リフォームプロ ネットワーク 0120-11-6584
キラリかがやく!熟年の暮らしを応援!家族構成やライフスタイルの経年変化に伴う住まいのリフォームの相談窓口を開設しました。
 





毎日暑い日が続きます。
暑中お見舞い申し上げます。

セミの声が日に日に大きくなって、夏真っ盛りですね。
近年大阪市内ではセミの中でもクマゼミが非常に多くなっているようです。

仕事の途中で、午前中によく鳴くケヤキ樹木のセミの声のする方へ…。
「ジャジャジャジャ…!」もの凄い音量でセミの大合唱です。
別れ枝の至る所に下から上まで、ざっと見つけただけで十数匹も。
時折、飛んで行ったり、戻ってきたりで元気が良過ぎます。

近くには銀杏並木もあるんですが、そこからは鳴き声は聞こえてきません。
念のために立ち寄った公園のスギからも聞こえてこないんですね。

このクマゼミには樹木に好き嫌いが有って、これを樹種嗜好性と呼ぶようです。
クマゼミの好む樹木は街路樹に多い広葉樹「エノキ・ケヤキ・ボダイジュ」が大好きで「ムクノキ・トウカエデ」も好むようです。
クマゼミはスギやヒノキなどの針葉樹は嫌うとのこと。

(ちなみに私は鰻もハンバーグも饂飩も好きですが…。)

アブラゼミからクマゼミへの主役交代は公園や街路樹などへの植物の移植など人為的な緑化原因によると考えられます。
クマゼミの鳴き声が気になる方は自宅の植栽の樹木選定の時にも、考慮されることをお勧めします。
このクマゼミは午前中鳴いて暑さを呼ぶので、より暑さを感じるんだと思います。

http://www.kurashikata.gr.jp/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私が、感銘を受けた出来事をお話したいと思います
それは、5年程前のある日の事です。
季節は春、会社の異動時期にもあたり、毎日のように歓送迎会が開催されていました。
私はその日、最近、太り気味だし、胃の調子も万全でなく、気乗りしないなと思いながらも仲間とお店に到着しました。そのお店は梅田にある居酒屋で結構シックでおしゃれなお店でした。笑顔が素敵な店員さんに案内され、テーブルの前に着いたときです。だれからともなく『すごい!』『なんだ。これは?』『こんな事ができるんや!!』という歓声があがりました。何事とかとテーブルの上を見ると、そこには小皿と割り箸し、そして、その横に白いナプキンがあり、それに『お待ちしておりました。○○様(当社の名前です)。』そして会社ロゴがその下に印刷されていたのです。
『いらっしゃいませ!』も大切ですが、気持ちを形で表すことが感動の入り口だと思った出来事でした。歓迎会等で、このお店も忙しい時期でしょう。そんな中でも工夫をこらすことでお客様の満足度をあげることができることを再認識し私のなかでは忘れられないお店の一つになりました。。。

トステム(株)井据健二 http://www.tostem.co.jp/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この時期になると何件かのお宅から雨漏れの連絡が入ります・・・。
台風時の雨漏れとは違って少量のケースが特徴ですが、室内の見えない場所(天井、壁裏など)ではかなり濡れているので湿気の多い今頃はカビが発生したりと木材、建材にとってはいい事ではありません。
先日の豪雨の影響でお客様より『雨漏れの連絡』がありました。・・・『ついに来たか!』との思いで早々に連絡を入れ『午後からでもお伺いします』とお伝えしたところ、用事があるとの事で翌日の午後からお伺いすることになりました。2年程前に当社が増改築工事をさせていただいたお客様で、木造2階建・外装サイディング貼のお宅です。
『ついに来たか!』は、この時期毎年2、3件以上は連絡があるのですが今回初めての連絡だったからです。結構調査するのも経験と感が頼りで建物の構造や納まりによっては専門業者と同行することが多々あります。
雨漏れの作業はまず準備です。梯子・脚立・雨カッパ・散水ホース・灯光器・大工道具と養生材に雑巾を車に積込みましたが、翌日は晴天で事前に連絡をしてあった屋根屋さんも現場に来てくれて、さぁ!調査開始です。
大変申し訳ありません(U_U)。。。 結果は次回にて投稿いたします。

(株)鈴木工務店 斎木尚樹 http://www.kk-suzuki.com/index.htm

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




(梅雨明け発表ありましたっけ)
今年の梅雨は雨量も多くて、湿気も大変でしたね。
この梅雨時期は湿度が高くなって、体温調節機能がコントロールしにくくなり、汗の出る量に対してどうしても蒸し暑さから水分摂取が多めになって「食欲不振」「関節の痛み」などの症状が出るそうです。なるほど…。

この雲で梅雨も終わりかなぁ…と見上げていました。

これから、暑い夏ですが体調維持には気を付けたいものです。
住宅も同じで、結露が出来やすい梅雨の後にも木材基礎や柱の腐食などシロアリや虫の被害にあっていないかチェックすることも大事な家を守る上で大切なことですね。阪神淡路大震災の際、倒壊に至った多くの家がシロアリや虫の被害の影響を受けていたのを思い出しました。 
人も家も健康状態を知ることで健康に取り組みが出来ますね。
この夏も暑さと水分をコントロールしていきましょう。

http://www.kurashikata.gr.jp/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、リフォームをさせて頂いたご主人から、「小学5年生で10歳の息子を登山に連れて行って欲しいんです。息子本人が大峰から吉野の山を歩きたいと言っているので鍛えて欲しい。」とのこと。
素晴らしいですね。歴史で北朝・南朝の話を聞いて、都が吉野にもあったことが不思議で、自分の目で、足で確かめたいとのことでした。山中の道程は約30キロメートルなので、大人でも大変なのですが、やってくれました。完歩してくれました。
道中では少し弱音も出かけたりしたのですが、「吉野まであと10キロないんやね。やったー。」と元気良く歩いてくれました。歴史的な建築を見ては「こんな昔に、こんな大きな建物を建てることが出来るなんて、昔の大工さんは凄いなぁ!」と。
確かに昔の大工さんは命を懸けて取り組まなければ施主である国主やお寺に申し訳が立たないと、今の時代では考えられない覚悟が必要だったと言われています。
しかし、この物造りの素晴らしさを子供たちが本物を見て感動してくれたことに、語らずとも、苦労して辿り着き、一見することで感性の優れた子供たちの可能性を、もっと引き出してあげたいと共に感激をしていました。
帰り道、「有難うございました!」と深くお辞儀をされて、参った~。
最近の子供たちも頑張っていますよ。

http://www.kurashikata.gr.jp/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ