人様 15,000円
(1泊3食付=夕食はアルコール&ドリンク付・翌日の朝食と昼食付。平家屋敷・祖谷かずら橋・祖谷秘境の湯入場料及び入湯料込。蕎麦打ち・蒟蒻作り体験費用込。旅行保険料込。)
場  所 徳島県三好市西祖谷山村
交通案内
*往路:バスで明石海峡大橋~淡路~鳴門~藍住~脇町~吉野川SA~阿波池田~祖谷口~大歩危~平家屋敷~祖谷かずら橋~秘境の湯~重末集会場(宿泊)
*帰路:重末集会場~往路を逆に辿る~新井ビル前~解散

開催内容 テーマ「秘境の旅に出かけよう!…」

今回は、一泊二日で日本3大秘境の一つ、三好市は西祖谷の平家落人の里を訪ねます。徳島県の西端、香川県の南端と高知県の北端部に位置し、竜王山を主峰とする讃岐山脈と剣山を主峰とする剣山地に挟まれた吉野川沿いを進み、更に支流の祖谷川に沿い深山幽谷の西祖谷山村に分け入ります。
西祖谷は江戸時代に地名・地勢・職を表す文字を当て、自治単位の名称として祖谷山と呼ばれ、明治に入り祖谷山村となり、平成18年の市町村合併で三好市となり、西祖谷山村と命名されました。特産品は鮎と蕎麦ですが、蕎麦と聞いただけで過酷な生活環境が想像されます。更に徳島は手漉き和紙や藍染めなども全国的に知れる産地です。
さて、旅の内容ですが、高速道路を経て吉野川は大歩危峡の絶景を臨む「レストラン大歩危峡まんなか」において昼食を摂ります。そして奇岩怪石が重なる大歩危を見学。続いて平家屋敷民俗資料館を見学しますが、安徳帝の御典医・堀川内記の子孫代々が暮らした屋敷であります。平家滅亡の折り一族と共に入山し、薬草が豊富な当地で医業と神官を務めたとされ、樹齢800年を超える大樹や生活道具は興味津々かと思われます。いよいよ祖谷のかずら橋ですが、国・県指定の重要有形民俗文化財で幅2m・長さ45m、高さ14m、シラクチカズラで編まれ、3年毎に架け替えられます。この橋にまつわる悲しい物語は、是非ご自身でご確認ください。最後に祖谷秘境の湯に入浴です。入浴後は男性が宿泊する重末集会場に移動し、夕食を摂り楽しく語り合いたいと思います。女性の方は近くの民家泊りとなります。
翌日は、徒歩移動で蕎麦打ちと蒟蒻つくりの体験を行い、昼食は蕎麦と蒟蒻を食したいと思います。午後のクライマックスは祖谷渓出身の案内人、井居さんの厚意により、秋祭りに参加し、皆で楽しくワッショイ!とお神輿を担ぎたいと思います。そして重末集会場からバスで出発し、集合場所で午後6時30分頃の解散を予定しています。
大歩危の途中には子供や旅人が度胸試しをした謂れを元に作られた小便小僧(谷底までの高さ200m)や民謡祖谷の粉ひき歌など、都会では想像も出来ない自然や厳しさがまだまだ眠っています。
このような機会は滅多にありません。お誘い合わせて奮ってのご参加をお勧めします。

●お申し込み・お問い合わせは…
 暮らし方研究会 〒530-0043 大阪市北区天満4丁目2番15号 吉岡ビル3F
フリーダイヤル:0120-11-6584 ・ FAX:06-6356-7225
eメールアドレス:ask@kurashikata.gr.jp
※ 第134回セミナーは9月13日(木)が締め切りです。定員は、先着20名さままでです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何時もの様に暮らし方研究会代表理事の津島様のお誘いを戴き参加させていただきました。

今回は『作庭の真髄に触れる・・・』というテーマで江夏庭苑事務所様へ訪問しての勉強会という事で非常に興味がありました。

私は京工大建築科を卒業し大半の同窓生が設計の分野に進む中で施工の分野に進みました。
なぜか自分で現場に出て自分の手で建物を造りたいという思いが強くありました。
中学入学から大学卒業までずっとサッカーをやっておりまして真夏でも極寒でも汗をかき土にまみれての生活には何の抵抗もありませんでした。

社会人に成ってからは色々な建築工事を体験しましたが、幸いにも良い建築主様と良い設計者に恵まれ作品造りの仕事に集中出来楽しく仕事をさせて戴けたと思います。
工事中は設計図に忠実にひたすら建物を造るという事に全力を注いで検査が終われば工事完成と思っておりました。私のかかわった大部分の請負工事には造園工事は別途工事に成っておりまして、造園工事が完成する頃には私どもは次の工事現場で建築工事に携わっていたのが現実でした。

年を経て注文住宅の仕事が主体と成りまして造園工事完成まで現場に滞在することが増えてきました。造園の力は建物に命を吹き込む魔力を感じます。造園が施工されれば建物がいっぺんにその土地に根を生やしたように生き生きと感じ嬉しくなります。

此の度、江夏大三郎様のご経歴と多くの素晴らしい作品の御披露を拝見し感銘を受けました。又今まで知らなかったアジサイの種類の多さとモミジ等の雑木の見事な増殖栽培の現状を拝見させて頂き更に感動致しました。きれいな川の流れの脇で菜園と樹園を配しリサイクルで肥料を作成し樹木を育てておられその地中にはミミズとモグラが生息し自然と共生されて素晴らしい環境で里山を保護されており素晴らしい生活だなと思いました。

私は中学3年の頃、父が鮎釣りを専らの趣味にしておりましたので父に連れられて鮎釣りを覚えました。近年は遠方まで里山に流れる清流を探して弟と釣りに出かけます。
谷あいの木立から聞こえる鳥の声、川のせせらぎの水音、夕暮れどきになるとカジカの素晴らしい合唱を聞いて釣り竿を納めます。鮎はほとんど釣れませんが、心が癒されて帰路に着けます。そんな訳で江夏家の脇の清流を見たとき心が鮎釣りの思いに走りました。

何といっても江夏大三郎様と奥さまのこの上ない人情味豊かな雰囲気と後継者として取り組んでおられる息子様の姿を拝見し、今後も素晴らしい雑木庭園の作庭技術が継承され自然と共生の出来る環境造りに力を注いで戴けるものと期待しています。

おいしいケーキとコーヒー、お茶を御馳走に成りお土産にアジサイ(深山八重)の苗木を戴きまして誠に有難うございました。早速植木鉢に植えました。見事な花を咲かせられますように大事にそだてるつもりです。


御近所で最近開業された朝倉木工所様にも案内していただき素晴らしい家具の作品と製作工場を拝見しました。建物も朝倉社長様の手造りという事で立派な木造2階建てが出来ていました。若い御夫婦でこれから良い作品を世に出すのだという意気込みが感じられました。ご活躍を祈りたいと思います。この地域は工芸技術に取り組む人達が集まって里山興しに力を入れておられる地域だそうで、今後の発展を期待します。

津島様 新井様 いつも良いセミナーを企画していただき有難うございます。今後とも又宜しくお願い致します。

宝塚市在住 南 聰氏 68歳



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )